発熱の中学生、その後

| コメント(0) | トラックバック(0)

 思わず堅い話題を連続で登校してしまったので、臨床室の身近な話題も。
 昨日の発熱で節々が痛み登校できないという中学生ですが、たまたま弟と妹が小児鍼で来院したのでお母さんに様子を尋ねることができました。
 昨日は夜まで発熱は続いていたものの全くの平気であり、風邪の感染源である友人はまだしんどそうだったと笑っていたとか。今朝は解熱して元気に飛び出していったそうです。果たして劇のできばえは?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/58

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2010年10月 2日 17:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医療関係者は鍛錬を怠るな!」です。

次のブログ記事は「半月板損傷の患者さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。