半月板損傷の患者さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

 半月板損傷の患者さんは、年間でいえば住人近くは来院されます。午前中にも年輩の男性が来院されていました。
 半月板損傷とはご存じのごとくで、膝蓋骨そのものが大腿四頭筋の中に浮遊している種子骨なのですけど、さらにその下側にクッションとして入っている軟骨である半月板に物理的な傷が発生しているものです。
 診断方法としては膝蓋骨を大きく手のひらで垂直に圧迫した時、膝蓋骨の下側(裏側)に痛みを感じるかどうかです。
 治療は本治法がそのほとんどの鍵を握っているのですけど、標治法としては瀉法鍼を膝蓋骨の周囲に打ち込みます。画像診断で真っ二つになっていたとしても、今まで治癒率100%の疾患です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/59

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2010年10月 4日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「発熱の中学生、その後」です。

次のブログ記事は「瀉法鍼とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。