腰痛と風邪の患者さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

 以前に腰痛から股関節痛にもなって動けない状態となり、仕方なく実家に帰省してきて家族に引率されて来院した患者さんです。
 今回は一週間前から風邪をひいて咳き込んでいるうちに腰痛が発生し、股関節も痛み始めてきたので以前のようになっては大変と大阪の勤務先から自ら帰省して来院されました。
 ところが脉状が明らかな沈で数。胸には熱がこもり顔も火照っていて、陽虚証での風邪ですから通常なら風邪の治療と腰痛の治療を分けるべきです。
 しかし、通院は困難なので時間を掛けてできる限り腰痛の治療も。本治法は陽経から大腸経の温溜に営気の手法のみで行いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/62

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2010年10月 6日 11:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とても眠たい患者さん」です。

次のブログ記事は「点字の電子手帳」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。