せっかく急いで戻ってきたのに

| コメント(0) | トラックバック(0)

 患者さんへ運動不足を指摘するだけでは説得力がないので自らもスポーツをしていることは以前にも書いたのですけど、うちの子供はまだ小さいので仕事が終わってから夜にじっくりというわけには行きません。
 それで昼休みにスポーツプラザへ出かけていたのですけど、午前中に待合室と治療室を区切るドアを自動的に閉める建具が経年で最後まで閉まらなくなっており、材料が届いたので昼休みに作業したいとの連絡がありましたから急いで戻ろうとしました。
 そうしたならスポーツプラザの入っている建物も改装工事中であり、雨に濡れていた階段を下りていると足場を示すパイ論で滑ってしまい、足場に左の額を打ち付けてしまいました。先週の次男の傷とは反対側で、親子で何をしているやら。
 それでも流血を押して出来る限り早くに戻ってきたのに、業者が聞いていた昼休みの時間帯が違っていたとかで今日の作業は中止に。一時間くらいの作業、もっと早くに来れば何も問題はなかったはずなのに。
 ちょっと愚痴でしたね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/83

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2010年10月25日 14:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昨日の亀裂骨折の患者さん」です。

次のブログ記事は「四十九難で劇的に回復した患者さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。