ぎっくり腰の治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ぎっくり腰の患者さんは、それこそ年間ではどれくらい来院されているのか見当も着かないほどの数になります。その逆のこともありますけど診断は左がしまって細く右が開いているという脉状だけでもできるくらいです。もちろん症状だけで鑑別できるケースがほとんどですが。
 治療のポイントとしては背筋が正常な弾力を残している部分と、緊張している部分の境目を外さないことです。これは知熱灸や円皮鍼だけでなく、標治法全般に言えることです。
 今日の患者さんはトラック運転手をされているのですけど、素人が見ても明らかなぎっくり腰なのに医者ではレントゲンで腰椎ヘルニアを指摘されたとのことで、患者さんの身体へ触れて診察をしないとこんな間違いも発生させてしまうものかと、笑っていいのか呆れたというのか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/86

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2010年10月27日 11:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電子カルテの威力!?」です。

次のブログ記事は「昨日の建具の修理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。