昨日の建具の修理

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の午後に治療室と待合室のドアを自動的に閉まるように建具の修理をしてもらったのですけど、新しいユニットに取り替えてもらっても力が弱すぎてドアが最後まで閉まりません。
 建具屋さんもメーカーに問い合わせたりと色々してくれたのですが、今までのユニットの方がむしろまだ閉まります。不具合のある商品に交換しても仕方ないと元のユニットを装着し治してもらったなら、あらら強すぎるくらいにドアが閉まります。
 結局のところ着替えで綿埃がレール部分にも飛んできており、これをローラーが巻き込んでブレーキを掛けていたということらしいです。このドア、外しての掃除がしにくいんだけど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/87

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2010年10月28日 09:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぎっくり腰の治療」です。

次のブログ記事は「トイレのドアは、どこでもドア?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。