2011年1月アーカイブ

雑用ばかりで

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前のエントリーのように今日の彦根は積雪でしたから忙しさもそれほどではなかったのですけど、戻ってきたばかりのデスクトップパソコンでないとやりにくい作業をまとめて行おうとするものですから、やっぱり時間がないのでありました。
 特にiPod touchをデスクトップの方に接続し治すために初期化作業をしましたから、こちらのネット接続にも手間が掛かって。まだアップルIDの再セットアップは済んでいません。
来月の研修部で担当する講義の原稿なのですけど、毎晩深夜の作業になっているのであと一歩ですから鍼灸院で完成させようと思っていたのですけど、全く手が付けられませんでしたね。
 それから確定申告のためにデータをまとめ治す作業も、手が付けられませんでしたね。

 またまた積雪の彦根となりましたが、幸いにも昨日には積雪がなかったので2cm程度というところです。しかし、凍結している部分が全く溶けない状態ですから、スノータイヤを履いていない自動車ではとても走れませんけど。
 昨年末から来院されているヘルペスによって旨に激痛の発声する老人ですが、減少し続けていた体重も戻ってきており痛みはまだ残りますが短時間で済むようになりました。
 実は大阪の先生より紹介されての来院なのですけど、大阪の先生にはスペインで仕事をしている娘さんからの依頼があったとのことで、そこから一番近くの私のところが紹介されてきたのでした。
 娘さんが帰国されていたので一緒に来院されたのですけど、朝にお電話をいただかなければノーマルタイヤの自動車で走ってこられるところでしたからセーフでした。

 まだ月曜日までは寒波が居座るとの天気予報ですけど、それを過ぎてしまえばこの冬の寒さも峠を越えるということでもう少しという感じです。
 寒さによって身体の調子を崩した患者さんが多く来院されるようになったのですけど、気付いたことは脾虚肝実証が多くなっていること。
 しかも菽法ピッタリに納める脉状を作るように選経・選穴をしていると、脾経に衛気の手法を行い胆経へ営気の手法までは今まで通りなのですが、ここで菽法ピッタリになってしまいます。肺虚肝実証の場合にはパターン化させてしまっていたので疑いを持っていなかったのですけど、脾虚肝実証の場合には三本目にどうも苦労していたなら、三本目そのものをやらない方がよかったんですね。

 先月に突如として起動しなくなってしまったデスクトップパソコンですけど、今日の午前中に戻ってきました。量販店の保証延長プログラムに加入していたので、修理代の四万円は無料に。
 ロジックボードの行間のみでしたからハードディスクの初期化もされておらず、二重にラッキーでしたね。
 それで午前中の方がまだ仕事に隙間があったので急いで接続作業を。でも、画面が表示されなかったりデバイスマネージャーが起動してハードウェア構成の設定が必要だったりと、使えるようになったのは午後からでしたけど。
 頑張ってくれていたサブマシンにはご苦労様でしたが、やっぱり動きが違いますね。とても快適です。次はメモリの増設ですね。

 開業時に粗品として配った青いタオルがあったのですけど、この時はまだバブルの余韻があった時期ですから勢い余って相当量を作成したので、その後はぼちぼち鍼灸院内部のタオルとして使ってきていました。
 幻の「にき鍼灸医院」と印刷されていたものです。これ、もちろん発注時の間違いでした。
 そのタオルもとうとうなくなってしまったということで、同じようなタオルがないかと布団屋をされている患者さんに問い合わせてみると取り寄せられるとのことですから、数年は追加注文しなくてもいいようにと200セット頼んだなら今までよりもずっとしっかりしているので二十年は在庫がありそうです。

 最近の自動車はiPodが取り付けられるスペースが最初からあって、そこへ装着するだけでFMラジオで聴けるようになっていますよね。
 うちの自動車は型が古いのでそのようにはなっていませんし、子供が小さいのでiPodを壊されても困りますから、シガーソケットに装着するだけで使えるプレーヤー内蔵のトランスミッタにしています。実は昨年の秋に壊されてしまい、今月に新しいものをネット通販で買い直したばかりです。
 ここで親ばかなのですけど、Youtubeからダウンロードして追い立てれ美酒代価を自宅ではパソコンでみているわけですが、自動車の中でも聞けるようにとファイル変換サービスを検索して朝からぼちぼちやっています。仕事の合間なので、一日で終わりそうにありませんね。

 予想通り今日の彦根は積雪となりました。しかし、昨日の夕方には恐ろしいほどの降り方だったのですけど、幸いにも5cm程度でしたから彦根のドライバーには大したことがなく、来院される患者さんにも影響はほぼでていません。
 でも、助手の一人は長浜なので20cmの積雪だと自動車を大きな道に出すのが大変であり、軽自動車ということもあって午前中だけ自宅待機とさせていました。
 脉状はさすがに皆さん沈んでいるのではありますけど、目立つのは少し細くなっていることです。このあたりがピークということで「胃の気」の蓄えを使っているのでしょうか?

 除雪作業があってから一週間なのですけど、一向に鍼灸院の前の道路は舗装工事が始まってきません。
 水曜日の午後が急信ですからなるべくその時に工事を合わせてくれるようにとは要望しておいたのですけど、まさか日程調整で待ってくれていた?いやいや、舗装を一度はがしてからやり直すのですから、とても一日では出来ないはずと考えていたのですけど、今日も工事は始まりませんでしたね。どうなってるの?
 来週の水曜日は人間ドックにはいるので、休診となりますからこの時だと一番ラッキーなんだけど。

打撲による腰痛

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の彦根は積雪の心配こそないのですけど、また一日中吹雪いている状態です。大寒の寒さですね。
 ぎっくり腰というのは冬場の寒い時に発生するというイメージの素人さんが多いようですが、実は年中同じくらいの発生頻度であり、むしろ夏場の方が油断して力を入れていきなり重症になるケースが多いものです。
 けれど今日は雪で滑って腰を打撲したという患者さんが連続していて・・・。そういえば、こんなケースがあることはすっかり忘れていましたね。内出血の程度で一回で済むものから数回かかるものまであるのですけど、内出血には瀉法鍼を用いると効果的です。

 もう昨日のことになってしまいましたが、元助手だった女性の披露宴に出席させて頂きました。入籍を先月に済ませてあり身内だけの結婚式も済んでいるからか、ウェディングパーティーと呼称していましたね。
 スピーチの依頼は承諾していたのですけど、まさか乾杯前の新婦側主賓の挨拶とは思っておらず、隣の新郎側主賓の方と「こりゃ予想と違っていて困ったなぁ」と話していたのでありました。
 それでも関西人なので落ちを入れないと納得できない本証がでてしまい、「僕たちの出来なかった"新婚さんいらっしゃい"に出演をお願いします」とやってしまいましたけど・・・。本当にご結婚おめでとうございます。

 先程のエントリーの続きとなりますが、披露宴には夫婦で招待を受けました。修業時代やその後の研修会のことを大切にしてくれている証拠であり、とても嬉しいことです。それから子供の顔が見たいとも。
 しかし、困ったことが一つ。うちの子供は特に一番下はまだ一歳半なので、会場は岐阜羽島なのですけど彦根においたまま出かけることができません。
 それで向こうの希望でもありますから会場までは一緒に出かけて私だけが披露宴に出席ということも考えて相談をしたなら、同年代の友達には既に子連れもそれなりにいるということでベビーシッターを依頼して臨時の託児所を作るとのことであり、それなら喜んで二人で出席させてもらうことにしました。
 この話を朝の治療中にしていたなら、「へぇー最近はそうなんだ、覚えておこーっと」と隣のベッドの患者さん。

 十年前から三年間助手をしていた女性なのですけど、めでたく明日の披露宴となり招待を受けています。スピーチもあったりして。
 ちょうどこの助手がいた頃に、既にていしんを用いる範囲は拡大しつつあったのですけど全面的にていしんのみへ移行したのでありました。そのために短期的に技術の方向を変えることもしばしばで、向こうとしては修行に苦労したのではないかとも思いますけど今となっては懐かしいですね。
 それで朝からでは間に合わないので背広を奥さんにチェックしてもらっていたのですけど、ネクタイだけでなくスーツの色も自分の視力では判別できなくなってしまったことにショックでもあり家族のありがたさを感じるのでもあり。

ストレス解消!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 毎年は真冬といっても寒波とそのあいだの寒さのゆる無日のコンビネーションなのでずっと震え上がっているわけではないのですけど、今年の冬はずっと震え上がり続けていますね。
 積雪が多いと白杖歩行ではどこを歩いているのかが分からなくなってしまいますし、道路の舗装工事というアナウンスだったので身構えていたなら今週は一度も泳げておらず、ストレスがかなり溜まっていたのですけど今日は少しだけ寒さが緩んだことと工事がないのでプールへ出かけられたのでストレス解消。
 それとiPod touchでradiko.jpからラジオ放送を今週から治療室全体へアンプを通して流しているのですけど、これが公式アプリを使っているのに一時間も経過したなら必ず一度は切れてしまっていたのが、クレームから改善されたのか今日は全く切れないのでこれもストレス解消。

 今日から鍼灸院の前の道路が舗装工事になるという情報だったので、かなり身構えていたのですけど仕事の開始時点ではまだ何事もありませんでした。
 「きっと十時頃からやり始めるんだ」とスタッフは身構えていたのですけど、患者さんに話してしまうと大げさですがパニックになるのではということで黙っていました。
 けれど、待てど暮らせど工事の音がしません。「まさか延期に・・・いや天候は大丈夫なはず・・・」と喋っていたなら、今日は大道を挟んで反対側の地域の工事だとか。誰が間違った情報を伝えたのかということもありますけど、それなら昨日に除雪作業だけするなよ、ややこしいやんか。

 昨年にこのあたりは都市ガスへと切り替わったのですけど、配管工事のために舗装がめくられてその後は仮舗装の状態となっています。
 半年経過したので舗装そのものをやり直す時期に来たとのことで、ライフラインですからその工事に文句はないのですけど自動車で来院される方がほとんどですから困りものです。
 「水曜日の午後が休みなので浩二を会わせて欲しい」とは要望しておいたのですけど、積雪でアウトに。ブルドーザーで雪解けだけして、明日に工事だとか。無難に済めばいいのですけど。

彦根の宿命?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は午前中一杯まで降雪があったのですけど、幸いにして夕方から凍結するところがかなり遅くまで雪が溶けていてくれたので、今日は交通事情が午後にはほぼ回復。
 まだまだゆき深い地域の患者さんは「出てこられない」とキャンセルの電話が入るのですけど、まぁこれは彦根という地域性ですから仕方ないでしょう。
 今週は平年並みの気温らしいですが、いい仕事をすることが信頼をつなぎ止める唯一の手段ですね。

 さてさて、彦根は昨日に続いての降雪であり積雪量は十年ぶりくらいの大量になっています。30cmは越えているでしょうね。
 それで今朝からもまだ雪が降り続いていましたので、最低限の雪かきと駐車場の融雪は親父がやってくれたのではありますけど、「これ以上やっても仕方ない」と途中放棄状態でした。
 しかし、自動車の運転に自信のある割と近くの方は来院されましたし、腰痛が我慢できない方も二人が新規申し込みだったり。本当にありがたい職業だと思います。
 それから彦根の積雪量を調べずにうっかり自動車をスタートさせてしまったという人も・・・。

 昨日に滋賀漢方鍼医会主催のオープン例会が、「にき鍼灸院」で開催されました。前夜までは積雪が全くなかったのに、朝には既に20cm近くの積雪でしたけど、東京など遠方から出発されていた方には既に連絡も取れない状態であり、強行突破となりました。
 近畿地方や彦根のことを知っている会員は雪の準備をして出発してくれていましたからいいのですけど、普通の靴で出かけてきている人も多いだろうということでうちの奥さんが南彦根駅まで自動車で送迎を頑張ってくれました。
 まさに「歴史に残るオープン例会」状態だったわけですけど、プログラムを一部変更しながらも実技オンリーの例会で、お土産は目一杯持って帰ってもらえたと思います。

 今日は激動の一日という感じでありました。それであまりに変化が激しく、鍼灸院でブログを書き込むのを忘れていて、自宅から更新しています。
 まずはiPod touchで遂にradiko.jpを受診させることに成功!あまりに嬉しくて仕事を忘れてしまいそうだったのですけど、音声コントロールではラジオ局の変更が難しいので別のアプリを昼休みにまた探していたりして、午後には治療室にアンプを通じて流していたのですけど途中で音切れが発生。まだまだ研究です。
 それからオープン例会の最終準備をしていて、ICレコーダーなどはバッチリできたのですけど、名札の印刷をすっかり忘れていました。これは明日の朝に対処します。
 それから雪が降るという天気予報でしたけど彦根には積雪はなく、それでもこの寒さなのに新患さんがラッシュという感じなので、最後は頭の中がパンパンでした。だから更新を忘れてしまったんですね。

 直近のエントリーではドジ話やインターネット関係のことばかりやっていて仕事に身が入っていないのではと誤解を受けそうですけど、ちゃんとオープン例会の準備も進めております。
 新たに外部からの参加申し込みがあったので対処のメールと、申し込みされた方には参考になるだろう時刻表を調べて最終案内のメールを早朝から書いて出しておきました。
 それから昼食と懇親会の人数をカウントして、それぞれコンビニと「かんぽの宿」への連絡も。後は具体的な半割作業なのですけど、半分は頭の中で出来上がっています。

  年末に購入したのに二日前からやっと本腰を入れて取り組み始めているiPod touchであり、かなりの操作方法も半分独学で修得して必要な操作はほぼ可能になってきました。
 というのも、日曜日のオープン例会には視覚障害者の先生も参加されるので少しでも操作のできることを体験してもらえればとの考えが合ってのことであり、ついでにradiko.jpの受信にも本腰を入れたかったからです。
 それでネット接続が完了したなら俄然radiko.jpへの接続が我慢できなくなり、アプリの検索からアップルIDの有効化作業など初めてのことなので分からないだらけを力任せに手探りで進めて、とうとうアプリのインストールにまでたどり着きました。
 そして、ワクワクしながらアプリを起動したのですけど・・・、受信そのものはしていますし番組名などもちゃんと表示されているのに肝心の音声がでません。youtubeは動画だけでなく音声までしっかりでているのに、ぐすん。

 鍵の話の続きになるのですが、以前にパニック障害を発病したことのある患者さんがまた発作が発生しそうになって緊急の来院をされたので、「そんなに頑張って仕事を自分だけがしても」という話になりました。

 失敗を恐れるあまりに仕事を頑張ってしまうとのことなのですけど、職種を変わったばかりでありとりあえずの業務をこなしていれば給与も勤務評価も影響はないのですが、その力の抜き方が分からないとのことです。
 「作業を単純に繰り返していると200回に一度は失敗をするといわれており、ケアレスミスをする人は決められた手順を守らないためにミスが多発するのであって、ミスを防ぐ一番の方法は決められた手順を守ることであり手順の確認をすること」という話をしていて、今日の鍵を一時紛失した決められた手順を守らなかったがゆえの例え話がいきなり役立ってしまったというのか、笑い話になっていたのでありました。

鍵を紛失?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日のエントリーは私のドジ話連発になりますけど、昼休みにスイミングへ出かけていたならコートのポケットに入れて外出しているはずの鍵を紛失してしまったのです。
 家や鍼灸院の中であれば時には無造作に使ったものを放置してしまうことはあるのですけど、外出した時に大切なものは必ずすぐ元通りにしないと視覚障害者ですから探しようがないので癖になっているはずなのに、変に「鍼灸院から持ち出すことそのものを忘れていたんだ」と安易に結論づけて戻ってきたものですから、午後の仕事中はイライラ。
 それで結論ですけど、夏場はコートを着ませんからスポーツバッグの外ポケットに鍵と財布と携帯電話の三つとも入れていますから、出かける時か着替えた時に無意識のうちに外ポケットへ鍵だけ入れてしまったようです。
 この話の続きが、まだあります。

 昨年の九月からネットバンキングで助手の入っている寮の家賃を振り込むようになったことはこのブログで書いたのですけど、先月はデスクトップパソコンが突然の故障でネットからの振り子未作業ををすっかり忘れていました。
 それに気付いたのは年明けで、昨日に助手にATMから今月分の入金を通暢へしてもらうと記帳されてきた金額はやはり振り込みをしていませんでしたね。ポリポリ。
 不動産屋に連絡をすると「二ヶ月まとめての振り込みで連絡しておくから大丈夫」とのことであり、忘れないようにすぐネットから手続きを終えておきました。

 待望のiPod touchを購入したのに、年末年始の雑用でまだ活用できておらず、先週末からやっとWeb上での説明で操作方法を勉強し始めたばかりでした。ダメですね、きっちり勉強しないと。
 それでダブルタップによる基本的なメニュー操作については確認音も含めてかなりが修得でき、文字の打ち込みについても試行錯誤しているうちに分かってきたのでやっと無線LANへの接続が完了しました。
 ついでにAppストアにも入ってみましたけど、まだ画面スクロールや検索方法が分からないので、アプリの組み込みまでは出来ずに帰宅してきました。明日からアプリを組み込んで活用できるかと重うと、今から楽しみで楽しみで。

 次の日曜日はオープン例会なのですけど、滋賀漢方鍼医会としては月例会を拡張した形ですから会員は当然全員参加であり同時にホスト役ともなります。
 どうしても都合のつかない人以外はいつもの草津市の会場から彦根市へ移動しても参加率が落ちていないのですけど、どうも今回は外部からの申し込み立が悪くて何が原因なのか頭をひねっています。
 プログラムとしてはマンネリにならないように実技はリクエスト制としましたし、小児鍼の実技では本当に子供へ施術して実習ができるという通常ではあり得ない企画を持ち込んでいるのに、私だったなら東京でも九州でもすぐに参加表明しているのですけどねぇ。

 夕方に書き込む時間がなくて今頃アップしていますけど、夕方にクリーニング屋さんに年末に取り替えたカーテンを取りに来てもらいました。五台分のベッドを仕切っているカーテンですからその量も半端でなく、毎年のことなのですけどクリーニングに自分たちでもって行くには手間が掛かりすぎるので取りに来てもらっているわけです。配達もしてもらっています。
 それで取り替えたカーテンは目立ちますからとりあえず二階の空いている部屋に応急でたたんで置いておくものですから、これを降ろして自動車へ積み込んでもらうだけでもひと作業になってしまいます。
 ごめんなさいですけどこちらの仕事中に取りに来てもらったものですから手伝えなくて、クリーニング屋さんのおじさんはかなり息が上がっている状態での作業に。また二階まで運んでくださいね。

 次の日曜日には「にき鍼灸院」を会場に、滋賀漢方鍼医会主催によるオープン例会が開催されます。漢方鍼医会は地方にいくつかの組織と、最初に立ち上がった本部とは名乗っては以内のですけどいつの間にか本部と呼ぶようになっていた本部から構成されるのですが、上下や親子関係ではなく全てが対等の関係ということで地方組織の枠組みを取り払ってしまい相互交流できる例会も行ってみようという試みで、既に単独としても三回目の開催となります。
 それまでは大阪漢方鍼医会との合同例会という形で始まったものなのですけど、単独開催ならば「普段の例会ではできないことを」ということで治療室を会場に公共施設では行えない知熱灸や刺絡などを中心に実技のみで構成してきました。今回もそのスタイルは変わりません。
 今回の目玉は抜鍼のタイミングであり、浮沈・遅数に着目した選経・選穴と抜鍼のタイミングが合わせられれば菽法にバッチリの脉状が完成するというものです。そこで私は二木式ていしんを普段の臨床で用いていますけど、森本式ていしんを使っている人の方が多いでしょうからその違いがどれくらいなのかの検証を始めています。
 まだ半日のみですけど、感触としてはそれほどの違いはないようです。強いていえば太い分だけ二木式ていしんの方が短時間になりますけど、森本式ていしんだと握り方がまちまちになるので例会の実技ではタイミングが合わしづらいかも知れません。

 新年が明けてすぐに「成人の日」がハッピーマンデーになったことからいきなりの連休なのですけど、ここはどう考えても余計な連休ですね。以前のようにちょうど疲れてきた15日に休みが来るのが良かったのですけど、今年も成人式で大暴れしている若者ではなく馬鹿者が続出だったようですし。
 それで我が家ですが、昨日は午前中には子供を三人ともつれてデパートのイベントを見学に行って、午後からは「ウルトラマンゼロ」の映画を上と真ん中の子供を連れて見に行っていました。
 今日はスイミングがあるので午前中には上の子供と家電量販店に買い物にでていて(手引きをしてもらって)、午後からは交代でスイミングと私のランニングでした。それから奥さんの実家からご両親が来られたので、一緒に食事したりすることになっています。
 そんな中ですけど「日本鍼灸へのまなざし」のデイジーデータの暫定版が受け取れたので、すぐ携帯デイジープレーヤーで聞き始めています。本文は一度読んだことのあるはずの文章のはずですけど、再構成して並べられてくると日々の臨床の中に世界思想があるかどうかに、今後の大きな違いがでてくる予感が・・・。

 寒い時の知られざるいいアイテムがあるので、今回はそれを紹介します。
 足下が冷えることをつらく感じられる方が圧倒的に多いものであり、そんな時にはサッカーのソックス。ブランドものでなければ1000円で三足セットなど普通に売っていますし、老若男女関係ないデザインでみんな履ける上にハイソックスになっています。
 冬場に普通の服と合わせて履けばとても暖かく、新婚旅行で韓国へ出かけた時には大活躍したことをよく覚えています。タンスの占有面積が大きいので夏場は邪魔に感じることもありますけど、この真冬には我が家では欠かせないアイテムなのです。

 今日の彦根は降雪の心配こそないのですが、気温が上がらずとても寒い状態です。まぁ治療室に入っている私たちには、少しわかりにくい面もあるのですけど。
 しかし、大寒にはまだ時間はあるものの真冬の状態となりましたので、脉が沈んでいる患者さんの方が遥かに多くなりました。
 それでも気になるのは肝や腎の脉が浮いている患者さんが多いことと、脾の脉が堅い患者さんも目立ちます。津液の流れが特に悪くなっているからではないかと思うのですけど、確かに合水血を用いるケースが増えています。

 朝からサブマシンの無線カードを入れ替えたことでインターネット接続へのストレスが解消したのをきっかけに、午後には約一ヶ月ぶりにiPod nanoでのBGMを治療室に流しています。
 年末は「この一年を振り返って」などの特番とスポーツイベントの中継がラジオでも多く、元々からラジオの方が毎年多くはなるのですけどデスクトップパソコンでiTunesを管理していたのでiPod nano内部のデータが破損しないように大切に扱っていました。
 しかし、カルテ管理専用のパソコンは常に電源が入っているので充電だけなら充分に活用できるのですから、久しぶりにフル充電で心地よい音楽を楽しんでいます。

 専用のデスクトップパソコンが故障中なのでサブマシンである古いノートを現在使っているのですけど、メモリが足りない上にインターネットへの接続が不安定で困っていました。
 少々込み入った話ですけど、ADSL導入と同時に無線LAN環境も構築して、その時には生活道路を挟んでの実家でも使えるようにということで電話の親機ごと無線ステーションを二階へ設置しました。おかげで実家の半分でも電波は届いています。
 しかし、無線環境は水平方向には強いのですけど垂直方向には弱いので、事務スペースに設置するパソコンは電波の割と強い場所を探すのが毎回一苦労です。そしてサブマシンの無線カードは802.11bタイプのスリムタイプを装着させていたのですが、どうにも電波が途切れて・・・。
 それで初期モデルの分厚いカードが残してありましたから朝からドライバを入れてセットアップしたところ、快適にネット接続ができるじゃあーりませんか。スタイルは少々不細工になってしまいましたが、分厚いのでアンテナ利得が高いようです。
 ついさっきに宅急便に引き取られていったデスクトップパソコン、早く戻ってくるんだよ。

 「鍼灸ジャーナル」の対談の奈河でも話していますし、論文の中で何度か触れている学生時代に乗船した近畿青年洋上大学なのですが、集団行動という時間と空間に制約があるようなないような中で覚えたての経絡治療により様々な場面を切り抜けてきたことは、今のわたくしの治療の根幹の一つとなっています。
 いや、「あの場面が通り抜けられたのだから絶対にこれもできるはず」という、バックボーンになっていると書いても過言ではないでしょう。
 その同窓会を毎年開催しているのですけど、日時も場所もやることも全て固定という条件で自営業ですから永久幹事を引き受けています。今年の案内のための往復ハガキも、印刷が終わったところです。

 朝の心配が半分的中して、お昼前から午後の診療直前まで降雪からアスファルトの上が白くなっていましたけど、自然に溶けてしまったので患者さんへの影響は今のところ出ていません。
 それにしても昨年にこのあたりは都市ガスへ切り替わったのですけど、近年ではプロパンガスも安くなっていたとはいえやはりランニングコストが違うのでファンヒーターを二台で運転し続けていても安心です。
 それから小児鍼専用ベッドの所には暖かな風が吹いてくるので、風邪の子供にも優しくできます。

 まずは昨日の仕事状況の報告からですが、朝の寒さが厳しかったので電話が分散したことが幸いして予約ノートが上から順番に埋まっていく形となったので、夕方までびっしりにはなったものの大きな混乱なく終わりました。
 しかし、正月休み中に痛みの発生した新規申し込みの患者さんと年越しでの継続患者さんの顔ぶれが激しく混在するので、こちらの記憶が混在しそうになってはいましたけどね。
 そして今日は彦根ではまだ降雪になっていないものの、もう少し北へ行くと既に降雪となっている天候なので交通事情の方が心配なのであります。冬場は、仕方ありませんね。

 さて、今年も今日から仕事始めとなります。昨夜に準備のため鍼灸院へ行ったのですけど。留守番電話の数にちょっと心配に・・・。
 「予約ノートは全体バランスを考えて、特に集中しそうな日はあらかじめ隙間がありすぎるくらいに」といつも指示しているのですが、今回は見事に指示を無視してくれていたので気が付いた時には既に手遅れ状態。
 さてさて、蓋を開けてみるまでどうなるか分かりませんけどこちらも人間ですから時間だけでなく体力にも限界があるので・・・。それから年始だからの特別な用事もありますし。

 少し遅くなりましたが、皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 昨年末は「年末はゆっくりするぞ」作戦を決行して、まぁやっぱりバタバタしている場面はあったものの30日の治療終了後は慌てて何かをするようなこともなく時間が流れています。そして、大晦日には子供と雪遊びも。
 それから大晦日の夜には奥さんの治療をして、元日には私の治療をしてもらってと年末年始でも体調変動に対処できることは有り難い職業だとも感じていたのでありました。

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。