ロングディスタンス(その3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前回エントリーの続きとなって、満身創痍ほどではないもののそれでも半端ではない距離を泳ぐのですから全くの「遊び」という状況ではないものを救ってくれたのは、子供たちの大きな声援でした。
 800mが終わってから「大応援団がよかったね」と声を掛けてくれるスタッフもおられて、泳いでいてもバッチリその黄色い声が届いていました。
 視覚障害者はターンの時にタッチ棒で合図をしてもらうのですが、これも一部を子供がしてくれました。ふざけてターンの妨害をしてくれるほどの合図も何度かありましたけどね。
 苦しい場面があったとしても総括で楽しい思い出となったものは、生きる喜びへとつながります。そんな話を今日の鍼灸院でもしていました。
 動画付きでの詳しい報告を、またホームページのスポーツコーナーに掲載していきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/233

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2011年3月 7日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロングディスタンス(その2)」です。

次のブログ記事は「クーリングダウン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。