2011年6月アーカイブ

裸の王様

| コメント(0) | トラックバック(0)

 脉を整えていくという話を助手としている中で、長年やってきたことなので私の中では当たり前になっていたことなのですけど、ふと思い出したことがあります。
 入門してから色々な先生に指導を受けたのですけど、時々「あれっ?この脉状で『いい脉』と表現するの?」というケースがありました。もちろん若気の至りで勘違いをしていたこともあるのですけど、明らかにモデル患者が苦しんでいることもありました。
 つまり「自分がつくりたい脉」を標準にされているケースと、「理想的な脉」を標準にされているケースがあったということですね。裸の王様にはならないように、注意ですね。

 お気の毒な話なのですが、治療に向かわれている途中で原付バイクがガス欠を起こしてしまった患者さん、いつものガソリンスタンドが当院の近くだったということでそのままバイクを押して向かわれていました。
 ところがガソリンスタンドが見えている距離なのに足がもつれてしまい、転倒されてしまったとのことです。幸いにも親切なご夫婦が通りかかられて介護をしてもらえたとのことです。熱中症と勘違いされてのことだったらしいですが。
 でも、外傷はほとんどなかったのですが冷や汗が止まらず、全身の震えもまだかなり長く続いておられましたね。

あぁ大失敗

| コメント(0) | トラックバック(0)

 あぁ、たった今、大失敗に気付いてしまいましたがもう後の祭りです。
 昨夜の残業は伝統鍼灸学会のシンポジウム趣旨説明の講演内容を要約する作業をしていたのですが、それも二十二時手前になると何度も居眠りするくらいに疲れていたのに、その原稿を綺麗さっぱり消去してしまったのです。
 ファイルをゴミ箱へ捨てただけなら拾い直せばいいのですけど、エディタの効率運用のためにトップ画面で作業をしていてバックアップしておらず、別の文章を作成しようとして消してしまいましたから、もうどうにもなりません。
 「詳細に書き出しすぎていたからやり直すいいチャンスになった」と開き直り、今夜もう一度作成するしかないですね。

 ようやく小腸経の文章化が終わったところで、今夜の残業は日本伝統鍼灸学会の学術大会報告の記事執筆です。
 あまりに内容が多岐であり詰め込まれているので詳細な記述は割愛しようということにはなっているのですけど、担当がシンポジウム趣旨説明であり「鍼灸を取り巻く国内外の状況」ということなので、どこまで割愛するかが問題です。
 院長ブログのこともありますから、一度は詳細に書き出して削る作業にしようか迷っているところです。

 昨夜も鍼灸院へ戻ってきて、「取穴書」の小腸経は文章化が完了しました。メールを送ったりなどして全ての作業が終了したのは、二十三時手前でしたね。
 今は節電をということで、以前ならこのような残業の時には一人でもエアコンを回していたのですけど扇風機を二階から下ろしてきて当てていましたし、有線放送ではなくパソコンから音楽を流していました。
 別にiTunesが悪いのではなくradiko.jpならラジオも聴けるのですけど、スクリーンリーダーを使って操作していると同じスピーカーから二重に音が聞こえて来るというのは、少々苦痛な作業環境なのであります。

 今日は休日なのですが、昨夜からずっと書き続けていた「取穴書」の小腸経のデータが家へ持って帰れていなかったので取りに来ています。
 土曜日の仕事が終わってから一度家へ戻り、子供と食事をしてからお風呂へ入れて、その後に子供たちは蛍観賞へと出かけていきました。私は少し休憩してから気合いを入れて鍼灸院で執筆作業に格闘していたのですけど、気が付いたなら午前三時を回っていたので徹夜にならないように帰宅しました。
 ところが既に寝ぼけていたのか、家で確認すると更新したはずのデータが外部ハードディスクにコピーされておらず、眠気など吹き飛んで鍼灸院へやってきたのでありました。
 眠気も吹き飛んだので、これから子供と約束しているゴーカイジャーの映画へ出かけてきます。

橈骨頭?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ「取穴書」の小腸経については記述が昨夜からあまり進んでいないのですけど、解剖学の教科書で尺骨形状突起と尺骨頭の触り方というか触れる支正について調べ治してきてもらい、今朝に確認をして頭の中ではスッキリ。
 ところが気になってきたのは、橈骨形状突起の触り方が分かっても橈骨頭の触り方がハッキリしないこと。色々と自分の腕で探るのですが分からないので調べてもらうと、橈骨だけは肘から上端・体・下端と表現しています。
 大笑いしながら仕事が始まって、しばらくしたなら思い出しました。専門課程の一年生で按摩の授業を受けていた時、「前腕は肘でまず橈骨頭を探ってから・・・」と教えられていたのです。

形状突起

| コメント(0) | トラックバック(0)

 既に場所が明瞭で大腸経の反対側になっている経穴については記述を始めているのですけど、「取穴書」の文章化で最も困難と思われる小腸経の腕骨・陽谷・養老・支正についてこれから記述です。
 検証作業の時に散々確認はしたので頭の中で分かっているはずなのですが、解剖学用語や骨の表記について参考書で助手と一緒に復讐していたならまたややこしくなってきました。
 要するに橈骨形状突起と尺骨形状突起の表現が今まで間違っていたので、正しい形状突起をどうやって性格に触るかなのですね。

 それまでも落語で楽しんではいたのですが、先々月にたまたま検索をしていたならアップル製品に関するおもしろそうな番組があったので登録してから、すっかりポッドキャストにはまるようになってしまいました。
 ハードディスクが修理されてiPod関連の修復もできたなら、経済関連のポッドキャスト番組も沢山登録するようになって、最近は午後が経済のお勉強時間となっていたりします。
 今日も連続で聞いていたのですけど、なかなか国際的な動きは複雑で難しいですね。それ以上に知らないことが多すぎるという感じであり、「費用対効果」と「投資対効果」の違いを初めて知りました。直接の収益へとつながらなくても、企業イメージを印象づけるというのはとても大切なのですね。鍼灸も、そのようであらねば。

 水曜日は午前中のみの診療であり、通常は当日枠への予約も少ない曜日なので気持ちも時間も余裕のはずの日です。
 しかし、今日はメールの嵐が延々と続くのでありました。滋賀漢方鍼医会の例会が終わったばかりなので連絡事項が多く、また来月の合宿イベントもいよいよ動き出したもので、ある意味では仕事以上に忙しかった?

 昨日のアップロードできていないという記事ですが、その後にぎっくり腰の急患さんがありまして仕事が延長となり、ビデオファイルを確認しながらリネームする時間が出来ました。
 そして鍼灸院のクローズ作業をしながら、とりあえずアップロードは完了しています。
 そして「ここまでやったなら」と、ビデオ撮影もやっつけ仕事でしたけどホームページの記述もビデオファイルへのリンクとそれぞれの経絡のページへジャンプするリンクだけをつけたものですが、委員会の先生方へメールを送付するまでやっています。昨夜は疲れすぎて、背部痛を感じていましたが、もう元気です。

 追伸ですが、そのページはまだプロと段階なので、一般公開していません。来年の八月に本とDVDのセットで販売されます。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の会員で見学者があったので手伝ってもらい、「取穴書」で製作中の文章化できた箇所について、前回と同じくですけどやっつけ作業で一気に撮影をしました。前回は雑音が気になるとのことでしたから、今回は機械的な動きのないiPod touchで撮影しました。
 それを今日になってからパソコンへ取り込んで、午前中に治療の合間合間で小さなファイルへと返還作業を繰り返していました。
 うまくいけば昼休み中にそのビデオファイルだけアップロードをと考えていたのですけど、中身のチェックが一切できていない状態なのでここは断念。
 昼休みに泳いできたなら、午後は寝不足の積み重ねとのダブルパンチでベッドサイドから離れたならすぐに居眠りとなってしまい、結局この時間になってもアップロードできていないのであります。

東京宣言2011

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日に全日本鍼灸学会と日本伝統鍼灸学会の共催学術大会へ、東京まで出かけてきました。地図からは分かっていたのですけど、想像以上に不便というか遠い会場であり、想像通り「修行」のような学術大会でした。
 午前中のシンポジウムまではよかったのですけど、昼休みに入って総会が開かれたのはいいですがその後に本当の昼休みが来て、一般に来場していた私たちは二時間の休みが・・・。それなら夕方を、もう一時間早くに終わって欲しかった。そして午後のシンポジウムは打ち合わせがあったはずなのに、明らかに噛み合っていなかったですね。講演も一本調子で眠たくて。
 
 それで日本鍼灸についての2011宣言ですけど、これはドラフト案が会場にはいると同時にすぐ配られていましたけど実は徹夜に近い作業でギリギリまで調整されていたとのことで、ご苦労様でした。最初の宣言ですから、今後は我々が引き継いでいくことになるのでしょうね。
 なお、正式な文章はそれぞれの学会公式ページで見られるようになります。

 最後の時間帯に来院された患者さんなのですけど、十日前に突発性難聴になってしまい現在入院中から外泊の隙間で来院されました。
 病院では突発性難聴に対してステロイドの点滴が行われるのですけど、お世辞にもスマートな方ではありませんから血糖値が上昇してしまいインシュリンの投与も。これって、矛盾していません?
 まるで事故を起こした原子炉を冷やさねばならないので、隣の事故を免れた原子炉で発電をしてポンプを動かし続けているようなものですよね。
 しかも、入院中の食事は糖尿病食だったりして。本人も「もう笑うしかない」という感じで話されるのですけど、精神的なダメージは相当な様子です。
 なお、許可をもらって掲載していますので。

 今朝に「取穴書」の文章化作業で心経を完成させられたのですけど、昨夜に仕事が終わってから鍼灸院で残業をして文章を埋めていました。
 ところが、疲れていて居眠りしそうになっていましたし喉が乾いたので缶ビールも一本飲んでいましたから、今朝になって流注が逆になっていることに気付いて慌てました。
 まぁケガの功名で色々と解剖学的な位置が把握できたことから取穴法も思いついて、出来上がった文章はかなりスリムになったのですけどね。

 今月の滋賀漢方鍼医会は月例会をお休みさせてもらって、東京での学術大会へ参加するため、「取穴書」でまとまりつつある取穴法の先行研修を助手に託さねばなりません。
 しかし、助手たちも既に鍼灸師の免許を持っているのであり、学校での教科書から少し変わっているだけのことで、特に困難なはずはありません。
 夕方の空き時間にリハーサルをしていたのですけど、今月は大腸経ですから大きな変更はなくスムーズに。でも、例会で自分たちがリードする立場を考えると、不安そうな顔をしていました。

 今日の午前中には、新規に申し込みをされてきた患者さんに電話が途中から通じなくて、ご迷惑を掛けてしまいました。
 まだADSLでインターネット接続をしているので、大きなデータをダウンロードさせてしまうと回旋を圧迫して音声通話ができなくなってしまうのです。助手が使うパソコンは最近開く頻度が極端に少なくなっているので、セキュリティアップデートを掛けたついでにiTunesをバージョンアップさせてしまった時に通話があったのでした。
 これはまずいということで、接続速度は落ちるもののADSLスプリッターをかませることで電話へ直接回線を確保して問題解決させようとしたのですが、またまたスプリッターが行方不明になっている騒ぎに。
 ADSLスプリッターが見つかって「これで一安心」と思って大容量のデータをダウンロードさせての実験をしたなら、やっぱり通話ができませんでした。キャンペーンを見計らって、いよいよ光ファイバーに切り替えねばならないようです。

 今週末に迫った全日本鍼灸学会と日本伝統鍼灸学会の共催大会ですけど、「日本鍼灸とは」の東京宣言も出されるということで私は早くから参加することを決めていました。
 ところが東日本大震災のため、当初の筑波から開催地が東京へと移され日程も三日間から一日へと短縮に。
 その分ではありませんけど時間短縮のため大会ページから教育後縁へと進むと、無料で講義が聴けるようになっています。

 昨日に関東大震災の時と今回の東日本大震災では政治状況が似通っているという話を書きましたけど、早速にというかやっぱりというか政権延命策としか思えない国会延長を菅直人首相はここに来て言い出しました。
 いや、通念国会という話は先月末あたりからでてはいたのですけど、通念国会などせずにさっさと震災復興の対策を決めて、国会運営のための費用を削除すべきではないでしょうか?
 今週末には全日本鍼灸学会と日本伝統鍼灸学会の合同学術大会が開催されるのですけど、鍼灸業界は今まで国会のような議論ばかりでしたが一足先に脱皮した姿になっていることを願っています。

歴史は繰り返す

| コメント(0) | トラックバック(0)

 やっとiPod nanoの方も修復が終わり、というよりもポッドキャストの削除されていないものが一つ残っていたので完全な同期が取れなくなっていたので復元という初期化作業からやり直したのですけど、これでポッドキャストが聞きやすくなりました。
 そして午後から経済関連の番組を聞いていたのですが、関東大震災後の対応と今回の東日本大震災の比較のような内容で、あの当時も政治は混乱していて代診再発生から三十時間もの政治空白が発生していたとのことであり、初動の遅れが被害を大きくしたそうです。
 しかも、新しく組織された内閣は半年足らずで総辞職となったそうで、少しだけ状況は違いますけど歴史を繰り返していますね。大きなビジョンを掲げて実現された地域は、今でもいい町並みのようですが。

 夕方に営業で掛かってきた電話なのですけど、そこで有意義で嬉しい情報が判明しました。
 「にき鍼灸院」では開業時から有線放送を引いているのですが、これも時代の流れでケーブルから通信衛星による放送へと切り替わって既に五年くらい経過しているでしょうか?だから今は『有線ブロードネットワークス』という名称らしいですけど。
 ケーブルの時代にはラジオ放送が再配信されていたので、名古屋や東京のラジオ局も機器放題であり雑音もなくてとても楽しいものでした。許可なしの再配信だったので半年ほど聞ける曲が少なくなっていた時期もありましたけど、スポーツイベントから芸能関係まで、貴重な情報源でした。しかし、テレビやラジオは基本的に地域ごと免許なので全国で試聴できてはいけないものらしく、衛星放送に切り替わることでラジオは自然消滅に。
 でも、難聴取対策としてインターネットで同時配信するradiko.jpが爆発的な人気となり、「これに準ずるサービスはないのか?」と尋ねたなら、昨年あたりからサービスが開始されていたようです。モノラルチャンネルなので残念ながら音質がradiko.jpには劣りますけど、安定して多くのラジオが聴けるのはとても嬉しいのです。

英知に脱帽

| コメント(0) | トラックバック(0)

 週末には「取穴書」作成委員会の合宿で、またまたものすごい実技を長時間やってきました。疲労困憊と最後はなるのですけど、誰もがその場を離れようとしないとても楽しみにしている合宿です。
 今回の大発見は腎経。そう、あの踵のあたりでぐるぐる経穴が行ったり来たりしている部分なのですが、これがなんとなんと経穴の順番にしたがって軽擦した方が圧倒的にいいのです。一律に体幹方向へ向かって軽擦すると、これはダメ。
 いやぁ昔の人は、やはりよく観察していたんですねぇ。その英知にまたまた脱帽なのでありました。

 今日6月11日は、昨年に小惑星「糸川」から『はやぶさ』がカプセルを持ち帰ったことで昨年は大いに盛り上がっていた日です。
 そして今年は東日本大震災から三ヶ月目ということなのですけど、遅々として進まない復興に福島原発の事故の終息見通しがなく、暗いニュースの方が遥かに多いですね。
 鍼灸院の仕事としてはあまり昨年と変わっては以内のですけど、変わっているのは脉状の作り方ですね。それから取穴が変化しています。

 もう一つバタバタしていたのは、明日からまた「取穴書」作成委員会の合宿なのですけど、木曜日にたった15分で一発撮りしたビデオをホームページに登録する作業でした。
 新しいデジカメは先月に購入してMP4ファイルをasfファイルへ変換するソフトもテスト済みでしたが、デスクトップで動かすのは初めて、さすがにここは、デスクトップマシンの貫禄で冷却ファンがフル回転することなく作業は終了。
 これをサブドメインを設置してもらい閲覧制限のためのファイルも設置してもらうための手続きを説明して、実際にアップロードをしたのは仕事が終わってからの時間帯。まだADSLですから、大きなファイルを扱わせていると電話が通じなくなってしまうものでして・・・。
 無事に公開までの作業は、終了しています。

 今日もバタバタしている間に、ブログの書き込みを思わず忘れていたので自宅からです。ちなみに今夜の食事は、私がレシピを開発した「味噌鍋」。
 今日は非合法な方法ですけどiPodから音楽をパソコンへ戻してiPod touchを初期化して同期を測るのですけど、ネット接続など面倒な部分は省かれるものの今ひとつ完全に同期をしていない様子。最近一番楽しみにしているポッドキャストを大量に登録しているので、全体がうまく連動してくれないと困るのです。
 これはiPod touchを初期化した後にiTunesへ接続しても、設定のバックアップファイルが残っているためにまずはそちらが選ばれてしまうためでした。
 「新しいiPodとして接続」にマウスでラジオボタンを切り替えてもらうと、バッチリ同期してくれるようになりました。

 今日は仕事の合間に必至でiPodから音楽データをパソコンに戻そうと格闘していました。
 修理から戻ってきたパソコンはハードディスクが交換されているので、当然のごとく全てのデータがありません。iPodそのものには音楽データが残っているのですけど、120枚以上のCDからリッピングをした膨大なライブラリなので、もう一度やり直す気はとても起こらないですからと調べてみました。
 著作権を保護するということで、iPodからパソコンへデータを移動させることはできませんでした。しかし、同じことを考える人はいるものでツールもネット上に公開されていましたから、非合法ですけどこれで復活。
 しかし、非合法な方法で戻したものでは動作が安定せず、結局iPod touchは初期化して同期をさせ治しています。

亀裂骨折

| コメント(0) | トラックバック(0)

 理由はハッキリしないものの腰椎の亀裂骨折を起こすケースがあって、それも比較的若い女性に集中していることが特徴的で最近も来院されています。
 骨折の診断は遠くから打診をして、その患部へ響くかどうかが一番簡便で確実な方法です。もちろん響くことを確認していますし、脉診では両方の寸口が強くなっていることで見抜けます。
 今日の患者さんは高齢の方で亀裂骨折になった理由もお葬式が連続しての疲れからとハッキリしていたのですけど、せっかく三週間ほど掛けて痛みはあるものの中腰もできるようになっていたのに昨夜にソファーから立ち上がった瞬間にまた痛みが。
 幸いにして今回は新たな亀裂骨折を増やしたのではありませんでしたけど、高齢の方には別の注意が必要だと反省でした。

 今分かった情報というか、ちょっとビックリした話です。そしてスタッフの間で思わず笑いが・・・。
 色々な職業の方が「にき鍼灸院」には来院されています。公務員からサラリーマンから自営業の方々まで、また医療関係者としては鍼灸師や鍼灸学校の学生はもちろん、看護婦さんは多く来院されていますね。
 しかし、歯医者さんは来院されていても現役のお医者さんが来院されたことはありません。性格には私の奥さんの妹が医者なので何度も治療はしているのですけど、一般として来院されたことはないという話になります。
 ところが先週に治療終了したおばあちゃんなのですけど、息子さんが医者をしているとか。あまりの腰痛なのでしばらく息子さんの家から送迎してもらっていたのですけど、それが診療所だったとは・・・。

 昨夜に「取穴書」の胃経について、文章化がまとめられましたので何とか送付するところまでは無理無理できました。鍼灸院での残業は二十一字を回っていましたね。
 まぁ子供が小さいので家ではまともにパソコンを触らせてもらえませんから、今は残業をしている方が遥かに効率的なので奥さんに逆に感謝ですけど。
 やっと三分の一の土台が出来た段階ですから、また終末の合宿で宿題の方が増えてしまいそうです。完成までに、もう一年しかありません。

邪魔されて

| コメント(0) | トラックバック(0)

土曜日からセットアップを開始した修理から戻ってきたデスクトップパソコンですけど、ウィルス対策ソフトの入れる順序間違いでまたまた初期化してのやり直しになってしまいました。
 ソフトは何も入れていないに等しい状態でしたからよかったのですけど、半日仕事への投入が遅れてしまいました。あぁ眼圧が上がって頭痛がしてきています。
 せっかく「取穴書」で胃経の記述が完了する寸前に朝は子供に邪魔されて、鍼灸院ではウィルス対策ソフトに邪魔されて、今夜中にデータが送付できるのかなぁ?

思わぬ収穫

| コメント(0) | トラックバック(0)

 毎年生駒山の中程にある「石切神社」へ家族でお参りしているのですけど、これは尼崎で助手をしていた時代に教えてもらったのがきっかけで定期的にお参りしていた続きであり、もちろん多賀大社はお膝元ですから年に数回はお参りさせてもらっています。
 それで遠くまで子連れでせっかく出かけたのですから、お参りが済んだならもう少し足を伸ばそうということで生駒山上遊園地へも行って来ました。
 近鉄生駒駅からすぐにあるのかと思っていましたけど、なんのケーブルカーに乗車するのですけど乗り換えまでせねばならないという念の入った山頂遊園地でした。その分、子供達はたっぷり乗り物に乗れて遊べました。帰りは疲れてしまい、順番に寝ていましたね。
 ケーブルカーが登っていくと、五分もしない間に気温が下がって、空気まで変わってきました。登山したのではなく公共交通機関で連れて行ってもらった山頂ではありましたけど、私にとってはこの場所が思わぬ収穫でした。

 今日はパソコンの話ばかりで申し訳ないのですけど、業務は止めたくなかったもののより効率的な作業を来週からするためにはやはりデスクトップをセットアップする必要があるので、仕事の合間で作業をしていました。
 しかし、古い記憶なのでどのようにすればセットアップが効率的だったかなど忘れていますし、キーボードが日本語入力できないので無理矢理互換モードで動かすように設定し尚したりと、セットアップの前段階だけで今日は済んでしまいました。
 しかも、ネット上で配布されている必要なソフトウェアを保存してあるCD-Rが一枚だけ見つからないのです。高機能テキストエディタのプログラムを収めてあるので、現在とバージョンが違いますからそれが使いたいのにと大慌て。
 先日のiPod touchは私が紛失騒ぎを起こしたのではありませんけど、二回も続けての騒ぎですから「年かな?」とふと思ったりして。
 でもでも、CD-Rが一枚だけ縦方向に入っていただけで、患者さんにも大笑いされながらハッピーエンドの結末となりました。

 土曜日のスケジュールが立て込んでいて、しかも「取穴書」の文章づくりものってきたこのタイミングで、修理に出していたデスクトップマシンが戻ってきました。
 今回はハードディスクの交換、何と普通に修理代を出していたなら38000円とのこと。年始めのマザーボード交換も40000円という値段でしたから、インターネット通販でしたけど五年の延長保証を付けての52000円の元値を遥かに超えてしまいましたね。
 まだ保証期間が一年半残っているので、貴重なWindowsXPですからそれまでの故障については修理に出すつもりですけど、その後については使い続けるのは難しいですね。
 しかし、どういう値段設定なんでしょうね。修理の方で収益をあげているのかな?

闘魂ビンタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 関西電力に勤務されている患者さんが来院されたので、福井県の原発について色々と質問をしていました。戦後の技術導入の経緯から、東京電力は沸騰水型原子炉 (BWR) を、関西電力は加圧水型原子炉 (PWR) を、それぞれ原子力発電所の基本設計として採用し現在に至っているので、制御棒が上からはいるタイプですから事故には強いと言えること。安全性については、勤務されている会社のことですから定番の答えだけでしたけど・・・。
 それから福島原発は設計ミスであり、改修が計画されていたのに実施をされていなかったこと。また今回の事故が大きくなったのはやはり政府の驚くべき鈍感さによる対応の遅れであり、総理大臣のパフォーマンスで緊急処置が遅れたことだろうとのことでした。
 それで話が盛り上がっていて「誰がリーダーにふさわしいか」という議論となり、アントニオ猪木が被災地を訪問した時には自衛隊員や気持ちの萎えそうになっている現地の若者が『闘魂ビンタ』をやってもらうために、長蛇の列を作ったというところで、今は実務力ではなくカリスマ性が求められているのかもという結論に。

 菅内閣不信任案の話題の続きとなりますが、昨夜は書類作成で鍼灸院に遅くまで残っていたのでニュースをチェックせずに就寝したので、今朝にiPod touchからヘッドラインをチェックしてビックリというか唖然というか、やっぱりというか。
 「復興にめどがついたなら若い人たちへ任せたい」とは言ったが、退陣や辞職などとは覚え書きに書いていないとのことであり、昨夜のうちに来年の一月までとりあえず続投の模索をしているといいますから、鳩山は怒っていますし一人負けの小沢も次なる戦略へ。
 しかし、いつも見事に間違った情報にすり替える伝書鳩に任せていたのがそもそも間違いであり、拳を振り上げてもいつも肝心な場所からはトンずらしている親分にくっついていることも間違いでしょう。そして、腰が引けて反対票を投じた議員たちの先見のなさも。
 「何を」「いつ」「どのように」「どうする」といった基本事項を確認すること、学校で習わなかったでしょうか?

追伸
昨日の不信任案透表の中継はちっともおもしろくありませんでしたが、今日の予算委員会質疑中継はおもしろいですね。

参考書

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「取穴書」の口語体文章化作業は手順がかなり整ってきたので、早いとは言えませんけど執筆のペースも徐々に上がってきています。
 参考書としている中に『詳解・経穴部位完全ガイド 古典からWHO標準へ』(医歯薬出版株式会社)というのがありまして、題名からも分かるように第二次経穴標準化作業、つまりWHO標準経穴に至るまでの記録集なのですけど、これが電話帳くらいある分厚い本なので必要な箇所しか読んでもらえないのですがおもしろくて。
 中国も韓国も、そして日本もそれらしき反応点を経穴として用いてきた節が大きいことが改めて読み取れます。治療効果があればそれはそれで構わないわけですけど、反応点と経穴とはやはり違うというのが実技での検証作業を繰り返してきての感想です。
 今は一番文章化しづらいと感じている胃経に取り組み始めたのですけど、この参考書を読む中で色々とアイデアが出てきたのでうまく表現できるかも知れません。

ダブルスコア?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 東日本大震災が発生してからまだ三ヶ月も経過していないのに提出された菅内閣への不信任案、こんな時期に解散総選挙など実施できないことは分かっていましたけど余計に「国民をバカにしている」という結末になりましたね。
 午前中の会談で「一定のめどがついたなら自ら退陣する」との表明に、強硬に不信任への賛成を表明していた前の総理大臣や実力者たちが態度を軟化させてしまい、結局はダブルスコアでの否決。要するに与党が大切であり、自分たちの首が一番大切なのです。
 別に総選挙をして欲しかったわけではないのですけど、「一定のめどがついたなら」というのはいつですか?」。目処が付けられない総理大臣だから不信任案へとつながっているのに、こんな口先一つでだぶるスコアになってしまうなんてと、鍼灸院ではラジオを聞きながら患者さんもコメントのしようがなかった様子でした。

追伸
菅直人は張本人ですから東京電力と合わせて震災復興後に、刑事責任を含めて裁きを受けるべきと思います。今回の延命については、鳩山由紀夫の手のひら返しが一番の犯罪行為です。それから小沢一郎は、ケツの穴が小さいことがこれでハッキリしました。

 今朝の早朝というか深夜というのかに、このブログのプログラムをバージョンアップさせるのにえらく苦労していた話を既に投稿しています。
 かなり操作画面というか登校用の画面も変更になっていて、パソコンも暴走気味でしたから再起動させてから再びアクセスすると記事編集画面に到達できず、実はタイムスタンプより半時間も掛かってやっと本文をはめ込めたのでありました。
 そんな上京でしたから半分寝惚けていたのか、せっかく作成した取穴諸作制委員会の資料に余分なものをくっつけて送信していました。我が家の子育て日記の一部が残ったままだったので、大笑い。

このブログはMovable Typeというプログラムを利用しているのですが、それもオープンソースタイプの無料版を利用しているので定期的にセキュリティアップデートが必要になります。要するに貧弱な部分が発見されたなら、自力でバージョンアップせねばならないということです。
 それで昨年に設置してから重要なアップデートのお奨めがありましたので一度実行しているのですけど、今回は5.0.4から5.1へのアップグレードを夜中になってお知らせ検索をしていて見つけてしまい実行です。
 以前の時にも全てのファイルを一気にアップロード、つまり全てを自動的に書き換えることが出来なかったので時間が掛かった記憶があるのですけど、今回も同じ失敗をしてしまい一時間も掛かってのアップグレードでした。あぁ明日は眠たいだろうなぁ。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。