2011年12月アーカイブ

 電話のトラブルを抱えながらも、今年の診療を無事に終えることができました。
 いつもお世話になっている皆様には、心から感謝申し上げます。
 甚大なる自然災害が続き悪夢のように感じた人も多かっただろう2011年でしたけど、来る年は喜びに溢れた年であることを祈っています。

 着信できない電話があった腱では、ご迷惑の掛かった患者さんには大変申し訳ありませんでした。
 昨日の点検で回復しているだろうと思っていたのですが問い合わせのメールがあり、朝から助手のiPhoneで電話を掛けてもらうと、コールはしているのに全くこちらへ着信できない現象がやはり確認されました。
 NTTへ連絡をして、どうやら今まで使っていた「おとくライン」のソフトバンク側の問題だと判明し、ソフトバンク側は勝手にNTTが切り替えてしまったと反論してきましたけど、年明けにはとにかく接続されるように手続きしてもらうことになりました。

 先週に切り替わった光ファイバーなのですけど、接続スピードが出ないだけでなく一部の人から「コールはしているのに応答しなかった」という苦情が舞い込んできて、昨日の夕方にNTTへ調査依頼を出したのでありました。着信トラブルのあった方々、申し訳ありませんでした。
 年末年始の祝勝体制になっていましたけど午後一番に来てもらえて、点検してもらうと週末装置への光ファイバー接続が甘かったみたいです。
 これで着信トラブルが亡くなればいいのですけど。出も、ネット接続はプロバイダが足を引っ張っているらしく、どうしても限界があるようです。

深読みしすぎて

| コメント(0) | トラックバック(0)

 あちゃー、やってしまいました大失敗。
 会話の中から何気なく連想された返事をして、そこから話題を色々と広げるのが得意というか常なのですけど、名字が先日変更になった女性の患者さん。
 「まさか元に戻ったとかじゃないですよね」と口走ったなら、その通りだったので空気が流れなくなってしまいました。空気読めよ」とはよく聞きますけど、深読みしすぎて会話を途切れさせてしまいました。

 昨夜の夕方には降雪が止まるだろうと思っていたのですけど、どっこい一晩中降り続いたようで今朝は積雪量が倍とは言いませんけどかなり積み増し状態でした。
 けれど彦根では水分の多い雪なので自動車で出かけるには昨日よりもスムーズであり、ありがたいことに午前中には新しい申し込みまでありました。
 今回の雪は峠を越えたようですし、年末年始は穏やかな天候になることを祈るばかりです。

 そんな気合いの入った緊迫した治療室なのですけど、先日に導入した光ファイバーの接続状況が今ひとつなので設定業者の調整の日にも重なりましたから、午後はややこしいのでありました。
 それにしても設定業者さん、この積雪の中をめげずによく来院されましたね。東芝のエアコンサービスは、あっさり撤退だったのに。
 結論ですが、業者のパソコンを使わないスピードメーターで直づけ25Mbpsは出ているものの、ハイスピードタイプとしてはやはり遅すぎます。キャンペーン会社を通じてNTTへの調査依頼を出してもらうように手配してもらいました。

 真冬なので仕方ありませんけど、年末の過密スケジュールの時なのに彦根では10cm程度の積雪になってしまいました。
 しかし、地元の人たちであれば交通には支障があっても出かけるのが怖いと言うほどの量ではないので、90%以上の方がそのまま来院されています。
 それどころか、緊急事態を抱えている患者さんが多く新たな予約を入れてこられると言うことで、こちらも気合いが入るのであります。

 昨夜のことですけど、我が家にサンタクロースが玄関から訪問をしてくれましたから、子供たちは大喜びでした。
 実はボランティアで関わりのある家にお菓子を配って頂いているのではありますけど、サンタクロースの衣装まで着用でしたから子供たちは本当にビックリ。
 長男に至っては、「あれは本物だった」と感動している様子であり、「どうして出窓を開けておいてくれなかったのか」と叱られてもいるのでありました。それからトナカイの橇には乗らずに、サンタクロースが歩いて移動している姿が不思議だったとか。

年末野溝掃除

| コメント(0) | トラックバック(0)

 地域の溝掃除は毎年六月と年末に行われているのですけど、今朝はミゾレ混じりの天候の中で掃除が行われました。
 歩けないほどの積雪でなければ雨よりもずっと作業はしやすいもので、彦根の気功ならこの程度の積雪だと平気で行われるものです。
 しかし、さすがに雪ですから溝蓋は終わった箇所から終わった箇所から締めるようにして、みんながケガがないように注意はしているのでありました。

 そして大掃除の後は、恒例の鍼灸院での忘年会です。
 今年は近くの居酒屋にしたのですけど、目的は内部にカラオケボックスがあること。私が子供の頃からお世話になっている近所のおばさんにも参加してもらい、自慢の喉を披露してもらおうという狙いでした。
 ところが、マイクを握って離さなかったのはうちの子どもたちでした。途中からは歌の順番が義務的に回ってきたのですけど、近年にない大盛り上がりで楽しい忘年会となりました。

 もう一つの大逆転は患者さんへは関係ないものですけど、玄関ドアの鍵が内側から回しづらい状況が続いていたようです。スタッフが一度も報告しないので、数年間は続いていたようです。
 指が痛くなるほど回しづらい硬さなので調べてみると、経年で潤滑油がどろどろになってしまい逆に回しづらい状況になっていました。
 マシンオイルを購入してきてもらおうかとも思ったのですが、以前にフロッピードライブの補修のために購入しておいた接点復活剤があまりに大きなスプレーだったので保存しておいたのを思い出し、静電気防止剤ですからスプレーしてみると「なんじゃこりゃ」というほど、軽く回せるようになりました。

 昨日の話題で恐縮ですが、鍼灸院の大掃除を行いました。今年は二つも大逆転の設備補修が・・・。
 一つは待合室と治療室の間の自動で閉まるドアですけど、数年前から調子が悪くなっていたのを掃除しながら不都合のない程度に使っていたのですが、綿埃を除去してから余計に動きません。
 また外して調べているとローラーの一つが破損してしまっているようで修復を試みたのですがダメ。試しに開閉作業はほとんどないドアと交換してみると、驚嘆するほど素早く閉まるようになってしまいました。

 もう三年も経過したのか、まだ三年なのか。12月22日は私の母親の命日であり、ちょうどこれくらいの寒さの夜に居間で倒れていたところを父親が発見して、慌てて駆けつけたのでありました。
 くも膜下出血であり、CTで大出血がすぐ発見されて即死だったろうとのことです。倒れていたところを診察すると、まだ暖かかったのですが息を全くしておらず、プロとしては瞬間で死亡を確信したのですけど信じたくないという気持ちと変に希望を持たせては行けないと言う考えが交差し、言葉を選びましたね。
 そして先程、倒れていただろう時間に治療室を少し抜けて、その場所と仏壇を拝んできました。

 インターネットから大きなデータをダウンロードさせると電話が通じなくなってしまうので切り替えた光ファイバーなのですけど、親機は大丈夫でもコードレスからではやはり通じなくなってしまいます。
 これは無線LANの機器側に問題があるようで、どのみち802.11g規格では役不足なので入れ替える予定はしていましたから、昨日に思いついて802.11n規格のハイパータイプの機器を購入してきました。
 ところが最初からセキュリティが設定されているみたいで、今までいくつもの機会を扱ってきましたけどかなり使い勝手が違います。マニュアルを読まねばなりませんから、とりあえず今は元通りの機器に戻して使っています。
 ちなみにスピードが出ない腱でサービスが月曜日に来てくれることになりましたから、こちらの機器についても一緒に設定してもらえることになりました。

 クリスマス寒波が予告されていますけど、既にかなり寒い彦根です。大津などでは晴れているのでしょうが、曇天でも黒い雲が目立ちます。
 彦根よりもっと北方に済んでおられる方が、「積雪になってからでは出てこられないから」と予約を早められたりしています。

 それにしても便利なのは、「フォルダ内一括置換」という機能です。MMエディタという高機能エディタで編集作業はしているのですが、文字通り指定したフォルダ内の文章を一気に調べて条件に一致する語句を置換してくれる機能です。
 Grep検索というフォルダ内にある全てのファイルを対象に検索を行うという機能は割と有名で使われることも多いのですけど、個別置換ではなく一括置換のみなので危険性も逆に高いものの癖になりそうなほど協力に置換作業をしてくれます。しかも超高速で。
 依頼のあった部位を入れ替える腱でも、最初はそのまま該当箇所を単純に貼り付けてからフォルダ内一括置換で、注文通りの形式に一発で整えられるのであります。

 先週で何とか文章化担当としての個人が請け負うレベルの仕事は終わったとばかり思っていたのですけど、どっこい承認作業へ入る前に次々と注文がまた出てきます。
 感じを多く訂正することは置換機能で行おうと思っていましたがリスクが大きく、検索でヒットした部分から行末まで自動的に読み上げてくれる機能を活用することで切り抜けたのですが、今度は標準部位の新しいデータができてきたのでごっそり入れ替えて欲しいという注文が。
 それから漢字の訂正がまたいくつもありまして、驚いたことに要穴の記載が抜け落ちていた箇所さえも。
 私がファイルを提出しなければ誰も動けないので、とっくに契約満了のはずなのにまだ走り続けているのであります。

 今日は午前中のみの診療だったのですが、他の用件がどんどん重なっていって書き込みが今頃になっています。
 昨夜は年賀状のデザインが完成するまででしたから今日にプリントアウトがあり、そのために朝から次男も預かっていました。
 これに加えて学会誌の郵送準備をしてもらっていると会員名簿に不備があることが発覚して慌てたり、光ファイバーなのに大きなダウンロードをさせていると電話が通じなくなるのは無線ステーションの規格のためだと判明したりで、次々と用事だけが積み上がっていくのでありました。

 昨日の光ファイバーへ切り替えた話題ですけど、一応ですが接続は途切れることなくできる状態になっています。
 ところが、何故か速度が出ません。キャンペーンで加入した200Mbpsタイプなのに10Mbps出ているかどうかなのです。ADSLの時でも6Mbps出ていたので速度的には不満はなかったのですけど、大きなデータをダウンロードすると電話が通じなくなってしまうので切り替えたのに、これも電話が通じなくなってしまいます。
 セットアップの時に何度も失敗をしていたようで変なデータが残っているか、設定そのものにまだ失敗しているのか、あっさりサービス院の派遣が無料でしたから頼みました。

 今日は昼休みから、ずっとややこしく過ごしてきました。
 まずはまた土曜日にエアコンがおかしくなっていたのでメーカーから調べに来てもらいましたけど、今日は正常に動いているので原因が追及できず。
 そして光ファイバーの工事もあり、工事そのものは順調にあっさりと終了したのですが接続がまだうまくできたとは言えない状態です。

 半時間ほど前に、滋賀漢方鍼医会の今月の例会から帰宅してきました。今月は発表担当はなかったものの、「取穴書」に関して最後の肝経の実技を行ってきました。
 特筆すべきことでは既になくなっているものの「連線」の概念は今までの取穴に大きな飛躍を与えてくれて、中封の位置が勝手にかつての経絡治療の台紙証が発言した治療点に置き換わっていたことを払拭して、標準の位置に戻っただけでなく臨床上でのヒントを与えてくれています。
 本部の指導員にも既になっている元助手でさえ、標準と臨床の応用範囲の違いに目を見開いているのでありました。

 まだまだだろうと思っていたのですが、今朝の彦根は雪景色をしていました。
 天気予報では真冬の寒波が居座っていることを伝えており積雪の可能性も言われていたのですけど、「この程度の寒さなら積もっても白くなる程度にしかならないだろう」と昨夜は喋っていたのですけど、蓋を開けてみると3cmから4cm程度の積雪になっていましたね。
 まだ除雪作業をするほどでもなくほとんどの方は交通も気にされなかったですけど、次からは本格的な積雪になりそうです。

 めいぼは完全に回復していないものの、「取穴書」の方はゴールが見えてきたこととあまりに運動から遠ざかっているので、見切り発車ですけど昼休みにはプールで泳いできました。
 久しぶりの水中には「水を得た魚」ほどではないものの、自然と全身が反応してしまいストレッチ程度の運動をと考えていたのに、少しエキサイトしていましたね。
 まぁめいぼがぶり返しては洒落になりませんから、距離については最初に決めておいた分だけで押さえておきましたけど。

 冬にはスノータイヤへ交換しておかねば彦根地方ではとても怖くて冬は走れないのですけど、私自身は運転ができないので人命に関わることですからお金がかかってもタイヤ交換は確認のできる人へお任せすることにしています。
 幸いにも今年の春からは近くのガソリンスタンドが自動車とタイヤを取りに来てくれて、交換後にまた駐車場へ戻してくれるというサービスを受けられるようになったため、タイヤそのものを預ける費用までは発生せずに済むようになりました。
 けれど個人的サービスに近いので時間指定ができず、季節的なことも考えてお願いしている次第です。シーズンインは、ちょっと寒くなりすぎてしまいましたね。

 まだ「取穴書」の作業は続いているのであり、井穴の問題が長期化していて早急に何と貸せねばならないと本部例会の昼休みにミーティングまで開かれる状態になっていました。
 そこで「爪甲橈側縁の垂線と爪甲基底部の水平線との交点」を基準にすることは確認されたのですけど、爪甲基底部の解釈が違っていたことが判明。
 必至に色々と検索をして、爪が露出している部分の近位のことだとは判明したのですが、これにより解剖学としての用語に間違いはないものの一度決めた基準では我々が取穴したい位置を表すのに不適当だと言うことも判明。
 急転直下ですが、短く的確な文章ができそうになってきました。

 目薬を使い始めて三日目の朝ですが、正確にはまだ48時間経過していない状態ですけど「めいぼ」は確実に小さくなってきました。
 しかし、まだ変な眼球の痛みがありますし頭痛もあります。もちろん治療はしているのですが、ちょっと投与が遅かった感じは否めません。
 でもでも、ちょっと嬉しいことに眼圧が下がっている印象であります。ひょっとしたなら慢性的に「めいぼ」の状態じゃなかったのか?と思えるくらいです。

頭の中心の痛み

| コメント(0) | トラックバック(0)

 それで点眼を始めたならどうなったかですけど、さすがにホラーハウスでアルバイトできそうなくらいに待て腫れ上がったやつですから、一日くらいの点眼で綺麗に回復するはずはありません。三日間は覚悟しています。
 膿(うみ)が蓄積すると頭の中心部に痛みを感じるようになるもので、これは昨年の夏に前歯が折れていたのを気付くきっかけにもなった痛みですからよく覚えており、実はこれに似た痛みだったので予定はしていたもののすぐ目薬を使い始めたのでもありました。
 仕事は普通にできているのですから、それはそれでいいのですけどね。

 治療中に症状が回復するようにあるいは悪化しないようにするためには、「あれも」「これも」と規制を掛けてしまう方が管理としては楽になります。もし症状が悪化した時にも、患者さんは縛られた生活はしたくないですからはみ出した部分がでてくるので、「そのためだ」と指摘すれば医療側には責任がなくなるからです。
 しかし、自分がそのような管理的医療を受けてきて苦痛だったのですから、私は臨床上「どうしても」という場面以外はなるべく規制を掛けたくありません。ストレスのない日常生活の方が、回復は早くなりますからね。
 でも、自分のことになると規則違反をしたくなるのは世の常であり、めいぼになっても目薬を使ってこなかったのですが患者さんには「使うように」と普段指示しており、一週間も経過してしまっては自分も同じようにせねばと昨日から点眼を始めました。

 土曜日から昨日に書けて、私としては毎月の本部研修会への参加では合ったのですけど、奥さんが結婚式へ出席するので家族同伴で東京へ出かけてきました。
 子どもたちは新幹線に長時間乗れることと上野動物園でパンダを見れることを楽しみにしていたのですが、新幹線は行きでは次男が爆睡であり帰りは混雑していましたが座席確保ができたのでこれは無難にクリア。
 しかし、先週に長男で発生した夜中に突然嘔吐する症状が次男と娘に相次いで発生してしまい、娘は時々襲われる腹痛に耐えていましたが親もほとんど寝ていない状況での東京旅行となりました。実技研修も後半になるとエネルギー切れで、椅子に座らせてもらったなら居眠りしてしまいました。

 そして「取穴書」も私が担当すべき段階はもう少しのところまで来たのですけど、今日は今まで睡眠時間の不足を補ってきた昼寝ができないので睡眠時間帯を考えて昨夜遅くまでの作業をして朝はギリギリまで寝ていました。
 それでも休憩時間なしに仕事をして、サンドイッチですが昼食を途中でしたなら眠気が・・・。
 あっ、明日は臨床家養成講座での講義担当があったので新幹線の中で原稿づくりをせねばならなかったのでした。うーん、思いっ切り寝たいです。

 今日は短縮バージョンで仕事をして、夕方から東京の研修会へ出かけてきます。
 といっても、今月は合宿ではなく奥さんが友達の結婚式に出席するので家族全員で東京へ出かけることになっています。子供は新幹線を楽しみにしているのですけど、寝てくれた方が親としては楽なのですけどねぇ。
 そこへ患者さんから恐ろしいというか有り難いというか、今日からマクドナルドのポテトがどのサイズでも150円のキャンペーンらしく、既にお菓子も購入済みなのですけど満腹にさせて眠らせてしまう作戦でやってみることにしました。

 でも、それだけ文章づくりに没頭していてもちょっとの休憩というか遊びは必要なのであり、iPod touchでの文字入力は敢えて行ってこなかったこともあって苦手なのですけどフリック入力に挑戦。
 ボイスオーバー環境では頭文字の上を性格にタップするのに難点がありますけど、練習すればスプリットタップよりも遥かに早く入力ができそうです。
 一番いいのは、併用していくことなのでしょうけど・・・。

 早朝というよりも深夜からずっと「取穴書」の最終校正へむけて作業をしていたので、出勤してきた時点で今日の仕事は半分以上終わっているような状態でした。しかも強風で、真冬の寒さでしたからね。
 まだまだ修正せねばならないのですけど、分寸の表記を私は古典に会わせて漢数字で表現していたのですが教科書では全角英数文字を使っているらしきことを発見してしまい、エディタの「フォルダ内一括置換」という機能で置き換える作業に挑戦してみました。
 ずっと前から複数文章を横断的に検索したり置換する機能を使ってみたかったのですけど、いざやろうとするとヘルプを読まねばなりません。そしてできた時には、「やったー」と子供のように喜んでしまいました。

 二ヶ月ほど前から奔豚気病の方が来院されており、これは薬の副作用との関係がかなりおもしろいと書いては失礼ですが鍼灸の立場からは参考になるだろう症例なので雑誌掲載を考えています。
 今日も奔豚気病の新患さんが来院されたのですが、動悸に関しても自覚はされていたものの不安感の方が強く、こちらから指摘して初めて一番の症状に気が付いたという反応でした。前述の患者さんも、同じ反応でした。
 以前からのことも思い出してみれば、意外に鬱病と診断されている中に奔豚気病は多いのかも知れません。

本番の寒さ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 最低気温はまだ氷点下に遠いので寒さの本番もまだなのですけど、寒波がまた襲来してきましたから体感温度としては今日は寒いです。
 それでもトレーナーを重ね着していませんし、ガスファンヒーターも二台では運転していませんし、エアコンも九時前から一時間ほど運転するだけなので、本番の寒さではないのでしょうね。

井穴の文章表現

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日はイレギュラーもありましたので一日「取穴書」の作業をお休みしたのですけど、細かな突っ込みが届いていましたので気になって今朝から作業をしていました。
 ほぼ指摘に対しては対処もできており本文として充分な形になってきたと自負もしているのですが、井穴の記述がまだ完成しません。
 井穴刺絡などでお馴染みの場所なのですが、こんなに文章化に手間取るとは。取り方そのものはよく分かっているのですけど、文章化がものすごく難しい経穴だとは、思いも寄りませんでした。

頸椎の亀裂骨折

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先週末から急に亀裂骨折の患者さんが連続しています。遠くから打診して響くかどうかが診断のポイントであり、両方の寸口が強くなっている脉状も骨折を診断できます。
 そして土曜日に初診だった患者さんは、なんとなんと頸椎の亀裂骨折です。介護職をされているのですが、あまりの首の痛みに入所者の方から教えてもらっての来院であり、助手たちにも極めて珍しいケースなので許可をもらって確認をさせてもらいました。頸椎上の亀裂骨折らしい箇所に指を当てて胸椎から打診すると、奥に響いているのがよく分かりました。
 その患者さんですが、まだ首の痛みはかなりあるものの自由に回せるようになって、力仕事は無理ですが勤務も続けられており笑顔で来院されました。

 一昨日からのめいぼですが、昨日は順調に小さくなっていて夜にはお風呂で負担にならないように気を付けながら洗顔を繰り返したので、就寝時にはかなり楽になっていました。
 ところが夜中に長男が嘔吐をしてしまい、かなりの量でしたからお風呂に入って身体を洗ってやらねばならず、朝になってから洗髪をするためにもう一度お風呂に入りました。
 全身を温めるのには限界があることを知っていたのですけどトラブルですから仕方ないとはいえ、温めすぎてしまったので膿排のスピードが速くなりすぎて、今日はまた右の眼球がちくちくしています。

 それで「めいぼ」なのですけど、朝はかなりの頭痛がしていて肩甲間部にも強烈な凝りがありましたから本治法と奥さんに標治法をしてもらい、子供が遊びに連れて行ってもらえることになったので、ついでに座椅子タイプのマッサージ器に乗ったなら午前中は爆睡でした。
 午後は外出の予定があったのですけど、次男が昼寝になってしまったので奥さんがもう少し休んでいるように命令してくれますから、マッサージ器で座っていただけなのですけどまたまた寝てしまい、外出予定が飛んでしまったお詫びに夕食だけ出かけてきました。ビールは、しっかり飲みました。
 それで今日は目やにが相変わらず出るもののこすることができないので、外眼角に蓄積されるのがかゆいものの、膨らみは順調に小さくなってくれています。
 ただし、昨日にはなかった眼球の痛みが時々発生してくれますけど。

 自分で「心臓破りの坂」まで想定してしまった「取穴書」の文章化作業ですが、昨日の朝も作業をしていたなら右目がどんどん腫れ上がってきます。
 一つ出来上がったので送付してから「これはもう一度寝ておかないと」と布団へ戻ったのですけど、奥さんに見てもらうと恐怖に近い声が・・・。いつもの三分の一しか目が開かなくなっていたようです。
 お岩さんというのは夏にしか出てこないはずですけど、ホラーハウスでアルバイトできそうな顔になっていました。完全なめいぼです。今日は腫れているのをじっくり見れば分かる程度に回復しています。

心臓破りの坂

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「取穴書」の本文を最終校正段階に仕上げるのに自分で設定した期限まで残り一週間となり、作業のゴールは見えているのですけど既に突っ込みも入ってきていたりして前後しての行程となっており、睡眠時間の短さも重なって両目が腫れ上がってきています。
 ゴールが見えているのになかなか到着できないというのは、登山に煮ていますか。最後の心臓破りの坂に来ている心境です。
 でも、自分で決めた機嫌なのでそれまでは泣き言いわずに突っ走り続けますけどね。

 私もHTMLを記述していますから広い意味ではプログラム言語を扱っているのですけど、視覚障害者の中には実際に動くアプリケーションを作っている人もいます。
 小さなものではマクロであり、コンパイラで返還させるものを浸かっている人もいます。C言語まで操る人も。
 そんな中radiko.jpを簡単に聴取できるmuradikoというソフトを開発されているのですが、「窓の杜大賞2011」にノミネートされたというニュースは私事のように嬉しいニュースでした。

 また「取穴書」の話題ですが、胃経の解谿を修正していて解剖学的な注釈が抜けているとの指摘があり色々と調べ治していました。まさか点字の解剖学の教科書をこれほどまでに引っ張り出すとは・・・。
 横足根関節(ショパール関節)は距舟関節と踵立方関節から構成されていることまでは分かりました。
ネットを調べていたらこんな動画があるのだと、感心してみんなで見ていました。足の骨 Bones of foot 身体活動研究 - YouTube

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。