2012年1月アーカイブ

 以前に肩関節痛の中には実はあ脱臼の割合が多いのではないかということを書いたのですけど、今日の午後に来院された方は悪性腫瘍の治療中ということもあって様々な薬の副作用と絡んでいるので診断が難しかったのですけど、前回の治療で制服作業をしておいたなら「あれから痛みが消失した」とのことでした。
 数年前にもこの患者さんは同じ右側の肩関節痛を訴えられていて、その時には一度も制服作業をせずに回復しており今回も治療ごとには回復していたのですけど、猛反省ですね。

 それでGenius機能はどうなったかなのですけど、サポートセンターのギリギリの上方では本体側の設定に問題があるのではないかとのことでしたが、どれだけFAQを閲覧してもマニュアルをダウンロードして調べても、それらしきものがありません。
 以前から一つ気になっていたのがiTunes側でGeniusのタブに入ると「Geniusを開始」のボタンが表示されていることでした。以前のバージョンならアップルIDを登録しておいたなら自動的にオンになっていたのに、不思議には思っていました。
 そこでスクリーンリーダーがうまく読上げないので画面を見てもらいながらこちらへもログインすると、ななんと欲しかったあの機能が復活したのでありました。フュージョンやアニメの曲だけを集めてプレイリストを自力で作るのは面倒であり、特に新幹線の中で思いついてプレイリストを整えてくれるのは便利この上なかったので、嬉しくてたまりません。

 長浜市ではどんどん雪が積もっているのに彦根ではちらちら位で全く積もっていませんが、明日にはどうなるか分からない寒さの中ですけどiPodの話題で失礼します。
 第4世代のiPod nanoを所有しているのですが、昨年のハードディスクがクラッシュするまではセンターボタンを長く押していると「Geniusを開始」という項目が現れて、本体のみで今聴いている曲に関連するプレイリストを即座に作成してくれる機能が利用できていました。
 これがどうしても復活できないのでサポートセンターへ電話をしたのですけど、保証期間が切れているので有料となるというところまではよかったのですけど、支払いにクレジットカードの番号を口頭で伝えるようにいわれましたから「それはちょっと・・・」ということで、関連ページをメールで送付してもらうところまでに留めました。
 アップルIDを持っているのに、こんな原始的なことをやっているなんてちょっと信じられませんでしたね。

未だに腱鞘炎

| コメント(0) | トラックバック(0)

 手首が痛むと世間では「腱鞘炎でしょう」という診断をされるケースが未だに多いのですけど、これは病名だけが亡霊のように生き残っているのですね。
 現代でそんなに指へ負担の掛かるキーボードなど存在していないのに、その背景を考えれば診断を出している側の不勉強さが一目瞭然です。
 子供さんの世話をしていて手の拇指からその周囲が指を動かすだけでも激痛になるという患者さんが連続し、腕には一歳鍼をせずに肩甲骨周囲の凝りを緩めるだけでその場で指が動かせるようになっています。

 カンパは一休みになると天気予報で聞いていたのですが、今朝からはまた冷え込んでいてとても寒い彦根です。しかし、昨日のようにアイスバーンになることもなく交通事情はほぼ正常に回復してはいますけど。
 それで二日分のずれたスケジュールが流れ込んでくるので、特にインフルエンザの流行から小児鍼の数が多くて、小児鍼専用ベッドがなければ大混乱というところです。

 昨日に書き込むのを忘れていたのですが、昨年末の光ファイバーに切り替えてからのトラブルにまだ続きの話がありました。
 NTTからお詫びの電話があり、実は回線切り替えに伴って以前に契約していたソフトバンクの海鮮を解約する作業を怠っていたというのです。既に電話は通じるようになっていたものの、ソフトバンク回線も生き続けている状態だったらしいです。
 重複していた期間については料金を弁償してもらえるとのことですけど、スマートフォンの事故多発といいネットと電話に関するトラブルが今年は続きそうですね。そうそう、キャンペーンのキャッシュバックについても、問い合わせたことでやっと話が進行しましたね。

今回の大雪は

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜からの大雪はまだ降り続いてはいるものの、今日の雪は積もるタイプではないので、午後からは交通事情もやっと回復してきています。
 また週末には一度寒波が緩むとのことですから、明日の土曜日は予約が全てシフトしてきているので何とかなりそうですね。
 特に夜が降り止んでいてくれたことが、今回は大きかったです。でも、来週はまた寒波らしいですが。

蘊蓄編の編集

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「取穴書」の蘊蓄編について昨日に初めてのファイルを出したのですが、当たり前のことですけど及第点を頂きチェックもありまして、再び動き出しています。
 今回はチェックしてくれる側に直接のファイル編集をお願いしているので、作業工程が半分以下ですからうまくすれば今月中に十二経絡全てが出せるかも知れません。
 一応の目標として、来月の本部例会までとはしていたのですけどね、今日も仕事の空き時間がたくさんありますから、進められるだけ進めましょう。

 今年の仕事始めにも一度は雪に降られましたけど、今回の冬は積雪の回数がとても少なく楽に感じていたなら、やっぱりそのままでは済ませてくれませんでしたね。
 今週に入って全国的に雪が降っているのですけど、とうとう彦根でもまたかなりの積雪になってしまいました。しかも日中に降り続いているので、どこまで振るのか心配です。
 でも、十日前だったなら治療室例会にぶつかっていたので、今さらながら胸をなで下ろしています。

本来の作業工程

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「取穴書」の本文は一応仕上がっているのですが、付属するうんちくについて一つ目の肺経を今朝に送付することができました。
 こちらについては楽しく編集させてもらっているのですけど、それでも量が多いですし早朝のパソコンは寒さがつらい。
 また主治症などについては資料から引用してもらう必要があるので、他の先生に手を加えてもらわねばならないのですけど元々が共同執筆なので、これが本来の作業工程なんですけどね。

 昨夜の冷え込みからは積雪が、それも大量にあっても仕方のない状況だったのですけど、今日の彦根には雪が全くありません。それどころか太陽が見えています。
 ところで冷え込みがきついと水道を出しっぱなしにして凍結しないようにするのですけど、他地域から来た助手にはこれを知らない人がいます。
 昨夜もやり方を実践して教えていたのですが、外の水道はその当たりに水を出しておくと逆に氷を作ってしまうので雨水を流す場所へホースを突っ込んでおくこと、普通に思っていましたが生活の知恵なんですね。

 前のエントリーで確定申告用にデータを見直したことを書いたのですけど、無料動画サイトのGyaoで「じゃりん子チエ」を配信中であり、おばあはんが税金のことを処理すると一ヶ月は寝込むという設定が今朝見ていたものの中にありました。
 なんだか笑えない感じだなぁという印象だったので、それで気になって気になって一日ずつ調べ上げたのでありました。
 「わたい何にも悪いことしてまへんから・・・」と、夢でうなされるようなことはありませんので、あしからず。

 間もなく確定申告の時期となるのですが、データそのものは出納帳についてはカルテ管理ソフトと連動しているのでその日のうちに自動生成されています。
 しかし、銀行通帳と合わせた形のものはもう一つ作成せねばならず、これも昨年の後半からはネットでデータを確認してコピーと貼り付けで持ってこられるようになりましたから一人で作業できるようになったのですけど、まだ半年なので完全には使いこなせておらず一つデータのおかしい箇所が集計表から見つかりました。
 それで今朝は一日ずつデータの確認をしており、相当な時間が掛かったので眠くてたまりません。集計さえできれば今回からは税理士さんに全てお任せするので、気持ちは楽なのですけどね。

水泳の練習

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今月になったなら水泳の練習を精力的にやろうと決めていたのに、実際には優先順位に割り込みを掛ける期限付きの回答を求めるメールが多くて、仕事の順序を入れ替えてばかりですから、あまり泳げていません。
 そこに身内での急用が重なって、今週は木曜日にランニングはしていますけどプールは今日が初めてでした。今週は、今日で終わりか?
 夜が毎晩遅かったのでロングは泳げなかったものの、250mをダブルで泳ぐ練習は身体に気合いが入り、午前中より目がバッチリ開いています。

 日本時間では金曜日の早朝に、アップルがオリジナルの電子教科書を作るアプリを無償配布するという発表をしていました。
 そしてアメリカの大学ですけど教科書を低価格で販売し、また通信環境で講義を受講するような環境整備を整えているみたいです。
 地球上の教育レベルではアメリカはそれほど上位にないという意味のプレゼンテーションがされていたのですけど、これはトップレベルで競わせたならという意味らしいです。しかし、教科書がパーソナルにカスタマイズされたりサポートがあるなら、全体の底上げはすごいでしょうね。日本の行政では、これを認めないとは思いますけど・・・。

 せっかくお正月はゆっくりできたのに、その反動のように期限付きの回答要求メールが次々と舞い込んできているので、猛獣に追いかけられている気分の今日でした。
 まぁ二十周年記念大会の年となったのですから、これくらいのことは当たり前でしょうね。慌てないうちに「鍼灸ジャーナル」の座談会進行表を作成し、二月の講義レジメも作成せねば。
 あっそれからそれから、二月の本部例会は朝の挨拶が順番になっているんですよね。滋賀でその朝に考えて話しているようなわけにも行かないので、受けも狙いつつこちらも練っておかねば。あぁ忙しい。

 今の研修会ではあまりないことなのですけど、以前に所属していた研修会では診察・診断・治療確認のほとんどを脉診に頼っていたので、どうしても自分の気に入る脉を作りたがる傾向にありました。
 そしてまだ慣れないうちには先輩から色々と指摘されるので、また指先感覚も鍛えられていないので「わかりやすい脉」を作ってしまう人が多くいました。つまり、刺し手出張を強く握ると脉が細くなるのですけど、これを「わかりやすい脉」と思い込んでしまうのです。
 しかし、これは補足指に触れやすいだけの話であり、「触っていて気持ちのいい脉」がいい脉なのですから、大きくずれています。自分が鍼を握りすぎていることに気付いてもらうためにはどうしたらいいのか、ちょっと思案しています。

 また「取穴書」の作業が本格的に再開するのですけど、いきなり出鼻をくじかれたというのか大きなミスを指摘され、ちょっと凹んでいます。
 昨年末に本文の一応ですが最終版を出したのですけど、部位については日本経穴委員会が出しているデータをコピーさせてもらっており、年末に入れ替え作業があって単純作業の繰り返しだったので同じものを連続で貼り付けていた箇所がありました。
 臨床取穴の末尾に「標準部位と異なります」の言葉が入る経穴だったのですけど、そりゃ違っていますわなぁ。ユニコード対応と合わせて、送付し治しておきました。

 その二十周年記念実行委員会のスカイプ会議ですけど、大きな大会だけに準備が大変でありスケジュールを決めるだけでも本当に何度も練り直しての作業になっています。それに外部からの産科も呼び掛けねばなりませんし。
 加えて来月の月例会では「鍼灸ジャーナル」の研修会紹介をする座談会収録があり、司会進行を担当することになっているので実行委員会全体の動きに合わせようと企画書の作成を待っていたところがありました。
 「ていしん」のことは外部向けパンフレットにどうしても掲載したいということで、毫鍼とのダブルス胆ダートという方針が決まりましたからこちらも企画書を執筆せねばなりません。

 ネット肝経の話題で申し訳ありませんけど、昨夜の二十周年記念実行委員会のスカイプ会議直前に大きなダウンロードをさせていたので、自宅はまだADSLですからどれくらい電話に影響があるのか確かめてみました。
 結果はな・なんと、電話機本体であれば普通に通話ができるじゃあーりませんか?
 最初にADSLを導入した時に初期のBBフォンも追加したのですけど、これは段々と雑音がひどくなり機種交換してもらっても改善せず、その次の平成電電でも電話があるとネットの方が切断されてしまいました。つい最近でもネット経由でラジオを聞いていたなら途切れてしまっていたのですけど、ひょっとしなくてもこれは電波の干渉だけの問題だったかも?でも、光ファイバーに変更してしまったので、元には戻せません。

 昨日の治療室例会と新年会で今朝はすっかり舞い上がっており、今日から自動車を車検へ入れることをすっかり忘れていましたから十時過ぎに代車と交換に来てもらった時には焦りました。
 定期検査とオイル交換がパックになった安心プログラムに加入しているのですけど、新しいものを提案されましたが純正オイルの値段と補修部品を考えるとあまりお得には感じられなかったので、そのままを続行することに。
 午後に見積もりの電話が入ってきたのですけど、現金での支払いがどうも要求されているようなので「それじゃいくら値引きしてくれる?」と突っ込んだなら、本当に端数を切ってもらうことができました。

 そして昨日の治療室例会から、鍼灸院に宿泊をしての見学者があります。学生をしていた一昨年の暮れに一度見学をして、この見学がきっかけで卒業後にすぐ自分でも開業を決断したという人です。
 都会ということを差し引いても、卒業間もないのに治療室は反映しており、毎月の研修会にも必ず産科をしている熱心で優秀な鍼灸師となりました。
 内弟子だけでなく、このような形で研修会の人たちが大きくなっていてくれることは、逆に私の喜びなのでもあります。

 昨日の治療室例会ですけど、四回目にして初めて何もトラブルがなく時間通りの進行ができました。
 一回目は迎えのバスが手配できずみんなを南彦根駅まで歩かせてしまいましたし、二回目はバスが派遣されてくる場所が違っていて大きく遅れまして、三回目は大雪で新年会が中止でした。四回目は子供が鍼灸院に戻ってこないということはありましたけど、私たちより先に会場へ送り届けてもらえたのでトラブルにはカウントしないことにします。
 それで温泉へ入った後の新年会ですから盛り上がりに盛り上がり、終わりの時間だと通告しているのに誰も終わろうとしないくらいでした。私も、よく飲んでいましたね。

 昨年は彦根地方では八年ぶりになる大雪にぶつかってしまった年に一度の治療室を使っての滋賀漢方鍼医会の月例会でしたけど、今年は晴天こそないものの積雪ゼロで迎えられました。
 他組織からの先生も受け入れての治療室例会は今回で最後となる予定ですから、どうしても昨年のリペンジを果たしておきたかったので年明けあたりからずっと天候が気になっていました。
 これで夕方からは「かんぽの宿」に移動して、温泉にみんなで入ってから新年会もできそうです。

 肩関節亜脱臼の続きですが、以前は制服作業をやってみて可動域の改善があるかどうかで判断をしていたのですけど、今も最終確認はそうなのですが最近は触診で前もって診察が外れないようになってきました。
 肩関節と三角筋を「わしづかみ」のようにして握ると、亜脱臼の場合には三角筋の下側に溝が触知できます。
 それから亜脱臼の場合には物理的な変化なので急に症状が発生してくるものであり、ゆっくり痛みが増悪してきたというものとは全く違います。五十肩と誤診しているものは、この点を見落としていますね。

 肩関節の亜脱臼を最近の整形外科では見逃してしまうケースが圧倒的に多く、脳溢血の後遺症があるのに理学療法士も見逃しているケースが目立つので、うちにはこの症状で来院される方がかなり多いと感じています。
 年間でいえば五人以上は来院されているはずなのですけど、今年はまだ二週間しか経過していないのに既に三人目です。
 しかも、完全脱臼一歩手前の重症だったり両方に発生していたり、そして今診察した患者さんは激痛を伴っていたりして。この冬のずっと続く寒さが原因でしょうか。

今年の目標

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝に「スティーブ・ジョブス」が聞き終えられるところだったのですけど、もう少しだけ時間が足りずに全ては聞けていません。
 しかし、ネタバレにはなりますけど一番心に残った言葉を。
 「クリエイティブなものを送り出すということはユーザーの声を聞いて製品開発するのではなく、提示をせねばならない。使い方を教えて、初めて新しい分野が広がる。」
 私どもの行っている鍼灸術も、次のステップとしては「これだ」という共感を持ちました。一般大衆は鍼灸といえば「痛い」「熱い」という潜入観念をまず持つものであり素人なら当然ですから、「刺鍼することは必ずしも前提にしなくてもいいんだ」というモデルを提示することが今年の目標になりました。

 それから午前中には、もう一つどうしても連絡をしておかねばならない箇所がありました。今月末で自動車の車券が切れるので、ディーラーからの問い合わせはあったのですけど日程が決まっていなかったので申し込まねばならなかったのです。
 こちらは電話番号もすぐ検索できましたが、代車の手配について調査が必要とのことであり折り返しの電話をもらったのですけど、治療を中断して電話にでねばならないのでありました。

 昨日に気が付いたのですけど、二階のガラスがはまっているドアの一枚が割れていました。何かをぶつけたような割れ方だったので、これは子供がおもちゃをぶつけたに違いありません。おそらく二歳半の次男でしょう。
 けが人さえでなければガラスは修復すればいいのですけど、最近はめったに窓ガラスが割れることもないので、「どこへ頼めばいいの?」状態になりました。
 インターネットで検索してもキーワードによって微妙に結果が違いますし、スポンサーからの広告では安値を歌っていても地域が遠かったりしています。たまたま南彦根駅の反対側くらいの住所にガラス屋がありましたから電話をしてみると、お昼前に出張してきてもらえました。

 主には助手の役目ではありますけど、私自身が円鍼やローラー鍼をすることももちろんあります。
 いつからそうしたのかは覚えていないのですけど、少しは助手と差を付けるということで私のローラー鍼は金色になっています。でも、金メッキですけどね。
 ローラー鍼も常にストックは持っているのですが金メッキのものだけはなく、しばらく前より龍頭のねじがよく緩むようになっていて使いにくかったのですけど昨日に新しいものが届きました。新年で気分一新のところへ新しい道具、やっぱり気持ちいいですね。

 でも、イライラしているばかりではなく昨日はとても幸せな体験をしました。
 うちの子供は三人ともベビースイミングの段階からプールへ入っているので水を怖がることがないのですけど、いよいよ三番目の子供も春からは一つ上野クラスへ上がるので親子で一緒の教室が亡くなってしまいます。
 それで一人目も二人目も一緒に教室の中でプールに入ったことがありませんでしたから、最後のチャンスになりますから昨日の祝日には一緒に入ってきました。
 一般開放の時には何度も一緒にプールで遊んではいるのですけど、最初で最後の体験は、とても幸せでした。

 今日の午後はとても疲れた感じがしています。
 源泉徴収の納付期限が今日までだったので、書類作成をしてもらうのが遅れていたのが一番の原因ではありましたけど昼休みにどうしても銀行へ出向かねば成らず、記載漏れ箇所があったりなどで銀行でもスムーズに処理が進まずイライラであり、昼食へ自宅に戻ってもゆっくりはできずにイライラの続きでした。
 連休中に昨年度の集計表が出来上がったので眺めてイライラしていたところでしたから、正月休みが終わったばかりなのに疲れた感じです。

著作権

| コメント(0) | トラックバック(0)

 個人的にパソコンの技術系メーリングリストへ登録をしているのですが、この手のメーリングリストでは時々著作権に触れている書き込みが意識している・していないに関わらずあります。
 敢えて指摘をする書き込みは避けているのですが、「スティーブ・ジョブス」の本を素早く読ませてもらっているなど特に最近はありがたいサービスの恩恵にあずかっているので、ちょっと我慢しきれずに昨日は返信してしまいました。
 投稿後にはあれこれ後悔をしていたのですけど、夜から参道や励ましのメールが届くようになり安心。グレーゾーンのことを私もやるのはやるのですけど、明らかな違反はしないようにしていますからね。特に視覚障害者の点訳・音訳図書に関しては。

 昨年末までは「取穴書」の本文編集が最優先課題だったので昼休みのスポーツも控えている状況だったのですけど、とりあえずゴールラインを超えたので三月のロングディスタンスに向けて水泳を再開です。
 しかし、一週間に一度程度はスポーツをしていたとはいえ力を入れて心拍数が上がるほどには動いていなかったため、かなり筋力低下をしています。右の上腕三頭筋は痛みが強くて。
 それで昨日に一発目を頑張ったのですが、二日連続で運動することにより筋繊維は一気に太くなるので今日も頑張ってきました。でもでも、全身軽い筋肉痛です。

 昨年末に発売されて話題になった本、「スティーブ・ジョブズ1,2」なのですが、ハリー・ポッターの時には視覚障害者用の図書に返還してもらうのが待ちきれずに自分でOCRソフトを使って読んでしまいましたが昨年末は「取穴書」の業務があまりに大変で、とてもそんな余裕がありませんでした。
 それで今回は読める形式へ返還してもらうのを待っていたのですけど、早くも昨年末に第一号がリリースされてきたので早速ダウンロードし、既に1の方は読み終えました(聞き終えました)。
 テキストデイジーという形式だったのですけど、一ヶ月くらいで二冊の本が読める形式になっていたのは脅威のスピードであり、今後はこの形式だと素早く返還されてくるのでしょうね、楽しみです。本の感想については、全てを読み終えてから。

 昨日の降雪は午後には止んでくれたので、案外と溶けるのが早く今日は交通に何も支障が出なくてほっとしています。
 今日は電車で来院される方が多く、昨日だったなら完全にアウトの状態でしたね。
 しかし、今日から「寒の入り」であり、本当の寒さはこれからになります。患者さんの健康を守ることもそうですが、自分たちの健康管理にも気を付けねば。

 そしてリフレッシュして新年一日目の仕事なのですけど、昨日から降り始めていた雪が彦根でも5cmから8cm程度の積雪となってしまいました。
 年末の積雪量の方が多かったのですけど、午前中はかなり激しく降り続いていたので来院して頂いた患者さんには本当に感謝です。
 天気予報ではよるまで強い冬型が続くとのことなのですけど、夜中まで降り続かなければ明日からは普通の交通事情となるのではと思われますが・・・。

 あっそれから、年末に発生していた着信不能に関する不具合も解消しました。ご迷惑をお掛けした皆様、誠に申し訳ありませんでした。
 大晦日に必至で連絡をした結果、ソフトバンクテレコムの「おとくライン」がまだ契約中の状態となっており、NTTとソフトバンクそれぞれの言い分を聞く羽目になってしまいましたけど、結局は業者間で解決してもらわねばどうにもならない問題なので、既にKDDIからも固定番号で着信できると言うことはソフトバンク側での対処が必要という結論で調整してもらいました。なんでこっちが仲裁役やねん。
 それで結果ですけど、ソフトバンクには1月11日に回線切り替えという通知がされていたようで情報書き換えが遅れていたようです。ということは、犯人は工事日程を目安で伝えるだけで正確に伝え治していなかった側にあり?

 少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
 年末年始には「取穴書」で疲れ切った身体と精神をリフレッシュさせるため、しっかり休ませてもらいました。「どうしてそんなに?」と、自分でも信じられないほど長時間の睡眠であり、それでもまた眠れてしまったのでありました。
 それからネット環境のない場所へもエスケープしており、これも精神的にはとても安らぎましたね(わらい)。
 昨日からはまたエンジンを暖め治して出勤してきており、今年も皆様の健康回復と維持のために、鍼灸業界のために微力ではありますが尽くさせて頂こうと思います。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。