肩関節亜脱臼と寒さ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 肩関節の亜脱臼を最近の整形外科では見逃してしまうケースが圧倒的に多く、脳溢血の後遺症があるのに理学療法士も見逃しているケースが目立つので、うちにはこの症状で来院される方がかなり多いと感じています。
 年間でいえば五人以上は来院されているはずなのですけど、今年はまだ二週間しか経過していないのに既に三人目です。
 しかも、完全脱臼一歩手前の重症だったり両方に発生していたり、そして今診察した患者さんは激痛を伴っていたりして。この冬のずっと続く寒さが原因でしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/654

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2012年1月14日 11:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年の目標」です。

次のブログ記事は「肩関節亜脱臼の触診」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。