未だに腱鞘炎

| コメント(0) | トラックバック(0)

 手首が痛むと世間では「腱鞘炎でしょう」という診断をされるケースが未だに多いのですけど、これは病名だけが亡霊のように生き残っているのですね。
 現代でそんなに指へ負担の掛かるキーボードなど存在していないのに、その背景を考えれば診断を出している側の不勉強さが一目瞭然です。
 子供さんの世話をしていて手の拇指からその周囲が指を動かすだけでも激痛になるという患者さんが連続し、腕には一歳鍼をせずに肩甲骨周囲の凝りを緩めるだけでその場で指が動かせるようになっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/676

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2012年1月30日 17:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もし小児鍼専用ベッドがなければ」です。

次のブログ記事は「それはちょっと・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。