2013年2月アーカイブ

 それからリンク源出来になったのが、治療法について調べているものも確かにあったのですけど経営的なキーワードで調べられていること。
 「不況」とか「不信」とか、ブログをアップしている側が「最近は数が全く足りなくて苦しいです」なんて事欠くはずがないのですけど、それでも調べられていますね。
 その先は書きませんけど、鍼灸院の経営を考えるなら技術がまず遭ってのことでしょう。

 今朝に院長ブログのリンク元が編集画面に入ると記録が残されているので、ちょっと見ていました。
 その目的で記事をアップしたからいいのですけど、圧倒的に格安契約でモバイルルータを使うというところに集中していましたね。
 この記事から鍼灸に関する他のものも読んでもらえていたなら、それが一番なんですけど。それから視覚障害者ガがジェットを使うということも

edyカードの話

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日のことになるのですが、コンビニのプリペイドカードを今まで殻も便利に使っていたのですけど特定のグループでしか使えないため、全てで使えるエディ(edy)に変更しようと申し出ました。
 ところが、コンビニの店頭では支払いとチャージはできても、エディそのものは作成できなかったんですね。それで以前に申し出た時には、訳の分からない話になったんだと納得。
 これは平和堂のカードと一体化したものへ手数料300円でチェンジがすぐできたのですけど、今度はチャージをしておこうと100円玉を出すとお札しかできないといわれてしまいました。
 「なんぎなことやないか」とちょっと毒づいていたなら、ななんと店員さんはかなり遠いですが親戚になる女性でした。

 日曜日のあの寒い日に鍼灸の国家試験が実施されていたはずなのですが、滋賀漢方鍼医会の会員にも受験した人がいるのですけどまだ報告が来ていません。
 今年のセンター試験はかなり難しかったとのことであり、世間では「体罰」問題があったりして資格取得には厳格化の方向にあると思われますから、難しかったのではないかという予想が。

写真のはめ込み

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ここを含めて三つのブログを持っているのですが、プライベートな子供の成長を記録しているブログがあります。
 長文を最初に書いてしまったのでものすごく詳しい日々の記録を残すことになってしまったのですけど、もう一つ大変なのは写真を貼り付けていること。
 半月以上もはめ込むのを怠っていたのですが、今日は時間があったので仕事中にその作業を。

 昨日に劇症の腰痛で抱え込まれるようにして来院された患者さん、午前中の仕事で自力では動けなくなってしまい自発痛もひどいので救急外来へ運んでもらったとのことです。
 ところがレントゲン検査だけでヘルニアがあるので手術をするかどうかだけいきなりと割れて、そんな乱暴なことではと追加検査などを申し入れたならそれはそうなったのですけど、その追加検査までは薬を出されるだけで何も処置がないので来院されたというものでした。
 診察するとひどいぎっくり腰であり、腰椎ヘルニアはあるのでしょうが以前からのものなので今回は特にという感じではありません。今日に来院された時、普通に歩行されていましたけど。

 月末なので少し早いですが嫁さんに給与計算をしてもらい、ついでに昨年の秋に一度生理をした銀行の預金についてももう一度生理の準備をしました。
 それで外交の行員さんに見てもらうと、整理したはずのばかりなのに基調がうまくできていないようで、他の視点のものを移動させるなど思いきったことをまたやらねばならないようです。
 もう一つの銀行に対しても、春休みにやり直さないとやっぱりダメですね。

 そのカルテ管理なのですが、
windowsXPでしか動かないソフトであり、出納帳ソフトとも連動しているので今しばらくは使い続けなければならない状況なのです。
 それでXPパソコンを温存しようと昨年の夏からご隠居状態にあったものをリカバリして一年間は使おうと思っていたのに、ハードディスクに傷があるようで先月に再びリタイア(子供のローマ字練習用にはなります)。
 それで元々使っていたパソコンからセキュリティソフトを排除して動かしているとスピードも速く快適だったのに、たった一ヶ月でトラブル発生には、気持ちが暗くなってしまいます。
 治療室では最後の砦となるノートパソコンを引っ張り出してきたので、もう後がありません。幸いにも一つ、使わなくなっているXPパソコンは、譲ってもらえることになったので崖っぷちは会費ですけど。

 またパソコンのトラブル発生です。しかも、カルテ管理を行っているパソコンの。
 スクリーンリーダーで使っている分には何も不自由がないのですけど、画面にはうっすら表示が出ているだけで文字の判別が全くできないらしいのです。
 けれどカルテ管理をしているパソコンなので、色々とカルテデータを打ち込むだけでなく過去検索も頻繁に行わねばならないので、予備のものへ午後から急いで入れ替えをしたのでありました。

 いつもの対応なのですが、どうも学生の方が予約時間に関してはわがままな印象を受けます。
 どう考えても働いていないのですから、アルバイトをしていたとしても学生の方が時間は社会人へ譲るべきです。
 まだ社会の厳しさを知らないためにわがままを言うのでしょうが、うちは時間に無理が生じた時には社会人有線で対応をしています。

 今月は契約しているモバイルルータの高速通信容量を遥かにオーバーしているので、100kbpsの低速でしか通信ができなくなっています。それでも使いたい放題は、ありがたいですが。
 そこでiTunesで毎日ダウンロードさせているポッドキャストをこの低速状態でさせてみるとどうなるのか、午前中は実験でした。ほとんど午前中掛かって、ブロードバンドなら数分で完了するものを熱くなりながらダウンロードしていました。
 それにしてもISDNよりもまだ早いはずなのですが、10年前ならこれで接続していたはずなのに・・・。

目標と目的

| コメント(0) | トラックバック(0)

 そのポッドキャストでの続きですが、私もそうだったように部活動というのは学校生活の中でとても大切なことであり、人生のエネルギー源のようなところがあって子供たちにも是非苦しくてもやり続けて欲しいと願っています。
 活動をするなら勝利することがもちろん目標となるのですけど、いわれていたことは「その目標を達成することでどのような目的を果たすのか」を明瞭にしておくことだそうです。
 なでしこジャパンがワールドカップを制覇した時、目標は有償なのですけど「これで東日本大震災の人々を勇気づけたい」という目的があり、精神力が揺らがなかったといいます。
 振り返ってみれば何かの競技に取り組んでいた時、目的がハッキリしていた時には悔いのない成績が残せていましたけど、目標しか設定していなかった時には確かにむなしかったですね。

体罰について

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ポッドキャストをよく聞いているのですが、ニュース番組のDigは特集時間が長く好きな番組です。
 桜宮高校の体罰に関する特集をしていたのですけど、以前から思っていたのですが「暴力」を何故学校の場合だけ「体罰」と表現するのか、これは予想通り「教えてやる」という目線があっての話だということが確認できました。
 懲罰的な指導も含めて体罰がなくてもいいのかという問いかけに対して、「若い人は暴走をすることがあり、例えば柔道などをしていて調子に乗りすぎて危険な状態になると中へ割って入って制止しなければならないこともある、その時には必要かも知れない」という、明確な答えでしたね。

 Webでは閲覧できる期間に制限があるので、自力で帳面を整理しようとすると月に二回流行って置かねばならないことになっています。
 その一つのネットバンキングなのですが、電子証明書方式のログインだと設定変更が必要になるかも知れないという話を外交のお兄さんからは聞いていたのですけど、鍼灸院のパソコンではあっさり通過してしまったので油断していました。
 幸いにしてデータを一応残してあったので本日の作業はできたのですけど、自宅のパソコンからログインしようとすると弾かれてしまいました。その回避方法が分からず、困ったものです。

 それにしても真冬へ逆戻りの寒さ、ちょっと安心していたところなので余計につらいですね。
 ランニングで身体が温まっていたはずなのに、コタツへ潜り込みたくなってしまいます。
 こんな夜は缶ビールは「とりあえずビール」だけにして置いて、ホットウィスキーですね、やっぱり。

 水曜日の午後は子守と決まっているのですが、先週に続いて今週も突然に不要との連絡が。
 先週はショッピングモールの柱にぶつかってしまい緑内障発作を起こしてしまったのですけど、今週は慎重に歩いてスポーツプラザでランニングをしてきました。
 初めて使うランニングマシンへ乗ったのですけど、今まで寄り身にタイプで走るのに慣れが必要でしたね。

 午後には嫁さんのご両親がインフルエンザ後の経過が思わしくないということで治療に来られたのですけど、本当に咳が止まらない状態でした。
 しかし、本当に効果があったのは楽しみにして頂いていた「切り干し大根の煮物」を朝から作っておいたので、その食事だったかも知れませんよ。

 全国的にも気温が下がった一日でしたが、彦根では積雪になることはなく真冬の寒さに震えているだけでした。
 その中ですけど早くから予定をしていたので、寒い中を外出してプールで練習をしてきました。
 二週間後にロングディスタンスが控えているのですが、泳ぎ込み事態は今年はできているもののレースプランが決まらずに苦心していましたが、今日の泳ぎで今回のレースプランが決定です。さすがに早く泳ごうとするだけでは、長距離レースは泳ぎ切れませんからね。

 昨日の院長ブログ更新に伴いホームページでもそのタイトルを告知するために一部書き換えたのですが、誤ってトップページの先頭にもその文字列が紛れ込んでしまいました。
 半日あまり、お見苦しい状態になっていたことをお詫びします。
 助手修行もそうですが、私のパソコン修行もまだまだですね。

 そして今日は滋賀漢方鍼医会の会員がそのまま鍼灸院へ宿泊に来て、午前中を見学していました。
 やっと鍼灸学校の教員一年目を終えるということで、次は付属治療院へはいるかも知れないということと少しだけ時間に余裕ができたので、現場そのものを見ておきたいということでした。
 前半は技とゆっくりやっていたのですけど、後半は予約なしの患者さんを入れるためにスピードアップ。研修会とやっていることそのものは同じなのですが、多様性に対応するという点で目を丸くされていましたね。

 それから昨日の月例会でのことですけど、取穴実技では心経ですからそれほど問題はないだろうと思っていたのに、みんな苦労していました。
 神門を取穴するのに、豆状骨へ突き当たる箇所へ指がなかなか届かないのです。突き当たってはいけない直前という時には突き当たってしまうのに、突き当たらなければならない時には思い切りが足りません。
 取穴も主義もマスターをするのに近道はなく、正道が一番早い方法だと何度も繰り返していました。分かってはいるのですけど、みんな歯がゆそうです。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会でしたが、ちょっと都合があり娘と次男の二人だけを連れての参加となりました。
 午前中は保育ルームで預かってもらうのではなく二人だけで託児室にいてもらったのですけど、予想に反して楽しく遊んでいて昼食が住んだ奈良俣すぐ戻りたいというくらいでした。
 要因はiPadを持参していたことで、モバイルルータでも途切れることなく動画再生ができていたことでした。
 それにしても高速通信にはデータ量制限があるのですけど、その日のうちならいくらオーバーしていても制限が掛からないことが判明、ラッキー!

 DVDのバックアップが必要となり久しぶりにこの手の作業を午前中からしているのですけど、実はメインで使っているデスクトップパソコンはドライブの調子がよくないことを知っていました。
 ちょうど昨日にクリーニングディスクを掛けて読みとりは良好となったのでソフトを走らせていると、読み込みまではできるのですがどうしても書き込みができません。
 仕方がないので別のノートパソコンに行わさせるとあっさり成功をして、どうもレーザーが弱りDVDの扱いができないと判断せざるを得ないですね。

 「取穴書」の第三章の点訳作業が、先程一応完了しました。一応というのは、まだ見直し作業が全てできていないことですけど、脾経まで行えば後は大丈夫なので、もう少しだけです。
 それにしても視覚障害者自らが点訳作業をするというのは骨が折れる作業ではあるのですけど、今回の作業は何度か書いたように本当に精神力をすり減らしながらの作業でした。
 しかし、これで点字版は構成とデザインをしてもらえば完成しますし、読み方が確定したのですからデイジー版も作成できることになりました。肩の荷が下りましたね。

 実験的な部分も含んでいるのですが、最近気が付くと脉診の方法を変えていました。
 「難経以前は片手ずつの脉診だった」という話を聞いてからは片手ずつの診察も心がけてはいたのですけど、指の当て方がどうも不問診のものと今ひとつ区別できておらず深い部分を脉診していたように思えます。
 本当に軽くだけ指を当てて五臓の正脉を中心に脉診することをいつの間にかやっていて、これは手法の適否がよく判別できますし鍼の持続力がよく分かります。

 「取穴書」の点訳作業も、午前中の分で胆経まで終了したので残りは肝経のみとなりました。
 しかし、主要部分は自分が執筆した文章なので細部待てよく分かっているつもりなのですけど、この点訳作業は精神をすり減らします。
 どうしても自動点訳ではケアレスミスを起こしてしまう単語が多く、それを一括置換で置き換えられるのはとても便利なのですが果たしてその置換で余計に点字が混乱してしまわないか、精神的によくない作業です。

 昨日にショッピングモールを歩いていて、思い切り柱にぶつかってしまいました。見事なくらい、大きな音もしての正面衝突です。
 右目のすぐ宇和が絡め移駐したのですけど、眼球に直接は当たっていないのでセーフだろうと思っていたなら、自宅へ戻ると緑内障発作が発生してきます。
 昨夜で発作に関しては大腿落ち着いたのですけど、今日も疲れてくると頭痛がしています。何ともややこしいことです。

 昨日の夕方にかなり頑張ったことと、今朝も掃除が不要だったのでできる限り作業をしたところ、「取穴書」の第三章は心包経まで点訳作業が完了しました。
 4分の3が完了したこととなり、以前に作業をしていた時もそうだったのですが8番目の腎経を越えると3分の2を経過したということで安心感がでて敵田のですけど、もう一息というところです。
 今日の午後に、もう一つか二つ、進められれば後は本当に楽です。

 水曜日の午後は子守と決まっているのですが、今週は開放をされたので少し遅くなりましたけど「取穴書」の点訳作業に鍼灸院へ戻ってきました。
 それにしても外は真冬のような寒さに逆戻りです。少し暖かい日が続いたので余計に感じるのかも知れませんけど、手袋がないと少しも歩けないほどでした。
 手袋は白杖を持つための必需品であり、冬は視覚障害者の命綱ですからね。

 それからこれも昨日打ち合わせの打ち合わせを始めたことなのですが、滋賀漢方鍼医会も四月に総会を迎えるので新年度に向けての準備をせねばなりません。
 特に今回は人事異動の年であり、滋賀が担当する夏期学術研修会に向けて実行委員会を立ち上げていくというのが一番大きな変化になります。
 一度経験していることですから「ひな形」はあるのですけど、担当者が変わればやり方も中身も変わってきますからできる限りのバックアップはしていきますけど、できるだけ自由にやってもらうと言うことも大切なので。

 昨日から「取穴書」の第三章、最終的な点訳作業に取りかかったのですけど意外とスムーズに進むのが嬉しいです。
 一日に一つの経絡でも作業が終わらないのではと心配していましたが、点訳辞書の狂歌と点字エディタの置換機能がうまく使えるようになったからでしょう。午後しか作業できませんが、一日に二つくらい仕上げていけそうです。
 でも、いきなり胃経の点訳が終わったところで同じ文章がまたくっついてしまっていることが判明し、これを部分削除する方法が昨夜の段階では分からずにタイムアップとなっています。

 それから昨日は毎年恒例になっている、キンキ青年洋上大学の同窓会で次男を連れて京都まで出かけていました。
 具合がよろしくないと聞いていた刀のですけど、職場のストレスからその手の医者を受信する吐息なり「それは精神面のためだ」というレッテルを貼られて、各種の薬を次々と飲まされたものですから逆に体調までおかしくなってしまったとのことです。
 知っているその人は早口で、時にはマシンガンのように喋り続けることも珍しくなかったのに、脳溢血後遺症での言語障害のような喋り方しかできなくなっていたことには衝撃でした。
 二次会もやってしっかりお酒を飲んでストレス解消されたでしょうから、次に合う時にはきっと・・・。

 土曜日から日曜日に掛けては、本部学術部主催による合宿と月例会へ参加をしてきました。
 最初は経営セミナーと聞いていたのですけど、中身としてはコミュニケーションのスキルアップ講座でした。
 途中にあった性格分析なのですけど、さすがにプロがやるものでかなりのことが短時間に分析されてしまったような感じで降参でした。コミュニケーション方法について、また考えることが増えましたね。

 今日もまだ時折吹雪いているのですが、間もなく合宿のため東京へ出発せねばならないことの方にも浮きが向いてしまっています。
 いえ、患者さんと向き合っている時には全力投球で治療のことだけを考えているのですが、合間には合宿のことばかりです。
 今夜は初めて経営セミナーが行われるとのことで、しかも聞きっぱなしの形式ではなくディスカッションの時間の方がむしろ長いらしく、中身が楽しみなのです。

 昨日は積雪量こそ少なかったものの、思わぬ一日中の吹雪に参ってしまいました。
 交通の影響がそれほどなく、午後からは追加予約の方も来院されて有り難かったのですけど、節分を過ぎても一週間は油断できないという話が今回も当たってしまいました。
 「これで今シーズンのひどい雪は大丈夫でしょう」と木曜日に患者さんと話していたのですが、「気象庁のスーパーコンピュータはまだ故障しているんですかね」が金曜日の会話でした。

 昨日の仕事の合間を利用して、「取穴書」の古典部分については助手と一緒に点訳作業を一応終えることができました。
 どうしても昨日のうちに完成させたかったので、最後はかなり強引に進行させたという感じであり、時間がなくてこちらへ書き込むのを忘れていました。
 最も面倒な部分はこれでクリアできたので後は楽しく作業できるはずなのですけど、それにしても量が多いですからね。

 いつも楽しみに聞いている「ワンボタンの声」というポッドキャスト番組があるのですが、配信してくれている制作者さんのMacパソコンが故障という情報は水曜日の夜にツイッターで流れてきていました。
 それが昨夜にはかなり深刻な状況ということで新しいMacパソコンをとカンパの呼びかけがあり、気が付いた朝には目標額を達成していたようなのですけど追加カンパをとアマゾンのページへアクセスするまではたどり着いたのですが、どうにもスクリーンリーダーでは突破ができませんでした。
 でも、少しだけツイッターのソフトの操作が覚えられました。

 前エントリーで血不足からの寒気が取れないと書きましたが、実は真犯人がいたかも知れません。
 以前にも胆石をしたことがあるのですけど全く同じ痛みであり不快感であり、思い出してみるとその時にも胆石が動いていた時には寒気がしていました。しっかり胆嚢付近が痛みの中心です。
 それで少し胆石が動いたようで、午後からは腹痛は続いているのですけど寒気が取れてきています。これで脾虚肝実証で治療できるようになれば、胆石を落とすことができるのですけど。

 もうインフルエンザは抜けたといいたいのですけど、実際にマスクも不要となっているのですが、どうも寒気が取れません。
 今朝に治療をしていると明らかな肝虚陽虚証であり、これは血不足から疏泄作用が低下し寒気を感じているように推察できます。
 では、どうして血不足になってしまったのか?発病した当日に治療はしたといってもそのままプールで泳いでおり、二日後には本格的な練習をしている、直後は状態がいいのですが自ら血不足の原因を作っていたようです。

 以前からアニメのことが好きだといわれている患者さん、最近は治療の後半になるとほとんどアニメの話題です。
 今日はGyaoでテレビシリーズの「北斗の拳」が話数限定ながら配信になっているとちょっかいを出してみたなら、もうストーリーのことや登場人物のことで話が止まらなくなってしまいました。
 あぁ、お気楽な鍼灸院です。

 昨日の夕方に、「医道の日本」から大きな小包が届いたのでビックリしました。
 箱を開けてみると『首藤傳明症例集』が入っていました。私ごときへ、贈呈してもらえたんですね。
 まぁ「取穴書」を夏に送っておいたということもありますけど、それでもリストへ載せておいてもらったことに感激です。

 「取穴書」について、実はまだ点訳作業をやっています。予定では既に校正をしてもらっている時間のはずなのですが、やっと昨日に第三章の自動点訳によるファイルを吐き出させたところです。
 しかし、夏には一人で難解な古典の読み方を修正していたのですが今回は助手に実物の取穴書を見てもらい、手伝ってもらっているので既に心経まで古典の集成はできました。
 古典さえ集成できていれば後は自力で作業できますし、ブレイルスターの置換機能も活用する予定なので頑張って早くあげたいところです。

 滋賀では二回目となる夏季学術研修会を担当するのはまだ一年半後なのですが、その一つ前の実行委員会へ拭く実行委員長を送り込むのが慣例であり、準備委員会としての活動は既に秋からぼちぼち行っています。
 前回に担当した時には何も実績がなく「お前がやるのか」というレッテルもあり、随分と準備段階での口を挟まれたのですけどこれを乗り切ることで、滋賀漢方鍼医会の存在感がでました。
 その時の経験からすれば今回の実行委員会は後手後手の印象であり、あっちもこっちも準備をと小姑のように口出ししてしまうのであります。

しかも機嫌良く

| コメント(0) | トラックバック(0)

 またパソコンの話になってしまいますけど、陰虚となるノートパソコンの再修正日をと思って今朝に少しいじくっていました。
 するとまた突然に停止してしまうというよりも、今回は通電が急にされなくなっているような感じで何も反応をしなくなりました。ハードディスクだけでなく、マザーボードもダメなのか?「蒙古のパソコンは廃棄するしかないだろう」と思っていたなら、電源スイッチを押していたのを忘れていると不思議に起動してきました。しかも機嫌良く。やっぱり子供のキーボード練習用で余生を送ってもらいましょう。
 

 今夜からまた積雪の予報がでているようで、急にまた寒さを感じています。
 確か先週には雪だるまのマークなど一つもでていなかったのに、東京でも大雪に警戒を呼び掛けていますね。
 やはり彦根では「建国記念の日」を過ぎるまでは、油断できないということですか。

 先週にまたハードディスクの読み取りエラーを引き起こしてしまったご隠居さんになるノートパソコンですけど、今朝からリカバリです。
 WindowsXPの初期モデルなのですけど、メモリが当初128MBしかなかったのでこれは358MBへと増設したのですが、今回初めてハードディスクが20GBしかないことに気付きました。
 今回パーティションを切ってのリカバリをしたのですけど、かなり順調に動いています。それから大きなデータをおく予定はないのですけど、マイドキュメントをDドライブへ移動もさせておきました。

 子供が三人ともインフルエンザに感染してしまい、ついでに奥さんも土曜日は寝込んでいましたから、これで残り一人の私に感染しないはずはなく昨日の朝に発症をしました。
 けれどすぐ自己治療をして、ちょっとこれは一般患者さんにはお勧めできないのですけどプールで泳いできました。もちろん練習量は、普段の半分には抑えてあります。
 今日は時折まだ咳が出てしまうのでマスクはしていますけど、午後からはすっかり体調が回復しています。

満腹で苦しくて

| コメント(0) | トラックバック(0)

 この時期は毎年そうなのですけど、予約にばらつきがあって仕事の忙しい日と暇のある日の差が激しいものです。
 前述のように既に元気にはなっているのですが子供たちがインフルエンザですから、午前中は鍼灸院の二階で預かっていて昼食のために自宅へ戻っていました。
 昼食のうどんが朝の続きで鍋にあったのですけど、残りが中途半端で私が最後まで書き込んだなら満腹になりすぎてしまい、今日は予約が詰まっている方なのに眠くて苦しくて。

 子供が小学校からインフルエンザをもらってきてしまい、昨日の朝は登校はしたのですけど学校から迎えに来てもらえるようにとの電話でした。ピークは過ぎているのでと思い投稿させたのですけど、体温計の数値は仕方ありませんね。
 既に平熱へと戻り食欲も戻り、元気そのものです。お昼もフライドポテトを沢山食べてyoutubeを食い入るように見ていました。
 ところで心配して電話を先生がしてきてくれたのですけど、「病院へ行ってください」といわれたのを「私が治療をしますから」と返答してしまいました。

ちゃぶ台返し

| コメント(0) | トラックバック(0)

 IOSアプリに「ちゃぶ台返し」というゲームがありまして、数少ないボイスオーバーのままで遊べるゲームです。
 iPod touchなど端末を思い切り遠くへ飛ばすように振り回すと、アニメのおやじがちゃぶ台を遥か遠くまで投げています。その距離が半端ではないのです。
 これ、単純なのですけどとてもおもしろくて、ストレス解消になります。アップデートでゲームセンターに対応したのですけど、上位の記録を見ると300m前後って、どうやったらそんなに飛ばせるの!

 それからこれも昨日の話になりますが、確定申告のための資料はパソコンで帳面をしているので、添付書類を除けば基本的にその場で完成しています。
 それでも確認作業などは必要であり、これはテスト結果が戻ってくるような瞬間で毎回のことですけどとても嫌です。
 それもクリアしていたので、税務署からの書類も届いたということで資料をプリントアウトし、後は税理士さんへ渡すだけとなりました。

 昨日からカルテ管理のパソコンを入れ替えたのですが、半年間頑張ってくれたノートはXPが発売されて直後のモデルでしたからさすがにしんどくて、目標の一年間に届かなかったですね。
 その後にリカバリ作業をしたのですけど、これはあっさり完了。これでハードディスクのエラー部分が回復していてくれたなら、子供たちの相手を待たしてもらえるのですが。
 それにしてもパソコンを入れ替えると、こんなにも早くにカルテの打ち込みができたのですね。

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。