2013年8月アーカイブ

 昨年の20周年記念大会が終わってほっとしていた頃、何を考えていたのかを思い出すとモバイルルータを導入したくてネットを徘徊していたのでしたね。
 もうモバイル環境は当たり前のことになり、タブレットかパソコンを必ず携帯するようになっています。ネット中毒というほどではないですが、外出先でネットが使えないというのを非常に不便に感じるようになりました。
 そして先程ニュースを見ていると、本家のOCNからまた新しいデータ通信専用プランが。低価格帯の通信はスピードが犠牲になって当たり前だったのですが、一年間で、これだけ劇的に環境が変わるのですね。今のところ、乗り換えは考えていませんけど。

 昨日に「院長ブログ」で夏期研大阪大会のことをアップしたのですが、毎度のことながらあちらのブログはアップしてからの手直しが入るので、かなりの加筆をしています。専門文章バリバリですから、どうしても修正が必要なのです。
 今朝目覚めてからどうしても気になる部分を自宅でいじり始めたのですが、よくぞ午前中の仕事をしながら加筆作業が完了できたものです。
 一度お読み頂いた方は、お手数ですがもう一度閲覧してください。

 それから滋賀大会の実行委員会へ提出する報告書を兼ねて、院長ブログの方で今年の夏期研について書き上げました。院長ブログを一日で書き上げたのは、かなり久しぶりです。
 前半はかなり辛口に書いたつもりなのですけど、通して読んでみるとまだ書き足りなかったりします。
 決して今年の夏期研の印象が悪かったのではなく、大きな花火を打ち上げると大きな隙間も同時にできてしまうので、そこをクローズアップしただけです。

 今日は助手が昨日までに夏風邪をかなり回復していたと思っていたのに、朝からひどい声になっていて結局は一日中洋上をさせている状態でした。
 けれど今日から週の後半のパートさんが交代となったので、色々と説明をしてもらう役目があり、この朝の活動でエネルギーを使い切ってしまっていたのかも知れません。
 毎年のことなのですけど、夏期研はあまりに大きなイベントなのでこれを通過してしまうと、身体の疲れが抜けないだけでなく仕事もポケットに入ってしまうのであります。

 大興奮だった夏期研から一日が経過し、滋賀漢方鍼医会の中では来年のことも見据えて不満だったり分かりにくかった点も正直に報告のメールを流してもらうようにしました。
 すると、やはり新しい学術をぶち込んだという漢字の大会でしたから基礎部分で大きな穴が開いており、これには不満がかなり充満していますね。
 それから誤治のオンパレードだったようで、これはカルテを導入してその後の経過追跡をするシステムを導入せねばなりませんね。

 夏期研を終えて、今年は準備に楽をしていたのですけどやっぱり疲れているようで、夕方の空き時間には思わずパソコンの前で爆睡になっていましたね。
 それで来年は滋賀漢方鍼医会芽胡の夏期研を担当するのですけど、講師の反省会では満足感と安堵からあまり細かな本当の意味での反省がでてこなかったので、会員からは困ったことや不満だったことも敢えて報告してくれるようにメールを流しておきました。
 これだけ大きく学術を変更させた大会ですから振興が強引であり、その分だけ基礎的な部分においての荒さが目立ったというのは来年のことを踏まえてやっていた我々だけが感じていたことではないはずです。このフォローから、具体的なプログラムが始まっていきます。

 昨日は臨時急信だったので、今日の午前中の電話は半端でない数が掛かってきていました。このあたりはパートさんがいることで、治療に直接携わる我々の手を止めずに仕事を流せたことは大変助かりました。
 そして子供を預けてくる予定だったご夫婦がいたのですけど、まだ小さいのでiPod touchに収録してあるアンパンマンを見ていればおとなしくできるかということであり、これもパートさんがいることでずっと見続けてもらえますから、そのまま連れてきてもらうことができました。
 本音は鍼灸師のみで治療室を運営するのが話の全てが噛み合っていいのですけど、受付専門の人がいるというメリットはこういうことなのかとも感じていました。

 昨日までの漢方鍼医会夏季学術研修会・大阪大会に参加してきました。
 大量の参加者であり、「邪正論」による治療が打ち込まれたエポックメイキングな大会となりました。しかも、懇親会の出し物がすごすぎでしたね。
 私たちは来年の滋賀大会を控えているのでそのような目線でも眺めてしまったのですが、大きな花火がうち上がった分だけ足元に大きな隙間が出来ていたことにも気付いていました。
 大会終了直後に実行委員会の会議をしたのですけど、狙いが当たっていて特に一日目の中身についてはほぼ決定することが出来ました。

事実が先にある

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の見学の話にちょっと戻りますが、いつもうちの助手たちには口を酸っぱくして言い続けていることであり滋賀漢方鍼医会の会員にも毎度のセリフとなっているのですが、事実が先にあって診察はこれにあわせるものということを繰り返していました。
 臨床現場になると大抵は一人で治療をするものですから、どうしても自分の感覚で捉えたものに現象を合わさせてしまおうという発想が、ついでてしまうものです。例えば「これは滑脈のはず」のように。
 しかし、事実の方が先にあります。事実と合わない時には自分の感覚の方を修正すべきなのであり、その修正の積み重ねが正しい治療を効率的に素早く導いてくれるようになります。
 その点でいえば、「ていしん」による治療は代表例ですね。

 これから準備を整えて、今年の漢方鍼医会夏季学術研修会・大阪大会に参加してきます。
 昨年は20周年記念大会ということで規模も大きく、それだけに準備が大変で直前ではへばっていたくらいでしたけど、今年は準備という点では楽をさせてもらいましたね。
 しかし、来年が滋賀大会であり、前回とは逆でハード面の準備は整っているのですけどソフト面の準備がこれからという状況です。今日と明日の研修を踏まえて、すぐ実行委員会での会議が待っています。

見学が四人も

| コメント(0) | トラックバック(0)

 明日から夏季学術研修会なのですが、これに合わせて遠方の方々は前日出発をされてきますから「にき鍼灸院」での見学申し込みがあり、四人もの会員が来ていました。本当はもっと希望者がいたらしいのですけど。
 さすがに人数が多すぎて逆に丁寧な解説ができないのですけど、数年間は在籍している人たちであり東京と関西の雰囲気の違いを知ってもらうということからも、敢えて解説を少な目にしてみました。
 さてさて、明日からの研修会の参考になったでしょうか?

 主に自宅で使っているiPad 3thなのですが、子供用に教育アプリを最近入れるようになってきました。それから「ポケモン図鑑」なる巨大なアプリも。
 ということで内臓ストレージを圧迫するようになってきていて、ほとんど使っていないアプリについては先日にまとめて削除をしたのですけど、今後のことを考えると音楽再生用としては使わなくなっているので、音楽データを思い切って削除することに。
 パソコンと接続してiTunesから音楽の同期解除の操作をしたのですけど、削除ボタンがでてきたので見事一発でそうさは完了しました。

 昨日から子供たちがまた嫁さんの実家へ帰省しているので、食事の準備を自分でしています。
 といっても、今回は今夜に嫁さんが先に戻ってきますし日曜日からは合宿研修があるので今夜のおかずづくりまでですけど。
 今朝はお弁当の分も考えてバター醤油ライス、つまり簡単なチャーハンを作っていたのですけどもやしに塩こしょうをかけすぎていましたね。大人なら平気ですけど、子供には少し塩辛かった、これも勉強です。

電気針

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝の患者さんなのですが、普段はやらないスポーツで少し違和感を感じていた左膝がひどく痛むようになり、「スポーツなら接骨院がいい」といわれて選手のケアをしているというところが近所だったので行ってみたそうです。
 そうしたなら、すぐ置鍼をされるだけでなく電気通電が始まったのでビックリしてしまい、おまけに帰宅する時には腰痛が増えていたとのことです。
 「うちのような道具でやっているところはめったにありませんよ」と説明しながら治療をしていたのですけど、いきなりの電気針はそりゃビックリしたでしょうね。

酷暑

| コメント(0) | トラックバック(0)

 週末にはしっかりと雨が降り酷暑も一段落するらしいのですが、それにしても熱くてさすがに疲れを感じてきています。
 そして、そこにばかり注目してしまうからかも知れませんけど数脈で渋っている方を見かけます。内部に熱がこもっている脉状ですね。
 問診すると100%症状が一致していますから診察する技術が確立したことは嬉しいのですけど、毎年このような酷暑が続くとどうなるのかと心配してしまいます。
 それから酷暑が一段落した後、体調不良を訴えて来院される患者さんも。

 信用金庫のネットバンキングは電子証明書での認証方式なのですけど、これを更新作業中に間違って削除してしまう大失敗をやらかしてしまったことは書きました。
 全てのWindowsXPパソコンを来年の春までに全て置き換えることは不可能ですし、その後もスクリーンリーダーとの愛唱があまり良さそうではないやり方なので、この際ですからIDとパスワードで認証する方式へ変更してもらえるように申請手続きをしてもらいました。
 「一週間程度はかかるんじゃないですか」ということだったのですけど、先程ログインを試みてみたならもう変更手続きが済んでいてログイン可能になっていました。一年間悩まされていた事項から、開放されました。

 今日は水曜日なので午前中のみの診療であり、最後には空き時間があったので背部から肩上部に書けてパートさんが痛みを持っているということなので治療を体験してもらいました。
 旦那さんが盲学校時代に教えてもらっていた先生の息子さんと幼なじみであり、今でも家族ぐるみのつきあいがあるという不思議な円だということはすぐ分かっていたのですけど、鍼灸治療には縁がなく今回初体験となりました。
 勤務から三週目となりある程度治療室の流れは把握してもらっていたのですけど、「まさか本当に刺さない鍼だとは」という表情でしたね。そりゃ想像できませんわな。

 朝からモバイルwifiルータのファームウェアがバージョンアップされていると表示がでるので、またプロテクトの掛かっているPDFファイルと格闘しながらインストールの準備をしていました。
 インストーラがスクリーンリーダーでは操作できないタイプなので目を借りながらの作業でしたけど、これは無事に完了。
 細かな不具合修正が主だとは書かれていたのですけど、バッテリー効率が改善されて長持ちになったならいいんだけどなぁ。

 それでマウスでチェックを付けてもらうと、外付けドライブの書き込み表示がでてきたのですが、今度は内臓ドライブの書き込み表示が消えてしまいました。
 どうやらWindowsXPでは、OSがサポートする書き込み光学ドライブが一つに制限されているようで、外付けドライブを抜いてしまうと内臓ドライブにチェックが戻り、外付けドライブを再接続してもチェックが自動的に移動してくれることはありませんでした。
 これでは外付けドライブの威力を発揮させることができないので、思い切って内臓ドライブを「使わない」に設定し治しました。元々から書き込み操作はあまり使っていないので、これでバッチリです。

 先日にもらってきたカルテ管理バックアップ用のパソコンには光学ドライブが内蔵されていなかったので、外付けDVDドライブを購入してきました。
 せっかく購入したものなのですから他の用途でも使いたいと、メインで使っているデスクトップパソコンのDVDドライブが弱っているので代替えになるようにと、滋賀漢方鍼医会の録音データを整理したので今朝にデータ書き込みをさせようとするのですが、書き込み機能が表示されてきません。
 添付されていたCDのソフトを見てもらってもパソコンとの接続には特別なソフトは不要なようで、調べ回ってやっと書き込み機能のチェックが外れていることが分かりました。

 点字図書館で扱ってもらっている点字や録音の図書も、今はインターネットで直接に個人ユーザーがデータを入手できる時代になっています。性格には点字データだと15年くらい前より入手できたのですけど、音声データも可能になったのが6年くらい前からですね。
 それで「点字データをパソコンに読み上げさせて読書をしている」というメールが時々あって、「個人の自由だからいいけど」と点字はやはり指で触って読むのが一番だと思っていました。
 でも、今朝に取り寄せた本は録音だと朗読者の癖が思い切り強すぎて軽く読書するわけには行かなかったので、点字データも読み上げの方へ回すと、これが思い切り聞きやすかったのにはビックリでした。

 ネットバンキングを利用して帳面の記入を自力で行っているのですが、信用金庫の場合には電子証明書方式というものになっていて、これがホームページを開くブラウザと愛唱があるのか全てのパソコンからアクセスできず昨年からなんぎしていました。
 それでもメインと予備のパソコン二つからは入れていたので実務には師匠がなかったのですけど、先日に電子証明書の後進作業をしたならメインのパソコンでも入れなくなってしまい、「もう一度証明書を取り直してやろう」と削除をしたところ、再発行できないシステムだったことに後から気付きました。大失敗です。
 この際ですから証明書ではなくIDとパスワードで入れる形式に変更してもらえるように頼んでみるつもりですけど・・・。

 駐車場の拡張工事が完了して約二ヶ月経過するのですけど、国土交通省から土地取引に関するアンケートというのが来ていました。
 土地の権利書を受け取りすぐ金庫へ収納してしまいましたから、細かなところはすっかり忘れてしまっています。というよりも、最初から正確な土地表記のことなど覚えていないのですけど。
 これらは司法書士事務所からの土地売買契約書がありますので記載できたのですけど、アンケートに関する項目内容がよく理解できないので、今日は電話で書き方を問い合わせねばななりません。

初めての参加者

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の滋賀漢方鍼医会には、初めて医者の資格で研修会に参加されている方がおられました。
 また初めて聴講される方も多く、取穴実技で「取穴は左手、つまり押し手の側で行うもの」と念を押していると鍼灸師の人が驚いたという反応をしていたのですが、鍼の実技など初めてのお医者さんですからもっと驚かれていました。というよりも、刺鍼するのに押し手の重要性が認識されていないのは当たり前で、押し手のことさえ知識になかったかも知れません。
 しかし、班員の中にそのような人が入っていると知らなかったので、「何寝ぼけたこというてる!」と一喝したものですから、逆に他の人から注意を受けてしまいました。
 聴講班の担当ではなかったのですけど、聴講班で説明すべき気の思想や鍼のことなどをコンパクトに短時間で説明していたものですから、喉がからからになりました。

 週の真ん中に三日間のお盆休みをいただきましたが、今日は午前中のみ診療をさせてもらっています。
 午前中のみというのは、地域の地蔵盆に駐車場を貸し出すことになったので、午前中のみということになりました。
 しかし、患者さんの自動車が遊んでいる子供たちと事故を起こしてもらってはどちらにも困りますから、最近は地蔵盆だと半日お休みをしているので何ら代わりはなかったのですけど。

 奇経治療のビデオを先日、滋賀漢方鍼医会の会員の協力を得て撮影し治したことは書きました。そして、ファイル変換をして、サーバへはアップ済みです。
 しかし、ビデオでの表現と今までの文章のずれがありますし、「取穴書」で蓄積した正確な解剖表現にもあわせなくてはなりませんから、今から文章の修正をします。
 しかし、今までのビデオについても表現のまずい箇所があっただけで、決して間違いはありませんでした。それこそ助手時代には、空けてもくれても奇経のグループ判定ばかりしていたのですから・・・。

 そして、「丸尾鍼灸院で修行をさせて頂いたのに今はこのような治療体系になってしまいました、申し訳ありません」と、散々に臨床を見てもらってからなのですが師匠へ謝罪を。
 「いや、卒業をしていった人たちは都を目指せばいいんだ」、たったその一言で師匠の大きさを改めて感じて、感動もするのでありました。
 都を目指す、つまり鍼灸の頂点へ向かって駆け上る努力さえしていれば同じ治療のやり方を守らなくていいといわれています。うちの助手たちはほとんどが滋賀漢方鍼医会へそのまま残っていますから、同じ治療体系を守らなければならない雰囲気なのですけど、私に将来はそのような言葉が言えるものか・・・。

 昨日に師匠が治療室を訪問して頂いたことは書いたのですが、修業時代は既に25年も前のことになりますけど、未だに何かあると思い出されるのは修業時代のことが半分近くです。
 さすがに開業してからの年数が長くなり、自分の助手の数もかなりになってきましたからそちらの出来事の方が遥かに多いのですけど、それでも修業時代のことは鮮明に覚えています。
 昨夜は仕事を終えてから夕食も一緒にさせて頂きましたが、酔ってくると修業時代の笑い話が次々に飛び出してくるのでありました。

 本日は私の師匠が治療室を訪問してくださっています。
 今は研修会が別々になっているので技術的なことや考え方についても別の道になっているのですけど、心はずっとつながっています。
 それでも技術交流が今でもできるということは、本当に嬉しいことです。

 先々週に発見したことなのですけど、奇経治療でのビデオが古くて表現のまずい箇所が何カ所もありました。特に「橈骨形状突起」は、今からですけど大笑いです。
 そこで新しいビデオを撮影して差し替えようということにはなったのですが、助手が現在は一人しかいないので困ってしまいます。私の他に、カメラマンとモデルの、最低三人揃わないとビデオになりま゛せんから寝。
 今日は滋賀漢方鍼医会の会員が見学に来ているので、協力してもらい撮影を一気にやりました。一時間で12本、全て取り直しました。

 今週は一人暮らしなのでお弁当も自分で作っているのですけど、夜には持ち帰っての仕事をしたいですから、今日の昼休みにプールへ出かけてきました。
 いつもはプールから戻ると奥さんが昼食を用意してくれているのですけど、今日は自分で作らねばなりません。そこで朝のうちから仕込んでおいたのですけど、治療以外でも食事で頭を使うというのは骨が折れますね。

 ランチジャーが古くなっていたので捨てられてしまい、昨日に自分で新しいランチジャーを買ってきたのでお弁当を詰めてきました。
 やはり汁物があって暖かなお弁当、いいですね。
 しかし、今朝も調子に乗ってトマトスープを作ったのですが、ちょっと煮込みが浅くて今ひとつでした。

 「渋で数」の脉状を今日も見つけたので、身体内部に熱がこもる症状があるだろうと質問をすると、ばっちりの入浴こそしていなかったものの温かいシャワーを我慢しながら背中へ書けておられましたね。
 これくらいの熱さになるとシャワーでも充分に熱がこもってしまうのであり、その前に痛む箇所は炎症を起こしているのだから温めてはいけないという前提があるので、水シャワーでちょうどなんですけどね。
 どうしてこんなに見抜けてしまう脉状を、もっと早くに気付かなかったのだろう。

 家族が帰省中だと「ゆっくり出来るでしょう」といわれるのですが、これがこれが全く逆なのです。
 炊事を始め家事をしなければならないということもあるのですが、それ以上に普段出来ない文章づくりを集中的にしているので、余計に寝不足です。
 あぁ昨夜は夕食を食べながら「宇宙戦艦ヤマト2199」のビデオが、やっと見られていましたけど。

 患者さんに「何かダイエット法は?」と尋ねられた時に、ネットでよく見かけるようになり成功率が一番高そうに思える炭水化物を採らない方法を紹介していました。
 要するにおかず類に片寄りがあると栄養の偏りが生じてしまいますから、副食に関しては制限をせず主食の量を減らす、つまり白米の方を減らすという方法です。
 ただいまは家族が帰省中なので自炊生活をしていますから、自らも挑戦中です。食後には満腹感がありますが、早く空腹になってきますね。成果の方は、まだこれからです。

 家族が帰省をしているので今日は久しぶりに自分でお弁当を作ってきたのですが、昨夜に作ったおかずをそのまま持ってきただけのような手抜き状態。
 けれど腹痛もしなかったし体調布量も感じていなかったのですが、午前中は何度もトイレへ行かねばならない緩いお腹に。
 今はすっかりお腹が空いて、夕方はちょっとだるかったです。早く家へ戻って、ご飯を作ろう。

 昨日に確立した「渋で数は内部に熱がこもっている脉状」なのですけど、今日もそれらしき脉状の患者さんがおられました。
 数がそこまではひどくなかったものの、組み合わせとしてはバッチリなので「相当にお風呂が好きですか?」と尋ねたなら、この夏場でもしっかり入り続けているとのことでした。
 慢性も長期間持っている腰痛ですから入浴そのものは禁止しませんでしたけど、夏場だけはシャワーにするようにとは伝えました。

 昨日に喜んで書き込みをしていたブルートゥーススピーカーですけど、今朝もラジオ放送を聞くのに大活躍です。部屋を少し離れていても、しっかり放送が聞き取れていました。
 そこで一つ困ったのが、我が家にはIpadとiPod touchの現在二つのブルートゥーススピーカー対応機器があることです。どちらもペアリングはできています。
 マニュアルには「前回接続したものへ自動的に接続されます」とありますが、ペアリングの切り替えはないのか?youtubeの動画を見ているとペアリング切り替えスイッチがあるとありましたから調べてもらうと、場所が分かりました。帰宅したなら、すぐ実験ですね。

 午前中を手伝って頂く方をハローワークで募集していたのですけど、今日から二人目で週の前半を担当して頂く方の勤務も始まりました。
 何せ初日であり、他の職場とは随分と環境も特に言葉使いの違う職場ですから戸惑うことばかりであり、気温以上の汗をかかれていましたね。
 慣れていただければ清掃の部分はほとんどお任せになりますし、知熱灸を作ってもらうと今まで以上にお灸が使えるようになりますからやっぱりスタッフは必要なのであります。

 今日もまた暑い時期になってもお風呂へしっかり入りまくって、自分で痛みの症状を悪化させていた患者さんが来られました。
 そこで脉状を観察すると、(しょく)と渋(しょく)が同時にでていることを発見。

鍼灸のPR番組

| コメント(0) | トラックバック(0)

 そして夕食をしながら機嫌良くラジオを聞いていたのですが、radiko.jpではほとんどFM放送を聞いていなかったのに何故かE-radio(滋賀県)を聞いていました。
 すると明治東洋医学院と明治国際医療大学がスポンサーの番組が始まるじゃあーりませんか!
 当然のごとく享受が登場されて鍼灸のことを色々話していたのですけど、素人向けに鍼灸のPRを垂れ流しです。あからさまな話に、「学生募集に苦労しているんだろうなぁ」と聞いてしまうのは私だけ?

 自宅のiPadがスピーカーからの音割れがするようになっていたことと、朝にラジオをしっかり聴く習慣が薄れてきていたので欲しかったブルートゥーススピーカー、
 アマゾンで注文しておいたのですけど、届いたのは仕事が遥かに終わってから忘れ物を鍼灸院へ取りに戻って、そして庭の水まきをしているところでした。
 早速iPod touchとペアリングしてみると、予想以上の大音量に重低音。さすがに本物のオーディオには置き換えられませんけど、音楽をメインで聴くためのスピーカーとしても充分なくらいに思えます。
 自宅へ持ち帰っても簡単に壁へ引っかけられて、ずっと欲しかったスピーカーシステムがこんなにあっさり実現するなんて。大感激の昨夜でした。

 昨日の沈・数の脉状をしていた腰痛の患者さんですけど、夕食時には来客があったのでかなり飲酒はされたようですがお風呂を止めて就寝したところ七時間も熟睡できたそうです。
 その前に帰宅する時から痛みがかなり楽になっていたので、奥さんにも来客にも鍼灸治療のことを喋りまくっていたらしいですが。
 今日になると腰痛そのものはまだ残っていますが範囲が小さくなり、すっかり治療室でくつろいでおられました。

 午後に来院された新患さんなのですが、症状は明らかに腰椎椎間板ヘルニアであるのに、MRI検査までしているのに整形外科ではヘルニアではないと診断されたそうです。しかも、よく分からないので心療内科への通院も加わっているとか。
 実物を見れば一目瞭然で、この方の腰椎は前腕が強く、そのために部分撮影された画像からは相対評価ではヘルニアと見破れないわけです。絶対評価であれば、明らかな腰椎ヘルニアです。
 画像診断のみに頼った弊害であり、患者さんそのものを見ていないとこういうことになります。

 腰痛で来院された新患さん、仙骨付近にかなりの自発痛があるのですが脉状が沈・数です。
 これは陽経からのアプローチの典型なのですけど、渋も入っていてもっと不自然です。
 膝枕が入っていたので試しに抜いたところ途端に脉が浮いてきて、膝枕を入れると沈に戻ります。
 ということは、痛みが緩和している状態で沈・数であり、熱が腰の奥深くにまでこもっているということです。「痛みの緩和のためにお風呂へ入っていたでしょう」と尋ねたならその通りであり、痛みを自分で悪化させていたことが判明しました。

 既にお一人はパートの方が来られており、今日もまたハローワークからの面接希望の電話が掛かっていたのですが、昨日に面接をさせてもらった方お一人をお願いすることにしました。
 ハローワークの募集については、「保留」に変更してもらいました。
 しかし、お断りをした方の電話、特にミスマッチでもなかったのでつらかったですね。

 昨日から来てもらっているパートの方、二日目にしてボケかましの第一弾をやってくれました。
 午前の最後でカルテ記入をしていて患者さんのフルネームが分からなかったので尋ねたところ、たまたま同じ名字だったのではありますが自分の名前を名乗るとは・・・。
 慣れてもらうのは、これからですね。

クーポンのon/off

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は重たい話題が続いてしまいましたから、最後は軽い話題で・・・。
 モバイルwifiルータにはiijmioの格安simカードを入れているのですが、低速の状態でほとんどのことが出来ますからクーポンをoffにしておいたのですけど、するとほとんど使わないままで期限一杯になってしまいました。
 どうしても無理に使う必要はなかったのですが無駄にアクセスを増やしてクーポンを消費していたなら、今度は見られるはずの動画が一向に表示されてきません。
 今朝になってクーポンを簡単に切り替えられるIOSアプリから確認すると、全てのクーポンが消費済みになっていました。どうやら知らない間にパソコンと接続されていたり、アップデートのためにアクセスがあったりして、クーポンを使い切っていたみたいです。
 やはり普段はoffにしておいて、必要な時だけonに切り替えるのが賢い使い方みたいです。

 それから今日の午後は、モヤモヤすることがもう一つありました。
 今日から週の後半に勤務してもらう素人さんが入ってきたのですけど、まだ滑り出しですから戦力というほどにならないことは仕方ありません。
 それよりもハローワークからの面接希望が二人連続でありましたから、この時点でどちらかお一人はお断りをせねばならないことが決定だったのです。
 どちらも若くて割り切りもあり、どちらもPRポイントがあって人材は探せばいくらでもでて来るものだと、関心はするのですけどこちらも採用できる枠に限りがあります。
 そして一番いいのは免許持ちの助手が新たにはいることなのですから、今月中にそのめどがついたなら素人さんには退場を願うことさえまだ考えているのです。

 今日の昼休みは保健所から職員さんが来院されて、指導を受けていました。
 中身についてはもしこのブログを当事者が読んでいたなら「思うつぼ」ですし、特に法律違反をしているわけでもないのですから書きませんけど、保健所へ投書がありそのための調査だったということだけ書いておきます。
 同業者からのものであることがすぐ分かるのですけど、投書は匿名でしょうし例え書かれていたとしても教えてもらえるはずがないということを見据えての、卑劣きわまりない行為です。
 それよりも何よりも、同業者でこんなことをする輩が要るということが何より情けないですね。
 何かやっかみを持つなら、自分が勉強をして腕を磨き、自分のところが流行ればいいのです。私は誰にも何も、横やりなど入れませんから。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。