慣れ親しんだレイアウトも

| コメント(0) | トラックバック(0)

 その大変なことになっている左耳なのですけど、どうしても電話は左側に当てて話をする癖があるのでそのまま使ってしまいます。昨日などは、何度電話にでなければならなかったことか。
 相手が携帯電話からだと、普段でも金属音が混ざったような感じなのにロボットと話しているような感じさえも。
 でも、ベッドの業者とカー転業者からそれぞれ来週の改装工事についての確認があり、慣れ親しんだ大きな治療室のレイアウトも一週間を切っているのだと思うと感無量です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/1701

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2013年10月25日 07:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「左耳が大変なことに(その8)」です。

次のブログ記事は「左耳が大変なことに(その9)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。