2013年11月アーカイブ

 今日の午後は、予定通り来年度からの助手と二人だけでの診療をやってみました。二人とも不安の中でしたけどね。
 寒さが厳しいので新しい予約がそれほど増えなかったので、余裕のある中での仕事ができたことは幸いでした。
 そして何かにつけて注意を受けてしまうのですけど、だからこそ「実習の前段階」であり、色々な経験を積まなければ一人前にはなっていけないのであります。若いということで、患者さんからも応援してもらっていましたね。

 午後からは暖かくなるという天気予報ですけど、今朝も寒さがかなり厳しかったですね。
 今日は助手がどうしても抜けられない用事があるのでお休みですから、来年度からの助手を一人呼び寄せての仕事になります。
 まだ実習の段階ではないのですけど、期間がかなりありますから実習の前段階というところですね。ローラー鍼と円鍼、朝から特訓になります。

 左耳の進出正中自演は少しずつ少しずつ回復しているのですけど、まだ時間帯によっては閉塞感が強くなって喋っているのが気持ち悪いこともあります。
 けれど液体がでてくる割合は極端に少なくなって、ヘッドホンで音楽を短時間なら聴くこともできるようになりました。
 そうしたなら水泳がどうしてもやりたくなってしまい、それでも一週間は我慢をしていたのですが今日の昼休みには思い切ってプールへ入ってみました。
 液体がまたドバッとでてきてしまうことを覚悟していたのですが、今のところ午前中と代わりがなく閉塞感がなくなっている分だけ快適です。それにしても一ヶ月半泳いでいなかったなら、筋肉痛が起こってしまいそうです。

6年目でした

| コメント(0) | トラックバック(0)

 えーっと、いきなりのお笑いです。
 今までずっと最初の助手が入ったのは開業して8年目だと覚えていたのですけど、「まだやってるんかい」という感じですが「取穴書」の点字版の最終校正をしていると、どうも計算が合いません。
 「えっ、ビバシティのオープンってそんな昔だったっけ」とも思うのですけど、何度計算をやり直しても最初の助手が入ったのは6年目でした。
 ビバシティも今年で20年だったんですね。

 特に医療の世界だからというわけではないのですけど、色々と勉強は常に続けなくてはならないので「医道の日本」など雑誌へも目は通しているのですけど、今月はデータの入手が遅くなり、やっと昨夜から聞き始めました。
 古典派の話題があまり掲載されていないので、あっても宣伝文句的なところが多いので流して聞いてしまう傾向にはあるのですけど、それでも人間的に医療へ取り組む姿勢が文章からにじみ出てくる先生たちがおられるので、聞き始めたなら「やっぱり聞いてよかった」と毎月思うのです。

 先程の小児鍼の患者なのですけど、サッカーをして変なひねり方から膝が痛くなったということで、地元の接骨院へ通院をしたとのことです。
 そうしたなら半月板が損傷まではしていない艾条があるということで、治療をして完了といわれたが本人がまだ痛みと違和感があるということで、母親の治療にくっついてくる形での治療でした。
 膝の状態としてはサッカーをしても差し支えないようにこちらも思うのですけど、ところで一体どうやって半月板の損傷だと診断したのでしょうね。膝蓋骨を真上から垂直に押さえると膝蓋骨の下側に痛みが発生するのが半月板の以上なのですけど、そんな診察をされたことはないということでした。

 今日は各地で初冠雪があったようで、彦根でもちらほら降ってきて不思議のない寒さになっています。
 こんな時なのに、また待合室のエアコンの調子がおかしくこの冬は何度目の修理依頼をしているのでしょうか?しかも、メーカーのサービスセンターからは来週の金曜日に対応するという電話だったので「明日の間違いじゃないの?」と突き返したなら、単なるカレンダーの見間違いだったというおまけの話も。
 けれど治療室の方は取り替えた暗幕が功を奏して、冷たい空気が裏口側から入ってこないので暖房がとても効率的になりました。

 そして、今日の笑い話です。
 二つ前のエントリー最初から外耳炎だった? - 臨床雑感あれこれですけど、本文はメモ帳などで書いたものをコピーと貼り付けでアップする手順にしています。
 本文を直接プログラムのエディタで書いても構わないのですが、ちょっとしたキー操作ミスで全て消去されてしまったことが何度かあり、労力が無駄にならないように書き換え自由なもので編集をしてからコピーと貼り付けの方が効率的なのです。
 ところが、ちょっと助手と喋っていたなら肝心の貼り付けを行わず確認のためにページを開いて「あれっ」というところでした。
 こういうことがあるので、まずはメモ帳などで書いてしまうのがいいんですよね。

 「院長ブログ」の方で駐車場拡張までの記述がもう少しで完成するのですけど、毎日の細かな記録が参照できるということでこちらのブログのアーカイブにリンクを張ってみました。
 アーカイブは自分では事実関係確認のために時々参照しているのですけど、アドレスがどのようになっているかなど見たことがありませんでした。
 とても簡単なアドレスで呼び出せてしまうことに、今さらながらビックリでした。このブログプログラム、私にはとても使いやすいので使い続けていくでしょう。

 進出正中自演の状態は少しずつ前進はしているものの、まだ一進一退でやっと半日は液体の露出が止まったというところです。
 しかし、綿棒で液体の付着や浸みる箇所などを丹念に探ると耳の穴に近い部分で炎症が発生していることを発見し、将来的には聴力の完全回復ができることが分かってほっと一息です。
 うーん、最初から外耳炎だったものを中耳炎にまで自分で悪化させていたのか?

 今頃にわざと夏期研の録音を聞き返しているのですが、振り返るとじゃ正論の導入は勢いがよかったもののやはり難しい問題を飛ばしたままの見切り発車だったようにも感じます。
 臨床へは充分に応用させてもらっているので文句を書いているのではないのですが、「わかりやすいところから入れればよかったのに」という意味です。
 真冬に近くなってきてまた邪正論で証決定することが多くなってきたのですが、夢中になって邪正論を追いかけているという感じでは確かにありませんからね。

 積雪がないだけで、今朝は本格的な真冬の寒さになりましたね。
 今「院長ブログ」で2013年に思わぬところから始まった「にき鍼灸院」のリニューアル記録を書いているのですけど、毎年悩みの種だった除雪作業はハンドルをひねるだけで埋設した水道から水がでてくるように出来ましたので、とても楽になります。

 西から天気が変わってくるので「当たって当たり前」ではありますが、午後になったなら本当に台風かというような天候になってきました。
 昼休みにはスポーツプラザでランニングをしてきたのですけど、入館する前肺胃天気だったのにでてきたなら雨模様でした。
 そして自宅から鍼灸院へ戻ってくる時には台風並で、傘は役に立たないでしょうからジャンパーのフードだけをかぶって戻ってきました。
 これでまた中耳炎がひどくならなければいいのですけど。

 それで、今は嫁さんの実家の舞鶴から書き込んでいます。
 ここの無線LANステーションは、昔に鍼灸院で使っていたものですからアクセスデータが残っているので、ノートパソコンを持ってきたならそのまま接続をされます。ついでにiPod touchも。
 この連休中に色々と書きかけだった書類を、空き時間を利用して書くつもりです。

 昨日は助手が少し不調だったのでわざと遅れて出勤してくるように命令しておきましたから、午前中はパートさんと二人で診療を回していたので書き込みが出来ませんでした。
 もっと寒くなれば助手の体力と体調を考えてこのパターンにするつもりなので、パートさんにも慣れてもらうつもりではいます。
 しかし、いずれにしてもスタッフのリザーブがない状態というのはきついですね。

 昨日のことになってしまいますが、また治療室と待合室の間のドアが自動では閉まらなくなってしまったので、建具屋さんに調整してもらいました。
 今回は思い切ってゆっくり締まるようになっているブレーキ部分を除去したとのことで、即ちノーブレーキでドアは閉まる方向へ失踪しますから、よほどのことがない限り確実に最後まで締まってくれます。
 しかし、その分だけ勢いがよすぎるので、近距離から締めてもかなりの音がしてしまいます。思い切り開けていると、ドアが跳ね返ってくるくらいです。受け止める側のクッションを注文しておきました。

 先程ホームページに、『鍼灸院見学ツアー』に、「スロープから下駄箱まで」のページを追加、合わせて色々修正しましたということで更新作業が終了です。
 秋には珍しかった晴天の日に一気に写真もビデオも撮影して置いたので、昨日に写真を確認してもらい簡単なページだったので朝だけで書き上げられました。
 それにしてもビデオの変換作業、昨日の娘が遊びに行くというので付いていった講演でノートパソコンにさせていたのですけど、とても寒い場所での作業でした。

 今、子供につきあって後縁へ出かけてきたのですが、途中で宝くじの抽選結果を調べてもらいました。
 先日に7900円当選していたロト6で、換金の時にもう一度勝手おいたものです。
 「もうこんな簡単に当たるはずがない」と思っていたのですけど、1000円また当選していました。はまり込んでしまいそうなので、今回は購入しませんでした。

 昨夜にお手伝いの一つとして次男に背中を踏んでもらっていたのですけど、ふざけて両足でジャンプしてきて思い切り踏みつけられてしまいました。
 これがかなり痛みもあって思わず息が止まってしまい、そこからしばらく深い呼吸が出来なくなって咳き込んで模しまい、背中をさすってもらってようやく落ち着いたのでありました。
 夜中に脉診するとどうということはなかったので、ただの衝撃で落ち着いたのですが、それにしても苦しかったですね。

 うーん、リカバリ中のノートパソコン、ドツボの状態です。
 リカバリ直後はいいのですが、Windows Updateが持っているファイルが古いのでエラーになり開始されないので、SP3のアップデータをCD-Rに持っていますから実行すると、ものすごく動きが遅くなってしまいます。
 それまではインターネットへの接続も早いのに、全く使い物にならないという感じで、完全に手詰まり状態です。こんな経験は、初めてなんですが。

 先週に初めて、宝くじのロト6を買ってみました。長男が宝くじを買いたいと言い続けていたので、つい出来心で買ったようなものです。
 すると、いきなり4等で7900円が当たってしまいました。ちなみに3枚購入していて、元金は600円。
 決して宝くじファンということはないのですけど、年末じゃん歩だけ買っていたのですが何度か辺りが出ていて、宝くじで破損を出していないんですよね。

 昨日の治療室例会、大盛り上がりになりました。
 会員から質問が集中したのは、まず電動ベッドですね。価格もそうですが、オプションをどのようにしたかということと、直販の申し込み方でした。これは個人レベルだとちょっとできない方法であり、特殊なルートがあったので可能だったんですけどね。
 それからベッドに敷いてあるテンピュールの観賞マット、これは医療器具の販売店で、すぐに変えます。テンピュールの枕についても変えますが、どこででも扱っているというわけではないでしょう。
 それからパンフレットスタンド。普通にビバシティの文房具屋で注文したのですけど、直接に聞きに行っても昨日は分からなかったとか。そんなはず、ないんやけどなぁ。

 それから今は自宅で通帳の転記作業を行っているのですけど、ネットバンキングを参照しようとしたならネットが接続できない?
 早朝にはGyaoでアニメを聞いていたのですから「ありゃーまたこんな時に」という感じです。
 まぁモバイルルータでの高速通信の残量はたっぷりありますから、予備回線に切り替えても十分使えるのでありますけど。

 今日は滋賀漢方鍼医会の毎年恒例になっている、治療室例会が「にき鍼灸院」で行われます。
 今年は二度目のリニューアルを果たしたということで、何度も訪れている会員屋もと助手の人たちも、随分と驚いてもらえるでしょう。
 特にベッドが増えてからは現在の助手と、一つ前の助手しか知らないことですから反応が楽しみです。

 今日は11月としては珍しい晴天なので、遅れに遅れているホームページの「鍼灸院見学ツアー」の続きを製作するため、昼休みに写真とビデオを撮影しました。私一人で撮影したものですから、どうなっているかが問題ですけど、できる限り急いで制作していきます。
 でも、やっぱりビデオは一人で撮影するものではありませんでしたね。
 下駄箱の部分で「下履きを入れるところです」と説明していたのに、そこにスリッパが置いてありました(笑い)。

 2013年はそんなつもりがなかったのですけど、駐車場拡張が必要に迫られて工事をすることになり、駐車場が広げられていたなら以前からの希望だったのでベッドの増床と、「にき鍼灸院」は二度目のリニューアルを果たすことになりました。
 そうしたなら、今度は自宅の方も何とかしたくなってきてしまいました。実家は目の前にあるのですけど親がまだ健在であり、子供もそれなりに大きいので今さら同居というのもちょっとできない相談です。贅沢なのではなく、実はできない事情もあります。
 それで土地のことを色々調べ始めると、安い買い物ではないのですから安易な妥協をするつもりは最初からなかったのですけど、「灯台もと暗し」というのか条件に合うものがいくつかでてきているので迷っています。

 自宅のADSLが度々トラブルを発生させていることは何度か書いたのですけど、サポートセンターに連絡したなら水曜日にNTT曲社内向時が行われていました。
 ADSL側での調整で接続そのものは回復していたのですが、「そうそう電源を一度落とせといわれていたな」と思い出し、モデムをリセットしてみました。
 すると、何と何とスピードがまたまた上がっています。これだけ早ければ、自宅は全く光ファイバーの必要性を感じさせませんね。

 それで仕事そのものもばたばた状態だったのですが、余計にばたばたさせていたのはリカバリ中のパソコンでした。
 XP SP3のアップデータを使うことも「これで最後だろう」と思いつつ、とりあえずインストールしておきたかったソフトの大半をインストールしたならアップデートをさせました。
 これで明日からは自動アップデートを何度か繰り返すことで最新版となってもらうのですが、セキュリティソフトは既に組み込んだものの、やっぱりスクリーンリーダーで使うには難しいです。

 今日の仕事中はずっとばたばた状態だったので、自宅へ戻ってきてからの書き込みになりました。
 それにしても11月というのは年間的には一番暇な磁気になるはずなのですけど、ベッドを増やしたので気力充実のためか何かは分からないですが、平日なのにこの数字は本当にありがたいです。
 今さらどうしようもないのですが、これで助手が複数いればもっと仕事が出来るのに。

 昨日からリカバリに入っているサブマシンのノートパソコンですが、やはりフルセットアップしていたものを元通りにしようというのですから骨が折れます。
 今日は寒さが厳しかったので午後に仕事の隙間があったのですけど、できる限りソフトをインストールしきってからネット接続をして、後は自動アップデートで対処しようとしているのですが、なかなか作業が進みません。
 ネット接続ができないという不便さ、少しのことで困ってしまいますね。

娘への小児鍼

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜はどんどん咳き込んできていて最後は発熱している様子だった娘なのですけど、途中で止めさせようとしていた宿題をやりきったところで小児鍼の治療をしてから寝かせました。
 夜中には少し咳き込んでいる時間帯もあったようですけど、朝になったならほぼ咳が止まっており、もう一度小児鍼をしてから小学校へも元気に出かけていきました。
 そして下校してきたなら直接鍼灸院にやってきて二階の和室で宿題をしていたのですけど、すっかり風邪はどこかへ行ってしまったようです。

 今朝はまた雪が降る前のような寒さでしたけど、昨日の午後はそこまで寒くなかったので次男の七五三のお参りに出かけてきました。
 多賀大社だと平日でも予約なしでお祓いを受けることができ、娘の最初の時で懲りましたから平日に出かけることにしていたのです。
 やはり地域の人は抑止っておられて、10人くらいがお祓いを平日の午後なのに受けていましたね。これで我が家の七五三は、全て終了となりました。

 今日も真冬並みの寒さでしたけど、新しい暗幕の効果で暖房効率がとてもよかったですね。
 そして待合室のエアコンなのですが、メーカーから来てもらったならフィルターの二枚目とサーモスタットの汚れがひどかったということで、このために室温が高いと判定されていたのだろうということでした。
 パソコンは一つは結局リカバリしなければならなくなったのですけど、デスクトップの方も調子がおかしくなりかけていたのでメンテナンスツールを動かしたならこちらは元通りになりました。
 後は待合室と治療室の間のドアが自動的に閉まらないことだけです。

 いきなりの寒波で今日の仕事は隙間がかなりできたのですけど、夜になってようやくいつものペースで回っているという時間帯ができました。
 ようやく六台のベッドを回していくパターンも定着してくると、やはり余裕がありますから早く早くに回せていけるようです。
 でも、パソコンはやっぱりリカバリが必要なようで、明日から余分な仕事ができてしまいましたが。

 急に雪が降る直前のような寒波に襲われ、そのせいではないでしょうが今日の鍼灸院ではあちこちに不具合が発生して困っています。
 まず待合室のエアコンが、またまた暖房があまり効かなくて電気屋さんに連絡です。これは明日の午後に、メーカーから来てくれることになりました。
 次は待合室と治療室の間のドアで、春に散々原因追及しても治らなかった自動的に締まる装置が、ずっと調子よかったのに寒くなってからまた最後が締まらなくなってきています。今日はドアを外してローラーの掃除もしたのですけど、改善されません。
 そしてとどめという感じで、近年は破壊をしたことが全くなかったのにWindowsの起動しなくなってしまったパソコンが。便利にしていたサブマシンなので、時間のある間にリカバリするしかないのか?

 その昨日に東京へ出かけていた時、ヘッドホンが使えない状態なのであまり活用場面も元々なかったのではありますが、モバイルルータのバッテリーがゼロになっていて外でネット接続ができなかったのであります。
 せっかくモバイルバッテリーを購入していたのに、「あまり使わないから」と治療室の机の引き出しに締まったままにしていたのでありました。まぁこれは、耳のことを思うとそれでよかったのですけど。
 それで今朝からモバイルバッテリーで充電テストをしてみると、本当にこれは便利ですね。今までiPod touchを充電した時にはインジケーターが変化したので様子が分かったのですけど、モバイルルータの方が電池消耗が早いのでどこまで充電できるのか、実は疑問を持っていたんですね。

 昨日は本部例会があったので、東京まで出かけてきました。
 土曜日からまた左耳の調子がおかしく浸出液がでるようになっており、盲聾二重障害のところを一人で出かけてきました。おかげで変な場所を歩いてしまい、何度も見知らぬ人が手引きをしてくれました。
 そして講義の歯科医が当たっていたのですけど、その状況の中を強行突破でマイクを握っていました。
 おかげで浸出液がでるだけでてしまったのか、午後からはまだ液体がでるものの量が極端に少なくなりました。
 回復までもう少しという手応えになりましたが中耳炎に一度なってしまうと一ヶ月は回復に掛かるというのが今までの経験だったのですが、今回もこの壁を超えることはできなかったようです。

 今回のベッド増床で大きな治療室のカーテンレールを交換したのですが、事務スペースの奥にある暗幕も一緒に交換をしました。
 これは建物の設計ミスで裏口が丸出しになっており、夏場の冷房も荘なのですが冬場には室温が上がらないだけでなく、階段から暖気が二階へ上がってしまうので、二階の床は結露したものが水に戻ってプール状態になってしまいます。
 これを防ぐために暗幕を付けてかなりは改善したのですが、寒波の時には風邪が吹き上がって暗幕も押し込んできますから、私は寒くて仕方なかったわけです。
 今回はサイズを一回り大きくして吹き上がってくるのを防ぐとともに、マジックテープでの固定もできるようにしたので既に暖房効率が上がっています。来週からは、もっと効果が分かってくるでしょう。

大泣き

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の午前中はうちの子供を鍼灸院の二階で預かっているのですが、DVDを見て走り回って騒いでいると思ったなら、大泣きになっている声が聞こえてきます。
 「ありゃー、どこかにぶつかったな?」とスタッフ一同で話していたのですけど、階段を下りてもこないので気になって様子をうかがってみると、二階では泣き声がしていません。
 そうしていると先週から通院を始めている大声で泣き叫んでくれる小児鍼の子供が連れてこられました。「あちゃー、あれは駐車場でこっちの子供が泣いていた声だったのか」と、スタッフ一同で苦笑なのでした。

 来月からインターネットの光ファイバーをeoに切り替えることになっているのですけど、申し込みそのものは七月に済ませてありました。そして工事日も決定しています。
 ところが、最近コマーシャルでネット接続が最大三ヶ月間無料となるキャンペーンを宣伝していて、「これは契約時になかったキャンペーンやな」と気付いていました。
 契約をしたのは来院されている患者さんだったので聞いてみると、工事がまだでも店頭からではどうにもならないということで顧客そのものが連絡するしか手はないということ。それでフリーダイヤルで連絡してみると、「特別に」という前置きをわざわざ付けてくれましたけど、電話連絡だけでキャンペーン適応ということになりました。
 やっぱり、何でも交渉してみないと分からないものですね。

 昨日の午前中はちょっと手違いで試してみたかったベッドを使う順序のシミュレーションができなかったため、今日はもう一度やり直しです。
 頭の中であれほど考えて置いたのに、やっぱり実際にやってみなければ分からないことは多いもので、今試しているものは考えなくはなかったのですがあまり候補に入れていなかったパターンです。
 ところが、これが治療用ワゴンの移動を減らすのには効果的ですし、割と使えそうなんですね。

 午後は助手と二人で診療をしているので一時間に五人はいってもらうとちょっときついのですが、今日の午後には何度か断り切れずにはいってもらうことになりました。
 今までであればフル稼働ということでベッドの掃除が間に合わずロスタイムが発生する分だけ後ろへずれるということになってしまったのですけど、空きベッドが必ずあるので次の予約が遅れるということはありませんでした。
 しかし、受付が追いつかないということは全体的に遅れてしまうということであり、こちらも疲れてしまうのでなるべくなら明日以降は避けようと思います、やっぱり。

 今日の午前中には、「そのうちに実験できれば」ということを二つも経験してしまいましたね。
 一つ目は9:00の始業前に臨時枠で8:45というのを時々使うのですけど、強引に来院しようという人があって一気に二つも使ってしまうという荒技を。これはかなりうまくいきました。
 もう一つは11:30の午前最後の枠の三人目を使うことだったのですけど、こちらも強引に来院されてくる方がいて使う羽目に。こちらは助手が一人しかいなくなってしまうので片付けに手間取ってしまうばかりであり、得策ではありませんでしたね。

 今日も色々とベッドの回し方について実験をしていたのですが、一人の方は予約より遅れられてもう一人の方は予約より早くに来られてということで、ベッドに余裕がありますからお二人とも入ってもらいました。
 すると、今度はその次の方が早くに来られて駐車場に空きがないという辞退に。まぁこれは仕方のないことであり、精気の予約時間よりかなり早くに解決しましたから、それでいいのですけど。
 でも、助手が複数いたならもっと早く仕事を回すことができるのにと、つい思ってしまいますね。

 昨夜は来客があったので書き込まずに帰宅してしまったのですけど、午前に続いて午後にもベッドのフル稼働をやってみました。
 というよりも、親戚からの依頼だったのであまり時間を気にせずにとりあえずベッドへは行ってもらおうというのがきっかけだったのですけど、全体の流れを止めては行けないので時間は守ることにしました。
 助手が受付をしていると私がローラー鍼や円鍼なども担当することになり、次の予診などいつもなら省略できているプロセスが平均してベッドを移動するのに5分近く掛かっていました。
 この余分な時間が省略できるようになると、フル稼働でも充分対応できるという計算式は成り立ってきました。フル稼働は人材が揃う、来年の春からですけどね。

 午前中にはパートさんの手伝いもあるので、早速に六台のベッドのフル稼働を試してみました。
 結果としては三人入ってもらってから次の三人に入ってもらう、ベッドがフルに埋まるここまではとてもスムーズでした。
 しかし、知熱灸が重なっていたこともあるのですけどどうしても免許持ちでないと行えない施術があるのでこの部分がロスタイムとなり、次は時間を守るには二人までしか入ってもらえない感じでした。
 これからまだまだ工夫の余地があるのですけど、午後のことも考えると今はまだ無理してフル稼働を積極的には行わないのが件名に感じました。

 既にベッドが一台増えて二日間の診療を終えているのですが、今週からが本当に新しい治療スタイルへ取り組むことになります。
 といっても、昨日と一昨日は念願の増床がかなったということで、ほっとしてしまい思わず体調を崩していたのではありますけど・・・。
 ベッドをどのように回していくのが一番効率的なのか、トライアルはここからが本番です。

 大きな治療室へベッドを一台追加したということは、今までのベッドとベッドの間が狭くなっているのですけど、それに気付かれる患者さんがほとんどおられません。
 気付かれた患者さんにしても、カーテンは新しくしていないのに「カーテンも綺麗になって」と勘違いされていて、全てのことを見抜いた方はまだおられません。
 おそらくカーテンレールがスリムになって圧迫感がなくなったことと、天井のクロスが張り替えられているので全体が綺麗に見えるのでしょう。

 ベッドが増えて二日目なのですが、まだ今のところ大きなトラブルもなく順調に診療が進んでいます。
 むしろ常に空きベッドがあるので余裕があり、二人で回している午後でも今まで以上に早く進量が奨められている感じです。
 そして、私がどこかにぶつかるという失敗も、今のところ数えるほどであり大失敗はしていません。

 もう午後の診療が始まっているのですけど、とりあえずベッドが増えて初日の午前中は無難に過ぎました。
 初日は何かと余計な用事もでてくるもので時間的なロスがやっぱり発生していたのですけど、今までならマックスの五人の予約があってもまだ一つベッドが残っている、これは余裕なんですね。
 早速にベッドの位置が足元よりになりすぎているので、明日には位置をずらす検討をしていますが。

 今日からベッドが一台増えての診療となります。
 まだお一人目(1クール)を入ってきただけなのですけど、大きな治療室はベッドの幅が狭くなったもののカーテンレールがスリムになっているので天井からの圧迫感がなく、特に文句がでるような要素はなさそうです。
 問題は今までの通路と新しい配置での通路が違うため、私が身体でその間隔を会得するまでにケガをしないかです。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。