2014年8月アーカイブ

 ちょうど二週間前になりますか、夏期研の名札をラベルライターで作成していたところ、突然に点字打刻部分が壊れてしまい途方に暮れました。
 幸いにも滋賀漢方鍼医会の会員に同じものを持っている人がいて貸してもらえたことから事なきを得たのですけど、こちらは修理に出さなくてはなりません。
 割高な製品なので修理代を心配していたのですが、税込み3456円というのがちょっと笑えてしまいました。無事に戻ってきて、動作も確認済みです。

大反省会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は本当に変な脾で、電話の数が極端に少ないままで経過しただけでなく、元々から予約ノートにも多く隙間があって、午後からは夏期研を含めて今年度に入ってからの大反省会を助手と三人でやっていました。
 まだ半年経過はしていないのですけどしっかりした区切りであり、一人は今年いっぱいで退職することを改めて確認。
 年度途中での人員補充はかなり難しいので、もう一人の助手には三ヶ月間を強化修行のように捉えて頑張って欲しいと伝えました。

 昨夜に夕食を終えて晩酌も終わった頃、次男が放り投げたぬいぐるみが蛍光灯に当たってしまいバラバラに割れてしまうという事件が発生しました。
 やってしまったことは仕方ありませんからこれから責任の重さを追求していくことにして、まずは掃除をせねばなりません。スリッパのままで畳へ上がり、指を傷つけないようにまずは大きな破片を拾い集めるのに一苦労です。
 そして掃除機で細かな破片を吸い取ったのですけど、畳の部屋というのはこういう時の掃除が面倒です。汗びっしょりになってしまい、せっかくの晩酌の酔いがどこかへ吹き飛んでいました。

 今日は最近にしては珍しく電話が掛かってこず、静かに午前中の仕事が進行しています。
 春から夏にかけて電話回線の調子が悪く、全く掛からないわけではないのですが明らかに電話機の反応していないことがあったので調べたのですけど、結局は解説したのかしていないのか分からないままで調子が戻っています。
 でも、今朝の状況はすぐ心配になってしまいますね。

 カルテ管理用の中古XPノートをこの夏は買いあさっているのですけど、一台目は図体がでかかったものの「当たり」の製品でした。
 二台目はかな入力で一部動作しないキーがあったものの、これは自力でドライバを強引に入れ替えることで解決。音が少々うるさいのですけど、キータッチがとてもいいので合格。
 ところが今日に到着した三台目は、OSが起動しません。途中でビープ音が鳴るので、まず間違いなくハードディスクにエラーがでていますね。すぐメーカーに電話をして、着払いで送り返しました。

気滞から解消

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昼休みは久しぶりにランニングをしてきて、やっと夏期研後のだるさから体調が戻ってきたという感じです。
 夏期研の一日目夕方にもホテル内のプールで泳いでいましたから、決して運動不足ということはなかったのですけど、なんだかやっと身体が動かせたような気分です。
 実際には虚脱感というのは気滞状態になっているもので、気滞が解消されつつあることなのでしょうけどね。

学習意欲

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日から彦根地区の小学校は二学期が始まり、子供たちが投稿していきました。
 昔は9月1日が始業式であり、8月末まで夏休みというのが固定でしたけど、週休二日制のため授業時間数が足りないための処置のようです。それなら夏休みにはいるのを、もう少し送らせてもいいとも思うのですけどね。
 それよりも全国学力テストの結果、滋賀県は小学校も中学校も全国平均よりいずれの強化も平均を下回っていたという衝撃的なニュースがありました。秋田県がトップクラスをいずれも維持しており、これは都会や田舎の問題ではなく全体的な学習意欲によるものです。滋賀漢方鍼医会という組織が、夏季研を運営できるのと同じですね。
 素早く土曜日の学校復活を望むものであり、放課後の活用にばらつきがでないようにして欲しいと願っています。

30秒だけ昼寝

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は小児鍼が突然に集中してしまい、しかも助手に任せにくいケースだったり新患さんのカルテを作ってもらったりがこれまた重なり、時間が押してしまいました。
 これを強引に取り戻そうとするものですから疲れがいつもよりひどく、今朝から聞いていた録音で睡眠不足もあって最後は眠くて眠くて。パソコンでカルテを打ち込みながら30秒だけ昼寝をしました。

 そして昨日の仕事は月曜日を休んでいたので予約枠が元々埋まっていましたから、その隙間の中をさらに埋めていくという状態だったので思い切り夏季研の成果を盛り込めました。
 さらに夏季研が終わるまで鳩我慢していたWindowsXPの中古ノートの買い増しを、その隙間の中へ押し込んでやり遂げてしまいました。
 実は我慢しきれずに今月初旬に少し検索していたところ、商品が減少しており価格も上昇していたのですけど、ちょうど新しい商品が追加されたところで価格も下落していました。

 昨日に書き込んでいた時点では夏季研が終わったことでの虚脱感を全く感じていない状態でしたけど、昼寝をしたなら全身がしばらくだるくなりやはり少しですが虚脱感を感じるようになっていました。
 でも、早速に滋賀漢方鍼医会内部では役員を異動させねばならないという内部事情がありますし、そして自宅建築に向けてクリアして行かねばならない問題が目の前にあります。
 子供の学校を・成長を考えると遅くても年度内には入居をしたいのであり、絶対条件です。住宅メーカーの対応の遅さ、イライラしています。

 その難産だった実技ですけど、「臨床的自然体」をこれからどうやって定着させていくかが問題ですね。
 あれだけ自然体ということを基本技術の中核の一つに掲げておきながら、普段の臨床で忘れている人が多いというのは、またまた驚きでした。
 一年経過するとまた姿勢が悪くなっていたなら、それだけ取穴技術も定着していないということであり、基礎修練の定着が過大ですね。

 昨日に無事、第20回夏季学術研修会滋賀大会が終了しました。
 二回目の主観だったということで流れが分かっていますから、その点では楽であり今日も疲れは残っていますけど虚脱感というものはありません。
 でも、実技プログラムが固まるまでが本当に難産であり、直前まで事務局としてのトラブル続出ということで「やっぱりしんどかったな」というのが本音であり、無事に終了できてほっとしています。

 これから漢方鍼医会夏季学術研修会滋賀大会へ出発してきます。
 第15回を担当した六年前と比べて慣れてしまったのか、前日に緊張をするということはなかったのですけど、「やっとこの日が来た」という感動はしていますね、やっぱり。
 運営面に関しては、ハッキリ言って今回の方がしんどかったです。自分が実行委員長をやった方が、どれだけ楽だったか。でも、ここからの二日間を乗り越えることで滋賀漢方鍼医会がまた一つ大きくなれるだろうと期待しています。

ハイペース

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝は予約枠で治まりきっていなかったので早い時間から始める特別枠に既に二人分あり、速いペースでベッドが回転しています。
 しかし、これも「慣れ」の問題もあって、患者側に違和感がなく時間的にも十分満足して頂いているので、ハイペースの方がこちらも楽です。
 後は駐車場のことが、気になるだけですね。

前々夜祭

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日に夏季研事務局としての事前準備は完了したので、都合で前夜祭ではなく前々夜祭を局員を務めてくれている助手たちとやってきました。
 二ヶ月前のキムチ鍋があまりに美味しかったので、今回はもつ鍋にしたのですけどお店が気を利かせてキムチもたっぷり入れておいてくれました。
 仕上げにラーメンも食べて、ついでに焼酎を飲みきってしまいましたから新しいボトルも入れて今までのご苦労様ということにしました。

 大変な被害のでている地域もあるのですが、彦根でもまた今日のお昼に集中豪雨があったようです。
 「あったようです」というのは、私が全くそれを知らないからです。
 昼休みにはプールで泳いでいて、水はかぶっていても館内では雨のことは全く分からないですからね。そしてそして、出かける時には何ともなくでてきた時には既に雨は上がっていたからです。

 今日の午前中にホテルへ宅急便で荷物を送ってしまったので、事務局としての仕事は一応ですが一日半のお休みができることになりました。
 でも、まだ実行委員会のメールのやり取りが続いて忌ます寿司、講師陣への最後の連絡などお休みとは名ばかりですけどね。
 しかし、本職へようやく集中できる時間が戻ってきた感じです。

 夏の甲子園、近江高校は3回戦でさよなら負けでの敗退となりましたけど、いいゲームでしたね。
 さよならが想定される場面で一つアウトを確実に取らずバックホームをしたのが命取りになったとはいえ、頭の真っ白にならない高校生の方が不思議なのであり、色々な場面を想定しての練習が必要だということ改めて思いましたね。
 鍼灸の世界に置いても同じようなことは言えるもので、そのための下積み修行があるのですが、夏期研が終わったなら次の助手探しという難問がまた控えています。

危ない危ない

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は助手が電車の中にiPhoneを忘れてきてしまったかも知れないということで、ちょっと騒ぎに。
 結果からいうと執着の米原駅で保管されていたので取りに行ってすぐ手元へ戻ってきたのですけど、危ない危ない。
 昼休みは少し早くに外出させてあげたのですが、疲れ切った表情で戻ってきましたね。

 今日は本職の方ももちろん頑張っていたのですけど、三日後に迫った夏期研の事務作業のまとめということでこちらも忙しかったのでありました。
 当日に荷物を持ち込んだのでは忘れ物が発生すると大変なので、宅急便で名札や名簿やチェックリスト、そしてICレコーダーも送ってしまいます。
 余裕を見て木曜日の午後に発想予定としていたのですけど、やっぱり準備がずれてしまい最終期限の明日の午前中となりましたね。何をやるにしても、余裕の余裕が大切です。

 そして午後の鍼灸院の休みを利用して、これから最後のホテルとの打ち合わせと預けてしまうものの運び込みを行ってきます。
 特に大切なのが食事の中身で、チェックしていると冷たい茶碗蒸しも美味しいのですけどやっぱりここは暖かい方がいいですね。それからサンドイッチには果物ではなくサラダであり、カレーライスには冷たい紅茶が欲しいところです。
 値段との相談にはなりますけど、反省会のケーキを削ってでも、カレーライスには飲み物を付けてきます。

 滋賀漢方鍼医会に今年度から入会された広島からの学生会陰さん、学生といっても年齢的にはほぼ私と同じなんですけどね。
 それで最終学年で開業を目指していることもあり、夏季研が目前なので広島との往復も時間の無駄ということもあって、月曜日から今日まで連続で見学をされていました。
 けれど夏季研目前で事務局の仕事が次々とあり、なかなか見学者に十分な説明もできないままでの三日間になってしまいました。それは承知で来院されていたのですけど、本当に横から次々と用事が入ってくるので、今日は完全に放置していた状態でした。

 昨日に動作を確認したラベルライターを使って、夕食を済ませたなら鍼灸院へ戻ってきて名札の製作作業を深夜まで掛かりましたけどなんとか終えました。
 単純に名前をはめ込むだけならいいのですけど、点字でも名前を付けるために正確な読みが必要です。もっとも普通でもこの作業は必要なのですが。
 それで班分けされた表と住所録ソフトと、ラベルライターのソフトの三つを切り替えながらの作業をしていました。

 お盆中に作業を完了させておこうと思ったのに突然の故障で途方に暮れていたラベルライターですけど、滋賀漢方の会員から貸してもらえることになり午前中に届きました。
 接続すればすぐ使えるものと思っていたのですけどどうも別機種として認識されるらしく、何度か接続と切断を繰り返している間にドライバがインストールされて最後は無事に動きました。
 これで残業は必要ですけど、ネームプレートが作成できます。

遺失利益

| コメント(0) | トラックバック(0)

 うーん、これは予想の範囲内とはいいながらも、やはりショックな情報でした。
 自宅建築に関して宅建協会の中央から最低が戻ってくるのに期限はないとのことであり、それを踏まえてこちら側で立て替えという形で土木工事をやり直すというのがあちこちから受けたとおりの最良作のようです。全額戻ってくるのか、不安が残りますけどね。
 そして困ったことに、遺失利益については今回の最低には含まれていないというのです。つまり、工事が遅れれば遅れるほど遺失利益だけが膨れあがるのであり、住宅メーカーのお尻を叩きまくらなくてはならないのです。

 今日は見学が二人入っていて、ベッドが六台ではあるものの助手と会わせると合計五人が治療室を動くことになりますから、かなり人口密度が高いですね。
 いつも学生にはいうことなのですけど、研修会を続けるためには単独で参加するのではなく相棒を作ることです。一人だけだと面倒になったり分からなくなったりするものですが、相棒がいるとお互いに支え合えるものです。
 ということで、特に滋賀県出身の人には会員数を増やすという意味でも相棒を連れてきて欲しいものです。

 それからこれは鍼灸と全く関係ないことですけど、子供の頃には特に地蔵盆には夢中になって遊んだカロムというゲームがあります。
 ボードゲームの一種なのですが、おはじきのように指で弾いた親玉で狙った小玉を四隅の穴へ落としていくという単純なゲームなのですけど、その時々でローカルルールがいくらでも設定できますから大きな子供と小さな子供が真剣に対戦できるという優れものでもあります。
 そして子供の時には全国どこでもカロムで遊んでいると思い込んでいたのですが、実は彦根地区だけに何故か残っていたゲームだと知った時には顎禅でした。でも、うちの子供も夢中になっていますから夢だったマイカロムをお盆に購入して、鍼灸院の二階がプレー場になっていました。

 夏期休暇に入る前にはものすごく時間が使えると思っていたのですけど、いつものことですが過ぎ去ってみるとあっという間のことであり、思ったほど作業が進行していないものです。
 特に困ったのは夏季研の名札をテプラというラベルライターで製作していた途中に故障をしてしまい、それも三分の一も終了していない時点での故障でしたから途方に暮れてしまいました。
 手書きでやり直してもらうかエクセルで宛名ラベル印刷させるか、でも昨日の滋賀漢方の月例会でテプラを貸してくれるという会員がいて、この局面を乗り切れそうです。
 壊れてしまった自分のテプラは、その後に考えてみることにします。

 しかし、腰痛は突然始まったということであり、もし腎臓の方が先に腫れていたなら高熱がでたり微熱が続くなどがあるはずですから、これは腰部を打撲してお風呂などで温めるために腫れがひどくなったのだろうと推測しました。
 けれど本人は打撲をした覚えが一切ないといいます。
 二日目の治療を本実夫なったのですけど、あれほどの自発痛が綺麗に解消して腰も自由に曲げられるようになっていました。本人が気付いていない間に打撲をしていること、良くある話だと説明しておきました。

 今度は鍼灸学校ではなく、看護学校の学生の治療報告です。
 二ヶ月前からの腰痛なのですが、突然に始まって痛みが良くなったり悪くなったりを繰り返していたのですが段々と悪化し、遂に自発痛で動きづらくなってきたので来院です。
 触診すると患部は奥まで腫れており、腎臓まで圧迫している感じでそのように全身倦怠が突然発生したりの症状もでていました。

 昨日は今までの自分の知識とあまりにかけ離れていた鍼灸治療だったので面食らっただけで時間が過ぎていた学生ですけど、今日は腹部を用いての臨床的手法修練の実演を見せたところ、ただただ感心していました。
 それでもまだ治療法については面食らっている感じで、経絡・経穴を効率的に運用するために考え出された道具が鍼やお灸であるという話をしました。
 ちょっと気に入らなかったのは、「この研修会は大阪にもありますか?」というところで、「愚問だ」の一言だけ答えておきました。

 昨日の鍼灸学校学生の治療の続報ですが、予言降り夕方には少し発熱をしていたようですけど喉の痛みは直後に改称しており、度熟睡もできて今朝の体調の変化には驚いたようです。
 これも予言通り熱をこもらせすぎたので咳き込む症状が残ったので、今日の予約を取ってありました。

怒りと苦慮

| コメント(0) | トラックバック(0)

 開催まで二習慣を切っている夏季研滋賀大会なのですけど、昨日は怒りと苦慮でとうとう夕方からは眼球の痛みが発生して来るという状況でした。
 怒りは予期せぬ経費の増大で損益ラインを突破できているはずなのに、ひょっとすると赤字決算になってしまうかも知れないということです。これは滋賀の会長とも競技をして、もし赤字でも前大会の利益があるので今回はみみっちいことをせず次の大会で補填させてもらうという約束で、満足してもらえるサービスを提供することにしました。それにしても外注に出す部門など、あらかじめ予算くらい考えておけよ。交通費についても、かなり節約できたはずなのに、使いすぎです。
 苦慮している部分は、他の地方組織のことをとやかく文句を付けているのではないのですけど、次の開催地なのにどう見ても運営が崩壊状態になっていることです。何度かお願いの連絡はしてあるのですけど、会員の意識レベルまで下がっていてこれは全体で対処するしかないと相談をしています。

 鍼灸師や鍼灸学校の学生が治療に来た時には、私もそのようにして色々なことを教えてもらってきたので順送りということで無料にしています。
 今日は全く面識のなかった学生が来院したのですけど、夏風邪を引いてひどくなってきたので自分でお灸をして、その上にお風呂へ入ったならこじれてどうしようもなくなったといいます。
 「そんなことしたら当たり前やろ」と、いきなり叱られていた学生ですが、数脈の上に冷や汗もでている状態だったので肝虚陽虚証として剛柔を用いて右の三間に一本だけで本治法を終わりました。
 えっ!とビックリする間もなく終わっていた治療に、ホームページを読んできていてもさらに理解ができないという表情でしたが、果たして明日の来院でどうなっていますか。

 自宅の建築許可が下りなかった件について宅建協会で公聴会まで開かれたのですけど、本部へ書類を送って最終的な判断が下ってくるということであり、これには二ヶ月ほど掛かるということです。
 しかし、このような状況を待ち続けていて恥じた苦がいつ完成するのか分かったものでなくなりますし、賃貸マンションの料金など負担が増える一方です。
 そこで公聴会は終わったのですから内容証明郵便を不動産屋へ送って、その返事は待たねばなりませんがこちら側で工事を先行して行ってはというアドバイスがありました。このようなやり方をあらかじめ他からも聞いていたのですけど、異質利益が膨らむ前に決断すべきかと、やはり思っています。

 既に被害のでている地域の方々には申し訳ないのですけど、彦根地方は小雨も小雨でからからに乾ききっていましたから、昨日から景気よく雨が降り出したのは本当に嬉しかったですね。
 今日も明日も台風も台風により雨が降るということで、やっと水不足が解消しそうです。
 そして台風の影響がなく仕事ができていることも、とてもありがたいです。

 今朝はビックリしました。
 6:30に携帯電話の目覚ましで一度起きたのですけど、昨夜が遅かったのでもう少しだけ寝ていようと二度寝をしました。
 いつもなら半時間しない間に目が覚めるのですけど、次に時計で時間を確かめたなら7:36でした。これは慌てましたね、すぐ朝食だけ食べて出勤してきたのですけど、ハッキリ言ってしばらく寝ぼけていました。

 昨日にも一例あったのですが、決して改善していないわけではないものの治癒へのロードマップが安定していないケースで治療側をひっくり返すと、効果が一気に上昇してくることを経験しています。
 それも女性ばかりであり、治療側を右から左へ変更しています。
 左が陽の部位であるという点では納得できるのですけど、それならどうして最初から左にならないのか・最初は右で十分に効果があったのか、これらの点が謎です。治療の前には必ず左右どちらも触っていますから、困ったならひっくり返しているという安直な使い方はしていないのですけどね。

 一昨日に続いて夏期研の実技の班割表を作成しているのですが、参加者の名前がよく分からないクラスでは所属している地方組織が重ならないことと男女比が均等になるように機械的に割り当てています。
 しかし、入門部応用も研修部も一日のみ参加の人だけを集めた班編成を一つ作ることで、二日目はその班が消滅しますから当たるはずだった講師を研究部へ送り込むというテクニックを使うことにもしました。

 そして夕食を満腹まで食べたなら苦しくなって布団へ転がっていたのですけど、普段は家族に取られていて使えないiPadでyoutubeを見ていました。
 iPadだと関連動画を次々に見ていくのがとても楽で、ギャグソングにはまってしまったなら一時間も笑い転げていました。

 昨日の夜は家に一人だけだったので、少しおかずは作って置いてはもらいましたけど自分でもイカのバター焼きを作って、その汁を利用してバターライスと逆におかずを残して置いてあげました。
 イカのバター焼きにはタマネギも入れたのですが、実は最近タマネギを切ってみたくて仕方なかったんですよね。
 というのも、へたの部分を落として皮をむかなければならないタマネギですが今まで最初に包丁を入れる方向を間違っていたので非常に苦労しており、簡単に皮がむけてしまうのがおもしろくて仕方なかったからなのです。

 stap細胞の事件は副センター長の自殺というニュースで、再び昨日から大騒ぎになっていますね。
 実は、今回の夏期研でも「脉状を意図的に作成して修練していこう」という試みを最初は斑上げていたのですが、まずは鍼を用いての研修がメインだろうということでの拒否を受けたのですけど、脉状を誰でも確実に作り出せるところまで実技がブラッシュアップできなかったことから断念をしていて、stap細胞事件の二の舞を免れているようなところがあります。
 今回の夏期研で一番勉強になったことは、自分ができることは誰でもできるものではないということと、同じ漢方鍼医会でも地方組織が違えば中国・韓国・日本のように同じ目的で同じ技術を用いていても考え方の根本が異なっている部分を有しているというところでした。

広島の原爆の脾

| コメント(0) | トラックバック(0)

 広島の原爆慰霊祭をラジオの中継で聞いたのは、何年ぶりだったでしょうね。
 一人で鍼灸院を運営していた時代には時間に合わせて黙祷をしていたのですけど、助手が入るようになってからは掃除の流れがありますから手を止めてということをあまりしなくなっていました。
 今年はたまたまですけどラジオのチャンネルをいつもと違うところにしていたなら中継があり、しばらく黙祷をさせてもらいました。

 午後の治療が空いていた時間を利用して、夏期研での実技班を組み始めていました。
 まずは名前がよく分かる研究部から開始したのですけど、特権を利用して作為的に組んでいこうとするものですからあちらを立てればこちらが立たずで、これだけでしっかり時間を使ってしまいました。
 でも、半分は機械的二ですけど組んでいく法則性が分かってきたので、次のクラスではアイデアもでてきています。

 気温はそこまで高くないのですが、湿気が高すぎて不快指数上昇中の今日ですね。
 ただ、脉状を見させてもらっている段階ではそこまで大きな変化は感じられていません。
 しかし、一つ言えることは心虚証で治療するケースが多いということです。邪論も確かにあるのですけど、心虚証が多いですね。

 ララコールというeoが提供しているIP電話アプリも利用しているのですけど、IP電話のほとんどはアプリを常に起動しておかなければならないというところが弱点です。
 つまり、電池の消耗を早めてしまいますしアプリスイッチャーの管理も面倒が一つ増えます。
 けれど昨日のバージョンアップで待望の通知対応に。常にアプリを起動していなくても着信できるようになりました。これで秋に考えているiPhoneへの乗り換えが、また一つ楽になりました。

 ピアノ発表会の続きですが、娘が頑張ったので今度はお父さんが夕食づくりを頑張って祝福してあげようと、ちょっと久しぶりに台所へ立ってみました。料理は好きなんですよね。
 それで麻婆豆腐の元でパスタを作ると美味しいという話を聞いたので、ぶっつけ本番でチャレンジです。フライパンでタマネギを最初に炒めて麻婆豆腐の元を入れ、ゆであがったパスタも投入して絡めます。
 かなり迷っていたのですが付属の片栗粉でとろみを付けてみたところ、これが大正解でしたね。子供たちがお代わりしながら無言で食べ続けてくれたので、疲れも吹き飛びました。

 昨日は娘のピアノの発表会だったので、休日ですから聞きに行ってあげなければならずそうなると家族総出の大きな行事になってしまいますね。
 問題は弟二人が静かに聞いていられないことで、幸いにも講師が身内ですから控え室を貸してもらえるので、私はそこで息子たちと間接的に聞いていることとなりました。
 そして帰りには公園で思い切り遊んでこないとガス抜きができないのであり、とても疲れたピアノ発表会でした。

 昨日は宅建協会で公聴会があり、私は出席せず住宅メーカーの代理人に話をしてきてもらったのですが、時系列に事実関係を説明してこちらには落ち度がないことが伝えられたようです。
 しかし、滋賀県の宅建協会で公聴会を開いただけでは今回は仲介販売のケースなので裁定が下せないらしいです。
 ここから中央の審議を経て処理が決定していくそうで、まだ二ヶ月近く終結には掛かるような話でした。
 予測はしていましたけど現実はそれほど甘いものではなく、最悪は自宅の着工が年明けにずれ込んでしまうかも知れません。それにしても連絡をずっと待っているというのは、本当に疲れました。

 この夏期研関連の事務作業で時間が取られてしまい、色々と書きたいパンフレットの話題が蓄積してきているのですけど全く手が付けられていません。
 これに加えて自宅建築の許可が下りない問題について宅建協会での審議が今日に行われるため、昨日から気になって仕方がありません
 あぁ久しぶりに肩こりを感じています。

 昨日で夏期研滋賀大会の申し込みが締め切りとなったのですけど、先月の伸び悩みが響いて損益ラインは突破しているものの目標の140を下回り130を少し割り込んだ数字になってしまいました。
 前大会は大幅に利益がでてしまったので途中から贅沢な運営となり、それでもまだ余剰金が多く残ったのですけど今回はプラスマイナスでゼロですね。
 これは消費税増税が大きいことと講師合宿での宿泊者数の増加、そして講師派遣の出張費が前大会の三倍以上も使っていたことでの差額です。あっそうそう、参加費についても軽減しているので、元々の集金額も小さくなっていますね。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。