2014年12月アーカイブ

 他にも鍼灸院をリニューアルしてやっと実力発揮となった書いてみたいことはあるのですけど、昨日に大掃除をしてベッドを動かして床全てのの相似ができるようになったことが最後に大きかったです。
 リニューアル前は伝導ベッドのふっとスイッチが固定されていたので、移動させようとするなら縛って持ち上げながらでないと動かせない状態だったものを、引きずらない程度に持ち上げるだけで簡単に移動できるようになったのです。
 えっ、昨年の大掃除では?ですけど、これは10月31日にベッドを入れ替えてもらった時に相似をしてしまいましたから、省略で良かったのです。

 しかし、助手は最初からもう一人入って来ることが決定していたので、昨年度のようなマンパワー不足に悩まされるということはありませんでした。
 おかげさまで一時間に六人ずつの診療ができるようになり、駐車場を拡張してベッドも一つ増やした実力が、やっと発揮できるようになりました。
 年が変わって春まではまた助手が一人にはなってしまうものの、午前中は副院長が復帰してくるのでさほどパワー不足にはなりません。さて次の助手がそろそろ決まってくれればというところです。

 昨日で無事に、2014年の仕事を終えさせて頂くことができました。
 今年は残念ながら春先に入ったばかりの助手をわずか二週間で解雇という結果にはなってしまいました。こちらとしても申し訳ない気持ちでは今でもいるのですが、適性検査をパスしたとたんになまけて勉強の準備をしてこなかったのですからやはり本人の責任です。
 その後は介護職の研修を受けるという連絡まではもらったのですけど、頑張ってくれることを願うばかりです。

 今は次男が冬季集中練習に参加しているプールからの書き込みです。
 「こんな朝早くからプールを開くことができるんだ」というよりも、子供たちだけで使っているのはもったいないので付き添いの親にも開放して欲しいというのが感想です。
 「普段運動不足のお父さんお母さんも一緒に入れますよ」というふれこみで募集をしたなら、もっと参加者が集まるのに・・・。

 ポッドキャストを楽に聞くために自宅の方のパソコンへiTunesをセットアップして二週間、まだまだこの習慣には慣れていませんね。
 今朝は持ち替えることは忘れていなかったiPod nanoに同期させるところまではしていたのに、朝も昼も鍼灸院へ持ってくることを忘れてしまっていました。
 来年になったらこのパソコンは鍼灸院と自宅で入れ替えることになっているので忘れることはなくなるのですけど、またiPhoneで臨時に流しています。

 仕事の終わっている企業が多いためか、出勤してくる時に道路を通っている自動車の数が半分以下だということに気付きました。
 昼休みにも外へ出ていたのですけど、やはり自動車の数が少ないですね。出も、デパートは昔のようなまとめ買いはないのに、人は多かったです。
 でも、電話は今日ではなく29日の文ばかり予約が入るので、ちょっと心配です。

 会社や役所は今日で仕事納めのところが多いらしく、夕方の患者さんは揃って早くに到着されています。
 ほっとした表情の方がほとんどなのですが、大きな病院も今日で終わっていますから鍼灸院の出番は明日からも続きます。
 毎年のことですけど30日の午前中まで、診療させて頂きます。

 患者さんには様々な職業の方がおられますので、弁護士さんに建築中の自宅で発生したトラブルについてのことを、他の患者さんがいなかったので聞いてみました。
 私から口で説明しただけですから何とも言えないというのが本音とは思いますけど、「そのままで建築できる」「建築できない」という説明がありましたか?ということで、私たちは「建築できない」という説明は一度も聞いたことがありません。
 聞き合わせの段階から住宅メーカーにも付き添ってもらって不動産屋へ出向いているのですから、住宅建築が目的であることは明白なのに「本人が申請しないと判明しない事項だから」は、仲介業としてはないでしょう、やっぱり。

 昼休みに水泳へ出かけてきたのですが、朝からミゾレ混じりでははあったものの雨が止んでいたはずなのに、また降り始めたところでした。
 傘を差して歩き出したならすぐ風邪が強くなり、ビバシティへたどり着く頃には台風並みのすごい気象状況に。「よくこんな費に出かけてきたものだ」と、自分でも感心しました。
 建物の中は平然としたものですから普通に泳いできたのですけど、外へ出てくると「あれは一体何だったのだろう」というくらい、暖かくなっていました。

 しかし、朝からお昼までずっとiPhoneのことを気にしていたのでは、ここ最近では本当に電話の数が少なく仕事に隙間がありました。
 それを利用して年賀状を完成させたりパンフレットも作ってはいるのですけど、やはり本業に集中せねばいけませんね。
 まぁそれでも滲潅さんの予約も入っているわけですが・・・。

 午前中に、副院長のiPhoneが無事起動をしました。今回はsimカードも自力で院長が差し込み、電話関連のチェックも済ませました。
 これでフェイスタイムオーディオを使えば通話料金不要なので、今まで通りトランシーバー代わりに連絡ができます。
 まだ色々と使い方をレクチャーせねばならないのですけど、格安運用となりました。

 今日から副院長のiPhoneも開通するというメールが届いていました。昨日からガラ携が使えなくなっていたので、手続き中だということは以前の経験で分かってはいたのですけどね。
 それと同時に「3分0円キャンペーン」を行っていた電話サービスが、キャンペーン終了というアナウンスも。これ便利だったのですけどね。
 ということで、副院長の電話アプリからはこのキャンペーンのアプリはあらかじめ削除しておくことにしました。

 今日はずっとベッドの隙間無く診療が奨められてきたのですけど、夕方に空き時間ができると一気に眠くなってしまいました。
 昨日が法事であり、午後からは休憩を挟んで夜まで飲んでいた疲れもあったでしょう。
 でも、それ以上に朝に書き込んだような六年前を思い出しての疲れに思います。

 やっと副院長の携帯電話をiPhoneへ切り替えるためのMNP転入手続きが、こちら側では完了しました。審査も、まず問題ないはずですし。
 自分(院長)の時には初めての手続きであり、どうしても早く使いたいという欲求もあったので途中のステップを覚えていないのですけど、そしてiPhoneに装着して動作した時の感動。
 既に端末は用意できていて院長のsimカードを使っての接続テストは済んでいるので、以前のようにトランシーバー代わりで使えるようになるのももうすぐです。

 今日は飛び石連休の中日なのですが、ちょうど六年前は曜日のならびが同じであり、忘れられない思い出があります。
 それは母親がくも膜下出血で、夕方に急死をしていたことです。
 あの年は予約状況がばらついていたのですけど飛び石連休の中日だったので一日動いており、そこへの出来事でした。同じくらいの気温ですね。

 雪から今日は雨になっているのですけど、何が関係しているのかは不明ですが邪論での治療が目立ちます。
 これがまた菽法の高さピッタリに脉状を整えられるので、こちらがビックリなのですが・・・。

 一昨日の積雪から今日の予約に振り返られた方が多く、最近の土曜日としては珍しく途切れることなく仕事が進んでいます。
 でも、今夜は「にき鍼灸院」の忘年会があり、外部からも参加される人がいるのであまり仕事がずれ込んでくれるのも困りものなんですけどね。
 もちろん余裕を持って時間は組みんでありますので、治療をお断りするようなことは一切ありませんが。

 昨日の積雪が凍り付いていないかと朝は心配していたのですが、全く凍結はなく緩い状態だったので安心しました。
 その分だけ今日は来院されるのもほぼ普通の状態であり、二輪の方も普通に来院されていました。
 こういう時に駐輪場が独立してあること、とても便利なのです。

 それから午後になると三人も新しく申し込まれてきた患者さんがおられて、道路が回復しているとはいえ身が引き締まる思いです。
 多少交通事情が悪くても治療をというのですから、一つ一つの治療に心を込めてと改めて思いました。

 午後になると降雪も止んで、大きな道路路であれば普通に自動車は走れる程度に交通が回復してきました。
 といつても我々は鍼灸院の中で待っているのだけなのですが、時間通りに来院していただけていました。
 さすがにベッドは四つに絞っての治療となりましたけど、四つあるということは本当に楽です。

 それと今、ブログを記述していてふと思い出したことがあります。
 小さな頃は雪が降るととても嬉しかったのですが、高校生くらいにはどう思っていたのだろうか?まだ嬉しかったと記憶しているのですが、さすがに専門課程にもなるとありがた迷惑に感じていましたね。
 そして二年生の今頃の期末試験では大雪の上にお灸の実技試験があって、高熱も出ていました。そこで無茶苦茶な理論構成で魚際へ軽く毫鍼を当てたところ、数分も経過しないのに風邪が治癒した経験、これが私の初めての本治法だったわけです。

 覚悟はしていましたけど、今日はとうとう大雪になってしまいました。年末はスケジュールが大幅に狂ってしまうので、嫌だったんですけどね。
 そして昨日の午後が急信だったので鍼灸院にいなかったことから、もしかして水道が凍っているのではと早朝から見に来ると、やはり凍っていました。
 ありがたいことに午前中のまだ雪が降っている状態でも患者さんは来院されており、幸せな職業だと実感します。

 昨日から視覚障害者センターに頼んで、Windows7と8.1のノートパソコンを一晩貸し出してもらっていました。
 テストさせてもらっての結論は、やはり譲り受けたデスクトップパソコンでは仕事には使い物にならないということでした。
 本当に快適に動いていましたし、音声の大きさも違いすぎます。もっともWindows7というOSは、非情に重たいものだということが分かりましたが。

 北海道では外出を控えるようにいわれるくらい、今日は真冬の寒さと台風の風が合体した厳しい天候になっています。
 そのような起床であり年末なのに、予約の電話を朝早くから頂けるというのは本当にニ幸せなことです。
 しかも、新患さんが複数あるというのは鍼灸治療への需要がそれだけ高いという証拠です。それだけに後進育成も含めて、そろそろ来年度の助手を決定していきたいですね。

 明日からは最大級の寒波襲来で警告が流されているのですけど、まだ彦根地方では雨が降っています。しかも大雨です。
 昼休みにはどうしても銀行の振り込みをしておかねばならなかったので比婆時ティへ出かけてきたのですけど、靴に雨水かが染みこんできたほどです。
 それにしても、やはり年末の慌ただしさに売り場はなっていましたね。

 今朝は出勤してくるのが少し遅れてしまい、モップかけの掃除は予定通りこなしたのですけど録音図書をじっくり聞いているという感じではありませんでした。
 うーん、気が付いたなら選穴論について歴史的なところから解説されていたので、明日の朝は最初に戻ってじっくり聞きながら掃除をすることにします。

顎関節症

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日はどうしたことか「顎」の痛みを訴えられる患者さんが、三人も来院されました。
 顎関節症は特別な症状ではなく頻繁に遭遇しています。治療は肩こりと同様で可能です。
 しかし、自発痛のあるケースというのは初めて遭遇しました。幸いにも、肩こりと同様の治療で、うまくいっているようです。

 やっとwindows7パソコンからもメールソフトとが使えるようになり、「どうしても」という不便さは解消できました。
 しかし、このデスクトップを使っていると頭痛が発生してくるんですね。
 それとキーの打ち込みが、私のスピードにスクリーンリーダーが付いてこられないのかパソコンの方が付いてこられないのか、やっぱりかなり使いにくいです。

新幹線の中は

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は漢方鍼医会本部の月例会に参加してきました。行きの新幹線では日差しが暖かく、思わず居眠り錠帯でした。
 そして月例会後には忘年会があったのですけど、最初の愛差と津をしろということで、急に締めの挨拶からの変更でしたから何を喋ったのかまだ酔ってもいないのに覚えていません。
 そしてしっかり飲みましたから、帰りの新幹線は東響を出発したなら品川も知らず、米原まで爆睡でした。

 「こりゃあかん」と思っていたWindows7パソコンですが、いつもシステムをカスタマイズしているのでよけいなプログラムをとりあえず削除してみようと思いました。
 すると、先ほどはよけいな情報を読み上げまくってとても風呂具への書き込みなどできる状態でなかったものが、ほぼふつうにできるようになりました。
 うーん、廃棄するかもう少し使ってみるか、微妙なところです。

 先週に続いて雪の降る前の一番寒い状態になっているのですが、治療室の中はとても暖かい状態が維持できています。
 要因は事務スペース奥野暗幕をマジックテープで固定しているのですが、昨年の冬は一番大きな開閉部分のみを固定していたのですけど、その後にロッカーとの間も固定するようにして必要なら床とも固定を追加しているからです。
 それもマジックテープの方が強すぎて壁からテープがはがれてきていたものを、業務用のホッチキスで固定してもらったので機密性が高くなったのが大きいですね。

 先程はWindows7パソコンから書き込んだのですけど、日本語入力まで変更牛手帳制をしたのに、まぁひどかった。
 やはりスクリーンリーダーの挙動がおかしいとか反応が鈍いのではなく、パソコンそのものがものすごく緩慢だとしか言えません。普通にページを表示するだけで1分くらい掛かってしまうのは、アナログモデムを使っていた時代より遅いくらいですからね。
 やはり廃棄させてもらうしか仕方がないようです。

 今回は初めて、譲り受けたWindows7デスクトップパソコンから書き込んでいます。
 しかし、私の打ち込みスピードがあまりに速いこともあってほとんどスクリーンリーダーが入力についてきてくれていません。
 入力メソッドはATOKに変更したので問題ないはずなのですけど、音量も相変わらず小さくて残念ながら廃棄を考えています。

 もう一つパソコン関連の話題で恐縮ですが、iTunesと接続しなければぽっどきゃすとを聞くのが大変不便であり、iPhoneのバックアップもなければ不安ということで自宅のパソコンを使ってセットアップをしていました。
 アップルIDの登録など眼を借りなければ難しいかと思っていたのですけど、ここは簡単に通り過ぎました。
 ところが、iPhoneとパソコンを同期させようとするのですけどこれがうまくいかず、ほとんど一日費やしてしまいました。やっと同期中です。

 仕事のことと自宅のことで本当にて一杯なのですけど、そこへパソコンの入れ替え作業が割り込んでくるので疲れていますね。まずは、もらったWindows7パソコンの動きがあまりに緩慢なのでこれはスクリーンリーダーによるものなのかパソコン本体によるものなのか、相談をしたところテストパソコンを貸してもらえることになりました。
 来週にテストパソコンへスクリーンリーダーをインストールし、動きについて検証をします。パソコンそのものが遅すぎるのであれば、残念ながら廃棄させてもらってMac miniを導入することになるでしょう。

建築許可

| コメント(0) | トラックバック(0)

 夕方に建築許可が正式に市役所から下りてきたということで、来週になると自宅の基礎工事がいよいよ始まることになりました。まだ問題の本質は解決していないのですけど、ここまで長かったですね。
 後は大雪などで大幅な幸司の遅延さえなければ、来年の3月25日に引っ越しをするという打ち合わせをしてきたので、そこへ向かっていくだけです。

 二週間近く頑張って取り組んできた、譲り受けたデスクトップパソコンなのですけど、結局はWindows7環境では使い物にならないと判断しました。
 今までとは違うスクリーンリーダーを入れたので音声の立ち上がりがどうしてもワンテンポ遅く、その点で動きが緩慢に感じられる部分はあるのですけど、それ以上に動きが緩慢すぎて仕事上ではどうしても使える代物ではありませんでした。ウィルス対策ソフトが、準備画面だけで次へ進まないのです。最新モジュールもインストールの途中で居眠りしてくれますし、ホームページも簡単な画面なのに次がなかなか表示されません。
 これを使い続けるというのは、ストレス以外の何者でもないですね。もう少しだけテストしたいプログラムの練習をさせてもらい、廃棄するかXPに戻してお返しするかです。

 昨日は岐阜で新しいデザインの"ていしん"を試作してもらえるように頼んできたのですけど、その前に以前の作品で臨床追試ができたなら製品化しようと思っているものがありました。
 こちらについてもシサクヒンヲと頼んだなら、奥から既に完成しているものを持ち出してきてくれました。ついでに造り増ししていたのだとか。
 五本もらってきましたから追試はバッチリできるのですけど、製品として売り出す時には一本が一万円になるとか。全くの手作りなので、手間が掛かりすぎるためこの価格は下げられないらしいです。また一つ困りごとが増えましたね。

 岐阜のイトウメディカルショールームでの"ていしん"試作品についての打ち合わせは、予想を裏切る形で充分に時間を作れた状態で話し合いができました。
 三角錐状でおしりをえぐってある形状の数年前に試作したやつですが、製品化の前にまだ臨床試験が残っているので追加発注をしたところ、あらかじめ津作成してあったものがあったので五本もらってきました。
 ところが、販売予定価格を聞くと「全て手作りで機械に任せられる部分がありませんから」と、一万円でもきついという話が・・・。一本購入すれば一生ものだとはいいながらも、これでは二の足を踏んでしまいますよね。

 それから今日も見学者があったのですけど、前回と同様に覚悟が足りないというか「教えて欲しい」「勉強したい」という姿勢で、「修行をする」というスタンスではないのですね。
 助手へ入るということは下積み修行をするということであり、それ位しないと技術というものは身に付かないというか盗めないというか、身体へ染みこませることなどできないのです。
 それが嫌なら自らの手で技術を磨くということになるのですけど、そのやり方だと果たしてどこまで身に付くのか逆に大きな掛けに私は思います。

 今は東海道線でも、米原から大垣の間の普通電車の中からの書き込みです
 これから岐阜のイトウメディカルまで、新しい"ていしん"を製作してもらうための打ち合わせに出かけるところです。
 ついでにショールームはセールの日で、10% OFFということですから、やっぱり何かを買い込んでしまいそうでもありますが。 

 昨日にネット接続までたどり着いたWindows7のデスクトップパソコンなのですが、搭載されているメモリが少ないので動きがあまりに緩慢であり各種の実験も一通り済んでOSの構造もそこそこ把握できたことから、今朝から32bitでのリカバリをしています。
しかし、ちょっと慣れてきた頃の悪い癖でさらにいじり回していたなら、再起動させると全く音声が出なくなり、もう一度リカバリ中です。
 もう次こそ、仕事に使える状態にせねば。 

 明日に岐阜のショールームへ出かけて「邪専用」のていしんをまず製品化してくるのですけど、ここ数日になって手法を切り替えてからの患者さんからの反応が本格的に戻ってきています。
 特に女性の患者さんは、今まで痛みが瞬間的といいながらもあった手法が痛みを与えずに治せるようになったので、余計に不思議という顔をされています。
 一方で男性の患者さんは、「少しくらい痛くないとやってもらった漢字がしない」という反応があるのですけど、楽に治る方がいいのには決まっていますし、まぁやって欲しい人には従来の痛みを伴うやり方でも構わないでしょう。午前中には、意識してそのようにした患者さんがおられましたし。

 「降りて当たり前」のことだったのですけど、ようやく自宅建築の障害となっていた接道の改修工事が終わり建築許可が出たという連絡をもらいました。これで来週から基礎工事が始まります。
 でも、市役所の指導通りに幸司はしたのですけど、この幸司の指導が出てくるまでに二転三転しており、いたずらに時間を費やしてもいました。
 さらにさかのぼれば現地を確認せず生返事をしたことからトラブルが始まったのかも知れないということで、市役所への責任追及をこれからやって行かねばならないでしょう。

 今日のプールは先週があまりにオーバーワークだったので泳ぎはセーブしようと出かけたのですけど、混雑していた上に先に泳いでいる人のスピードがあまりに遅く、たった100mで上がってきてしまいました。
 その分をジャグジーでゆっくりしようと思っていたなら、これがぬるい。サウナへ移動してもぬるめであり、ドレッサールームの方のサウナは厚すぎました。
 汗をしっかり出そうとサウナへ長く入っていたなら、泳ぐよりも疲れを感じてしまいましたね。

 午後にはまとまってパソコンへ迎える時間ができたので、やっともらったWindows7のデスクトップをインターネットへ接続させることができました。
 しかし、まだ接続できただけの話であり全く使い物になっていません。特にホームページを閲覧するための操作が分かっていません。
 全般的に動きが緩慢であり、さらに追い打ちを掛けるようにスクリーンリーダーの音声のキレがないので、使い物になるのかまだ不安です。

 そのマニュアルを読んでいての、バカな笑い話です。
 テキスト形式のマニュアルをメモ帳で読み上げさせているだけなので極めて軽い処理のはずなのに、パソコンをしばらく使っていると空冷ファンが最高速度で回り始めてしまいます。
 「えっ、なんでやねん、ネットにまだ接続してへんからウィルス感染はないはずやのに」と不思議に思っていたなら、本来縦置きのものを横置きで使っていてモニタを乗せている部分が吸気口を塞いでいたのでした。モニタの位置をずらせたなら、すぐ冷却ファンはおとなしくなりました。

 今日の予約が空いた時間を利用して、Windows7に使うスクリーンリーダーのマニュアルをまじめに読むことにしました。
 それなりにOSの構造はわかり始めたのですけど、やはり説明を一通り聞いた方がしっかり分かるということでありますし、便利な機能を知らずにわざわざ不便な状態で使うこともないと考えたからです。
 やっぱり、この手のものはマニュアルを読まないとダメですね。windows98のと気には強引に奨めてしまいましたけど、まだパソコンが普及している途中だったので初歩的な情報も定期的に流れてきたのでマニュアルが不要だったのかも知れません。

 彦根地方では例年より一週間から二週間も早い初雪となり、積もることこそしていませんけど朝からミゾレが降り続いています。
 初めての厳しい寒さですからキャンセルの連絡の方が多いのですけど、それでも普通に自動車に乗れる方は予定通りに来院して頂いています。
 次の雪にはもう少し慣れるのでしょうけど、やっぱり寒いですね。

 その見学者に今後のアドバイスとして、次のようなことを話していました。最初は弟子が師匠を選び、次は師匠が弟子を選ぶ。
 例えば落語家になりたいと思ったら、「この落語家さんに弟子入りしたい」とまず考え、そして入門させてもらえるように頼みます。師匠となるべき落語家は向こうからやってこなければ弟子などできないのですけど、誰でも弟子にする(できる)わけではないので、人の見極めをします。つまり、相思相愛にならないと師弟関係とはならないのです。
 ですから、入門を希望する側は「入門を許可してもらえなかったなら首をつります」くらいの覚悟で徹底的に師匠になって欲しい人のことを調べ、信頼してからでないと入門の願いなど出してはいけないのです。

覚悟

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は見学者があったのですけど、うーん、残念というのが率直な感想でした。
 修飾の希望もしているなら、漢方鍼医会で既に勉強していてそれなりに実技経験もあるのならいざ知らず、せめてこのホームページ上に公開してある基礎理論くらいは読破しておいてもらわないとね。
 女性の方が社会的立場の不利を克服してでも鍼灸師を目指そうというのですから最初から覚悟のある人が多いのですけど、男性は単純に職種を選択しただけという安易なところがあるのか覚悟のない人が目立ちます。
 目先の金銭を目的では、鍼灸という職業は続けられる業種ではないこと、業界内に伝えたい気持ちになりました。

血熱への治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

 製品化を計画している「邪専用」のていしんですが、臨床追試で血熱に対する効果が著しいことは分かっていたのですけど、決め手が欲しかったのですがその治療に出会いました。
 高い場所から転落をしてあちこちに打撲のできていた患者さん、部分的にまだ熱を持っているので邪専用ていしんを当てていくと、おもしろいくらいに熱が取れていきます。
 大腿骨の亀裂骨折も間違いないところなのですが、家の中なら立って移動できるまでに一気に回復をしてくれました。

 昨日は午後から出発して舞鶴との間を往復していたのですけど、高速バスを利用していたので京都駅まではとても快適な旅でした。
 しかも、まともな夕食の時間がなかったのでバスの中へ色々と持ち込んで一人で宴会をしていたのであり、それだけでも目立つ行動なのに白杖を持ちながらトイレにも通っていたので乗り合わせていた人たちの視覚障害者のイメージを、かなり変更させていたのではと思います。
 そして今日は、疲れも見せずに昼休みに泳ぎ混んでいました。

 いやはや、新幹線の中ではテーブルがあってパソコンの打ち込みとしては集中できるいい環境なのですが、高速バスは揺れることは仕方ないのですけどテーブルがないので打ち込みにくいですね。
 集中できる環境ですから仕事を持ってきたのですけど、参りました。
 帰りも京都駅までは高速バスなのですが、缶ビールを飲んで寝てしまいそうです。

 今は京都駅から舞鶴へ向かう、高速バスの中からの書き込みです。iPhoneのテザリングで接続中です。
 今日になってバスの予約を入れたものですから電車を降りてからチケットを購入せねばならず、以前に子供とチケットセンターへ行ったことはあるのですが今日は単独歩行なので時間もないことから冷や汗ものでした。しかも電話も掛かってきますし。
 さらに驚いたことは、電車の中で気持ちよく居眠りしていたのですけどハッと気付いてアナウンスを聞くと「きょうと・きょうと」、リュックを抱えた状態で座っていましたから飛び降りることができましたけど、ビックリしました。

音が小さい

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ本格可動には至っていないWindows7のデスクトップパソコンなのですが、出力されてくる音が小さいのに困っています。
 企業向けモデルなので音のことなど堂でも良いという漢字なのでしょうけど、スクリーンリーダーで操作するには充分な音量がどうしても必要です。
 外部スピーカーを自宅から持ってきたのですけど、電源不要のタイプだとパソコン側の出力に依存しているので余計に音が小さくなるのでダメでした。
 うーん、このパソコンはやっぱり困りものです。

 昨日からの寒さは、もう手袋なしでは白杖が持てないというレベルであり、机の引き出しに締まっておいた手袋を取りだしてきました。
 取り出して思い出したのですけど、そういえばこの手袋は前の冬に買い直したものであり、頼んで買ってきてもらったのですけどスマートフォン対応のものでした。
 多分、この手袋を付けたままでiPhoneを使いまくるということはないと思うのですけど、一度は試してみたいという消導に突き動かされています。

 今年に結婚された神昏さんだということは知っていましたし、赤ちゃんが普通に欲しいということも知っていた人なのですけど、まだ脉診もしていない間に「つわり?」と冗談で尋ねたなら本当でした。
 いくら住んでいるところも近くといいながらも、寒波で急に寒くなった初日に電話からすぐ来院されたなら、我慢できない症状だということは分かるのですけど本当に当たってしまうとは・・・。
 でも、おめでたいことですから応援していきます。

 今日は体調が戻りましたので、午前中の診療はいつもと同じペースで時間に遅れないように奨めることができました。
 二日酔いという本当にバカなことで、「健康」のありがたさというか大切さというか、ちょっとした体長変化がこんなにも影響するのだと身に浸みてしまいました。
 私の身体は家族のため・助手のためでありますけど、それ以上に患者さんのためにあることをもう一度確認させてもらった次第です。

 体調不良に会わせてくれたかのように、今日の午後にはまとまった空き時間ができたので体調も戻ってきたことからWindows7のパソコンを使いこなせるように探検をしていました。
 シャットダウンのやり方だけは土曜日の夜に確認しておいたのですけど、やっとスクリーンリーダーの読み上げ速度を上げることができ、イライラが少し解消です。それから全てのプログラムの出し方が分かって、どんなものがあらかじめ入っているのかも分かりました。
 そして手間を省くために少しだけ視覚障害者センターへ電話をして、スタートメニューが二階建てになっているとわかり、これで一気に操作ができるようになりました。今週中には、ネット接続もできるでしょう。

 今朝は二日酔いで頭痛がしているという書き込みはしたのですけど、その時点ではそれ以外に特に体調が悪いということはありませんでした。
 ところが、パソコンを閉じたと同時くらいから何故か吐き気がしてきて、すぐ自分で治療をしたので出勤してくることはできたのですが、午前中は非常に苦しかったです。通常のペースで仕事ができたのは夕方のみで、発熱しているような時間帯もありました。
 今年になってから一時間に6人枠で予約を入れていると、少し体調を崩しただけでこんなにも苦しむとは、身に浸みました。二日酔いは、絶対、きっと、多分もうしないでしょう。

 昨夜は子供二人と回転寿司に出かけていたのですが、美味しく食事できたことはよかったのです。待ち時間にもiPhoneで妖怪ウォッチを見ていましたから、退屈せず済みました。
 ところが、ビールの次に日本酒を頼んだのですけどお代わりが出てこない。あまりに遅いので催促をするとすぐ出てきたのですが、実はお代わりが既にテーブルの上にあったことに気付いていないというか、先程は店員さんが黙って配膳していたのでした。
 重複してしまったものは仕方がないので、子供の終わりに合わせて急いで飲み干したなら今朝は頭痛がしています。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。