2015年11月アーカイブ

 先週金曜日に投稿したお気の毒としか言い様がないのですけどでの患者さん、明くる日はまだ痛みがそれなりに強かったようなのですが昨日から激痛が解消し、今朝は笑顔で来院されていました。
 痛みが再発した経過をもう一度問診すると、やはり上の子供さんが授乳中にのしかかってきていたようで赤ちゃんを押しつぶさないように力を入れていたらしく、それだったなら筋力が落ちているところなので骨盤がずれても仕方ないだろうという結論でした。
 今朝からは私の方がぎっくり腰だという話もしていたのですけど、お互い変に共感する話でしたね(苦笑)。

 午後の時間を利用して、私の腰を助手に状態確認してもらうと、やはり急性の腰椎ヘルニアになっていました。私自身も手を伸ばしてみると、見事なヘルニアでした。
 それで痛みの方は円皮鍼さえあれば仕事ができるのですから、逆に円皮鍼を打ち込む箇所を人体実験することにしました。本格的な治療は、明日へ延期です。
 反応のある箇所が四カ所あったのですけど、下から順番に円皮鍼の効果を確認です。ちなみに今朝は理論通り経絡の流注を確保するように一番上の反応へ打ち込んでおり、へっぴり腰からまっすぐになったことは前エントリーで書いたとおりです。
 一番下は痛む箇所よりも下側で、これは全く効果がなし。次のものは痛む箇所と同じ高さであり気持ちよく痛みも減少しますが、へっぴり腰のままです。次はかつてぎっくり腰があったのかも知れないという箇所ですから、全く効果なし。最後に今朝と同じ箇所へ打ち込むと、へっぴり腰からまっすぐに姿勢がなりました。
 今は実験で、下から二番目と四番目の二カ所へ円皮鍼を入れているのですけど、理論的には極力流注確保にとどめておいた方がいいのでその立証実験をしているというところです。

 応急処置としては本治法を肝虚陰虚証として右偏歴へ衛気の手法を行ったのですけど、中心に感じていた強烈な痛みはこれで動けるようになりました。
 ところが夕食後は骨盤がずれただけでなく明らかに腰椎までずれてきている、すなわち急性の腰椎ヘルニアになっているので本治法は同じように行いましたが、まずは安静にすることが第一と布団へ入ったわけです。
 朝に目覚めて自分で骨盤を揺らすように運動をしていると腰椎が音を出して整復され、これで起き上がれるようになりました。
 しかし、朝は椅子に座っていれば自発痛がわずかなのですけど立ち上がるのがものすごく苦痛であり、へっぴり腰から姿勢がまっすぐに伸ばせません。ここで円皮鍼を左右に一本ずつ入れてもらい、まっすぐ立てるようになりました。
 いやはや、円皮鍼の効果は絶大ですね。

 今日は私の方が腰痛になっています。といっても仕事は普通にしているのであり、痛みに顔をゆがめるほどのレベルは既にクリアしています。
 ぎっくり腰が発生してきたのは昨日の朝食時であり、応急処置をしたなら午前中は鍼灸院の待合室の掃除をしていると少し痛みが強くなったのでもう一度治療をして、その後は約束をしていたので子供と映画に出かけていました。
 この映画の時に座り続けていたのが悪化の要因で、帰宅したなら段々と本格的な痛みになって左下肢も少ししびれてきたような。夕食で座っていると下肢が動かしづらいのでその後はすぐ休みました。

 昨日からまたニュースが出てきていて今朝などはトップで報道しているところもあったのですけど、東京の接骨院で行われていた不正請求による保険料の需給については、今後大きな問題になっていきそうです。というより、今まで医療関係ということで政治的に手の出しづらかった部分に自らしっぽを出してしまったので、一網打尽にされてしまう可能性が高いでしょう。
 以前から指摘されていた、「部位回し」という治療期間満了になると次の部位で引き続き請求をする方法や、保険料が入ってくるのは数ヶ月後なので立て替え払いをする仲介業の存在とそこがやっている水増し請求と元の段階で当たり前に行われてきた水増し請求、そして今回は芸能人も多く関与することになった保険証の名義貸し。
 何が一番問題かというと、パソコンで作成した書類だけで実際の診療が行われていないのに暴力団の資金源になってしまっていたこと、今後もなりやすいことです。
 「今後もなりやすい」というのが一番の問題で、接骨院の関係者はこれから相当にというレベルではなく、ものすごい逆風にさらされてしまうでしょう。医療というものは「技術」が全てなのです。もちろん人格が必要なのは、前提条件です。

 ぎっくり腰の治療には相当な自信を持っているのですが、今日はお二人も治療のリターンがあってちょっとショックでした。
 「痛みがないのは痛み止めのためであり数日は気をつけて使ってください」と必ず注意はするのですけど、痛みを感じなければオーバーな行動をする習性がありますし、油断をしてつい使ってしまうという事故のようなケースも今までにはありました。
 お一人は赤ちゃんへの授乳が必要であり、治療から帰宅して授乳させているときに上の子供にもちょっかいを出されて、骨盤が大きくずれてしまったようです。交通事故のようなものですからお気の毒としか言い様がないのですけど、本当に気の毒です。

 今日の午前中は、パートさんのガラス割れを起こしてしまったiPhoneへ対処をするため、パソコンへのバックアップ方法がわからないということなのでノートパソコンを持ってきてもらい操作を代行していました。
 NVDAのポータブル版を作成しておいたのでインストール不要でスクリーンリーダーを動かすことはできたのですけど、どうしたことかインターネットへの接続ができずに仕事の合間の作業ですから一時間くらいつまずいてしまいました。結局私のiPhoneからテザリングをするという裏技。
 無事にiTunesへのバックアップは完了したのですけど、それにしてもパソコンがvistaだとは思いませんでしたね。XPは未だに需要が高いと思うのですけど、まさかのvistaでした。

 午前中はパートさんがいるので電話応対も受付も体位変換もしてもらえますから予約枠を目一杯に使って余裕がありますけど、午後は助手が一人だけですから私もローラー鍼や円鍼を担当するなど時間節約のためには色々とやります。
 色々とやることに不満はないのですけど、不満があるのは予約枠を目一杯に使えないことです。これは施術者側だけの問題ではなく、患者さんの利便性にも関わることですね。
 今は本治法での選経・選穴に迷いがないので、これだけの人数をこなしていても疲れた感じがありません。毫鍼を使っていた時代には迷い始めると迷路であり、随分と疲れていましたね。

 午前中のエントリーの続きになりますが、午前中から電話予約で午後の枠が次々に埋まっていったのですけど午後もさらに埋まっていきます。
 「こうなったなら隙間がなくなるまで埋まればいいのに」と思っていると、本当に電話がかかってきて埋まってしまいましたからこちらの方がびっくりです。
 11月で40人を超えるという経験はかつてないことであり、今はまだ偶然が重なっている傾向が否定できないのですけど常に40人を超える鍼灸院が見えてきた感じです。

 昨日は定時よりさらに早く診療が終わったのですけど、今日はその反動みたいな感じでどこかの予約枠がキャンセルや変更になってもすぐ次が入ってくる状態でした。
 本治法はすぐ決定し流れとしても悪くなかったのですけど、ぎっくり腰の急患さんが多く最後の痛み止め処置に落とし穴がありました。
 痛み止めの主薬は円皮鍼で、膀胱経の流れが急に阻害されている箇所ですから背筋の硬さが急に変わっている箇所へ打ち込むのですけど、通常は触覚訓練を兼ねて助手に任せているのですが私しか問診をしていない患者さんでは任せられないので直接行っていると、これが全体を遅らせてしまう原因に。やはり助手は二人いてくれないと不便です。

 最近また話題を提供してくれているロボット掃除機君、隅っこの吸い残しが舞い上がるのか壁に以前はなかったほこりの付着が目立っていたので掃除のパターンを昨日に変更して夕方に走らせてみました。
 標準的な「てきぱき掃除」で通常は問題ないのですけど、「隅々掃除」というパターンに変更してみたわけです。名称通り、丁寧モードです。
 今朝にその結果を見に行ってみると、裏口にある下駄箱をなぎ倒したところで停止をしていました。掃除そのものは成功していたようですけど、予約時間にスタートするところを見ているとまずは壁に沿っての掃除を優先している感じです。さてさて、次の結果はどうなっていますか。

 今日は水曜日ですから午前中のみの診療であり、水曜日は電話が少なめなのは以前からのことです。
 でも、先週の土曜日の段階で既に当日枠を残しては全て埋まっていたはずなのに、なぜかキャンセルや変更が相次いで結局のところ定時よりさらに早く終わることができてしまいました。
 それで銀行で両替を済ませて次男の幼稚園バスのお迎えも代行し、ゲームセンターもつきあってうどんを食べましたから残るは昼寝だけと思っていたなら、鍼灸院にやってきてiPadでまたゲームをするのだそうです。もう勝手にしておいて、こっちは昼寝をしますから。

 かわいそうなパートさん、今日の仕事が終わって帰る直前に鍼灸院の建物内なのにiPhoneをを落としたならガラスが思い切り割れてしまいました。
 昨日に私が使っているのと同じものが欲しいからということで、ちょうど二つ新しいケースを注文してありましたから一つ分けてあげたところなのにまだ装着しておらず、この悲劇に遭遇してしまったわけです。
 縦型の衝撃吸収とスタンドを兼ねたタイプのケースですから悲劇が発生してからでは遅いからとこちらも推奨していたのに、どうして昨日のうちに装着しておかなかったの?

 今朝のビックリ事件です。出勤してきて裏口から足を踏み入れると固いものがあり、すぐロボット掃除機が転落してひっくり返っているのだとわかりました。
 かつて下駄箱をなぎ倒してくれていたことが一度だけあったのですけど、本当に珍しいことです。それなのにロボット掃除機本体は落下しないプログラムになっているはずであり、こんな失敗をしたのは初めてでした。

 奔豚気病というのは腎の虚熱が突然に強く吹き上がってくるために心臓があぶられて強い動悸を感じることが特徴であり、「心臓が悪いのでは?」「このままでは死んでしまうのでは?」と想像をしてしまうので、強い恐怖感も特徴の一つです。
 これは西洋医学にはない概念から発生してくる病気なのですけど、鍼灸は非常に得意としている病気でもあります。鍼灸治療でないと治せないと、断言していいくらいです。
 先週に救急車で運ばれたのに点滴のみでよくわからないまま帰宅させられ、その後に治療をした患者さんは一度の治療でとても安定しました。
 今日の午前中にかかりつけの開業医さんを定期受信したので経過を報告したところ、精神安定剤を出されたので昼食後に服薬すると、症状が再発してしまいました。「そりゃ精神不安定剤や!!」と笑っていますけど、奔豚気だとわからないままなら大変なことですね。

 昨日に書いたふすまが外れてしまった件ですけど、ジャッキで持ち上げればもう一度はめ込めるのだろうとは思いつつ素人が勝手にやって壊してしまっては大変と工務店へ電話をしておきました。
 様子を見に来てくれた工務店、「とりあえずふすまがはまればいいのですか?」と、同じようにふすまをはめ込めるか試してくれます。
 「これはジャッキを持ってくるか」とつぶやいていたのですけど、なんとなんとそのままはめ込んでくれたのでありました。ありがたやありがたや。

 昨日の昼食にと、チャーハンを作っていたときの事件です。
 タマネギと冷やご飯だけのシンプルなチャーハンもそろそろ味付けをすればできあがりというとき、冷蔵庫の調味料が入っているポケットをいくら探しても醤油がありません。「えっ、薄口だけでなく濃い口も全く醤油がないの!!」と、そんなこと作ろうとしている段階で教えておいてくれなければ・・・。
 苦し紛れに味付けの材料として選んだのは、焼き肉のたれ。でも、薄味にして塩こしょうを追加で加えたなら子供たちには大好評なのでありました。もちろん味見はして、自信を持って提供した一品です。

 昨夜の衝撃的な事件です。
 連休のお楽しみということで夕方から近江八幡へ、子供を連れて食事に出かけていました。帰りの電車を何故か間違って新快速に乗ってしまったので、米原まで行ってから引き返すことにしました。
 南彦根へ向かう下りの電車に乗ったところで、携帯電話がないことに気づきます。ウエストバッグに入れていたのですから盗まれたか子供が使っていて忘れたかのどちらかだとすぐ判断できたので、子供に尋ねると「さっきの電車においてきてしまった」ということです。その電車は、車庫へ向かって発車するのが見えます。
 南彦根駅の改札で尋ねてもらうと、特徴的なカバーをつけていたのが幸いしてすぐ見つかり、その足で米原まで取りに行ってきました。ほっとしましたけど、酔っているときには子供に貸し与えないことですね。

 前エントリーで「素泊まりだから大丈夫」のようなことを書きましたけど、迎えに来てみると被害が出ていました。
 多少ゴミが散らかっている程度は子供ですから仕方ありませんしこれから掃除機もさせるのですけど、布団を収納しようと頑張ったのはいいですが押し入れの上段へ上って掛け布団を引き上げている途中で落下をしていたようです。
 その時にふすまへ引っかかり、ふすまが溝から半分はずれてしまっています。上の溝の三分の一くらいが外れており、たたき込んで回復させようとしたのですけど堅くてどうにもなりません。ふすまそのものを外すこともできません。これ以上やっていると建物そのものへも被害が出そうなので、明日に工務店へ連絡するしかないですね。

昨夜もお泊まり

| コメント(0) | トラックバック(0)

 連休最初の夜はうちの長男を含めた男の子二人が鍼灸院でお泊まりをしたのですけど、これで収まらないのがお泊まりのできなかったうちの次男と娘と向こうの妹。
 前エントリーのように昨日は温泉に入ってしっかり満腹で、その後に公園でも遊んでと準備ばっちりですから、残りの三人でお泊まりということになりました。
 朝食用にドーナツは持参しましたけど、素泊まりですから鍼灸院が荒らされてしまうこともないでしょうし、連休の新しい活用法でしたね。

 昨日のお昼は、同じマンションだった仲良しのご家族に招待してもらって「かんぽの宿」でまず温泉に入り、しゃぶしゃぶの食べ放題でした。
 ちょうど引っ越しをする頃に電子ピアノが壊れてしまったということで、うちには生ピアノをもらうことになっていましたから娘の電子ピアノを活用していただければと、現在預けています。
 最初はレンタル料を支払うとか言われたのですけど金儲けが目的ではないので、「ではお礼をといわれるなら一度宴会に招待してください」という約束をしていたのを実行していただいたのです。「これからも仲良くしてくださいね会」というところでした。
 久しぶりにお肉たっぷり、夕食も不要でした。

 今年は各種の音楽ストリーミングサービスが開始となり、私も七月からトライアル期間中はアップルミュージックを楽しませてもらいました。
 しかし、鍼灸院には既に有線放送があり、アプリからもコミュニティFMがいくらでも聞けるのですから月額980円は高いと、契約はしませんでした。
 ここに来て最後発のアマゾン、ビデオもミュージックもプライムサービスも全て含んで年額3900円は格安です。ミュージックに関しては他のサービスよりまだかなり見劣りしているのですけどビデオはそろそろ充実してきており、今はお試し登録中なのですがこのサービスは契約してしまうかも。

 昨日からのことなのですけど、うちの長男と近所の仲良しの男の子がどうしてもお泊まりをしたいということで、自宅では発表会前なのでピアノの特訓をしていますから無理ということなので鍼灸院の二階で宿泊をさせることになりました。
 なんのことはない、まずiPadでゲームをしたいのでありその後は二人で話し込んでいて、睡眠は取ったようですけど朝からまたiPadでゲームをしています。
 単純に夜を過ごすだけなので宿題とパジャマしか持参してきていませんからそれでよく、朝食もドーナツだけでよかったのですけど、今の子供たちは贅沢なものです。

  今日の緑内障発作への治療ですが、本治法は右合谷へ衛気の手法(気血津液論で肝虚陰虚証ということになります)で、これは変化なし。
 治療が仕事が終わってからしかできなかったので小児鍼専用ベッドを使ってのことであり、すぐ標治法をしたのですけど邪専用ていしんを顔面と首へかなり施しました。
 今日は自分で頭を持ち上げて後頸部へも施したのですが、天柱付近がとても気持ちよく房水が落ち始めていくのもわかりました。

 午前中に来院された新患さんなのですけど、右肩関節痛はよくある話で「孫とキャッチボールをするのが痛くてできない」という話です。
 五人も孫がいるということですし、大きいと中学で本格的に部活もしているといいます。
かなり肥満で恰幅もいいことから「ご隠居さんはまだですか?」と軽く言葉を投げたなら、「まだ五十二歳ですから」との答え。えっ、五十二歳で中学の孫が...、初孫は三十九歳の時だったそうです。ちなみに私は、四十歳で初めて子供を授かったのですが...。

 今日の午前中は、予約日を間違って来院された患者さんが三名もおられて「飛び入り」にはちょっと参りました。
 どちらも遠くから来院されたので気の毒ですから変更のあった枠も活用しながら強引に組み込んだのですけど、助手と二人だけで午前中に18人は少ししんどかったですね。
 いや、予約枠の範囲で収まるのならこれくらいできることは自信になったのですけど、「飛び入り」には参りました。

 今日はiPhoneを自宅に忘れてきてしまい、午前中は携帯電話がない状態で仕事をしていました。
 鍼灸院の予約に関しては固定電話のみを用いているので仕事へは何ら支障がなかったのですけど、メールやニュースの簡易チェックをしたりなど普段少しの隙間で活用しているアイテムがないと不安だろうと思っていたのですが、鍼灸院だとパソコンもありますしベッドサイドを忙しくさせてもらっていたので気になりませんでした。
 やっぱり携帯電話というものは、外出をするときに必要なものなんですね。
(追記)
このエントリーをアップした当初、文章の行が混在してしまい意味不明の状態になっていました、修正済みです。
ブログであっても一応表示確認をしているのですが、エントリーが反映されているかどうかだけの確認をしたときに限ってミスをしていますね。

 緑内障発作の話題でまだ引っ張ってしまいますけど、今朝の自己治療で上半身は楽な状態になったものの、下半身の節々にはまだ痛みが残ってました。気が巡っていないという感じです。
 そこで全身の循環改善が主目的ですけど、疲れすぎない程度にという条件で昼休みにプールで泳いできました。
 二年半前に大けがをして大腿骨の疲労骨折をしたときに忘れられないほど思い知ったのですが、水泳のターンでは足の力を目一杯まで使っています。「えっ、こんなに」というくらい、負担も力も掛かっています。それで下肢を酷使する水泳ですからその結果なのですけど、気が巡るようになりましたから節々の痛みのほとんども消失しました。
 ただ、泳いでいるうちに距離を伸ばしてしまったので、強い筋肉疲労を今度は感じていますけどね。

 何故、今まで自分で気づかなかったのだろうと思わず笑ってしまうほどだったのですが、今朝も緑内障発作の自己治療をしたときのことです。
 今朝も肝虚陰虚証ということで右合谷へ衛気の手法を行い、全身へ気が回ってくるのがわかります。加えて何か標治法をしたいのですけど、緑内障では眼窪周囲に頑固な硬結ができてしまうので毫鍼を用いていた頃には深く刺鍼したり置鍼したりが気持ちよく、最近では強くマッサージをしていました。
 今朝も指で揉み始めたのですけど、「待てよ」と邪専用ていしんでの施術に切り替えてみました。強烈な刺激はないものの邪の抜けていく感じがよくわかり、効果はじわじわという感じなのですけど頭がとてもすっきりしました。

 午後一番に少し隙間があったので、助手に手伝ってもらって緑内障発作の本格的な治療をしました。
 昨日は脾虚の邪論で左の足臨泣を使ったのですけど、今日は肝虚陰虚証で右合谷でした。本治法は私自身でやりました。
 標治法は助手に任せたのですけど、邪専用ていしんをまずは即頸部に施してもらったところ頭にまで心地いい響きがありました。肩甲骨周囲に邪専用ていしんを行ってもらうと、邪が抜けていく実感があり全身が温かくなりました。自分で作った道具なのですけど、実に気持ちよかったです。

 前エントリーで「昨日は一度も食事をしなかった」と書いたのですけど、午後からは水分すら口にしていませんでした。それでも具合の悪いときには過ごせていけるものなんだなぁと、今朝になって自分のことを感心していたりします。
 朝食も仕事が控えているので抜いておいたのですけど、それでも空腹を感じていませんでした。鍼灸院でお茶を何杯か飲んで、やっとトイレへ立ったというところです。
 昼食はそろそろ食べておかないとということでお弁当を口にしたのですけど、直前までやはり空腹を感じていませんでした。食べ始めたなら今度はせんべいをいつもよりたくさん口にしたのですけど、今は眼圧上昇による後頭部の頭痛がしてきています。

 昨日の午前中は風邪の症状が出ていたのですが、午後に自宅へ戻っていると緑内障発作が何の前触れもなく発生してしまいました。
すぐ自己治療はしたのですけど、緑内障発作の途中はむやみに動かないことが鉄則なので午後からはほとんど横になっていました。結局、昨日は一度も食事をしていません。
 緑内障発作そのものは落ち着いたので仕事は普通にできているのですけど、今朝に起きたときには全身の節々が痛かったですね。めまいはないのですけど、ふわふわした感じがあり時々姿勢を立て直さないといけなかったりします。

 院長ブログへ、「第43回日本伝統鍼灸学会、日本鍼灸とは何?」をアップしておきました。
 大会参加から三週間以上経過してのレポートなので遅くなってしまいましたが、思うところのほとんどは書いてあります。
 ただ、学生セミナーに漢方鍼医会からも参加していただいた先生がおられたのにレポートへ含められなかったことだけ心残りですけど・・・。

自動食器洗浄機

| コメント(0) | トラックバック(0)

 賃貸マンションの時代に使っていた自動食器洗浄機が鍼灸院の二階に残してあったのですけど、自宅はシステムキッチンなので使う場面がなく困っていました。
 先日からパートさんに入ってもらっているので、IH調理器とガスコンロも掃除ができていませんでしたから一緒にきれいにしてもらえたので、リサイクルショップだとガスコンロはいくらにもならないでしょうが、これは大阪ガスからもらったものなので処分することにしました。
 しかし、自動食器洗浄機は二束三文だともったいないので誰か活用してくれる人を探したところ、パートさんの実家が引き取ってくれることになりました。めでたしめでたし。

 昨日は長男が既に風邪が進んでいて治療をしたのですが間に合わず、学校を休んでいたのですけどどうも私がそれをもらってしまったみたいです。
 今朝から胃が気持ち悪く、相当に体調が悪くても食欲が出ないということがないのに朝食を食べたくありませんでした。頭痛もしていました。
 仕事をするには支障ないレベルであり、今日は予約ノートにあまり隙間がなかったので動いているうちに忘れてしまっていたのですけど、やっとお腹が空いてきたというところです。

 瀉法鍼が使えるからという理由だけではないでしょうけど、「にき鍼灸院」では骨折を扱うケースが非常に多いです。
 今も左の腕骨付近に亀裂骨折が発生してしまった患者さんがおられるのですけど、先週の頭に初めて来院されたときには少し触れるだけでも飛び上がるほどの痛みだったものが、今は三分の一位かで自発痛も停止しています。勤務にも支障がなくなっています。
 もし瀉法鍼がなかったらと想像すると恐ろしいのですけど、他の鍼灸院ではどのような対処をしているのかと考えるのも恐ろしいですね。接骨院の対応は、さらに恐ろしい。

 今朝はポッドキャストが無事に受信できるのかちょっと緊張をして、出勤直後に専用にしているパソコンへ電源を入れました。
 昨日はあれからチェックディスクまで行っているのですから失敗するはずがないのですけど、無事に接続してくれていたのにはほっとしました。というよりも、無線アダプタが表示されていたことにほっとしました。
 今までは朝一番にベッドを一周してきたところでこの受信作業をしていたのですけど、出勤直後に行った方がスマートだと実感でした。

 またパソコンのネタで失礼しますけど、今朝からポッドキャストを専門に受信させているパソコンがネット接続不能になっていました。
 非常に安定動作をしているパソコンなのですが、唯一ルータとの相性でネット接続を拒否することがあり、レジストリを修復ソフトできれいにしてからは拒否する症状もなくなって安心していたものですからショックです。
 そこで修復ソフトをまた掛けてみたところ、今度はパソコン内蔵の無線アダプタが見えなくなってしまいました。これには大慌てです。
 システムの復元で無線アダプタはまた見えるようになったのですけどそれでも接続ができません。iPhoneから接続できているのでこのパソコンに問題があるはずと色々やったのですけど、iPhoneからテザリングさせるとすんなり接続できてしまいます。
 「えっ!!これはひょっとして」ということで別のパソコンを立ち上げると、こちらもネット接続できなくなっていました。ということで光ファイバーの機器を電源を入れ直してリスタートさせたなら、どちらのパソコンも接続できるようになりました。パソコン君、疑ってごめん。

 そして昨日に一番大きな出来事だったのは、もう私は全盲という状態になっていたことでした。
 駐車場拡張からベッドの増床、そして自宅建築へと二年間の忙しさの中で「さらに見えなくなった」という実感はしていたのですけど、そして最近は光覚すら怪しいとも思っていたのですけど、眼球が退化している全盲の友人に「なんとなく明るさは感じている気になっている」という話を聞いて、既に全盲になっていたことを知りました。
 今さらもう驚くほどのことでもなかったので、懇親会の最後の挨拶で「今日は全盲記念日です」と宣言でした。

 治療室例会の後は、これも恒例になっている懇親会でした。今年のメニューは鍋。
 割烹でないと食べられない魚のおいしい鍋で、これを家庭でまねするのはちょっと無理ですね。
 値段を抑えたのですけどうどんと雑炊もつけていたので、満腹になってもらえました。

 昨日は滋賀漢方鍼医会で年に一度行っている、治療室例会でした。今年は珍しく外部からの参加者がゼロだったので、柔軟にプログラムを変更しながらお灸を中心に学びました。
 「円筒灸」の実物を知らなかったのですけど、着火に問題があるので私一人ではできないもののこれには引かれるものがありました。
 それからローラー鍼と円鍼については夏に特訓をしたのでかなり上手になっている人がほとんどでしたけど、もう一度くらいは特訓の時間が必要だと感じました。

 その女医さんなのですけど、先週に赤ちゃんからもらってしまった風邪が回復せず、またストレスから夜があまり眠れないということでの治療です。
 数脈で冷や汗も出ており、しかも跳ねている脉状です。慢性化していることもあり「かつてなら三焦経の井穴から刺絡することで一発に状態を変化させられた」という話を始めたのですけど、刺絡のことを説明するのに四苦八苦してしまいました。
 また助手へは瀉法鍼を使って刺絡の八割程度の代用ができるのではということで一緒に実験をすると、これはクリーンヒットでした。本治法は陽経から邪論で行いました。

 鍼灸治療が大好きだというお医者さんがいるのですけど、隣のベッドで「ストレスを強く感じてきた頃から膣炎が出てきているのは関係あるんですか?」という質問をしている患者さんがいました。
 「そういうことは僕は女性でもないし隣の人に答えてもらった方が的確なんだけど」と、これまた婦人科のお医者さんですから無茶振りです。
 「誰でも膣炎は常に持っているものなのでストレスでひどくなることは普通のこと」と、的確に代理で答えていただきました。それにしてもタイミングがあまりによすぎますよね。

深い溝

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜のことなのですけど、家族の都合で一番目と三番目の子供を連れて夕食は外で食べることになっていました。
 帰宅はいつも通りの時間だったのですけど雨が予定より早く降り出してきてしまい、少し遠くの中華料理へ出かけようと思っていたものが手近なビバシティのうどん屋へ変更です。
 おいしく食べてデザートやゲームもして帰宅途中、娘が傘を飛ばされて深い溝へ落ちてしまいます。ここは二年半前に横倒しにダイビングとなり相当なけがをしてしまった溝なのですけど、今回は白杖を使って傘を引き寄せることで無事に取り上げることができました。

 あちゃーっ、今年の二月にロボット掃除機へ変更してから「いつか失敗をするのでは?」と恐れていたちょんぼ、今朝にやってしまいました。正確には、昨夜に失敗をやらかしていたわけですが・・・。
 掃除用具は事務スペースの奥でキッチンの横に保管しているのですが、事務スペースとキッチンの間は空調を遮断するためのカーテンをつり下げています。特に暖房の時期はこのカーテンがないと暖房効果がなくなってしまいます。
 それでこのカーテンを開いてておいてやらないとロボット掃除機は壁と認識してその手前までしか掃除をしてくれないのは当然で、いくら学習された環境があるといってもくぐり抜けて掃除をするなんて気の利いたことはしてくれません。このカーテンを閉めたまま帰宅していたものですから、今朝はキッチンの前あたりだけ掃除をして楽ちんをしていたロボット掃除機君でした。
 えーっと、それで今朝の掃除ですけど、もちろん手動でリスタートさせて、やり直しをしてもらいました。

 プライベートモードなので通常では閲覧していただけないのですけど、家族のことを日記として書いているブログがあります。
 何か急ぎの仕事があるとどうしても後回しになってしまうので慢性的に執筆が遅れ気味なのですけど、抜け落ちてしまう日がないようにだけは気をつけています。まぁまとめて記述ということは、よくある話ですけど。
 数ヶ月ぶりにこれが昨日のものまで今朝に記述できたということで、ちょっと気分のいい朝です。でも、「院長ブログ」の執筆が今日から始まるのでありますけど。

 またパソコンネタで失礼しますけど、昨日に鍼灸院へ戻ってきてiPadのパスコードを解いてから私はすぐ出かけたのですけど、長男がお目当てのゲームがエラーになって動かないと騒いでいました。
 それで今朝からはご丁寧に自宅へiPadを持ち帰ったのですけどそれでもダメで、午後になってもダメです。ここで気づいたのですが機内モードがオンになっていたのでネット接続が中断されており、この状態でゲームを起動したのでエラーになってしまったみたいです。
 原因は判明したのですが、今度は何故かwifi接続が確立しません。他のパソコンなどは正常に接続されているのに確立をしないのでかなりいらいらしましたけど、二時間ほど放置したなら自然に回復をしました。そしてゲームも復活となりました。人騒がせなゲームです。

見事な緩脈

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日のことなのですけど、水曜日の夕方は元幼稚園の先生と学校の先生だったご夫婦が自宅を開放して地域の子供の交流の場を提供してくれているところへ出かけさせてもらっているのですけど、都合で早くに終わるということなので私が付き添いで一緒に出かけて帰りは歩いて戻ってきました。
 予定外だったのは「夕食を外で済ませてきて欲しい」という電話が入ってきたことであり、仕方ありませんから子供たちとうどんを食べてきました。
 これだけだったなら安上がりだったのですけど、ドーナツがお安くなっているセール期間中だということでデザートの買い物までさせられてしまいます。
 帰宅して私もデザートまで食べたのですが、満腹なので脉状を観察してみると脾には見事な緩脈が現れていました。

 午後からまた鍼灸院へ戻ってきて長男が下校してくるのを待っているのですが、その理由が宿題を終えられたならiPadでゲームをしたいのでその時にパスコードを入れてやる必要があるからという、なんともあほな理由です。
 その空き時間を利用して普段はできない箇所の掃除をしているのですけど、ロボット掃除機になったなら隅っこがやはり残ってしまうためかほこりが舞い上がって、今までなら汚れの目立たなかった高い場所です。これはあくまでも推測ですけどね。
 それでも毎日半時間はかかる掃除機をロボットが自動的にこなしてくれているので、時間と労力の節約は大変なものです。

 鍼灸院へ出勤してきて、中身をそれなりに更新しているのでホームページのデータをいくつかのパソコンへコピーしていました。サーバに最新データはあるのでそこまでコピーを残さなくてもいいのですけど、これは癖ですね。
 ところが、またまた中身の修正箇所を見つけてしまいます。既に修正はしアップし治したのですけど、さっきコピーしたばかりのデータをもう一度修正すべきか迷っています。
 まぁさらに修正箇所が出てくる可能性もあるので、今朝はこれで見送りでしょうけどね。

 先ほど、 スポーツコーナーの陸上競技へ、「10年ぶりに親子部門でエントリー 彦根シティーマラソン2015」を追加しておきました。
 昨日の仕事中になんとか完成させてしまいたかったのですけど、ブログと違ってホームページはリンクや写真など全てを計算して作成するので手間がかかり、今朝も早朝からパソコンをしていたのでありました。
 チェックをしているといきなり手直しがやりたくなるのも毎度のことで、これも既に完了しています。

 午後のポッドキャストを聞いている時間に、今日は「日経トレンディ」の年間ヒットランキング発表が流れてきました。
 ベスト30の中で小説の「ひばな」やコンビニドーナツ、そしてトップだった北陸新幹線などいくつか知っていたものの、全く知らないヒット商品がずらりと並んでいたのには毎年のことですけど驚きます。

 今日の午前中には最初と最後が大きく予約があいたので、以前から気になっていた引っ越しの時に持ってきたガスコンロなどの清掃をパートさんに頼んでいます。
 二階の部屋の一部を占拠している器具類であり、ガスコンロについては磨き上げられたならリサイクルショップで処分してしまうつもりです。
 IHコンロについては、今後に助手がアパートを使うことになったなら火災防止のため、これを貸し出すつもりです。
 問題は自動食器洗浄機なのですけど、引き取り手が会ったなら無料で引き取って欲しいです。リサイクルショップでは、もったいない。

 詳しいことは新しいページに書きますし写真掲載もするのですけど、昨日の彦根シティーマラソンを走っている途中で私の左足の靴が壊れてしまいました。
 そんな事件も抱えつつ楽しい思い出になったマラソン体験であり、スポーツコーナーは水泳競技しかページ追加ができていなかったのですぐ作成すべく、仕事中に写真とビデオの確認をしてもらったのでありました。後は執筆をするだけです。

 これは昨日のできことになるのですが、マラソンから戻ってきてお風呂へ入り昼食も済ませたということでリビングでくつろいでいると携帯電話が鳴ります。
 元助手から「証明書はどこの形式から作成してきたものか」というのが質問でしたけど、これは定型的なものなどなくワープロ専用機の時代に私が独自に考えて作成したものでした。
 ここまではいいのですけど、「せっかくの昼休み時間をつぶして申し訳ないのですが」と次の話が始まります。おいおい、今日は日曜日だとすぐ突っ込みです。こちらはマラソン後ですから昼間ですけどビールを飲んだ後で、いい気分でしたからそれ以上突っ込み倒すことはなかったのですけど、しっかり育児をしてください。

 午前中はパートさんに再び入ってもらう決定を先週にしたのですけど、電話での打ち合わせでは本日は先に予定が入っていたということで勤務開始を明日としていました。
 ところがところが、今朝に出勤してきているじゃあーりませんか!!
 勘違いで今日の予定はなかったということなのですけど、この調子では先が思いやられます。ちなみに今回はハローワークを通さず直接契約なので、うるさい条件提示はしていないのですけどね。

 今、彦根シティーマラソンから戻ってきました。タイムは18分ちょうどくらいということで、スタートラインへ達するまでに1分近くかかっていますし最初が大混雑でのスローペースでしたから、目標通り1kmで五分半くらいでは走れていたと思います。正直、3kmでは距離が物足りなかったですけど、でも長男にとっても家族にとっても、とてもいい経験になりました。
 それで雨ですけど、一時的にやんでいたものの家を出るときにはまた降り出しており、スタートまでは小雨でした。走っている途中は、全く雨のことが気にならなかったものの多分小雨だったでしょう。ゴールしてから大粒の雨へと次第に変化してきて、自動車へ乗り込む頃には土砂降り状態でした。

 今日はこれから彦根シティーマラソンへ、小学二年生の長男と親子部門で出場することになっています。
 昨年も一昨年も彦根シティーマラソンは土砂降りに近い状態だったということで雨の確率が高い大会なのですけど、今朝も天気予報の通りしっかり雨が降っていました。気温もかなり低いです。
 でも、今のところ大粒の雨は通り過ぎた感じですし気温が低いのもランニングには好都合ですから、このまま走るまで小雨だったらと祈っているところです。

 さて新患さんが四人連続となった結末ですけど、三人枠の全員が新患さんだったところは前枠が一人キャンセルになったので早めに到着されていましたからこの隙間でカルテ作成ができました。
 また一人は渋滞に巻き込まれて予約時間より数分遅れての到着となり、進行を早めていたのですぐベッドへ案内できました。
 ラストの新患さんは小児鍼が続いたときに来院されたので、この裏側でカルテ作成をしており、こちらも予約時間通りに案内することができました。仕事の終わりは、遅れてしまいましたけどね。

 最近の土曜日は当日の予約が少ない状況でしたけど、本日もスタートダッシュはなかったもののじわじわと当日申し込みが増えてほぼ予約枠を使い切るところまで来ています。
 ところが新患さんが夕方に集中してしまい、これから対処するのですけどどうなることやら・・・。
 やはり常勤の助手か一人では不足なのであり、今日の状況はSOSです。

 晩酌にまず冷えた缶ビールは一本欲しいのですけど、その後はお湯割りの季節になりました。
 先日に新しい冷蔵庫へ入れ替えたときに電気ポットを入れている棚と場所を交換したのですけど、これが幸いしてコンセントに近くなり延長コードを使わずに電気ポットが運用できるようになりました。
 なんという偶然なのでしょうね。

入門部と研修部

| コメント(0) | トラックバック(0)

 本部の学術部から衝撃的な提案が出されてきたので、すぐ反論のメールを出しておきました。
 入門部と研究部の間に元の名前が臨床家養成講座という中間段階の研修部があるのですけど、これを二年間から一年間へ短縮するというのです。
 入門部からいきなり研究部へ上がってくると、初学者とベテランとのレベル差について行けず退会してしまう人が多いということと、臨床に即した基礎をもっと充実させようというのが設置の目的だったのですから、一年へと短縮してしまうと趣旨そのものが違ってしまいます。
 それより以前から思っていたのですけど、入門部の二年というのが長すぎます。講義時間が短いと言われたなら過去の録音がいくつか残っていますし、ていしん治療を目的に入会してきた人たちへ毫鍼で手を作ることはわかるのですけど二年間も待たせるのは苦痛です。さてさて、どのように結論されるでしょうか?

 昨日に連絡をして既に決定したことなのですけど、常勤の助手が一人ではベッドサイドでの仕事はいいのですが清掃や洗濯などを一人でやっているとちょっとしんどすぎるということで、二年前に手伝ってもらっていたパートさんにしばらくアルバイトという形で復帰をしてもらうことになりました。
 携帯電話をかけて話をすると、喜んでいただけたのはこちらとしてもうれしいのですが元々大きな声の人なのですけどさらに大きな声になり、受話器に耳をつていなくてもいいという感じでした。

 「本を出版しないか」という話は10年以上前から何社歌から声をかけてもらっているのですけど、未だに実現できていません。
 もちろん本を出すということはそれなりの厚みでなければなりませんし、中身もそれに伴ったものでなければなりません。単なる鍼灸のエッセイで構成できるほど著名人ではありませんからね。
 というよりも、「ていしん」がどうして効果を出せるのか、経絡や気というものを数字で表せなくてもかまいませんから証明できるものを求めており、その結果が得られたときこそ本を出したいと願っているのですけど・・・。
 今も出版社から電話をもらったところなのですけど、あまり考えはまとまっていません。

伴奏用ロープ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日に長男とマラソンの練習をしたわけですが、今朝に足に筋肉痛が出ていないかと尋ねたのですけど平気ということでした。
 私も普段から運動不足はないので特に痛みはなかったのですけど、ランニングマシンと地面とでは反発が違うので少し臀部には筋肉痛を感じています。
 そして今朝は鍼灸院へ伴奏用のロープを持ってきて、結び目に絶縁テープを巻いて補強し、本番用に仕上げておきました。

 次の日曜日が彦根シティマラソンであり、今回は長男と親子部門でエントリーをしています。十年ぶりのエントリーになるでしょうか?
 親子は文字通りペアで走る部門であり、距離は3kmですから、小学二年生の長男でもペース配分さえ守れば十分に完走できる距離です。普通は大人の方が冷や汗ものになるのですけど、私は普段からスポーツプラザでランニングマシンもやっているので、その点はずっと長男より走れます。
 様々な事情があって、本番までに唯一となる練習をしてきました。ロープを持って視覚障害者の伴走という体験は長男にとって初めてではあるものの、普段から手引きをしてくれていますからその点はすぐ慣れました。問題はペース配分を説明しても聞く耳を持っていなかったので、最初にできるだけハイペースで走って息切れを起こさせて、距離を考えたスピードにするのだと身体で覚えさせてきました。

水曜日ですけど昨日がお休みだったのでポッドキャストを受信させておこうと専用にしているパソコンに作業をさせていると、突っ込んだ解説が売り物のニュース番組のフィードがなくなっています。
 おそらく月曜日に操作をしていて、不要なエピソードの削除をしているときにキー操作を間違って番組登録を削除してしまったようです。
 何度かやってしまった失敗なのでwebを検索してiTunesへ渡してやれば再登録は簡単だと検索するのですけど、登録ページが固まってしまいどうしても開いてくれません。いよいよiTunesそのものから登録作業するしかないかとダメ元でパソコンを事務机に移動させてきたなら、問題のページが読めるようになったのでその後がスムーズになりました。

 患者さんの失敗談なので詳細には書けないのですけど、家の中でビニール袋が落ちていたのに気づかず歩いていたなら踏んでしまい、思い切り転倒してしまったものです。
 それが本人曰く「漫画みたいに転んでしまった」ということですから突っ込んでいると、本当に思いきりの滑り方で全身が宙に舞ってしまい肩上部あたりから落下したらしいのですけど、観葉植物もなぎ倒していたので部屋が土まみれにもなってしまったとか。
 そりゃ「よしもと新喜劇」より、漫画のような転倒の仕方でしたね。

真夜中ですけど、鍼灸院へ戻ってきて学会誌への報告文を打ち込んでいました。仕事の合間で半分くらいはできあがっていたので、夕食後すぐ戻ってきて続きをする予定だったのですけど、子供たちを寝かさねばならず一緒に酔いから爆睡になっていたのでありました。
 担当箇所の文章構成は伝統鍼灸学会で直接に聞いた時点から決めていたのですけど、録音データの到着を待って執筆を始めたものですから今頃になったというわけです。
 そして普段の時間がないことから、パソコンも今頃だったというわけです。

 今日も昼休みはプールで泳いできたのですけど、コースロープに沿いながらおよく方法の再確認です。
 自分の感覚ではかなり正確にコースロープに沿いながらもスピードは犠牲にせず泳げるようになってきていると思いますし、その証拠にストローク数が片腕分減少していました。
 ということは省エネでありタイムも向上しているということなのですけど、もうタイムにはこだわらないことになったので気にしていません。昨年のうちにこの泳ぎ方に気づいていればなぁと、今さらながら思いはしますけどね。

  今朝は久しぶりの雨、それも油断をしていたならしとしととしっかり降られているという感じです。
 塩とお酒で土地の神様へ建物の周囲や敷地の隅へを毎月お参りすることにしているのですけど、本来なら一日である昨日の朝だったのですが都合で今朝になったなら、雨の中のお参りとなりました。
 独身だった頃には実家と鍼灸院の周囲をお参りしていたのですけど、雨の中をお参りしたというのが珍しいことだったのですが何か珍しいことが発生するかも?

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。