2015年12月アーカイブ

 自宅には倉庫があり、屋外に設置するゴミ箱は家の裏側においてあるのですけど、そこへ行こうとすると家の表から柱のある自転車置き場を経由してとぐるっと回るだけでなく障害物が多くあります。
 ところがリビングには掃き出し窓があるのでそこから外へ出れば距離も短く障害物もないのですけど、靴を置いておく場所がありませんでした。
 それで外置きタイプの下駄箱を探したのですけど適当なものがなく、少し高さもあることから踏み台を購入してその下側へスリッパを入れておくことにしました。スリッパなら雨に濡れても、乾けば問題ありませんからね。
 それで年内になんとか形にしたいと思っていたところ、先月からアマゾンのプライム会員になっているので「お急ぎ便」が無料であり、年末の押し迫ったところなのですけど手に入れることができました。実に快適になりました。

 大晦日の朝です。といっても、実感がなくラジオを聞いていて「今日は大晦日です」の言葉に、いつもの休日とは違っていたんだということに気づいたという感じでした。
 それで大晦日は朝早くからごいて午後にはもうお休みという感じにしたいので、朝食は昨夜のキムチ鍋からラーメンスープを使った醤油味へ変化していたものへ雑炊を作りました。
 「十一時半の女」と呼んでいる食べること大好きの患者さんがおられるのですけど、ちょうど昨日はおいしい雑炊の作り方をレクチャーしていたところでしたから、今朝は同じことを娘とやっていました。

 それから今年でもう一つ大きかったことは、「邪専用ていしん」の臨床価値を見いだしたことです。
 邪専用ていしんの製作過程についてはまた詳細を院長ブログの方で掲載するとして、元々予定していた使い方を少し工夫したなら自分でも驚くべき結果を、それも治療を受けている患者さんの口から聞いて臨床価値を発見したのでありました。瀉法鍼でも同じパターンだったわけですが、患者さんは本当に感謝すべき存在です。
 そして一気に毎日の診療数が伸びた、それもバブル的に伸びたのではなく中身が詰まって延びた一年でした。

 さて、これから今年最後の出勤となります。

 今年も色々なことがあったのですが、なんといっても大きかったのは自宅の新築がかなったことであり、住環境の安定は生活全般の安定へとつながりました。
 昨日の昼休みに副院長とデスクチェアなどの買い物へ出かけてそのままどんぶりで昼食をしていたのですけど、「二年前の今頃はまだ土地も決まっておらずハウジングメーカーに相談をするためでかけてはここで食べていたんだよな」と、話をしながら思い出していました。

 「もう診療をしていないだろう」と思い込まれているのか、午後にはほとんど電話がなく久しぶりにのんびりとした診療をさせてもらっていました。この間に新しい椅子も組み立て作業をしていました。
 ほとんど完成をしていたのに最後の仕上げができていなかった新しいパンフレットがあるのですけど、この時間を利用して完成もさせておきました。
 発行は来年ということになりましたが、既にホームページへ掲載するための準備も完了です。後はアップロードをするだけ?

 受付デスクとパソコンデスクの椅子が、もうかなり古いことと使用頻度が高いので寿命を迎えていました。
 どちらも背もたれが壊れてきており、特にパソコンデスクの側はこの二週間でねじが馬鹿になってしまい、背もたれが勝手に後ろへずれてしまう状態でした。
 「このまま新年を迎えるのではスタートが悪い」と、どうしても来年の仕事始めまでに取り替えたかったのですけど思い切って昼休みに副院長と買い物へ出かけてきました。メッシュタイプですが背もたれがとても気持ちいい椅子が3990円、色違いで同じものを二つ購入してきました。
 組み立てもそれほど難しくなく、一つ目ができたなら二つ目はあっという間に完成でした。

 年内の診療はまだ30日の午前中まで続くのですけど、年内の駆け込み予約という感じで今朝は電話が途切れなかったのに驚きました。
 通常なら月曜日は元々の予約が多いのですけど、年末ということで隙間が多くあったのはラッキーでした。うまくできているものです。

 昨夜は「にき鍼灸院」の忘年会を、大掃除が終わってからやってきました。
 私の子供もいましたしパートさんの家族も全員参加であり、知り合いのおばあちゃんも入って団体様での忘年会となり、大騒ぎをしてきました。
 子供はバイキングが大好きですし、進行を見ながら料理を注文していく手間もないので楽しく騒ぐことができました。子供同士で遊んでくれますから、大人も大いに遊べたのでありました。

 今日の午後からは、鍼灸院の大掃除をしていました。壁や蛍光灯などは既に吹き終わっていたので量としては多くないだろうと思っていたのですけど、それでも二人でやっていると思っていた以上に時間は掛かりました。
 時間が掛かったのはカーテンに金具をつけてつるす作業で、いつもなら一箇所はトラブルが発生しているのに今回はスムーズでしたが、時間が掛かりました。
 年賀状への点字もタイプライターで打ち込んで、これで年越しの準備はかなりが完了です。

 今までどうして気づかなかったのだろうと思いましたけど、エアコンのフィルターを水洗いする必殺技の発見です。
 駐車場や庭へ水をまくためのドラム式ホースがあるのですけど、最近のものは先端にシャワーにもできるノズルを装着できるようになっていて、便利なことにノッチがついていますから先端のノッチ側で水を止めることができます。
 多少はぬれますけど片手でフィルターを持ってもう片方でノッチを操作しながらフルパワーにしたた推動を吹き付ければ、ごしごしこすらずとも見事な水洗いができます。掃除機で時々吸い込んではいますけど、最後は水洗いですからね。

 今日は土曜日なのでパートさんがお休みであり、副院長の方に手伝ってもらって予約が収まりきらなかった午前中の仕事を乗り切りました。
 現状では清掃作業まで助手に任せられないのでパートさんの存在意義はとても大きいのですが、そこは素人さんであり素人さんが悪いのではありませんが、診療はやはりプロだけでこなした方がスムーズです。
 逆の書き方をすれば治療補助はしてもらっているのですが、あくまでも免許がなくても誰でもできる消毒や体位変換までであり、カルテ記入も含めて分担と勉強が共有できないからです。
 漢方はり治療の技術とていしんという道具の組み合わせなら彦根でも仕事はいくらでもこなせるのですが、人事だけは私サイドではどうにもならないのが歯がゆいところです。

年賀状の準備

| コメント(0) | トラックバック(0)

 プライベートブログを今朝に読み返していると、昨年の今頃は年賀状の仕上げを仕事の合間を縫って何とか急いでいるというようなことが書いてありました。
 今年はというと年賀状の裏面は印刷してもらったものの、全くその後に手が出せていません。宛名印刷は100枚あっても一時間も掛からないのですが、まとめて作業をする必要があります。
 日曜日の大掃除が終わった後にやろうかと思っていたところ、今日は夕方に思わぬ空き時間ができたので思い切って宛名印刷を完了です。今年は個別メッセージを点字に限ることにしたので、明日以降にタイプライターで点字を打てば完成になります。

 Windowsパソコンは無味乾燥というか、スクリーンリーダー環境で使っているとどうも動作のよくわからない場面がたくさんあります。
 それでコントロールパネルの「サウンド」を開いてみると、実は様々な動作の場面で音を鳴らせるようになっているのですけど、初期値では最低限でも最低限の場面にしかサウンドが設定されていません。
 XP時代にはデスクトップテーマにサウンドをパックして派手な動作のパソコンに仕上げていたのですが、さすがにちょっとやり過ぎだったので8.1になってからは控えていたものの、それでも動作がわかりにくいので適当にカスタマイズしていました。なかなかいい音源が用意されているのに、活用していないなんてもったいない。
 ところが午前中にちょっといじっていたなら、せっかくカスタマイズしてあるサウンドセットを間違って消去してしまいました。慌てて他の8.1パソコンを起動して、サウンドセットが書き換えられる前に別名で保存し何とか助かりました。
 ちょっとわかりにくいでしょうが、マイクロソフトアカウントでログインしているため、サウンドセットは変更があると他のパソコンも自動的に書き換えられてしまうからです。

 今週の月曜日に初めて来院されて、今日の二回目で治療終了となった患者さんなのですけど、主訴は肩上部の痛みが取れないこと。強い自発痛が持続していました。
 きっかけは寝違いのような首の軽い痛みだったのですけど、これが二週間前に発熱したなら高熱になってしまい、解熱してもひどい痛みだけが残ったというものでした。
 真熱がこもっているための痛みだったわけですが、西洋医学にはない概念ですし鍼灸であっても病理が理解できなければうまく回復に導けない症状です。毫鍼を使うなら、絶対に深く刺鍼してはいけません。また陽虚証として標治法を行わねばなりません。
 これにはおまけ話がありまして、この患者さんは保険の営業を職業とされていて、「にき鍼灸院」のことは以前から知っていたのだとか。「ここはただ者ではないと思っていた」というのが患者さんの言葉ですけど、ただの「くせ者」だったのでは?

 今日はクリスマスイヴですけど、診療は関係なく行われています、当たり前ですね。
 まだ20代や30代前半では「あーぁシングルベルなんだなぁ」とプールへ出かけたり飲みに出かけたりと、とにかく自宅で過ごすのが嫌だったことを覚えています。
 今は小さな子供に囲まれて家族で過ごすのが普通になりましたけど、昨夜に外食に出ていますから今夜は質素に済ませる予定です。ケーキくらいは買ってあるかな?

 この秋のアニメに「ヤングブラックジャック」というのがありました。ありましたという表現は、今週が最終回であり放映が終わっているからです(アマゾンビデオならアーカイブで見られます)。
 あの有名なブラックジャックの医学生時代を描いたものなのですけど、手塚治虫の原作に矛盾を生じさせないように作り込まれていた作品で、医療世界の闇にスポットが当てられていました。
 でも、どうして闇の医療専門へとなってしまったのか、説明がないまま最終回になっていたのはちょっと残念。
 「にき鍼灸院」はもちろん闇の医療も症状の強さによって料金を変えるなどとは無縁であり薄利多売の部類です。

 それから掃除の途中で少し横やりが入りまして、クリスマスイブは明日だというのに、今頃からネットで注文をして欲しいというなんとも情けない我が家のサンタクロース代理です。
 のんびりしているというか時間感覚がないというか単にあほというか、今頃から注文して明日の配達には間に合わないのであります。
 それにスクリーンリーダーのみでは楽天での買い物はできないに等しい状態ですし(やっている人はアプリを使うか専用の音声ブラウザを使っています)、アマゾンはいつものことですから慣れていてまだ使いやすいのですけど、Yahooショッピングはその店の広告が多すぎて具体的な商品が画面のどこにあるのかがわかりづらい。
 Yahoo IDは取得してありますから一度手続きが始まれば後はスムーズだったのですけど、代打サンタクロースも楽じゃありません。

大掃除の前段階

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は祝日なので診療はお休みであり、午前と午後に分けて大掃除の前段階をやっておきました。
 というのも、先月の末にロボット掃除機の影響からなのか壁に舞い上がったほこりがくっついて目立つということだったので、壁の拭き掃除を一部やっていたのでこの際ですから壁は全部拭いてしまおうということからです。
 待合室の壁については大掃除の時に拭くのですけど、そういえば治療室の壁を全て拭いたという記憶がありません。あまり汚れない箇所ですから、これはいい機会になりました。

 今朝に何気なくアプリからニュースを閲覧していて見つけたすごいテクニックです。
 IOSデバイスは元々メモリ管理が頑丈でアプリを立ち上げすぎなければ普段はほとんどユーザーが気にする必要はないのですけど、それでも長期間使い続けていると解放されないメモリ領域が出てきてしまい、次第に動作が重たくなってしまいます。
 そこでスリープボタンを長押ししてシャットダウンの画面を出し、ここでホームボタンをまた長押しする、たったこれだけでメモリが解放されて動作がきびきびします。
 何種類かメモリ解放アプリを試してきて、IOS6まではとてもいいアプリがあったのですけど、こんな簡単なテクニックがあったなんて・・・。まぁいいか。
追記
 この操作を行う時は、ロック画面からではなくホーム画面が表示されている状態で行ってください。siriをオフにしなくても大丈夫です。

 昨日の笑ってはいけませんが、笑い話です。
 左上の犬歯かの隣の隣にある奥歯を抜かれたというご婦人、入れ歯にすべきかなどをネットで検索していると色々と怖い話が出てきたということで、最近また不眠になってしまったということです。今年は二度も転倒をしたりと自己責任なのですが気に病むことが多かった年なので、自分でも気にしすぎだと分かっているんですけどね。
 「左右の歯が元気なら無理してブリッジにせずそのまま放置しておいたら」と私の実例を挙げながら話していると、「寄り歯になりません?」って、あんたヒラメの目じゃないんですから五十歳にもなって歯が移動するなんてあり得ないと大爆笑です。ちなみに同級生、向こうは今年お孫さんが生まれています。

 学会誌「漢方鍼医」のデータ版をもらったので今聞いているのですけど、九月に行われた治療院見学のレポートには少々驚きました。
 東京らしい細やかな配慮がいくつもされていることにはもちろん感心し、取り入れられる工夫についてはこれから真似させてもらうつもりです。
  でも、本当に驚いたのはベッドの数。意外に少ないというか、一つの鍼灸院は移転をしたのですから当然増床しているものとばかり思っていたのですけど、あれだけの治療家が集まっている組織ともいうべき鍼灸院なのに少ないのです。名古屋の先生にも聞いたことがありますが、これも意外と少なかったり減らしたという話で驚いたことがあったのですけど、治療家が一人でベッドを六台フル稼働させているのは私のところだけだった?

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会だったのですが、年末ということで外部からの参加者もなくこぢんまりとした研修会になったことは本部でも同じですから、これは仕方ないことでしょう。
 それで研修部の会員同士での実技になったわけですが、どうも昨日は取穴ができない・特訓をしたはずのローラー鍼や円鍼ができないなど、基本的なところでの緩みが目立ちました。
 やはり基礎は基礎、それで基礎を踏まえていてもどうしても不都合が生じてきたときに新しい工夫へと踏み入れるのであり、勝手に工夫ばかりしていてはいけないと苦言をこれからメールで出そうと思っています。

 今年ももうそろそろ終わりなのですが、私が開業をしたのが平成元年なので丸27年が経過しようとしているのであり、お師匠様も年を取るはずです。
 今年の夏に「体調があまりよくない」という話を電話で聞いて地蔵盆の休みを利用して訪ねてきたのですけど、頭がふらふらする症状が一年半前から出ているということで今すぐどうなるというものではありませんでした。
 色々な話をしている間に一門での同窓会をということになって、計画をしてみるという約束をしてきました。なかなか腰が重たくてすぐ実行に移せなかったのですが五番目の弟子へ連絡するチャンスがありメールをしたところ、今が一番いいタイミングということで計画が前へ進み出すことになりました。考えだかけが焦ってもだめで、タイミングが重要なんですね、やっぱり。

 先週の土曜日は何故か予約が集中しすぎて、特に午前中は20人まではいるという状況だったのですけど、さすがに今週は落ち着きを取り戻したという感じでした。まぁ個人的にはペースのある仕事なら、20人でも全く疲れていなかったのですけどね。
 しかし、助手が一人だけで一日経過するとなると疲労を考えてあげねばなりません。それから自分の勉強の時間も。
 土曜日は夕方が短縮になっているのでどうしても詰め気味になっていることから、そして週末にせねばならないシーツ交換とかあとの作業が多いので、アクセルが踏み込みきれなかったというのが今週の感想でした。

 昨日はもう遅くなっていたので書き込めなかったのですが、夕食が終わってからコンビニへ頼んであった缶ビールを副院長の運転で取りに行きました。そう、我が家はコンビニのオリジナルビールを愛飲しています。
 以前だと、ここから一箱ずつ肩に担ぎながら駐車場とマンションを往復する修行のような土方作業のような、孤独の作業があって初めてビールが飲めるのでした。
 それはそれでおいしさを感じる作業ではあったものの、ご箱ずつ購入していましたから半時間以上かかる力仕事であり時間帯も考えながら行わねばなりませんでした。昨夜は六箱購入してきたのですが自動車から玄関・玄関から掃き出し窓・掃き出し窓から倉庫と三段階の移動ではあったものの、ほんの数分間で収納ができてしまいました。自宅を手に入れて、本当に便利になりました。

 実はB5ノートを鍼灸院へ持ってきたのにはもう一つ目的がありまして、小さいですからテンキーはないのでフルキーのJKLを123として入力できるナンバーロック機能があるのですけど、このノートパソコンではFNキーとF11の組み合わせになっています。
 幸いにしてF10には何も機能が割り当てられていないのですが、F12にはスクロールロックが割り当てられています。これはエクセルを使っているときに一部分の画面は移動(スクロール)しないようにする機能のことです。
 ですからエディタなどを使っているときには左右のキーをミスタッチしても問題はなかったのですけど、より早く正確に数字だけを入力できるようにとシールを貼りたかったのです。ナンバーロック機能をより有効に使いたかったのです。
 昔に使っていたネームテープがあるはずと思っていたなら、きちんと保管されていてしっかり張ることができました。

 久々にB5サイズの自宅用ノートパソコンを鍼灸院へ持ってきて、スクリーンリーダーをバージョンアップ作業です。
 カタカナに変換される言葉の読み上げが自動的に男性音になるのですけど、これが風邪引きで鼻づまりになったような声なので以前の方が好きですからバージョンアップを渋っていました。
 でも、複数台のパソコンでスクリーンリーダーのバージョンが異なるというのはちょっと使いづらいですから、容ぼうを出して一ヶ月経過するのに反応がないので仕方なく入れ替えたというところです。

床暖房

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜は子供と一緒に早く布団へ入ったのですけど、既に日付変更線あたりで目が覚めてしまいそこから寝付けなくて、リビングへ降りていってしばらくパソコンをしていました。
 特に「暖かい」とは感じないのですけど、自宅は床暖房がしてありスリッパを履かなくても足に冷たさを感じません。
 それどころか気がついたなら、さすがに靴下ははいていたのですけどパジャマだけで普通に過ごせていて、寒さを感じていませんでした。昨年まではマンションだったので機密性が高いはずなのですけど、この時期なら大きなジャンパーを、もう少しすれば上下にウィンドブレーカーを着込んでいても震えていたのに、環境の違いに驚いていたのでした。

 今日の昼食は都合で自宅へ戻ってきていたのですけど、副院長が不在かも知れないということで鍵を持ち帰ってきていました(当たり前)。
 それで鍼灸院へ戻るときに鍵をそのまま下駄箱の引き出しに残したままにしてしまったのですけど、今度は鍼灸院から帰宅するときに鍵がないので大慌てです。必ず同じ場所へ鍵は置いてありますから、いくら探してもないはずです。
 自宅へおいてきたことをやっと思い出して予備の鍵で戸締まりをしたのですけど、今度は白杖を中へ忘れてしまったとまた大慌て。でも、延ばした白杖を左手で握っていましたね。大慌ては、ろくなことがありません。

 難経七十五難型の肺虚肝実証で治療をするとき、腎経の太谿・復溜・陰谷と三焦経の陽池へ営気の手法を行うことで実現しているのですけど、邪論での治療も行うようになって線引きの曖昧なところが出てきました。
 脉状は跳ねていて病症も病理も邪があると診断したとき、優先と然谷を用いるケースはいいのですが太谿・復溜・陰谷の場合はどうなるの?ということです。
 まだ完全な答えは出ていないのですけど、一つ確定したことは肺虚肝実証で治療を継続していると悪血の蓄積量が少なくなり陽池を用いずに本治法を終えるべきケースがあることです。
 決定は脉診だけでなく肩上部の堅さや腹診と三点セットが基本なものの、実際に鍼をする前に判断できているべきです。キーポイントは悪血を触診すると必ず「粘り」があることで、腹診で粘りが少なく継続回数と症状であらかじめ判断できるようになりました。
 後は邪論でこれらの経穴を使う基準を見極めることです。

 今までが12月としては気持ち悪いくらいの暖かさだったので、今日のこれくらいの寒波であれば仕方がないというのがスタッフも患者さんも一致した意見です。
 けれど寒波になるとしばらくは予約のペースが落ちるところなのですけど、年末の時間が迫っているというところなので午前中の電話の数は逆に増えていました。治療が時間的にも計算できるので、頼っていただいていることに感謝です。
 税制改正で七十歳以上でも高額医療への負担金が増えるかも知れないということ(その逆だったかな?)、コスパという言葉が流行っていますけど鍼灸治療ほどコストパフォーマンスのいい医療はないのですけどねぇ。

手袋の買い物へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先ほどはこの冬に装着する手袋がなかったので、娘に一緒に来てもらってビバシティで購入をしてきました。
 手引きが必要だったのではなく、デザインのことを後から色々と言われるということがありますし、娘のセンスを期待して付いてきてもらったわけです。
 カーテンとか服とか、デザインや色にこだわることでは女性陣の意見重視でないとだめですね。でも、本音は娘に選んでもらうのがうれしかったのですけど・・・。

 ブログへの書き込みを終えて鍼灸院を出たなら、銀行を二カ所回ってついでにおかずの買い物もして、年末ジャンボ宝くじを買ってから帰宅してきました。
 昼食は軽く済ませてほっとしたところですから、缶ビールでも飲みたいところですけどまだ外が明るいので、これは我慢です(当たり前)。
 それでも睡魔に勝てず、二階の寝室で畳の上に直接寝転んで昼寝をしてしまいました。しっかり一時間寝ていたようです。でも、まだ目やにが出てきていますねぇ。

ものすごい睡魔

| コメント(0) | トラックバック(0)

 水曜日は午前中のみ診療なので、今は既に仕事が終わったのですが急にものすごい睡魔に襲われています。
 昨夜はお風呂へ入り損ねたので小学生が眠る体制になったところで一人で入ろうとしたなら、幼稚園の次男も一緒にはいるということになり、腰を温めすぎないようにと気をつけていたのですが、次男に引き留められて相当な長風呂になってしまいました。
 おかげで夜中も手足はぽかぽかとしていたのですけど、早朝から目が覚めてしまいますし腰はしばらくへっぴり腰に戻ってしまいますし、体力も奪われていたようで睡魔に襲われていたみたいです。
 でも、予約枠を超える19人の治療はしていました。

絶妙の味加減

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は料理寝たが続きますけど、夕食のメニューからです。たこの刺身はお父さんがリクエストしておいたものであり、長男が豪快に切り分けていたのは「たこぶつ」そのものですから、とてもおいしかったです。
 鍋物の代わりに野菜を多く入れた汁へそばかうどんを入れるということで、味を調えるのですけど規制スープがなかったのでめんつゆと薄口醤油で味付けを男組でやりました。
 「野菜から水が出るから味付け段階では濃いめにしておくこと」と長男に教えていたのですけど、お母さんが麺を入れる前には「水で薄めたい」と漏らしています。それで結果ですけど、絶妙の味加減になっていましたね。
 治療も力業でその場での状態に会わせようとする人ばかりなのですけど、絶妙のさじ加減にすることを忘れてはなりません。

 スマートフォンを使っていて頭を痛めることがあるとすれば、それはデータ量とバッテリーの残りです。
 データ量に関しては年間90%以上を無線LAN環境の中にいますから、外で動画さえ見なければ私の場合は全く問題になりません。月刊3GBが使い切れない方が多いです。
 問題はバッテリーの方で、モバイルバッテリーを二つ所有していますからこちらも普通の使い方では問題になることがないのですけど、そろそろ本体のバッテリーが弱り始めてくる時期です。自宅で使っているiPod touchのバッテリーが、目に見えて弱ってきましたからね。四年間使っていますから、仕方はないのですけど。

 今朝は子供たちの朝食が手早く済むようにと味噌汁代わりでラーメンが出てきていました。
 「今回初めて買ってみたやつだったけど、どうだった」ということで、イオンオリジナルブランドのお得なラーメンだったということです。麺も味も合格点だと思っていたのですが、一つだけあっさり醤油に感じられません。
 「おいしいんだけど塩ラーメンだと思って食べていた」と本音を吐露すると、実は息子たちもそうだったみたいです。味が薄そうだったので塩こしょうを勝手に振っていたとかで、それで塩味の方が強くなってしまったのでしょう。「あっさり醤油」の意味があらへんやん。

 それで昨日に本部会の実技で急性腰椎ヘルニアを治療してもらったのですが、治療というよりも指示を出していたという感じであり邪専用ていしんの使い方を実習してもらったという実技でした。
 けれど自画自賛になりますが、邪専用ていしんの効果は絶大です。腰には違和感が残る程度で、大切にとっておいた自発痛がすっかり消失し腰全体が軽くなり、暖かさもありました。
 そして今日の昼休みは「早すぎる」ことがわかっていながらランニングを、また人体実験で行ってきましたけど、全く痛みがぶり返してきません。もちろん患者さんには、こんなこと推奨しませんけどね。
追記
 このエントリーは当初、最後の文面が乱れて意味不明になっていました、修正しておきました。ちなみに一日経過して、朝は少し腰痛を感じたもののその後に回復して今は全く痛みがありません。

昨夜は忘年会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の本部会が終わってからは、忘年会で騒いできました。忘年会では何年かぶりに大騒ぎをしたという感じです。
 会場までは会長が手引きをしてくれていたのですけど、ベテラン同士が座っていてもいつもの光景にしかならないので普段とは違うメンバー構成にしたいのですけど、入門部が固まっているところへ放り込んでもらいました。
 顔ぶれはなんとなくわかっていてもざっくばらんな話をするのは初めてですから、学校のことから臨床のことや鍼以外のことまで本当に盛り上がりました。
 あっそうそう、このブログを時々見てくれているという人もいましたね。

本部会の実技

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の本部会を終えて、今は米原まで戻ってきたところです。
 「邪専用ていしん」のリアルタイムでの効果は絶大であり、新しい治療スタイルへの手応えがあります。これが漢方鍼医会内部の者というのが、実に惜しいところですけど・・・。
 それにしても菽法ぴったりの状態にできているのに比較脉診の呪縛からわざわざそれを崩していたという状況について会長の方から相談があった件、一年半前に既に発表していたこととはいえ漢方鍼医会全体が動き出す予兆ですね。

 今は東京の本部会へ向かう新幹線の中であり、まもなく名古屋というところです。ちょっと眠いです。
 新幹線へ乗ったところでパソコンをネットに接続させようとしたのですけど、以前に接続させたことがありますしマイクロソフトアカウントで紐付いているので設定がほかのパソコンから引き継がれているはずなのに、iPhoneが検出されません。
 意地になって調べ始めたなら段々と目が覚めてきてしまったのですけど、南彦根駅の空き時間にも打ち込みをしていて電車が入ってくるというアナウンスから慌ててリュックへしまい込んでいたのであり、この時に無線LANの物理スイッチがオフになっていたというのが原因でした。スイッチを入れ直したならら、あっさり接続されました。

久しぶりの20人

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の午前中は、久々の20人を達成でした。助手が二人いてくれないと達成できない数字なのですけど、一人は素人のパートさんですがなんとか達成です。
 新患さんが入っていたり日本語の全くできない外人さんには通訳さんが付き添っていたりとバラエティーに富んでいたのですけど、最後は強引に時間を間に合わせました。
 でもでも、やはり免許を持った助手が常時もう一人足りないのであります。

恥ずかしい思い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の梨状筋下溝の続きになりますが、深夜にネットでアニメを聞いていたのですけど自分の急性腰椎ヘルニアをまだ大切に持っているので仰臥位のままではずっと寝ておられず、側臥位になったときに確認をしていました。
 まだヘルニアはしっかり触れられるので日曜日の本部研修会で触ってもらうことができるのですけど、臀部を探ると自分にも梨状筋下溝の纐纈が触れます。
 「あぁこれか」と思い出していたのですけど、ここは毫鍼で置針をしていた時代には小野寺と併せて好んで用いていた箇所です。なんということでしょう、ていしん治療になってから忘れてしまっていただけで過去には頻繁に用いていた治療点だったのです。恥ずかしい思いがしてきたなら、そこから眠れなくなってしまったのでありました。

 それからもう一人腰痛で苦戦している人がいまして、この場合は二ヶ月近く自発痛も止められていないという状況です。
 以前の激痛だった腰痛がきれいに治癒しているのと家族がほとんど来院されているので信頼から続けていただいてはいるのですけど、気の毒でなりません。
 前エントリーのことを思い出しながら探っていると、今度は梨状筋下溝に強い硬結があります。以前から小野寺などは探っていたのですけど、ここも発見が遅れて申し訳なく思っています。でも、まだ結果は出ていないのですが・・・。

 先週は肩関節の激痛が実は途中から亜脱臼を起こしていたというのを書いていますけど、今日は苦戦中の腰痛が秩辺の内側に強い硬結があり、発見がやはり遅れていたというものがありました。
 ここはかかとの痛みの治療点であり、問診し治すと深くしゃがむことができなかったり階段では内踝に違和感や痛みがあったといいますから、秩辺の内側が適合していたわけです。
 この患者さんは数年に一度は強い腰痛を持って来院しているのですけど、少し階数さえあれば治癒していたので向こうもこっちも安心して深く問診できていなかったのが間違いでした。

今朝の靴下事件

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝の自宅での出来事です。
 目が見えませんからものをなくしてしまうと探すのが大変なので、常に同じ場所へ置く癖がありますし(これは当たり前のことですね)、一時的な保管にしても必ずセットにしておいて後で手を伸ばすだけで分かるような形にしています。
 ところが今朝は布団の上で自己治療をしていて、その後に靴下をはこうと横には持ってきたのですがもう少しだけ横になろうと靴下をもっと分かる場所へ移動させずにそのままにしたなら、次に布団をどけたときに靴下が散乱してしまいました。もう慌てたならだめですね。余計に蹴散らしていたようで片方だけは見つけられましたが、もう片方はかなり遠くへ飛んでいて差し出してもらったということでした。

今の目的

| コメント(0) | トラックバック(0)

 それで電話が昨日はなかったショックの続きですけど、本日の午後は元々からかなり予約枠が埋まっていたものの当日申し込みで見事に残りの隙間が埋まっていったという感じです。
 午前中に8人というのは、普通の健康保険を取り扱わない鍼灸院であれば相当な数でしょうが「にき鍼灸院」にとっては平均以下の数字にしか聞こえません。毫鍼での刺鍼を基本にしていると、施術者が院長一人だとこれだけできつい数字でしょうね。按摩なら一日の限界数値でしょう。
 ところが午後は19人でまだ時間が余っていたのですから、それも助手が一人なのですからでたらめです。数字のみにこだわっているわけではありませんけど、「田舎であってもこういう鍼灸院が実現できるのだ」という事実が現在は大切なのであり、消費税増税に反比例して医療への投資比率は下がるのが目に見えているのですから、実力ある鍼灸院の存在を世に知らしめるのが今の目的です。

電話

| コメント(0) | トラックバック(0)

 もう昨日のことになりますが、水曜日は午前中のみの診療だということがよく知られているので電話の数も少ないのが常です。
 昨日は8:45から予約が入っている状況だったので仕事そのものは忙しく動かせていただいたのですけど、電話が全くありませんでした。
 一人で開業をした頃からしても、全く電話のかかってこなかった日というのは記憶がありません。例え予約キャンセルの電話しかなかったとしても、一本も電話がなかったというのは後から考えるとショックでした。
 有り難いことに本日は、連続で電話をいただいております。

 昨夜にもまた入浴をしたのですけど、昨夜の分は浴槽へ入っている時間も気にしていましたしすぐ布団へ入るようにもしたので、ここから直接に腰痛の影響はなかったかと思います。
 しかし、夜中から咳き込むようになってしまい風邪の一歩手前という状況になってしまいました。このために今朝は腰の痛みがまた強めに感じていました。
 今は腰椎ヘルニアの痛みよりも、本格的な風邪にならないようにと自己治療をしています。

 お米を自宅の玄関まで運んできた後なのですが、午前中の最後は11:30の枠に一人しか予約がなかったので隙間を縫って取りに行ってしまおうということになりました。
 自宅はすぐそこにあるのですけどパートさんの自動車へ乗せてもらい、玄関からお米を自動車へ積み込んだなら作業終了です。腰痛がぶり返す間もありませんでした。
 まだ仕事が残っているので家の中を見学というわけにはいかなかったのですが、ここの外構工事はパートさんの義父にやってもらったものです。

 急性腰椎ヘルニアの続きですが、今朝は倉庫から30kgのお米を担いで家の中へ持ってくる作業がありました。
 たまたま袋の一部が破れかけていたのでガムテープで補強をしていることもあり、腰への負担も考えて肩へ担ぐいつものスタイルではなく両手で抱えるようにして持ち上げました。個数が多くなると逆に腕が疲れますけど、このスタイルは腰にはいいですね。
 倉庫のドアを閉めるときにも膝の上へのせてしゃがんで行っており、腰痛が悪化することなく無事に作業を終えることができました。早朝にパジャマのままで外へ出たので、その方がつらかったりして。

 先週の土曜日に心の弱さからのエントリーで、診断の変更が遅れたため苦痛を余分に与えてしまった患者さんのことを書いたのですけど、右肩関節が激痛になっていた方が来院されました。
 肩関節の亜脱臼がやはり加わっていたということで、その夜から熟睡できるようになったということです。昨日は仕事をしたので痛みが戻ってはいますけど、以前ほどではありません。
 この方がなかなか力を抜いてくれないので肩関節の整復が進みにくいのですが、今日はお大笑いをしながらの治療が戻ってきました。

 今朝の腰痛悪化は鋭い痛みはそれほどでもありませんが痛む範囲が広がり、力が入りにくいのでしゃれになるレベルではありません。
 そこで先週の半ばからわざと中断していた自己治療をと、かなり数脈になっていましたから肝虚陰虚証として右偏歴へ衛気の手法をとていしんを当てていました。
 偏歴側の反応も少しおかしかったので抜鍼をしようとていしんを唇でくわえたところ、何気なく持っていたのが邪専用ていしんだったことが分かりました。もう一度慎重に唇で確認すると、えぐり混んで掘ってある穴からすごい勢いで気が抜けてきています。やっぱり補う目的では、このていしんは用いることができなかったということです。
 ちなみに本治法を終えた後、自分で骨盤矯正をしたなら痛みが今までよりずっと楽になりました。

 急性腰椎ヘルニアながらもサウナへ入っての結果ですが、泳いだ後であり短時間だったことから午後に仕事をしていても特別に感じるものはありませんでした。
 こうなったなら徹底的に人体実験をと、夜にしっかり入浴してみました。湯船へ入っていると、とても気持ちいいですね、患者さんの気持ちは分かるのですが・・・。
 夜中に痛みで目が覚めることはなかったものの、朝はかなり腰の痛みが増悪しています。またまたへっぴり腰です。

 半年くらい前に頼まれていたパンフレットを今やっと書き始めているのですが、お題はものが二重に見える「複視」です。
 ただ、複視だけでは中身が薄いので十二本の脳神経を書き出すことにより、顔面麻痺と三叉神経痛も併せて書くことにしました。
 ところが脳神経を間違いのないように説明しようとすると、これがうまくいきません。結局は学生時代の整理の教科書を持ち出してくることになったのですけど、「取穴書」の時にも解剖の教科書を引っ張しましたが、基礎教科は本当に大切です。

 今日の昼休みも、またプールへ出かけての人体実験です。まず柔軟体操は痛みが強くなるので、軽いストレッチでないと無理でした。
 泳ぎそのものは腰への負担を掛けないターンを既に覚えているのでスピードを上げてみましたけど、特に痛みが増悪することなく心拍数だけがマックス近くまで上がっていました。
 最後に、痛むときには暖めない原則をわざと破って、時間こそ短くしましたがサウナへ入ってきました。この結果は、明日の報告になります。

 急性の腰椎ヘルニアも一週間が経過したのですけど、椅子に座っている姿勢が一番痛みがありその次は疲れてきたときという感じで、日常生活には全く支障がないのでこのまま研修材料として東京や滋賀の人たちに見てもらうことに決めました。
 昨日は子供と昼過ぎから近江八幡へ出かけて居酒屋で三時間ほど座っていて、戻ってきてからもまた椅子に座ることが多く、映画を見ている間に急にひどくなったのと同じで座り続けることが腰へは負担になることを実感です。
 職業がデスクワークの人は、腰椎ヘルニアが治りにくいのがよくわかりました。

 今日はこれから娘がピアノの発表会であり、副院長も連弾でステージへ上がることになっています。
 男組はというと、一年半前の発表会で控え室に入れてもらっていたにもかかわらずうるさいのであり、時々は廊下にまで出てきてしまっていましたから今回は出入禁止の命令が出ているので、別の場所へ出かけることになっています。
 それで今は鍼灸院へノートパソコンとコンビニカードへチャージする小銭を取りに来たのですけど、ロボット掃除機がいきなり裏口のところでエンストしているのにぶつかってしまいました。リスタートさせて、しっかり掃除をしているか監視中です。

心の弱さから

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「最近は選経・選穴に迷いがない」と本治法が絶好調だと宣言しているのですが、ペースにはばらつきがあるとしても全員を直すことはできません。ハッキリ書いてしまうと、いつも苦痛から救えず悩み続けている予約が毎日必ずというほどあるのです。
 それでも力押しではないですが、多少の食い違いがあってもそのまま強引に治癒してしまうのが鍼灸治療のすごいところであり、怖いところです。
 それだけに一度回復のパターンにはまってしまうと途中から脱線をしてしまっているのに心で否定をしてしまうのは人間の弱い面で、今日はお二人も一ヶ月近く回り道を指せてしまい疼痛に苦しませてしまったことを反省に反省していた一日でした。
 まだ結果は出ていないのですけど、本当に単純な診察ミスです。ミスというよりも新たな変化を見ようとしていなかったのであり、先生と呼ばれる人種ほどあほな人種はいないのだと、自分のことが本当に恥ずかしいのでありました。

 急性腰椎ヘルニアの追跡レポートですが、昨日の水泳をしてから午後の診療はとても全身が軽い状態で仕事をこなすことができました。
 たぶんこれは「ランナーズハイ」が私にもあって、やっとスポーツをすることができたことから脳内アドレナリンが放出されていたのでしょう。ランナーズハイというのは、スポーツを少しでも強くとトレーニングしている間にトレーニングすることそのものが一種の快感となり、練習をしないとストレス状態になってしまうことをいいます。
 それで今日なのですが、やっぱり朝は疲労から少しだけ腰が伸びにくく痛みもあったのですけど、へっぴり腰にはなりませんでした。座布団の上で座っていると、腰痛が強くなっていますね。

 何故か先週から強烈なぎっくり腰の人が連続していて、90%は一回のみの治療でOKが出せているのに複数回のことの方が多くなっています。
 それからぎっくり腰以外の腰痛も骨盤が大きくずれてしまっているケースが多く、いつもより回数を多くしなければ調整しきれなかったりします。
 先月が下旬に掛かるまで異常なほど暖かかったところから急に寒波の中へ入ってしまったせいでしょうけど、来週からがちょっと恐ろしかったりします。

 急性の腰椎ヘルニアですが、今日の人体実験は水泳をしてどのような痛みが発生するかでした。
 以前に大腿骨の疲労骨折を起こしたときにターンが下半身へどれだけ負担を掛けているのかは身にしみていたので、おそらくターンが一番痛みを出すだろうと予想していたところ、ピッタシカンカンでした。次第に泳ぎが戻ってくると上半身を変にひねらずターンができたので、力の抜き方が大切だと改めて感じました。
 バタ足での腰への負担ですが、これも最初に痛みを気にしていると余計な力が入って下肢がしびれたようにも感じましたが、力が抜けてきたならほとんど気になりませんでした。
 仕上げの背泳ぎではどちらも気になることがなく、今は鋭い痛みが消失してしまっていますね。まだ若干の自発痛はあります。

 昨日に急に降ってきた災いのような自動車の買い換え話、新車購入を見送ることは決めたのですがその後をどうしたものか、考え始めると昨夜はあまり眠れませんでした。
 昔の「地下鉄はどこから入れたのか考えると夜も眠れなくなった」の漫才ではありませんけど、移動と命に関わることですから先送りのあまりできない問題なので気になって仕方ありません。
 朝になって話し合った結論ですけど、安全性に問題がないのであれば車検の時に修理もしてそこからに年間を最後まで乗り続ける。でも、年末に一応中古車は下見をして「これ」というものがあったなら、それはその時に考えようということにしました。

 先週にパートさんのiPhoneがガラス割れを起こしてからの騒ぎは既に登校しているのですけど、iPhone5ですから契約が終了した本体は引き取って格安修理の業者でガラス割れは修理してiPod touch状態にして使うことを奨めました。
 ご主人が「もうiPhoneは不要だから」とこの際ですからガラ携に戻されたものの、「iPad miniが仕事上に欲しい」ということで、たまに外で使うためのモバイルルータのアドバイスをといわれていたのですけど、本日にネットを調べているとAU系統のMVNOでもネット接続が復活した話は聞いていたのですが5シーズでは無理と公式記事にはあったのに、実際には接続できるというブログをいくつも発見してしまいました。
 これは格安simでの運用が理想とされていたのに申し訳ないことをしたかと後悔していたのですが、考えてみれば外でアプリからの確認が必要でも自分だけならiPhoneのデータsimを刺しておけばいいのであり、顧客のためにiPad miniが必要なときはテザリングをすればいいのであって、モバイルルータの購入が省けたのですからベストな形になったのでしょう。

 昨日の夕方から、自動車のエンジンがかからないトラブルが発生していました。
 幸いにも今日は自動車がどうしても必要な用事がなかったので助かりましたけど、ディーラーに修理を頼んで回復はしているのですがショッキングな通達も。
 子供が小さいので汚されまくるでしょうから今の自動車は中古車で購入したのですけど、13年が経過して十万キロに迫っていることもあり車検が来月なのですけどこの二年間で相当にがたがたになってしまったみたいです。
 車券では三十万円に達してしまう可能性も大いにあるようで、この際ですから新車の購入を勧められます。でも、今年は自宅を新築したばかりですし本当にお金も底をついているのですが、次から次へと新品購入では周囲の目もありますし患者さんにも申し訳ないので、まずは新車購入だけは避けることに決定しました。

 今朝はポッドキャストを聞くために必要なiPod nanoがパソコンから認識されないトラブルに見舞われました。
 iPod nanoは第四世代で既に七年も使っているものであり、アップルからは修理対象から外れてしまったという骨董品なのですけど、クリックホイールの便利さは特許訴訟でなくなってしまったとはいえ未だに捨てられません(電池もまだまだ元気であり動いているのですから捨てる必要もありませんが)。
 しかし、問題はアクセシビリティ操作のためパソコンから題名の音声をパックにして送り込んでいるのですけど、XPパソコンにしかきれいな音声データがないことです。そのためほっどきゃすと専用に、まだネット接続が生きています(もちろんウィルスソフトは入れてありますし更新プログラムも今でも提供を受けています)。
 昨日まで何事もなく連動してくれていたのに今朝は何度パソコンを再起動しても連動しないので、「やっぱりもうXPでは限界なのか?」とパソコン側ばかり疑っていたのですけど、ヘッドホンを差し込んでiPodの動作を確認すると何も聞こえません。懐かしい真ん中と上の同時押しでiPod nanoをリセットしたところ、今度は連動をしてくれました。またパソコン君を疑ってしまい、ごめん。

 昨日に骨盤矯正の実習台にもなった急性腰椎ヘルニアですが、さらに痛みの程度は軽くなり「研修会でみんなに触ってもらうためにわざと治癒させずにおいてあるんです」と軽口が出るくらいにまでなりました。
 昨夜はずっと控えていたお風呂も、湯船へは数十秒しか入らなかったもののしっかりシャンプーをすることもできました。
 残りは少なくなったとはいえ自発痛に痺れを切らさないかだけですね。

 毎月最初の水曜日は銀行への入金をする日だと定めています。
 以前からの夢だったのですが、いつもは信用金庫の方が何でも頼みやすいので千円札での入金もお願いしてしまうところを、滋賀銀行の方で千円札を重ねての入金になりました。税金関係は滋賀銀行へ一本化させているので、どうしても入金はこちらの方が金額が大きくなります。行員のお姉さん、緊張して千円札の札束を数えてくれていました。
 まぁそれでも昨夜に帳面の整理をして税金などをネットから確認済みなのですが、予定納税ということでごっそり引かれていたのであり、固定資産税とか国保の保険料とか、まったく何のために仕事をしているのかという感じになります。

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎月の入金ですが

 ぎっくり腰から急性の腰椎ヘルニアですが、今日も敢えて自己治療は行わず、代わりに実技実習をスタッフ間で行いました。
 まずは腰椎ヘルニアの場所確認であり、これは慣れたものですからすぐわかります。月曜日より、まだ幾分ですが改善していました。ここへ邪専用ていしんを行うと気が巡り、ヘルニアの箇所も物理的に小さくなりますし痛みも小さくなります。
 そしてメインイベントの骨盤矯正ですが、衛気や営気の手法と同じく力の頂点で手を離そうとするとこれは遅いのであり、八合目くらいから脱力の準備に入るとちょうどだという説明をして実習です。実際に押し込んで矯正するのではなくバウンドさせた反動で入ってもらうのですから、このタイミングが一番重要なのです。

 昨日はあえて自己治療はせず円皮鍼のみで経過観察をした急性腰椎ヘルニアですが、昼寝をするときにはやはり最初仰臥位になるとかなりきつい状態ながらも側臥位になってからだと普通に眠ることができました。
 仕事も夕方手前までは詰まっている状態でしたがあまり苦痛を感じることなく動けていて、その後のデスクワークの方が腰全体の重たさを感じている状況でした。
 帰宅して夕食時は飲酒をしていたこともあって全く忘れており、入浴は控えて就寝したところ今朝はへっぴり腰ではなく姿勢がいきなり延ばせました。でも、段々と重たい痛みは出てきています。
 本当に今さららながら、円皮鍼の効果には感謝です。

 先週にガラス割れが発生してしまい大騒ぎになったパートさんのiPhoneですけど、週末にショップへ出かけて保有ポイントなど色々と計算をしたところ6Sへの機種変更ということになったらしいです。
 二年間はキャリア契約を維持しないと違約金が大きいのですけど、simロックを解除してしまいその後はMVNOでの格安運用を見据えれば先行投資になるという判断をしたそうです。
 電池交換を途中で行えば、最新機種ですから五年間くらいは現役で使えるでしょうし、賢明な判断だと思います。ただし、途中で壊さなければね。ハードバンパーの装着を勧めておきました。

 しかし、急性の腰椎ヘルニアですから痛みがまだ強く、下側の円皮鍼を抜いてしまうとせっかく軽くなっていた痛みが戻ってくるのはちょっとつらいです。
 それで膀胱兪に施していた下側の円皮鍼を流注より少し内側でやり直すことにしたなら、やはり少しですが経絡の流れ肩を重くするものの一時間前の状態とは相当に違います。
 円皮鍼の持つ鎮静効果がこの場合は有効ということで、経絡を狙っての打ち込みと沈静を狙っての打ち込みは共存できるものの、流注には十分な注意が必要だということになります。

 一晩経過してのぎっくり腰から急性の腰椎ヘルニアですけど、就寝中は熟睡であり夜間痛の発生はありませんでした。
 しかし、すぐ起き上がることはできず、またへっぴり腰です。力を入れることはできました。
 円皮鍼は二カ所のままで朝食をして出勤してきたところで下側のものを抜いてみると、膀胱経の流れがよりスムーズになるのを感じました。
 円皮鍼は擬似的に流注を回復させられるという理論で用いているのですから、同じ経絡上で二カ所というのはやはり過剰なのでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。