2016年5月アーカイブ

今朝はそうめん

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の朝食は子供たちに手早くしっかり食べてもらえるようにとそうめんにしたのですけど、季節の走りとはいいながらもおいしかったですね。
 それにしても乾麺をゆでるときには差し水が常識と思いきや、即席ラーメンを基準に考えている人だと全く考えに入っていないのかもしれません。
 また差し水は昔の炭火では温度調節が難しかったのでやっていたことという説を聞いたこともあるのですが、やっぱり差し水をした方がおいしくなるようです。

今日のランチ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昼休みにランニングをしようと喜んで出かけたのですが、今月は特別に月末が連休になっていてドアが閉まっていました。スポーツクラブのくせに、休みすぎです。
 それで元々から昼食は外で食べることになっていたのですけど、思わぬ時間ができましたから入ったことのないイタリアンへ行ってみました。白杖を見て、とても親切に対応してもらえてうれしかったです。
 それでサービスランチだった仮名パスタのセットを注文したところ、サラダ・パン・スープ・パスタにデザートで1000円ですから、それもパンとスープはおかわりし放題ですから大変お得でした。でも、おっさん一人で入るお店ではありませんでしたね。

衛気のどかせ方

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の研修会でいろいろ収穫があったのですが、営気の手法を行うときにはまず衛気をどかせてからという原則があるのですけど、講師合宿でも宿題になったようにやり方にばらつきが出ています。
 要するに鍼を行う前に衛気をどかせてしまえばいいのであり、取穴をするときには必ず経絡の流注に従ってという固定観念が強すぎたことに気づきました。
 まず正確な取穴のためには流注に従って営気のスピードに応ずる指の動かし方で探るのですけど、一度正確に取穴できたならそこから衛気をどかせば問題はないということです。これが直角に指を動かす回数など、これから追試をしていくことになります。

 実技中心の研修ということで、一番見たかったものは邪論(五邪論)でどのように選穴・選経していくかということだったのですけど、前段階の実技から相違がないので大きく違わないという確信はありました。
 そして最後に解説をしながら実際の治療が行われたのですが、ほぼ間違いない考えの組み立て方だったので安心をしました。
 そして安心をしたなら昼食ではビールも出され、しっかり飲んで聴講費の5000円は安いものでしたね。
 そして飲み足りないこともありましたし、久しぶりなのでいろいろと話したいこともありましたから名古屋駅の地下でみんなで飲み直したのですけど、こっちはさらに盛り上がりました。本音で語り合える場が持てたこと、一番の収穫だったかもしれません。

 今日は愛知漢方鍼医会が大阪の森本先生を招聘して、五邪論での治療について実技中心の研修会を開くということですから参加をしてきました。
 少し早めに出発して東京での合宿へ出かけるときに食べられなかったきしめんを食べて時間つぶしをしておくのか、集合時間ジャストの電車でチャンスがあれば程度にするのか迷ったのですけど、大垣での乗り換えにチャレンジしたかったのでジャストの電車を選択しました。
 ところが米原駅でのトラブルで東海道線が動きません。さらに当初アナウンスであれば新幹線に切り替えれば間に合うというところがさらに一時間運転再開が遅れるということで、電話をして自動車で米原駅まで送ってもらうことに。
 何事もなくスムーズに進行するのがいいのですけど、こういうトラブルがあったときほど記憶には残るものです。今回の夏季研、どういう結果になりますことやら。

 半年前にも一度やってしまった失敗なのですが、普段から何かと来院されている患者さんが肩関節痛を訴えられて最初は順調に回復しているものの、途中から逆に悪化して自発痛も発生するようになってしまったケース。
 今までが少しごねた腰痛などでもそのうちに回復するものですから、「またか」という感じで突っ込んだ診察をやり直していなかったところ、激痛になってしまい腕の置き場所さえないと訴えが緊急性を帯びてきました。
 痛みのために筋力が落ちて、いつの間にか肩関節が亜脱臼を起こしていました。亜脱臼になること自体は私の責任ではないものの、それをいち早く見抜いてあげられなかったのには心が痛みます。

 夏季研でパネルディスカッションの司会を担当することになっているのですが、通常であれば抄録はもう提出済みの時期なのに一行に連絡が実行委員会からありません。
 しびれを切らせて明日の勉強会の集合連絡に合わせてメールをすると、やっと返事が戻ってきたのですがメールアドレスの登録間違いがあって私にだけ届いていなかったとか。
 原文を読むとその後に大して打ち合わせが進んでいる感じではなかったのですけど、司会者ですから朝から今までの情報をまとめたものを作成し送付しました。朝はこれだけで時間がつぶれてしまいました。

 午前中の仕事がかなり早く終わりましたから、昨日の「金庫破り」騒動を吹き飛ばそうと喜んでプールへ出かけました。
 隣のスクールでは流水機を遣って水の抵抗を作り出してのレッスンが行われており、プール全体にも影響がありますから往復でストローク数が違ってしまうのですけど、まさかまさかの壁へ額から大激突です。むち打ちになるのではと思えるほど、首まで痛くなりました。
 それでもめげずに1500mを目指して泳いでいたなら、今度は指に巻いてある傷テープが水圧でとれてしまい1000mでストップせざるを得ませんでした。最後は左手でテープを握りながら泳いだのですけど、指を伸ばしているか曲げているかだけで推進力が違うこと。
 自分の馬鹿さ加減に、笑い転げてしまいました。

 インターネットでのニュースを読んでいておもしろかったのですが、サミットでの夕食は晩餐会ではなくワーキングディナーということで、これも会議の一部になっているみたいですね。
 一泊二日の日程ですからこれも仕方ないのかもと思ったなら、実は最後の晩餐会は八年前の洞爺湖サミットだったとか。このときには世界食糧危機問題などを討議したのに、自分たちは豪華な食事かよと散々にたたかれたとか。一番お金をかけたのがその八年前の沖縄サミットで、もちろん晩餐会も最高に豪華だったらしいです。このときにも「そんなお金があればどれだけの子供が学校へ通えるのか」とたたかれたとか。
 そして七年前のイタリアではその年に発生した災害地へ場所を急遽変更し、復興の役にも立てさせたということでこのときからワーキングディナーに変更されたとか。
 世界の指導者たちには最高レベルの食事も必要と思うのですけど、世界を導くときにはしっかりした仕事をしてもらった方がやはりいいのかもですね。

 昨日の「金庫破り」騒動は、かなり着かれましてへとへとになってしまい、夕食が済んだならすぐ横になってしまいました。
 親父などは面白がって「新しい金庫をすぐ買え」といいますけど、あまりに疲れたので今はまだ次のことを考えたくないという心境です。
 考えてみればダイヤル式のものではいちいちダイヤルを合わせていると大変なので通常は鍵だけでドアの開閉をしているのですけど、それと変わらないレベルなんですよね。でも、セキュリティが高いのにこしたことはありませんからね。

 セキュリティレベルは半減したものの物理キーによって使い続けられるようになった金庫ですが、この物理キーというのがプラスチックでできていて100円ショップですぐ手に入る程度のものと思っていました。
 ところが番号がきちんと振ってあるかなり精密なキーらしく、同じメーカーのものでも似たようなキーを持ってきたとしてもそのままではほぼ使えないだろうということでした。
 「そんな大切なものだったの?」と驚いたのですが、予備キーをどこへやってしまったのかがわかりません。引っ越しをするまでは覚えていたのですけど、その机は既に処分してありますし・・・。
 慌てて探し始めたのですが、引っ越しの時に大切なものを集めた袋をこちらへ持ってきていたのであり、その中に予備キーがありました。これでやっと一件落着です。ゆっくりまた新しい金庫の購入をしてきましょう。

 金庫事件の結末ですけど、業者に来てもらってまず確認をしたところエラーはテンキー基板の破損ということで、基板交換修理というのはないことからドアを開いた後は電子ロック部分を除去ということになりました。
 電子ロックタイプのものは、普段シリンダーが落ちていてロックバーを通さないようになっている構造に、電磁石の反発の力を利用してパスコードが一致したなら数秒間シリンダーが持ち上がるように電気を通すようになっています。
 この基板が電池交換などの時にタイミングが悪いと破損を引き起こすことがあるらしいです。でも、交通事故に遭遇するようなものですから確率は低く、運が悪かったとしかいえません。
 幸いにも物理キーとの二重ロックになっているタイプだったので、セキュリティレベルは半減してしまいましたが金庫として使い続けるには問題ありませんでした。

 金庫この話が続きますけど、昨日にメーカーとのやりとりでテンキー基板が故障しているのではないかということであり、その後にいくつか鍵開けサービスの会社を調べて電話もしてみたのですけど、金額的には同じようなものでした。
 メーカーから委託してもらうと症状が既に伝わっていますし、補修部品と交換してという試みもしてくれるでしょうから、やはりメーカーから頼んでもらうことにして朝から電話をしました。
 「今日中にできるだけ早く来て欲しい」と要望を出したなら「一時間後くらいで」という返事だったので、まさかそんなに早くとは思ってもいませんでしたから午後の仕事から手が離しやすく駐車場も開いている時間帯に変更してもらっています。うまく修理ができればいいんですけどね。

金庫はだめかも

| コメント(0) | トラックバック(0)

 アルカリ乾電池に交換すれば金庫の問題はあっさり解決すると信じていたのですが、現実はそれほど甘いものではありませんでした。
 充電式電池は相性が悪いということなのですけど、逆にアルカリ乾電池へ交換した方が電源そのものが入らないのでありプラグの抜き差しをしてもだめです。逆に充電式電池の方がエラーにはなるものの確実に通電はしているのであり、そうするとテンキー基板に問題がある可能性が高いという話です。
 金庫のドアそのものは業者に頼めば必ず開いてくれるものの、テンキーの基板が壊れていたとなるともう修復不能だとか。しかも業者の出張と作業費用がかなりします。これで新しいものへと買い換えねばならないのであれば、今月は予定外の大幅な出費になってしまいます。でも、金庫は必要ですからねぇ。

 今はちょっといらいらしています。仕事が終わってからなのですけど、二階の掃除をしてもらっていたなら突然に掃除機が動かなくなってしまい、汚れからのエラーだろうといろいろやるのですが回復してくれません。
 そして同じ時間帯に今度は金庫が開いてくれません。今までからも電池を抜き差ししないとうまく動かないことが頻発しているので「またか」と思っていたのですけど、今日はエラーランプが点灯してしまいます。
 金庫のメーカーを教えてもらいホームページのFAQは見たのですけどよくわからないので電話をしたところ、やはり電池が怪しいということです。ただ、何度も暗証番号を打ち込んだからと勝手にロックされるなどということはなく、番号の変化もないらしいですからこれからアルカリ電池を購入してきて、それで試してみます。

 昨日にロボット掃除機が、入院から戻ってきてくれました。
 詳しい修理明細はまだ読んでもらっていないのですけど、一部の基板交換をしてあるみたいです。保証期間内ということで、無償対応でした。
 それでタイマーをセットしてもらい今朝から勤務再開となっているのですけど出勤してきたときには床の掃除が終わっているというのは実に気持ちいいですね。もちろん掃除の時間も大幅短縮です。すっかりロボット君は、鍼灸院の大切な戦力になっていました。

大きなお世話

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝に一台だけ興味本位で残してある8.1のノートパソコンへ、Windows10への自動アップデートがかかってしまいました。
 既にWindows10は二台使っているのでバージョンアップ準備は整っているのですけど、これまた興味本位で拒否をすればどうなるのかとやってみました。アップグレードには一時間くらいかかりますけど、ロールバックは半時間程度でした。でも、無線接続のセキュリティキーが消去されてしまうので、そのままではネットが復活できませんでした。
 それにしてもXPから強引に買い換えさせられたのは大きなお世話でしたが、10へのアップグレードが知らない間に実行されてしまうというのも大きなお世話ですね。私はアップグレード推奨派ですけど、メールを見ている途中で突然の再起動はさすがに参りました。

 昨日の夕方にいつも入っている胸ポケットから瀉法鍼がなくなっていることには気づいていたのですけど、今朝の急がねばならないときに限って瀉法鍼での処置が必要になったりします。
 常に保管庫には予備が準備してありますから今朝はそれを急いで出してもらったのですが、先日に黒のサインペンがロッカーの中へ落ちていたのに似て和室に落ちていたのを見つけてもらい一件落着。
 けれど以前には胸ポケットから道具がなくなってしまうことなどなかったのにということで気をつけてはいるのですけど、保管庫から出してきた瀉法鍼は治療用ワゴンに入れてとっさに予備として使えるようにしました。

肺病

| コメント(0) | トラックバック(0)

 邪論での治療が慣れてくると、治療決定までのプロセスが短いので段々と便利になってしまい、採用する確率が高くなっています。
 その中でも便利に感じているのが、肺経へのアプローチが容易になったことです。気血津液論では肺虚陽実証か肺虚陽虚証しか存在せず、肝虚肺燥証という陰虚状態のものはありますけど治療は肝経からでないとできませんし、肺虚肝実証は肝実の方がメインです。
 ところが肺病というくくりにすると肺経の変動が大きい病症に対して無条件に使えるのであり、しかも陽谿からの治療も非常に効率的です。先週は娘の風邪がなかなかすっきりしなかったのですけど、陽谿から邪論で治療をしてすぐ回復してしまいました。

 またちょっとiPadの調子が悪くなってきていて困っています。
 鍼灸院にあるネット接続ができる二台のパソコンにそれぞれバックアップはとってあるのですが、一台のパソコンで復元時に一度失敗がありそのパソコンへ接続すると調子がおかしくなってしまいます。普通に使っているだけなら問題ないのですけど、パスコード入力などで急に音声が出なくなってしまいます。
 なんとかここを突破して、きれいな状態に戻すのには一日かかってしまうでしょうね。

 音声データで聞いていますから今頃「医道の日本」4月号なのですけど、これまた古いですが平成25年度の健康保険金額のことがニュースに出ていました。
 聞き流していたのでおおざっぱな数字ですけど、鍼灸が300億円台の半ば、マッサージが600億円台の半ばに対して、柔道整復は3000億円台後半という数字でした。
 この柔道整復の数字が多いか少ないかについては、国民保険の1%ですから個人的には少ないと感じました。それよりも鍼灸とマッサージが順調に伸びているのに対して、一年で100億円も減少しているというのには驚きました。
 年によって多少の変動はあるとしても、一年間で100億円というのは明らかに保険請求の枠から外されている途中だということでしょう。お世辞にも明るい話題が多いとはいえない鍼灸の世界ですけど、柔道整復の世界の厳しさもすごそうです。

 最近は100円ショップでスマートフォングッズが売られているのですけど、充電ケーブルは破損することが多いグッズですからモバイルバッテリーを持ち歩くときに一緒に使うと破損させてしまっても被害が少ないので便利です。
 しかし、安いものにはそれなりのこともあってiPhone用なのにリバーシブルでは使えないというところがありますし、データ転送できないケーブルというのもあります。
 そして今朝はうっかりバッテリー切れにさせてしまったところ、この安いケーブルからでは復帰させられないという事例も発見。純正ケーブルは引き出しにしまっておいたので、こちらから復帰させられました。

昨夜はお誕生会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜は私のお誕生会ということで「ちゃんこ鍋」へ、久しぶりに出かけてきました。
 肉団子を最初に入れきっておかねばならないのに中途半端だったりサイドメニューの方を気にしていたりと鍋にみんな集中してくれないのですけど、やっぱり鍋料理はおいしいのであり特に最後のうどんは最高でした。
 最後はデザートになるのですけど、これは帰り道のコンビニで調達でした。

小児鍼での針箱

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は小児鍼が多い一日だったのですけど、今年度から小児鍼用のていしんはポケットには入れずに出窓のところへ針箱を置くように変更をしています。おかげでポケットの破損がなくなりました。
 当初はついつい左ポケットを探って「あれれ」ということを繰り返していたのですけど、ようやく最近はまず針箱を持ってくる癖がなじみました。
 赤ちゃんくらいだと針箱が見えてしまうので警戒されてしまいますから、今後はこの駆風という宇ところですね。

 自ら書き込むというのも少し変な話ですけど、本日5月21日は私の誕生日です。51歳になりました。
 昨年は大台に乗るということでいろいろと気にすることや思い返すことなどあったのですけど、自宅を建築して引っ越しから一年、日常生活としては落ち着いた一年が過ごせてとても幸せでした。
 ここからの一年間は、鍼灸という技術を守り伝えていくためのターニングポイントに来ているという切迫感があり、一人で立ち向かうには大きすぎる宿題ではあるもののなんとか突破口を開くだけでなく具手タイ的な行動を起こしたいと気持ちを練っています。
追記
 5月21日の歴史上の出来事は、「日本書紀」の完成・京都で初めて小学校が開校、そしてFIFAが結成された日だそうです。

 ロボット掃除機が入院をしてしまいましたので、今朝からはしばらく手動で掃除機をしなければなりません。
 けれど以前とは違ってコードレス掃除機で一通りできますから、コンセントを探したり電源コードを気にすることなく掃除機ができるので、昨年の冬のようなことがなく楽でした。
 でもでも、やっぱり一度知ってしまった便利さは忘れられないものであり、ロボット掃除機が一週間くらいで戻ってくればいいのにと思っています。

 本人の訴えとしては右脇腹の強烈な痛みで、肋間神経痛ではないかということでしたが、これは素人さんが勝手に病名を探してきたもので当てになりません。
 実は八ヶ月前に子宮がんの摘出でも大規模な手術を受けており、左足だけはほてって発熱しているのではというくらい熱いのにその他の手足はとても冷たく、術後のアンバランスから来ているものとして局所には手を触れない宣言をして治療を開始しました。
 病症はまさに「邪論でやってください」という感じであり、最初は悪血中心で肺虚肝実から開始し、体調全体が向上し痛みも局所的になりました。前回は片足がほてっているのにもう片足は冷たいのが特に目立ちますから「身熱っす」で火穴をまず選び、津液の巡りから腎病として治療をしたところ、今日は夜中に寝返りをするときに若干痛むだけとなっていました。
 もちろん体長はさらに向上しているのですけど、左右の足の熱がほとんど同じになっていたことが印象的でした。宣言通り局所へ全く手を触れずに治療していますが、完全にお任せとなっています。

 ポッドキャスト受信専用とさせているXPノートは、内蔵無線モジュールの調子が悪いので昔々に使っていたPCIカード型のモジュールも装着させているのですけど、先月のモバイルルータ設定の時に企画が古すぎて対応できないことが多いのに力不足を痛感でした。
 そして最近もポッドキャストの受信が思ったほどのスピードでは完了してくれないのでいらいらすることがあったところ、たまたま間違って内蔵モジュールのスイッチをオンにしていたなら軽く受信を完了させています。
 休憩も長くできたでしょうから今朝からはまた内蔵モジュール優先ということにしたのですけど、やっぱり早いですねぇ。時代にはかなわないということでしょう。

 今日から入院することになったロボット掃除機ですけど、今朝は入院までの最後のお仕事ということで頑張ってはくれました。
 さて夕方に集荷してもらうことになっているのですけど、梱包をしておかねばなりません。それなりに大きな段ボールが必要なのですけど、ちょうど前の助手がカルテ管理をするために購入したパソコンの箱がまだ残してありましたので、これを活用することに。
 緩衝材まで残っていたので箱が大きすぎるのをちょうど調整してくれると一度出してロボット掃除機を入れ、緩衝材を戻していくと見事すべて入ってしまいました。緩衝材って、便利ですね。

 ロボット掃除機の液晶画面が消えてしまってから十日間、昼間の明るい時間帯に掃除をさせるときちんとステーションへ戻ってくるのですが予約掃除ができないので夜の真っ暗な状態だと戻ってこないのであり、光学カメラに頼っている部分がやはり大きいようです。
 購入してから一年三ヶ月で買い換えるのはもったいないと思いつつネットを調べ始めたのですけど、ルンバは種類が多すぎてよくわかりませんからダメ元でメーカーサポートへ電話をしてみると、本体保証が二年間でありまだ無償修理期間だということがわかりました。
 集荷は明日でないと対応できないのですけど着払いでの送付が可能であり、しばらく手動で掃除機をしなければならないもののこれはラッキーでした。

 午後からは結局、スポーツプラザでランニングをいつもの昼休みより相当に長く走ってきました。おかげで大腿部には既に筋肉痛がしており、自発痛になっています。
 汗を大量に出していたところへサウナへも入り、絞れるだけ汗を絞ったという感じです。
 遅い昼食をしてから自宅へ戻ってきて、思わず昼寝をしたなら爆睡となり重たい気持ちは完全に抜けました。

 やっと昨日のニュースから気持ちは前向きになってきたのですけど、それでも何かでストレスを一気に発散しないとハイテンションにはまだ遠い感じです。
 午後が休診ですからランニングをしようか思い切り長距離を泳いでみようか、けれど倦怠感が残っているので思ったほど動けなかったらまたそれがストレスになってしまうかもとまだ迷ってはいます。
 けれど考えているだけでは何も変わらないので、とりあえず身体を動かしてきます。

 今日は仕事が始まってすぐ、9時台のニュースを聞いてから気分が落ち込んでしまい、どうしようもありません。私が今からくよくよ考えても、それもどうしようもないのですけどね。
 真夜中に彦根で火事があったというニュースだったのですが、名字が珍しいので通院されたことのある患者さんのところだとすぐわかりました。死者が出ているというだけでも知り合いですから痛ましいことだと聞いていると、五歳の子供だといいます。私が"チビザル"とニックネームをつけた男児に間違いありません。
 恐怖と苦しさは幼い命にとってどれほどつらいものだったろうかと考えると、胸が張り裂けそうな感情となり気持ちが落ち込んでしまいました。今日は一日、ハイテンションには戻れそうにありません。
 "チビザル"、天国で元気に遊んでいてね。

指のけがの続き

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先週の木曜日にけがをしてしまった両手の指ですけど、一番ひどかった右の中指については血液がにじんでいたので一度救急テープの交換をしていましたがほかもそろそろにおいが出てきていたので、昨日の昼休みにプールへ出かけるところですべて取ってしまいました。
 左手については既に傷がわからない程度まで回復しているのですけど、右の中指と薬指については色こそ戻っていますがまだかなりえぐり取られているのがわかる状態でした。
 そして中指は先端が強く腫れていて箸を持つと痛みがあったのですけど、今朝は腫れも痛みも半分程度に回復しています。もう二日程度で完全回復でしょう。

 それで昨日からの体調不良ですけど、モデル患者として治療をしてもらってかなりが回復したものの今朝からも熱っぽい感じが自覚的にはしていました。
 それでも日程のこともありますし、昼休みにはプールへ出かけていました。今の研修会の規模を抜群に大きくするのと助手募集に学生の目を向けさせる偉大なアイデアを導きたいという気合いも入れるため、体力を超えて800mのロングを泳ぎました。実際には900m泳いでいるかもしれません。
 経絡治療というものが世間一般に浸透する言葉となって初めて鍼灸術の立ち位置が変わってくることはわかっているのですけど、それまでに受ける学校教育があまりに貧弱です。また心ある人たちといっても、実技中に間違いや欠点を自己改革で自力修正できる人は、ほんのわずかです。このような現状で、マスコミに大きく出るのは危険だと今まで出してこなかった理由なのですが、少数派の人材さえ飲み込まれてきているので猶予ならないのも現状です。

 今年の夏季研でパネルディスカッションの司会を担当することになったのですが、通年からすれば準備状況が大幅に遅れているのでアナウンスをどのようにすればいいのかを矢継ぎ早に質問していました。
 司令塔が複数あると参加者が迷ってしまいますし、私のように普段から指揮官をしているタイプの性格では情報が早く出てこないといらいらしてしまいます。
 情報に関しては実行委員会側でコントロールしてすべて流してくれるという返信が来たので、これで一安心です。七月の本部で行う自分の発表と、パネルディスカッションの司会にこれから集中できます。

 私は月例会に参加していたのですけど、子供には自宅で留守番をしてもらっていました。娘と次男だったのですけど、近所の仲良しの女の子を誘って、一日楽しく遊んでおり、最後は一緒にバイキングでの夕食もしました。
 副院長と長男は空手の滋賀県予選に参加をしていて、組み手の方はなぜか頭痛がするとかで棄権をしてしまったのですが型の方では優勝をして、八月の全国大会へと進むことができました。
 昨年は大会が終わってから東京スカイツリーで遊んでいたのですけど待ち時間が長すぎて展望台へ上ることができず、「来年全国大会へ来られたならそのときにはネット予約をしておいて上らせてあげる」という約束をしていたので、みんなで出かけることになりました。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会へ出席していたのですけど、出かけるときも始まってしばらくしても大丈夫だったのですが、休憩時間にトイレをしてから急に体調不良になってしまいました。
 二時限目の座学の途中ではちょっと我慢しきれない腹痛になってきたので再びトイレへ行って、その後は鈍痛だけとなりお弁当はもったいないので全部食べたのですけど、午後の実技は冷や汗の出ている状態でした。
 基礎修練は少し楽をさせてもらいながらも参加をして、治療の時間には一番にベッドへ上がらせてもらいました。その後も倦怠感は引きずったものの、体調は持ち直して彦根へ戻ってきました。

 救急テープを指に巻いている件の続きですけど、やはり今日も腹診の時に患者さんへ不快感を与えてしまわないかが心配です。
 こちらの腹診ができないことにも支障はあるのですけど、それは二日目になるとテープの巻かれていない位置で診察できるように学習をしますから、午後には克服してしまっています。
 一番困るのは肉が大きくそげ落ちてしまった右中指で、時間経過とともにここだけに痛みが集中してきますし、食事でスプーンや箸を持つときに力を入れると余計痛むので食事がいつもほど楽しめないことです。

 昨日からのiPadを複数のパソコンで別々のパスワードから復元できるかということについてですが、結論はまだ出ていません。
 一台目のパソコンでの復元が未完了状態ということで続きの作業をしていたようなのですが、結局はこれが完了できずもう二度リカバリをせねば検証したことにならないのであり、次男がお弁当運びをかねてゲームにやってきたので今日はお預けに。
 すっかりiPadの調子は戻りましたから結果オーライではあるものの、心はすっきりしないのでありました。

 そして今日は、丸一日iPadのバックアップと復元で勝手に振り回されていたのでありました。
 通常のバックアップをしているパソコン以外にiTunesをインストールし、わからなくなってしまったパスワードを無視して新しいパスワードでバックアップが作成できれば、機種変更などでもたつかないはずですけど端末にもパスワードが転送されているのか、納得できなかったからです。
 それで復元が完璧なのかを判断するのにiPadをリセットしようとして、最初にすべてのリセットの方を選んでしまい工場出荷時と同じにしなかったのが大失敗。復元を試そうにも、まずは端末の位置情報を消去するためにもう一度ネット接続が必要なのですけど、何故かボイスオーバーを使うとパスワード入力画面で音が出なくなってしまいまする。最後は助手にモバイルルータのパスワードを打ち込んでもら来、なんとか問題クリアをしました。
 でも、パスワードはパソコンごとに違ってかまわないのか端末にも転送されてしまうのか、はたまた新しいパソコンでパスワードを設定すればそれが最優先になるのか、結論は明日です。

 それで指のけがの方は、とりあえず救急テープを巻くことで止血して、指先も大丈夫ですから脉診には支障がありません。
 しかし、腹診が困ってしまいました。それも「よっしゃ」と最後にお腹をなでてたたくあの関西独特の仕上げの合図、お腹がいつものようではなくテープが巻かれているので調子が狂ってしまいます。
どの患者さんにもするわけではないですけど、あれは合図ですからね。それとたたかなくても腹診ができないこと、かなり不便でした。

 昨夜のことになりますが、夕食が終わってからiPadを自宅へ持ち帰ってやってもいいという約束に子供たちとなり、鍼灸院へ取りに戻りました。ロボット掃除機のことも気になっていましたから、一石二鳥と思ったわけです。
 ところが、帰り道で勤務から帰宅する自動車と何代もすれ違います。、どれも時間が遅くなっていることから帰路を急ぐのはわかるのですが、生活道路なのに「そんなに飛ばさなくても」というスピードばかりです。
 それで蛇行してくる自動車もあり、こちらもその場に停止しているか真横に移動するだけにしておけばいいのに斜めに道路の端へ歩いたので悪いのですけど、溝へ落ちて転倒してしまい、両手の指の何本かにけがをしてしまいました。特に右中指は肉がそげ落ちたという感じで、肉が盛り上がるまでに一週間は必要でしょう。
 それでも昼休みには水泳に出かけていたのですが、泳ぐ途中は痛みになれてもその後の食事でスプーンやフォークを握った方が痛かったですね。

 それから今日は、小さなミスが目立つ新人助手でした。約一ヶ月経過して患者さんの顔ぶれも一通り見たところであり、慣れない一人暮らしながらもこちらも少し慣れてきたならペースがわかってくるので、ミスを出す頃だろうとはわかっていました。
 予約カードが新しくなったとき、「こちらで処分しておきましょうか?」というセリフは絶対にマニュアルにはないことであり、「どうしますか?」と尋ねると95%以上は何らかの活用を兼ねて持ち帰られます。新患さんを案内したとき、まずは簡単に問診するようにと教育してあるのですけど着替えのことを先に強調しているので、余計に回転が落ちてしまいます。ほかにも無駄な動きが目立つのであり、ストレートの学生から社会人一年生にそこまで求めてはいないものの、今が教育のターニングポイントですからね。

 今日の午後一番にはオーバーブッキング、つまり予約の取り過ぎのミスでちょっと大変でした。
 オーバーブッキングを起こしてしまう要因にもいくつかはあるのですが、ほとんどは予約ノートを変更や新規申し込み、特に何度か変更されたときにその場で処理をしない単純ミスが多いです。ケアレスミスというごく単純な細かなミスをする人は、必ず繰り返してしまう癖があるので「自分にはケアレスミスの癖がある」と常に言い聞かせるしか、修正方法がありません。
 今日のところはどのタイミングでミスをしていたのかが助手には理解できたようで、すぐ素直に謝ってきましたからそれ以上の詰問はしなかったのですけど、一生懸命にやってもミスが出たレベルのものではありませんから本来なら大目玉のところです。

 ゴールデンウィークの連休がありましたから、毎月第一水曜を銀行の入金日と決めているのですが今月は前倒しで既に済ませており、今日は振り込みと両替に貯金の作業でした。
 振り込みは細かな金額になるので二回の金庫の前で作業をしていたところ、見慣れないエンドにはなっていない通調を発見します。見てもらうとほとんど取引はない銀行ですけどつきあいで定期積み金をしていた通調のようで、そのまま残っているかもしれません。
 もしこれが埋蔵金であったなら、かなりうれしいですね。

 これは私の単純ミスであり怠慢だったのですけど、月曜日の午後に気がついたならガスファンヒーターが停止してしまっていました。移動中にぶつかって安全装置を働かせてしまったことはあるのですけど、勝手に停止しているのはおかしい?
 そうは思いつつも忘れて火曜日になると、また午前中に停止をしてしまいます。これは明らかに安全装置が働いているのであり、考えられることは汚れです。
 午前中の仕事が終わってからハンドクリーナーで掃除をしていると「すごい汚れ方」といわれ、午後から停止することは回避されました。今日は外付けフィルターの水洗いまではできたのですけど、雨のため外へ出して扇風機で内部の綿埃を吹き飛ばす作業まではできませんでした。

 夏季研でのパネルディスカッションに関する報告と意見と提案のメールが一部返信されてきたのですけど、概ねは問題なさそうということで、さらに具体的な中身を考えています。
 今までの形式は一人の発表者についてフロアで討論し、その結果を発表者との間でやりとりする形式で、発表者がチェンジすると討議そのものもリセットしていました。
 今回は三つのポイントを決められた順序で話してもらい、フロアでの討議が終わったなら次の発表者ということにして、全体討議は最後に行います。ということは、司会者がどのように裁いていくかが決め手になるのであり、当日に一番頭を使うのは司会者になります。なんちゅう役目に指名されてしまったのでしょうね。

 昨日の午後は仕事の隙間をずっとキーボードをたたいていました。
 メールがいくつも蓄積していたので返信しておかねばならず、お知らせメールも含めて何通送信したでしょうか?
 加えて講師合宿の時に打ち合わせをしたパネルディスカッションについて、報告と意見と提案を合わせたメールは作成に長時間必要で居残りでやっと送信できました。

選経と選穴

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ合宿で出てきた宿題についてほとんど手がつけられていないのが現状なのですけど、改めて「邪正論」の講義を聴いてみると実に今の臨床と合致していました。
 最初に聞いたときにはそれまでの六十九難や七十五難の治療法則と大きく違うことや、いきなり陰経に営気の手法を加えていくということにまず抵抗感があって素直に受け止めていなかったのだと思います。
 そして私が実行委員長をした初めての滋賀夏季研の時には「証決定の手順」ということで選経・選穴の順番に絞り込んでいくことが大切だと話をしているのですけど、邪正論は選穴・選経の順で決定していけばきわめて単純に治療が組み立てられるのだと思いながら聞いたならその通りでした。

 昨夜に無事、東京の合宿と研修会から帰宅してきました。ゴールデンウィーク最後でしたけど、まだまだ東京には人があふれていましたね。
 それにしても驚いたのは合宿の実技が終わった後にお腹がすいたのでラーメンが食べたいとホテルのフロントに教えてもらって出かけたお店、ホテルからすぐ近くであり新宿駅もすぐ近くなのですけど、居酒屋ながら24時間営業なんですね。
 最近はファミリーレストランの24時間営業が減少しいるというのに、昨日の朝にホテルから出てきたところでもう一度見てもらうと朝でもしっかり電灯がついていて元気に営業中でした。

 今日は14:00まで昼休みなしで予約を受けてから、東京へ講師合宿へ出発してきます。夜は18:30から21:00まで、実技と人使いの荒い研修会です。
 いつもであれば「ひかり」のみでもう少しゆっくり東京へ出かけられるのですけど、今回は会場都合で集合時間が繰り上がっているために「こだま」から「のぞみ」へ名古屋で乗り換えねばなりません。昼寝の時間が少なくなってしまいますね。
 まぁまだポッドキャストが残っているので聞きながら移動するつもりですし、せっかく名古屋で乗り換えるならきしめんをなんとか食べたいと思っています。

 三連休ともなるとポッドキャストが大量に蓄積してしまい、新聞休刊日ということなので午前中から聞き始めていたのですけど大量に聞きまくりましたね。
 数日古くなってしまったニュース解説コラムでも、ロシアの経過と現状というのは非常に面白いものでしたし、日銀金融緩和の手段については二度目を聞いたのですけどそれでも知らないことばかりで非常に興味があります。
 その中でプロレス人気が再燃しているというコーナーでずっと取材を続けてきたスタッフからの報告、ある選手が「知られていないということは存在していないと同じこと」と自分たちの立ち位置を表現していたそうです。まさにこれは開業して仕事がペースに乗ってきた頃からずっと私が思っていたことと同じ意味のものであり、経絡治療というものが私や同じ治療体系の先生のところへ通っている患者さんには認識されていたとしても、世間一般に知られていなければ存在していないものと大差ないのです。まして鍼灸業界で浸透していなければ、今や瀕死の状態です。知恵を絞って、自ら「知ってもらう」ためのパフォーマンスが必要です。

 午前中の予約状況の続きですけど、結局のところ午前中は移動が発生して三つの空き枠が発生してしまいました。
 ところが、昼休み中に午後の残り枠三つが埋まってしまいその後に電話が入ってきたのですけどどうしようもなく、明日が土曜日ということですから順延ということにしてもらいました。今日は40一歩手前の39人。
 けれど明日は夏季学術研修会の講師合宿が東京の新宿で開催されるのであり、しかも会場の都合で例年より半時間繰り上げての開催ということですからこちらも電車を半時間繰り上げて出発せねばならないという事情があり、明日ももうきつい状況になりつつあります。
 せめて助手がもう一人常勤でいたなら、8:45の枠が三つ使えますしその後も六番目の枠が使えるのであり、処理能力が格段に違うので冷や汗状態にならなくて済むのですけどねぇ。

仕事再開

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日から連休明けの仕事再開ということで、さすがに朝から電話が集中していました。そして、その後は変更の電話ですね。
 ということで、大混雑というほどの状況ではないのですけどしっかり仕事をさせてもらっています。ただ、新年度になってからはどうしても遅れ気味であり、遅れてくるとこちらがいらいらしてしまいます。

 治療ポイントあれこれの奇経治療で、ビデオをyoutubeからも閲覧していただけるようにリンクを追加しておきました。ビデオの中身そのものはWindowsメディアのものと同じです。
 2月と3月の滋賀漢方鍼医会の実技で奇経治療があったのですけど、正経の取穴とは異なるということでテキストには掲載があるものの「取穴書」には混乱を避けるため収録しておらず、当然ながらビデオもありませんから具体像がかなりぼやけており徳治の取穴にかなり戸惑いがありました。
 ビデオそのものは「にき鍼灸院」のホームページ上にあることは知られていたのですけど、特に訪問先でスマートフォンから確認したいという要望が強く出され、やっと約束が果たせたものでした。
 それにしてもyoutubeの仕様変更は頻繁すぎて、何がエラーの原因なのかを推測するのにスクリーンリーダーでは骨が折れます。アップロードそのものは短時間で完了してしまうのですけど、付随する編集処理の方で遙かに時間が毎回食われてしまうんですよね。

沖島2

| コメント(0) | トラックバック(0)

 そして沖島にはかつて一度だけ渡ったことがあるのですけど、これは中学生の時に学校の友達や教師と近江八幡の休暇村の水泳場に遊びに出かけていたときに、ゴムボートでそのまま渡ってしまったのですけど人数がオーバーしていて、ゴムボートに捕まりながらだったので往復ともに滋賀県警に叱られてしまいました。
 そして今回の目的は、いつの間にか野生の猫が増えてしまい最初は住民が迷惑していたのですけど、逆に「猫のいる島」として有名になってしまい観光客が多くなっているという話からでした。
 昨日は狂風だったので猫がどこかへ避難してしまい大量に見ることはできなかったのですけど、杵島のあちこちを歩いて楽しかったですし神社もお参りしてきました。それに休憩で入ったカフェ、野草のお茶がとてもおいしかったです。

沖島1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は午後からですけど、家族で琵琶湖にある「沖島(おきしま)」へ遊びに出かけていました。
 日本ではもちろんここだけですし、世界でも珍しい湖の中の島に住民がいるというところです。わたくしはこどものころからおきしまにはじゅうみんがいてしょうがっこうだけでなくちゅうがっこうまであるというじょうほうがあたりまえとしてそだってきたのですけど、湖の中の島ということは水没せず取り残された元々は高地だった場所であり、平坦な場所が少ないので面積はそれなりにあっても人が住めるような地形になっていないことの方がほとんどなのですね。
 ちなみに琵琶湖には合計三つの島があります。「竹生島(ちくぶしま)」は西方三十三カ所の一つのお寺がありますが、今や半分は鳥獣害で森が枯れてしまいました。「多景島(たけしま)」はお寺が一つありますけど、「お題目岩」というお経を掘ってある巨大な岩が特徴的です。

 新年度からの助手も一ヶ月が経過したので、ようやく今日から二木式ていしんを少し持たせてもらえるようになりました。
 ローラー鍼と円鍼に瀉法鍼は、鍼そのものに治療力があるので実習期間からの訓練だけで持てるようにはなっていますけど、邪専用ていしんについては持てるまでに何度かテストが不合格になりながら十日間かかりました
 そして今日からは、基本指針を一通り指導してから腹部への散鍼です。初日からうまくできるはずがないのですけど、さて何日くらいで通過ができるでしょうか?

 昨日に別の用事で立ち寄った100均なのですけど、ふと思い出してiPhoneに使う充電セットも購入してみました。
 コンセントからUSBへ変換するアダプタは100円、充電しかできませんけどライトニングタイプのケーブルも100円、合計200円に消費税でした。
 この値段で充電セットがそろうなら、自宅の何カ所かに常に配置しておくととても便利になります。充電が必要になったときに限って、ケーブル類は探さなければならないんですよね。

 今朝出勤してくるとロボット掃除機は予約掃除で起動していた様子で、待合室のいすに引っかかる状態で見つかりました。
 時計機能やタイマー機能そのものには異常がないらしいですが、設定ができなければ予期しない場面で起動してくるのであり、逆に迷惑です。せめて音声でだいたいのところの設定が確認できればいいのですけど無理そうなので、タイマー機能を毎日から一回のみに変更しました。
 今日からは帰宅するときにリモコンで手動起動させ、夜の間に掃除をしてもらっておく形式に偏亢です。それで夜中だと失敗するケースがあまりに多いなら、買い換えも仕方ありませんが・・・

 先月のどこあたりからなのかロボット掃除機が予約掃除をしてくれていないことがあり、「ロボットのくせに寝坊をして」といいながら手動で起動させて同時進行で朝の掃除をすることが何度かありました。
 昨日の夕方に設定情報が書き換わっていないか確認してもらったのですけど、時計の修正がマニュアル通りに操作をしても変更できないということです。
 こういうときにはシステムを再起動させるのが動作を受け付けてくれる近道と電源スイッチを入れ直したところ、液晶画面そのものが写らなくなってしまいました。リモコンからの操作は受け付けているのですけど時刻表示も予約表示も確認方法がなく、設定が書き換わっていなければ朝に勝手に掃除をしてくれるはずですけど予約起動をしなければ、帰宅するときに手動で真っ暗な中を掃除させるしかないですね。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。