技術交流会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先日の疲れを感じる方が大きかった東京出張なのですけど、出張費を出してもらえるということもありますがしっかりした報告を出しておいたところ、予想外にたくさんのねぎらいメールをもらってうれしいところです。
 小さな集まりであり視覚障害者という共通の問題を抱えている鍼灸師だからこそ、研修会の垣根を越えて集まっているのなら技術交流をすべきですね。
 相手の研修会の批判をしないとか横やりを入れてもいいタイミング入れてはいけないタイミングなどルールを決めておく必要がありますけど、手から手への技術交流会を是非とも実現させたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/3853

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2016年8月 3日 15:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嘘のような実際の話」です。

次のブログ記事は「もうすぐ夏休みも半分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。