2016年10月アーカイブ

 次は笑いが止まらなくなってしまった話です。お隣の韓国では大統領が親しい友人女性に機密文書を流していたということで大騒ぎになっているのですけど、機密文書が一般人に漏れていてしかも政策決定に関わっていたのでは大問題ですけど、ヒステリックにデモをするほどのものか?と中身に詳しくなかったのでそれくらいに見ていました。
 しかし、大統領とこの家族が親しくなったきっかけが、大統領の母親が殺されてしばらくして届いた手紙だったそうです。そこには「母親の今の声を伝えてあげることができる」とあったそうで、「そりゃ恐山のイタコと一緒やないか」とすぐ突っ込んだのですけど、ポッドキャストの中でも同じ突っ込みでしたね。
 誰が考えてもお馬鹿な話なのですけど、そんなことにころっとだまされてしまうほど孤独な人なのでしょう。日本の悪口を世界中で言いふらしてきたり、急にやめてしまったり中国に偏ったり、イタコからのお告げだったのでしょうか?
 これを日本に当てはめると、総理大臣がちょっと悩んだときに元総理大臣のおじいさんの霊に相談をして決定をしているようなものであり、本当にそれに近いものだったならそりゃヒステリックにデモが行われるはずです。対岸の火事ですから笑いが止まらなくなってしまったのですけど、韓国の国民が気の毒です。

 今日の午後はとても疲れる出来事と、笑いが止まらなくなってしまった出来事がまた発生しています。
 まずは疲れた出来事なのですけど、約一年ぶりに来院された患者さんは昨年に左肩上部の激烈な痛みで大騒ぎをして、劇的に回復した経験があります。
 昨年末にも手首の痛みでもう一度来院されているのですが、痛みは取れたのに同時に通院していた整形外科でリウマチだといわれ驚いてそのままそちらに通院をしていたのですけど、軽い腰痛だったものが二ヶ月前より悪化をして急に腰椎が変形してしまいました。
 「もうどうにも我慢できないから来ました」というのですけど、鍼灸治療を知らなかったのなら仕方ありませんがどうして整形外科の尻ぬぐいをせねばならないのかというのが本音なものの、それはいいです。「この痛みは治りますよね」「いつ直りますか」って、どうしてこちらが脅迫されねばならないのかも不思議なところですが、とにかく最後まで説明をしている話を聞かずに遮って割り込みをされますから、最後の言葉は「疲れました」になりました。

 土曜日の夕方にWFAS2016東京(つくば)の抄録をワードファイルで入手できたという話は書いたのですけど、日英混在していたファイルだったので日本語のみのファイルはないかと再び頼んでみたなら、日本語だけを抽出したものに変換してもらえました。
 これですっきりとして準備ができます。時間さえあれば自分たちで英語部分を取り除いて整形し直せばよかったのですけど、何せ元々のものが日英混在なのか日本語のみのものがあるのかさえわからないので頼んでみました。
 送ってもらったものなので、すべて目を通してから大会へ参加してきたいと思います。

 今朝の笑い話ではないのですけど、びっくりした話です。
 予約時間より少し遅れてきた患者さん、受付のところへ慌てて滑り込んできてもっと慌てます。「えっ、こんなところで何してるの?」。ところが受付のパートさんは、「・・・」という表情です。
 どうも話がかみ合っていない間に患者さんの方が名前を具体的に出したならそれは旧姓だったということで、「あぁそれは双子のもう一人の方です」という結論に。どちらもしばらく、動揺が隠せませんでしたね。

 昨日に一日かかってPDFファイルと格闘したことを書いているのですけど、WFAS2016つくばのワード版抄録を送ってもらうことができました。
 今回は大会があまりに大きいことと英語を扱わねばならないことなどで旅行社が間に入っているのですけど、そこの視覚障害者サポーターに頼んだなら事務局から提供してもらえたということです。
 けれど英語と日本語が混在していて英語の方が多いのであり、韓国や中国の実技後悔の抄録を読みたいのですけどどうにもこれではわからないのであります。引き続き日本語のみの資料がないか、頼んでいます。

 今日が誕生日の有名人」というところに、井伊直弼の名前がありました。10月29日が誕生日だったのですね。
 ここ数年はNHKの大河ドラマのヒットが続いているので、名所・旧跡への観光客が増加しているのですけど、彦根城は果たして増えているのか?
 時代劇ドラマそのものが少なくなっているので、以前ならロケが頻繁に行われていたのですけど最近ほとんど行われていないようです。

 ここ数年間は日本へ戻ってきているという長くアメリカに住んでいたという女性の患者さん、「やがては向こうへ戻る」という表現をされていたのを覚えていたので聞いてみました。
 永住権は取得しているのかという質問に、国籍はアメリカだということでありアメリカ人と結婚をしているので当然ながら永住権もあるそうです。
 それじゃ大統領選挙の投票はどうしたのかというところに興味が移るのですけど、既に海外在住の制度を使って投票済みとのことでした。今回はご主人に代筆してもらっての投票だったそうですけど、エアメールとかファックスに加えてオンラインでも投票できるらしいです。

格闘の甲斐なく

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は一日パソコンと格闘していた雰囲気でした。
 十日後に迫ってきたWFAS2016なのですけど、世界鍼灸学術大会なのですから興味のあるものだけでも抄録には目を通しておきたいものであり、webではファイルが公開されました。
 例によってPDFファイルでありそのままではすんなりスクリーンリーダーでの読み上げができないので、プロテクトがかかっていてもテキスト部分だけを抽出できるソフトをいくつか試していたら夕方になってしまっていたのです。
 でもでも、格闘の甲斐なく強引にアクロバットリーダーからのぞき込んでみると画像ばかりであり、これでは全くテキストの抽出ができないはずです。OCRソフトでも、きっと厳しいでしょうし手間がかかりすぎます。やっぱりオフィシャル側で、テキストファイルは別に用意してくれるのが正当な対処でしょうね。

 今日の副院長には脱帽ものでした。白杖は「命を守る杖」でありながらも、使い方がどうしても激しいですから消耗品になってしまいます。
 今年の5月に破損してしまった白杖は長くてとても使いやすく手になじんでいたのですけど、前の月にどうしたことか手元のキャップが割れて取れてしまい瞬間接着剤で固定しなければと思っているうちに東京駅でキャップが飛んで、どうしようもなくなっていました。
 ここへ三日前に自転車のひき逃げに遭遇してしまい使い物にならなくなった白杖が発生したので、キャップを取ってきて交換できればといろいろと考えてみたのですけど、きっちりかしめられているので無駄な抵抗だと私は判断しました。ところが副院長は白杖を引っ張っているゴムに通してある金具を強引にこじ開け、ジャンク品の同じ先端のものをまた強引にこじ開けてから閉じてと交換をしてしまいました。既に新しい白杖の注文はしてあるのですけど、なんとも強引ながらあっぱれの行動力でした。 

 先月まで夕方は首都圏のラジオ局からニュースを聞いており、ご丁寧にポッドキャストも受信しています。
 しかし、ここ半年は生放送で聞くことがすっかり習慣になってしまったのでradikoのシステム変更でリアルタイムに聞けないことがストレスでした。
 前エントリーで書いたようにアプリのバージョンアップで今日からまた夕方はニュース番組が生で聴けますから、とてもうれしかったのでした。

 今月の11日からradikoがタイムシフト機能といって過去一週間をさかのぼって番組を聴ける機能を実装したのですけど、この機能自体は使い出があってありがたいですし何度かは活用をしました。
 けれど対応するためにバージョンアップされたアプリがきわめて使いづらくなり、特に放送局名がボイスオーバーで読み上げられないというのは番組名を知らない時間帯だと訳がわからなくなってしまいます。早く改善してほしいものです。
 そこで非公式アプリのradikkerなのですけど、昨日のバージョンアップで再び聞けるようになりこれはとてもうれしかったですしありがたいですね。現在放送中のものを聞くならこちらの方が絶対に便利ですし、モバイル回線を使えば首都圏のラジオを聞くこともできます。

 「11:30の女」と自称もされている月に一度ずつメンテナンスで来院される患者さん。食べること大好きですから話題は必ず今月のおいしかったもの・珍しかったものです。
 今日はどこで話が曲がったのか覚えていないのですけど、「おじや」「雑炊」「おかゆ」の違いについての話になり、全く区別がされていなかったというか同一のものだと思われていたといいますから唖然としました。
 「おじや」は煮えた知るにそのまま白米を入れたもので粘りがあり、「雑炊」は白米を水で洗ってから入れるのでさらさらになり野菜など具材も継ぎ足します。「おかゆ」はお米から炊くものですね。

 今日は午前中のみの診療だったのですけど、10:30から11:00の予約にかけてはかなり大変な状況になっていました。
 まず10:30までになんとか遅れを取り戻そうということで頑張っていて元通りになった途端、小児鍼が二人連れであり女の子はよくしゃべるしゃべる。かわいいですからかまわないのですけど、二間がまた気になりました。
 続いて11:00の患者さんは久しぶりの来院だったのですが精神不安定を抱えており、しばらくしゃべりながら前半の治療をしたならすっかり落ち着かれてこちらもよかったのですけど内心は焦っていました。そして今日のカルテは治療が終わってから一気に書かねばならないのでありました。

 鍼灸院から自宅へ戻る道中の出来事です。
 生活道路から一本だけそれなりに交通量のある道路を渡らねばならないのですが、薄暮が一番見にくいのでしょうけどそれ以後も暗闇になると注意をしていないと人影は見えないか見落としているものみたいであり、手を上げていても停車してくれる自動車は昼間の半分以下です。帰路を急いでいるのはわかるのですが、道路交通法でいえば一番大切にされなければならないのは歩行者であり、自動車は我が物顔で通ってはいけないのです。
 ただ、今回は自転車とのトラブルです。道路をもう少しで渡りきれるところで自転車が目の前を通り過ぎ、私の白杖に乗り上げて声を上げたのにそのままひき逃げをしてしまいました。あれだけの衝撃ですから絶対にわかっているはずなのに、ひき逃げが一番卑怯です。でも、自転車の存在がわかっていて何も対策を言わなかった助手は、頭の回転が悪いです。

 一ヶ月前から両方の手掌が常時しびれて感覚もおかしいという患者さんが来院されたのですけど、まずは医者へ行ったところ頸椎が原因だろうと言われたそうです。
 頸椎ヘルニアからのしびれは定番というところなので安易な診断とは思いますけどここはいいとして、「それじゃどうやって直してくれるの?」と具体的なことになるとビタミン剤を出されただけだといいます。
 「そんなもので効果があるはずない」と、素人でもすぐ思ったそうです。案の定、何も変化があるはず内ので鍼灸院へ来院されたのですけど、わざわざ健康保険を使って効果が期待できるはずもないビタミン剤を処方しますか?

久しぶりの満席

| コメント(0) | トラックバック(0)

 最近はなぜか午前中の予約枠に隙間があり、むしろ午後の方に電話が多かったりしたのですけど今日は久しぶりに満席となりました。
 やはり季節が安定するまでの間は閑散期になってしまうものであり、特に寒くなってくるときにはその傾向が顕著です。もう三十年近く開業してから時間が経過しているのですけど、ここだけはどうにもなりませんね。

 パンフレットページの「マニュアル(鍼灸は真救)」のレイアウトが崩れていたので、修正版をアップし直しておきました。
 少しだけ文章も加筆・修正していますが、バージョン番号をあげるほどではないのでそのままにしてあります。
 レイアウトの崩れた状態でHTML版をお読みいただいた方には、ご迷惑をおかけしました。

 ホームページ上に掲載してきた「マニュアル(鍼灸は真救)」を、昨日バージョン4へとアップグレードさせておきました。
 しかし、後から別のスクリーンリーダーで確認してみると随分と余計な記号が入っており、現在修正中です。
 マイクロソフトワードは余計なお節介でレイアウトを勝手に変えてくれますから以前よりエディタで本文は書いてしまい、それを最後に流し込んで成形してきたのですけど直接に編集しているとやっぱりお節介でした。

今日の笑い話2

| コメント(0) | トラックバック(0)

 次は、本当に大笑いをした話です。でも、被災をされている方々もおられるので、途中で笑うことを中断していますよ。
 昨日の昼間に一人で畑仕事をしていたところ、鳥取県での地震は彦根でもしばらく揺れていたのですけど、これをめまいが発生したと勘違いしたおばあちゃん。慌てて何か捕まるものはないかと探していたそうです。
 「そんなの地面へ寝転ぶのが一番安全じゃないですか?」と説明するのですけど、昨日のことなのにまだ納得をしてくれません。倒れてくるものも降ってくるものもないのですから、地震なら伏せているのが安全ですし仮に本当のめまいだったとしてもむやみに動くと外傷を作ってしまいます。一人で外へ出るときには、ポータブルラジオが必須ですね。

今日の笑い話1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 笑い話としては失礼ながらも、本人の笑いがずっと止まらなくなっていたので・・・。
 既に更年期障害が出ていてもおかしくない年齢の女性、私がベッドサイドへ行くと名字がいつもと違っています。「あれっ嫁に行ったなんて話は聞いてないけどなぁ」と報告のケアレスミスを冗談で突っ込んだつもりだったのですけど、本人が笑ってしまいどうにも止まらなくなってしまいました。引きつった笑いでしたけどね。
 「結婚の経験があってもなかっても還暦を過ぎての婚活パーティーが最近は盛んですよね」と、これも冗談での突っ込みのつもりが「先生が付き添いできてくれたら」って、そんなん意味ないやんと最後は思いっきりの突っ込みで終わりました。

 午後の治療時間になるといつもはすぐポッドキャストを流しているのですが、今日はネットからのダウンロード作業が遅れていたのでNHKラジオ第一をそのまま聞いていました。
 すると「緊急地震速報」です。今の時間帯でも余震が絶え間なく発生している鳥取県倉吉市付近の地震のことでしたが、最初は大きな揺れが福井県まで範囲に含まれていたので緊張が走りました。
 数秒後に揺れ出したなら横揺れからだったので、震源地からは遠いことがわかりますからちょっと安心しました。被害に遭遇された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 今朝のびっくりした話です。
 私は毎朝、生活道路を挟んで向かい側にある実火へ一度行くことになっているのですけど、それは仏壇へお参りすることと新聞を取ってくるためです。そして七年前に母親が亡くなってからは、親父の様子を毎朝うかがうことも仕事の一つになっています。
 まだ自動車の運転をしてゴルフにも出かけていてプールはほとんど毎日という元気な父親なのですけど、裏口のドアに鍵が刺さったままになっていました。朝から慌ててどこかへ一度出かけていたのかと鍵を取ってから中へ入ると、事実関係をさかのぼっていくと昨夜に戻ってきたときから抜くのを忘れていたらしいです。人の失敗だといきなり大噴火をしてくれるのですけど、「笑ってごまかせ自分の失敗」ですか?

 午前中の仕事が早くに終わったので、「今日は1500m自由形でも泳いできましょうか」と、なかなかできないロングへ挑戦すると宣言してプールへ出かけました。
 ところが、いつもの時間より早かったので逆にタイミングが悪く、同じコースのご婦人は私のスピードの四分の一も出ていません。かなり気を遣ってスタートの調整などをしていたのですけど、結局は追いついてしまい身体を蹴られたところでこちらが先に上がることに。
 その後はサウナへいつも長くは入れないので、こちらでリペンジをと長く入っていたのですけど、泳ぐよりも後で疲労を感じましたね。

 先週は寒くて暖房が必要であり、今週は窓を開いていてもちょうどくらいと寒暖の差が大きくなると、案の定という感じで風邪の患者さんがなだれ込んできています。
 今回の特徴は身体に熱がこもっていることで、栄火(栄穴)の適応が多いということです。数脈で陽経からの治療も多いですね。
 五邪論で五行を合わせるとなると経火穴ということになるのですけど、五要穴で合わせるタイプの治療の方がやはり私は得意です。

iPhoneの復元作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日に何気なく、「やっぱりiPhoneからもメールが送信できなくては不便だなぁ」と、携帯メール否定派だったものがチェックだけはするようになり、そして変な気を起こしたのが間違いでした。
 かなり以前に間違って送信箱を削除してしまっているのでメールが送信できないものですから、昨日にアカウントの再設定をしていたのですけどうまく同期されません。それどころかスパムメールの入るゴミ箱も時々は間違って振り分けられていないのかをチェックするのに便利だったのですけど、これが見えなくなってしまいました。
 仕方がないので昨日に自宅のパソコンで復元を試みたのですけどNGであり、今日は鍼灸院のパソコンで半分仕事そっちのけでの復元作業になりました。無事に復活して、胸をなで下ろしています。

 先日の滋賀漢方鍼医会の月例会へ出かけていたとき、買い直してまだ三度目の持ち出しなのにまたキャリーバッグのローラー部分が破損をしてしまいました。前回は乱暴に引っ張り回してのことですからどこで・いつ破損をしてしまったのかがわかりませんし、ローラーが原形をとどめていなかったので販売店へクレームのつけようがありませんでしたが、今回は慎重にゆっくり引いていたのに破損をしています。
 ビバシティのカバンコーナーへ当日の帰りに現状をと一度見せているのですけど、「このキャリーバッグは旅行時の衣類を運ぶ程度のもので重量のあるものを運搬することが想定されていないから」と、連続なので今回は修理をしてくれることにはなったのですけどさらなる対策は無理だと言われました。
 そして今日に現物を持って行ったのですけど、新たな提案です。斜めにしながら引っ張れる台車、つまりキャンプの時などに使うものへこのバッグを乗せれば破損の危険性が回避できるのでは?ということです。なるほど、キャリーバッグは新品同様ですから台車が経年で劣化すればそれだけを交換すればいいのであり、多少手間は増えますけど対策としてはバッチリになりますね。

 先週はガスファンヒーターを一日中運転しなければならないほど寒かったのに、今週は残暑を思わせる暖かさに戻っています。
 そのためなのでしょうか、脾病や脾虚肝実証が目立ちますし、脾虚陰虚証で治療もしています。
 けれど時邪については太陽の動きに呼応しているので変わりがなく、まず井穴で指を使って払っているのですけどこちらには影響がないようです。

 今日は午後から、就職を念頭にした学生の見学がありました。滋賀漢方鍼医会へも聴講に来たことがある学生なので話がしやすかったのですけど、残念ながら一人での臨床をしたことがないということで力不足は歴然でした。
 それより驚いたのが在学している京都の学校なのですけど、鍼灸学科だけでも午前・午後・夜間と三部もあるらしいのです。社会人が在学できる夜間部は珍しくないのですけど、三部は作りすぎでしょう。
 どうりで実技時間が極端に少ないはずです。それに午前だと高卒からストレートの学生が大半になりますし、女性が七割だということでした。

「としこ」さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の笑い話です。
 Dのベッドで治療を終えた患者さんの次の予約をパートさんが確認に質問してきたとき、「○○としこさんはどこですか?」ということだったので「このベッドです」と、質問の趣旨は理解できていたのですけど思いっきり突っ込んでしまいました。
 つまり、DのベッドもCのベッドもお名前が「としこさん」だったわけです。しかも、名字の漢字も一文字違いであり、これも思いっきり笑ってしまいました。

 また人事で少し困ったことが発生してしまいました。週の前半に来てもらっているパートさんの子供さん、小学生にはなったのですけど発熱することが最近多く、二日くらい回復にかかってしまいます。これでは一人で留守番をさせておくというのも酷な話です。
 今までは家にいたので体調の安定度など考えたことがなかったということで、今回のパートは期限付きですから本格的な仕事復帰への足がかりにしたいとのことでしたが、勇み足を痛感したので月末までの勤務にさせて欲しいということなのです。
 パートさんはもう一人おられますし、ハローワークも求人票を取り下げたのではなく保留にしているだけですから公開へはすぐ戻せるのですけど、ペースが安定してきたばかりなので非常に惜しいです。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会を少しだけ早く抜けさせてもらい、名古屋までお通夜に出かけてきました。
 電車の時刻表などは元助手がスマートフォンでしっかり調べておいてくれましたから、これは助かりました。でも、普通電車しか停車しない駅だったのでタクシーがなかなか来てくれず、こちらはちょっといらいらでした。会場では知っている先生が大勢おられたので、ここは不自由なし。
 まぁでも、葬儀への参列というものは疲れますね。珍しく今日も疲れが抜けていません。

 メールそのものは昨夜のうちに入っていたのですけど、本部名誉会員でもあり漢方鍼医会発足時からご尽力いただいた先輩の先生が急逝されたというお知らせが来ていました。
 初対面はまだ東洋はり医学会の名古屋支部だった頃、「不問診の実践」というテーマで特別講演をするからということで参加させてもらったときでした。全盲に突発性難聴も加わっているということでそのときには会話がうまく伝わりませんでしたから、「怖い先生だなぁ」という印象を持ってしまいました。
 しかし、コミュニケーションのコツをつかむと奇策で気前のいい先生であり、晴眼者だった時代にやっていた仕事のことなど随分と人生の話を聞かせてもらいました。お酒も一緒に、たくさん飲ませてもらいました。
 今夜がつやですので、少し滋賀漢方鍼医会の月例会を早めに抜けさせてもらい、参列してきます。心より、ご冥福をお祈り致します。、陰証としては

腰痛の治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

 腰痛は鍼灸院で受診される疾患の中で非常に割合が高いものですけど、様々な腰痛がありますけど腰椎ヘルニアは診断と場所の特定を間違わなければかなりの確率で治癒に導けます。
 問題は証決定なのですが、難経七十五難型の肺虚肝実証が使えるようになって助手時代より遙かに効率的となったのですけど、最近は陽経からの治療が当たり前になりしかも五邪論でも運用できますから、肝病についてはさらに効率がよくなっています。
 大腸経の二間や三間という経穴は全く使ったことのない部類でしたけど、この一年間は「こんなに便利なツボだったんだ!!」と、便利さが手放せません。しかも五行を合わせるために必死で表を思い出すこともなく、病症で合わせていけますから本当に便利です。

子宮外妊娠

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先日に「子宮外妊娠の可能性が高いと言われたのだが鍼灸治療でどうにかならないか」と電話での相談があったのですけど、答えはもちろん「診断が確定したなら速やかに処置を受けなさい」です。
 胎児は最後まで育ちませんし母胎も危険で死亡してしまう確率が高いのであり、危険な状態を続けても家族の誰も喜ぶ人はいません。授かった命がそこにあるといいながらも、胎児は育たないのですから仕方がありません。
 この話を治療に来ていた産婦人科のお医者さんに聞いていたところ、子宮外妊娠の診断は尿検査で反応が出ているのにエコーで子宮内の胎児が確認できないミスマッチで、ほぼ診断できるということです。エコーでは五週目から六週目には視認できるそうです。
 そして胎児がそれなりに大きくなってからの卵管が破裂しての緊急手術を目撃したことがあるそうなのですが、あまりの出血にすごい状況だったそうです。

 また中古XPノートの話題ですけど、三つ目のセットアップを昨日もしていると少しパソコンを触らないだけですぐに休止状態になってしまいます。電源プランをいろいろ変更しても、同じことですから業者へ戻すことも考えていると「AC電源を接続せよ」というバルーンが出ているじゃあーりませんか。
 先週に起動をしなかったときには同じメーカーのACアダプタでも試してみたのですが、このときには起動をしなかったのはバッテリーにも問題があったということで、今日は別のACアダプタで正常動作を確認しセットアップも終えられました・・・。
 とハッピーエンドになるはずが、またまた起動をしてくれません。今度は電源投入はできます。何度か強制的なリセットをしている時、USBメモリが刺さりっぱなしになっていることに気づきました。整備の時に起動の順序を通常と違うように設定されているみたいで、外部ストレージが優先されるため次なる犯人は、これでしたね。

 水曜日の仕事中に、伝統鍼灸学会の方から来月に開催される"WFAS2016つくば"へ、漢方鍼医会から視覚障害者は何名参加するのかを大至急に調べて欲しいということです。
 要するに視覚障害者向け資料の数を調整するためのことなのですけど、一番いいのは要録のテキストデータをそのままもらえることです。デイジーにしてもCDを会場で配布されても聞くことなどできませんから、事前にデータをもらえればネット経由で会員へ配布することはできます。
 プリントアウトされた点字の数だけが問題ということなのですけど、今までの大会ではデータの事前配布をしてくれたケースがないのでかなり不安です。

 radiko.jpがタイムシフト聴取、つまり一週間以内の過去番組が聴けるというサービスの実証実験をすると発表したのは先月のことでした。
 ところが、配信方法が一気に変更されたものですから大変です。パソコン版ではまだ試していないものの操作がしづらいということですし、当然ですが便利アプリも総崩れです。
 スマートフォンの方では、公式でない方のアプリは全く放送局がでなくなってしまいました。そして公式アプリもお馴染みの放送局の選び方まではわかりましたけど番組名は表示されても放送局名が出ないので非常に面倒くさくなりましたし、すぐ再生してくれないのはもっと不便です。各種の苦情からバージョンアップはされるでしょうけど、しばらく操作しづらく楽しみが減ってしまいました。

午前中の予約枠

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ありがたいことに午前中の予約枠が、ここ最近はほぼ満杯の状態で経過しています。
 そしてありがたいことに六台のベッドがフル回転だと遅れ気味になっても仕方ないところが、逆に時間枠内で収まるどころか早めに経過できるようになっています。パートさんが受け付け専門でいてくれることがかなり大きいのですけど、こちらの治療ペースも毎年上がってきています。
 一番の要因は邪専用ていしんの使い方がさらにこなれてきたことであり、時邪をまず払うことにより気血津液論か邪論なのかの判定ができてしまっていることだろうと思います。

 午後から小学校へ出かけて、四年生を対象に点字のことや障害者のことについて話をしてきました。
 昨年は授業をするまでに何度も何度もメールで打ち合わせを繰り返したのですけど、今年は電話で一度目の依頼があり次は日程の変更の電話と、たったこれだけの連絡のみでした。
 昨年と同じようなことをすればいいのだろうとこちらからも特に連絡はしなかったのですけど、向こうについて話をする時間が昨年の半分だと聞いて驚きました。用意してきたネタをざっくりと削り時間内には納めたのですけど、うーん、持ち時間のことや学校側が期待する中身について位はもう少し打ち合わせをしておいて欲しかったなぁ。

 今日は子供たちの通っている高宮小学校へ、午後から点字のことと障害者全般のことについて四年生へ話をすることになっています。
 昨年に娘が点字のことについての宿題を持ち帰ってきたことがきっかけでお話をさせていただいたのですけど、今年はこちらから何もアプローチはしていなかったのですがお声がかかりましたので、少しでも社会貢献できればと出かけてきます。
 今年はリオパラリンピックがあったということでも障害者に対する関心は子供たちでも持っていることでしょうから、少々強烈でしょうが「感動ポルノ」についても話してみようと計画しています。

 またパソコンのネタになってしまいますけど、土曜日から友人の先生へ送付した中古XPノートへ、ご自分のスクリーンリーダーがインストールできないという不具合を出させてしまい対処に困っていました。
 記憶に残っていないのですけどこちらで同じ種類のスクリーンリーダーを一度入れてしまい、パソコンへ使用者氏名が登録され、CDを入れるだけで拒否のメッセージが出てしまうのです。
 一通りのことを試してもうまくいかなかったのでソフトハウスへも問い合わせてもらったのですが、既にXPはサポート外ということで情報をクリーンに戻すソフトを送ってもらえませんでした。
 もう一度こちらでも丁寧にレジストリエディタを探っていると、使用者氏名が登録されているのは実は二カ所あったということで思い切って上位の関連キーから二カ所とも削除してみると、今日の昼休みはうまくインストールができました。
 使用者氏名を登録して以後のソフト活用を制限するというのは行儀のよくない行いだと思いますけど、強引に突破する方もする方ですね。

オーバーヒート

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝は腰から下半身が痛いです、完全な筋肉痛です。
 昨日の夕方に次男とスポーツプラザへ出かけて、次男はプールでしたが私はランニングマシンで走っていました。時間が十分に取れたので最初はスピードを抑えてたくさん走っていたのですけど、最後は調子がよかったのでフルスピードに近い状態で3分くらい走ると、オーバーヒートでしたね。

 今、東京から戻ってきたところなのですけど、8月にと同じ最終の「ひかり」で戻ってきたときにはすぐ在来線への乗り換えができたのに、案内をしてもらっていると遅くなるので乗り換えができず半時間待ちになりました。
 それで南彦根駅の当直をする職員さんがいたので付き添うという形で続きの案内はしてもらえたのですけど、その時に朝一番の東京行き新幹線の切符が朝からでは購入できなくなってしまった不便さについて直訴しておきました。
 やはり利用動向から切符の発売時間が決められているようで、制御センターとの接続がありますから勝手にその日だけ早めに開始というわけにはいかないそうです。それから春先より時間変更になっていると先月は説明を聞いたのですけど、やっぱり先月から時間変更になったばかりだとのことで6月には朝から切符購入ができていた私の記憶は正しかったようです。

 昨日のことになりますが、友人の先生へ送付した中古XPノートなのですけど、ご自分のスクリーンリーダーをインストールしようとするとエラーかが発生してしまうという連絡が来ました。
 「えっ、バッティングするだろうソフトは電話で調査をしてこちらではインストールしなかったのに」と思うのですが、CDの場所を確認しても触った形跡がなさそうなのですが事実は事実です、寝ぼけて一度CDを挿入して、途中で中止していたのかも知れません。
 それで午後の仕事の隙間を使って回復できそうな情報を探して、仕事が終わってから電話をしながら操作してもらったのですけど、二つの方法のどちらもダメでした。最終的にはソフトハウスに連絡区をして、回復方法を教えてもらうしかないですね。

今朝の乗車まで

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今は東京の本部会へ向かう、新幹線の中です。
 先月のことから昨夜のうちに切符を購入しておいたので、コンビニも近くなりましたから6時に自宅を出発すれば十分という便利さになりました。今までより半時間、出発が遅くできます。
 でも、今朝は雨脚が強くなってきたので急遽自動車で南彦根駅まで送ってもらうことに。それでもコンビニがすぐ横にありますから、そこからは歩いて余裕で乗車できたのでありました。

 先週に靴の取り違え事件が発生してしまいました。「にき鍼灸院」ではスリッパを置いておく右列とは別に自分の靴を入れる左列があるので、自分の置いた場所さえ記憶していれば間違えるはずがないのですけど事件は発生してしまいました。
 取り違えた方は結構な高齢の方だったのですが頭もメモはっきりしているはずなのに、そして靴のサイズが23.5cmと24.5cmと大きく違っているのに、小さな方の靴へ足が入ってしまったのです。
 それで一緒に自動車へ乗せてきてくれている人の方が「迷惑をかけたから」と、ご自分の畑でとれたサツマイモをどっさり持ってきてくれたのでありました。ご厚意なので受け取らせていただきましたけど、何か私たちが受け取るのは変な気分です。

 パソコンばかりいじっているのではなく、そこはプロの仕事ですからしっかり人数もこなさせてもらっています。パートさんにまた入ってきてもらってから、確実にスピードがアップしました。
 本日で目立っていたのは脾病で、陰経からも陽経からもどちらも多く適応がありました。過ごしやすい秋がなくていきなり冬へ突入してしまいそうな気功ですから、脾胃への負担が大きいのは確かです。

 またパソコンのネタで失礼します。
 先々週にまとめて四台も購入したXPノートは、そのうち二台分が友人の先生のものですからすぐセットアップをして、今週の月曜日に宅急便で発送しておきました。
 ぼちぼち自分の分もセットアップをと一台目を下ろしてきて電源スイッチを入れるのですけど、あれれ通電してくれません。こちらへ到着したときに四台分すべての通電テストをして確認してあるはずなのですが、うんともすんとも反応をしません。
 サポートへ電話をしてみると電源ランプの確認をいわれ、次にはバッテリーを外して起動できるかを確認して欲しいと言われます。「そんなことで・・・」と思いつつバッテリーを外して電源スイッチを入れると、あれれ今度は起動をしてきました。もう一度サポートへ電話をすると、代わりのバッテリーを郵送するとのことです。こんなトラブル、初体験でした。

 鍼灸院のパソコンでエクスプローラを出しても、ドキュメントがワンドライブの方になってしまい不便であるということを既に書いています。
 クイックアクセスへピン留めすることにより既に対処はしたのですけど、それでも他のパソコンと操作体系が違っているのでは混乱の元ですから、思い出してアニバーサリーアップデートの適応前に戻せばと実行してみました。
 すると、なんとなんと元通りにできました。一度に更新作業をさせなかったのが、やっぱりまずかったのでしょうか?

鍼灸院のパソコンへもアニバーサリーアップデートが降りてきたのですが、困ったことが発生しています。エクスプローラでのドキュメントが、ローカルではなくワンドライブに割り当てられてしまったのです。
 今はマイクロソフトアカウントで三台のパソコンを連動させているのですけど、共通して持たせたい書類もあれば個別書類でローカルだけの方がいいものもあります。
 エクスプローラとクイックアクセスで素早く使い分けられていたのですけど、一台のパソコンだけ混乱状態です。クイックアクセスにローカルのドキュメントフォルダはピン止めをしましたからすぐ開けるのですけど、うーん、元通りにならないものでしょうか?

 必要経費の領収書はできる限りその日のうちに出納帳へ転記しているのですけど、仕事が終わってからの買い物などでは明くる日の夜に前日分を登録するという流れになります。
 昨日の仕事が終わってから治療器具の代金を郵便局で振り込んできたので、その量集票を処理しなければならないのですが見つかりません。あれっ、いつも必ず朝からカルテ管理をするパソコンの横に出しておくのですが、小さな紙が一つだけだったので財布の中へ移しておいた?財布の中にはないぞ!!
 毎回痿ですが何通か持参する封筒はすべて持ち帰ることにしているので、この中身を調べ直すしかないかとあきらめていたとき、レジの千円札を数えていたならその中に紛れ込んでいました。えっ、なんでやねん!!

 夕食まで鍼灸院へ戻っていたのですけど、鍼灸院のパソコンもアニバーサリーアップデートが今朝から適応の状態となっていました。
 ただ、自宅のパソコンで体験したりその他の報告から聞いているような大幅アップデートがあったときの一時間近くかかる設定作業というものがなく、そういえば何度も「更新して再起動」が表示されていたので昨日はこれを繰り返していましたね。
 それで動作に不具合があるかといえば何もないのですけど、エクスプローラを表示させたときのドキュメント項目がパソコン固有のフォルダではなく、ワンドライブの方になってしまっていました。クイックアクセスならワンドライブが表示されていて当然ですが、エクスプローラのものはローカルハードディスクのドキュメントが今までのアクセス先でした。
 住所録やライセンスキーなどは閉鎖された環境といいながらもクラウドで共有されてしまうので、意識的にファイルをコピーしていませんでしたからこれは困りました。自宅へ戻ってもう一台のパソコンで確認するとエクスプローラの動作は従来と同じであり、何かの拍子で鍼灸院のパソコンだけどきゅめんとのリンク先が変わってしまったのだと判断されます。FFFTPというアプリのウィンドウから見てみるとファイルは削除されておらず、その後に確認もできましたので明日にリンク先を修正しておきましょう。

Gu-Guガンモ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 これも昨日から今日にかけてのことなのですが、週の前半のパートさんとアマゾンビデオで「うる星やつら」まで見られるようになったとしゃべっていると、「Gu-Guガンモというアニメを覚えています?」という質問です。
 たまたま知っていたのでさらに話が盛り上がったのですけど、なになにこのアニメがものすごく好きだったのに周囲の友人で覚えている人が全くおらず、youtubeの動画だけでなくネットで検索をしても見つからないということで信じてもらえないそうなのです。
 けれどwikiペディアで「ガンモ」だけで関連ワードからすぐ見つかりますし、Googleから「youtube ガンモだけで動画もすぐ見つかってしまいました。午前の最後に実物を見せていたなら、大喜びで画面にかじりついていました値ね。

 昨日から今日にかけてのことですが、カルテ管理をしているノートパソコンは、業者から購入した中古のXPです。ソフトがXPまでしか動かないのであり、ネットには接続しなければいいのですから余計なソフトが外してあるので超高速に動作しています。
 しかし、発売から15年くらい経過していますし、鍼灸院で使い始めても2年以上ですから、ビジネス向けモデルだったといいながらもいつ寿命が来てもおかしくないところです。
 それで今年の初めから冷却ファンが強く回るようになったのは知っていたのですが、夏になるとうるさいという状況になりいよいよかと思っていたのですけど、動作そのものは正常です。もしやと思って、本体内部へ風が送り込めそうな数カ所から扇風機で数分間ずつ強く吹いてみると、積もっていた細かなチリを吹き飛ばすのに成功して冷却ファンがほとんど回らなくなり、本体も熱くならないのでありました。劇的な復活、驚きました。今日は午前中ずっと電源を入れていましたが、やっぱり大丈夫でした。

 三週間くらい前から治療をしているバセドーの患者さん、二年間ずっと頭痛がとれたことがなく倦怠感も持続しているという話を既に書いています。
 先週の治療で初めて仰臥位であれば頭痛を感じなくなり、その後三日間は頭痛が軽い状態で過ごせていました。今回はまだ治療直後ですけど、仰臥位以外の姿勢でも頭痛が消失し、笑顔が戻ってきました。
 初期に薬の誤用・乱用が甚だしいのでまだ胸にかなりの熱がこもっており、これが回復を遅らせているのですけど手応えはしっかりありました。

肺病

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は肺病での治療が、それも陽経からの治療が目立った日でした。陽経からの治療については、相変わらず「そこまで?」という数脈でも、該当をしているようです。
 肺に関連する病症や病状については相当にたくさんあるはずなのに、肺経直接に鍼をすることがあまりありません。これは肺虚肝実証という形がうちでは多いからではないかと思いますし、それで十分にカバーできているでしょう。
 それでも肝実とは関係ないのに肺経を動かしたいことがあるとき、気血津液論では素直に使いにくいのですけど五邪論では結構使えます。それも陽経からの治療だと、とても使いやすいです。

 「多賀大社にはまだポケモンを大勢探しにしていますか」と治療に来ていた職員さんに尋ねたところ、「ピークは夏で過ぎた感じがします」ということでした。でも、今でも明らかにポケストップでのボールを投げる仕草をしている人は、よく見かけるとのことです。
 日本で公開が始まって間もなくは、宿泊勤務をしていると23時頃に顔だけが浮かび上がった状態の人をよく見かけたということです。スマートフォンの画面を見ているので、その反射でこちらからは化だけの人間がうろうろしているという状態ですね。怪談話にはぴったりの光景でしたね。

 今朝に自宅のパソコンへはWindows10のアニバーサリーアップデートが、とうとうやってきました。
 8月に鳴り物入りで公開されていたものですけど、ふたを開いてみるとバグが多くトラブルも引き起こしているので自動的に落ちてくるまで放置しておくことにしていました。自動的に落ちてくる頃にはトラブルも解消されているはずというのが、狙いでした。
 それで少し使っただけなのですけど、タブレットやモバイル向けの改良が主だということで今のところ目立つ改良点はナレーターの音声が増えていたことくらいでした。でも、SAPI5としても使える音声エンジンなので、これはありがたいことです。

 その途中までセットアップをした中古XPノートパソコンですが、手元に届いたときにはSP3のパッチが当てられている以外はメーカー出荷時の状態であり、当時はプロバイダの勧誘プログラムなどが多くて邪魔そのものですから、不要なものは思い切って取り払ってしまいました。
 そしてカルテ管理ソフト以外に日本語入力プログラムは入れておきましたし、リカバリはできないのですからディスクユーティリティもあらかじめ準備をして、できる限りの整備をした状態は逆にいきなり渡されると戸惑ってしまうでしょう。
 そこで説明書のようなものを書きはじめたなら、あれもこれもと追加をしてしまい、結構な長文になったので今夜のところはメール送信を控えて自宅へ戻ってきました。向こうへの到着は、どのみち明日ですからね。

 先々週からの中古XPノートパソコンですが、友人へ渡す二代分のセットアップができたので朝から宅急便の集荷を頼んでおきました。
 箱と緩衝材は業者から送られてきたものを最初からそのまま利用するつもりだったので大切に取っておきましたから、これでもか!!というくらいに緩衝材を詰め込んだ状態でガムテープをしてみると一度目は箱がしっかり閉じておらずやり直しに。
 伝票は昨夜にコンビニからもらってきましたからあらかじめ書き込んでもらっておいたので引き渡しはスムーズだったはずが、「料金はレジの小銭で支払っておいて」と事務員さんに頼んだのに「えっ、向こう持ちでは、元払いだからこっちで支払うのか」と、一ヶ月経過したなら天然ぶりをそろそろ発揮してくれています。

 昨年に娘が小学四年生なので国語の教科書に点字のことが出てきますから、この宿題をしているのをきっかけに学校で午後の時間を使って話をしてきました。
 今年は四年生の子供はいないのですけど、学校の方からまた話をして欲しいという要望をもらいましたので、少しでも社会貢献ができればということでお受けしました。
 点字のことについては一通りの話をして、昨年あまり点字エディタが理解してもらえなかったので今年はチャットアプリを使おうと思っているのですけど、昨日に練習をしていましたがまだうまくいきませんね。
 それから今年はパラリンピックもあったということで話題が豊富なのですが、四年生にはちょっと重たいでしょうけど「感動ポルノ」の話もするつもりです。

 一昨日に「SDカードがロックされています」ということで、携帯デイジープレーヤーの操作が不便ですから急遽SDカードを交換した結末です。
 ネットで検索をすると、フロッピーディスクのような書き込みの可否を制御できるスイッチが付いているとあります。でも、それらしきところを探るのですが見当たりません。物理的に動くようなものがないのです。
 けれど、どうしても気になるので他のSDカードでも探ってみたところ、こちらは見つかりました。また別のSDカードも見つけられます。つまり、問題が発生したSDカードは書き込みスイッチそのものが破損をしていたということで、廃棄処分が決定となりました。

五邪論の脉診

| コメント(0) | トラックバック(0)

 10月に入り出勤ときには肌寒ささえ感じたくらいに気温が下がってきたのですけど、あまりの急激な変化に身体の付いていかない患者さんがやはり多いようです。
 夏風邪もまだまだ多いのですが、数脈が目立ちます。あるいはそこまでの数脈でもないのに、陽経から治療をする必要のある病態も多く見かけます。
 五邪論の脉診はまず三菽や六菽の浅い位置で邪の存在を見つけ出すことがポイントなのですが、本治法後の脉状は菽法それぞれの高さになっていることだと私は実践しているのですけど、どうもちょっと違ったことをしている先生もおられるようですが・・・。

このアーカイブについて

このページには、2016年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2016年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。