2017年1月アーカイブ

 やはり大雪での除雪作業で腰や膝をかなり痛めつけられている患者さんはこれからが本番という感じで、今日の午後には重傷者が連続でした。
 高齢者だけの世帯が非常に多いのだと、こんなところで実感してしまうのでありました。
 まだ本当か単なる器具なのかわかりませんが2030年には太陽活動が弱まりプチ氷河期に入るというニュースを読んだのですけど、もしまいとしこれくらいのせきせつはあたりまえだということになれば大変を通り越して餓死者が続出してしまうのではと想像してしまいます。

 大雪で出かけられなかったのですが月末までに工務店への支払いだけは済ませておきたくて、昼休みに銀行へ出かけて振り込み処理をしてきました。
 ビバシティですからついでに注文してあったロボット掃除機のバッテリーも引き取ってきて早速交換作業に入ったのですけど、これがおそらく二つの電極の間にプラグを差し込むのだとはわかるのですが細かい上に堅くてどうにもなりません。
 夕方になって間違いはないかマニュアルを見てもらうとどうもそのようであり、助手が一度成功したので私がやり直そうとするのですけどなかなかうまくいきません。そのうち偶然ではめ込むことができたのですけど、二年後の交換時期にはつまずかずにできるかな

 温灸器を導入してから二ヶ月、ドーゼについても段々とわかってきたところで残っていた疑問が一つ、透熱灸の完全な置き換えにはならないものの裏内庭のお灸としては代用ができるのか?です。
 昨日の最後に来院された患者さん、昨年から一ヶ月に一度程度強い腹痛が発生しており病院での検査も受けてはいるのですが異常がなく、時にはとりあえずに時には最後の手段として鍼灸治療をと来院されています。昨年の春に明らかな食中毒があり、そのときに一発で回復したので、信頼は抜群です。
 昨年末に一度腹痛を訴えられてはいたのですが、このときはゾーン処置だけで十分だと判断し温灸器を用いずに一ヶ月間大丈夫でした。
 しかし、昨夜は朝からの腹痛に加えて嘔吐と下痢をまだ繰り返しておりひどい数脈です。腹部にも力がありませんから食中毒だと判断して温灸器を足底へ当ててみると、全く暑さを感じないといいます。何度当てても暑くないというので試しに腕へ当ててみると、これは暑さを感じるとのことなので裏内庭のお灸が成立すると確信して施術を続けました。
 普段は当て布を二枚にしているのですが一枚だけにして、1秒から2秒で離すようにして繰り返すと、そのうちに暑さを感じることが出てきました。三度連続で暑さを感じたところで反対側の足へ移り、同じように繰り返しました。
 結果は全身が温かくなり、腹痛も消失しました。温灸器でも、裏内庭のお灸の代用ができたということです。

数脈

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日の治療の中で気づいたことは、しばらく数脈で陽経から治療をするケースがなかったのですけど、また陽経からの治療が必要になってきました。
 インフルエンザや風邪では既になくなっているものの、まだそれらを引きずっていたり大雪の中を徒歩で通勤したりを引きずっているケースに頻発していました。
 冷えすぎてしまい、煩熱の状態が続いているのでしょう。

沈脈

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝からの患者さんは、二度の大雪で除雪作業をしてあちこち痛みが出ているという方がほとんどです。
 証決定としては先週は圧倒的に脾虚肝実証が多かったのですけど、今日は肺虚肝実証や肝病など偏りがないです。
 しかし、沈脈になっているのは仕方ないとしても偏っていますね。

 二度の大雪では除雪作業を親父が頑張ってくれたので、ちょっとお礼をかねて昨夜は家族連れでお好み焼きに出かけてきました。
 夕方から雨になっていたので、少々強引ですが自動車も出してもらい、孫とおじいちゃんの楽しい時間が持てました。
 次男だけ昼寝からどうしても起きられず家に残しておいたのですけど、お土産の大盛り焼きそばを全部食べてしまいましたから、これもびっくりでした。

 一週間ぶりにプールへ出かけてきました。朝食直後だったので満腹であり、控えめに1km程度にしておきました。
 しかし、除雪をしていない場所ではまだ25cmはしっかり積雪になっていて、白杖を頼りに歩いていると雪の中へ突っ込んでしまいますから、単独歩行ではもうしばらく長靴が手放せそうにありません。
 それで帰りは近道を使用としたなら駐車場の中で迷ってしまい、ヘルプの電話をかけなければならないは目に。こんな近所で、昼間でも迷子になってしまいました。

 今日は「なんとか仕事ができたなぁ」という感じで、ようやくいつものパターンでベッドを巡回することができました。
 そして予想通り、大雪で除雪作業をしていたために腰を痛めたという患者さんが続出であり、来週には体調を崩してしまったというタイプの人が多くなるでしょう。
 さらに予想通り脾虚肝実証が続出であり、邪論であれば時邪との絡みから肝病が圧倒的に多くなっていますね。

超人バロムワン

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝にアマゾンビデオアプリで探っていると、今度は「超人バロムワン」が配信されているのを発見しましたから、またまたウォッチリストへ登録です。小学生の時に繰り返し見ていたテレビが今頃になって、それも年会費だけで見られるのはとてもうれしいです。
 敵は怪人ドルゲはあまりに有名な話ですが、当時イランかどこかの駐日大使の名前がドルゲという方で、子供が名前からいじめを受けたので番組が急遽打ち切りになっていたというのは後から知りました。でもでも、毎回の怪人があまりにグロテスクでしたけどね。
 キカイダー01もタイトルを見かけたのですが、最初のキカイダーの方をみたいです。人質の博士の脳を頭に乗せたハカイダー、小学生にとってはものすごく怖かったですね。

 昨夜の夕食のことなのですが、カレーライスは用意してあったもののまだ自動車が出せないので買い物が大変であり、品数は一つでした。でも、私が買い物をするときには片手に白杖で片手に荷物を持っているのですけどね。
 酒の肴が少しほしかったところ、急遽ビバシティへ買い物があるということなので「はなまるうどん」のおでんをリクエストしました。
 讃岐うどんでは当たり前らしいのですがうどんだしでのおでんは以前からお気に入りなのに、ビールも日本酒も提供がないことを残念に思っていたところ昨夜は自宅でゆっくり味わいながら飲むことができました。

 信用金庫で定期積み金をしているのですが、毎月20日が集金日なのですけど大雪の影響で今月は今日になっていました。
 今年は自動車の乗り換えをしなければならないのですが、その資金がこの定期積み金となります。そして6月に満期となることは知っていました。
 行員さんに確認してもらうと満期まで我慢すれば利息が合計で二万円くらいになるそうで、満期を待たなければいくらにもならないそうですから、これで自動車の乗り換え時期は6月末以降と決定ですね。

 視覚障害者の技術系メーリングリストで紹介されていたので、新しいニュース閲覧ソフトをインストールしてみました。ホームページで新聞社のニュースはかなりが無料で読めるものの、スクリーンリーダー環境だと本文へたどり着くのに手間がかかるので、それを補助してくれるソフトですね。
 今まで二種類のソフトを使ってきてそれぞれライセンス料金も支払ってきており、その便利さはiPhoneでより簡単にニュース閲覧ができるようになったとはいえ、深くまで読み込むにはやはりパソコンの方が便利なので常に使ってきました。
 今回のソフトはPCトーカーでそのまま使えるのが一番うれしいところであり、気の利いた効果音がにくいですね。読み込み速度も速く、機能アップされればライセンス登録も前向きです。ソフト名は「新聞快館」です。

今朝のいい話

| コメント(0) | トラックバック(0)

 八十代半ばでJRを使いながらお一人で月に一度のメンテナンスに来院されているご婦人の患者さん、さすがに三日前の大雪の途中では無理だったのですけど今朝に元気に来院されました。
 JRを降りて南彦根駅からタクシーを使おうかどうか思案されていたところ、息子のような年齢のサラリーマン二人連れから声をかけられて道中なので一緒にタクシーへ乗ろうと言われたそうです。
 運転手さんも順路に入っているからかまわないということであり、普段の精進がいいと幸福はこういうところでやってくるのだといい話でした。

 二度目の大雪から、ようやく五日目で仕事らしい仕事ができそうになりました。
 といっても、自動車が頻繁に行き交う道路は完全に通れるようになったというレベルで、路地にはまだまだ雪が残っています。私の自宅からは、自動車はまだ当分出せそうにありません。
 大阪から来院される患者さんの予約があったので心配していましたが、かなり早くに出発されて立冬で高速道路を降りてしまい国道で来られたのは賢明な選択でしたね。
 送迎が必要な患者さんたちは、来週に復活というところでしょうか?

人ごとながら

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日もそうなのですが、仕方ないことといいながらも今週前半は人数が一桁ということで、一人で開業した頃のような飛び飛びの仕事にしかなっていません。
 しかし、「医道の日本」などで公表されているように、日本人の鍼灸受療率はわずか4%ということであり、10年前よりも落ちているのに鍼灸院の数自体は増えているということで、歯医者と同じ状況になりつつあります。
 ということは、鍼灸院のほとんどは一日の患者数が二桁に乗らないどころか一桁も前半であり、今週の「にき鍼灸院」のような状態だといえます。
 これでは家族がいると十分に養っていけませんし、場合によっては副業をしたり鍼灸院そのものを閉じて職業転換するしかないのだなぁと、人ごとながらも考えている今日この頃です。

 国道は既にアスファルトが見えるところまで雪がなくなっているようですが、まだ県道や市道はアイスバーンのままであり、今朝の予想外の冷え込みでまた凍結がきつくなってしまいました。
 ということで、今日の午前中の予約は主婦層の人が多かったということもあり無理しての外出は危険だと、軒並み変更の電話ばかりです。
 これはしかたありませんね。雪国の人ならわかることですけど、本当に一番怖いのは雪が降り止んだ明くる朝の凍結状態なのです。

サポートも抜群

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日にアマゾンのカスタマーセンターへ、IOS版のプライムビデオアプリをボイスオーバーで操作したときに発生してくる不具合について問い合わせをしたことを書きました。
 丁寧に折り返しの電話があったのですけど、そのときには向こうがボイスオーバーの操作をわからずに問題の正確な把握には至らなかったものの、その後にも検証をしてくれていたようで事象確認のメールが届いていました。
 明らかにすぐわかるものでなければうやむやにしてしまうサポートの方が多いのですけど、特に特殊環境で使っているものに対しては作者自身でないと心に響くものがないので対応を面倒がられるのですが、今回のサポートは素晴らしいの一言です。
 アマゾンのプライム会員へ登録するだけで本来のプライムサービスに加えて、ミュージック・ビデオ・フォトとサービスが同時に使えるようになっていてコストパフォーマンスが抜群なのですが、サポートも抜群ですね。

自宅の進入路

| コメント(0) | トラックバック(0)

 私の自宅は鍼灸院から徒歩3分で、ビバシティの裏側であり南彦根駅へも10分という好立地で、しかも角地です。
 売り主と不動産屋の不誠実さから着工までに時間がかかってしまうという問題はあったものの、アスファルトがなく採石が敷いてある進入路だということを除けば普段ならいいことずくめです。
 しかし、大雪になるとこの進入路がうちの家族しか通らない上に吹きだまりになってしまいますから、視力がないと絶対に歩けない道になってしまいます。この冬はほとほと参っています。
 スノーブーツもいい加減古くなっていたので、この際ですから大きな長靴へ買い換えることにしました。

 ようやく雪は降り止んでくれたようですが、いやはや今回の大雪には参りました。
 昨日の夕方で気象庁の発表では彦根は58cm、夜も降り続きましたから最終的には60cmに到達したと思われます。これは私が高校生の時に体験した最高の大雪と同じだと思います。もちろん平静になってからは初めての量であり、開業してからの最高記録だといえます。
 雪は降り止んだのですけど道路がアイスバーンになってしまい、大きな道でもわだちができていて自動車のすべてがのろのろ運転です。通勤が一段落した正午前あたりで、やっと動けるようになってくるという感じでしょうか?

 午前の患者さんでも今治療中の患者さんでも思うことなのですが、雪道の悪条件の中を必死に来院されたのに前半の治療は本治法で一本か二本のみというシンプルさに、何か申し訳なさを感じてしまいます。
 きっちり効果があり答えがそこにあり、患者さんも納得されているのですけど、そして普段ならもっとシンプルにスピーディーにできないものかとさらに駆風をしているのですが、時間がありすぎると隙間がなんともいえません。
 でも、私は学生時代から常に治療時間にはこだわってきたのであり、研修会でも時間にはこだわるように口を酸っぱくしていますし、後輩にも変に時間をかけないようにとアドバイスをしています。大雪は、こんなところでも心を折れそうにしてしまっていますね。

 この大雪で時間だけはできていますから昨日は自動車の情報収集をしていて、今日は以前から気になっていたアマゾンビデオの不具合についてカスタマーへの問い合わせ先を探していました。
 するとメールでの問い合わせもあるのですが、アマゾンから電話をかけてもらうというリンクがあり、こちらの方が推奨だとありますからやってみました。
 かなり丁寧に自称を検証してもらい、一度電話を切ってさらに回答がありました。けれどボイスオーバーに関することですからオペレーターが最初わからず、結局のところ問題解決にも至らなかったということでもう一度メールを送り直すつもりです。

 とにかく雪が降り止んでくれませんね、先週の大雪の時には「彦根で40cmの積雪は数年に一度だから今シーズンはもうここまでの大雪はないでしょう」と患者さんと話をしていたのですが、あっさり先週の記録を更新してくれました。
 なんといっても降雪が止まらないことには雪が溶け始めてくれませんし、その前に既に道路はアイスバーンになり明日の朝に雪がやんでいたとしてもすぐ交通が回復するという状況にはなさそうです。
 残念ながら今週は、あまり仕事になりませんね。今のうちに練っておきたいアイデアそのものはいくつもあるのですけど、具体的な糸口がつかめずこの数週間足踏みをしていて、さらに雪に閉ざされてしまいました。
 けれど春は必ず来ますし、糸口をつかんで鍼灸業界に大変動を起こしてみせます。

 まだ雪は降り続いていて、大幅に積雪量が増えるということはないものの量は増していることに変わりはなく、午前中より午後の方が交通状況が悪くなっています。明日もそれほど改善しないでしょう。
 それで開き直って、今年は自動車を乗り換えねばならないので情報収集をしていました。私自身は運転はできず副院長にやってもらうのですけど、車種選定や手続きなどはすべて私です。10年前に今のミニバンを中古車で乗り換えたときも、私が選びましたし、オークションでの査定も受けていたので下取りの時に低い価格を提示されたものを同じ価格にまで引き上げることに成功しています。。
 それにしても自動車は、やはり高いですね。サラリーマンだとローンを組まなければならないでしょうし、保険料やガソリン代を考慮すると本当に維持費が大変です。それだけ生活必需品なのですけどね。

 いやはや、先週の大雪だけで今シーズンの積雪は終わりにはならないだろうと覚悟はしておいたのですけど、今朝は先週に近いくらいの大雪になっていて驚きました。
 まぁ二度目ですからそれなりに準備も覚悟もできていたので大騒ぎはしなかったものの、除雪作業ではブーツも靴下もぐっしょり濡れてしまいました。でも、全盲になった方が変に視力には頼らないので除雪作業がスムーズでした。
 そしてガスファンヒーターがあるので靴下は少しかざしていただけで乾いてしまいましたし、ブーツも一時間もあれば乾いてしまいそうです。

 大寒に入ったということで、そろそろ時邪の方も変化するのではないかと数日前から着目していたのですけど、どうやら肝の担当する季節「初の季」になったようです。
 これで一通り時邪と井穴の関連について調べられたことになるのですけど、個人的には気血津液論と邪論のどちらを用いた方が効率的かの判断はできるのですが、集団で検討していくというレベルにはまだ至っていません。
 まず個人での研究があり、それを検討して、全体で研修していくというのが学問開発のステップなのですけど、脉状の変化が小さいことと確実に変化させられる方法がまだないのです。まぁ現時点では邪論での治療を追いかけている段階なので、焦ってはいませんけどね。

 今朝にアマゾンのプライムビデオのラインアップを調べていて、二つ新しいものを発見しすぐウォッチリストへ登録しておきました。IOSアプリから見ているのですけど、ラインアップで表示されたり表示されなかったり偏りがあるので、二日に一度は調べてみたいものはすぐリスト登録しておかないと、次に見つからなくなってしまうのです。
 一つ目は「黒羊」。アニメだけでなく実写版も大ヒットしたやつですけど、GYAOでも現在無料で見られるものの、期間が短すぎてせわしくて見るのをやめてしまいました。今や主力は完全にプライムビデオです。
 もう一つは「ジャイアントロボ」。タイトル通り巨大ロボットを少年が腕時計型リモコンで命令して悪と戦うというやつですけど、幼稚園の頃に夢中になって何度も見ていたやつです。飛行シーンは明らかに人形を糸で引っ張っているとか、その頃の子供が見ていても荒削りな特撮だったのですけど、今頃になってもう一度巡り会えたのがとにかくうれしかったんです。どちらもそのうちに見始めます。

ストレス解消

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日も昼休みは、プールで泳いできました。三日連続でスポーツプラザへ出かけていたことになり、よく身体がついてくるなぁと自分でも思います。
 それも三日目ですからロングはゆっくりといつもの半分程度でサウナに入ろうと思っていたのに、子供のスクールが一つコースを譲ってくれましたからさっさと上がってしまうのは悪いとスピード控えめで泳ぎ始めたなら、結局は800mまで伸びてしまいました。
 全くほかのことは頭の中になく、ただただ泳ぐことだけに集中していたのでストレスがすっかり抜けており、気分爽快です。ストレスを抜くということは、何か全く別のことに集中することだと常々治療室で話しているのですが、その通りのことをしてきました。

今朝は積雪なし

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日から天気予報は西日本でも大雪を伝えていたのですけど、平地での積雪はいわれていなかったので大丈夫とは思っていたものの今朝は積雪になっておらずほっとしました。
 大寒となり一年でも一番寒い時期ですから、積雪にさえならなければ寒いことに文句は言いません。積雪になったとしても5cmくらいまでなら彦根なら雪のうちに入りませんから、今シーズンはそれくらいのもので勘弁してもらいたいものです。
 それに、しっかり昼休みにプールへ出かける準備もしてきましたからね。

 久しぶりに、ロボット掃除機の話題です。購入してからそろそろ二年経過するのでバッテリーが弱ってくるのは仕方ないことであり、昨年12月から朝の掃除が一度でできなくなってしまいました。
 昨年の6月に表示基盤の故障でメーカーへ送り返したとき、これは保証期間内だったので無償修理でしたがバッテリーが原因だと消耗品なので一万円くらいはかかるとオペレーターの説明でした。それに宅急便代も必要になりますし、入院中は当然ですが人間が別の掃除機でやらねばなりません。
 年末はややこしいですし、一度楽を覚えてしまうと贅沢なもので今は一番寒い時期ですから別の掃除機を動かすのも面倒ですし、できる限りバッテリーを使い切ってからと思っていました。けれど目に見えてバッテリーは弱っているので、午前中にカスタマーセンターへ修理の手順を尋ねる電話をかけてみました。
 するとこの機種は自分でバッテリー交換ができるのであり、家電量販店で部品は取り寄せができるということです。しかも値段は消費税込みで5000円未満ということですから、すぐ昼休みにビバシティで注文してきたのでありました。ラッキーであり、うれしくて仕方ないですね。

 昨年末の年賀状印刷は光沢のあるインクジェットはがきだったので分厚く、紙詰まりを起こして失敗をしたのですけど、毎年の同窓会のはがきも同じ頃に印刷をしていて混乱して失敗気味でした。
 しかも往復はがきではなく今回からメールで出欠の返事をとしたのですけど、見事なくらい誰からも返事がないので往復はがきを買い直してもう一度送らなければならないという二度手間に。
 今回の印刷は失敗しないようにプリンタの後ろ側から給紙する方法としたなら、紙がストレートに送られますから印刷速度が速いのには驚きました。初めてパソコンを購入したときがアップルのスタイルライターというプリンタだったのですけど、キャノンからのOEMなのに印刷位置がずれて困るというものだったので後ろ側からの給紙には疑念があったのですけど、今回のことで完全に認識が変わりました。

ドアの駒

| コメント(0) | トラックバック(0)

 待合室と治療室の間のオートクローザーが年末から不調なのでドアを外して調べると、コマがもう回らない状態になっていたので昨日の昼休みに交換作業をしてもらいました。
 このドアは何度も何度も不調を起こして、遂に三年前には上部の駒を一つ外してリミッターを解除させた状態にして原理的にはノーブレーキにしたのですけど、ドアが重たいので回転している駒の摩耗は仕方ないところです。
 交換してもらったならまたノーブレーキで勢いよく閉まるようになりました。けれど聞いてみると毛髪やゴミなどが詰まっていたということであり、次こそは三ヶ月に一度はドアを外して掃除をしなければと思った次第です。

 アマゾンのプライム会員になると閲覧できるようになるプライムビデオで、「宇宙戦艦ヤマト2199(テレビ版)」の二度目を今朝見終えました。地上波を含めると、三度目ですね。
 どうしてもオリジナルで熱狂していた世代ですから地上波で見たときには「矛盾点の解消はいいとして新たな余談を挟むのは?」と感じてしまったのですけど、プライムビデオで二度目を見たときには「こんなに作り込まれていたんだ」と思わずのめり込んでしまいました。
 そして冷静にもう一度見たくての三度目でしたけど、画面が見えないので音声のみで判断していると細かな場面がやはり理解できておらず今回初めてわかった設定もいくつかありました。リメイク版の続きが制作されているということなので、これは是非とも見たくなりました。


 あちこちにまだ雪は残るものの、やっと本格的に回復したという感じで午前中は18人まで人数をこなすことができています。
 人数がすべてではないものの「医道の日本」を読んでいてもその他の報告を聞いていても、はやっていると言われる鍼灸院でも二桁に乗るかどうか程度であり、経絡治療の大家という先生たちも実は一日に30人を超えている人はまれだったという話に昨年末は愕然としました。
 いや、西日本には助手を入れながら相当数を一日にこなしている先生が多めなのですけど、それでも昔ほどではありません。
 私は何度も何度も大阪が居住地だったらと悔しさを飲み込んだことがあり15年は目標より遅れているのですけど、やっと30人を超えるのは当たり前でありスタッフさえいれば40人が連日でも平気なところまで来ました。スタッフの確保、これが今一番の課題です。

やっとプールへ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 積雪の影響で必要最小限の外出しかできていませんでしたが、昼休みにやっとプールへ出かけて泳ぐことができました。
 といっても先週の金曜日に泳いでいるのでたった一週間ぶりというところなのですけど、スポーツをやりたいのにそこまでたどり着けないことにまずストレスを感じるのですね。
 明日にはランニングを予定しているので控えめに泳ぐだけのつもりが、途中から身体が動くようになりロングは600mまで伸ばせました。スピードはいまいちですね。

ノーマルタイヤ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 週の後半は午前中にパートさんが入っていてくれるのですけど、今朝は私は知らなかったのですが駐車場でちょっとした騒ぎになっていました。
患者さんが駐車をする道路側のスペースは融雪装置でもうすっかり雪はないのですけど、奥の多目的で職員や家族が駐車できるスペースは何も除雪をしていなかったところ、自動車が入れられずに困っていたというのです。
 そういえば先週末に「雪が降ったなら自動車には乗らないことに決めたのでノーマルタイヤしかはかせていない」という話を聞いてはいたのですけど、彦根でスノータイヤをはかせていないなんて話は通常はあり得ないのですっかり忘れていて、それで雪の中へ突っ込めなかったということでした。
 まぁ40cm前後の積雪は彦根なら数年に一度のこととはいいながらも、まだノーマルタイヤで出かけるには路地のことを考えると早すぎましたね。

 まだプリントアウトはしていないものの、昨年の確定申告に必要な帳面の整理ができました。
 パソコンで月に二度ずつ打ち込みはしているのでそこからは自動計算してくれることにはなっているのですが、一年分となるとどうしても項目の振り分けミスが出てきますし、現金出納帳の方で「これは後から記入しよう」と思っていて忘れてしまったものなど、数カ所おかしなところが見つかりそのたびに該当付き全部を見直す作業が発生します。
 自分で管理し始めた頃に比べれば修正作業はほんの少しにはなったのですけど、それでも今年はややミスが多かったように思いました。今年の分からは、入力時にもっと時間をかけて、項目のミスだけでもなくそうと心に決めました。最後までやり通せるかが、問題ですけどね。

 水曜日は午前中のみの仕事なので、その後は源泉徴収の振り込みなどがありましたから郵便局とコンビニと銀行へ出かけてきました。
 かなり雪は溶けたといいながらも歩道はほとんど除雪がされておらず、おまけに自動車は駐車しやすい場所に停車させますからいつもとは違う場所に路駐の嵐であり、点字ブロックが見つからず何度も何度も迷子になりながらの行程でした。
 それでも頭の中に完全に地図が入っている場所ですからできることとはいいながらも、雪の中を白杖を頼りに歩くのがこんなに楽しいものだとは思いませんでした。実質的に全盲となったことで変に視力に頼らなくなった分、全身の感覚を総動員させて歩くのは充実感があります。まぁ疲れますけどね。

 昨日と一昨日の朝は積雪がシャーベット状だったので溶けるのを早くしてくれましたが、今朝はとうとう凍結をしていました。昨夜の天候がよすぎて、放射冷却の影響ですね。
 道路のあちこちは氷になっていますから思わぬところで何度も滑っていたのですけど、そこは彦根の出身ですから慣れたものであり小学生の頃には「スケートだ!」と遊んでいましたから、都会の人と違って横滑りするのが身に染みついています。
 でも、ふと思いました。現在は五十一歳で瞬発力は衰えましたが持続力と反射はまだまだで体力は同級生からすれば突出しているものの、十年後に反射が鈍っていたならどうなるのだろうか?視覚障害者が凍結した道路を一人で歩くというのは、かなり怖いことなんだと感じた朝でした。

 今年最初のホームページ更新ということで、 論文コーナーに『鍼灸ジャーナル投稿原稿』の項目を追加し、「症例レポート 奔豚気の治療から思う現代のうつ病について」を掲載しました。
 手元のパソコンで正しく表示されるかの確認をしてからアップロードをしていて、さらにインターネット上でも正しく表示されるか再確認をするのですけど、ななななんと"errer404 not found"とファイルが見つからないと表示されてしまいました。
 慌ててしまいましたけど、原因はすぐ判明です。今回のファイルはずいぶん昔の投稿原稿であり、昨年に更新作業が行き詰まったならアップしようと変換作業だけは早くに済ませておいたものでした。それでパソコン上にはファイルがあるのですけど、アップロードはしていなかったのでインターネットからは見つからなかったのでした。すぐフォルダごと上書きをして、見えるようになりました。

 ハリーポッターと呪いの子」の音声デイジー、今朝に聞き終えました。七時間程度の図書ですからそれほど分厚い本というほどではなかったものの、一気に本を聞き終えるというのは「スティーブ・ジョブズ」以来のことであり、あまり音声図書を得意にしていないのですけど途中でやめることができませんでしたね。
 中身はというとネタバレになりますからあまり書かないことにしますが、シリーズ七冊のうちで私が最も好きだった第四作「ハリーポッターと炎のゴブレット」の中身がよくわかっていないと読みこなせないものでした。それだけに話の入り方が余計にうれしかったです。
 でも、シリーズの最初の方は結末でどんでん返しがあり最後の最後までわくわくして読んでいたのですが、途中からは結論がかなり推測できるようになっていて、今回も推測の通りに収まったのが惜しかったです。「炎のゴブレット」が一番結末を予想しにくかったので、うーん、もう一回分ひねりがほしかったかなぁ。
 けれどハリー・ポッターが父親になり、親世代からの目線で書かれていたのは私の現在と重複するところが多く、この点はとてもうれしかったです。

昨夜は迷子に

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の朝にはカンカンに雪が凍結してしまっているのではと心配していたところ、シャーベット状だったので午前中で幹線道路は雪がなくなってしまい、午後からは外出しようと思えばできるという程度になっていました。
 それで夜に帰宅するときにはビバシティの職員の自動車でアスファルトが見えるくらいにはなっているだろうと一人で歩いたのですけど、さすがに数年に一度の積雪量ですからまだアスファルトは見えておらず、自宅へ曲がる目印となるグレーチングが見つかりません。
 正確には「おそらくこのあたり」というところまで最初歩けていたのですけど、ここで意地の悪いことに自動車が通過しますから道の端に待避していたなら目印がなくなってしまったのです。
 迷子は迷子で結構楽しかったのですけど、もうそろそろヘルプの電話を入れた方がいいかと考え始めていた頃に奥さんの方から先に電話がありました。

どっちが本当?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜に遅い夕食をしながら、ラジオ大阪の「news tonight いいおとな」というニュース番組を聴いていました。ナイターシーズンでも年中やってくれているニュース番組で、重宝して聞いています。
 ナビゲーターの女性が冒頭の挨拶で、「週末は彦根へ旅行をしていました」といいますから思わず耳が釘付けに。雪景色の彦根城も、よかったとのことです。
 ところが積雪量について41cmだといいます。体感的には40cmくらいはあったように思えるのですけどいつも数字は控えめなので、アメダス情報の34cmと昨日のエントリーでは書いたのですが、どっちが本当?

 さらに積雪がひどくなるという状況ではなかったものの、まだ午前中には雪が降り続いていたのに今日も12人もの患者さんが来院されました。本当にありがたい仕事です。
 そのうち5人が本日に電話予約をされた方々ということで、身の引き締まる思いです。けれど連絡なしに無断欠席される方が、ここまで多いという経験もなかったのではありますけど・・・。
 その時間のできた間に、漢方鍼医会本部で感じている実技の問題点についてまとめた文章を書いていました。決して滋賀漢方鍼医会はそれらの問題点をすべてクリアできているとはいえませんけど、かなりは超越をしています。
 一番の問題は、鍼灸業界全体に占める漢方鍼医会の会員数がまだまだ少ないということですね。せめて福島弘道先生が築かれた東洋はり医学会全盛期の二倍、これくらい達成をしないと恩に報いたことにならないでしょうからね。

雪対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

 彦根市の正確な積雪量は34cmらしく、30cmを超えるのは二年に一度程度くらいですけど「いきなりやられた」という感じでした。昨日もまだ吹雪いているので自宅から出られず屋根裏部屋で昼寝をしていたのですけど、吹き付けてくる雪の音が心を寂しくさせるのでありました。
 ちなみに積雪量を調べるのに気象庁のページを読み込んでいたところ、彦根市の正確な位置は北緯:  35 度 16.5 分 東経:  136 度 14.6 分 標高: 87 m
   ということでした。
 それにしても融雪装置のハンドル、先週のうちに間に合ってくれていてよかったです。これで間に合っていなかったなら、またまた親父から嫌みのオンパレードを朝から聞く羽目でしたね。
 残りの雪対策は、駐輪場の屋根にも雪止め装置をつけてもらうことです。

積雪の影響

| コメント(0) | トラックバック(0)

 土曜日から降り始めた雪は午後になって急に量がひどくなり、午前中の仕事には影響をしていなかったのですが午後は「よくぞ来院できました」という感じに最後はなっていました。
 そして滋賀漢方鍼医会の月例会に向けてアンプを運びだそうとしたのですけど、とても雪の上を引きずっていける状況ではなく断念をして、自動車で自宅まで送ってもらったのですが吹きだまりだと60cmくらいはありそうな積雪に、すぐ会長へ連絡をして欠席を伝えました。そこから連絡を回して、結局は月例会そのものが中止になっています。
 昨日も断続的に雪が降り続いており、一人では危なくて鍼灸院までやってくることができませんでしたから除雪作業を任せるしかなかったのですけど、融雪によって作業はしておいてもらえました。
 雪は幸いにも凍結はしておらずシャーベット状でしたから、午後には大きな道路が開くので少し仕事がさせてもらえるでしょう。

 一昨日から同窓会のメーリングリスト上で、所有されているブレイルメモとパソコンをブルートゥースで接続するためのサポートをしているのですけど、現物が目の前にないとかなり大変です。
 自分のものでさえ毎回接続に頭をひねっているのですから、他人の機種が違うものについては思い込みや仕様が違っていたりといくつも障壁があり、今朝はわからないことが多すぎるのでホームページからマニュアルをもらってきて読んでみました。
 すると、私が所有しているものとはかなり仕様が違っていて、まずはパスキーを探させるという余計な労力を強いてしまっていたようです。
 ブルートゥースは一度接続が完了してしまうとこれほど便利なものはないのですけど、そこまでが一癖あるので面倒に感じるのですよね。

 この冬は今のところかなりの暖冬ですけど、それでも積雪がとうとうやってきました。田んぼのことや夏の水不足のことを考えると数回は降っておいてもらわねばならないのであり、仕方ないですね。
 一昨日に駐車場の融雪のバルブを回すハンドルが届いていたので、今朝は楽にバルブの開閉ができました。新しい雪ですから自動車が滑ることもなく、あまりキャンセルも出ていません。
 問題はいつまで降り続くかであり、明日は滋賀漢方鍼医会の月例会があるのですけど草津市は雪の影響がほとんどないので開催されますから、どうやってアンプを運ぼうかというところです。

 三年半前に駐車場の拡張工事をしたとき、融雪のために水道を埋め込んだので「これで長年つらい思いをしてきた融雪作業ともおさらばだ」と、喜んだものです。
 かなり作業状況は欲なり楽になっているのですけど、実際には手作業はやはり残るものであり完全自動とはいきません。そしてバルブがしっかり閉じきらないとか、水道口部分に自動車からの土が落ちて二年目からは水の出方が悪くなるなど、想定外の問題も発生してきます。
 この冬になって、出口部分の金具を外すための工具はちょっとした道具の組み合わせで自作できることがわかりましたからすぐ制作してもらい、これで冬の前に掃除ができるようになりました。残りの問題はバルブの開閉なのですけど、てこの原理を用いながらの金属ハンドルを制作してもらえたので、これも問題解決です。今朝に遊んでみましたが、あれだけ顔を真っ赤にするほど力が必要だったのにあっさりバルブが回せたのでありました。

 それから今日は、もう一つ「とうとうやってきた」がありました。
 昨年11月に日本語版がリリースされて話題になっている、「ハリーポッターと呪いの子」の音声図書がリリースされたので、すぐダウンロードしてきました。
 "スティーブ・ジョブス"の時に音声図書が出るまで半年はかかるだろうといわれていたものがテキストデイジーが一ヶ月半でリリースされて大喜びしていましたから、今回もテキストデイジーが年明けには出ると予測していたものの、なんと音声デイジーまでリリースされていましたね。二つとももらってきました。

 「とうとう」という感じで、私のところへも回ってきてしまいました。何がというと、視覚障害者福祉協会の役員です。
 といっても、彦根地区から三名出ることになっている県協会の評議員の一つを交代で入ってほしいということであり、年に三回の会合に出席するのが役目のほとんどです。
 会合が金曜日なのですが午前中だけで役割は終了するということであり、地区協会の会長などもっと時間がとられてしまう役員をというよりずっと軽い立場なので、ここは進んで引き受けることにしました。

 今回の主訴は腰痛なのですが、元々は約一年前からの背部痛が原因であり、お腹の調子も良くない状態が続いていましたから内臓が悪いのかと検査を受けたものの何も発見されず、そのまま放置していたといいます。現時点で、背部痛は感じなくなってはいます。
 腰痛は臀部にも放散痛があり脉状からも腰椎ヘルニアが明らかなのですが、背部痛との関連が今ひとつ理解できません。しかし、標治法で背部を直接触診すると内出血の跡があり、打撲をしていたのだろうということが読み取れました。本人には、記憶がないということです。
 この「本人には記憶がない」という背部の打撲、年に数人は来院されています。最初に遭遇した時には思わずこちらが声を出してしまうほど見事に腫れ上がっているのに、本人は全く打撲のことを知らず痛みだけを訴えられており、疑って姪に確認してもらうと「おばちゃん赤く腫れてるで」と指摘され、これで納得してからは転居されるまで定期的に通院されたという思い出があります。

これから初詣

| コメント(0) | トラックバック(0)

 実はまだ初詣ができておらず、注連飾りの奉納のお願いと併せて午前中の仕事が終わったなら出かけてこようと思っています。
 自動車で10分ほどに多賀大社がありますから、ここは年中奉納の受付箱が設置されているのでありがたいです。
 そして先日も患者さんと話をしていたのですが、神社にお参りするときにはお願いをしていては自分で自分のことを納得させているだけなので、お礼を申し上げてきます。

 三日前にスリッパのままで脚立に乗っていて滑ってしまい、左足をけがしたという患者さんが来院されました。松葉杖状態であり、奥様の付き添いが必要な状態です。
 足首から前方が腫れ上がっており、診察するまでもなく骨が折れています。どうも二カ所亀裂骨折があるようで、今日のところはだいたいの場所までしか特定することができなかったのですけど、休日診療所ではレントゲンでは何もなかったからと捻挫とされたそうです。そんなはず、ないやん!!
 足の骨折では過去に苦い思い出があります。当時近所に住んでいたおばあさんが縁側から落ちたのですけど治療室の中にまで響いてくるほどの大きな悲鳴であり、すぐ来院されたのですがまだ骨折の判定法を知らなかったので、自力で歩いてきたことから捻挫として治療を開始しました。下積み修行の頃に刺絡で著効があった経験から一番晴れている箇所より行ったのですけど、明くる日に来院されると「夕方から血がにじみ出してきて一晩続いた」ということです。痛みも腫れも回復しておらず、ひどくならないうちに病院へ行ってもらうと骨折でした。
 今なら瀉法鍼を使いながら平気で治療してしまうケースなのですけど、診断技術と対処法の二つを持っているから可能なのであり、瀉法鍼がなければ恐ろしいことです。

 それでどうやって体調が回復したかですが、書くまでもありませんけど自己治療です。
 緑内障発作の時などもそうなのですが、体長が急激に悪化している途中ではどうにも自分では治療を行う気になれませんし経過観察も一つの人体実験なので、一度は悪くさせてしまいます。
 昨日に副院長に標治法をしてもらったのですけど、このときにはゾーン処置が未経験だった上に自分の頭では練習をしたことがないといいますから、鍼灸とはそんな簡単な技術ではありませんから効果が出るはずがありません。起き上がって十分に動けるようになったのは、今朝の治療によるものです。肺病で左の陽谷を営気の手法で用いました。

 自営業をしている人ならわかることなのですが、体調を崩すのは決まって休みの日です。正確に表現すると、仕事の日は緊張をしているので体調の維持ができてしまうのですが「やれやれ休日だ」と気が緩んでしまうと、体調を崩してしまうのです。
 今年で開業をしてから二十九年目となるのですが、その間に体調を崩して仕事を突然お休みさせてもらったことはなく、まして風邪で休日に一日寝ていたという経験もほんの数回しかありません。
 しかし、昨日までの攣急はインフルエンザに感染してしまったようでどうにも土曜日の夜からだるくて日曜日は一日寝ており、昨日も攣急という甘えからほとんど寝てしまっていました。甘えで寝ていたのであり、昨日は起きられないという状態ではなかったのですけど、気合いが入っていませんでしたからね。

Windows10の大掃除

| コメント(0) | トラックバック(0)

 Windows10は月に一度修正ファイルが公開されるのではなく、Windowsアップデート経由で細かく細かくアップデートがされています。
 それだけにアップデートに使ったプログラムや緯線のバージョンへ戻すためのファイルなど、不要なファイルをため込む癖があります。以前のバージョンへ戻すファイルは日数が経過すればアイドリング時に削除はされますけど、ログなどは残るのでやはりうっとうしい。
 それで「年末大掃除企画」ということで紹介されていた記事に従い、不要なファイルの掃除をさせてみたところ二つのパソコンは500MB未満でたいしたことなかったのですけど、予備のパソコンだけ20GBも削除するということで時間も相当にかかっていました。おかげですっきりです。

 年後半の源泉徴収、つまり労働賃金に対する税金の支払いを事業主は行わねばならないのですが、今回はすっかりそのことを忘れていて昨日に税理士事務所から電話をいただいてしまいました。
 基本的には源泉は天引きして事業主が一括して支払うという形式ながらも、下積み修行の人たちにその負担をかぶせてしまうとかわいそうなので代理で支払っているのが現状です。
 そして遂に、新生児にマイナンバーが必要だということになりました。私としては受け取り拒否をして「そんなもん知らんで」と決め込みたかったのですけど、代理で受け取られてしまいましたから仕方がないので金庫でずっと保管していました。
 そして今朝、私のマイナンバーを開封するしかなかったのでありました。住所録ソフトへ、メモしておきました。

 昨日もそうだったのですが、今日の臨床の中でも脾虚肝実証が多いと感じました。
 年末年始で胃腸に負担がかかっているためなのか大掃除などで爆発的な力を加えてその反動なのか、季節が土用へ入りつつあるからなのかいろいろと考えられますけど、男女どちらにも脾虚肝実証が目立ちました。
 陽経からの治療も多く、かなり証決定はバラエティーに富んでいました。

 今日は年賀状の返信代わりとして松田博公先生が送付してくれた資料を読んでいたなら、長い長い大量の文章で読み切れず、残業をして今やっと読み終えたところです。
 ワード2007形式だったのですけど270KBもありましたから、ページ数も17ページと本当に長いものです。これで塾の一回分の資料だといいますから、毎月目を通すだけでも大変そうです。
 中身はというと「死生観」ということで、鍼灸業界だけでなく医療に貢献された著名な先生を相次いで見送って、次は自分の番になるのならと思いついたそうです。

 どうして信頼している会員への評価が低かったのか?いろいろと考えていました。
 まずは第一印象、つまり初めて鍼灸治療を受けて「鍼灸というものはこういうものなんだ」というインプットがされてしまうと、慣れてしまったという経験も手伝ってよほどの理由がない限り転院したくないという心理が働くのは無理のないところです。私が素人だったとしたなら、安全ごまを持っているという意味でもそのように反応してしまうでしょう。
 第二にはコストパフォーマンス、治療費と降下のバランスが取れているかを評価してしまいます。また人間的に合う・合わないの項目もあるでしょう。
 第三には診断結果が食い違い、違った説明を受けると不信感を持ってしまいます。それでも抜群に効果が出れば結果オーライですが、同じくらいの降下に至らなければ完全に否定モードになってしまいます。
 第四には治療室の規模や雰囲気、先ほどの人間的に合う・合わないの部分にもかぶってくるのですが、雰囲気は院長先生の個性が強く出るので拒絶反応のことさえあるかもしれません。
 書き出してくると自分にも耳の痛いところがあります。まぁでも、今回はゾーン処置を実践しているのが当院だけですから、頭のあの気持ちよさを知ってしまうと同じ処置がなかったなら不満に感じてしまったのかもしれません。

  仕事始めの午前中から、思い切りいらいらさせられることが続きました。おかげで昼休みのプールでは、八ヶ月ぶりに壁へ激突です。集中力を欠いていました。
 一つ目は昨年末に距離が遠いので信頼している会員の治療室を紹介しておいたところ、その兄弟からの電話だったのですが大阪からでもどうしても通いたい、ほかの先生を紹介されるのは兄弟のように期待外れになりたくないからだということです。えっ、全く同じ治療スタイルではないにしても、効果は絶対に出ると転院をしてもらったのに・・・。
 これでいらいらしていたところへ、保険会社からだという電話を取り次いでいた助手の対応があまりにお粗末だったので、思わず一発で切れてしまいました。

 ゾーン処置を開始してから約二ヶ月、そして年末年始の滑り込みで強引な治療をしなければならない期間を過ぎて、やはりドーゼ過多を起こしているケースが少しあるようです。
 まぁ年末年始で強引に治療するケースはドーゼ過多には目をつぶってもらいながら結果優先をとっているのですから、必ずしもゾーン処置に問題があるわけではないのですけど今までの回復と少し違っていました。
 つまり、整復反応が強く出ています。整復反応が出るとその後の状態はかなりいいものになるのは今までもそうでしたが、さらにいい状態になります。
 けれど回復したからいいのであって、やはり反応が発生することは極力避けたいものですし、もう少し経過観察を続けて考えていきます。

正月休み

| コメント(0) | トラックバック(0)

 3日から4日にかけて、患者さんに紹介してもらった縁もあって片山津温泉まで家族旅行に出かけてきました。お正月の旅行といえば一番上の子供になる娘がまだ0歳の時に、赤穂温泉へ出かけたきりであり、10年ぶりのことでした。
 年末からの天気予報では天候に恵まれるということだったのですけどあいにく二日とも雨にたたられたものの、芝正ワールドをパスしてホテルへ向かっていたならウサギが放し飼いにしてあるドライブインを偶然見つけてこちらで遊ぶことができましたし、早くから温泉へ入ってサービスのアイスをたくさん子供たちは食べることができ、夕食はもちろんおいしくてビンゴゲームに参加してきました。
 今朝もゆっくり朝食をしてから、そば打ち体験をしてみたところ打ち立てのそばのおいしさは驚愕でした。
 これで正月休みは終わりとなりますが、かなりゆっくりできたお休みになりました。正月太り、隠しきれないですね。

 あけまして、おめでとうございます。2017年が、皆様にとって幸多き年でありますことを、心より祈念しております。
 昨日は毎年恒例になっている二木家での集まりであり、姪が今年の五月に結婚することとなりましたからフィアンセを連れてきて賑やかなお正月を過ごさせてもらいました。
 「いいお酒が手に入ったから」と日本酒を冷やで飲んでいたのですけど、冷や酒は確かにおいしいのですが体質的にそこまでは飲めないので一度休憩したなら限界になっていたものの、夜の仕上げの食事でもう一度というのはきつかったです。初めてのお客さんがおられましたから、最後までまともではいましたけど自宅へ戻ってきたならパソコンの前で居眠りをすぐしていましたね。

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。