2017年4月アーカイブ

 昨日は祝日だったので予想通り大幅に予約が増えることはなく、夕方もパートさんに手伝ってもらってシーツ交換を早くに済ませられましたからいつもより一時間早くに帰宅できました。
 それでゴールデンウィーク中はプールへどれだけ行けるのかわかりませんから「泳ぐぞ」と気合いを入れて向かったのですけど、「祝日営業なので残り20分程度になりますが」と残酷な宣告が・・・。
 ほとんど休憩せずに蛍の光が聞こえるまで泳ぎ続けましたから900mまでは泳げました。あれだけ早くに帰宅していなければ、プールそのものへ入れずがっくりしているところでした。

 どうにも治療室と待合室の間のドアが調子悪いので予備と交換したのが今月の初めでしたが、その後も朝に一度はドアを持ち上げて滑りを確認しないと勢いよく閉まらないというのが実情です。調整をすれば大丈夫なので、そのうちに下の溝を交換してもらいましょう。
 ところで、「治療室」や「ドアは自動で閉まります」というプレートの移動はできなかったので改めて制作をしてもらい、昨日に届きました。
 午前の最後に手伝ってもらいながら貼り付けていたのですけど、「開く(OPEN)」のプレート、矢印が逆になっていて危うくのところで交換しました。今回のプレートは文字が浮き上がっていたので手で触って気づいたのですけど、本当に危なかったです。

 朝に頭痛がしていたものは、自分で本治法とゾーン処置をして、標治法の代わりに副院長に顔面のマッサージをしてもらうことでほぼ解消し、午前中にはいつの間にか回復していました。
 しかし、歯痛が消えそうで消えないのであり、木曜日から飲み物を飲むとしみるように段々となってきているので気にしていたところ、昼寝をしながら指で探ってみると上の奥歯がぐらぐらし始めています。
 あちゃー、これはもう抜歯しかありません。その覚悟はすぐできたのですけど、問題は次の水曜日が連休であり次に歯医者へ出かけられるのが十日後になってしまうこと。そこまで痛みが今の程度で保てればいいんですけどねぇ。先月末に突然発生してきた歯の痛み、犯人はこの右上奥歯だったようです。

 今日は祝日なのですが、今後の日程を考えて仕事をすることになっています。
 祝日は「休みだ」と思われているので、「だめで元々」という切羽詰まった人以外からは電話がないので、大幅に予約が増えることがないのが今までの頸肩です。
 常勤の助手がいなくなり夜は一人で診療をするようになって一ヶ月、少し要領がよくなって時間は短縮できているのですけど疲れも出てきて頭痛がしています。今日はゆっくりモードでの仕事になるでしょう。

 夜に来院された患者さんは、左足第三中足骨の激烈な痛みを訴えられています。歩行時に蹴り出す力を入れたときが痛むのですけど、それ以上に苦しいのが夜間痛。
 結論としては亀裂骨折であり、トラックを運転しているのでどこかで小さな骨折が発生したのを知らずに運転席から飛び降り続けていて、傷が大きくなってしまったのでしょう。昨年にも場所は違いますが全く同じ症状があり、このときには自然回復まで数ヶ月かかったそうです。
 それにしても、あきれました。一見したところでは腫れていないのですけど、両足で比べれば明らかに腫れています。しかし、整形外科ではレントゲンで何も見えず「足の腱鞘炎」などと、素人を馬鹿にするのもたいがいにせぇよといいたくなる診断を言い渡していたとか。

 久しぶりにロボット掃除機の話題です。
 待合室の片方のいすの下へロボット掃除機が潜り込んで動けなくなってしまう状態が初期にはあり、いろいろと工夫をした結果がいすの高さを変えられるねじ式の足を目一杯まで高くして、潜り込ませないのではなく潜り込ませてしまうことでした。
 ところが最近また引っかかって動けなくなっていることが多かったのですけど、原因は低い高さにするための小さな足がそのまま残っていたことでした。今朝に何気なく見ているとプラスねじでこの小さな足を取り外せることを発見し、早速に実行です。
 何度か足の長さを再調整する必要はあったものの、これでいすの下へ潜り込んで立ち往生というのはなくなるはずです。明日からが、ちょっと楽しみです。

 ゴールデンウィーク直前ということで、今日は予約が集中しており一気に新記録の38まで到達してしまいました。
 素人のパートさんと回していると最初の一時間で6人は余裕でできてしまうのですけど、その次に6人というのがまだどうしてもできません。一時間に5人ずつが余裕があっていいのですけど、できればもう少し数を伸ばしたい。
 そして夜はゆっくりと少なくがいいのですが、こちらの方がなぜかスピードアップしつつあります。でもでも、助手がいるのが一番であり、一人だけで仕事をするのは夏には終わらせたいですが・・・。

 昨日は小学校から家庭訪問があり、地域ごとに決められているので三人の先生が連続で来られましたから、午後は休診だったのでお会いすることができました。
 その中で職業に関する学習があり、来月の修学旅行でも「キッザニア甲子園」で職業体験をすることになっているのですが、鍼灸師という職業について授業をしてほしいと言われました。
 もちろんOKの返事を出しているのですけど、まさか小学校で鍼灸師について話をするとは思ってもいませんでした。

 コードの引き回しが楽なので夜中にスマートフォンを充電するのに大きなモバイルバッテリーを使っているのですけど、今朝に充電用のコードを探すのですけど行方不明です。
 使ったものは元の場所へきちんと戻すということのできない行儀の悪い子供たちですから、きっとどこからかまた出てくるのでしょうけどたちまちが不便です。あれほどiPadの充電ケーブルも元の場所へ戻すようにいうのですが、使いっぱなしです。
 そういえば100均で電源ユニットを購入したことがありこちらはいくつもコーナーに残っているのですけど、マイクロUSBケーブルも余っていたはずなのに見当たりません。ライトニングケーブルはきっちり予備を備蓄してあるのですけど、マイクロUSBケーブルも備蓄の必要がありそうですね。

冷えると疲れる

| コメント(0) | トラックバック(0)

 午後は仕事が休みなものの、来週がゴールデンウィークの真っ最中になるので一週間前倒しで月初めに行っている銀行の用事を済ませてきました。ついでにマイクロSDカードも購入してきて、カセットテープからデジタル音源へ変換する準備もこれで寒涼です。
 ところが激しい雨ですから歩きにくく、あちこちに水たまりがあって足を突っ込んでしまい靴も靴下もぐしょ濡れです。これは足が冷えて疲れてしまいます。
 それでもめげずに、一度帰宅してからプールへ出かけたのですけど、疲れが隠せず最初の25mでいきなり壁へ激突です。日曜日に半年以上激突していなかったものが斜めに突っ込んでぶつかってしまったのに続いて、ショックでした。
 こうなったなら逆に心の火が燃えてくるのであり、距離そのものはコントロールしたのですけどロングでがんがんに飛ばして泳いできたのでありました。

 今朝にFirefoxのバージョンアップがダウンロードされたのですけど、このバージョンだと日本語をオンにすると不正終了するようになってしまいました。
 PCトーカーのバージョンアップをした直後だったのでこれが原因かと思いましたけど、鍼灸院の以前のバージョンでも不正終了になってしまいます。そしてNVDAでは大丈夫だということは、PCトーカーの影響でエラーになるみたいです。
 高知システムズへ連絡をしたことがなかったのでちょっと迷いましたけど、メールで状況を説明しておきました。
 それにしてもしばらくは投稿がIEでないとできないようですから、少し手間が増えてしまいました。

 本棚をどうやって整理していけばいいのか、昨日のとりあえずカセットテープを取り出してからずっと考えているのですけど、名案がありません。
 まず学会誌についてはデータ版があるといいながらも、これは残しておきたい。それからニューサイエンス関連の書籍も、もう手に入らないのですから残しておきたい。ほかにも手に入らない雑誌関連は残すとして、デスク横の本棚にもそういう資料があります。
 新しい本棚を二回へ設置するという方法が確かにあるのですけど、ちょっと安直すぎてまだこれには手を出したくありませんし、どれを捨てていけばいいでしょうか?

 予約変更の電話があり慌てていたパートさん、間違って明日の朝一番の予約を一つ消してしまいました。ますます慌てています。
 明日の朝のことですから覚えておいて伝言もすれば済む話なのですけど、もしこれが数日後のことだったりするとオーバーブッキングが避けられないということで、バックアップから別のパソコンでデータを閲覧して無事に確認ができました。
 午前の終わりと午後の終わりの一日二回バックアップをしてあり、しかも一日の終わりはさらに別のフラッシュメモリへもデータをコピーしてあります。バックアップの大切さ、実力発揮でした。

 午後は電話の数も少なくなり洗濯などの掃除類も少ないので、その時間を利用してパートさんに古いカセットテープだけに残っている録音図書をデジタルデータへ変換してもらうように準備を始めたのですけど、本棚の整理がこれほど大変とは。
 まだ自分で大きな文字が書けていた頃、貴重な資料ですからきっちり保管はしてあるのですけど重ねて体積を小さくしてありましたから、引っ張り出してくるとどんどん予想以上に「こんなものが」という感じで出てきます。
 とりあえずデータ変換の優先順位がありますからカセットテープは二階に移動させたのですけど、これからどうやって本棚の中身を整理整頓していけばいいのでしょうか?

今朝は朝風呂

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝は朝風呂ですっきりです。お湯を入れたのは昨夜に長男が入ったときなのですけど、魔法瓶浴槽なので真冬でなければ明くる朝でも十分には入れる温度なのです。
 新年度の体制になってプールの回数が減ってしまったのですけど、それでも自宅でお風呂に入る回数があまり変わっていません。でも、朝風呂はいいですね。
 まだマンションに住んでいたときの一番の不満は、お風呂が小さいことでしたからねぇ。集合自由宅だとどうしても犠牲になるのが洗面所にトイレとお風呂ですから、仕方ないのですけど窓のないお風呂は苦痛でした。

 カルテ管理ソフトで大人の記録はしっかり残り、それ以前は大変だった年間領収書の計算も一発でできるようになりました。これが約15年前のこと。
 しかし、小児鍼についてはカルテ管理ソフトでは記録していません。これは様々な理由があってここには書き出せないのですけど、困ることが年間領収書を求められたとき。
 いつの頃の助手が記録を開始したのか覚えていないというか関与していなかったのですけど、今までメモ用紙に月ごとの記録が残してあったのでこれもパソコンで管理できるように変更をしました。
 エクセルがわかりやすいところですけどそれでは果てしなく横に長くなってしまう化膿性があるので、エディタで固腎ごとに日付だけ記録するようにしました。名前はひらがなにしておけば、人数が多くても検索で一発に見つけられます。

 昨日の笑い話です。
 先月に自動車を乗り換えたのですけど、天井からのモニタでワンセグやDVDが見られるようになり、子供はそちらの方がいいですからすっかりiPhoneを貸してくれといわなくなりました。
 外でyoutubeを見なければデータ量が激減することもなく、ずっと高速通信ができるようになった副院長です。「今まではなかなか表示がされないので振ってみたりしていたけど・・・」って、昔の蹴飛ばせば映るようになったテレビじゃあるまいしデータは携帯電話を振り回しても高速にはならないんですけど。

 埋め立てゴミの回収は月に一度となっているらしいのですが、今まではそんなことを気にもしていなかったのですけど下回りの仕事もしているとわかってきてしまうものなんですね。
 それで子供の頃から知ってくれていた近所のおばあさんなのですが、一人暮らしで頑張っていたもののいよいよ93歳ではどうにも身体が動かないということで施設へ入所することとなり、アパートにあった埋め立てゴミを預かっていたのですけど今朝に持ち出すことに。
 そういえば自宅にも大量の段ボールがあったのですけど、これでやっと片付いてくれるでしょう。

 長男は幼稚園の時から空手をしていてこちらの方がメインなのですけど、友達に誘われてチームプレーもおもしろいということで少年野球もやっています。
 今日は4年生主体のデビュー戦のような試合がありましたから、時間があったので観戦に出かけていました。結果はぼろ負けに近い状態で、やはりピッチャーのできばえがかなりを左右しますね。
 それで硬球なら飛んだ方向やゴロなのかフライなのか音だけでかなりが聞き分けられるのですけど、軟球はどうもよくわかりませんでした。小学生なのでまだ力が弱いということもあるでしょうけど、金属バットと軟球というのは聞き比べる材料に乏しすぎるという感じです。
 盲人野球(グランドソフトボール)なら、全盲野手だと打った瞬間に方向と打球の種類がわからなければ話にならないのであり、それがわかるようにできてもいるハンドボールを使って地上を転がす競技ですが、一通りできるようになるまではつらい練習の日々でしたね。

 期日前投票が終わったなら、プールで泳いでいました。まだ夜の時間帯に身体が慣れていないのですけど、1kmまではロングができました。
 スピードは途中からかなり出ていたのでもう少し泳げそうでしたけど、家族が留守なので飲みに出かけることになっていましたからそちらの方が優先でした(笑い)。
 機嫌良く飲んで戻ってきたのですけど、気が大きくなっていて道に迷っていても平気なのでありました。

 昨日はぎりぎりにならないようにするため昼休みにシーツ交換をしてまで、彦根市長選挙の期日前投票に出かけてきました。
 たった一票ですけど、棄権をしても何も変わることはないので選挙には必ず投票をするようにしています。
 それにしても、場所によって期日前投票所の時間が違っているとは参りました。ビバシティの職員も把握していなかったのですから、仕方ないですけどね。

 昨日の受付時間を知らずに期日前投票に出かけていた間抜けを今日は繰り返したくありませんから、本来なら治療がすべて終わってから行うシーツ交換を昼休みに終えてしまいました。
 そこで前々から気になっていたのですけど、一番手間のかかるシーツ交換の時間はどれくらい・ということで計測してみると、約20分弱で完了してしまいました。
 確かにタオル交換は簡単ですし枕カバーは多少手間がかかるといいながらも10分程度に比べれば時間がかかるのですけど、こんな程度のものがどうして一時間もかかって前の助手はやっていたのか不思議でなりません。

イチゴ狩り

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ゴールデンウィークには子供たちをどこへ連れて行けばいいのか全くプランがないままに来てしまったのですけど、昨日にイチゴ農家の患者さんが来意印されていてまだイチゴ狩りがあるということから、これに決定です。
 帰宅して話をすると、まず一番に喜んだのは娘。次男も食べること大好きですから大喜び。武闘派の長男だけそれほど乗り気ではないのですけど、少年野球がありますからそちら優先でいいでしょう。
 今朝にホームページを見ていると場所もだいたいわかるのですが、カーナビに登録できるようにしてくれているともっとよかったんですけどねぇ。

 それで期日前投票に出かけるために仕事をスピードアップさせていたのですけど、どうしても一人でやっていると一時間に四人は何かを犠牲にしなければなりません。そうでなければ、時間内に収まらなくなってしまいます。
 いつもはカルテ記入を後回しにすることで乗り切るのですけど、今日は時間の隙間でうまく記入ができ、ベッドへ入ってもらうことは時間通りにできました。
 けれど最後はクローズ処理のところで時間がずれてくるのであり、どうしても一人で一時間に四人ずつというのは無理がありそうです。できなくはないのですけど、すべてをこなしながらは無理ということです。

 あーぁ、今日は最後でものすごく疲れてしまいました。彦根市長選挙の投票日があさってだとわかっていなかったのですけど、選挙公報を聞いて「これは急がねば」と仕事の終わりが早くなるように頑張りました。
 選挙当日だと該当の投票所に行かねばならないことと、点字投票は事前に申し込んでおくのがマナーですから、ビバシティの期日前投票所でやっておくと一人で出かけられますし点字投票もあって便利なのです。
 ところが20時に間に合うように急いで到着できたのに、既に研修室が閉まっています。不思議に思ってカルチャーの受付の人に聞いてみたところ、ほかにも20時に間に合うように来たのにと問い合わせる人がいたそうです。
追記
 選挙管理委員会のページで確認したところ、ビバシティの最終時間は19時であり、必ずしも期日前投票は選挙当日と同じ時間帯で行われていないそうです。彦根市役所であれば20時なのですけど、県立大学などの出張施設では夕方までであり、ビバシティもその部類になるみたいです。

 昨夜に試してみたおかずは、「塩キャベツ」。
 クックパッドなどで調べると、まず刻んだキャベツをビニール袋で塩もみして水分を抜いて、一度塩を洗ってから昆布とごま油で和えるとあります。うーん、おいしそう。
 しかし、手抜きをするにはふんわりとラップをして電子レンジで5分間、そして塩昆布とごま油とあり、さらにこれを手抜きして食塩で和えてからごま油にしてみました。一度目ですから80点くらいかな?おいしくて、定番になりそうです。

 今日から午後のパートさんも勤務開始ということで、午前中に掃除などの一連のことを覚えてもらうために実習という形でまず来てもらいました。
 これでやっとスタッフにバックアップができるところまで一つ余裕ができたのであり、仕事にも少しだけ余裕が持てそうですし予約枠にも余裕ができそうです。
 でもでも、今朝はいきなりの電話ラッシュであり、新しいパートさんの顔がこわばっていたりして・・・。

 昨日は午後が休診であり、スポーツができる貴重な時間なので仕事が終わったならプールへ直行でした。
 ところが先月までと同じくらいの時間帯であり残り時間も気にしなくていいはずなのに、身体が重たくてなかなか泳げません。途中からはそれなりのスピードで1kmはロングが泳げたのですけど、ちょっと不満です。
 帰宅して遅い昼食の時に缶ビールを飲んだなら、その後は撃沈でした。要するに真夜中に目が覚めたならそこからアニメをずっと聞いていたので、寝不足も寝不足だったというだけの話でした。

 昨日の朝の出来事なのですけど、交換したはずの治療室と待合室のドアがまたまた閉まりません。
 「そんなはずは・・・」と、調べてみると壁に引っかかって最後が動けなくなっています。誰かがドアにぶつかって溝からローラーがずれることは時々あることなのですけど、後ろ側のローラーが外れているというのは考えられないできごとです。
 犯人はうちの親父で、その前の夜に子供がつけっぱなしにしていたのでしょうか浴室の電灯がついていたということで夜に鍼灸院へ入ったらしく、そのときにいろいろいじくってドアもいじっていて、いい加減にいじってしまったみたいでした。今朝はしっかり最後まで閉まりました。

 少し仕事の余裕があった時間帯にメールチェックをしていたなら、いつものグッズ販売の広告メールなのですけど「カセットテープから直接データ化」というのがあり、思わず手が止まりました。
 研修会の古い録音については録音部の方で既にデータ化が完了していますし、古すぎる鍼灸関連の書籍もカセットは処分してしまいました。けれど、どうしても処分できないのがニューサイエンス関連の個人的に録音してもらった書籍のカセットテープ。
 「これだ!!と思ってwebへアクセスすると、値段も消費税と手数料込みで4500円程度ですからすぐ購入手続きをしました。明日から午後もパートさんが入ってくれるので、もし自分で操作できなくてもやってもらえるのであり、一つの本がデータ化できたならハードディスクへコピーすれば無限大にSDカードが必要ということもありません。これは大変うれしい買い物でした。

 早朝にニュースアプリから「東洋経済オンライン」の記事を読んでいると、とても参考になる記事がありました。
 「人望のない人はたった一言が添えられない」というものでしたけど、まず前半の報告・連絡・相談の「ほうれんそう」の段階での説明、納得でした。
 要するに結果・理由・意見の順番で話を組み立てればシンプルでストレートなものとなり、相手へ必要なものを最短で伝えられる。これはよく知っていたことなのですけど、具体例で意見や理由がごちゃ混ぜになっているものを例示してくれていたので、今まで助手で問診結果を伝えるのが下手な人の特徴をしっかり把握し直すことができました。

 どうしても予約が午前や午後に固まってしまう時期があり、今は午後の方に集中している時期になります。
 やっと午後のパートさんも決定し、木曜日から勤務開始となりますから午後の枠が足りなくなるということもなくなり、少し余裕ができそうです。
 これで午前も午後もバランスよく目一杯手前くらいの予約になれば一番いいのですけど、そんな虫のいい話はありませんね。ついでに夜はゆっくり、のんびりやりたいです。

 日曜日の月例会で行ったパネルディスカッションと実技公開の録音を聞いてみました。
 パネルディスカッションの方はレジメで必要なことを書ききってしまいましたから安心してしまい、リハーサルをせずしゃべり始めたのでレジメにない追加項目を用意してあったのに、見事に落としてしまいました。時邪について、もう少し真説に話がしたかったです。
 実技公開の方はこれはお手の物で、どれだけ笑いが取れるかを勝負所にしながらしっかり効果の方も実証できていましたし、録音も意識してしゃべっていましたからその場にいない人でもわかってもらえるだろうと思います。

動きに切れが

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いやいや、日曜日の懇親会で冷酒を飲み過ぎていたので昨日は一日中身体が重たく、動きに切れがないままでした。
 少し動いていると身体の内部から発熱をしてくるのでだるくなり、連続で動くのがしんどいという状態です。
 それでも昨夜も晩酌は欠かせないのであり、迎え酒をしたので今日は切れが戻っています。

 月例会後には懇親会があり、豆腐料理で有名なお店でした。過去に何度か利用したことのあるお店ですけど、久しぶりでおいしかったです。
 冷酒を竹に入れて飲むのがおもしろく、口当たりがいいですから飲み過ぎてしまい帰りの電車に乗ったならもう何も覚えていません。
 それでも気が付いたならキャリーバッグは二階へ片付けられていて、ICレコーダーも取り出されていました。きっちりする性格が出ていますね。
 でも、白杖と領収書を再発見できたのは今朝になってからでした。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会であり、総会後の特別企画としてはパネルディスカッションが行われました。
 「邪正論での治療」がテーマで、午後には実技公開も付属しているという初めての試みでしたけど、話をする側としても実技公開がセットになっていた方がやりやすかったです。
 そして意欲的な取り組みだったのでデータを無償公開していくこととなり、まだ研究段階で滋賀漢方鍼医会の内部でしか追試してもらっていないゾーン処置だけでなく時邪を活用しての治療法の判定、「これをチャンスに」と思い切りしゃべってきました。

 新年度から昼休みの留守番がいないので昼休みにスポーツプラザへ出かけることができなくなってしまい、プールのみの会員へ変更していることは既に書きました。
 それで今週は水曜日に工事がされていたのでプールの利用ができなかったため、唯一のチャンスが土曜日の夜ということで出かけてきました。夜の部で泳いだというのは、実に何年ぶりのことでしょう?
 それで子供たちと夕食の時間が合わないのがわかっていたのでおでんを買ってくる予定にしていたのですけど、「何かお土産は?」と電話をしたなら、次男はビバシティまで食べに出かけてくることに。後から聞いたならケンタッキーのお得セットを食べていて、そりゃ娘と長男は出てこないはずです。
 それで肝腎の水泳ですけど、最初は今週の仕事が終えられた安堵感でだるくて手足の動きが鈍かったものの、時間があるので途中からエンジンが暖まってきたなら1kmまでロングが泳げました。

 朝に発表原稿の点字版が仕上がっていないという話ですけど、昼休みに無事完成しブレイルメモへの転送も完了しています。
 ところがブレイルメモの充電が最小うまくできておらず、自動ソフト故のケアレスミスを修正する作業を始めて5分ほどでまたバッテリーが切れてしまい、久しぶりにパソコンのみでの作業に。
 今まで音声とピンディスプレイの両方を使って作業するのが当たり前であり、修正箇所へはタッチカーソルでダイレクトに選択できるのを当たり前にしていたので、ものすごく不便に感じた修正作業でした。昔はもっと機械的な音声しかなくピンディスプレイも夢の夢というのを、点字が後からでも修正できるという画期的な環境にうれしくて疲れも感じずに、毎月やっていたのですけどねぇ。

 明日に滋賀漢方鍼医会でパネルディスカッションの発表をしなければならないのですが、中身については既にレジメを送付してありここにほとんどを書いてしまったので原稿そのものはあるという状態です。
 けれど、そのレジメを点訳してブレイルメモへ送信しておく作業を忘れていました。点訳そのものは自動点訳ソフトでほぼ問題ありませんからいいのですけど、今朝に確認するとブレイルメモのバッテリーが切れていました。なんというドジが続くのでしょう。
 ということで、とりあえず点字ファイルは作成したのですけど、確認作業は昼休み以降ということになりました。

 あちゃー、伝統鍼灸学会の「視覚障害者のための情報提供委員会」メーリングリストで、またドジをやってしまいました。
 新年度になって会合の予定やその他について、私は委員長ではないですけどメーリングリストの進行役なのでアナウンスを流さねばならないところ、自分の鍼灸院の仕事や漢方鍼医会のことが優先になって放置状態でした。
 「今日はアナウンスを流さねば」と時間をなんとかしてメールを出したのですけど、一歩遅くて医院長の方から七月の案内が届いていました。行き違いというやつですね、また今夜にメールを出さねば・・・。

 新年度になって思うところがあり、しばらく自己治療というものをしていませんでした。
 思うところというのは一人で診療をするためにどれくらい体力を消耗しているのかを計測するためだったのですけど、さすがに歯の痛みが取りきれないだけでなく右目にも痛みを感じてきたので、円皮鍼を張ってとりあえず痛みの除去から始めました。
 今朝はしっかり本治法をした上に自分でゾーン処置をしたところ、完全に手前味噌ですけど「前進にこれほど気持ちいい気の巡りがあるのだろうか」というほど、細かな標治法を試みるよりずっと効果がありました。午前中は、とても体調がよかったです。

 夜の部の診療へ入ってから、とにかく電話が次々にかかってくるので参ってしまいました。はっきり言って、邪魔されていましたね。
 いつも夜には2本程度の電話はあっても集中することなどまずないのですが、お一人の変更連絡が三回はあったのが大きいですけど、明日の予約や携帯電話までかかってきていて、新患さんがあきれていました。
 でも、この新患さんは鍼が怖いのを勇気を出して来院したところだったのですが、期待していなかったぎっくり腰が一発で回復したので大感激。すっかり電話のことを忘れてくれました。

 ようやく午後のパートさんも決定ができました。精神的に使えていたものがまた一つ取れて、楽になりました。
 三週間前に突然内定していた人が勤務できない事情が発生してしまい、副院長がピンチヒッターの形で入ってくれていたものの「にき鍼灸院」の規模であれば常にバックアップが必要であり、目一杯の状態でしたから午後の予約枠はかなり制限をしていたのが事実でした。
 これで午前と午後の早い時間帯に集中させ、夜はのんびりという形になっていけば理想的です。

 昨日にほうれん草チャンプルーを作ってこれは非常においしかったのですけど、今朝の朝食に残りを食べていたならほうれん草の土がかなり残っていたことに反省です。
 流水で相当には洗ったのですけど、やはりボールなどに水をためてため洗いしないとだめみたいですね。フライパンを使って、ため洗いするというのもいいかもしれません。
 それよりも新しい炊飯器はスチームでおいしく仕上げるという機能があるのですけど、説明書を読まないままに使い始めたので昨夜に初めてスチーム機能を使ったところ、白米が甘く炊きあがるのには驚きました。

 今日は午前中の仕事を終えてから、買い物や手続きに大忙しでした。
 まずは治療室と待合室の間のドアを入れ替えたので、特注のプレートをもう一度作成してもらわねばならないので、日曜大工センターまで出かけます。デジカメで今までのものを撮影していきましたからスムーズに注文できたのですけど、17年前の注文時はイメージを伝えるのに大変でした。それから税理士さんのところで確定申告の経費を支払ってきて、切れてしまったウィスキーの買い足しです(今回は頸臂にできないので財布が大変)。
 昨夜にあまり寝ていなかったので昼寝は二時間ほどしたのですけど、今度は夕食のおかず担当です。久しぶりにほうれん草チャンプルーを作ったのですけど、久しぶりすぎて割烹白だしを多く使いすぎてしまいました。

 どうしても最後は「これで終わりだから」という油断があり、この頃は患者さんとしゃべりすぎてしまいます。
 会話があること自体はいいことなのですけど、それはいつものことでありしゃべりすぎなのです。患者さんも楽しそうにしていただいているのですが、時間が超過しています。
 まぁでも、せっかく一人で診療をしているのですからいろいろなことが考えられる時間もあるので、最後くらいはしゃべっていてもいいかな?

補瀉と虚実

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「補瀉」「虚実」について最近の漢方鍼医会では議論になることが多いのですけど、会長講演の資料として別人が書いたものですが非常に理論的なブログの紹介があり、ここでは瀉法の手技こそ鍼の本質だとありました。
 「胃の気」が補えるのは飲食からであり、鍼で補えるのではありません。ここにつまずくと瀉法こそ鍼の本質のようになっていくのであり考え方の一つとして成立してしまうから否定はしないのですけど、それだけでいいの?と思います。
 「素問」「霊枢」が瀉法による治療だったのに対して、「難経」がどうしてそれを前面に押し出さなかったのかをもう一度考えれば、気血津液のアンバランスだけの時には補法を優先的に行ってそれで問題解決という図式は十分にあり得ると思う、今日この頃です。

 今日の夜の診療は、ちょっとしゃべりすぎでスピードダウンさせてしまいました。
 一度患者さんが切れたところで「残り三人だ」という安心感と、少し経過が複雑だったことから話に夢中になってしまったわけです。三人ならカルテ記入をしながら仕事ができるはずなのですけど、反省です。
 けれど、タオル交換と消毒液の作成を含めてもいつもと変わらない時間でクローズ処理ができましたから、いいとしましょうか。

 「どうしてこんなことに気づかなかったのだろう」と思う出来事がありました。偶然の患者さんの行動に感謝です。
 ベッドへ入っていくと姿勢がうまく取れずに枕の使い捨てクッキングペーパーを落としてしまった患者さん、「新しいものに取り替えましょう」というのですけど「これで結構です」と裏返しにして自分で敷き直してくれました。
 ところが、いつもの縦方向ではなく横方向です。先週までは高い側を初期値にしていたので頭がべったりとついてしまうことはなかったのですけど、今週から低い方を初期値にしていると頭がべったりくっついていることが昼寝の時に実は気になっていました。横方向ならべったりくっついても大丈夫なだけでなく、取り替えの時にもバランスを気にしなくてすむようになりますから楽になります。ベッドメイキングが、少しだけスピードアップしそうです。

新患さんで緊張

| コメント(0) | トラックバック(0)

 夕方に一人で診療をするようになって、今日は初めての新患さんが来院されるということで「どうなることやら」と、珍しく緊張していました。
 治療はいつも通りでありカルテソフトへの個人データ登録も珍しいことではないのですけど、初めての患者さんに予約カードを自ら記入してもらうということ、うまく伝えられるのかと心配していました。
 やってみればなんということはなく、すぐ理解してもらえました。これも治療の「質」を良質に保てているので、いきなり信頼してもらえることなのだろうと勝手に解釈しています。

 二週間前から助手がいないので約20年ぶりにベッドメイキングを午後には自らやっているのですが、「なんでこんな簡単なことに気づかへんかったんやろ」と、省力化の方法を見つけました。
 一つ目は使い捨てのクッキングペーパーを枕カバーの上へさらに巻いているのですけど、枕が大型のテンピュールになっているのでクッキングペーパーを取り替えるだけでは不十分で枕そのものもほうきで掃き掃除しなければなりません。今までどうしてほうきの直後に枕の下側も一緒に掃除をしていなかったのか、気づいて大笑いです。後からやり直しているなんて、非効率そのもの。
 もう一つはクッキングペーパーの取り替えですけど、古いものは一時的にポケットへ突っ込んでしまえばゴミ箱まで往復する手間が省けています。昔はそれだけ時間があったんですね。

 昨夜の夕食は、家族で回転寿司に出かけました。「春休み最後だから」という子供の要望だったのですけど、その前日にはお祭りなのでお好み焼きを食べており、連日というのは贅沢すぎるのですけどまぁ仕方ありませんか。
 ところが100円のロボットで作っているのではなく板前さんが目の前で握っている高級タイプのお店なのに、今まで見たことがないタッチパネルの端末がテーブルに置いてあります。このお店は直接に注文ができるので面倒くささがなくてよかったのに、端末が初めてなのでわからないということもあってしんきくさくて・・・。
 なのに個別注文したお寿司は板前さんが直接持ってきてくれます。それなら依然と同じく直接の注文もできれば文句はないのですけど、それは端末からと言われると、なんのこっちゃです。システムの改悪、レジで意見はしてきましたけどどうにかしてもらわないと次に出かける気が起こらないですね。

 今日はやたらと脾虚肝実証が目立ちます。立夏はまだ一ヶ月近く先なので季節の変わり目には早すぎるのですけど、暖かかったところからまた急に寒くなったからでしょうか?
 それと午前中は男性患者の比率が多かったことも、影響しているでしょうか?いやいや、女性でも脾虚肝実証が多かったです。
 邪正論と気血津液論との兼ね合いについて次の日曜日に滋賀漢方鍼医会でもパネルディスカッションが行われるのですが、肝実証の扱いがほかの地方組織と違っている点なので少し議論の表へ出そうかと考えている途中です。

 高宮神社のお祭りといえば思い出すのが、二年前のiPhoneをバージョンアップさせるのに失敗をして途方に暮れていた事件。最終的にはsimカードを抜き差しすることによりアクティベートからやり直してバックアップから復元させることができたのですけど、明け方近くまでかかってのことでしたね。
 ところが、久しぶりにこの備忘録を読んでみようと院長ブログのページを開いたところ、ある日のプライベートブログの記述になっています。あれれ、昨年末の日付のものなのですが、どうして?
 検索エンジンのキャッシュから復活できないかとのぞいてみたのですが、既に四ヶ月経過しているので無理でした、うーん、貴重な備忘録だったのですけど、どうしてへまをしてしまったのかなぁ。

 昨夜は高宮神社のお祭りでも宵宮だったので、仲良しの家族と弟家族と一緒にまず食事をして、そこから出かけてきました。
 小雨がずっと降り続いていたので少し寂し目のお祭りにはなりましたけど、食事の場面で大盛り上がりになっていましたし子供たちだけで一度神社へ出させていたので十分遊んでおり、一回りして戻ってきました。
 子供たちは今日もお祭りに出かけており、勝手に遊んできてもらっています。私はといえば、午前中にプールへ出かけていて、お昼に刺身定食で生ビールを一杯。まだお祭り気分ですね。

 新年度の体制になって、とりあえず二週間が経過できました。
 二週目は仕事量が平均化していたことと夜に詰まってしまうことがなかったので、一週目より数字的にも楽であり動き方についてもこなれ始めてきているので、疲れが日曜日に吹き出すことはありませんでした。
 午後のパートさんについても面接の申し込みがあり、これでスタッフがぎりぎりの状態から少し余裕のある状態になれば、もっと仕事量を回復させていけるようになります。
 鍼灸師の助手は、その後になってもかまわないという気持ちになってきました。

 また予約ソフトで危ないところでした。
 今週の火曜日の夕方にパソコン全体の調子がおかしいかも知れないということでメンテナンスツールを走らせていたのですけど、こういうときに限って電話がかかってくるのであり、お一人はうまく予約が取れたのですけどお二人は改めてかけ直してもらうことに。
 そしてもう一人、予約の変更を言われたらしいのですが記憶にありません。うまくその時間帯には予約の空きがあったので入っていただけたのですけど、満杯ならと考えると冷や汗ものでした。

 いやぁ実に危ないところでした。今日は診療がいつもより一時間近く早くに終了したのですけど、どうしても書き上げてしまいたいメールがあったりwebからもらってしまいたい資料があったりとパソコン仕事があったので、先に片付けをしてからパソコンを残業でやっていました。
 いつもと段取りを変えていたのが間違いの元といえばそうなのですが、「さて帰宅しよう」ということで最後にiPhoneの光の強さを教えてくれるアプリでトイレの電灯を確認しようとしたのですけど、強い光が出ていることを知らせてきます。
 「んっ、なんじゃこれ」と調べていくと、治療室の電灯スイッチを切っていませんでした。それから小さな方の治療室も電灯スイッチが入りっぱなし。ついでにトイレは消灯していました。

 さて昨日に交換した治療室と待合室を隔てるドアですけど、朝は動きが昨日より鈍かったので「あれあれっ」という感じだったものの、勢いよくは閉まります。
 そして暖房を入れたり何度か開閉をしていると昨日と同じくらいの勢いであり、騒音を吸収させるためのゴムをつけていないとやかましいところです。今回こそ、毎月ドアを外してゴミが蓄積しないようにローラーの掃除をしていきます。
 ところで今日になって気づいたのですけど、明らかに開くときには抵抗があるとわかるのに、手でドアを閉めている人がいました。別にこれでオートクローザーのバネが弱くなってしまうことはないはずですけど、いろいろな行動があるものですね。やっぱり「ドアは自動で閉まります」のパネルも、必要のようです。

 昨日にやってしまった、失敗話です。
 カルテソフトから出納帳ソフトへ収入は自動転記されるように設定してあり、これは同時にその日の総数をカウントすることでカルテの記入漏れを防ぐチェックとしても機能しています。
 ところが、昨日は何度見直しても総数が合いません。予約ソフトから午後のお名前を一人ずつ確認していっても、記入漏れがありません。そうです、午前の段階で漏れがあったのですけど、いつもは午前の最後にもSDカードへバックアップをとるときに午前中の数を確認しているのに、昨日だけ確認を怠っていたのでした。これだけで15分くらい、時間をロスしてしまいましたね。

 午後は特に夕方は一人での診療となって十日経過したのですけど、早くも枕の置き方が変わりましたしドアも交換してと、いろいろと変化があります。
 そして気づいた変化なのですけど、まずは午後に必ず飲んでいたコーヒーか紅茶を飲まないか飲んでもわずかになりました。これはトイレへ立つ回数を無意識に制限しているためでしょう。
 そしてお菓子での感触が止まらなかったのですが、昼休みにスポーツプラザへ出かけなくなった影響はあるといいながらも、全く食べたくないというか意識をしていません。それだけストレスが強く、食べる方に当たり散らしていたのでしょう。えっ、どうして助手がいないのに、ストレスが少ないの?

 昼休みに、治療室と待合室の間のドアを交換してもらいました。交換してもらったといっても、E,Fの部屋の間にあるドアと交換しただけです。
 今朝からはかなり調子よくしまってはいたものの、やはり交換してみると勢いが違います。どうして滑り方がこれほどまでに違うのか謎ではありますけど、耐久性の問題だったのでしょうか?
 それで勢いよく閉まりすぎますからクッションに入れてあったゴムについても交換してもらったのですけど、「治療室」や「ドアは自動で閉まります」「OPEN」のプレートが、しっかりくっつきすぎて移動できませんでした。無理にはガスとプレートが割れてしまいそうですし、ドアの方を傷つけてもしまいそうです。プレートは新たに制作してもらえばすむことですけど、以前のものをそのうちなんとかはがしたいですね。

 今朝は一気に暖かくなり、用心のためジャンパーを羽織って出勤してきたのですけどとても暑かったです。まぁ寒いのを我慢するより、ずっとましですけど。
 今日の昼休みに、どうにも修理不能のようなので待合室と治療室の間のドアを入れ替えることになっているのですけど、暖かいためなのか今朝はかなり調子がいいです。こうなると、入れ替えを躊躇してしまうのですが、また面倒が起こっては余計な手間ですから、今回は入れ替えます。
 対応年数が超えているといえばそれまでなのですけど、どうしてこのドアはトラブルが続いたのでしょうね。

 昼休みにスポーツプラザへ出かけることができなくなってしまったので、水曜日の午後ですから泳いできました。
 しかし、仕事がぎりぎりまで延長となったところへ本日の銀行での処理は手間のかかることばかりであり、自宅へ一度戻ってこられたのが14:30を回っていました。そして夕方には子供の用事があるということで、本日は一時間程度しか時間がとれませんでした。
 時計を見ると16:00手前ということで、今さら昼食というよりももう少し我慢すれば夕食になりますから、本日は二食ということです。うーん、空きっ腹に缶ビールはおいしくてよく酔っ払いますけど、この後が動けるかなぁ。

 毎朝MBSラジオの「ありがとう浜村淳です」を聞いているのですが、ラジオショッピングのコーナーがあります。先日もこのコーナーの案内で、炊飯器を買ったばかりです。
 この自宅へ引っ越しをしてきて2年、暖房は床暖房でほぼ全室が暖かいですしオイルヒーターも補助として買いました。冷房はというとマンション時代のものを一階の和室へ移設して、屋根裏部屋と寝室にはエアコンをその年に設置しました。
 でも、もう二つ部屋が残っていてエアコンがないのですけど、ラジオショッピングを聞いていると「やっぱり今年は・・・」と思うのです。小さな部屋ですから冷房が使えればいいのであり、オイルヒーターを待っていられない間の暖房のみですからコンパクトなものでかまわないのですけどねぇ。

 今日は仕事が始まる前から予約枠が満杯になっていたので、かなり心配しながらの開始でした。
 新体制になって「当日枠」の制度を一時的に廃止しているので、水曜日の午前のみというときにこのようなエラーが発生してしまったというわけです。通常なら午前中が満杯になっても、午後へ回せばなんとかなるので、今は当日枠を廃止しています。助手が入れば、また制度は復活させます。
 それで結果ですけど、うまくしたものでお一人病院への付き添いでキャンセルが出たところへ早く到着しすぎたからと上がってくる人がいて、最後の滑り込みでもう一人は一手という具合でした。

大型枕の初期値

| コメント(0) | トラックバック(0)

 鍼灸院のベッドで使う 枕を医療用の大型テンピュールに変えたのは15年くらい前だと思うのですけど、当初は一年くらいでレザーのカバーが破れてしまい何度も買い換えていました。これは枕カバーを装着することにより回避できるようになり、患者さんへ転売するときにも必ずセットにしています。
 これで何も問題なく使い続けてきたのですけど、この枕は横に大型なだけでなく縦には高さの違う二種類で使えるようにもなっています。 
 以前から首の痛む患者さんは低い側を希望されていたのですが、まだよく理解されていない新しいパートさんが低い側を初期値にしていたので昼休みにそれで寝てみると、これもかなりいいです。午後から試しに低い側を初期値にして寝てもらったのですけど違和感がないようですから、この際なので初期値を変更することにしました。

 新年度が始まり漢方鍼医会関連については予定通り順調に進行しているのですけど、思い通りに運んでいないのが伝統鍼灸学会にある「視覚障害者のための情報提供委員会」。
 先月にやっとメーリングリストが設置されたのですが、とりあえず自己紹介をと呼びかけているのに登録者の半分以上が扁桃のない状態。まぁ後半はもう一人の先生が返信が早くてそれなりに内部での情報を回しているのですけど、メーリングリストそのものがうれしいのかうっとうしいのかくらい反応をしてくれればいいのに。
 それで私が委員長ではないものの、今年度の学術大会に向けては余計な手間を発生させないようにとりあえず手を打ちたいと考えています。委員長の機嫌を損ねないように文章を書くこと、またしんどいかな。

 夕方からは一人での診療も二週間目に入り、少しだけですが手際がよくなってきたと思います。クローズ処理については、これは速くなっているでしょう。
 今日は一度ベッドをすべてクリアにしてから夜の診療となったのですが、順調に進んでいたところ最後の患者さんの治療へ取りかかったところで、「ぎっくり腰でどうにかしてもらえませんか」との電話が・・・。
 かなり近くにいるということですから無慈悲に断れないので追加をしたところ、19:00からの診療ということになりました。まぁそれでも途中でカルテ記入もして20:00にはクローズ処理が完了していましたから、すごいスピードアップです。

ドアの調整

| コメント(0) | トラックバック(0)

 土曜日にハプニングから破損してしまった待合室と玄関ホールの間のドアなのですけど、「これは急いでほしい」と朝に工務店へ電話をしたなら昼休みに来てくれて、部品交換をすることなく修理してもらえました。
 そして1月にローラーの交換をした待合室と治療室の間のドアですけど、何度も調整をしているのですが試しにE,Fの治療室とを隔てているドアに交換したところ、これはものすごい勢いでドアが閉まりますから、ガイドの溝やオートクローザーには問題はなくドア自体の問題だと切り分けができたので、もう一度確認してもらいました。
 建具屋の話ではローラーの高さが高くて上のガイドに使えてしまうのではないかということで高さを調整してもらい、今のところ5分でだめになっていたものがうまく閉まってくれています。
 これでだめなら寿命とあきらめて、ものすごい勢いで閉まるドアに交換しかないですね。さらにもう一枚ドアのスペアもありますし、17年も使ってきましたから仕方ありません。

あんかけの料理

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜は奥さんが会合に出なければならず忙しかったので、子供を連れて中華料理を食べに出かけていました。
 とてもおいしいお店なので、あんかけの料理もあっていいと思っていたのですが、一番最初に出かけたとき以後はメニューを読んでもらっていなかったので、存在するかどうかがわかっていませんでした。店員さんも向こうの方ですから、細かな日本語が通じなかったりしますし・・・。
 しかし、昨夜に発見しました「天津チャーハン」。要するに天津飯のご飯部分が白米からチャーハンに置き換わったものなのですけど、これは抜群においしい。これだけのためにもう一度出かけたいくらいです。

 今月からスポーツプラザの会員種別を、プールのみに変更しています。昼休みに出かけられなくなったので、プールのみですが時間制限がないタイプにしたわけです。
 フルタイムの会員にしてもよかったのですけど、今までのように週三回はちょっと難しすぎますし、土曜日の夜や日曜日が必ず出かけられるわけでもないので、会費が消化しきれないのでプールのみにしました。
 それで早速に午前中で泳いできたのですけど、時間に余裕がありますからしっかりアルコールを抜いてくることができました。といいながら、帰宅したならすぐ缶ビールを飲んでいるのですけど・・・。

 20年も助手がいてくれたのに、午後だけといいながらも一人で診療をすることになり雑用も行うようになって、やっと一週間が経過できました。
 一人で診療することの面白さが復活した反面、やはり時間の流れで面倒に感じてしまう雑務がうっとうしいです。それも時間に余裕があればいいのでしょうけど、ありがたいこと二時間がかつかつなので余計面倒に感じます。それにいち早く帰宅したい人ですし・・・。
 少しだけ慣れましたけど、やっぱり誰か助手がいてくれないと頼りないのであります。

 午後もまたトラブルが連続で、14:30の患者さんが半時間遅れて来院されましたからオーバーブッキングのところへ、待合室のドアを患者さんが引っかけてしまい破損してしまう事件が。
 さらにそのドアを小児鍼の子供がもう一度引っかけて外してしまう事件が解決したと思ったなら、今度は16:00が予約ソフトの間違いでオーバーブッキングに。
 最初はゆったりとカルテ記入をしても時間が余っていたのに、途中からは時間に遅れないようにすることが必死で、カルテは後からまとめて記入という状態でした。

 今朝は予約ソフトのことで冷や汗ものが二つ。
 一つ目は午前中の予約が既に満杯になっていると思っていたのですけど、10:00と11:00に同じ人物の名前が登録されていたので、これを削除することにより11:00に一人の予約が取れました。
 二つ目は10:00の予約は実はよく似た名前の親子で二人分とってあり、危うくオーバーブッキングを引き起こしてしまうところでした。
 予約ソフトはひらがなだけで処理をしますから、今までもそうだったのですけど変更があったときには必ず元の枠を先に削除して新たに登録するようにしておかないと、こういう間違いにつながってしまいますね。

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

次のアーカイブは2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。