脈状と症状、打撲1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 脈診ができるというのは実に便利なことで、脈状と病情が食い違っていると原因が思いもつかないとんでもないところにあることを示してもくれます。
 一つ目はスポーツ少年団でドッジボールをしている五年生なのですが、走ったりしても大丈夫なのに左の内果を押さえると痛むといいます。明らかに腫れています。
 最近このチームから次々と子供が来院しているのですけど、骨盤のずれていることばかりだったのにちょっとこれは違います。念のために矯正もしてみましたが変化がないということで、瀉法鍼で症状を抑えることに。本人が知らない間に打撲をしているようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/4858

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2017年10月24日 19:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冬の最初の方の風邪」です。

次のブログ記事は「脈状と症状、打撲2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。