集毛鍼が突然壊れた

| コメント(0) | トラックバック(0)

 午前中の治療中に、集毛鍼が突然壊れてしまいました。これにはびっくり。
 「あれっ、少し調子がおかしいかな?とは思ったのですけど、帯状疱疹の患者さんだったのでまず頭部へ施術し、背部を施術してから腹部へ施術しようとしてねじ式のふたを再び取ると、バネの反応がありません。
 指で探るといつの間にか先端の小さな鍼が団体差までなくなっていて、そしてベッドの周囲も見てもらったのですが未だに行方不明です。開業時には別のものを使っていたはずですが、それでも短く見積もっても20年は使ってきた道具であり、これは仕方ありませんね。
 ちょうど週末には伝統鍼灸学会ですから、また購入してきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/4832

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2017年10月12日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鍼灸院のパソコンも復活」です。

次のブログ記事は「技術者は道具を大切にするのが基本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。