ロボット掃除機の結末1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝は少し早くに出勤してきて、ロボット掃除機は働いていないでしょうからと確認すると、やっぱりステーションから少し離れたところで停止をしていました。
 ジャイロセンサーというのは方向を感知するセンサーのことで、カメラ類は生きていても方向がわからなければロボットは走り回ることができないわけです。スマートフォンの三軸ジャイロというのは、縦横だけでなく高さも感知しますから空間認知ができるのであり、スマートフォン本体を振ることでの操作などが可能になったりするわけです。
 それでメーカーに問い合わせたところ、修理代は概算で6000円から8000円だろうということですが、ほかにも悪い箇所があれば修理代は高くなりますしキャンセルの場合も診断料金がかかり、家電量販店経由の送付もできないということですから経過年数を考えて買い直すことにしました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/5311

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2018年5月17日 11:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロボット掃除機が故障、なにをやっていることでしょう」です。

次のブログ記事は「ロボット掃除機の結末2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。