この数字の差はなんなんでしょうね

| コメント(0) | トラックバック(0)

 強烈なくらい新患さんが続いています。午前中だけでも3人で、午後には4人もあります。
 鍼灸の受療率は4%程度であり、新規に受けようとする人そのものが減少しているというのに、この数字の違いはなんなんでしょうね。
 やはり患者さんは鍼灸治療というものは受けてみたいのだけれど、金属を身体へ突き刺して欲しいなどとはこれっぽっちも思っていないということなんです。そして「痛くない治療なら是非受けたい」とも思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/5369

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2018年6月 9日 13:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「側頸部の強烈な硬結」です。

次のブログ記事は「これほどしんどいとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。