基本の基本

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先週末から毎日毎日、手法やら脈状やらを頭の中でシミュレーションしながら実際の治療と合わせる作業をしていて、少々疲れてしまいました。
 そういえば今月末には伝統鍼灸学会の小委員会で一時間ほどの講演をしなければならないのですが、これから他団体と実技交流をしていくのに最も基本となる脈診の接点について話をしようと考えていたのに、足下の実情がこれではねぇというところです。
 「学術の固定化はしない」とは素晴らしい発想なのですけど、無限大にどんどん新しいことを取り入れるというのも困ったものです。それでも基本の基本がどっしりと動かないのであればまだいいのですが、どうも基本の部分をすぐ忘れてしまう感じなんですよねぇ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/5447

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2018年7月12日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「要するに菽法脈診の考え方?」です。

次のブログ記事は「熱帯夜ですけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。