2018年8月アーカイブ

 夏期研での録音を聞き返していたのですけど、その会場でも「これは!!」と心にとめていたことですが、「営気のみ経絡循環の流れに沿って動いている」という説明、参考になる話です。
 衛気というのはいわゆる気のことであり、陽気と言い換えてもかまいませんし、経絡治療の世界では捜査の対象としているそのもののことです。経穴を触った瞬間に全身の脈が変化し、全身状態も変化するのですから、「胃の気」とも通ずることから本質であります。
 けれど邪を排除することによって胃の気が増すことも事実ですし、置鍼という技術は表現のしようがないくらい気持ちよく全身の回復にも役立ちます。すると、衛気の流れる方向についてはとりあえず無視をして、循環という点においては営気が一定方向であるということだけを問題にすべきというのが今のところの納得点です。

 自宅にウォーターサーバを入れることにしたのですけど、これは不必要にペットボトルのジュースを買い込んでくるので水出しのお茶やコーヒーやスポーツドリンクに切り替えてもらうためであり、決してこれらのすべてにウォーターサーバの水を使おうとは思っていません。ウィスキーの水割りには、使いたいですけどね。
 ということで、お盆前に契約した機器類が届くことになっていました。早速に試飲してみると、さすがにこれはおいしい。ですから、水そのものが飲みたいときだけの気機にすべきです。
 とはいいながらも、最初は理解してもらえないでしょうから初期セットのすべてを使い切る覚悟はしています。その前に水出しコーヒーや水出し緑茶を入れるボトルを、購入しきってしまわないと・・・。
 鍼灸院は井戸水でおいしいのですが、自宅も市の水道ながらも浄水器を通して飲んでいるので通常よりはおいしく、いかにコンビニでの飲料が割高なものかを知って欲しいからです。

 隣に住宅展示場ができたのは五年前で、その影響で鍼灸院の駐車場を拡張することとなり、不動産に手を出してしまったなら少し自信がついて自宅まで建築してしまいました。しかも昼休みに打ち合わせに出かけられたので、非常に助かりました。
 その住宅展示場がベルロードの方へ移動するという噂を聞いたのは半月ほど前だったのですけど、実際には使ったハウジングメーカーは二店舗体制となり、こちらも二年間は最低限残るという話です。その後は新しい店舗だけになるかも知れませんけど、そこは時の流れです。
 自宅の二階の押し入れが金具が馬鹿になってしまい外れやすいので修理の電話をする機会があり、質問することができました。

 夏期研が終了して感想文が滋賀漢方鍼医会のメーリングリストへぼちぼち投稿されてきているのですけど、やはりというか予想通りというか毎年猫の目のように新しい視点での手法や診断法が出されてくるのに消化しきれないという不満が書かれてありました。
 私は講師の立場でもあることから少々面と向かっての反論がしにくいところがあるのですけど、さすがに講師の方でもきっちり咀嚼できていないだろう状態には目が背けられないので代表者会議の前にあらかじめ意見は出しておきました。
 夏期研そのものは時々休みを挟むだけで毎年開催の方がいいと思っているのですけど、30周年を超えるまではもう新しい視点での手法や診断法は出さないのがいいとも思っています。
 それよりも滋賀のメンバーが感じていたように、姿勢が段々とまた悪くなってきているのが今回は目立ちました。臨床的自然体は既に出ていることなのですから、これは本部で取り上げるべきと思います。

 いやはや、本日の午前中はどうにもこうにも参りました。
 まずは本業の仕事なのですけど、どうしたことか予約状況が谷間になっていてほとんど入っていない状態。朝に二つほど電話はあったものの、その後に電話が全く鳴らないというのも木曜日にしては不思議な状態。やっと11時頃から電話が鳴り始めたなら、今度は「故障してたの?」という感じに鳴り続けます。
 この仕事が暇な間は何をしていたかというと、予備のWindows10ノートを定期メンテナンスしようと自宅から持ってきていたのですが、どれだけ逆立ちしてもネットに接続できない。いや、iPhoneからのテザリングだと接続できるのですけど、鍼灸院の光ファイバーに接続できないので困ってしまいました。これはルータなどの電源を一度落としてしまい、再起動させることでやっと解決できました。
追記
 eoを使っているので時々DHCPサーバが突然変更され無線が使えなくなってしまうことはあるので無線機の再起動は行っていたのですけど、今回は光終端送致後と再起動する必要がありました。明くる朝でも正常に接続できているというのは、どういうことなんでしょう?

 夏期研でやらかしてしまった返金しなければならない封筒を忘れてしまった件ですけど、午前の仕事が終わってから郵便局へ出かけて現金書留で郵送しておきました。
 やっとこれで肩の荷が下りたという感じですけど、600円といいながらももったいないお金を使ってしまいましたね。
 そして何より、向こうのミスといいながらも長らく大金を預けておいてくれたことに感謝です。でも、やっぱり実行委員会へ事情を話して受付で現金を受け取ってもらっていた方がよほど失敗がなかったと思います。

 やっと夏期研の疲れが抜けたという感じがするのですけど、お腹だけはまだふくれっぱなしという感じがしています(苦笑)。
 外食だとどうしても野菜不足になってしまいますから、昨夜の夕食は野菜がいいなぁと思っていたならレタスサラダにもやし炒めだったので、これはとてもうれしかったです。
 でも、そこで野菜を食べようと調子に乗っていたなら今朝はまだふくれっぱなしであり、仕事のために朝食をしたのでお腹がふくれています。これからプールで泳いで調整です。

 本日の笑い話というか何というか、女医さんが時々来院されているのですけど昨夜に左足の第五指を強くぶつけてしまい痛みが結構きついということです。
 まず脈状で軽度の亀裂骨折だとわかったのですけど、産婦人科ですから詰問はしなかったものの骨折の一番簡単で確実な診断法は遠くから打診して響くかどうかだということを知っているかと質問したなら、やはり画像診断が第一で打診や触診はやったことがないそうです。
 腫れは少しだけであり夜間痛もなかったのですけど、それでも足は引きずらないと歩けない状態ということで、足首より向こう側から打診しても響きはありませんが足底からならしっかり響くということで、これだけで軽度の亀裂骨折だと診断できることを説明しました。
 そして瀉法鍼で処置をすると瞬間的に痛みが軽くなり、治療後には普通に歩けることが不思議でなりません。
 いつもはそのまま足下から出て行かれるのですけど、今日だけは「どうしてもその道具を見せて欲しい」と頭の方から出てこられました。実際に手にしたなら、余計に不思議ということでした。

 夏期研くらい大きな行事になるとトラブルや失敗の一つや二つは発生するものなのですけど、今回は個人的に大失態をやらかしてしまいました(苦笑)。
 先月末にまだ抹消していなかった滋賀での夏期研口座へ、参加費が振り込まれてきたので驚いて連絡をしたことは既に書きました。
 点字データの振込用紙とこの返金しなければならないお金の封筒は大切だからとわざわざ金曜日の夜にリュックへ移動させたのですけど、この時点で一つ間違っていて返金しなければならない封筒を持参し忘れてしまいました。明日に現金書留で郵送しますけど、大変申し訳ないことをしてしまいました。

 夏期研が昨日、無事に今年も終わりました。夏期研が終わると夏も終わりという感じで、また新しく学術へ取り組んでいくことになります。
 けれど地方代表者会議での意見にも出しておきましたし、ほかからも出ていた意見なのですけど、ここ数年は夏期研の度に目新しいことが導入され続けたのでここからはしっかり咀嚼する時間にして欲しいです。きっと、そうなるでしょう。
 「陰陽調和の手法」については疑問は疑問ということで食いついて、疑問が解消してからは急ピッチで仕上げてみました。その結果は当たり前のことですけど、本家より一歩リードして実技に取り入れている大阪が考えていたものと全く同じでした。やり方も同じで、同じ効果を出していたというのは、思わず笑ってしまいました。

 発表会から戻ってきたなら、鍼灸院の片付けが中途半端でしたからすぐ明日の準備も兼ねて戻ってきました。
 カナル型ヘッドホンのイヤーピースが一つ紛失していたので、会うものがなかなか見つからず、ここが一番時間がかかっていたりして。それから瀉法鍼の転売をいわれていますし、邪専用ていしんを進呈することや間違って振り込まれてきた郵便振替のお金、そして切符やその他と今回も大変です。展示資料は前もって郵送しておきましたから、これだけでも助かりました。
 そして長男が野球から戻ってくるまでの間、緑内障発作からやっと泳げるまでになったので1.2kmほど泳いだ楢木分はすっきり。

 ピアノの発表会を聞きに出かけてきました。一番印象的だったのは、直射日光の暑さだったりして?
 自宅で練習しているときとは違って本番に強い娘、オクターブを間違えていて途中で修正をしていた次男、奥さんは娘と連弾だったのですけどここは間に合いませんでした。
 エレクトーンとのアンサンブルもあり、これで聴衆がもっと多ければというところですけど、夏休み最後の週末ですから仕方ありませんね。

 明日から夏期研本番だというのに、本日は娘と次男のピアノ発表会があるので仕事を午後から休んで鑑賞に来いという命令です。困ったものです。
 先週はお盆明けですが地蔵盆に合わせて午後を休まねばならず、その続きですから日程調整ができるだろうということで発表会を聞きに行くことにしたのですけど、おかげで昼食のタイミングがなく夕方まで食事はお預けのようです。
 それに夏期研へ持参しなければならない小物が多いのに、リュックなどの準備もできないままです。お金に関する封筒はこれは外せませんから昨夜のうちにリュックへ入れたのですけど、そのほかが夕食前にできるかなぁ?それにプールで少しでも泳ぎたいし・・・。

 本日の午前中には大事件に発展するかと思えば苦笑で終わったということがあるのですけど、これはプライバシーに関わることなのでこれ以上は書けません。でも、よくできたものでものすごく仕事に隙間が空いていたのでパートさんには急いで帰宅してもらえました。
 それでその隙間を使って点字図書館へ電話をしていたのですけど、長らく滋賀漢方鍼医会で使ってきた重たいアンプを寄付して、続けて役立たせてもらえることになりました。キャリーバッグごと寄付しました。
 鍼灸院の二階も二つキャリーバッグが並んでいて狭くなっていたのですが、これで広さが戻りました。絨毯がへこんでいたということは、それだけ重たかったということですね、やっぱり。
追伸
 鍼灸院を法人に変えようということで、いろいろと相談にも乗ってもらいました。

 緑内障発作から三日目、台風も通り過ぎたということでもう少し本調子には戻っていないものの、昨日よりずっと身体は回復をしました。
 ただ、気力が今ひとつわかないというか、いつものような「よっしゃぁ!!」という感じが出てきません。
 治療そのものは無難にテクニックでこなせているのですけど、何もかも鍼灸治療で克服してやろうという勢いが戻るのは、夏期研が終わってからでしょうか?

 この周辺では被害が発生することもなく、台風20号は通り過ぎてくれました。彦根としてはもう少し雨が降ってくれてもよかったのですけど、避難指示の出ていたところもありますから今後にぼちぼち降ってくれればいいですかね。
 昨夜に帰宅したなら、「これから買い物に出る」といいます。「なんやねんそれは、わかっていることならあらかじめ済ませておかんかい!!」なのですけど、宿題を仕上げるためのノートが足りないということですから自動車なら移動できないほどではないので認めましたけど、行き当たりばったりの行動には参ります。
 帰宅した頃から風が本格的に強くなったのでセーフでしたが、コンビニは開いていると思っていましたけどビバシティは閉店していたとか。24時間スーパーは開いていたそうです。被害がなかったのでそれで済んでいますけど、計画性と慎重さがもっと必要です。

 今、自宅へ自力で歩いて戻ってきました。
 18時台までは彦根地方だと「今日は激しい雨が降る日だなぁ」程度で、自動車で移動するには問題がなく一部のキャンセルだけで20人も来院されました。本当にありがたい仕事です。
 しかし、19時台になると突風の強さが「やっぱり台風だ」というレベルになってきました。幸いにも小雨の時間帯になったので、片手に白杖を持っていますから傘を使うとかなり危ないのでそのまま歩いて戻ってくると、途中で一度風に押されて道路の真ん中になってしまい場所の確認に手間取りましたが、ヘルプを出すことなく自力で戻ってこられました。

 シャワーを浴びて朝食もしっかり取って気合いを入れて出勤してきましたが、緑内障発作自体は抑えられているもののまだ全身状態は午前中に相当しんどかったです。
 ちょっと時間ができて小児鍼用ベッドで腰掛けていると一瞬居眠ってしまうことを何度か繰り返しており、足底のほてりも強かったです。
 お弁当を食べて少し横になるつもりが半時間近くも爆睡になって、ここでようやく全身状態も反転した感じがします。でも、台風接近ということでまだだるいですね。今夜もゆっくり休むことにします。

 先週末にカルテデータのバックアップを取ろうとして、結局はUSBメモリが破損していた件の続きですけど、とりあえずもう一つのUSBメモリで代用していたものの大量にほかのデータもあることからここから別のフラッシュメモリへ予備のコピーを取るのに手間がかかります。
 今までは下矢印キーを一度押したならシフトを押しながら連続でコピーすべきフォルダが選択できたのに、いちいちコピーすべきフォルダを選択してはコピーですから、手間が三倍です。
 それで新しいUSBメモリを購入しなくてはと思っていたのですけど、引き出しに別のUSBメモリが転がっていたので臨時で使おうとパソコンへ差し込んだならきれいにフォーマットされていて4GBもあります。いつ頃購入しておいたものなのかさっぱり覚えていないのですけど、これは便利なものが見つかりました。

 昨日からの緑内障発作、昼間から短時間ながら何度か睡眠を取っていたので一応の夕食をしてからは目がさえてしまい、しっかり布団を敷いて横になったのですけど眠れずにネット動画のお世話に。
 娘がエアコンを入れていたので私としては少し寒かったのですけど、そのうちに音楽を聴きながら勉強をするというのでスマートフォンを貸しましたから、うつうつ寝たりまた目が覚めたりのの繰り返しでした。
 スマートフォンが戻ってきたからではないのですけど真夜中になると今度は爆睡状態となり、朝に目覚めたなら寝過ぎていたためか節々が痛かったです。でも、シャワーを浴びて気合いを入れて出勤してきました。

 どうも昨夜から体調が思わしくないと思っていたのですけど、点訳作業のために体内時計が狂ってしまったものと最初は考えていました。
 しかし、今朝になって眼球が重たいので「もしや」と思っていたなら、仕事が終わる前から本格的な痛みになってしまい帰宅してすぐ治療を再び試みたのですけど、緑内障発作でした。
 そのまま半日二階で寝ていて、夕方の治療で発作を抜けることはできました。今は缶ビールは飲んでいますけど、もう少し安静が必要ですね。

 その点字図書館から問い合わせの電話があったとき、ちょうど治療をしていたのが図書館司書をしている人でしたから話題が盛り上がります。
 現代は点字の方がペーパーレスが進んでいて、どうしてもプリントアウトが必要な場面でない限りはピンディスプレイを使うか、携帯デイジープレーヤーの読み上げ機能を使っています。パソコンのエディタでも、対応しているものがあります。
 大きな点字の本を書庫に保管しているというイメージは遙か昔のもので、今はネット上の図書館からデータをダウンロードするのが一般的です。しかも対応機器を持っているなら圧縮ファイルの解凍から転送までを自動的に行ってくれるので、それもブルートゥースでの無線転送ですから手放し状態です。
 「へぇーっ」と、感心されるばかりでした。もちろんその世界に在籍していないとわからないことですけど、我ながらすごい環境にいるとも思います。

 それで無事に届いた点字ファイルですけど、片面書きという説明をしていなかったので余計な手間をかけさせてしまいました。ごめんなさい。
 講師が二人になっているところは1マスだけ削ると1行に収まるので、結構細かくデザインをしてあります。細かな間違いもすべて拾ったつもりです。
 さらに1ページに2班ずつ収まるように調整して書いており、ご丁寧に改ページマークも挿入してあります。
 ただ、晴眼者は「点字編集システム」というソフトの方が使いやすいということで、視覚障害者はブレイルスターの方が使いやすく、いつもファイル形式のところでミスマッチが出てしまうんですよね。

 15年くらい前まではメールサーバがおかしくなり送信したはずのデータがどこかへ迷子になってしまうことがまだあったのですけど、ウィルス対策ソフトや迷惑メールへの対処が進んで最近はメールでのトラブルというものを全く想定していませんでした。
 ラインを使う人ならすぐ既読の情報が戻ってくるみたいですし、インターネットでの双方向の情報は当たり前すぎる状態でした。
 ところが先週末からレンタルサーバのメールがおかしくなっており、障害情報が掲載されていたことは既に書いたのですけど昨日もまたメーリングリストへ投稿できないトラブルがあり、せっかく製作を終えた点字ファイルが届いていないかもと心配になって、夜に自宅からもう一度送信していました。
 今朝に確認するとやはりメールサーバのトラブルが掲載されていたのですけど、点字図書館からの連絡で二つとも届いていたみたいです。こういう大切なときに、困ったものです。

 あーっ、危ない危ない、もう少しで苦労して作成したファイルを無駄にしてしまうところでした。
 夏期研の実技表を朝からも作業して点訳し、見直し作業をしていると細かなところが間違っていたのでこれも修正して、夜の診療までに完成です。
 それで点字図書館へのメールを準備していて、添付ファイルに指定したのでSDカードは抜いてしまっておいたなら「このファイルが存在しない」と叱られてしまいます。いつもは送信箱に一度入れてしまうので問題なかったのですけど、危うく消去してしまうところでした。
 それからそれから、まだメールサーバの具合が悪いのかメールが送信できていない感じでもあります。ここは送信済みに残っているので、別アカウントからまた送信し直せばいいだけですが、早く復旧してくれないと不便です。

 夏期研の実技班割表の点訳を明日までに完成させるには、どうしても仕事中では無理なので今朝も早朝から鍼灸院へ出かけてきての作業をしていました。
 しかし、毎回なのですけど名前がしっかりわからないので推測読みになってしまいます。そして今回は全く読めないケースが多いので、ふと思い出しました。今年は漢方鍼医会の名簿が作成されていたのでエクセルファイルがあるはずであり、ふりがなもついているはず。
 ということで総務部から取り寄せて、何人かについては解決することができました。それにしてもパソコンが二台必要であり、たいそうな作業になっています。おまけにふりがなをつけていない地方組織があり、ふざけんなよ!!という感じでもあります。

 夏期研まで一週間を切ったのですけど、私の担当する作業では実技班の点訳が残っています。
 本日は色々と連絡するところが多かったり、それにメールの送信エラーとかトラブルも入って仕事量の割に点訳作業へ入れませんでした。
 とりあえずエクセルファイルを開いて読み方だけとやり始めたなら、やっぱり少しでも点字ファイルを作成しないと明日中に終わらないので残業をしてきました。最後にファイル保存するダイアログで思い切りつまずいてしまい、もう少しで半時間頑張ったものを消失してしまうところでした。
 最近は自動点訳した点字ファイルを修正する作業ばかりですから、初期状態から作るということがないので保存方法をすっかり忘れていたのでありました。

 うひゃーっという感じで、びっくりしました。メールの受信はできているのに、送信ができずエラーメッセージが戻ってきてしまいます。
 今月の録音データアドレスを告知するのに滋賀漢方鍼医会のメーリングリストへ送信したのに、自分へ戻ってこないのでおかしいと思っていたならiPhoneから簡易閲覧するとレンタルサーバからのエラーメッセージです。個人メールもあったのに、これは困った。
 三度も送信してエラーメッセージが戻ってきますから、とりあえず別アドレスから送信することで対処をして業者へ連絡しようとユーザーページを開くと、障害情報があったのでとりあえず見てみたなら先週の土曜日にメール遅延の症状が出ていました。
 ということはまた症状が再発しているということであり、その他にも機能停止の結構深刻な障害情報が頻発しているので全体的に調子が悪いようです。しばらく待つしかないですね。

録音環境が改善

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は雑音のトラブルがあった新しいアンプですけど、録音に関してはボリュームに関係なく一定レベルでアウトプットをしてくれるのでこれは非常にいいです。
 指導者研修会でもバッテリー駆動ができるので持ち込みが楽であり、きれいな録音ができるようになりました。
 なんといってもICレコーダーの設定を変更せずに使えるようになったので、失敗の確率が非常に下がりました。今まではライン録音はマニュアルで生録音はオートでと、複雑でしたから・・・。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会だったのですが、新しくしたアンプのデビューでもありました。
 鍼灸院の二階でいろいろとテストはしたつもりなのですが現地でその環境にならないとわからないことや改良できないことがあると思っていたなら、一本は大丈夫だったのですがもう片方のワイヤレスマイクでノイズが発生するというトラブルがありました。ピンマイクのノイズはわかっていたことなのですが、ヘリコプターが飛ぶようなノイズはどうしようもありません。
 アンテナを手で持っているとノイズが減っていたことから昼休みにセッティングから見直してみると、アンテナがしっかりコネクタへ刺さっていなかったのでありました。これでワイヤレスマイクのノイズがなくなっただけでなく、ピンマイクのノイズまで問題にならない程度に落ち着きました。

 それでUSBメモリのフォーマットをすることで回復した経験がありますから試みてみたのですけど、xPでも10でもフォーマットが完了できないというエラーが出てきたことで、ここで完全に媒体が壊れてしまったとあきらめました。
 今までにフラッシュメモリが破損してしまったのは「らくらくフォン3」でのminiSDカードだけであり、このときにも子供の写真はほとんどプライベートブログへアップした後だったので悔いはありませんでしたが、フラッシュメモリといいながらも予備のバックアップは必要だと改めて思い知りました。
 午前が終わった時点で一度バックアップは作成するのですが、予備までコピーはしなくなっていたものの今後は予備へのコピーも再会しなくてはなりませんね。

エラーの原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日のカルテ管理をしているパソコンがデータコピーでエラー発生していた件ですけど、結論としてはUSBメモリが寿命で壊れてしまっていたのでした。
 昨夜は深夜にしか帰宅しなかったことと飲酒量も多かったので電車の中から爆睡状態であり、今朝からしらふに戻って作業をしているとハードディスク間でのコピーは正常であり、標準のバックアップ作業もできます。カルテデータも成城に呼び出せました。
 ということは、データ本体には致命的なダメージはないということで、まずは一安心です。次はエラーの発生原因での特定なのですけど、金曜日の夜のデータに戻してもカルテは正常に動作しますが、やはりコピー作業ではエラーになってしまいます。
 ここで別のフラッシュメモリへのコピーを試せばよかったのですが、ソフト側の異常動作ではないかとアンインストールと再インストールをしてしまい、ちょっと無駄な作業をしてしまいます。やはりエラーになるので別のSDカードへコピー作業をすると難なく通過できてしまったので、ここでやっとUSBメモリ側のエラーだと気付きました。フラッシュメモリは破損しないと信じ切っていたこと、被害を大きくしてしまいました。

 さらにさらに、自宅ではリュックへ財布とスマートフォンを入れ替えるだけで出かけられるように準備をしていたのですけど、ノートパソコンと外付けハードディスクも追加しても大差はありません。
 しかし、朝から手土産にするせんべいを受け取って忘れないようにダイニングテーブルのいすへわざわざおいて、リュックへ入れるときにも触っていたのにカルテ管理のことを気にしていたなら忘れてきてしまいました。
 あちゃーと思いつつ、どうしようもありませんから昼食をコンビニで仕入れてから南彦根駅へ。大阪駅で阪急への乗り継ぎが不安ですから案内を頼んで待っていたところ、なんとなんと盲学校でのクラスメートに遭遇したのでありました。向こうも乗りたかった電車に時間に間に合わなかったみたいで、困っている声がしなければわからないところでしたけど、変なハプニングでした。

 カルテ管理をしているパソコンのトラブルを抱えたままで出かける準備をしていたものですから、金庫へお金を収納するにも単純な計算を間違えそうになっていました。
 そして通勤カバンへ荷物を入れて出発しようとしたなら、「あれっつり銭の缶がいつもより軽すぎる!\?」ことに気続きました。急いで調べると500円玉をきちんと数えたはずなのに、ほとんど入っていません。
 どこかに落としていないかなど探していたならカバンのファスナーをしっかり閉めていなかったので、このノートパソコンを含めて全部中身が飛び出して落ちてしまいました。
 「これはいけない、焦るな!!」と言い聞かせて中身を確認しながら集めて入れ直し、金庫の前へ戻ると500円玉が団体様で絨毯の上に残っていました。

 今は尼崎市のお師匠様の治療室へ向かう電車の中なのですが、仕事は時間通りにスムーズに終われたのにそこからアクシデントとハプニングの連続です。
 カルテ管理をしているパソコンで最後にデータのバックアップを取っていたのですけど、USBメモリにはきちんと記録できたはずなのですがさらにコンパクトフラッシュへコピーしているときにエラーのメッセージが出ます。
 もう一度コピーをしてもエラーになるのでカルテソフトからUSBメモリへコピーし直していたならソフトが応答しなくなってしまいました。パソコンを再起動させても、またソフトがハングアップしてしまいます。その前にパソコンが正常に終了できていませんでしたが・・・。
 もうタイムアップなのでそのままにして出かけてきてしまったのですけど、最悪は昨夜までデータを戻して本日分を打ち直すしかありません。ハードディスクのクラッシュから数名分のデータを打ち直した経験はあるのですけど、果たしてうまく修復できるかどうか。

 近畿地方でないとなじみがない行事ですけど、お盆が終わったなら子供の祭りである地蔵盆というのがあり、私が子供だった頃には三日間もやってもらえました。連夜で遅くまで外で遊んでも叱られないので、夏一番の楽しみでした。
 最近は親が忙しいということで土日の行事となり、それも日曜日は片付けやお供えを配るだけになってしまいましたから実質的に一日だけと、寂しくなっているのですけど仕方ありません。
 それでこの地域では鍼灸院の駐車場を開放してあげたなら広大な広場となりますから、毎年午後のみですけど提供をしています。それで本日は短縮での診療です。

 たった今、発見したことです。すぐ検証作業もして再現できることを確認できています。
 標治法の主役をゾーン処置にしてから非常に簡便で平均した効果が出せるようになっているのですけど、唯一弱いと感じていたのが脊中際の硬結への処置。別に転換手法を用いれば問題はないのですけど、標治法用ていしんから持ち替えているのでそのまま邪専用ていしんで片付けたいと思っていました。
 しかし、陰陽調和の手法でも補法の動きで処置すると転換手法と同等の効果が出せますし、ゾーン処置へ入る前に処理ができてしまいます。転換手法の場合は先に行っておくというのはあまり得意ではなかったので、これはますます標治法の流れが加速できます。

 「陰陽調和の手法」について、公には書けないものの追試をしてメールの交換をしていると裏話が次々に出てきていて、やっと話が通じてきたという感じがします。
 やはり今のところの感想では本治法においては水平方向の調整になる衛気・営気の手法で、標治法に垂直方向になる陰陽調和の手法を用いると効率的に思います。縦横どちらにも調整されるのですから、これはいいですよね。
 ところで陰陽調和の手法での瀉法についても、こつがつかめてきました。押手で若干闕所を押さえるのですが、これだけで抜鍼しようとするとやはり無理があり微妙なタイミングで刺し手で引き上げてやるのがいいようです。これは脈状の変化が大きい。でも、営気の手法と効果がどれほど違うのかといえば、営気の手法の方が有利です。脈状優先で考えるとこういう発想になるのでしょうけど、あくまでも全身の調整でしょう。

 本日はいい風が吹いているので、待合室にはちょうどいい感じで吹き込んでくれますから久しぶりにエアコンなしの状態です。
 治療室はその方向の窓がないのでエアコンを入れていますけど、お盆以前とは違って冷房をかけている時間帯がとても短く、昼休みもカーテンを開けている方が気持ちよく過ごせました。
 思い出せば昨年はお盆を済んでも非常に厳しい暑さが一週間は続いていたのですが、これからどうなりますやら。

怒濤の如く

| コメント(0) | トラックバック(0)

 怒濤の如く、初めてお盆の間から行った仕事がやっと一段落で、残りは夜に二名分あるだけとなりました。
 午後は全く電話がないかと思っていたなら午前中以上にかかってきており、「どこで情報を仕入れたの?」という感じでした。まぁ午後になると変動が激しくて、ちょっと予定の数より減ってしまいましたけどね。
 この後は十日も泳げないのでは気持ち悪くて仕方ありませんから、許可を得ているのでプールへ出かけるのを楽しみにしています。それと一人で飲みながらの夕食も楽しみです。

 本日は8月16日で、京都では大文字の送り火ですからお盆の最終日なのですけど、鍼灸院は日程の関係から診療を再開しています。
 週末の混雑を回避するためなのですけど、事前に予約を入れ始めたなら意外にも人気が高く平日と変わらない状態に。
 さらにどこでわかってしまうのか電話も予想より多く、当日になっても増えるというのは感謝すべきことですね。

 お盆休みにはロボット掃除機とコードレス掃除機のダストボックスを掃除しておいたのですが、今回は流水が使えたので「今までの花にだったのだろう」というくらい簡単にきれいにできました。
 それで暇なときに乾燥が終わったダストボックスを装着し直しておいたのですが、お盆でぼけていましたねぇ。
 ロボット掃除機にはゴミをかき集めてくる水平方向のブラシとゴミを拾い上げる垂直方向のブラシがあるのですが、洗っておいた垂直方向のブラシを装着し忘れていたのです。これではゴミが拾えません。洗う前に一度治療室の掃除はさせてあるので実質的被害はないのですけど、それにしてもエラーにならず普通に走っていましたねぇ。

 昨日は午後から、岐阜県にある山の上の温泉へ家族で出かけてきました。しっかり温泉へ入って、水風呂にも入って、全身の循環改善です。まぁ普段からプールで泳いでいますけどね。
 その後は養老町を通過するので、焼き肉です。休日となればどこのお店も満員になるのでお盆ですから早めに到着したつもりですけど、回転から半時間もしていたなら外にまで行列が・・・。
 あきらめて彦根まで戻ろうかという話も出たのですが、いつもとは違うお店なら入れそうな雰囲気だったのでしばらく待って食べられました。ミネラルの入っている塩をつけて食べるのが、ものすごくおいしいお店でした。

 子供たちの勉強の監視役をしているときにはこちらは暇ですから、しっかりデイジー図書を聞いています。
 勉強のための書籍も時々聞いていますけど、メインは「項羽と劉邦」の超大作がなかなか聞き終えられていなかったので、ここで一気に聞いています。
 劉邦という人物は民衆をまとめることだけが取り柄の「いい加減なおっさん」だとは知っていましたけど、本当にラッキー以外には何もなかった感じの印象になってきました。しかし、ことごとくラッキーを自分のものにしたのですからそれはやっぱりすごい才能です。

 昨日の彦根はお盆にしては記憶にないほどの高温で、「やっぱりお盆ですねぇ涼しくなってきました」という毎年の挨拶ができないほどでした。
 おかげで近江高校の甲子園での試合もあったことから、いつもよりずっと早くから集まってビールを飲みながらの観戦を親戚一同でやっていました。
 お寺からのお参りも珍しく時間通りに到着され、昨年と違って夕食の予約時間も遅めに設定してありましたから、何もかもがうまく進行したお盆の行事でした。

夏休みの宿題

| コメント(0) | トラックバック(0)

 お盆休みに入って二日目、この間の主な仕事は小学生たちの宿題の見張り役ですね。
 この夏の猛暑では二週間後に二学期が始まってしまうのが酷と思えるのですけど、夏休みの宿題はやっておかねばなりません。お盆を過ぎれば、本当にすぐ二学期ですからね。
 自分が小学生だった頃を思い出すのですけど、たしかに3年制や4年生くらいだとサボることを覚えた時期なので8月20日を超えたあたりから慌てていたかもしれません。けれど一部のレポート類を除いては必死になったことはなく、親に尻を叩かれたこともなかったと思います。
 昔から勝手に宿題をしてしまう子供と後回しにしかしない子供はいるのでしょうけど、親に尻を叩かれても平然としている子供は現代だからでしょうか?

 「陰陽調和の手法」の追試を再開してまだ一日半、不慣れということもあり十分な見解を示すには早すぎるとわかっていても、しっかり見えたものは既に出てきました。
 まず陽経から治療へ入るケース、これは昨年の夏期研で会場でも突っ込んだことなのですけど元々が浅井部位で浅井箇所を気が巡っているのに、経穴から垂直の調整には無理がある。
 そして肺虚肝実証に関しては営気を巡らすことで相剋に影響を伝えて肝実を最終的に落としていることから、経絡相互の影響が治療原理なので垂直方向の手法では無理があるのではないか?まだ数が少ないのでこちらは結論には早すぎるものの、やるとすれば肝実を直接に謝すという方法になるのでしょう、それでは脈差診と変わらなくなってしまいます。
 でも、批判ばかりではありません。上記のことを考えていたなら「標治法でやってみればどうなる?」とひっくり返して考えて、すは具実行してみました。邪専用ていしんを持っているので難しい瀉法の手法も必要なく、補法の手法を背部で行うとこれはびっくり!!?
 ゾーン処置を開発してから既に標治法は垂直方向を意識して行ってきましたから、改めて考えれば当然のことではあったのですけど効果が高いです。手法そのものも慣れれば簡便ですし、助手に標治法のすべてを任せてしまえるほどのものになるかもです。

 昨日は点字ファイルのチェックを早朝からやっていて、さらに「陰陽調和の手法」も追試を再開してと、よくぞ一日頑張れたという感じであり、帰宅したならすごい睡魔に夕食も面倒なほどでした。
 食べたならすぐ二階で寝てしまい、六時間は爆睡で、今朝からはお風呂にも入ってきたのですっきりです。
 本日は「海の日」ですから祝日なので休診と思い込まれており、電話が三本くらいしかかかってきていません。でも、あらかじめ詰めておいたのでしっかり仕事をさせてもらっています。

追試を再開

| コメント(0) | トラックバック(0)

 夏期研を目の前に「陰陽調和の手法」について、随分と本部の動きにかみついていました。混乱させたいのではなく、治法で録音だけ聞いている会員と認識に随分差が生まれてしまっているので、そこを埋めるためです。
 そして昨夜から個人メールがあり、中身についてはまだ公にできないものの認識のずれを埋める方法については、相互理解ができたと思います。
 そして「陰陽調和の手法」についての引っかかっている部分も溶けたので今朝から追試を再開しているのですけど、すべてのケースで病体を動かせること自体は確認しました。けれど不慣れなところはありますけど、絶対的に優位だというケースもありません。「これは陰陽調和の手法が必要だろう」と事前に検証のできるツールが出てこないと、理論的には正しいのかも知れませんけどなく手も困らないので、普及には壁がありそうです。

 昨夜の遅くになって、点字図書館から編集と校正をお願いしていた夏期研要録の点字ファイルが届いていることに気づきました。
 夏期研まで残り二週間、視覚障害者の先生の数はそれほど多くないといいながらも必要とされているものですから、どうしてもすぐチェックして本日中に届けなければ意味がありません。
 仕方なく6時過ぎに鍼灸院へやってきて一時間半ほどチェックを行い、そして昼休みに残りのチェックをしてやっと終わったところです。少しだけ昼寝はしましたけど、眠たい眠たい。

 私が直接応対していないのですけど、午後に予約なしで来院されたおじいさんは健康保険の適応がないのか尋ねて、鍼灸は適応できないというとそのまま帰宅されました。
 ここまでなら何度も経験してきたことなのですけど、その後に電話がありまた同じように健康保険の適応について質問されてきたようです。
 素人さんの知識なら仕方ないところはあるのですが、それでも現在の病院窓口では個人負担で2500円だと安い方であり、私が開業をした平成元年でも薬代が別なので1000円ちょっとだったものの実際には2500円を上回ってもおかしくない状況でした。
 その当時でも「待ち時間がなく即効性があるのでコストパフォーマンスは負けていない」と説明していましたが、現在では窓口での支払いでも鍼灸院の方が安くなってしまっています。でも、思い込みで健康保険がないと高いと思われているのでしょうね。

 XPパソコンへ便利プログラムを忘れないうちにインストールしきってしまおうと、三週間前からやってみたなら最後は一日で二台分をセットアップして終わりました。
 ブルートゥースは最後の最後までごねてくれて、一台もすんなりセットできませんでした。正常動作さえすればこれほど便利なものはないのですけど、パラメーターが多すぎて困ってしまいます。
 そしてフロッピーディスクからの起動許可設定が必要なブレイルスターも、すべてインストールできましたからこれで当分は点字エディタに不自由することはありません。
 フロッピードライブとして活用したのはiMacと同時購入しておいたスーパードライブというやつ。接触不良が最初からあり、これがきっかけで伝家の宝刀となった接点復活材を導入したのでありました。20年くらい居座っていたスーパードライブも、まだ捨てはしませんけどお役御免ということでパソコンデスクから外してしまいました。

今川焼き

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜に子供たちと映画を見に出かけていたのですけど、吹き替え版ながらアクション系のものですからだいたいのストーリーはわかるものの細かな部分が次第にわからなくなってしまい、途中で私だけは脱落でした。子供たちは非常におもしろかったようです。
 18時30分からの上映ですから中途半端なので今川焼きとパンを買って持ち込んでいたのですけど、久しぶりにあんこの今川焼きは一つ食べただけであんなにお腹がふくれるんですね。
 子供の頃は大好きで三つくらい平気で食べられていたのに、不思議です。それにしてもいつの間にかサービスカードが満杯になっていて、次はお一人様無料で映画鑑賞できます。

 最近の水曜日にしては早くプールに到着でき、すぐ占有できるコースも与えてもらえたのでしっかり泳いできました。いらいらもすっきり。
 隣はアクアビクスでおばちゃんたちが水の中で踊っていますから、プール全体が大波小波でまともには泳げないのですけど、今日はストレス解消が目的なのでスピード度返しですから揺れるのを楽しんでいました。
 そして以前にストレス解消といいながら意地になって泳いで最後の最後になって壁へ激突してしまったことがありましたから、今日は絶対に激突しないというのが最終目標であり達成感があります。

 いやはや、猛暑が戻ってきたのに気持ちは冷や汗状態でした。
 大きな方の治療室はドライにしていても協力に冷えてしまうことと、Dのベッドはカーテンが近いので冷気が落ちてきてしまいますから、弱冷房にする意味もあって間隔を開けてしか運転させていません。
 しかし、小さな方の治療室はドライでずっと回していてちょうどくらいなのに、昨日の夕方から突然に暖かな空気が吹き出してきました。今朝はまたドライで普通に冷たい空気が出ていたのですけど、また突然に暖かな空気がそれも勢いよく・・・。
 幸いにも冷房そのものにすれば冷たい空気で安定しましたけど、ガスが減っているのか内部のクリーニングが必要なのか。ガスファンヒーターもオーバーホールしたのですから、自動清掃タイプといいながらもオーバーホールがそろそろ必要なのでしょう。

 昨夜から、非常にいらいらしています。あぁ午後からプールで思い切り泳いでこよう!!
 一つは先週の奥さんが起こしてしまった交通事故。すんなり解決の方向へ向かうと安堵したのに、ちょっと時間のかかることになってしまうかも知れません。私たちは精一杯援助させていただくしかないのですけど、一般の患者さんと違って意見を言い切れないのがなんとも歯がゆい。
 もう一つは夏期研のことで、点字資料もまだできあがってこないのですけど実技の担当を変えようかという話がいきなりです。しかし、リハーサルもしていない部門へ異動してというのは、受講側に失礼じゃないでしょうか?準備をしてきた講師側にも迷惑な話です。

 滋賀県代表の近江高校が、今年の選抜準優勝で夏も優勝候補だった智弁和歌山に勝ちました。昔は初戦だと東西対抗だったのですが、今は完全な抽選なんですね。
 近江高校も選抜で一勝していますし二回戦も惜敗ということで実力は相当なものですけど、観戦していたほとんどは智弁和歌山が初戦敗退にはならないだろうと思い込んでいたのでは?
 それにしてもABCラジオで聞いていたのですが、解説者は明らかに智弁和歌山を応援していましたよ。Yahooのニュース速報も、智弁和歌山が初戦敗退と近江が勝ったとは書かなかった。なんやねんこれは、でも、私もほとんど期待していなかった結果でしたが・・・。

 今朝の親父の困った行動です。二日間ほど便通がなくちょっと苦しいということで、昨日の昼に「大人は二錠」と書かれてある便秘薬を三錠も飲んだとか。
 これだけでも大変なことになるのに、夜になってもまだトイレができないとさらに三錠を飲んだところ、今朝に腹痛を感じたなら我慢も何もない状態で出てしまったとか。下着も布団もパジャマも、そしてトイレもひどい状態になってしまいます。
 飲んでしまった薬の影響は鍼灸でも打ち消せませんから、今日は絶食するしかないと告げておきました。口にできるのはカロリーメイトくらいでしょうか。自業自得なので、仕方がありません。認知症は、大丈夫?

立秋

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日から立秋ということで、近畿北部は曇りの天候なので直射日光が遮られているため非常に涼しい朝でした。
 全国的には特に午後からはまた暑くなるかも知れませんけど、着実に秋になってきているのでうれしいです。

100回記念夏の甲子園の二日目、春夏連覇のかかる注目の大阪桐蔭が登場ということで昼休みもずっとラジオを聞いていました。
 結果は大阪桐蔭が異形へ一歩踏み出したのですが、栃木の作新学園も一歩も引けを取らず真っ向勝負で、いい試合でした。
 ちょっと気になったのがブラスバンドの応援ソング。アニメ「メジャー」の曲じゃないですか?茂野吾郎は甲子園を全く目指さなかったわけではないですけど最初から目標はメジャーリーグであり、甲子園本番の応援歌としてふさわしいのか?しょうもないところを思わず突っ込んでしまうのでありました。

 一週間前の「視覚障害者のための情報提供委員会」の報告を、「医道の日本」へ送付しました。
 原稿拝受のメールが戻ってこないので少々不安ではありますけど、今回は投稿規定の範囲内になっているはずですし中身は強烈です。
 これで没ということになったなら、何を書けばいいのだろう?

 猛暑で参っているのですかね、「本日休診」の掛札を今朝は取り外すのを忘れていました。
 しっかり留守番電話は解除しているので休み明けということはわかっていたはずなのに、こういう失敗はかなり久しぶりです。
 幸いなことにパートさんが気づいてくれて、掃除の時に中へ持ち込んでくれていましたからトラブルはありませんでした。

 XPパソコンへ便利プログラムをインストール仕切ってしまおうとやっているのですが、四台目まで完了です。
 けれど何度やってもブルートゥースだけはトラブルがつきもので、そのたびに試行錯誤してやっと接続させているという感じです。残り二台なんだけどなぁ。
 計測してみると二時間近くかかる作業であり、そりゃ記憶もなくなってしまいます。もう少しでセットアップ作業は終わりなので、16日のお盆中の営業を利用するかなぁ。

一転して

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日まであまりの猛暑から予約の電話の数が激減していたのですけど、土曜日の本日になって堰を切ったように電話が鳴りっぱなしの状態でした。
 土曜日で仕事が休みの方もありましたけど「もう待ちきれない」という方も多く、「明日は日曜日で休診だから」ということもあったようです。
 あぁ午後は既に一つオーバーしている状態であり、もう受け入れできないので困っています。

 あーぁ、嫁さんが追突事故を起こしてしまったという連絡をしてきました。いわゆる「おかまを掘った」というやつで、信号で停車中のところへ突っ込んでしまったらしいです。
 点滅信号のところで滅多に変化に遭遇したことがないからと、前方不注意だったとか。見通しのいい片側二車線の道路で、どうしてそんなことするかなぁ。
 事故証明をしてもらっているときに「体調が悪ければ三日目くらいまでに病院へ」という警察の話だったらしいですから、見た目でそこまでは大丈夫だろうということでしょう。もし何かあっても、うちの鍼灸院で治療をすればなのですが、その話をしていないといいますから嫁さんは間抜けです。

 昨日に立秋での写真交換を済ませてしまったのですけど、作業をしていたなら天井にもほこりが蓄積しているというか壁も含めて付着が目立ちました。
 ロボット掃除機が小さなほこりを舞いあげてしまっているのでしょう、毎年なら年末に掃除をするだけでいいのですけど午後の開始が遅かったのでクイックルで汚れを落としてもらうと、相当な量でした。
 ベッドのシーツはいつものように裏返しておいたので大丈夫でしたけど、床はコードレス掃除機での吸引が必要でした。今後は半年に一度ずつくらい、天井や壁の掃除が必要かもです。

 それにしても熱いですねぇ、熱すぎて予約の電話も少なくなっているのは、これは仕方がありません。よくぞ先週まではペースが落ちていなかったものです。
 鍼灸院の建物は鉄骨ヘーベルですから、見た目は普通の家のようですけど要するにビルと同じなので、建物自体が熱を吸収してしまいます。
 つまり、冬は暖房を続けていると夜中でも暖かさが残るものの夏はエアコンがないと外よりも暑い状態となり、裏口から外へ出た方がほっとすることがあるのです。今月になると風邪が出てきたので、二回の方が少し涼しかったりします。でも、二回程度ならやはり熱いですね。

 文部科学省の役人が息子を裏口入学させていたというだけでもひどいニュースですが、東京医科大学というところは慢性的に裏口入学があったといいますから医者を養成する学校としてこれだけでも信じられません。
 さらに今朝からのニュースでは、女子の受験者に対してテスト結果を一律に下げていたというのですから開いた口がふさがりません。時代錯誤も甚だしいですが、それだったなら看護師に女子はいらないのかという話です。看護婦さんがいてくれなければ医療の世界は成り立たないのであり、「何を考えとるねん!!」です。
 そして最もかわいそうなのが、医者を目指して猛勉強をしていたのに変な点数操作で夢を絶たれてしまった女子学生です。鍼灸学校なら複数受験するまでもなく入学できますけど、医学部となると公立と私立を一つずつくらいでしょうし、受験料金くらいは返金してもらわないと腹の虫が治まらないでしょうね。
 それよりも、こんな大学は一刻も早く閉鎖しなければ不祥事の根っこを断ち切れませんね。

 昼休みから午後の隙間を使って、XPパソコンの便利ソフトをインストールしきってしまおうとまた奮戦していました。なんといってもブレイルスターの起動許可設定がフロッピーからなので、ここが困るわけです。
 そしてもう一つ、毎回泣かされるのがブルートゥースのセットアップです。一度としてスムーズに進行したことがないのですけど、今回はデバイスがずっと検出されないという症状が。でも、セットアップができていればこれほど便利なものはありません。
 それからDSSプレーヤーとかテプラの接続も手間がかかりますし、今回は既にできていたのですがプリンタドライバも手間のかかる接続です。残り四台もあります。

立秋で写真交換

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ厳しい猛暑が続いているのですが、暦は立秋まで一週間を切っており、午前中には部屋を交代しながらだと作業ができそうだったので天井の写真を交換してしまいました。
 もう六度目になるのでどこのベッドの額がどんな癖になっているのか覚えてしまいましたから事前の対策もバッチリで、ひどくごねられることなく作業が終了できました。
 正確に計測していませんけど、30分を切っていたのではないでしょうか?一つ5分程度であり、最初に自分たちでやったときからすれば3分の1でできるようになりました。

 今日も相当に厳しい暑さの一日だったわけですが、午前の仕事が終わったなら第一水曜日ですから銀行の入金日なので出かけてきました。
 直射日光はさすがに熱く、「これが宇宙だったならどんな暑さなんだろう」と大気圏があるので平均15度低度なものの、大気圏の外は130度もあるという信じられない世界がそこにはあります。月面の平均気温は115度くらいとか。だから火星でも住めるとかいう話しになります。
 でも、先週の新しいアンプのためのキャリーバッグを買い物して持ち帰ってきたあの暑さに比べれば、今日の方が私的には平気でした。8月になったので、風が吹いており日陰なら涼しいです。

 今朝に院長ブログへ「録音今昔、滝修行をしてからの研修会参加も」をアップしておきました。
 研修会の録音は12年くらい前よりデジタルファイルとなり、ネット配信ですからメールにダウンロードアドレスを記載するだけでよく、カセットテープ時代のダビングから郵送という手間を考えると本当に楽なものです。
 それだけに昔の先生たちが血のにじむ思いで勉強されてきたエピソードを、どれだけ苦労をして自前で録音をされていたかという話を残しておきたくて、挨拶で話したことに加筆をして文章化しました。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、2018年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年7月です。

次のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。