2018年10月アーカイブ

 昨日の午後は半時間ずつの空き時間が三つもあったので、やはり滋賀漢方鍼医会の月例会に持参しているアンプの雑音問題を解決せねばと、いろいろやりました。
 まず一本は大丈夫なのに他方のワイヤレスマイクとピンマイクが同時に接続されると、ヘリコプターのような雑音がやはり発生します。ピンマイクの受信機を手で握るとなぜか雑音が軽減するので、アンテナのようなものが取り付けられないかとUSBケーブルを挿したり巻き付けたりしてみましたが全部だめ。
 では、ピンマイクのセットそれ自体を買い直すことを考えてアマゾンで調べたのですけど、売れ筋は今持っているものばかりで製品名が違うだけの同一商品です。ほかに見つかるのは低価格ながら電池に9Vの角形が必要で実用的でありませんし、もしくは音楽向けの高級機種ばかりですから、こちらもだめという結論。
 セットしてある現場に戻ってピンマイクの受信機ばかり気にしていましたが、雑音が出ているときに送信機側の電源を切ればどうなるか?見事に雑音が停止してしまいました。となると、受信機が悪いのではなく電波同士の干渉が問題です。
 ここから推理して、雑音が出ている状態で電源は切らずにピンマイクの受信機を抜いてみると、予想通りまだ雑音がします。では、受信機をアンプ本体から離せばどうなるかとやってみると、雑音が発生しなくなりました。
 つまり、アンプ本体にはワイヤレスマイクの受信機が内蔵されているのでありそこへピンマイクの受信機も至近距離で存在するため、不幸にして干渉してしまう周波数だったので雑音になってしまうわけです。
 では、どのようにすれば解決できるかといえばこれは簡単で、ピンマイクの受信機を延長コードを使ってアンプ本体から離せばいいのです。非常に小さな受信機ですからコード自体でぶら下げるなどすればいいわけで、ピンマイクそのものは使い続けられます。ピンマイクが使えるということそのものが大切なのであり、せっかく重量を減らしたのにまたワイヤードマイクへ戻すのはいやですからね。
 わかってしまえば非常に単純なことだったのですけど、最小限の追加購入だけで乗り切れると確信しました。いやぁ買い換えると決まったときからトラブルは発生するだろうと思っていましたけど、こんなにいくつもあるトハですね。

 すっかり忘れてしまっていて「しまった」という用件がありました。
 ちょうど一ヶ月くらい前に盲学校の同窓会へ原稿を書いてほしいという電話があり、文字数も少ないので月末までにさくっと済ませてしまうという返事をしていたのですけど、仕事量を増やしたりパソコンを入れ替えていたりなどをしていたなら後回しになって、すっかり忘れてしまっていたのです。
 ちょうど入れ替えた鍼灸院のパソコンの初仕事として、原稿を執筆し始めました。

次男が胃腸炎

| コメント(0) | トラックバック(0)

 朝に目覚めたときには大丈夫だったものの、次男が次第に腹痛を訴えるということで治療のため一階へ降りていくとすでに発熱をしています。
 胃腸炎特有の脈状というものは確定できていませんけど、腹痛と発熱と数脈がそろえば小児であれば胃腸炎と診断してまず間違いないでしょう。
 クラスメートで誰か発病していなかったかを尋ねたところ、やはり先週末に嘔吐をしていた人がいたらしく感染していたのでしょう。計算してもちょうど潜伏期を過ぎたところであり、本日は小学校を休ませておきました。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会であり、少し人数が少なめでしたけど午前中は五十肩ということで肩関節脱臼の整復法をやっていました。
 うちの助手出身だとまず知っている方法なのですけど、そしてホームページで紹介したりもしているのですが、柔道整復師の免許を持っていたり接骨院勤務をしている人が知らないというのはわかっていたことではありながらも、ちょっと情けない。
 鍵盤断裂の話が多く出ていましたけど、脱臼を見過ごしているケースの方が多いと思っています。

五十肩2

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ところが最近になって肩関節痛を訴えてくる人で、多く肉離れがあるのは偶然なのでしょうか?
 素人さんですから「周囲から五十肩といわれている」と肩関節痛であると問診するのですけど、鑑別の第一は夜間痛があるかどうかであり第二には可動制限があるかどうか、そして具体的に痛む部位を確認しておくことです。
 気づいたのは挙上はできるのに回旋運動だと痛むという人がいたり、あるときから突然痛くなったという人が至りが重なったからです。もちろん以前からこのようなケースはあり瀉法鍼を用いれば治療には苦労しなかったのですけど、あまりにも多いので明日の話へ盛り込む予定です。

五十肩1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 明日は滋賀漢方鍼医会の月例会であり、午前中の座学では今年度から取り組んでいる症例検討と実技が90分間あります。
 今回のテーマは「五十肩」です。先週の本部会でも少し質問を受けたのですけど、学生時代にはアイロン体操と称して負荷をかけて腕の運動をさせていたという恐ろしい歴史があったりもします。ウサギ跳びと同じで、根性はつくかもしれませんけど何も鍛えていませんね。
 今はどのように対処しているかといえば、ほぼ本治法のみです。常勤助手がいないこの一年半、手間を少しでも省くには本治法の精度を上げることであり、脈状に妥協をしなくなったなら五十肩は何も特別なことをしなくても治癒できるようになってしまいました。

 いやいや、急いで食事をしてしまうとろくなことがありませんね、午後の診療中に経験したほどのない腹痛で苦しかったです。
 午前中の行事が終わって電車で南彦根駅まで戻ってきて、この時点では予定より早かったので届いているはずの商品をビバシティの家電量販店へ取りに行きました。子供の同級生のお母さんに偶然であって、手引きもしてもらいました。
 ところが商品が届いていないということで、その確認に随分待たされてしまいます。鍼灸院へ到着したなら一本遅い電車で戻ってくるよりもまだ遅いくらいになってしまい、美味しく食べようと買ってきたサラダパスタを急いで食べねばならず、胸が詰まってしまいます。
 これが影響してしまったのでしょう、一時間もしない間に腹痛が発生してきたならトイレへ行くのですけど少しずつしか出ず、まさに絶賛腹痛中という状態です。三度目でやっと大量に出て、しばらくしてやっと落ち着きました。参った参った舞の海。

 初めて歩行訓練という行事に参加してきましたが、まぁ盲学校時代の遠足の延長のような感じであり、それなりに楽しく勉強もさせていただきました。
 生まれてからの滋賀県人ながら、「近江八景」と「琵琶湖八景」は違うこと、初めて知りました。「近江八景」のほうが先に定められたのですけど、南の方の景色が圧倒的に多かったので琵琶湖を平均的に定めたのが「琵琶湖八景」とのことです。
琵琶湖八景・近江八景/滋賀県を見ると、近江八景は大津市だけで、普段知っているものは琵琶湖八景だったようです。

 今から彦根市視覚障害者協会の行事で、歩行訓練ということで彦根城博物館へ午前中はでかけてきます。
 「彦根駅から彦根城まで歩くだけが歩行訓練?」と自ら突っ込んでしまいますけど、団体様でないと見学することができなかったり出かけないだろうというところへ出向くのが目的ですから、距離としてはいいでしょう。それに高齢化が進んでいるので、遠足ほどは歩けません。
 それで「なんで平日の行事であり歩行訓練なのに参加?」なのですけど、今年度から役員ということで担当行事なわけです。責任者という肩書きが一応ついているので、参加しなければならないわけです。

40人達成です

| コメント(0) | トラックバック(0)

 約二年半ぶりに40人の大大を達成をしました。法人成りはまたまだ早いということがわかって、「それならどうしても法人にしたほうがいいというレベルになってやろうじゃないか」と誓ってから一ヶ月でのことです。
 最後の常勤助手がいた年は、これは書けない理由で「やる気」がそこまで出ない年であり、素人のパートさんとほぼ二人でやることになっても格段のスピードアップはしていてもしんどすぎると思っていました。
 けれど目標ができたなら強いもので、ほぼ毎日30人でも慣れてしまうのであり「絶対に40人を近日中に達成するぞ」と決めていましたから、やっぱり嬉しかったです。
 別に人数ではなく治療の質がいちばん大切なのですけど、これから開業を目指す若い鍼灸師たちへ夢を見てもらうためにも、数字で明確にわかる営業成績というのは必要だと考えています。

 明日の午前中に彦根市視覚障害者協会の行事で午前中を休まねばならないので、本日の予約表は一週間前から満杯に近い状態でした。
 でも、午後には余裕があるようにと空白を入れておいたのになぜか夕方から埋まっていってしまいました。相当に珍しいことです。
 午前中になんとか人数をこなしておかねばならないので副院長に絶対に出てくるようにしてもらっていたのですけど、これはローラー鍼と円鍼を代わってもらうだけでカルテ記入まで完全にこなせてしまうスピードが出せました。やっぱり常勤助手が二人はいて、連日40人を超えていても遊び時間があるくらいにしないとだめですね。そして次は3人にして、院長不在でも診療はそのまま続行される体制を作っていきたいです。

 昨日に鍼灸院へ導入した中古パソコンのセットアップが、ほぼ完了という感じになりました。オンラインソフトの導入、すっかり忘れていて結構な手間でした。
 以前のモバイルノートはまだ娘へ譲渡していないので鍼灸院にあるのですけど、これも昨日に整備のため起動させてみるとスピードの違いが歴然です。しばらく使っていればターボモードになって文章打ち込みなどもストレスが無くなるのですけど、ターボモードでないときの動きに不満があるので交換したのです。
 でもでも、やっぱり慣れてきたと言いながらも音が今ひとつ小さいのだけ難点です。ラウドネス効果を入れれば音そのものは大きくできるのですけど、そうすると音全体がちょっと下品になってしまうのでもう少し思案です。

 そして水曜日の午後となればプールの時間であり、何故か最近は1.5kmのロングが泳ぎきれなかったというか途中で横槍が入るのであり、本日はゆっくりで構わないからどうしても泳ぎきりたいと水へ入りました。
 結果はスピードは出なかったものの目標通りに泳ぎ切ることができ、その後ははなまるうどんで温かいサラダうどんの昼食に満足なのでありました。以前はサラダうどんは冷たいメニューオンリーだったのですけど、暖かな麺と野菜サラダの組み合わせが美味しい。
 そして常勤助手がいなくなった一年半前からはアクアコースでプールのみだったのですけど、土曜日の昼休みくらいは抜け出してランニングマシンができるだろうし休日はもっとしっかり運動したいということで、データイムコースへも変更してきました。

 本日の診療もほぼ予約表満杯まで働かせていただき、当日分が増えなかったというのは久しぶりだったのですけど明日以降の予約が結構入ってきていました。
 それより朝から参ってしまったのは、出納帳の整理をしなければならなかったことです。なぜ気づいたかといえば昨日の合計が人数と合致していないと、帰り道で気づいたからです。でも、もう遅いので明日回しにしようということで今朝から確認作業をしていたのでありました。
 確かに午前中の人数は一致していたので午後で重複記入をしているのではないかと下の方から調べ直していたのですけど、怪しいと思っていた時間帯でも順番通りにしっかりカルテは打ち込まれていました。となると、やっぱり上の方から予約表とつきあわせていった方が早いということで見比べていると、午前と午後の間に違う日付の支出項目が紛れ込んでいました。単純なミスといいながらも、経理では致命傷になりかねないところでした。

 昨日のうちに書き込みきれなかったのですけど、片方の臀部だけに座っていると強烈な痛みが発生してくるというかなり苦戦をしていた患者さんが、ほぼ回復していただけました。
 強烈な痛みが発生してから数ヶ月も経過して来院されたので、「これは手間がかかりますよ」とは前置きしたものの、一ヶ月半近くもほぼ痛みの変わらない状態が続いてしまいあまりに申し訳ないので考えられる限りの物量作戦でとりあえずの回復を試みたところ、幸運にも地楡へ向かいました。
 昨日の治療では歩き出しに発生していた激痛についても回復をしていたので、改めて臀部を落ち着いて観察したところ、やっぱり亀裂骨折が発生していたのを見つけました。座って痛みが発生するなら座骨の先端に傷があるだろうと普通は想像しますし今までの経験もそうだったのですけど、今回はそれがもっと奥の方で発生していました。そして痛みを長く我慢していたので筋肉が固くなってしまい、触診でなかなか見つけられなかったのでした。
 最も反省すべきは脈状で骨折が見抜ききれなかったことであり、可能性として一番高いのですからしつこく脈状を探さなかったことです。最終的には原因が判明できたのですけど、反省ばかりの治療でした。

 両方のかかとが強烈に痛むという患者さんが夏から来院されているのですけど、数年間ずっと同じ状態であり「とにかく痛みから解放されたい」が訴えでした。
 足底の痛みということであればまず間違いなく骨盤がずれているのであり、ほぼ腰の治療のみで痛みは解決できてきました。この患者さんもついでにあった膝や腰の痛みは軽くなり、何よりこれも動かなかった股関節がとても柔らかになりました。
 しかし、かかとの痛みだけは相変わらずです。患者さん自身がどのあたりで・どのように痛むのかと尋ねているのを的確に答えてくれなかったことも原因追及を遅らせてしまった要因なのではありますが、結局のところは亀裂骨折でした。やっと「かかとの痛みは軽くなりました」というところまで来たのですけど、数年間はできる限り歩かない生活をしていたので筋力がなくなっており、頭で考えるほど歩けないのが今度は悔しいのだとか。まぁそれくらい贅沢を言えるくらい回復してもらえれば、手間がかかった甲斐があったというものです。

 今日もまた、ぎっくり腰のオンパレードという感じで次々に来院されるのであり、円皮鍼での痛み止め効果にも驚かれるのでありました。
 最近目立つというのか、数ヶ月前のぎっくり腰があまり状態が変わらずにそのまま引きずっている患者さんが多い印象です。
 以前からもぎっくり腰をそのまま放置してあったり適切な処置がないままで繰り返しているというケースはたくさん見てきたのですけど、それでもいくらか時間が経過すれば痛みはぼやけて素人さんでは「治った他」というレベルになっているはずのものが、そのまま半年以上も持続しているのです。なんなんでしょうね、この傾向は。
 ひょっとしてバセドウ病が蔓延しているのと同じく、痛みの取れないままのぎっくり腰も蔓延しているのでしょうか?そうであれば鍼灸にもっと脚光が当たってもいいのですけどね。ただし、痛くない治療をしている人が多くなければなりませんが・・・。

 かなり頑張ってリアルオーディオのドライバを探して強引にインストールしたのですけど、どうにも鍼灸院の中古パソコンには対応していない感じです。
 "ハイディシニションオーディオ"(のように聞こえる)とデバイスドライバに表示されているので、高音質になるサウンドセットだとは思われるのですけどマイクロソフト製の汎用ドライバが組み込まれてしまっています。
 インテルのグラフィ区ドライバはいつの間にか勝手にとってきてコントロールパネルの中にも入っていましたから、やっぱりチップが対応していないのでしょう。スピーカーが下向きについてしまっているので、その分だけ音量が上がらないんですよね。

奇経治療の実技

| コメント(0) | トラックバック(0)

 本日は東京での本部会であり、10月は外来講師講演ということで奇経治療の実際に宮脇先生が来られました。
 まだ学生だった3年生の時に経絡治療の手ほどきを受けた最初の先生と言っても過言ではない宮脇先生の講演と実技、さすがに年齢的なことは感じましたけど相変わらずのパワフルなお話と実技には感心するだけでした。
 私自身といえば下積み修業時代に明けても暮れても奇経パターンの判定を担当していたのであり、師匠である丸尾先生の治療パターンが経絡治療のオーソドックスなスタイルと異なっていたことから開業をしたときにオーソドックスなスタイルに戻したのと同時にできる限りの補助武装も解除してのスタートとしたかったので、奇形治療についても「昔取った期ネズか」の部類で積極的には取り組まないことにしてしまい、そのまま30年が経過しています。実際に臨床では困っていないのであり、知識や初心者の宣伝道具としては有益だと思っているのですけど、今から臨床へ戻すことはないでしょう。
 奇形治療の一番のメリットは、未だに経絡治療で独り立ちできない治療家が手足だけの施術で効果が出せるという患者へのアピールに使えるという点であり、重症患者への家庭でもできる補助療法だと思います。家庭で自己治療させるという点については考え方があるでしょうからこれ以上のコメントをしませんけど、ベッドの患者に関わる時間とその後の効果についてどうとらえていくかでしょうね。

無断欠席

| コメント(0) | トラックバック(0)

 本日は夕方に元々予約の空きが作っておけたのですけど、それ以上に来週の混雑具合についてが気になってしまいあまり増やしたくないという気分でした。
 そうしたなら微妙なもので、新規の予約は入ってくるのですけど無断欠席がそれを上回ってしまいます。すっかり忘却の彼方へ記憶が遠ざかっていたものはどうしようもないものの、それでも謝罪の連絡がない場合はそろそろ次の予約からは拒否しなければならなくなったというのが現状です。
 「他人の迷惑を考えていただけない場合は...」というお知らせを待合室に掲示したいとは開業前から思っていたことなのですけど、やっと初期の夢に描いていた地点までは到達できた感じです。

 気にしすぎなのか、最近ポッドキャストの配信が欠損してしまうことが多いように感じています。iPod nano へ音声情報も渡すためにXPパソコンで未だに受信させているのが悪いのか、いや普通に受信できる方が多いのですけど・・・。
 それでニュース解説のニッポン放送で朝の番組"OK cozyup"が今朝も前半部分しか受信できなかったので、後半がどうしても聞きたくてyoutubeで初めて聞いてみました。こちらは全部含まれていました。
 しかし、ラジオをそのまま録音して配信しているだけなのかCMやその他のコーナーも全部は行っている上に、音質があまりよくありません。やっぱりポッドキャストが一番なんですよねぇ。

 その予約表に隙間のない中なのですけど、もう一度セットアップをやり直している中古パソコンの調整もしっかりやっていたのであります。
 一度いじり回していますから今度はワンドライブとローカルのドキュメントフォルダを切り分けることができましたし、ピンの設定も簡単なものができました。残った問題は音量が小さくもう少しきれいになってほしいことなのですけど、どうしても気になって深夜に調べていたならリアルオーディオから配布されているドライバが組み込まれていないようであり、自分で組み込めるみたいです。
 自宅のパソコンでブックマークしておきましたからこちらで開いてみたのですけど、あれっ、反映されてきません。ADSLの遅い回線では無理なのでしょうか?Googleクロームなら、しっかり反映されるのに。
 今夜に自宅でドライバを探して、落としてしまいましょう。組み込みは初めての作業なので、ちょっと心配ですが・・・。

予約表が満杯

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日もおかげさまで鍼灸院の予約表は満杯寸前となり、昨夜の最後に親父が新しい「本日休診」のホルダー型プレートを設置したのに色を塗るとかなんとか勝手なことをされて気分が落ち込んでいたのですけど、持ち直しました。
 逆に来週は金曜日の午前中、彦根城博物館へ彦根市視覚障害者協会の行事で出かけなければならないのですでに予約表が毎日埋まりすぎていて、スタッフの少なさが弱点で露呈しています。
 まぁでも、それだけ頼っていただけるというありがたさを受け止めていきましょう。技術者になるには下積み修行が必須なのですけど、それだけ骨のある若者が少ないのは残念です。

 先週の土曜日に突然調子が悪くなり、夜に家電量販店へ修理に出してきたコードレス電話の子機がもう戻ってきました。やはり基板交換ということで、エラーが発生していたのでしょう。
 それで新品と同じですから親機とのペアリングというか接続作業をせねばならないのですが、マニュアルを読んでもらいながらやってもちっともうまくいきません。仕方がないのでコールセンターへ問い合わせることに。
 すると、まだ以前の子機の登録が残っているのでその番号へ書き込みができなかったとか。それならマニュアルに、そんなことも書いておけよって感じです。

 鍼灸院へ導入した中古パソコンなのですけど、冷却ファンの音がうるさい件については本体そのものまで暑くならないのでまぁいいと思っています。
 しっかり冷却してくれていますし、回転数のコントロールもできています。しかし、レッツノートのようにユーティリティがあったかも。
 そして気になっている音が今ひとつ小さい件ですけど、リアルオーディオとかその他のオーディオマネジャーのユーティリティが実は入っていたのではないかと、確認もせずすぐWindows7からアップグレードしてしまったことを公開しています。
 それでリストアすればWindows7のメーカー初期状態に戻せるのではないかとやってみたのですけど、オータム2018にしか戻りませんでした。うーん、明日の朝にもう一度だけチャレンジです。

 二日前のパソコントラブルから大変な状況になってしまった後遺症が実はまだ残っていて、気力はわいてきて集中力も戻りつつあるのですけど、どうも倦怠感が強いままです。
 まだ下積み修業時代に聞いた話なのですけど、40年くらい前に中国で気功師になるのがはやった時期があったものの、そのほとんどが変死をしてしまうということでした。原因は才能がないのに気功師になってしまったため、自分の内部の気を送り込んでしまい枯渇してしまうからだと言われました。
 ちょうどその「枯渇してしまう」に近い状況なのでしょう。過去にも突発的な出来事で同じようなことに遭遇しているのですけど、しばらく倦怠感が抜けないのであります。

 気力を振り絞ってと書けば大げさすぎますが、本日の診療は気合いが途切れないようにすることをまず第一目標として仕事へ入りました。
 その前に「本日休診」のホルダー形式でのプレートが昨日にできあがってきたので、これをビス留めして取り付ける作業を親父に頼まねばなりません。絶対に頼まないとできない作業ではないものの、このあたり流儀を通しておかねばならないところがややこしい。でも、予想通りここは機嫌良く取り付けてもらえました。
 12人までを2時間でこなしてくると疲れが見えてきたので、パソコンの前でほんの少しだけ居眠りをしたならここは集中力が戻りました。
 とりあえず予定の人数の本治法まで終えたところで、取り付けが終わったという報告ですから外へ出て実際を見てみることに。ここも予想通り、真っ黒の交換用プレートをあらかじめ作っておいて正解でした。
 さぁこれで最後までアクセル全開と生きたいところだったのですけど、朝からの懸案が一つ解決したので気が少し緩んでしまい集中力が途切れてしまいました。患者さんの症状を混同してしまいますし、段取りの指示も後手に回ってと最後は我ながら情けないのでありました。

 いやはや、やっと気力は出るように戻りつつありますけど集中力が出ないままの一日です。
 昨日のカルテ管理をしているパソコンのトラブル、加えて予備を持ってきても正常に動いてくれないダブるどころかトリプルパンチを食らっていたのですから、一気に気力を使い果たしての明くる日なので半日だけの仕事で助かったというところです。もし一日の診療だったとしたなら、予約は絶対に無理してまで取らなかったはずです。
 プールで泳いでリフレッシュそのものはしたのですけど、途中で泳ぐコースを隣へ紛れ込んでしまいますしビバシティを歩いていても迷子になってしまいますし、その前に仕事の最後で集中力はすでに限界でした。

 昨日のとんでもないパソコントラブルは非常に疲れてしまい、疲れたのと夜が遅くなりましたから睡眠そのものにはすぐ入ったのですけど早朝から目が覚めてしまい、疲れすぎてそれ以上眠れなくなってしまいました。
 さらに気が立っていて余計に目がさえてきますし、最後にカルテ処理をしたので大丈夫とはわかっているのですけど、どうにも落ち着かずに鍼灸院へやってきてしまいました。
 まぁxPの方はチェックがすぐすんでしまったので、まだまだセットアップ中の中古パソコンにマイクロソフトオフィスを組み込んだりNVDAを組み込んだりしていました。NVDAはプロトーカーのアドオンを持っているのですけど、マイクロソフトの「あゆみ」がなかなかいい音になっています。こちらを少し辞書を鍛えようかなぁ。

 あーぁ、非常に疲れた一日になってしまったのですけど、自宅へ戻ってきて温かい鍋は何よりのごちそうでした。
 そして昼休みに注文しておいた「本日休診」のプレートを取ってきてもらったのですけど、なかなか格好いいと思います。少商の風雨では吹き飛ばない構造であり、ドアの上側で目立つと思います。
 白地に黒文字の「本日休診」のプレートは格好いいです。けれどそのプレートがかかっていないときにはホルダーがむき出しになってしまいますから目立たなければそれでいいのですけど、用心のため真っ黒だけのプレートも注文しておきました。その真っ黒だけのプレートはホルダーが不要なのに、意図がわからんのか四角四面なのかそれとも代金が同じだからつけてくれたのか、まぁ困ったものです。

 どちらに転んでも大変なパソコントラブルなので、一度落ち着くために仕事のクローズ処理をしました。午前中はしっかり出納帳への転記作業がなされていましたし、午後も前述の人違いの修正をしたならしっかり反映されていることを確認しているので元ファイルが壊れているはずはありません。
 そこでUSBメモリへバックアップしたファイルのタイムスタンプを確認してみると、確かに急いで作業をした時間になっていました。ということは何かが不一致で表示がうまくされないのであり、ポッドキャストのパソコンはインデックスの再構築をしたなら正常に最新の状態が表示されてきました。
 すると移動させようとしていた新しいカルテ管理のパソコンも初歩的な設定ミスではないかということで、メモ帳で日本語はやはり打ち込めないものの適当にスペースキーで確定動作を行わせるとちゃんと読み上げられます。これはスクリーンリーダー側の読み上げがオフになっているということで初期値に戻すと、すぐ日本語の打ち込みもできるようになりました。やっとカルテを打ち込んで出納帳への転記も確認し、新しいバックアップをとって作業終了となりました。

 あーぁ、本日の午後はトラブルに見回れまくって大変な時間帯となりました。まずは予約表の名前が書き間違っていて、他人の継続データへ書き込んでしまっていました。これは四回の治療だけでですみましたからすぐ修正できましたけど、もっと大量だったなら仕事が終わってから延々と寡黙な作業をしなければならないところでした。
 ところが次はカルテ管理をしているノートパソコン。先週から何度か電源コードからの供給がうまくできていないメッセージが流れて、コネクタが悪いのかコードが悪いのか切り分けて調べていたところ、一度は電源コードが犯人と決めつけたのですけど、コードを交換しているのに同じ症状がまた出てくるだけでなく頻繁にシステムが落ちてしまうようになってしまいました。こうなるとコネクタが悪いのであり、本体を交換するしか手がありません。
 夜の一人だけになる時間帯でしたけど予備のパソコンを持ってきたなら、予約表はうまく表示されたのですけど日本語入力ができません。奥の手でポッドキャストを受信させているパソコンへデータをコピーすると日本語もきちんと打ち込めるのですけど、今度はカルテデータが最新ではないのでもっと冷や汗が流れます。とりあえず診療だけは済ませて、予約もこの状態で処理しました。

 午前中にかかってきた電話、久しぶりに鍼灸の器具メーカーからのものでした。といっても、昔から突然に営業でかかってくることは少なかったのではありますけど・・・。
 営業でかかってくるとなれば艾の取り扱いを始めたとか新しい器具を開発したというものなのですけど、まさか新しいメーカーが毫鍼を発売したので試してほしいとくるとは思いもしませんでした。
 でもでも「うちはていしんのみで治療をしていて毫鍼は全く使っていないんです」と返事をしたなら、びっくりしていたことびっくりしていたこと。

 連休明けはすぐ予約表の午前中が埋まってしまい、幸いにも午後には空きを作っておいたのでなんとかなりそうなのですけど、先週に続いて落第点の予約の取り方です。
 それだけ皆様に頼っていただけているということで、ありがたい話です。どうして鍼灸の需要率が全国平均では4%しかないのか、それもじり貧なのかが理解しがたいくらいです。
 ただ、まだまだ鍼灸というものを知らない人の方が遙かに多いですし、もし私が盲学校出身でない素人であったなら、イメージ西洋医学のひどさはわかるのですけど、それ以外に頼るものがないというのが情報不足なのでしょう。的に受診することには抵抗があるでしょうね。

 昨夜はどういう手順で設定ができたのか自分でもよく説明できないものの、鍼灸院の入れ替えたパソコンが希望通りの構成にやっとなってくれたのでとりあえず明日から使えるようにまず日本語入力のATOK2015だけインストールしてきました。
 ディスクケースには点字シールが貼ってあるのでわかるのですけど、外箱にもきちんと張っておかないと探すのに端から順番に開けていかねばならず、結局最後の箱でした。インストールは無事にできました。
 少し打ち込んでいるとキーストロークが深くて、これは気に入りました。けれど冷却ファンの音がやっぱりうるさい。ひっくり返して底面を触ってみたのですけどほとんど暑くないのに冷却ファンだけが大きく回っているという感じでした。今使っているものすべてがものすごく静寂なので、余計気になるところです。

 連休の初日は家族サービスで終わってしまったのではありますが、お肉をこれ以上ないというほど食べまくったので満足感はたっぷりです。
 しかし、ずっと気になっていたことが頭から離れませんでした。鍼灸院へ導入した中古のワイドノートパソコン、Windows10の初期設定はナレーターがしゃべってくれますから自力でできたものの、一部にキーボードからでは変更ができないので押しつけの設定で通過したものがあります。
 その一つがワンドライブの設定で、クラウド上にファイルを移動させるだけで自宅と鍼灸院のパソコンが同期してくれますからとても便利なものの、ローカルだけに置いておきたいというデータもあるので、ワンドライブは"Documents"、ローカルはドキュメントというフォルダ名で区別して管理してきました。
 これがローカルのドキュメントフォルダへ必ずワンドライブがリンクするように設定されてしまったものですから、さぁ大変です。ほかのパソコンへ大量にデータが流れ込んできてしまいます。これをほかのパソコンと同じ環境に設定し直したいのですけど、ネットを調べたならレジストリを書き換えろという記述ばかりです。
 やっとワンドライブに合わせて設定メニューを出せばリンクの解除ができるというものを探したのですけど、今度はパソコンの操作がよくわかりません。いろいろいじってやっとたどり着いてリンクの解除を一度行うと、これはローカルのドキュメントフォルダがしっかり働くようになりました。
 次はもう一度ワンドライブをリンクさせる作業があり、次は名前の変更やクイックアクセスのピン止めをやり直す作業、仕上げに送るメニューのショートカットを登録し直す作業と、一時間くらいでよくできたものです。

 世間では三連休の真ん中なのですが、第一日曜日に当たっていることもあり家族サービスを兼ねて「かんぽの宿」で温泉とランチバイキングをしようと出かけました。
 ところがところが、ランチバイキングは昨年度末で営業を終了してしまっていました。確か今年の冬には一度出かけていたので、営業終了ぎりぎりのタイミングだったようです。小旅行気分になれる、本当にいいランチバイキングだったのに。
 子供たちから「どうするんよ!」とすぐ突っ込みが来ましたけど、せっかく来たのですからまずは温泉へ入って、その後にしゃぶしゃぶの食べ放題のお店へ移動して昼食することにしました。少し値段は高くなりましたけど、お肉を思いっきり食べてきました。

 パソコンとは別に、鍼灸院ではもう一つ機器の不具合があり対処を試行錯誤していました。
 土曜日の朝からコードレス電話の子機でも充電台に常に建てているメインの方が、呼び出し音がなぜか小さいのです。そして通話品質もよくありません。特に何も設定はしていないのにです。
 途中で呼び出し音を大きくするように設定してもらいましたが、今度はもう一つの子機が着信しなくなってしまったので親機も子機も電源を落としてリセットしたところ、完全に問題のある方の子機は沈黙してしまいました。
 特定のボタンだけは押したときに音が出るので電源は入っているのですけど、反応しないボタンの数が増えてきますし着信できないということで、基盤がエラーを起こしていると思われますから仕事が終わってから家電量販店へ修理に出してきました。しばらく子機が一つだけになってしまうので、ちょっと不便です。

 昨日の仕事中は全くいじれなかったものの、中古とはいいながらも新しいパソコンが到着したのでうれしくて空き時間には少しずつセットアップを始めていました。これから鍼灸院で使っていくパソコンですからね。
 ところがwifiの接続ができません。マイクロソフトアカウントでログインしているのですからパスワードが引き継がれてくれてもいいところですけど、その前に無線ステーションを検出してくれないのです。アダプタがWindows7用だったとしても、対応ドライバはとっくの昔に更新されているので勝手に取ってきてくれているはずですし、操作そのものは受け付けているので「これでだめなら初期不良?」というところです。
 けれどパソコンの右手前に見慣れないスライドスイッチがあり、ふたのロックには使われていないので気になってパートさんに見てもらうとwifiのマークがあるといいます。物理スイッチがオフになっていたらしく、やっぱり無線ステーションを検出させるまでには試行錯誤でしたけどなんとか無事に接続までできました。

 今日は全く隙間のない予約表となってしまい、パートさんと二人でやっている範囲では最高の35人にまで到達していました。
 時間延長をしてもう少し数字が伸びたことはあったかもしれませんけど、時間内にきっちり収まる範囲では枠を使い切った形になりました。さすがに疲れましたね。
 けれど今描いている夢は、常勤助手が三人いて週末には院長が出張をしてもそのまま自分たちで診療を休まず継続できるというモデルです。これなら患者さんへの迷惑は最小限ですし、助手たちも自分一人での診療がリハーサルできます。
 鍼灸学校で教壇へ立つことがかなえられたなら、このモデルでないと鍼灸院との両立はできないのであります。目標ができたので、今日の仕事くらい平気なのであります。

 昨日からセットアップさせているWindows7ProをWindows10Proへアップグレードさせたパソコンですが、初期設定で聞き慣れない「pinの設定をやれ」という画面がスキップできないので適当に行ったなら、これはマイクロソフトアカウントのパスワードとは別にパソコンへ簡単にログインするための短いコードが設定できるというものらしかったです。
 しかし、Windows98時台からログインにパスコードを入れることなどしたことがありませんし、個人のパソコンですから面倒なだけです。PCトーカーの設定項目で自動ログインにできるのですけど、うまく働いてくれるか心配でしたができていました。
 そして動きも少しのろいので心配していましたが、データベースが整理されつつあるようでかなりきびきびしてきました。残りはもう少し音量が上がって欲しいことと、冷却ファンがうるさいことです。

 新しいといっても中古のノートパソコン、さっさとWindows7環境で遊んでみることもなくWindows10へアップグレードさせました。
 LANケーブルで直接接続させたの手さすがに早く、データは面白いように入手できます、このあたり無線は便利なのですけど、スピードを犠牲にしていることがよくわかりました。
 それでいきなり最新版のレッドストーン5環境となり、今まで出会ったことがない設定項目が出てきたのにはびっくり。訳がわからずピンを設定したのですけど、パスワード省力での起動設定がうまく反映してくれればいいのですが・・・。
 今日のところは最低限のPCトーカーを組み込んで起動できることを確認するところまででタイムアップになりました。

 いやはや、昼休みにはアマゾンから購入したノートパソコンが配達が遅くて明日にしか到着しないのではないかと宅急便業者の悪口を書いてしまいましたけど、夕方手前に到着しました。悪口書いて、ごめんなさい。
 それで新品ではなく中古ですから、それもWindows7ですから5年くらい前のものになるはずなのですけど、デザインはほとんど変わらずほぼ思った通りのノートパソコンが到着しました。少しだけ冷却ファンがうるさい。
 午後一番からWindows10へアップグレードするための手順をおさらいしておいたところ、ブラウザは立ち上げることなくアップ用のプログラムさえあればいいということがわかったのでUSBメモリへ落としておいて、音声が出ないところだけ手伝ってもらってアップグレード中です。

 この二週間くらいずっと仕事に隙間がない状態を過ごさせてもらっていたのであり、中古ですけど新しいノートパソコンを頼んだのでそろそろ半日くらい休憩がてら遊んでみたいと思っていたなら午後は隙間が多くあります。
 それもWindows7マシンですからWindows10へアップグレードさせないと対応するスクリーンリーダーがないので、使えるようにするだけで数時間を要する作業がいきなり待っているという代物です。
 ですから午後の隙間はちょうどなのに、アマゾンからの案内では配達が明日になるだろうとのこと。「えっ、夜とはいいながらも注文は水曜日にしたのに」と、値上げしたくせに配達が逆に遅くなっている最近の宅急便へ怒りを感じているのであります。せっかくの隙間を、どうしてくれるんだよ!!
 それで初めて宅急便の荷物追跡サービスというものを見てみました。昨日の夕方に集荷されて中継所を夜に出発し、今朝に京都中継所までは届いていると表示されます。すごいですけど、この調子だと彦根へ到着するのが夕方で配達が明日になるのかなぁ。

 昨日のくしゃみからさらさらの鼻水が垂れてきてしまう症状は、ようやく最終の診療あたりで収まったものの今朝からは咳が出ていました。
 自己治療をしたかったものの中学生の娘の治療が先となり、こちらの風邪気味は回復しています。
 それで自分はどうしたかというと、長男が昨夜にお風呂へ入り損ねていたので朝からお湯を入れていましたから、その次に入って暖まったなら回復してしまいました。明日からの攣急の間、どこかで温泉に行きたいなぁ。

むなしい結果

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いすに腰掛けたときだけ臀部に強い痛みが発生してくるという患者さんが夏から来院されていて、このことについては何度か書き込んでいます。お一人はすでに治癒されました。
 そして一番最近のおじいさんは明らかな座骨の亀裂骨折だったということを書いています。
 最初から来院されている程度が一番強い人なのですけど、いくら角度を変えて治療をしてもなかなか回復しないので仕方ありませんから物療攻撃ということで考えられることをすべてつぎ込んでいたなら、先週から痛みが軽減してくると今週は自動車の運転をしてもほぼ痛みが発生しなくなったということです。
 これで「めでたしめでたし」といいたいところですけど、ちっとも納得できません。推理としてはやはりどこかで亀裂骨折が発生していたのではないかと思うのですけど、部位はとうとう特定できず、今となっては証拠もありません。証拠がないということは再発防止の手がかりが何もないということであり、次の症例に対するプラス要素もありません。かなりむなしいです。
 ふと思ったのですけど、刺激治療というものはこういうことを繰り返しているのでしょうね。原因もわからずとにかく回復さえすればいい、次へのプラス要素も得られないのに物療攻撃だけをしている。そんな治療では受けている側も納得できないでしょうね。やっている側がそれに気づいていないということが、本当の問題ではありますけど・・・。

 やっぱり朝からのくしゃみ連発は午前中いっぱい続いてしまい、さらさらの水のような鼻汁も下を向くとたれてきてしまう状態でティッシュが必要でした。
 昼休みにうまく昼寝ができて「これで回復」と思っていたなら、郵便受けに入らない郵便物を直接中へ持ってこられたので昼寝が中断。
 午後は午前中ほどひどくないもののやっぱりくしゃみが出てしまい、あるいは下を向くと鼻汁が落ちてしまいそうになっています。就寝時は、中医をしなくては。

 今朝はうっかりしていて窓を開いたまま寝ていてしまい、明け方にあまりに寒いので目が覚めました。
 しかし、時すでに遅しでくしゃみが朝から止まらず、こうなると水ばなも出て止まらなくなってしまうのであります。
 先月に一度くしゃみが止まらなくなったときには本当に水ばなが滝のように垂れてきてしまいマスクの装着も考えるほどだったのですけど、今朝のものは仕事開始までにたれるほどではなくなりました。

 あはははははは、やっぱりポチってしまいました。今朝に書き込んでいた鍼灸院用のノートパソコン。
 Windows7をWindows10へアップグレードして使うことを前提に探していると、メモリは4GB以上がCPUはi3以上が条件であり、その前に15.6のワイド画面で10キーが付属していることは前提条件としましたから、中古ノートは山ほど出てくるもののどれもこれも条件に当てはまらず選べません。
 それで今使っていて一番気に入っているAcerの15.6ワイドタイプなら外れがないだろうと検索をすると、これもいろいろ出てくるものの値段の方が今度は合いません。新品の方が安いくらいです。
 アマゾンの中古は価格.comより高いという印象だったのですけど、試しに検索したならしっかりメンテナンスして出荷するというコメントがあり妥協できる値段だったので、思わずポチッです。
 コンビニ払いが使えずクレジットカードは子供のゲーム課金で数字が今月は跳ね上がっているので、少しもったいないですが代引きにしました。今回は鍼灸院の経費ではなく、個人的小遣いからの支払いにします。これで品物がよければB5のモバイル期は、娘に譲ることになってしまいます。

 本日は水曜日ですから午前中のみの診療なのですけど、副院長が入ってくれていたので予約時間そのものを延長して19人まで治療ができました。
 昨日の段階で9時台だけでなく10時台も6人ずつ予約を入れざるを得なくなり、当日枠が一つだけという運営としては落第点の予約の取り方でしたけど、なんとか乗り切ることができました。
 常勤助手が復活してそれも二人以上になれば、毎日に振り分けられるのでここまでの混雑は発生しないはずなのですけど、なかなかうまくいかないものです。

 またちょっと悪い病機(?)が頭を持ち上げてきていて、ノートパソコンがほしくてたまらないのです。
 今すぐ必要というわけではなく、ネットへ接続できるパソコンは予備を含めて三台もありiPhoneやiPadもありますから、贅沢ではあるのですけど、やっぱり鍼灸院で使っているものはモバイル期なので外付けキーボードが必要ですしスピード的に今ひとつ融通が利きにくかったりします。
 先日にWindows7がまだ無償でWindows10へアップグレード可能であるという記事を見つけてしまい、それならスペックの高いものが1万円台で手に入れられるなら経費ではなく小遣いで購入して入れ替えたいと思ってしまいました。でも、なかなかめがねにかなう商品がXPのようには簡単には見つからないですね。

昨日の本庶佑先生のノーベル医学賞受賞、本当におめでとうございますと同時に、日本の医学研究の素晴らしさに改めて感動しました。
 臨床家は病気を治すために「どうやってアクセルをもっと踏めばいいのか」と考えますが、研究家であるために「ブレーキをかければその後は勝手にアクセルがまた踏み込まれる」という発想でのがんの免疫治療を開発されたとか。偶然かもしれませんけど、発想の転換ですね。
 今の漢方鍼医会は治療法の研究と称して、「どうやってもっとアクセルを踏み込めるようにできるか」を追求している先生が多いように感じます。いや、一部の先生の声が大きく聞こえるだけで大多数はその号令に右往左往しているだけかもですけど、ノーベル賞のほとんどは基礎研究に対して与えられてきたように、漢方鍼医会も基礎研究にもっと商店を当て直すべきではないかと常々考えていました。
 その一つが「時邪を応用した切り分けツールの提案」なのですけど、ほとんど注目されていませんね。まぁ最初はそんなものだと思って発表しましたから、今はいいのですけど・・・。

臀部の痛み

| コメント(0) | トラックバック(0)

 臀部だけが痛むという患者さんが夏から合計で三名もおられるのですけど、とても不思議な状態です。
 最初のお二人はいすに腰掛けていると痛みが発生してくるというもので、歩行などでは大丈夫ですからよく理解できません。お一人はすぐ回復したのですけど、若い方の方は従証で仕方ありませんから邪専用ていしんで臀部を強引に緩めたり瀉法鍼を用いたりで、物量で対処してやっと回復してきてくれました。
 ところが本日から来院された方はすでに五年間も痛みが続いているということなのですけど、脈状から亀裂骨折が明らかです。打診してもしっかり座骨に響きがあり、どうしてこれが病院でわからないかなぁ。やっぱり若い方も、亀裂骨折の可能性が高くなってきました。

 本日は午前中に予約ソフトに登録がなかったのに一緒の自動車で来院された患者さんがあり、これはベッドの余裕があったことと副院長がいたので無難に対処できました。
 ところが夕方には18時に三人目のオーバーブッキングがあり、しかも新患さんがあった上に18時30分にも新患さんということでダブるオーバーブッキングです。
 なんとか17時30分の患者さんのカルテは仕上がっていたので一つだけベッドメイキングをしてカルテ登録もしてとこなしたのですけど、新患さんを先に仕上げて慣れている患者さんは順番を繰り下がってもらって最後の仕上げに回ってもらいました。もっとも慣れている患者さんはゆっくり眠れたことと腰痛が解消したのでなんとも思われていないでしょうけど、プロの仕事としては時間をきっちり守るという項目もあるので少し不満の残る結果でした。けれど仕事そのものは早くなっていて、オーバーブッキングがあったのに10分遅れただけでしたが・・・

 今やコミュニケーションツールはラインアプリでメールは一昔前のもののように思われがちですけど、やっぱり必要です。特に研修会関連の連絡は、メールが絶対的に必要です。
 ところがメールで問題になるのは、メールマガジンが配信されてくること。登録を承諾したものはまだいいのですが、何かのサービスを利用したならいつの間にか登録されていたというケースは未だに多く、夏から登録解除をぼちぼちやっていてほとんどのアカウントは整理ができました。
 昨日は台風ということで自宅待機をしていたので残っていたメインアカウントのメルマガ解除をしたところ、今日から劇的にメールの数が減ってうれしいです。今までも自動的にゴミ箱へ振り分けさせてはいたものの、すっきりしました。

ぎっくり腰

| コメント(0) | トラックバック(0)

 台風が通過したからというわけではないでしょうけど、今日の午前中もまたぎっくり腰のオンパレードという感じでした。
 いつものように円皮鍼と瀉法鍼ですぐ治癒できますから問題はないのですけど、それにしても円皮鍼はぎっくり腰潜陽に近いのにどんどん減っていってしまいます。

 非常に強力で大型だといわれ、大きな被害を出した21号以上だといわれていた台風24号ですけど、コースがずれていたこともあり滋賀県では被害らしいものもなく咲くや通過していきました。
 嵐の前の静けさという感じで日曜日の午前中は非常に穏やかであり、昼食も長男の友達が大勢宿泊していたのでビバシティのバイキングへ出かけていました。ただ、昼食が終わると天候が本格的に悪化する前に解散としました。これは正解でした。
 その後は前回のように家が揺れることもなくそれぞれが動画を見たりテレビを見たりして過ごしたのですけど、バイキングで満腹のままですから夕食はなし。夜更かしだけが玉に瑕でした。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。