上腕骨が亀裂骨折13

| コメント(0) | トラックバック(0)

 上腕骨の亀裂骨折が発生してから仕事の六日目、45度まで痛みを感じることなく挙上ができるようになったので本当に楽になりました。
 今まで横臥位(解剖の用語では正しくは側臥位)、つまり患者さんが横向けになっての標治法では左腕が伸びずそのときの痛みが鋭くきついので「標治法の時間か」と少し暗くなっていたのですけど、それがなくなりました。
 それから標治法の仕上げには腹部の散鍼をしておなかを時計回りになでて終わるのですけど、無意識に左手で行っていたのですが月曜日などは激痛でとてもできなかったものが大柄な人でなければ痛みなくできるようになりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/5726

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2018年11月10日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「上腕骨が亀裂骨折12」です。

次のブログ記事は「あーぁ、ちょっともったいない小遣いの使い方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。