2019年1月アーカイブ

 先週からやっと本格運用になった鍼灸院のSSDパソコン、ノートパソコンの画面にクリップで留めているUSBスピーカーもスクリーンリーダーの音声が大きくきれいに聞こえるので、すっかり欠かせないアイテムになっています。
 ところが午前中にパソコンを再起動させると、USBスピーカーからの音声が聞こえません。「コードを抜いて内蔵スピーカーにすると、音声は確認できます。XPパソコンへ持って行くと、これまた音が出ないのですけど、別のコネクタなら音声が出てきたのでスピーカーの故障ではありません。
 XPパソコンはそのまま内蔵スピーカーから音が出ていたのでドライバを一度削除したなら正常に戻ったのですけど、SSDパソコンはヘッドホンを使っても全く音が出てくれないのでドライバを入れ替えることができずお手上げです。
 別のコネクタからなら音は出るのですけど使い勝手が悪いので、悪あがきで元のコネクタにさしてボリュームスイッチをいじっていたならなんと音が出るようになりました。スクリーンリーダーがマスターボリュームをコントロールしているのであり別コネクタからなら音が出ていたので、どうして一つだけ勝手にボリュームが下がって復活してこなかったのか不思議ですけど、とにかく直りました。

 昨年分の確定申告に必要な書類が、整えられました。
 実際には新年が明けて帳面の確認作業ができた時点で整えられるのですけど、集計表は間違いが年々少なくなり簡単にはなってきたといいながらも、一部修正作業をしたのでさらなる見直しが時間をおいて必要だったのです。
 日報をプリントアウトするのですけど、一昨年に入れ替えたプリンターだとそれまでの倍以上のスピードで印刷ができてしまうので、午前中の仕事中にあっさりできあがりました。残りは銀行通帳のコピーを取って、税理士事務所へ持って行ってもらうだ毛です。

10年前の記憶

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1月は元々診療日数が少ないところへ一番寒い時期ですから予約数も低調なのですけど、昨年末があまりに仕事量でしんどかったことから少し休憩モードを決め込んでいました。
 ところが一週目はしわ寄せから忙しかったものの本当に休憩モードになってしまい、今度は物足りないと感じていました。
 「今月中になんとか30人の大台回復を」と狙っていたところ、早速に昨日ぎりぎりですけど達成できていました。でも、母親が亡くなって突然に事務作業を引き継いだ10年前にはまだショックを引きずっていたとはいえ、1月の予約数の少なさに愕然としていたことをよく覚えています。
 今は1月でも30人を超えてきて当たり前であり、10年前にこの数字なら帳面とにらめっこして悩むこともなかったのになぁと今朝も思い出していました。

 まだネット関連の話題が続きますけど、先週に鍼灸院はメッシュwifiタイプのルータに入れ替えたので、それまで使ってきた機械が余ってしまいます。
 Nタイプのものですから現在のACタイプからすればスルー速度が遅いものの、アンテナを二つ内蔵しているハイパータイプなので使わないのはもったいない。
 そこで自宅はACタイプでしたが普及期なので電波のない場所はなかったものの、より快適にネット接続ができるだろうと持ち帰ってきました。結果は一階での接続がより安定した感じがします。レスポンスは確実に向上しました。

 いやはや参りましたね、ドメインの登録情報が一部間違っていたのでその修正作業をせねばなりませんでした。あーっ、whoisを書き換えるというのは緊張した。
 ドメインとはこのホームページの"myakushin.info"という、お金を支払って世界で唯一の固有番地を購入してあるのですけど、世界唯一のものですから正確な情報が登録されていなければならないのに都道府県名が滋賀県ではなく京都府になってしまっていたのです。なんでやねん?
 一番最初はまだ知識がなかったのでハードルが高すぎて、手軽なレンタルサーバとドメインがセットになっているサービスから開設をしました。二年くらい経過すると維持費とスペックの落差が大きかったのでレンタルサーバを乗り換えたのですけど、ドメインの管理会社も乗り換えねばならずwhoisは本人しかロックが外せないので、英語のページを何度も何度もにらめっこしておそるおそる操作した苦い経験があります。
 今回はコントロールパネルからの操作だったので意外にも簡単にできてしまいましたけど、それでもドメインの情報を書き換えるというのはできればあまりやりたくない操作でした。
追記
 "whois"というのは、ドメイン登録のための基本情報のことです。管理会社は登録をしてくれますが、修正作業は本人しかできません。そして管理会社を変更しようとするときロック状態になっていればアンロックに切り替えねばならないのですけど、これも本人しかできない作業であり英語のページなので非常に苦労をしたのです。二度とやりたくない作業です。
 それと考えてみれば基礎情報の登録から私がしたはずがないので、これは最初に登録をした会社の入力ミスだったのではないかと想像されます。

 年末に一度降雪があっただけなので、「このままでこらえてもらえるとは思えないけどなぁ」と顔を合わせたなら話題にしていたのですけど、土曜日から二度目の本格的な降雪になりました。
 しかし、幸いなことに彦根での積雪量は4cm程度であり、昨日のうちに消失してしまっています。
 ところが今朝から患者さんにいろいろ話を聞くと、彦根が一番少ない。多賀の山側になると50cmはあるということですし、野洲でも彦根より多かっあの風で山のところまで雪が吹き飛ばされてしまっていたのでしょう。それが無ければ彦根も15cmくらいあっても不思議でなかったのかもしれません。今回はセーフでした。

 昨日は嫁さん側のおじいさんの十三回忌、本人の兄弟やおばあさん側の親戚は年を取りすぎて出席できないのでいいとして、孫の出席も必要かなぁという感じです。まぁ孫は若ければいいでしょう。
 でも、孫の配偶者やひ孫まで家族全員というのですから、顔も見たことのない人の法事にたくさんかり出されていたのであり、何が目的なのか本末転倒しているとしか考えられませんでした。
 実際に行われたなら賑やかな内輪だけの法事にはなったものの、当夜の負担を考えるとやはり疑問の残る出席だったと私は感じています。

 水曜日に「擬痛風」などと、とんでもない病名をつけられた上に全く痛みが回復せず困り果てていたおばあさん、事実は亀裂骨折だということで処置したなら自力で歩けるようになりました。
 この時点で涙を流さんばかりの喜び方であり、帰るまでの待合室でも娘さんに力説を繰り返していました。
 そして二度目の治療が本日だったのですけど、あれほど苦しんでいた自発痛が一気に消失していて手をあわされてしまいました。
 家の中なら杖も使わなくなったといいますし、「擬痛風」とはいったい何じゃいな!?

 泳ぐと強く痛む左肩を、プールから上がってジャグジーの中で触診していると、明らかに右よりも盛り上がっています。
 圧痛もなく熱も持っていないのですけど、奥の方には確かに硬結があります。痛みの発信源であることは確かですが、治療すべき本丸かどうかというと半分は別のところにも核があるように思われます。つまり、肩甲骨周囲が怪しいです。
 そんなことを考えていたなら、午後一番の患者さんは昨年の秋に自転車で転倒したなら溝へ突っ込んでしまい、肋骨と上腕骨に亀裂骨折が発生していたのですけど子供のテニスの相手をしようとしたなら、やはり肩に強い痛みを感じるのでラケットが振れなかったといいます。
 手から突っ込むようにして転倒すると肩が支点になるのでダメージが大きいのだと、同じ境遇の人を見て納得してしまいました。ただし、

 昼休みにプールへ出かけてきたのですけど、やっぱりクロールの腕の動きは複雑で肩の痛みが強いです。
 進歩したのは水中で腕を伸ばすだけなら痛みを感じなくなったことと、最初の三回までは腕の痛みが十分耐えられる程度になったこと。四回目以降の腕の痛みはばらつきはあるもののまだまだ強いです。
 痛いといいながらも外から見てのフォームがそこそこ戻ってきたなら無意識に回転数を上げてしまうのでありスピードを出そうとしていました。そうすると痛みが強くなるので自制できたのですけど、せっかくロングディスタンスの申し込みができたのに、果たして写真交換のように大会までに間に合うのでしょうか

 週に一度ずつは下駄箱のスリッパを拭いて、下駄箱そのものの拭き掃除をするのも朝の日課の一つです。ドアや手すりなどの拭き掃除も一緒に行います。
 しかし、昨年11月に左上腕骨の亀裂骨折が発生してからは両手が自由に使えないと時間ばかりがかかる作業なので、サボっていたというのが実情でした。
 先日に天井の写真交換ができたことから拭き掃除の方も復活せねばと、今朝は吹雪になっている一番寒い日に当たってしまいましたけど気合いを入れるにはちょうどいいと、録音図書を聞きながら久しぶりの掃除は気持ちいいものでした。

 あーっ、あぶないあぶない、そして患者さんに大変なご迷惑をかけてしまう寸前でした。
 最後の患者さんは夜に途切れたところへ一人来院されて、昼間は大丈夫なのだが夜に背部痛が発生し、特に朝は痛みでなかなか起きられないということです。
 これだけで単なる筋肉痛ではないことが容易に推測されるのに、3月の水泳のエントリーページを開いて申し込みが自力でできないかと悪戦苦闘している途中だったので集中しておらず、病理考察の確認を怠っていました。後回しにしていたカルテ記入で潰瘍が発生していることに気づき、標治法へ入る前に原因の説明をやっとしている有様でした。
 時間があればアルで凡ミスをしてしまうのであり、なかなか完璧な仕事にはなりませんね。

 これはあまりに面白かったので、お笑いのお裾分けということで・・・。
 ポッドキャスト番組「ワンボタンの声」の中で実演されていたのですけど、アマゾンのAIアシスタント"アレクサ"に「猿のまねをして」と頼むと、本当にまねをしてくれます。
 私はアマゾンエコーを持っていませんけどアマゾンミュージックからアレクサは使えるので試してみたところ、犬や猫や鶏などでもできました。ライオンとトラは同じでしたが、狼が遠吠えになっていて、一番面白かったですね。

 昨日に無事交換ができた天井の額の写真ですけど、問題は左腕へのダメージです。
 六つ全部を一気に交換したのですからダメージがないというわけにはいかなかったものの、夜中に痛みが強くなるようなことはありませんでした。
 むしろ荒療治で挙上範囲が広がったのですけど、大腸経の五里から臂臑にかけての痛みが今朝から感じられています。

 昨日でやっと年末に入れ替えたSSDパソコンの使い勝手が整備できたのですけど、整ってしまうと半年前から考えていた爆速で使えて安いという目標を達成できていましたね。
 wifiルータを入れ替えたのでこれが本体に近い値段をしてしまいましたけど、将来的に向かいの実家へ戻ってきたなら向こうに中継器を足すだけでネット環境ができあがるのであり、これもずっと以前から考えていたことなので先行投資ということでもったいない気持ちはありません。
 そしてUSBスピーカーも購入したのですけど、今朝に自宅のパソコンを使っていると音の抜け荷関して全く違うことに驚きました。あれほどAcerのノートパソコンほど音がいい普及対のものはないと思っていたのですが、あっさり覆ってしまいました。
 でも、自宅のパソコンもハードディスクなので起動と終了が遅いだけでスピードとしては十分です。

 メッシュwifiの中継器を、夕方にパートさんに手伝ってもらって設置しました。
 増設作業そのものはスマートフォンアプリから行い、まずは親子の紐付けをしたなら次は設置場所の登録と進みました。中継器に名前をつける必要もありました。
 とりあえずの場所で通信を確立させてからベストな場所を探そうとしたのですけど、設置場所の変更という手順が必要でした。場所をきちんと把握しているということですね。電波の強度は、メーターで確認できるそうです。
 それで結果ですけど、平均18Mbpsと上々です。20Mbpsの数字が出たこともありました。そして不細工なUSB延長ケーブルはもちろんなくなり、アダプタを指している場所が移動できたのでパソコン周りがすっきりしました。

 「春分の日」まで残り10日程度、昨年11月に左上腕骨の亀裂骨折を起こして一番苦しんだのは挙上時に激痛が走ることであり、水平までなかなか到達できなかったことです。
 一つの到着点として「春分の日」に合わせて天井の額の写真を入れ替えられるようになることだったのですが、意外にもあっさりこなせてしまいました。
 A,B,C,Dのベッドでは、ベッドを最高まであげていても左腕が額に届かないので背伸びをする羽目に。そして力も完全には入りません。
 けれど、いつもなら二つのベッドをペアにして交換作業をしていくのですが左腕を休める目的で一つずつ行っていったところ、30分ほどで六台全部の交換が終わってしまいました。今はちょっと肩に自発痛があります。

 wifiルータを先週に入れ替えたのですけど、SSDパソコンでは若干速度が向上した程度で不細工な延長ケーブルをまだ使わねばならないので、昨日に中継器を購入してきました。
 そしてコネクトアプリでログインしてみると、「2.4Ghz帯のスルー速度が20Mbpsなので40Mbpsに再設定するか」といきなりの質問です。もちろん再設定しました。
 これでどれだけ速度が向上できるのだろうと楽しみに測定してみると、今のところ全く変化がないですね。中継器を入れて速度が変わらなかったなら、どうしよう?

 年末の一ヶ月くらい前から左足首に強烈な痛みが発生してきている90歳のおばあさん、少し耳が遠いだけで全くぼけた様子もなくしっかりされているのですけど痛みがどうにもなりません。
 当初は夜間痛も激しかったということですが、医者ではレントゲンで骨の異常は確認されなかったということであり腫れた状態が少しですが大きくなったり小さくなったりするので「擬痛風」などと、とんでもない病名をつけられていました。
 でも、足底まで腫れているということは明らかに骨の異常です。指で探ると外踝のやや内下方で骨が簡保津しているのが発見できます。治療後は、すぐ自力で歩けるようになりました。

 昨夜は突然に長男と一番仲のいい少年野球チームの家族に誘われて、焼き肉へ出かけることになりました。そのお友達が、誕生日だったからです。
 お店が八日市なので30分近くかかるものの、身内のお店ということでゆっくりさせてもらいました。もちろんおいしくて、心臓の生肉もあったりして。
 向こうのご両親とは何度か少年野球の懇親会で出会ってはいるのですけど、ゆっくり話をしたのは初めてでした。視覚障害者の行動についていろいろと話していると、これが面白いのでありました。

 なんとも不思議な現象に、釈然としないながらもとりあえずの復旧だけしました。
 今朝に自宅で大きなデータのコピーをしながらその間が暇なのでメールの閲覧をして、鍼灸院へ出勤してきてダウンロードすべきアドレスをメールから呼び出してと、作普通に続きの作業をしていました。そしてデータの加工ができたのでお知らせメールを書こうとソフトを立ち上げると、ごっそりメールデータがないのです。
 ゴミ箱へ捨ててしまうにしても警告が出るようにしてありますし、外付けハードディスクにメールデータは置いてあるのですけどゴミ箱には外付けのデータもきちんと見えています。忽然とメールデータだけが姿を消してしまったのです。
 以前にも何度かデータが致命的に壊れてしまい右往左往したことがあるので定期的にバックアップはしてあるのですけど、一ヶ月前の状態に戻さざるを得ないのでありました。絶対に失いたくないメールはなかったものの、それでも釈然としません。

 昨年10月に購入したばかりだったAcerの中古パソコン、醒脳は現在でも十分なのですが冷却ファンの音とスピーカーがスクリーンリーダーで使うにはちょっと厳しいのでSSDのパソコンへ買い換えたのですけど、もったいないので声をかけたなら滋賀漢方鍼医会の会員でもらってくれる人が現れました。
 それで今朝からリカバリよりセットアップをしていました。リカバリはディスクの完全クリーンアップを行ったのでこれだけで午前中かかっており、初めてローカルアカウントでのセットアップをしたのでわからないことが多くありました。
 いれるべきソフトが少ないのでほとんど一日で仕上げられたのですけど、特に再起動をさせると時間がかかることに唖然とするほどでした。それからシステムサウンドを設定していないと動作がわかりにくいですし、PCトーカーもVDMモードにしておかないと読み上げが違うので使いにくかったです。

 昨夜の白杖を紛失してしまい杖なしで帰宅しようとした自殺行為は、様々なことから目が覚めました。
 もちろん飲酒そのものに対する考え方が変わったことが第一ですが、年末まで仕事が詰まりすぎて休憩モードとなりそこから抜け出せていなかったことからも目が覚めました。何せ先週は電話の数が極端に少ない状態であり、それに危機感を感じていなかったのです。
 しかし、家族のためだけでなく患者さんのための身体でもあるということ、大切にせねばなりません。そして仕事への気合い、入れ直さねばです。

 それにしてもまだ相当に酔っ払っていたとはいえ、南彦根駅から自宅までは普通に歩いても10分はかかるのを、白杖なしで歩こうとはあまりにも無茶です。
 ビバシティの駐車場を走る自動車はなく人もほとんどいないといいながらも、頭の中に完全に地図が入ってはいるもののどうしてそんな発想をしてしまったのでしょう?
 飲酒による感覚の麻痺・判断力の低下を、身にしみてわかりました。もう無茶な飲み方はしたくありません。

 うーん、なんともお恥ずかしい話であり今朝から猛反省している話です。
 昨夜は滋賀漢方鍼医会の月例会後に新年会があり、これは非常に楽しく有意義な会話もたくさんできました。
 ところが時間だというコトデ最後に残っていた熱燗を、一気に飲んでから記憶が定かでありません。電車に乗ったならすぐ寝てしまっていたようで長浜で起こされました。南彦根駅まで戻ってきたのですけど、あろうことかどこかで白杖が紛失してしまっています。
 どれだけ酔っていてもリュックへ入れるのは癖であるはずのものが、それがないというのは一度出して置き忘れてしまっているのでしょう。酔っていますから恥ずかしいと思って自宅まで白杖なしで戻ろうとして、奥さんが途中まで迎えに来てくれていました途中で転倒して軽いけがもしており、言い訳のしようがありません。
 。白杖を紛失するということ自体が大失態ですけど、それ以上に自力で歩いて戻ろうとしたのは自殺行為です。家族の生活もかかっている一人だけの身体ではないのですから、猛反省しています。それに飲酒してのけがは、最低です。もう二度と、最後の一気飲みはしません。

 昨日に書き込んだブログの移行作業なのですけど、半日経過してもまだインポートが終わらない状況です。2700日以上の記事があるので数分間は必要かとは思っていましたけど、まさかこんなにかかるなんて・・・。
 自動的にコピペで差し込んでいるだけと思うのですけど、サーバでやる作業なのに「なんでやねん」ですね。
 注意書きには数日かかることもあるとはあったのですけど、我慢できずにヘルプを開くとサービス終了に伴ってインポートが集中していることもあるのですが、もともとからゆっくりしかできないプログラムのようで他の人でも数日かかっているみたいです。やっぱり「なんでやねん」の世界でした。

月例会前の準備

| コメント(0) | トラックバック(0)

 明日は滋賀漢方鍼医会の月例会なのですけど、ICレコーダーだけでなくピンマイクとアンプスピーカーも充電をしてから出かけなければなりません。
 以前はICレコーダーのみですからパソコンと接続させて充電するだけだったのですけど、アンプなどは一度スーツケースから出してコード類も整えてと一手間あります。
 手順としては慣れてしまったものの、ランニングへ出かける前の着替えと併せて行おうとすると時間がなくなって焦りそうになりました。きちんと朝からやっておかねばですね。

 真冬のとても寒い時期ですから仕事にも少し余裕があると思っていたなら、ちょっと余計な作業で本日は時間がとられてしまっていました。
 この「臨床雑感あれこれ」はホームページ内部にムーバブルタイプというプログラムを設置して書いているのですけど、「院長ブログ」はその前にハテナのさービスで始めていました。その一部のハテナサービスが終了するので、別サービスへ移動処置をするようにというメールが舞い込んできたのです。
 管理画面など普段はほとんど触らないところですし、ましてスクリーンリーダーで使いにくくなっているものが多いのでサービスはなるべく乗り換えたくなかったのですけど、大切な写真も貼り付けてあるので仕方ありません、夕方前からパソコンとにらめっこしながらの作業でした。はーっ、管理画面へなかなか入れず疲れた。
 でも、きちんと設定すれば今までとほとんど使い勝手の変わらないサービスになっていたのでほっとしました。いくつもリンクを張っているのですけど、リダイレクト機能でリンク切れになる心ないということであり、まだ二つ残っているのですけど明日に続きを頑張りましょう。意図いうことで

寝違いが連続

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日から本日にかけて、寝違いの患者さんがやたら連続です。どうしてかは、わかりません。
 温灸器や円皮鍼が必要なほど劇症という方はおられないのですけど、脾虚肝実証で治療するケースが多くすぐ回復はしてもらえています。
 そろそろ時邪が変化していく時間帯でもあり脾虚証が多いので、証決定にはより注意をしています。

 無線接続の話題を引きずりますけど、昨夜はアダプタを直づけにすることで驚くほど速度が向上し「これなら子機の増設はしばらくいいかも」と思えるほどでした。おおむね7Mbpsでした。
 そこで気になっていたほかのパソコンのスピード測定をしてみると、おおむね15Mbpsであり二階へ持ち上げていっても数値は変わりませんでした。んっ、なんじゃこりゃ、です。
 そこで問題のSSDパソコンを二階へ持ち上げていくと15Mbps出ます。エアステーションの真横へ持って行くと20Mbpsを軽く超えてきます。やっぱり、できる限り早く子機を導入すべしということがわかりました。

 「にき鍼灸院」での補助療法といえば、そのほとんどが円皮鍼です。ぎっくり腰の痛み止め処置、この魔法のような円皮鍼の効果は手放せません。
 ところが道具は進化するといいながらも、メーカーが作ってくる量産品でありこちらの意図と違う方向へ進んでしまうこともあって、長く長く愛用してきたセイリンのものがなくなってしまったときにはほとほと困りました。メーカーのホームページから文句を入れたくらいです。
 その後三年間くらい違うメーカーのものを使ってきて効果は同じだけ出てくれるのですけど、シールが大きすぎることとそのために最後に無駄が出てしまうこと、管理がちょっと手間だったりしました。
 それが昨年の伝統鍼灸学会で、滅菌シートに貼られたタイプのものを発見して現在移行期間中です。鍼の深さも短くなりますし、何より管理がしやすい。そしてシールが小さいと関節を痛めているところへ入れやすいのです。本日のプールへも、自分で張って出かけていました。

 パソコン関連の話になってしまいますけど、不思議なこともあるものです。
 この鍼灸院は鉄骨ヘーベルなのでビルと同じ構造であり、電波の減衰率が高いのでwifiの速度が落ちてしまうのでADSLを導入当初から様々なことをしてきたことは、すでに書きました。そして中継器というかメッシュネットワークの無線ルータを新しく購入してきたことも。
 今までPPPoEではなくブリッジ接続だったので時々ネットが行方不明になってしまうこともしばしばで、「よっしゃこれで解決するぞ」と本日の午後から入れ替え作業を手伝ってもらいながらやっていました。まぁLANケーブル接続でスピードを測定すると、期待とは逆にほとんど変わらなかったです。
 そして無線接続なのですけど、今までから持っていたパソコンは今までと同じくらいのスピード。けれどiPhoneは早いです。肝腎の一番新しいSSDのパソコン、こいつのために買い換えたようなものなのに逆に遅い遅い!!1Mbpsを切ってしまいます。
 「こりゃ直づけだと通信さえしないんだろうな」と延長ケーブルを外してコネクタへ直接差し込んだところ、ななななんと、今までのいらいらが嘘のように早くなってしまいました。冷静になって考えると、アンテナの方向がジャストになったからなののでしょう。
 それでも本来のスピードからすれば一階での無線接続は遅いので、子機は増設しますけどね。

 昨日は都合で出かけられなかったので、昼休みにプールで泳いできました。昼休みの水泳も約二年ぶりという、非常に久しぶりの体験になりました。
 クロールの腕の動きをトレースして円皮鍼を張ってなるべく痛みを抑えられるようにしたつもりでしたが、「畳水練」とはよく言ったもので水へ入ると動きは予想とかなり違っており、しかも力の加わり方も違いますからまだ強烈に左肩関節の痛みがありました。
 けれど四度目ですから痛みは次第に軽減してきており、我慢は必要ですけど左腕を伸ばして最後は泳げるようになりました。痛みもぶり返してきていません。まぁ荒療治も適当にしておかないといけませんけど、50mが連続で泳げるようになったなら、その後はすぐロングができるようになると予測しています。
 でもでも、本日はまだ25mが精一杯でした。合計は400mでした。

 名古屋漢方鍼医会の会員から、お灸についてのアンケートが来ていたので回答をしていました。
 しかし、私は視覚障害者ですから助手時代に少しだけ透熱灸はしたことがあるものの途中からは役目を外れていますし、開業してから透熱灸は自分では全く行ったことがありません。知熱灸についても、自分では行ったことがありませんでした。
 そして現在では温灸器を一つ所有してはいるものの、季節に一度か二度程度使うだけでお灸を全くというほど使わなくなっています。知熱灸は局所の悪血を押し流すのに用いていたのですけど、邪専用ていしんはこの代打として使えるので時間的にもリスク的にも圧倒的に優位であるため、お灸の出番がなくなっているのです。
 ただ、安産灸の指示をしてあげられないことだけは残念に感じていますが・・・。

 どうしても返信しておかねばならないメールがあったので今朝は早朝からパソコンをしていたのですけど、イギリスがEUから離脱する決議が大差で否決されたというニュースが飛び込んできました。
 賛成も反対どちらも票を集めるのがかなり困難だという様子はあちこちのニュースで聞いていたのですけど、いざふたを開いてみれば決めきれない票がどこかへ行ってしまい大差での否決になったのでしょうか?
 ドイツは移民問題でフランスは税金問題で不安定ですし、アメリカと中国は貿易戦争になっていて、日本は韓国と最悪の状況とやはり今年は負の方向へ世界が傾くのでしょうか北朝鮮という、最も危ない国が海を隔ててすぐ隣にありましたね。
 私ができることといえば、国民の負担を少しでも軽くできるように質のいい医療を提供していくことしかありません。昔なら老後といわれていた年代の人たちが元気に働いているのですから、その健康を守ることが国が豊かになることでしょう。
追記
 その後にラジオを聞いていたならダブルスコアでの秘訣だったというのに、も政治的ダメージは相当なものでしょうね。う一度驚きました。

PPPoEでの接続

| コメント(0) | トラックバック(0)

 SSDのパソコンに交換してから、PCスピーカーを購入するだけでなく無線接続の遅さからルータも新しく購入してきてしまいました。
 といっても、この鍼灸院は外関こそ一般家屋のように見えますけど鉄骨ヘーベルなのでビルと同じであり、電波の減衰が激しいので最初からスピードを確保するのには苦労していました。特にデスクトップマシンを使っていたときには何度もアダプタを変更していたくらいでしたから、いずれは中継器を増設するつもりだったのでいい機会でした。
 ところがもう何年もルータのコントロールパネルを触ったことがありませんし、PPPoEという接続形式は初めてなのでわからないことだらけです。AI検索というのがあってEOのページを調べると、ありましたありました。そして説明を読んでいると、認証IDと認証パスワードを入れるだけであり自動認識されるみたいです。これなら自力でもできそうです。

肺病での治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

 インフルエンザがそろそろ流行しているようで、今日はいきなり肺病・左前谷という組み合わせの治療が多くありました。
 これは私のカルテ記入の法則ですから一般的ではないのですけど、肺病は肺経を邪気論で治療しているという意味です。左前谷は文字通り小腸経の前谷の左側を用いたということで、邪気論ですから栄気の手法です。陽谿から治療しているということで、数脈だったということも読み取れます。
 池田先生に教えていただいた気血津液論の弱点として、肺虚証では陽実証か陽虚証しかなく、肺経の陰虚証は肝虚肺燥証ということで症状が固定されてしまいます。
 しかし、邪気論だと肺病は陰虚タイプでも用いることができ、数脈で陽谿からの治療も可能となり柔軟に運用できます。風邪の時には数脈になっていることがほとんどであり、けれど服薬して陽実という状態でないものの方がむしろ多いのですから、こういう治療ができるようになって本当に便利になりました。

 昨日が「成人の日」で祝日だったため、電話がほぼかかってこなかった反動で今朝からはすでにいつつも予約枠が埋まってしまいました。
 世間の鍼灸院では一日の平均的な患者数をこれでも上回っているようですから、非常にありがたいことですけどもう少しほかの鍼灸院も頑張ってほしいところです。
 要するに患者側からの需要や治療希望はあるのですが、期待値に達していない施術しか行われていないということになります。整骨院のように違いがないので一番近いところへ行くという状況とは違うのですから、もっと違いを出すことに知恵を絞ってほしいものです。

祝日の診療

| コメント(0) | トラックバック(0)

 本日は「成人の日」ということで、ハッピーマンデーながら祝日ですから電話がほとんどありません。
 祝日に診療をしないときには「えーっ」という表情で予約を決める人が多いのに、いざ祝日になると電話がかかっててきません。まぁ以前よりも当日のドタキャンがほとんどないので、ここだけは救われていますが・・・。
 それで午後の予約は14時台だけにして、その後夕方前からしっかりスポーツプラザへ出かけるプランにしてあります。

 PCスピーカーがアマゾンから届きました。レビューにもあったとおり音質としてはそれなりというところですけど、やっぱりUSBケーブル一本接続するだけで音が大きくなるのはいい。
 想像していたよりもスピーカーは大きかったのですけど、ノートパソコンの画面の上へクリップで留めておけるので場所を取らず、これは使えそうです。
 もっと早くに購入へ踏み切っていたら、10月に購入したウィンドウズ7からのパソコンを買い換えなかったかも?けれどSSDの爆速を知ってしまいましたから、もう後戻りはできません。追記
youtubeを試聴したなら、音の違いに「これはもう戻れないな」という感じになりました。スクリーンリーダーでも遅延がありませんし、大ヒットでした。

 昨日はほとんどを自宅で過ごしていたのでパソコンを触っている時間が久しぶりに長く、昨年11月の左上腕骨の亀裂骨折についてどんな風な経過だったかを自分で読み返していました。
 すると、自分で笑ってしまったのですけど強がりばかり書いていますね。たった一週間で仕事はほぼ普通に戻ったような感じに書かれていますけど、決してそんなことはありませんでした。あるはずがありません。
 先週の三叉神経痛についてもそうだったのですけど、当初は気合いが入っていますから痛みに対して立ち向かう姿勢があるので少しの回復を自分で鼓舞するのですけど、亜急性を過ぎて慢性へ移行してきた頃から症状の回復は鈍りますし気合いもとれて痛みを引きずるのが人間です。両手同時の脈診に不自由を感じなくなったのは年末くらいからであり、今でも経穴を探るときには左手が伸びきらないことはあります。嘘は書いていないのですけど、強がりは書いてしまっています。

 1月になると、一年で一番いやな仕事をこなさねばなりません。それは確定申告のために帳面を見直すことです。
 なんか学生時代の通知表を見るときのような感覚であり、どきどきするというよりも胸苦しいですよね。さらに自分の感触と成績が食い違っていたりするとがっくりしてしまうものです。
 昨年分についてはがっくりすることはないとわかっていたのでその点はよかったのですけど、それでも打ち込みの間違いを一つ一つ調べねばなりません。やはり三カ所、単純ミスでの集計間違いがありました。ねんね年手間は減っているものの、完璧ということはありませんね。

 さらにパソコンネタで、すみません。どうしてもPCスピーカーはほしいので、午後にはビバシティのエディオンへも出かける予定ではあるものの、この手の在庫はないでしょうからアマゾンで注文してしまいました。
 そのままアマゾンのページで遊んでいたなら一度は娘へ譲渡したiPhone5Sが手元にあるのですけど、そのときの気に入っていた縦型のスタンドにもなるケースが行方不明になっていて、予備の横開きのものしかないので縦型のものを探していたなら、今までと違うものを見つけてしまいました。
 ここ最近の買い物は金額が小さいのでお急ぎ便でクレジットカードを初期値に設定していますから、すぐ注文が決着してしまうのであっさりしすぎています。このままだともっと買い物をしてしまうので、ここでページを閉じておきました。

 パソコンネタが続きます。もう昨日のことになってしまいましたが、SSDのパソコンをリカバリしたのはいいですがオフィス2016付属モデルなのですけど、最近のソフトはデータCDではなくダウンロード形式です。
 そこでプロダクトIDは印刷されたものがありましたからオフィス2016のダウンロードページを探して、私のマイクロソフトアカウントでマイページを作ってプロダクトIDからセットアッププログラムを入手してインストールまでしました。でも、認証作業ができないので困って問い合わせました。
 対応は迅速なのですが、ぶっきらぼうに短いメールしかもらえないので、何度かやりとりをしてやっと組み込めました。オフィス365なのですが、使用期限のないタイプになりました。

 あはははははは、やってしまいましたまたアマゾンでの注文ミス。画面が見えないと、こういう失敗をするんですよね。でも、今回は接続方法が書かれてあるのを見落としてしまったのが元陰ですが・・・。
 年末に買い換えたSSD搭載のパソコンはスピーカーも上向きでスクリーンリーダーで使うのに一応耐えられるのですけど、企業向けモデルなのでサウンドは省略気味ですからPCスピーカーを調べたなら案外と安いので、レビューでものすごくいい評価のものがありましたからすぐ購入してしまいました。
 届いたものは3.5mmミニジャック接続!?音質はレビューにあったとおり価格よりずっといいものですけど、USBケーブル一本だけで動作するものがほしかったんですよね。珍しく返品処理を仕様と考えています。
追記
 午後のパートさんに返品処理について尋ねていたなら、自分の家のアマゾンエコーに外部スピーカーとして使いたいという要望が出されました。2000円弱の商品なので、差し上げることに。これで次のものが購入しやすくなりました。

いつもの通り

| コメント(0) | トラックバック(0)

 朝に書き込んだとおり、残り四つの予約枠は一時間経過しない間に埋まってしまいました。
 しかも、10時30分の方がその時間になって「到着が30分遅れてしまいます」と、もう取り返しがつかない時間になってからの電話ですからベッドをどうやって回していこうかという始末。
 でも、電車の方もおられたので駐車場が大混乱することなくいつもの時間で終わることができました。そしていつものスピードが、こちらも戻っていました。

 三叉神経痛から右眼球周囲に強い痛みが発生していたので二日間は休憩モードの仕事にさせてもらっていたのですけど、出勤してきて予約表を確認したなら仰天!!
 昨日のうちにどんどん電話が入ってきて年明けの予備枠をかなり削ってしまったとはわかっていたのですけど、午前も午後も二つずつしか残り枠がなく、これは朝の一時間くらい出なくなってしまうペースです。
 楽な状態に慣れてしまうのは簡単なので「うまくスピードが戻せるだろうか」と家で冗談を話していたのですけど、昼休みのランニングを念のためキャンセルしておいて正解でした。

 たった今、ホームページへ、滋賀漢方鍼医会の講義録ページに治験発表第二弾の「十二指腸潰瘍」を追加しておきました。
 原稿そのものは先月の月例会前に仕上がっているものですから年末までに掲載できればと思っていたのですけど、あまりに慌ただしくて年を越してしまいました。しかもパソコンを入れ替えているので、さらに作業が遅れていてSSDパソコンでは初仕事かな?
 この報告以後ですけど、満腹までだったかどうかはわかりませんけど無事にクリスマスケーキを食べられたということです。年末には心配で追加来院されていますが、年明けはお正月の料理をおいしく食べられていたそうです。

 年明けから三日間は「すさまじい」という感じの電話の嵐であり、もちろん予約枠もほぼなくなっていて初日はあふれてしまっていたのですが、昨日から落ち着いたと思ったなら今度は電話の数がいつもより少なくなっています。
 人間というものは贅沢なもので、忙しいときには少し休みたいと思いますし時間ができるともっと仕事がしたいと思ってしまいます。
 まぁ昨年の秋からはずっと仕事詰めの上に大けがもあったので、今月は少しのんびりしていていいかもとは思っていたので、新しいパソコンに遊んでもらいながら時間を過ごしましょう。

 昨日は三叉神経痛で右眼球の強い痛みに苦しんでいたのですけど、夕方を過ぎると状態が安定してきました。
 夕食前に脈状は確認しており、その後にお風呂へ入ると状態が一気に改善します。これは標治法の代わりに入浴をしたのであり、目やにを徹底的に洗い落とす目的でもありました。
 右目とその周囲はまだ腫れているのですけど、そして相当に充血しているという話ですが痛みについてはほぼ収まりました。けれど今度は左眼球の周囲が少し怪しいで助とね。

 今回と同じような右眼球の痛みは、実は昨年の12月にも半日程度ですが発生しており、仕事中に発生してきたものですから思わずカルテ管理をしているパソコンの前でうずくまったりもしました。
 仕事の途中でしたけど自分の治療を優先し、あくる日になると痛みは20%くらいにまで減少していたのでランニングマシンで走ったなら回復してしまいました。
 緑内障発作だとこうはならないのであり、頭痛もないということで三叉神経痛だろうということにしました。
 ただ、今回の痛みは前回より遥かに強く、朝から治療橋してきましたが振動に耐えられるレベルではなく運動で荒療治に片付けてしまおうという感じにはらないですね。

 それにしても右まぶたが全く開かないということは何も見えていないということなのですけど、すでに実質的な全盲状態だということは自覚していたものの時々は色のコントラストがわかることがあり光だけは感じているはずですけど、自宅の中はもちろん外を歩くのにも白杖を持っていれば支障がありませんでした。
 当たり前といえば当たり前なのですけど、それでも学生時代に盲人卓球(サウンドテーブルテニス)をするときに眼帯をしてプレーしていて床へ落ちたピン球を取るときに眼帯を外さなくても支障はなかったものの、ちょっとややこしそうなところへころがったならがんたいをやはり外していました。やはり視力に頼る部分はあったということですね。
 その視力に頼る部分もなくなってしまいましたし、夜中に夢を見ているときでも画像のないことのほうが多くなってきました。すでに諦めてしまったことですけど、でも改めてイレギュラーなことに遭遇するとちょっと悲しいですね。

 昨夜から突然に右目とその周囲に強烈な痛みが発生してきてしまい、夜中はただ寝ているだけなのに右目から涙が溢れてきますしズキッと眼球そのものにも痛みを感じて、明け方にもう一度眠ることができたので良かったですけど朝を待っている状態でした。
 朝から本治法をして、鍼灸院と同じくそのまま半時間横になって休むということをしたなら起き上がれるようになったのですけど、右目は腫れてしまい全く開かない状態でした。
 朝食はこういうときだからこそしっかり食べたほうがいいとお腹へ入れて、お湯で何度も顔を洗ったならようやく少し右目が開くようになりました。今は時々ズキッとする痛みがあるだけです。

 水曜日ですから午前中のみの仕事を終えたなら、月の最初の水曜日は銀行への入金日と決めているので子供のお年玉を含めて結構大変な作業をしてきました。
 一度自宅へ戻ってからスポーツプラザなのですけど、時間もなくなってしまったことからプールのみです。昨年末に一度だけ強引に泳いで荒療治から左肩関節の可動域は大きく改善しているので、どれくらい泳げるのか楽しみにしていたのですけどギャーッというくらい、やはり痛みがありました。
 クロールでは斜めに腕を伸ばして一番大きく水をつかんでいること、忘れない痛みになりました。

 昨夜にネット接続があまりに遅いので最近はやりの中継器が最初からセットになった無線ルータに交換しようかと考えていたのですけど、本当に電波状態が原因なのかを朝から二階へパソコンを持って行って確かめると、無線でもものすごいスピードです。
 やはりユニットが小さくて電波をうまく受けられていないのであり、過去に使っていたカードタイプやUSBタイプのユニットを持ってきて試そうとするのですけど、いずれも古すぎてWindows10には未対応でした。
 ところがところが、USBの延長ケーブルでもフレキシブルタイプの縦でも設置できるものが出てきたので、これを試してみると空中にユニットがあるので電波をうまくつかんでくれて満足できるスピードが出るようになりました。
 いずれは中継器付きのルータに交換はするのですけど、慌てなくてもよくなりました。ネット接続が遅いと、本当にいらいらしますからね。

 年明けから三日目にして、ようやくけが人の行列状態が買い死傷したという感じで胸をなでおろしています。
 昨日に1mは高さがあったところから水路へ転落してしまったという患者さんは本日も来院してもらったのですけど、寝返りさえ困難だった右わき腹の痛みがほぼ消失していて、こちらとしてもうれしかったですね。
 けれど明日からまたけが人のその後の治療が待っているのであり、経過をどきどき聞くことになります。しながら

 朝にGoogle日本語入力をインストールして状況が快適になった鍼灸院のSSDマシンですが、どうもネット接続が遅いと疑っていたのですけどその通りでした。
 無線ユニットを内蔵していないのは企業向けモデルだったものが再生品として戻ってきているので仕方ないとして、USBのアダプタで簡単に無線環境は構築できています。けれど小さな小さなUSBアダプタであり、内蔵タイプなら少しでも感度が上がるように筐体をアンテナ代わりに使える駆風がしてあるのですけど、むき出しの小さな部品があるだけです。
 延長コードで本体から離して感度を向上させているのですけど、それでもスピードの出るときと出ないときの差が大きいと感じていたなら、やはりダウンロードをさせていると差が歴然でした。あーぁ、またまた通販では失敗だったのか?
 けれど鍼灸院は鉄骨なので電波の減衰は仕方ないことであり、これは以前からのノートパソコンでもスピードの違いはわかっていたことです。ですから最近の中継器が最初からセットになった無線ルータへ交換することを考えています。

 仕事始めから二日目もまたまたけが人続出で、「うちは整形外科じゃないぞ!!」という感じでした。これは今までの治療成績で「これだけの痛みならあそこの鍼灸院へ行くのが最もいいだろう」と判断してもらっているからだと、感謝すべき評価です。
 でも、逆に言えばレントゲン写真のみで判断して、患者が痛みを必死に訴えていても画像に出てこなければ無視をしてしまい、そして何も処置をしてくれない現代医療への不満のはけ口になっている証拠です。40代以前の若い医者では触診での現場判断という知識を持たないでしょうから、これから痛みに苦しむ患者はどうなるのだろうと心肺をしてしまいます。
 そして、ふと思いました。西洋医学をベースにする鍼灸で確かに効果はあるのですけど、医者が画像診断にのみ頼っているのをよそ目に触診で西洋医学的診断のできる鍼灸師が存在できるのだろうか?仮に診断ができたとして、それで整形外科の領域を乗り越えて診療していく根性のある鍼灸師はまず出てこないだろう。西洋医学と共存する道こそ、経絡中心で診察ができる鍼灸であるべきです。

 昨日の仕事は青息吐息になり自分でも大変だったと思ったのですけど、その反動もあって本日の予約状況には少し余裕があります。といっても、午前中は埋まってしまいましたが・・・。
 昨日のけが人の中に証明書を書いてほしいと言われる人がいたので今朝から準備をしていたのですが、SSDのパソコンにはまだほとんどソフトが入っておらず日本語入力もユーザ辞書はインポートしてあると言いながらもMS-IMEでは遅い上に変換効率が満足できるレベルではありません。
 それでATOK2015が手元にあるのですがマイクロソフトオフィスを先に入れてしまいたいので、Google日本語入力の方をインストールしてユーザー辞書もインポート。
 今までこのパソコンではキーボードが使いやすいのかどうかよく分からなかったのですけど、やっと快適に文章が打ち込めるようになったなら結構使いやすいキーボードでした。

 いやいやいや、2019年初日の仕事は午前中にけが人が連続で来院されていたので大変だと書いたのですけど、午後もほとんど似たような状況で青息吐息の一日になりました。
 余計なことはほとんどせず仕事が遅れないように頑張るのに、途中からどうしてもカルテ記入が午後も間に合わなくなってしまっていました。仕事が終わってから9人分をまとめて記入しています。
 真冬に一日で39人は本当に頼っていただけていることへ感謝なのですけど、常勤助手がいないと続かない仕事内容でした。整形外科できちんと診察だけでなく治療をしてくれればいいのですけど、レントゲン写真を見てけちだけつけて何もしてくれない現代は患者さんだけが不幸です。

 いやはや、新年初日の午前中は「どうして??」というくらい、けがをしてすぐに治療をしてほしいという人続出です。
 今までに記憶がないほどの連続状態であり、それも隣のベッド同士になる状況ですからどのような感じだったかは想像されるところでしょう。
 副院長がいなくても午前中は目一杯にせざるを得ないところへこのけが人の団体様ですから、途中からカルテ記入は完全にできなくなってしまっただけでなく時間も遅れてしまうのでありました。

 遅くなりましたけど、あけましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願いします。
 年明けは冬らしい寒さではあったものの積雪はなく、順調な滑り出しという感じで鍼灸院へ出勤してきました。昨年は11月に左上腕骨の亀裂骨折という大けががあり、これは開業以来一番というほどのつらい時間帯になったのですけど、挙上制限と痛みはまだ残るものの順調に回復して今一歩というところまで来ています。
 鍼灸業界全体としても「今一歩のところまで来ている」という手ごたえであってくれればいいのですけど、こちらについては受療率のじり貧という大きな課題に苦しんでいるところであり経絡治療が普及しきれないという課題も積み残しのままです。けれど、まずはうちの鍼灸院の発展であり、その技術力を認めてもらうことが鍼灸業界全体の発展につながると信じて努力してまいります。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年12月です。

次のアーカイブは2019年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。