2019年5月アーカイブ

 今日の午前中は「一体どうしたんだ?」という感じで、たった四人だけの治療でした。世間一般の鍼灸院であればこれでも平均値を上回っているのでしょうけど、雪降でもないのに近年経験したことがない数字でした。
 まぁ午後はこちらは面白いように増えて、トータルはやはり少なかったですけど形にはなりました。
 それで午前中はアップルペイをセットアップするためのクレジットカードの下準備をして、それから新電力会社に動力の方も切り替えてしまう手続きをしてとやっていたなら、不思議と時間が終わっていました。
 午後は治療の合間にクレジットカードの切り替え作業を一気にやってしまおうというのですから、操作そのものはパートさんにしてもらったのですけどこちらも忙しいのなんのって...
 それで書類でないと切り替えられないものを除いて、一日でクレジットカードの切り替えとアップルペイのセットアップをやり遂げてしまいました。Tカードもモバイルアプリへ取り込みました。

 昨日に届いたアマゾンマスターゴールドカード、要するにクレジットカードなのですけど信用金庫の30年前に作成したものではポイントも何もつかないので現代風のものに交換しようと言うことです。
 それで朝からクレジット払いにしていた契約を一つずつピックアップしているのですけど、面倒だろうなと一番に思いついたソフトバンクの「おとくライン」はサポートセンターに電話すると契約書を郵送すると言うことであり、毎日新聞は販売店から書類が持参されると言うことです。そのほかはネット上で契約したものですから、ネット上で変更できるでしょう。
 待望のアップルペイへの登録ですが、まずこれはアップルIDの支払い方法としてクレジットを設定したのですけどカメラで読み取るだけでセキュリティコードを打てば完了してしまいました。驚くほどの早さでした。ウォレットアプリからアップルIDに登録したクレジットカードと言うことで指定すると、すぐにこれも完了してIDでの支払いが可能になりました。
 ただ、アップルIDから今までのクレジットカードは登録から削除しようとしたのですけど、ボイスオーバーでスイッチが捉えられず手伝ってもらっての作業になりました。

中華風スープ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝も味噌汁を作ろうとしたのですけど、買い物を頼んであったのに味噌がありません。使ってしまいたいキャベツが冷蔵庫にあるのに、これは困りました。
 そうめんや卵なら醤油スープにすることがあるので、同じ要領でいいかとだしを入れてキャベツも投入して、ここでこしょうを入れたなら中華風にできるかもとチャレンジです。
 自信がなかったので今朝は少量しか作らなかったのですけど、これが結構いける味でした。珍しく娘がおかわりをしていたので、明日の朝はアンコールですかね。

 昨夜の患者さん、ゴールデンウィークの頃に風邪気味となり医者で薬をもらって表面的な症状は回復しているのですけど、のどの痛みが未だに取れないと言うことです。
 この患者さんの処置自体は難しいことはなく終了時にはのどの痛みも回復したのですけど、背中に寒気の走ることが思い出されてしまいました。
 首が痛むと言うことで来院した知り合いの患者さん、雑菌が混入している可能性が非常に強いと一度目から告げていたので落ち度はないものの強く医者へも行くことをその場で進めなかったのであり、次の週に入院騒ぎになっていたことは書き込んであります。その脈状とかなり似ていたのです。
 一度目で医者から抗生物質をもらうなり点滴を受けていたなら、結果が違っていたかもと考えると情けなくなるのでありました。「石橋をたたいて渡る」の心がけが、親類や知り合いだからこそもっと必要だと反省でした。

 前エントリーの亀裂骨折を知らなかった患者さんは、怖くて怖くてずっと治療をためらっていたと言うことだったのですが、同じ時間帯にやはり怖くて怖くてずっと躊躇をしていたという患者さんがもう一人いました。
 鍼治療のイメージとは、勝手に想像されていると言いながらも注射針を何本も連続で深く刺されるというのが未だにあるらしく、周囲に説得されても聞く耳を持たない素人さんがやはりほとんどのようです。
 注射針の痛みを知らない人はいませんから私が素人だったならそのように考えてしまうところはあるでしょうけど、興味で治療を受けたいという考えもするでしょう。大切なことは、一人一人の鍼灸師が「痛くない施術」をしているかです。そして勉強を常にしているかです。

 またまた腰椎の亀裂骨折を持っているのに、本人が全く知らないままという患者さんが来院されました。
 脈状から腰椎がおかしいと触診すると、現在最もつらいのは臀部であり腰椎は時々しか痛みを感じないと言われていたものが、指で少し押さえるだけで強烈な痛みになります。やはり原因はこちらです。
 そのあたりから「一年前に尻餅があって尾てい骨の痛みが発生し、レントゲンでは大丈夫と言われていた」と言うことであり、尾てい骨の痛みそのものは現在感じていないので素人さんなら別物と考えてしまうのは仕方ないところです。
 脈診がなければ、今後もまだまだ原因不明のままで腰痛に苦しむことになってしまっていたのでしょう。

 水曜日の午後はまとめてスポーツができるチャンスなので、ここ二ヵ月間はランニングマシンで一時間以上走ることを目標にしています。
 走ることそのものは嫌いでないものの、得意な方でもありませんからランニングマシンに今まで真剣になったことがなかったのですけど、今は強い運動ができるのがランニングマシンだけですから50歳を過ぎて初めて走ることにこだわっています。
 マシンの上をペースを守って走るということは本当にきついことなのですけど、もっときついのは精神面なのでここは音楽を聴きながらです。けれどスピードが上がってくるとヘッドセットがずれてしまい、これが気になったりしますこれ以上のスピードになってくると、スポーツ対応のもっといいヘッドホンにしなくてはならないのですが、まだそこまで投資するつもりも水泳が復活できれば不容になるので考えていません。

肩関節の整復

| コメント(0) | トラックバック(0)

 二日前の掃除の時、左肩関節の整復を途中でやっていました。肩関節の整復は自重、つまり落下していくときの自分の腕の重さだけで関節を元通りの場所へ戻していくものですから、高くしてあるベッドへ飛び乗って落下運動をさせるのが一番楽で効率的なのです。
 そのときに「パキッ」という感じで、左肩関節内部から音がしてきました。「えっ、とうとう関節が元通りになった」と一瞬大きな気滞をしましたけど、前方向へ大きく飛び出していてよくこれだけのずれ方をして骨折も入院もなくすんだというものですから、そこまで現実は甘くありません。
 けれど確実に一歩前進というところで、まだ挙上が完全にできませんけど関節内部の痛みが一気に軽くなってきて表面に残っているという感じに変化しました。これから段階的に関節が元通りになることでしょう。

 昨日に鍼灸院のSSDタイプのノートパソコンなのに、発熱してしまい冷却ファンが回り続けて本体まで熱くなり困っていると書いたのですけど、とりあえず解決です。
 やっぱりこういうときには「伝家の宝刀」である接点復活材のご登場であり、吸気口と排気口のどちらにも量は考えながらですけど吹き付けてみました。すると、劇的に発熱量が抑えられています。
 負担の大きな作業をさせると当然ですが冷却ファンは回ってきますし購入時よりも熱の抜けるまでの時間が長いようには感じますが、劇的復活です。二週間くらい下なら、また追加で吹きかけてみるつもりです。

 昨夜に「滋賀が夏期研を受諾するならこの点をはっきりさせてほしい」と言うことについて、かなり言葉を選びましたし問題点を絞り込みましたけど、まとめてまずは滋賀の会員へ送信しました。
 実技での改善提案まで一度は書きましたが、それだと正面からけんかをふっかけてしまうのでこのあたりは大人の対応です。でも、途中に「こんな風にすればいいのに」という形では挿入しておきましたけど・・・。
 オフィス2016のワードで初めて保存をしてみましたが、ずいぶんと手順が異なるのには参りました。まぁ酔っ払っていましたけどね。

 昨年末に鍼灸院へ導入したSSDタイプのノートパソコン、いつ頃からなのか冷却ファンの回り始めるのが早くなっており長時間打ち込みをしていると本体全体まで暑くなってしまいます。
 購入直後はクロームブラウザを使ったときだけ冷却ファンが回ったものの、割とすぐに落ち着いていたと記憶しているのですが、どこに原因があるのかがわかりません。
 吸気口が悪いのかと本体を少し傾けたりもしてみましたが、決定的な解決策がなくて困っているところです。

 今朝に院長ブログへ「スマートスピーカーで鍼灸院のBGM」をアップしておきました。
 もう今は珍しくもなくなったアマゾンエコーですけど、近くでの導入事例はまだ少ないようですし音声で操作していると興味を示す人が多いので、視覚障害者の操作の助けもかねて書いてみました。
 本当に有線放送がなくても、便利にBGMが流せています。

 アマゾンマスターゴールドカードをゴールデンウィークから申し込んでおいたところ、健康保険証のコピーは必要でしたけど特に難しいことはなく審査通過のメールが届いていました。
 そして今日はメールを開くと、すでにアマゾン側で支払いに使えるように登録済みになっていました。さすが素早い!!
 だからといってすぐなにか買い物をするわけではありませんけど、つい嬉しくて検索をしてしまいました。一番の目的はアップルペイ用に使うことなのですけど、これは来週のお楽しみです。
 でも、まずはアマゾンで今までのクレジットカードを使用停止にする手続きをして、その他のサービスでは新しいクレジットカードへの登録切り替えの作業が待っています。

困ったものです

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日から2022年に滋賀が夏期研を担当せねばならないかも知れないと言うことで、本部の拡大路線についての意見をまとめて書き始めています。
 書き出し始めるとこれが言葉には気を遣いますけど、やはりあっちとこっちでの接点がなく地方組織としては迷惑なやり方だとしか思えません。
 本部理事はしているのですけど、ことあるごとに学術への注文を出していても取り上げてもらえず、こういうときにまとめてストレートパンチを出すしかないというのはもっと困りものです。

 私に落ち度はなく別に敗北感のようなものを気にしなくてもいいのですけど、知り合いの治療と言うことになるとやはり気になってしまいます。
 先週末に首の痛みを訴えられていて、鎖骨の周囲まで腫れていますし熱も持っており耳下腺が硬いので「これはばい菌が入ったからではないか」とその時点で説明していたのであり、週明けは首は回るようになっていましたが発熱していてのどの強い痛みを言われたので医者へも行くように指示はしておきました。
 昨夜に聞いた話だと入院をされていると言うことで、やはり細菌感染からのものだったようです。ですから落ち度はないのですけど、一度目の治療後に強く医者へも行くように指示していなかったことに敗北感が・・・。

 予約表の空き具合から、今週のプールは本日に出かけてきました。週に一度ずつプールへ入れるようになったことだけでも大進歩です。
 でも、正直なところは最初の泳ぎだしで、左肩関節の強烈な痛みに「あぁ夢物語のような回復はしないんだなぁ」とがっかりから始まっていました。その後はリハビリと考えて関節の負担をなるべく少なくして泳いでいると次第に痛みが緩和して、少しずつ可動域が広がってきています。
 けれど本日は、がっかりするほどの痛むというレベルではなく泳ぎ出せました。最後まで痛みは持続していましたけど、やっとスイマーのフォームに戻りつつある手応えで、次のプールが待ち遠しいです。

 キャッシュレス決済へ向かってすごいスピードで進んでいますけど、エディはずいぶん前から使っていましたし私としてはそれほど抵抗感はありません。
 ただ、そのバックボーンがクレジットカードだと日本人の感覚として、「マイナスになっていても決済できてしまうのが怖い」という心配はあります。
 でも、現代はクレジットカードの年間維持費がゼロだけでなくポイントがどんどん蓄積される時代であり、カードの種類とチャージ方法さえしっかりしていれば使わない方がそんです。ということで、30年前に作った信用金庫のクレジットカードでは何もメリットがないのでアマゾンのゴールドカードに切り替えることにして、審査が通ったというメールが届いていました。来週末にはアップルペイに登録して、各種の登録も切り替えていきます。

 「医道の日本」は録音図書(デイジー)で聞いているので一ヶ月遅れになるのですけど、昨年末あたりから深い刺鍼で治療効果を出すという連載があって、臨床追試するつもりは全くないものの気にはなっていました。
 ちなみに毫鍼を使用していた時代、腰椎ヘルニアで腰椎際からほとんど押手いっぱいまで刺鍼して一度で治癒となったケースがいくつもあるのですけど、ピンポイントでヒットしなければならず宝くじよりは確率がよかったものの狙って当たるものではありませんでした。そして段々と深い刺鍼の魔力に引き込まれている自分に怖くなり、一発逆転のホームランよりも確実に出塁する方を選ぶべしと心に決めました。
 執筆されている先生はとても器用で感覚も鋭く、そして慎重な施術をされているのは間違いありません。けれど記事を読んで「自分も試してみよう」と思うような人は、慎重さが足りない人が大半です。成績が思ったように上がらないので、あれもこれもやっている人だからです。
 そこへ査読の記事が掲載されており、これはよかったと思います。でも、前述のあれやこれやと手を変え品を変えている人の心にとまってくれるものなのか、やっぱり慎重になってくれないでしょうね。

 滋賀漢方鍼医会の今月の録音データ配信が、遅れに遅れて本日の夕方になってしまいました。
 ICレコーダーを預けていたのでデータがこちらへ届くのも遅かったのですけど、仕事がそれほど立て込んでいなかったというか全く隙間がなかったわけではないのですけど、どうにも本部の拡大路線に腹の虫がおさまらずにいろいろ考え事をしていたなら遅くなっていました。
 おかしいですよね、漢方鍼医会が設立された原点は病理考察に基づく証決定であり脈診を菽法脈診に土台を置こうとしたことなのですから、証決定は時代の流れである程度変わるとしても菽法脈診の絶対的優位をはずそうとしているのは・・・。
 脈診は確かに難しいのですけど、絶対に取り入れられないものではありません。その中でも絶対値が規定されている三菽の菽法脈診をないがしろにすること、これは絶対に譲れないのであります。
追記
 三菽が脈診をする上での絶対値であり、絶対値のある脈診法は菽法脈診以外にはありません。そして三菽があるからこそ、深い部位での脈診が自由自在にできるようになるのです。広い場所をわざわざ狭くして活用の幅を狭めることはないのです。

 バセドウ病は「にき鍼灸院」では頻繁に遭遇する疾患で、一ヶ月の間に新患さんは一人以上あります。つまり、少なく見積もっても年間20人くらいは新しいバセドウ病と遭遇しているわけです。
 午前中に「子育てから疲れが蓄積してしまい強い倦怠感をなんとかしてほしい」と来院された新患さん、毛穴も開いており「これは疲れているなぁ」というのが脈診するまでの印象だったのですけど、脈状から一発でバセドウ病だと診断できます。
 今朝に聞いていた「医道の日本」の記事、執筆されている先生は洞察力が鋭く症状の現れている箇所のみに注目することなくあらゆる方面から検討されて絞り込み方が合理的だと感心はしたのですけど、脈診があればもっと簡単なのにとも思っていた実例でした。

 「本格的な夏になる前に今年は修理をしておかねば」と月曜日に網戸のことについてパートさんに話をしたなら、ご主人が修理してくれるからという話になったのですけど手間賃を取ってもらえないだろうからとホームセンターの方へ出しておきました。
 すぐ修理してもらえるかと思っていたなら数日預かると言うことだったのですけど、これまた昨日には完了の電話があって木曜日に取ってきてもらう予定にしていたのですけど、本日に回るついでに届けてもらえました。
 さて仕事が終わってからはめようと言うことなのですけど、結構この手のフィルターや網戸はごねてはまりにくいものです。しかも、表裏はわかるものの上下がわかりません。
 でもでも、二枚とも最初は上下を間違えましたがあっさりはまってくれました。こんなに簡単にはまってくれるケース、珍しいです。これで夏は安心です。

 昨日は私の54歳の誕生日、もうここまで来ると子供が大きくなるのですから数字的にはあきらめがつきます。それに仕事もおかげさまで順調ですから、腎精の本当の仕事へ向かって充実感があります。
 それで誕生日のお食事会をしようと言うことで夜にしゃぶしゃぶを予約。といっても食べ放題のチェーン店ですけどね。お肉を思い切り家族全員が食べられて、満足。
 でも、さすがにここは年齢が出てくるもので今朝は味噌汁以外の朝食が食べられなかったのでありました。もやしの味噌汁がこれほどおいしいものとは感じたことがありませんでしたね。午後はコレステロールを下げるため、しっかりランニングをしてきます。

 有線ブロードネットワークスの機器が撤去されてちょうど一週間、「今日の新聞」を聞くためにはiPhoneから音源を飛ばさなければならないのですがこれが先週はトラブル続きでした。
 それで様々なケースを想定して実験を繰り返したところ、昨日と本日はスムーズにリソースを切り替えることができるようになりました。
 まずiPhoneから音源を持ってくるとき、最初はiPhoneで音が既に出ている状態の方がよく、できればロック状態にしておく方がもっと安定します。その上でアマゾンエコーで再生しているものをまず停止させてから「スマートフォンと接続」でブルートゥースを有効にします。これでうまく切り替えられるようになりました。

 この春から毎朝の味噌汁は私自身で作るようになったのですけど、今朝の「ナメコ」は初体験。元々ねばねば系統の食材はそれほど好みではありませんから、具材に使うことは想定していませんでした。
 しかし、家族はナメコの好きな人が多くワカメと組み合わせるともっと好きと言うことで、パックに入っていて封を切って鍋へ投入するだけのナメコとワカメで味噌汁を作りました。
 結果はなかなかいけるというところで、あまりに簡単に作れすぎて拍子抜けの朝でした。

 昨日の指導者研修会の実技で、夏期研講師合宿の時にまとめて差し上げた「陰陽調和の手法」の確認ツールと修練ツールについて、実際にやってみました。
 その前に昼休みの段階でさんざんに内部批判の話が出ており、「はっきり言って迷惑」「なくなってほしい」という意見がほとんどであり、本家本元の名古屋で既に取り組む人がいないというのにどうして本部で生きながらえさせているのかというのが私も本音です。本治法を念頭に発表されてきたものですけど、最初から矛盾点より用いる気がしませんでした。名古屋夏期研の時には納得できない実技なので、入門部の方へ回っています。
 それで実技をやってみたところ、確かにその箇所で立体的に気が集められて深い部分への影響はあるとのことです。しかし、腹部のその箇所で集まる分、手足の循環は悪くなり倦怠感というか気持ち悪くなってしまうという人が連続でした。
 「こういう鍼が本治法に用いれるとはとても思えない」「この場面なら絶対に使わねばならないものが提示されていない」「そもそも衛気・営気の手法でも陰陽調和が目的なのに前進を乱すような手法でどうして調和を名乗っているのか」と、私が責任者でもないのに次々責められてしまいます。
 背部で外実内虚・外虚内実がはっきり触れられる箇所なら活用はできるのですけど、それでも衛気・営気の手法を置き換えるだけの理由と実力がないとも言われました。本当に今の拡大路線は困ったものです。

網戸の修繕

| コメント(0) | トラックバック(0)

 鍼灸院の建物も30年を経過する間に何度かリフォームはしているのですが、網戸の中には劣化して破れかけているものがあったりします。ちょうど事務スペースの奥のキッチンの網戸がそれで、昨年から修理をしなければと思っていました。
 それで午前中のパートさんに網戸の修繕はどうしているのかときいたところ、ご主人がいつも直してくれるので困ったことがないとのことです。いやいや、聞いてみるものですね。
 週末には時間があるので修繕をご主人に頼むと言われたのですけど、材料費は必要としても手間賃を取ってもらえないでしょうからホームセンターでサービスをしていないか電話で問い合わせると一律に3000円と言うことです。妥当な金額に思えるのでそちらへ出してきてもらったのですが、すぐ完了するかと思えば数日預かりになるのだとか。

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会であり、朝の挨拶でいよいよ始まった景気の下降線のことから漢方鍼医会の昏迷と内部批判の話になっていました。
 比較対象の一つとして倒産寸前から奇跡の大企業へと変貌したものの再びスマートフォンの需要停滞でどうなっていくのかとアップルの話をしていたところ、机の上に置いてあったiPhoneが何も触っていないのに突然勝手にしゃべり出しました。
 「申し訳ございません、急いで改善しているのですがもう少しお待ちください」のようなメッセージ。えっ、アップルのことを批判していたので反論が戻ってきたの?と会場は笑いや驚きに。どこまで話が進んでいたのか、さっぱりわからなくなってしまいました。

 今日はイレギュラーの多い一日で、午前も午後もカルテ記入が間に合わなくなってしまい後でまとめ書きする羽目になってしまいました。
 午後は少年野球の坊主たちが入れ替わり立ち替わり来るのであり、それぞれに途中まで回復していたところへ新たなけがや症状を重ねてきたものですから治療も説明も大変。
 そして午前と午後に一人ずつ、自分の症状がよくわかっていないというのか勘違いしているというのか、それでいて口が達者なおばあちゃんですから診察するのも大変なら治療をするのも大変。我の強いおばあちゃんというのは、我の強いおじいちゃんよりずっと大変です。

 有線ブロードネットワークスが撤去されて四日目、鍼灸院のBGMは潤沢に流せているのですけど一つ困っているのが「今日の新聞」の放送へすんなり切り替えられないこと。
 JBS日本福祉放送という視覚障害者向け番組を受信するのに、"Tunein radio"というアプリからカスタムストリームの機能で実現させるのですけど、ストリーミングサーバを直接指定しているためか再生のタイミングにばらつきがあってうまくアマゾンエコーへ引き渡せない感じなのです。
 昼休みに何度か実験をして、iPhoneで数秒以上は再生させてから引き渡すと失敗がないみたいなので、月曜日からはこの方法でやってみようと思います。

 本日はぎっくり腰のオンパレードという感じで、一日で片手の指が足りないまでの患者数でした。
 一週間で一度もぎっくり腰に遭遇しないと言うことはないくらいメジャーで困っている人の多い疾患ですけど、ありがたいことに必殺の痛み止め処置がありますので九割以上は一度の治療で治癒してくれています。
 この痛み止め処置を知っているので、うちを卒業していった助手たちはすぐ営業成績が上がっているのです。滋賀漢方鍼医会の人たちもかなりが実践してくれているのですけど、漢方鍼医会全体には話をしてもよく理解してくれないのが残念なところ。

昼休みの水泳

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昼休みはプールへ出かけていました。土曜日なら昼休みに電話のかかってくるケースがまずないのであり午後も短いですから、昨日の段階で本日の方が午後の予約が少なそうだったので急遽変更しました。でも、かなり予約が埋まってしまいましたけど・・・。
 左腕の挙上反意はどんどん改善しているのですが、まだ「万歳」にはちょっと遠い状態であり最後は痛みが発生してくるので、ウォーミングアップでは強烈な痛みが悲しくなってしまいます。泳いでいると痛みは緩和するのですけど、それでも最後まで消失してくれません。
 それでも痛む反意と深さは着実に縮小しているので、万歳まで挙上はできなくても痛みが消失すれば距離を伸ばして泳げるでしょう。もう少しの辛抱とリハビリです。

 今朝は味噌汁ではなく昨夜のカレー風味肉じゃががまだ残っていたので、これを温めて家族で食べる予定にしていました。カレー風味肉じゃが、実は水曜日の夜に適当に私が作ったものがベースになっています。
 ところが炊飯器を探っていると、「あれっ冷たい」のです。誰かが電源コードを抜いてしまっており、温かいご飯がないのです。幸か不幸か残っていたのは茶碗二杯分くらいだったので、とりあえず私がそのままカレーライスにしてこれは食べました。
 子供たちの朝食は冷凍チャーハンが備蓄してあったので、これをさっとフライパンで炒めたならできあがり。この冷凍チャーハンとてもおいしくて便利なのですけど、こういう使い方は間違っていますよね。お弁当のご飯類がないときとかですよね。
 でも、やっぱり正月とかごちそうが続きすぎているときには便利そうですが・・・。

 昨夜は早くから帰宅しているのに、息子が二人ともちっとも宿題をしません。最近は早朝に起こしてもらってなんとか間に合わせている状態であり、自分で起きてやっているならまだしも二度手間どころかもっともっと手間がかかっています。
 ですから「時間のある間に先にやってしまいなさい」と口を酸っぱくしていたのに、夕食ができても「食べないテレビを見ているから」と来たものですから、怒り大爆発です。しかもお父さんが目が見えないことをいいことに逃げ回るような姿勢があったので、もう怒りが収まりません。
 結局は家族全員が夕食抜きとなりました。それでも夜のうちに宿題が終わらなかったといいますから、これで心を改めればいいのですけどそんなふうには見えないので、「絶対にこんなことしていたのではだめだ」と心に刻み込まれる事件がないと治らないですね。

 ランニングマシンで走るのは随分久しぶりに感じたのですけど、超大型攣急の最終日に半時間ちょっと走り込んでいますから約一週間だけのことでした。
 走り始めたなら体力維持はしっかりできているのでそこそこのスピードで楽に走れたのですけど、時間が余りすぎて退屈なのでiPhoneからアマゾンミュージックの音楽をブルートゥースヘッドセットへ飛ばして聴きながらがすっかり定着したものの、なんと数曲しか経過していないのに音が小さくなってしまいます。
 「えっ充電ミス?」と焦りましたけど、汗が大量すぎてヘッドセットがずれてしまいそこへ汗が流れ込んでしまったようです。一時間しっかり走り込んで、その間に音源が切れてしまうことはありませんでした。よかったよかった。

今朝の味噌汁

| コメント(0) | トラックバック(0)

 私の好物と言えば鍋料理と刺身にお酒なのですが、もう一つどうしても外せないのが味噌汁です。
 朝食にはどうしてもほしいですしできれば夕食にも出てきてほしいと言うことで、この春からは毎朝自分で作るようになってしまいました。お湯を沸かしながら刻んだ野菜を入れて、最後に味噌を溶くだけですからね。
 今朝は冷蔵庫を探ると、具材がほとんどありません。熟しすぎたトマトは入れてしまいたいと昨夜から考えてはいたものの、その他がないので思い切ってキュウリを刻んでみました。茶色い汁に赤と緑の具材は見慣れない光景だったのですけど、これが抜群においしかった。トマト味は以前から知っていたのですけど、キュウリの食感があんなによくてしかも味が染みこんでおいしいとは。

 先ほど 滋賀漢方鍼医会の講義録ページへ、『30年後の「かきくけこ教訓」』を追加しておきました。
 サイドストーリーより後の掲載になってしまい、申し訳ありませんでした。というのも、本当はこの原稿を「医道の日本」で発表したかったのですが、没になってしまった経過があり再提出を考えていたのですけど、ほかに書きたいことが出てきていますのでその後に再編集すればいいかと思ったわけです。
 鍼灸学校の現役学生の目にとまってくれればいいのですけど、勉強をしているのは最初の方だけでありチャンスがなかなかなさそうですが・・・


 鍼灸の研修会が終わったなら録音データが回ってくるのですけど、昔のカセットテープと違ってICレコーダーで収録したものをネット配信するだけなので手間は格段に減少しています。
 ところが本部の、それもいちばん大切な研究部の録音で何度も何度も録音状態の悪いことが続いており、ほんまにどんくさい状態です。
 今月もアンプが故障していたとかですけど、どうして事前に録音状態の確認をしておかないのかなぁ。メーターの触れ方だけでなく、実際に音を聞けばいいだけなのに・・・。

 昼休みに予定より若干早く有線ブロードネットワークスから作業員さんが到着され、こちらは予定通り10分程度で機器の撤去作業が終わりました。
 開業してから一度アンプを交換しているのであり途中で通信衛星に切り替わったので本体も交換しており、かなり複雑な配線になっていて電源をまず本体へ引き込んでからアンプに供給していたらしく、こういう状態では素人が手を出さないほうが良かったです。
 それから何も言わなくても待合室のスピーカーには噛ませているリミッターを残しておいてもらえましたから、音量調整のやり直しをせずに住みました。
 それよりも作業員さん、アマゾンエコーの実物を見たのが初めてらしく「便利なものですなぁ」と、素直に感心されていました。まぁ外部契約の電気屋さんなのでしょうから有線ブロードネットワークスの放送内容とどのように違うのかも知らない状態なので、一つ勉強されてよかったのではないでしょうか?

 いよいよ本日で、有線ブロードネットワークスと本当にお別れとなります。
 契約そのものは先月末で終了しているのですけど、電源を入れれば放送が受信できてしまう状態であり「今日の新聞」の朗読時間だけは名残惜しいのでこちらを使い続けていました。iPhoneの操作も不要なので、切り替えも楽でしたし。
 でも、昼休みに撤去作業があります。最初は本体だけお繰り返してくれればいいということだったのですけど、アンプの後ろ側のコードがいろいろと入り組んでいるので業者に外してもらったほうが無難だろうということで頼んでおきましたから、少し延命していたのですけど本当にお別れとなります。

 続いて「陰陽調和の手法」の、修練ツールです。背部で行います。
 まず自然準備として「外虚内実」「外実内虚」の理解が必要です。鍼が操作できるのは当然外の部分が得意なのですから、外虚内実は補法を行い、外実内虚は瀉法補を行います。
 外虚は表面がざらついて勧化していた理気の流れの悪い部分であり、これは臨床家であればすぐ触知できるようになります。その反対側で表面が突っ張っていたなら外実であり、この感覚を覚え込みます。ただし、必ず左右対象になるわけではないので思い込みではなく手法をしてみて確認することが重要です。

 二年前から漢方鍼医会へ入ってきている「陰陽調和の手法「なのですけど、当初から矛盾点を指摘しておりそれを押してでも導入すべき圧倒的利点が未だに見いだされないままです。
 されど理論的にはあってもいい手法と言うことで、標治法レベルなら便利に使う方法は見つけられしっかり勝つようもしています。だから全面的に批判しているわけではありません。
 それでも確認や修練のためのツールを提案側がいつまで経過しても打ち出してくれないので、業を煮やして今回の合宿で開発してきました。
 腹部での手法は、これは修練法ではなく確認ツールです。まず補瀉のどちらもやってみて虚実を切り分け、該当する手法で浮沈の確認を続いて行う。つまり三本で虚実と浮沈の確認を行っていくことになります。ただ、やりっ放しだと倦怠感が出てくるので、衛気もしくは営気の手法を最後に行うことを忘れずに。
 でもね、これでどれだけ本治法の制度や成績が向上できるようになるのか、やっぱりさっぱりわかりません。標治法レベルでの修練法については、また書きます。

 昨日までの東京出張には久しぶりにノートパソコンを持参していたのですけど、昼休みにも打ち込み作業をしていたのでかなり文章を仕上げることができました。
 そのときに「どうしてこちらのパソコンはタッチパッドの誤動作がないのだろう」と思いだし、PC設定から調べていくとタッチパッドが無効になっていました。
 Acerの独自ソフトを抜いていくとどこの時点からか「タッチパッドが働かない」と当時の助手に言われていたのですけど、そしてマウスが必要だったのですが原因がわかりました。そりゃ誤動作しないはずです。

 今は東京へ向かう新幹線の中からです。
 本日の仕事は予約枠にやや余裕があったのですけど、追加よりもキャンセルの方が多くて拍子抜けの仕事になってしまいました。その分だけ出発前に、最後のメールチェックはできましたけど・・・。
 昼食はあらかじめ購入しておいたサンドイッチで済ませましたが、夕食なしで研修会へ入り次は23事頃まで何も食べられないので、「そうだ暑かったから冷やし中華を食べよう」とコンビニで購入して新幹線へ乗ったのですけど、おいしかったはおいしかったのですけどたれやマヨネーズや辛子とべたべたするものを袋から出して完成させなければならず、ちょっとこれは電車の中の食べ物ではなかったですね。サラダパスタくらいまでしか対応できません。

 とうとうというか、やっぱりというか、アメリカと中国の間で再び関税の上乗せ合戦の模様になってしまいました。今のところ本当に影響が出てくるのは早くて二週間後、一ヶ月後から本格的というところであり、それまでに何らかの妥結点が見いだされれば回避される道は残っているのですけど、なかなか難しそうです。
 関税の上乗せ合戦については予測されていたことですからそれなりに日本企業でも準備はしていたと思われますけど、怖いのはここに不良債権が隠れていたという大ばか事件が重なることです。つまり、もう一度リーマンショックが発生しないかを心配しています。またファーウェイの違法事実が世界で暴露されること。
 ただ、リーマンショックの時に鍼灸業界の需要が減少していたかといえば、そういう記憶がありません。投資先を消費者は絞り込むので、予約をすっ飛ばす人が少なかったという印象です。ちょっと違うのはタクシーで来院される人が苦しいだろうと考えられることであり、キャッシュレス決済システムの導入を急がねばならないかもしれないというところです。

 明日から夏期研の講師合宿なので昼休みなしで仕事をして東京へ向かわねばならないことから、本日の昼休みにプールへ出かけてきました。
 左肩関節の亜脱臼を整復する治療を開始してちょうど三ヶ月、二ヶ月半を超えた頃から回復が顕著となり骨盤矯正の時にも左手が普通に添えられるようになって、もうちょっとの角度がつっかえるだけです。
 けれどこの「もうちょっと」がくせ者で、水泳では地上以上に全身を使わねばなりませんから、やはりアップの段階では強い痛みが肩関節に発生してきます。この痛みが解消するには、もう少しかかりそうです。
 ただ、アップが終わるとコース取りをしての泳ぎができるくらいにまでは回復しており、来月あたりから少し距離があっても大丈夫な手応えです。

 今朝に出勤してきてアマゾンエコーでラジオを流そうとして、「アレクサ MBSラジオを開いて」と指示をしたのに「MBCラジオを再生します」となってしまいました。
 「んっ、どこやねんこのラジオ局の所在地は?」と、しばらく聞いていたなら鹿児島県でした。
 ところが、今朝の宮崎県沖での地震発生です。いやはや、びっくりしましたね。地元メディアの情報を聞くことになるとは。けが人は出ていたようですけど死者がなく、被害も最小限だったことには胸をなで下ろしました。

 ちょっと仰天するような話を教えてもらったので、思わずこちらにも書き込んでしまいました。
 ここ数年の出来事なのですけど、鍼灸学校の実技中です。状況からしておそらく腰部への刺鍼練習をしていたところ、モデル患者が何らかの要因(学生の練習ですから痛かったのでしょう)で動いてしまい、その瞬間にぎっくり腰を起こしてしまいました。
 担当教員が「整形外科へ行きなさい」と指示したと言いますから、開いた口がふさがりません。何のための鍼灸師養成学校なんですか?何も治せない鍼灸師を育てても仕方ありませんし、学生もそんなところへお金を払って通学する意味がありません。盲学校の学生だった私でさえ、その場にいたなら自分で試行錯誤しながら治療を試みたはずです。経絡治療を実践する時代になっていたなら、いとも簡単に治療をしてしまっていたでしょう。

 兄弟げんかはもちろん家族ならけんかの発生することはむしろ健全な証拠だと思いますけど、困ることは腹いせにものを投げたりドアを思い切り閉めたりして自宅に損害が発生してしまうことです。
 二階の寝室のドアを力任せに何度も何度も閉めていたならいつの間にか戸当りというのでしょうか、クッションがついていてドアを受け止める部分が下の方は柱から外れてしまい全体的にも傾いてしまっていました。
 これは接着剤で補修しなければならないものか?家庭用のもので大丈夫か?やはりハウジングメーカーに頼まないといけないのだろうかといろいろ考えながらちょっと指で押していたなら、プチッという感じではまり込んでくれました。はまり込んだところから上下対象になるように慎重に手根でたたいていって見ると、きれいにはまり込んでくれました。これで修理は不要です。でも、高い場所がもうちょっとずれている箇所が残っていますし一階のドアも全体的にとあたりが傾いているので、休日に木槌でもう一度直しておかないとだめですね。

 鍼灸院のパソコンでタッチパッドの誤動作から文字入力が意図しない場所へ突然移動してしまっているトラブルに見舞われていたのですけど、FNキー+ファンクション4で一時的に無効にできることがわかり一日操作してみたところ、見事にトラブルが防止できていました。
 文字入力が順番通りに行われていく、こんな当たり前のことが元通りにできるようになっただけなのにストレスが解消し、パソコンがとても扱いやすくなりました。
 でもでも、連休までは本当にメール作成に気を遣わねばならない状態であり、いくらか文章を打ち込んでしまうと再編集の方に時間が取られてしまうので大きなストレスだったのです。
追記
 無効状態にキー操作でした後にマウスの右クリックに当たるタッチパッドの右下ボタンを押してみたところ、アプリケーションメニーの表示が出てきませんでした。完全にタッチパッドの機能を停止させているという証拠であり、ますます安心しました。

 昨日からの患者さんなのですが、超大型連休の前から肩こりがきつくなりすぎているとは感じており、首や肩甲間部の痛みになってきたので一昨日にマッサージを受けたところ、その時点では痛みは消失まではしなかったものの楽になっていました。
 ところが昨日の朝からはこめかみを中心とする頭痛がして左側頸部から肩上部も強い痛みとなり、慌てて夕方に来院されたのですけど痛みが強すぎて涙を流されていました。
 治療が終わった時点で首が回せるようになり痛みも30%程度は軽減できたのですけど、以前に来院されたときのようなすっきりした状態には遠いものです。でも、これは毎晩熱いお風呂へしっかり入りまくっていたのが原因であり、マッサージの後にもしっかり入浴していたことが脈状からわかっていたので本人に説明すると「えっ!?「という表情です。
 本日の夕方に来院されたときには痛みのほとんどが消失しており、職場でも表情ががらりと変わっていたので周囲から質問の嵐だったとか。看護婦さんなのに痛むときに暖めてはいけないことを知らず、職場では鍼灸院で治してもらったという話と暖めることの話をする羽目に。
 まぁ患者さんはどんな方法でも楽になればいいのであって、痛みから解放されたのですから全員ハッピーです。でも、痛むときに暖めてはいけないことくらいは知っておいてほしかった。

 毎月最初の水曜日は銀行への入金日と決めているので、本日は超大型連休の直後ですから午後も仕事をしているのですけど昼休みに出かけてきました。もう彦根では混雑していませんでしたね。
 先月は千円札が大量だったのでATMでは一度に入金できないので何度かに分けて作業していたのですけど、一枚横向きになっていたみたいで真っ二つに切断されて戻ってきてしまいました。見事な真っ二つでした。
 そこで行員さんにお札を交換してもらったのですけど、「きれいなお札にしてきました」って、どう見てもかなりしわが入っているものなんですけど?一枚物には間違いありませんが、新札じゃないですよねぇ。

 連休前に患者さんからいただいたウィスキーはビンテージもので、あまりに香りがいいですからストレートで飲むのが一番とチェイサー(時々口休めに含む水)と一緒にして昨夜は楽しんでいました。
 それから少年野球の友達のところから連休中に診療をしたお礼にと日本酒ももらっていたので、これは冷やした方がおいしいタイプなのでこちらも楽しんでいました。
 いくらもおかわりしたつもりはなかったのですけどどちらもストレートでしたから、その後は爆睡になって今朝はまだちょっと身体にアルコールが残っている雰囲気です。でも、頭痛はしていませんから気分がいいです。

 ノートパソコンにはマウスポインタが動かせるようにタッチパッドが内蔵されているのですけど、これが段々と性能がよくなりすぎてキーボードの下側なので自分では触ったつもりがないのに反応してしまい、文字を打ち込んでいると全く別の場所へ入力されていたというトラブルを引き起こすケースが少なからずあります。
 Windows98時台にはよく遭遇したトラブルで、「タッチパッドカバー」なるものが売られていた記憶があります。XPになるとデバイスマネージャーで無効にする機能があったので、タッチパッドそのものを働かないようにすることでトラブルを回避させていました。
 私は今までこの手のトラブルに遭遇したことがなかったのですけど、現在鍼灸院で使っているパソコンが特に1809にバージョンアップしてから頻繁に「あれっ」という状態になり、特に連休中にメールを書いていたなら疳積を起こしそうになるくらいひどい状態でした。
 そこでネットの力を借りて解決方法を探ると、コントロールパネルではなく設定の方のデバイスの項目でタッチパッドが無効にできるスイッチがありました。でもでも、自宅のパソコンでは表示されるのに肝心の鍼灸院のパソコンでは表示がされません。このあたりがWindowsのやっかいなところです。
 それでも情報を読んでいるとキーボードから無効にできるショートカットがあるらしいので一つずつ試していくと、この機種ではFNキー+ファンクション4でタッチパッドを一時的に動作停止させられることがわかりました。文字を打ち始める前にいちいち操作する必要はあるものの、これでトラブルからは回避できそうです。

 超大型連休が終わって仕事が再開したところなのですけど、ショッキングなニュースが舞い込んできてしまいました。
 先月には愛知漢方鍼医会が臨時総会を持って解散してしまったという報告が舞い込んで非常に残念に思っていたところ、こちらについては勉強を続けたいという人たちだけで半分以下の人数にはなったようですけど組織の消滅を避けて継続すると言うことに反転してよかったです。
 ところが本部よりも先に立ち上がっていたような鹿児島漢方鍼医会が、近年は人数減少に歯止めがかからず追い込まれているとは聞いていたものの年度が替わってまた人が抜けてしまい、三人では活動継続が困難と言うことで先月をもって終了せざるを得ないという結論になったそうです。
 滋賀でも一番多かったときに比べたなら10人は減少しており、人ごとではない状況ではあります。それにしてもショッキングなニュースが続いてくれるものです。

本日は結局

| コメント(0) | トラックバック(0)

 本日は結局午前中に足が痛かったものの、スポーツプラザで半時間だけと決めてランニングマシンで走っていました。左足首の痛みはマシン上ならそれほど気にならず、古傷が疲れから過敏になっているというところでしょう。
  その後は娘と次男が自宅に残っていたので、昼食をということで合流をしてお好み焼き屋へ。次男は肥満体が問題なのに、ポテトフライに親子丼ですから大人顔負けですけど、さすがに夕飯はいらないと言うことです。
 私は汗がものすごい量でしたからお水をおかわりして瓶ビールものどの渇きが直った程度であり、ついでに焼酎をロックで飲んでしまいました。午後は三階で昼寝をしていたならいつの間にか雨模様になっていて、そこへ本日三人目の少年野球からの依頼がありました。

連休の最後

| コメント(0) | トラックバック(0)

 連休最終日となりましたけど、とりあえずは子供たちの宿題を終わらせてしまうのが第一目標であり、私が子供だった頃には完成していなかったならその時点で大きな雷が落ちてくるだけで母親に多少の小言を言われたことはあったかもしれませんけど追い立てられるなど考えられなかった状況なのですけど、今の子供はどうかしていますね。
 これはクリアできそうだったので、元々からランニングは得意ではないというか義務的なところの方が大きかったのですけど今は左肩関節の故障から強い運動ができるのはランニングマシンだけなので、この連休には一時間以上の走り込みを三回も行っていましたから、私の脚力では左足首が痛みますし限界を超えていたのですけど、人生で取り組むべき仕事が見えた今だからこそ体力がほしいと、本日も半時間以上の走り込みをしてきました。
 その後は娘と次男の昼食もあって、三人でお好み焼き屋に出かけて夜ほどの食べなかったもののしっかり食べて飲んで連休の最後を楽しませてもらいました。

 朝から鍼灸院へ出かけてきたので、ついでに連休に行う掃除機のダストボックスの水洗いから乾燥ができていましたので、戻しておきました。
 その間にまだ早朝ですが電話がかかってきていたのですけど、ここは居留守番電話ににさせてもらいました、ごめんなさい。でも、連休明けのアナウンスを入れておいたので確認にもう一度かかってきていました。
 連休中の仕事としてはホームページの更新とブログを執筆したいのですけど、天気がいいので残っている子供を外へ連れ出したいですしねぇ。

 超大型連休も最終日となりましたが、社会人の方が遙かに長くなっている私としては仕事をしていた方が楽に感じてしまいます。二連休くらいならうれしいですけど、出費のことを考えるとショッピングモールも飲食店も、いつもより混雑していなかった感じです。
 それで最終日の朝なのですけど、昨日に続いて少年野球の二人の治療です。これから地域大会の準決勝があると言うことで、勝ち上がれば三大会連続の決勝進出となりますからこれは本物というところです。残念ながら今までは、決勝で負けてしまっていますけど・・・。
 プレーができる限りはプレーを続けた状態で治療をしていくと言うことを基本にしていますから、朝の時間に鍼灸院へ出てきていたわけです。

 まだ超大型連休の途中であり「そろそろ連休も疲れてきた」というところなのですけど、本日は少年野球からの急患が二人も。
 一人は昨夜に歩くのにもアキレス腱が痛くてプレーできないと言うことで、既にかなりビールやバーボンを飲んでいましたから今朝にと言うことにしていました。アキレス腱を触った瞬間、特徴ある太さになっていたので骨盤のずれであると診断でき、本日の練習も普通にできていたようです。
 もう一人は練習中から右肩関節が痛くてボールが投げられないと言うことで、電話連絡では脱臼をしているのではと言うことでしたけどそれなら挙上もできないと言うことで鍼灸院へ来させてみると、こちらは大胸筋が腫れているのでありました。
 長男のチームメイトですから、スポーツプラザ以外は出かけていない生活だったのでタイミングが合ってよかったです。

昨日の行動

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は大型連休の休みらしいところで、奥さんの両親と姪が数日前から来ているのですけど「ちょっと疲れた」ということで治療をして、午前中は休憩モードに。
 その空いた時間に私はスポーツプラザでランニングをしていたのですけど、途中でブルートゥースヘッドセットのバッテリーが切れてしまい、音楽が聴けないととたんに走ることが苦痛になってくるんですね。
 午後からは温泉につかって、その後にみんなと合流してバイキングで楽しく飲んで食べての一日でした。

 超大型連休の後半へ入り、「にき鍼灸院」ではやっと連休らしいお休みをいただくことになりました。
 といっても谷間の仕事はいつもに比べれば余裕がありすぎたくらいであり、その間にメールや各種設定なども済ませられてしまいましたから、「何をしてすごそう?」という状態かも知れません。
 でも、いきなり昨夜の急患さんで帰宅が遅れたので留守番電話のセットや看板をひっくり返しておくのを忘れていましたから、鍼灸院へ出てきているのですが・・・。

 午前中の患者さん、3月にスキーをしていて転倒しそうになったので慌てて左手のストックで身体を支えて転ぶのは免れたのですけど、元々違和感のあった左肩上部が痛みになってしまい回復しないということでの来院でした。
 ところが話があちこちに飛んでしまうので問診が大変であり、「自分はわかっているからいいけど順序立てて説明しなさい」と一喝です。まぁそれでもまだ説明がわからないので、こちらで整理してあげねばならなかったのですが、その結果が上記のようなことでした。
 体重が80kg近くあってスピードが出ており、それを瞬間的でも左腕一本で支えたということは80kgの少なくても二倍、三倍近くの重量がかかっていたのであり、骨折しなかったのがラッキーだと説明していました。
 そちらは笑って済ませられていることですけど、こちらは上腕骨が複雑骨折寸前だったのであり、今でも肩関節の亜脱臼が戻りきらないという状況を追加で説明していました。でも、大けがになっていないなら切迫感はないですね、やっぱり。

 以前に奥さんの実家へiPadをプレゼントしたことがあるのですけど、これはまだ第三世代のタブレットが爆発的に普及してくる途中の時期でした。確か2012年の春だったと思います。
 うちにも同時に購入したのですけど、一度は内部スピーカーが悪くなり修理に出して、もう一度はイヤホンジャックに刺さったままでピンが折れてしまい端末交換をしてもらってと二度の故障があり、そして三度目はwifiが故障してしまったのでiPadAir2に4年前に買い換えています。iPhoneは故障したことがないのに、子供の扱いが乱暴なのでしょう。
 ところが向こうのiPadはまだバッテリーも含めて活躍しているということで、今朝からはうちのwifiにも接続させてとびっくりです。確かIOS9までしか対応していないので当然アプリも古いままなのですけど、必要最低限のアプリは動いているらしいですからこれもびっくりです。

 超大型連休の谷間の診療三日目、案外この期間の人気がないというのか休みだと思われているのか送迎がしてもらえないのか、予約枠が埋まっていないのにはちょっと驚きました。
 といっても午前中はほぼ埋まるのですけど、午後がベッド四つだけで回せてしまうというのはこの時期としてはやっぱり近年体験したことのない数字です。私の緊迫感がないのかなぁ。
 でも、ショッピングモールでもさほど混雑しておらず飲食店も一部のチェーン店以外はいつも以下らしく、そういう我が家でも外食は一度だけであり、あまりに休みが長すぎて財布のひもを皆さん締めているみたいです。後半の休みも節約モードの予定です。

左腕の回復状況

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日のうちに立夏に向けて天井の写真交換は終えられているのですけど、まだ左腕が十分に挙上できないものの仕事の隙間を使っての作業ができるまでに回復しています。
 立春の時に写真交換作業が自力でできるまでに回復したと喜んでいたのですが、まだ一枚交換しては休憩が必要だったのに、痛みは感じていても立夏では強引に連続作業することができました。
 まぁそれでも物理的に挙上が阻止されているのですから苦しい状態には変わりがなく、早く亜脱臼が完全治癒してほしいものです。

 昨日で平成が終わったのですけど、平成元年開業の「にき鍼灸院」でずっと契約してきた有線放送についても昨日が終わりということになっていました。
 これはスマートスピーカーが実用レベルになっており、光ファイバーのインターネットがあれば十分すぎる代用ができるようになったからです。ラジオも聞けますしストリーミングでの音楽があり、足りないものはiPhoneからブルートゥースで音源を飛ばせばいいのです。
 それで「最後だから」と昨日はかなりこだわって聞いていたのですけど、やっぱりという感じで今朝になっても電源を入れれば聞けてしまうのです。テレビのスクランブル放送のように厳密には管理がされていないというかICカードがあるのではなく、個別番号が割り振られているという話は聞いているのですけど一部の地域限定放送の解除キーにしか使われていないので、電源が入っていれば聞けてしまうのでしょう。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、2019年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年4月です。

次のアーカイブは2019年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。