カルテ管理ソフトがエラーを出さないために

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ずっと以前からの回避できないエラーであり対策もそれなりにはしてきたつもりだったのですけど、カルテ管理ソフトが10人分くらい書き込むとプログラムが落ちてしまいます。
 書き込んだカルテのデータは残るのですけど、出納帳ソフトへの転記がされずにプログラムが落ちてしまうということは、受け渡しの箇所にメモリ管理の不細工なところがあってメモリ不足が原因だろうと推測しています。対策としては最後のカルテデータを呼び戻して、金額を一度書き換えてからもう一度正しい金額に上書きして出納帳ソフトの数字を正しくしていました。
 でも、最近はパートさんがカルテを参照したり新患さんのデータを新規作成していると10人分を待たずに落ちてしまうケースが多く、「あれっ予定数に達していないのに」とがっかりしてしまいます。そこでCのベッドまで書き込んだなら、つまりベッド一週分の6人目が書き込めたなら、ここでカルテ管理ソフトを一度手動で終了する癖をつければと実行し始めると、これならまず大丈夫のようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6245

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年7月 9日 14:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次は「宇宙戦艦ヤマト」だ」です。

次のブログ記事は「ラジオで聞いたイギリスの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。