今週の治療室で印象的だったのは、首の痛みを訴える患者さんが非常に多かったこと。
 寝違いだけでなく様々なケースがあったのですけど、話をしていてぎっくり腰は年中同じくらいのペースで発生し来院されているのですけど、そういえば首の痛みは寒い時期の方が多いかもしれません。
 寒いので布団の中へ潜り込んで寝違いを起こしてしまうのか、お風呂が気持ちいい季節なのでしっかり暖めてしまい痛みを自分で悪化させてどうにもならなくなってしまうケースが多いのか、とにかく今週は腰痛よりも多かった印象です。

 いやはや、今週は仕事の隙間がそれなりにあったはずだったのですけど、月例会前日になってばたばたの準備になってしまいました。
 まずはICレコーダーと新しくしたピンマイクと古い方のピンマイクも充電しておかねばならないのですけど、昨日にやっておく予定をすっかり忘れていて午前中に慌ててスーツケースから取り出してきました。
 そしてピンマイクは代理購入ですから領収書をwebの自動発行から印刷しておかねばならないのですが、これこそ水曜日くらいでもできたはずなのに忘れていて夕方前にカルテ記入よりも優先的に処理です。当日の朝では必ずミスをしてしまうので、前日には行っています。

 昨夜はおじいちゃん(親父)の誕生日ということで、親戚が集まっての食事会でしたから少し鍼灸院を早めに終了しての参加でした。
 といっても南彦根駅周辺ですから何でもお店は存在しており、ビバシティのバイキングですから一度自宅へ戻って荷物を置いてからの参加でした。わざわざいす席ではなく座敷の方を予約しておいたのでうちの集まりだけであり、周囲に気を遣うことなく楽しく過ごせました。
 そして主催者自らが支払いまでしてくれるということで、子供たちはゲームセンターのお金までもらっていて、おじいちゃんの誕生会といいながら孫のお祭りになっていました。

 実はまたブルートゥースヘッドホンを購入してしまいました。耳かけ型が順調に動作するようになったはずなのですけど、水曜日に汗びっしょりのランニングをしてから動作がいきなりおかしくなってしまい、慌ててまた探して注文してしまったのです。
 それで三台目まで送ってもらった耳かけ型はどうなったかといえば、大汗が充電接触部をかなりぬらしていたらしく昨日の朝まで不可解な動作をしていたのですけど、半日以上完走させたなら正常に戻ってしまいました。ほかのメーカーの説明を読んでいると、大汗の時にはきちんと接触部を拭いてからケースへ戻すようにと書かれてあったりして...。
 今回は一つ持っていて一番安定しているサウンドピーツに的を絞り、イヤーフックのあるものを比較して購入しました。デザインは夏に購入したものとそっくりの味も素っ気もない不細工ですけど、電池を長持ちさせるためのネックバンドが逆に便利になっていて使い勝手が良さそうです。そして何より、このデザインは耳の穴の奥まで圧着してくるので、期待していなかった音質がとてもよかったのがうれしい誤算になりました。

 1.17は阪神・淡路大震災の発生した日であり、あれから25年も経過したのだと朝から各種メディアで報じられています。四半世紀も経過してしまったのか、まだまだ25年なのか、これは人によって違います。
 平成5年のことですから開業して丸5年目前で、仕事量としてはすでにかなり安定した数があったのですけど、ニュースを鍼灸院で聞きながら「ここでこんなことをしているだけでいいのだろうか」と思っていたりもしました。けれど地域医療は一番大切な生活の根源ですから、彦根から離れることはしませんでした。
 確か残雪があり、凍結した雪の上を歩きながら鍼灸院へやってきた朝でした。でも、心の中は暑かったり冷たかったり、複雑でしたね。

 現在の漢方鍼医会では、治療法として大きく生気論と邪気論が存在しています。どちらも優秀であり、究極はどちらの方法でも治療ができてしまいます。鍼灸の治療法には「これが正解」というものはないのですから、いいところであり悪いところともいえます。
 それで時邪を活用しての切り分けツールで邪気論の方向とはわかったのですけど、健康管理の患者さんなので症状がほとんどなく変動している経絡は肝経ということで生気論からでも十分であり、比べさせてもらっていました。
 すると患者さんとしては不安に感じられて質問されたので、最初はねじのプラスとマイナスで合致するドライバーの方を使った方が効率的と説明したのですけど、これだとマイナスはどちらでも使えますがプラスはプラスにしか使えないので概念と異なってしまいます。
 そこで考えてみました。自動車は左通行なら右ハンドルの方が運転しやすいのですけど、左ハンドルがだめということはありません。逆も同じことです。けれど運転しやすいという点では、これは明らかです。さらに対向車のない田舎なら、左右どちらのハンドルであっても別にかまわないのです。
 そういう癲で、愛用車があるのだから必ずそれに乗車するというのも手ですし、目的地やルートに合わせて自動車を乗り換えようというのも手だという説明がぴったりに思えました。私は自動車を使い分ける派です。

 昨年の秋には金曜日だけが予約のポケットになっていて午前中に大きな隙間があったのですけど、それと似た感じに本日はなっています。ありがたいことにだんだんと埋まっては来ていますけど・・・。
 ということで、この季節に時間ができたならやることは一つ、確定申告のための書類を仕上げてしまうことです。待合室で先日に一応生理のできた集計表を再度チェックしていたなら、一箇所ダミーで数字を入れておいただけの箇所を修正し切れていなかったのが見つかってしまいました。でも、パソコンのバッテリーまで切れてしまいましたけど・・・。
 一昨日に領収書はファイリングしてもらいましたし、余計な書類は先ほどシュレッダーで破砕してもらいました。これで午後から印刷をしたなら、後は銀行通帳のコピーを取るだけで書類は完成です。

 あーっ、びっくりしたという感じで、すっかりへこんでいたのですけど今は少し回復です。
 何がというと最近何度も何度も書き込んでいる耳かけ型のブルートゥースヘッドホンなのですが、完全防水ということでランニングマシンで大汗になりながら音楽も聴いていたのですけど途中で左のバッテリーは切れてしまいました。
 まぁ残り時間は少なかったのでそのまま右だけを使って最後まで走り、前回の教訓からロッカールームへ戻ってもシャワーの間は充電ケースへ戻さずに自然乾燥させていました。その後にケースへ戻して回復を確かめたのですけど、短時間でもまた使えるはずがいっこうに電源が入らないのです。
 えっ、という感じでケースそのものを充電しながらとか娘に譲渡したものと一時的に交換してもらって試したりしたのですけど、ケースには問題がなさそうなので本体が悪いということから早速に故障してしまったのだとへこみました。
 アプリで次のヘッドホンも探したりはしたのですけど、いきなりにはそこそこ値段がしているので気が引けるとケースを強く押さえた利などしていたなら、どうやら少し接触不良が発生しているらしく復活をしてきてくれました。やっと耳かけ型で「これなら」というデザインのいいものに巡り会えたのですから、二年間くらいは使い続けたいですからね。

 今朝は頭痛がしていたので自己治療にかける時間を長くしていたのですけど、これは左肩関節に対する奇経治療も目的に入っていました。
 肩の表面付近にだけ痛みが残っているのですけど、可動域がこの痛みのためにどうしても完全には回復せず泳ぐときにも力の入りきらない原因になっています。
 まぁそれは回復過程なのでいいのですけど、果たしてどの奇経が該当するのかがよくわかりません。二つの奇経を結ぶ従来の方式なら後谿-申脈とか臨泣-外関が思いつくのですけど、一つだけとなると自分の身体ではわかりません。
 そして肩井の緩み方で予測できるといいながらも、自己診断の方法がまだないのですから困ったものです。これから作っていくのですけどね。
 とにかく本日のところは任脈が良さそうだということで、自宅では左の列缺に小里式ていしんで行ってみました。痛みはすぐ軽くなるのですけど、鍼灸院で専用鍼を使うと感触が全く違っていて、奇経へあふれているものを流しているという感じがしました。そして5秒程度、これがキーポイントに間違いないです。

 先月の月例会直前にジャックが半分壊れてしまったピンマイク、幸いにも会場で使用することそのものはできたのですけどいつ全部壊れてしまうかわからないので、新しいものを滋賀漢方鍼医会に購入してもらいました。
 それで一年半前にアンプを入れ替えてから悩みの種になっているのは、ピンマイクと付属ワイヤレスマイクの相性が悪いこと。ピンマイクもワイヤレスであり、周波数が干渉してしまいヘリコプターのような雑音が一本のワイヤレスマイクには発生してしまうのです。
 そこで値段的に1800円ほど高いのですけど、少しだけ高級な製品に入れ替えてみました。まず単独で接続させたとき、雑音が少なくなっています。鍼灸院と草津市の会場では電波の量があまりに違うので実際にはまだわからないのですけど、今のところヘリコプターノイズは全く発生してきていません。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8