今日は膝窩が痛むという患者さんが一気に四人も来院されます。靱帯でも損傷していなければ原因はまず腰なのですけど、素人さんが理解されないのは仕方ありません。
 ところがMRI撮影までして「半月板に少し傷はついていますけど大丈夫です」と言われた患者さんは、大丈夫じゃないから病院まで来ているのに「なんやねんそれは」ですね。
 半月板損傷なら膝蓋骨の直下で痛みを感じるはずが、場所が元々ずれているのですからそんなあほな診断がというところです。
  骨盤矯正をしたならすぐ膝の曲げられる角度が増大するのであり、痛みも軽減しています。

 ホルダー形式のプレートがあることがわかったのはいいのですが、その前がいけません。
 ホームセンターは徒歩で10分程度のところながらも、国道を二度も横切らねばならない上に普段は歩かない側の歩道があるのかどうか訳がわからない道のりです。さらに配置の地図は頭に浮かぶものの、駐車場が広くて入り口がすんなりわからない建物です。一人で歩いたのはまだ視力がある頃であり、そのときでも危ない感じでした。
 だから子供に一緒に来て欲しいというのに、お互いなすりつけ合ってちっとも協力的でありません。意地になって白杖を頼りに歩いて行くと入り口を間違って誘導してもらうだけでしたが、帰りはそんな危ない目をするくらいならお金で解決した方がいいとタクシーで戻ってきました。
 親が障害を持ちながらも仕事をして家計を支えているということ、裕福とまではいわないまでも金銭に苦労はしていないので切迫感がないのでしょう。本当は奇跡的なことなんですけどねぇ。

 休診日には「本日休診」の看板を下げるというか札を下げるというか、とにかくネームプレートを玄関に出してあります。
 開業時にプレートをいくつか作成したのですけど当時の私はまだ若くてほとんど親父の言いなりであり、アイデアがあっても意見が通らない時期でしたから不細工なことになっているものがありました。その一つが本日休診のプレートです。
 何度か変更をしてこの20年くらいはフックでぶら下げる形にして大きくは問題なかったものの、風が強すぎると飛んでしまうのであり先日の台風の時にはぶら下げなかったのですけど、そこになかったなら探し回られるという逆の不細工な面がわかってしまいました。
 そこでホルダーに差し込むような形のプレートはないのかと、午前中にホームセンターで探してきたなら事務所などで使うタイプのものですけどありました。本日休診のプレートは特注で作るしかないのですけど、そしてホルダーのビス留め作業も頼まねばならないのですけど長年の懸案が解決しそうです。

 お彼岸ですから墓参りに出かけなくてはと思いつつも、今回はスケジュールが微妙にみんなずれてしまうので半分あきらめていました。
 昨日は午前中にプールへ出かけると日曜日なので子供の教室が多くのコースをふさいでおり、朝一番から泳ぐのを日課にしている人たちもいるということで、けがをしたとき以来の水中ウォーキングをして帰宅してくると、予定より早く親子テニスから次男と奥さんが戻っていました。
 これで時間が作れたので、琵琶湖の近くでお茶をしたいという要望と併せて墓参りを済ませることができました。よかったよかった。

 昨日は午後から二度も家電量販店に出かけて、長男が夏休みに壊してしまった4Kテレビの交換品を購入してきました。
 液晶テレビは大型化して衝撃に弱くなっているという弱点はあるものの、通常ならバットでたたいたり思い切りパンチを食らわせるなど意図的に衝撃を加えるなどしませんから、外力で壊れるなど考えもしません。まぁ私も子供の頃にピン止めを内部へ落として、故障させてしまったことはあるのですけど・・・。
 それで「もう高級なテレビは買わない」と決めて品定めをしたのですが、一度4Kの画面を見てしまうと1Kでは話になりませんし2Kでも見劣りしてしまいます。結局は国産メーカーではなく海外メーカーのもので、半値の4Kテレビになりました。

 昨日からIOS12の新機能であるスクリーンタイムで、子供のiPhoneの操作時間をコントロールするように変更しました。
 今までもキッズブロックというアプリで夜中にはアイコンが消失して使えない状態にはしていたのですけど、アイコンの並びがむちゃくちゃになってしまったり通知設定などがリセットされたりと、フリーソフトですからあまり文句は言えないものの使いづらい面があったのでIOS標準の機能へすぐ乗り換えたわけです。
 今回の変更で夜中には操作不能にできることに加えて、昼間もアプリが使える合計時間が設定できるようになりました。昨日はきつめに2時間としたなら早速娘がけんかをふっかけてきてすねられてと大変だったのですけど、平日は学校から帰宅して4時間あれば十分であり、休日はその倍の8時間ということにとりあえず決着です。
 ですから、制限時間を超えないように朝はできるだけ使わないとか宿題やピアノがあればそっちを先に片付けるとか、効果はすでに出てきています。音楽のストリーミングだけは解除する方向で考えているのですけど、ラインアプリはだめです。

 昨日の治療では、時邪についてもわかったことがありました。
 朝の書き込みでは脾経と胃経の反応が鈍くなってきているとしていたのですけど、午後になると反応をほとんどしてくれなくなりました。そこで肺経と大腸経へ変更したところ、見事に切り分けの反応が現れてきました。
 本日23日が「秋分の日」なのですけど、若干早くに五の季へ移ったようです。季節のことは考慮しながら治療はしてきたつもりだったのですけど、見事に反応が変わるものです。

差し迫った目標

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は予約表が埋まりすぎてしまいぎっくり腰の感想を書いたところで時間切れになってしまったのですけど、土曜日の若干短縮のスケジュールで35人は最高記録でした。
 10年前には助手が二人いても33人の枠をすべて埋めることはなかなかできなかったものが、ベッドが一台増えているといいながらも今は簡単に超えてしまいます。しかもスタッフはパートの素人さんが一人だけですから、どれだけスピードアップしているかです。
 このペースだと常勤助手の復活は絶対条件ですし、将来的にはスタッフが三人はいないと毎日が順調に回せなくなってしまう感じです。そのためにも漢方鍼医会の会員数を増やさねばならないというのが、差し迫った目標になってきました。 

 本日は何人のぎっくり腰を治療したでしょうか?片手の指を超えていたように思います。
 猛暑だった夏の疲れが出ているところへ、いきなり涼しいを通り越して寒さを感じる急激な気候変化ですから、身体がついて行けずにぎっくり腰となる人が多いのでしょう。
 円皮鍼と瀉法鍼による痛み止め処置があるのでほとんどのケースは一度で治療終了にできますけど、ぎっくり腰だけで三度も治療が必要だったりすると患者サイドとしてはかなわないですね。

 IOS12で一番注目して待っていた、ペアレンタルコントロールにも使えるスクリーンタイムの使い方を、ただいま研究中です。
 朝から娘の5SをIOS12へとりあえずアップしたところ、ボイスオーバーが画面をタッチしてから軽くため息をついてしゃべり出していたようなタイムラグがなくなり、アプリの起動も動きも速くなっていました。さすがに7と比べるのは酷ですけど、大してストレスを感じない動きだったものからストレスフリーになりました。
 ここへファミリー共有はすでにできていますからスクリーンタイムを適応させたところ、結果はこれからですけど動作してくれるでしょう。そしてまだアップをさせていない長男の端末へもコントロールができると画面にはあるのでやってみたなら、こちらも適応されています。キッズブロックは、もう不要です。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8