戸当りを直すことができました

| コメント(0) | トラックバック(0)

 兄弟げんかはもちろん家族ならけんかの発生することはむしろ健全な証拠だと思いますけど、困ることは腹いせにものを投げたりドアを思い切り閉めたりして自宅に損害が発生してしまうことです。
 二階の寝室のドアを力任せに何度も何度も閉めていたならいつの間にか戸当りというのでしょうか、クッションがついていてドアを受け止める部分が下の方は柱から外れてしまい全体的にも傾いてしまっていました。
 これは接着剤で補修しなければならないものか?家庭用のもので大丈夫か?やはりハウジングメーカーに頼まないといけないのだろうかといろいろ考えながらちょっと指で押していたなら、プチッという感じではまり込んでくれました。はまり込んだところから上下対象になるように慎重に手根でたたいていって見ると、きれいにはまり込んでくれました。これで修理は不要です。でも、高い場所がもうちょっとずれている箇所が残っていますし一階のドアも全体的にとあたりが傾いているので、休日に木槌でもう一度直しておかないとだめですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6110

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年5月 9日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パソコン操作のストレスが解消」です。

次のブログ記事は「仰天してしまった話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。