一人一人が痛くない施術をすることが大切

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前エントリーの亀裂骨折を知らなかった患者さんは、怖くて怖くてずっと治療をためらっていたと言うことだったのですが、同じ時間帯にやはり怖くて怖くてずっと躊躇をしていたという患者さんがもう一人いました。
 鍼治療のイメージとは、勝手に想像されていると言いながらも注射針を何本も連続で深く刺されるというのが未だにあるらしく、周囲に説得されても聞く耳を持たない素人さんがやはりほとんどのようです。
 注射針の痛みを知らない人はいませんから私が素人だったならそのように考えてしまうところはあるでしょうけど、興味で治療を受けたいという考えもするでしょう。大切なことは、一人一人の鍼灸師が「痛くない施術」をしているかです。そして勉強を常にしているかです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6153

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年5月30日 20:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「また亀裂骨折が隠れていました」です。

次のブログ記事は「石橋を叩いて渡るの心がけ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。