血塊の混在している脈状

| コメント(0) | トラックバック(0)

 久しぶりに出会った脈状で、過去の経験から婦人科疾患の状態を把握する方法を見つけました。
 その脈状とは、左の関上(肝)と尺中(腎)が同時に堅くなっているというものであり、血に関連することから推察できるように婦人科疾患が強くなっている状態を表します。特に月経中の血液に血塊が混在しています。
 開業して二年目だったと思いますが、女性ホルモン投与の治療まで受けているのにちっとも改善しないと言うことで非常に困って来院された患者さんがおられ、「あぁ今も血の塊が降りていった」と血塊があることを実況中継してくれました。その時の脈状そのものだったので、更年期障害へ入っていることは知っていたのですけど「先週のものは小指の爪ほどある血塊が混在していたのでは」と質問するとその通りだったのです。
 「小指の爪」というのは大きさはその通りであるものの、薄い塊になっているという意味で文字通りの表現です。男の私は実際には月経を体験しないものの、脈診でこういうことも診察できるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6166

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年6月 4日 19:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中華風スープにきしめん」です。

次のブログ記事は「困ったなぁ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。