夏期研受諾までの意見

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いやはや、先週から苦心して書いてきた夏期研受諾までの意見書について、早朝からさらに手直しをしていてやっと先ほど送信しました。
 本当なら気に入らないというか未消化なのに研究部の課題とされているものへ意見したいくらいでしたけど、大づかみでないと意図が伝わらないという助言があり否定的な意見ではぶつかるだけなので、三つにポイントを絞り直しました。
 その中でも生気論と邪気論のどちらから治療するのかを、証決定の名称を正式に決定することで「何をやっているのか」がきちんと理解できるようになることが大切だと訴えました。新しい手技については初心者や中堅クラスへ伝えるという観点から整理し直す必要があるのでは、そして村言葉を使わないように注意するという三つのポイントとしました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6170

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年6月 6日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今度は好印象でした」です。

次のブログ記事は「先制パンチで意見を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。