2019年9月アーカイブ

 本日の午前中から昼休みにかけては、春に入れ替えたクレジットカードがリボ払いの上限金額の変更ができていなかったと言うことで頭がいっぱいであり、昼寝もせずに興奮を引きずっていました。
 興奮を引きずったままになっていたのはもう一つ要因があり、春に自宅のインターネットが二週間も使えない状態になっていたことから地元ケーブルテレビへの加入を決めたのですけど、電柱の強度不足と言うことで立て替えまで待たされていました。
 「こっちは阿寒のかなぁ」とあきらめかけていたのですけど、突然に工事日程の相談の電話です。火曜日はスポーツプラザがお休みなのでここを指定したなら三週間もかかると言うことですから木曜日を尋ねると、なんと三日後があいていました。もう少しで自宅のパソコンも早い接続になります。

リボ払いの教訓

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日から気になって夜は体調を崩してしまっていたクレジットカードのリボ払い、三井住友カードはVPASSというアプリがあってボイスオーバーで操作できますから昨日の間にリボ払いの上限金額変更で100万円にはとりあえずしておきました。これは利用金額いっぱいの数字です。
 それで午前の最後にカード番号など必要な情報を読んでもらっておき、フリーダイヤルでセンターへ電話すると16桁のカート番号と4桁の暗証番号があれば、その他の本人認証なしにオペレーターへ接続されました。
 履歴を調べてもらうとカード発行後からリボ払いは初期値の3万円から一度も変更されておらず、昨日の変更が初めてだったみたいです。それで来月の引き落としの時、残債も含めてすべて引き落とされますから大きな問題は解決になります。
 ただ、やはり恐ろしいのはリボ払いの利息で30万円くらいなのに一ヶ月で3000円もするみたいです。使った分だけ銀行の通帳には先回りして入れていきますからいいのですけど、サラリーマンで買い物癖がひどくなるとあっという間に借金地獄になってしまうでしょう。
 すぐ振り込みをすれば利息の3000円を浮かすことはできたのですけど、今回は私の確認不足ということで勉強のための支払いにしました。

 午前中に鍼灸院で帳面のここまでの打ち込み作業をしていたのですけど、春からクレジットカードをたくさん使うようになっていて9月の請求分は16万円ほどあったはずなのですけど通帳からは3万円しか落ちていなかったので、顔が青ざめました。
 「まさかあれほど確認していたはずなのにリボ払いになっていて一回払いになっていない?」、そういえば何度目かの確認をしていたときにリボ払いのなんとかというボタンを押して確認メールが来ていた気がします。でも、リボ払いの総額は限度額いっぱいに設定してありますから影響ないと思っていたのですけど・・・。
 けれど、煩わしいアプリからですが確認していくとなんとか今月の支払い画面になったところで、残金がリボになってしまっていました。リボ払いの最高額をカード利用金額と再び同じにはしておいたのですけど、残金を来月の引き落としですべて処理してくれるように、明日に電話をしなければなりません。
 リボ払いの怖いところです。キャッシュレスはとても便利なのですが、日々の管理が大切なのです。

 昨日のラグビーワールドカップ、日本対アイルランド戦をラジオ中継でずっと聞いていました。
 ラグビーはしっかりルールがわかっていないので正直ラジオ中継では画像が浮かばないのですけど、会場が日本を応援しているのはよく伝わってきましたし、選手も声援に応えて頑張っていた姿はよくわかりました。本当によく戦いました。
 大番狂わせのことを"ジャイアントキリング"というそうなのですけど、もっともっとジャイアントキリングを起こし続けてほしいですね。

 先週は午後のパートさんが交代ということで、向こうの方が遙かに肉体以上に精神的にお疲れになったことでしょうけど、こちらもかなり疲れた一週間になりました。
 予約もカルテも管理をすべてパソコンで行っているのは時代の流れであり、しかも「にき鍼灸院」のペースですからホテルやサポートセンター並みのキーボード操作が必須なのですけど、ちょっと甘く考えられていたみたいです。
 面接の時に「打ち込みは大丈夫です」という話だったのですけど、与えられた仕事をそれなりの時間内に打ち込み追われる程度の実力では受付をしながらのキーボード操作とレベルが違っています。反射的にタッチタイピングができないと厳しいのです。
 それで貸しだしているノートパソコンで毎日かなり練習されてきて、昨日などは大混乱を招かない程度にはなってもらえました。ということは、金曜日までは混乱する場面があったということですけど・・・。それで私も疲れてしまい、昨夜は夕食の準備がまだだったということもあって、外へ飲みに出かけていました。

 昼休みにプールで泳いできたのですが、今日は少し時間が遅れ気味だったので距離を稼ぐために100mを3本に増やしていました。
 左肩関節の痛みは薄皮がはがれていくような感じながら改善しており、100mでも十分にはなりつつあります。来月には200mも挑戦するつもりですけど、いたずらに距離だけにこだわっているとまたけがの元です。
 けれど左腕も肘から抜いてくる泳ぎ方ができるようになり、肘から水面へ抜いてこられると動きが大きくなってスピードも出るので、さらにうれしくなってきました。大けがから11ヶ月、まだ出口には到達できていませんがよくぞ回復してきたものです。

 前エントリーではナソの追試をしていて、選穴については肩中兪の打ち抜きの箇所で確認できて、選経は肩井だと書きましたけど肩こりが強すぎるときに牽制の緩みが確認できるかが疑問でした。
 一日追試してなのですけど、今まで「三点セット」ということで肩上部の改善を確認するには示指・中指・薬指をそろえて結構強く押し込んで緩むかどうかを観察していましたから、肩井が落ちないケースがありました。
 あるいは中指を伸ばして肩井と天を同時に触知するというやり方もしていましたけど、これも肩井が緩んだかを確認できないケースがありました。
 けれど今やっている指の背面で湿気を感じ表面を探るやり方だと、肩こりが強烈でも肩井が緩むことを確認できました。これで選経・選穴の両方を確認できる補助ツールになります。ここからは精度を上げて、伝授する方法を探していくことになります。

 3年後の滋賀夏期研は補助療法についての実技時間を、それも大幅に取り入れるという予告を流しましたから新しい技術は開発しなくても、精度の高いものは作っていこうということでナソの観察を集中的にやっています。
 一つ目として肩中兪の打ち抜きの箇所、ここの緩み方で選穴の正しさが確認できることがわかりました。これはかなり強力ですし、すぐ使えそうです。
 そして昨日に気づいて確認中ではあるものの、肩井の緩み方が選経の正しさにつながっているみたいです。ただ、恐ろしく肩こりがきつい人はなかなか肩井の硬結が緩まないので、どのあたりで判断するかでしょうか。

 病院での受診も終わったなら、せっかくですからもう一つ用事をこなしてきました。
 再来月の治療室例会後に懇親会を開くのですけど、三年連続で中華料理ということでその予約を兼ねての昼食をしてきました。
 電話だけでも話は通じるはずですが、何せ無効の方々ですから日本語が時々うまく通じないこともあって、大切なことは直接お願いした方が無難なのです。昼食でラーメンとチャーハンのセット、学生が食べる量ですからお腹がふくれて仕事の前から少し眠たいです。

 それで鍼灸院まで特急で戻ってきて、治療奉仕へ出かけるために鞄の中身を白衣に交換してその他のチェックもして外へ出たなら、すぐお迎えが到着してくれました。
 会場では私だけが遅れての到着であり、しかも早退ですから今回だけのことなのでと皆様に再びのお願いです。今年も人数が少なめでしたから一人の担当も少ないということで余裕があり、和やかに送り出してもらえました。
 病因の眼科でも検査までは早くに呼んでもらえて、わかりきっていたことですけど光に対する瞳孔反応がないので立派な全盲が証明されました。医者も証明書の執筆だけであり、眼圧の数値とかはあったでしょうが特に何もコメントなく短時間で終了でした。
 会計もすぐ計算がされたのですけど、ここでは少額ですがクレジット払いを選択。うちの鍼灸院でもクレジットカードを含めたキャッシュレス対応は、回避できませんね。

 午前中は彦根市視覚障害者協会の行事で老人ホームでの治療奉仕に参加してきたのですけど、近年は何故か受けられる人数が少なく早めに施術が終わってしまう傾向ですから早退させてもらう了解をいただき、身体障害者手帳の書類を病因でも書いてもらってきました。
 まずは朝に病院へ書類を提出して受付をするのですけど、次男の小学校へ自動車で送っていくのと重なり予定を20分も遅れますから、9時までに鍼灸院へ戻ってこられるのかいらいらでした。
 ところがいつもお迎えが9時なのに、今年は8時30分に変更になったという連絡がありませんでしたから携帯へ電話があり、急遽ボランティアさんの周り方を変更ししてもらうというおまけがいきなりついてしまいました。

 昨日と一昨日はネットやホームページサーバのことで一人興奮してしまい、鍼灸院とはほぼ関係ない投稿で埋まってしまっていました。それでも昨日の午後はまだ.htaccessファイルのことを時間があれば調べ続けていて、ちょっと調整を入れたりしていました。
 でも、ベッドサイドに立てば患者さんの症状が第一であり、同じように足首をひねっていても骨まで傷が達してしまったかどうかで回復が随分違う子供の治療が連続していたので、臨床とはやはり生き物なんだと思っていました。
 それから「あはきワールド」の原稿を書くために過去記事を閲覧しているのですけど、患者さんの姿勢を変えてもらい触診する大切さが書かれていたのはこれは無意識に毎日やっていたことだったのですけど、脈診からの不問心だけでは読み切れないために患部を確認していたのであって一般的な臨床ではなかなかあり得ない方法だったのかもしれません。これは治療室例会のいい題材になりそうです。

 「.htaccess」というファイルをサーバに設置したならhttpでリクエストされたものでもhttpsへリダイレクトしてくれると書いたのですけど、この「臨床雑感あれこれ」のブログも対象になっていました。
 ほとんどはトップページのリンクから入ってきていただいていると思いますから、ここは絶対アドレスでhttpsを指定してあるので問題ないのですけど、特定の記事へリンクから飛ぶとhttpに戻ってしまいました。短い記事ばかりなのであまり使われていないはずですけど、それでも気になっていました。
 とにかく独自ドメイン内のアドレスをすべてhttpsに自動でリダイレクトしてくれますから、この春に資料のトップページへ戻るアドレスを手動ですべて書き換えた作業をしなくてもよかったんですね。でも、エラーを出しているページが見つかり、無駄ではなかったですけど。

 昨日に技術系メーリングリストでプロバイダメールの設定変更についてのやりとりがあり、横から少し知識を投稿したのですけどついでにhttpをhttpsにリダイレクトされる機能がないのが残念と書いておきました。
 すると、すぐ二つ返信をもらうことができました。一つはメタタグの中にリフレッシュという要素を入れてリダイレクトする方法は非常に簡単でしたが、これはその後にリロードを繰り返してしまう結果となり申し訳ないですが却下。
 二つ目は「.htaccess」という制御ファイルをサーバ内部に設置する方法で一番多く情報があったのですけど、タグを拾ってくるほどの知識と時間がなかったものをすべて書いておいてもらえましたからすぐ制作して設置したところ、思い通りにすべてのページがリダイレクトされリロードも発生しなくなりました。
 無料SSL証明書が提供されたときからこのように動作してほしかったもの、すぐ実現できてとてもうれしかったです。

 前エントリーでは自宅のネット回線がスピードダウンしていたのでリフレッシュさせたと書いたのですけど、鍼灸院では特にスピードダウンは感じられないもののアマゾンエコーが連休中から時々ネットワーク障害を訴えるようになっていました。
 光ファイバーは原理的にリスタートの必要がなかったもののこちらも思い切ってリフレッシュさせたのですけど、アマゾンエコーは復活しましたが中継器がシグナルなしの状態になってしまいました。
 これは中継器を一度コンセントから抜いて刺し直せばすぐ治るので待合室を探ると、長いすの後ろに接続させていたのは知っていたのですがなんと覚えのないUSBコンセントがあります。「なんやねんこれは」ということですぐ除去したのですけど、一体誰が差し込んでいたのでしょう?それから設置をしてくれていた前のパートさん、何も教えてくれませんでした。
 それで中継器のコンセントを差し替えたのですけど、今度は長いすが壁にぴったりくっつかなくなってしまいます。コンセントの有効活用ということで、小児鍼専用ベッドの下側に引っ越しをさせました。

 自宅のネット回線がまた遅くなってきていると連休あたりから感じていたのですけど、昨夜にパソコンのアップデートを受信させるとほとんどプログレスバーが進みません。
 ADSLは時間経過とともに段々とスピードが落ちて時々リフレッシュを掛けないとならないのが宿命ですが、半年前の三週間もネット接続ができない悪夢を思い出すとなかなか電源を一度抜いてしまう勇気がわかないのでありました。
 けれど早朝に目が覚めたので、ほかは誰もおきていませんでしたからこの時間帯に作業をするとやはりスピードが戻りました。パソコンで測定するとそれでも1.7Mbps程度ですから、春からは500kbpsも落ちており、家族全員が使うには限界を超えています。
 予定であればケーブルテレビにチェンジできる頃なのですけど、まだ連絡が来ません。猛暑だったので電柱の建て替え工事が延期されてしまったのかな?

 「あはきワールド」からは数年に一度ずつくらい原稿依頼が舞い込んでいるのですけど、今回は思い出にある経穴というか「思い入れのあるツボについて」というお題であり、すぐ魚際が浮かんだので引き受けておきました。
 ところが「あはきワールド」が有料化してから何年になるのか、最初は銀行引き落としですぐ契約しようとしたのですけど手続きが面倒であり、クレジットカード決済はまだキャッシュレスの時代から遠く「なるべくやりたくない」という意識でしたからそのままメルマガだけを受け取っていました。
 本文がすべて読めないのですから当然メルマガをスルーすることが多くなっていました。ところが今年の春から本格的にキャッシュレスに舵を切ったのでクレジット決済は何のそのになりましたから「そろそろ登録を」と思っていたところのお話であり、若干登録は遅れたものの過去記事の閲覧をしています。
 有料化する直前のコンテンツは正直寄せ集めでクオリティがそれほど高いとは思えなかったのですけど、いやはや今読めるコンテンツはとてもクオリティが高いです。紙媒体で発行されている有名雑誌の数倍は価値がありながら値段は三分の一、お見それしました。

 連休明けにいきなり午後のパートさんが入れ替わりという状況は、予測はしていましたけどやはりちょっときつい場面がありましたね。
 音声の出るパソコンで予約ソフトの操作もそうですし、カルテソフトで新患さんの新規作成は練習をかなりしていないとぶっつけ本番ではできるものではなく、あまり練習されていなかった様子がうかがえます。
 初日は相当に緊張もされていたでしょうしベッドフル稼働という場面もあったりですから仕方ないのですけど、二つ同時に指示を出しても並行処理ができないのでフォローでこちらも疲れました。一つ一つ紙に書いて処理をするタイプのような感じですから、デジタルの同時処理の思考回路へ変わっていただけるまで少し辛抱です。

時邪の変わり目

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ午前中のみの追試ですけど15人を治療していますので、時邪の影響力が変化したとほぼ間違いない結果だと断言できるでしょう。
 秋分の日が境になると思っていましたが「五の季」に入ったようで、時邪のノイズを除去するには肺経の少商と大腸経の商陽に摂按を行うのがいいです。
 脾経の隠白と胃経の厲兌も何度か試しましたが、必ず渋った脈状になってしまいます。関係のない井穴を摂按するとほぼ跳ねるのは当たり前ですが、季節の変わり目で終わったものだと渋ってくるというのは観察できる時間が短いので確信を持っていなかったのですけど、今回しっかり観察できました。

 秋分の日を入れての三連休では小学校の運動会ができず、平日の本日にずれてしまったのですけどあいにく朝から小雨が降ってきています。
 結果論ですから仕方ないのですけど、日曜日だったなら平常プログラムで実行できたのであり月曜日でも短縮なら十分の転校でしたが、台風が過ぎ去っているからと設定した火曜日がここからの天気予報は曇りでも小雨が降っています。
 天気に左右されてしまう行事というのは、本当に難しいものです。鍼灸院の仕事はその日の天候にはあまり左右されないものの、全体的な流れから病状が変化しています。季節も秋になり、時邪の反応を午前中にはまず確かめねばなりません。

 そして本日のこの雨が全くふっっていないてんこうならしょうがっこうの運動会が十分に実施できたのですけど、昨日の途中で火曜日の平日まで延期と発表されていたのでどうしようもありません。
 お弁当の準備やそのほかの家族の都合も考えると早めの決定は仕方ないところなのですけど、それにしてももったいない天気です。
 私も午後からはお墓参りと温泉にしゃぶしゃぶバイキングは計画しているものの、午前中はパソコンだけで終わってしまいました。

 ついさっき、「Logovista辞書ブラウザでも南山堂医学大事典が活用できました - 『にき鍼灸院』院長ブログ」をアップデートしておきました。
 自分のCD-ROMが届いて鍼灸院の二つのパソコンにはインストールしたのですけど、仕事中にやっていたものなので細かな再確認まではできず、自宅のパソコンで細かく再確認をして記事をアップデートしました。
 それにしても医学系の読み上げはやはり難しく、SAPI5の音声エンジンをonecoreとして活用できるのでコンバートした辞書も連携させてはいるのですが、プロトーカーに届いていません。プロトーカーのアドオンが無料公開されていたときに、プログラムそのものを保存しておいて本当に助かりました。

 午前中の一番にお一人キャンセルが出たので、10分ほど余裕ができましたからいきなりの肌寒さだったのでガスファンヒーターを思い切って出しておきました。
 ちょうど待合室と玄関ホールの間のドアもガムテープロックを外したところであり、寒さ対策を一気にやったのであります。
 つい先日まで猛暑で早く時間が経過しないかと思っていたのに、これです。そして連休が明けたなら「五の季」となるので、使う井穴も変更になってきます。

 本日は小学校の運動会が予定されていたのですけど、既に昨日のお昼過ぎで順延が決定されており、見事な雨ということでこの決定は大正解でした(決定するには勇気が必要だったでしょう)。
 それでお弁当の準備でばたばたすることはなかったのですが(まぁ私がお弁当作りをするわけでもありませんし)、昨夜も今朝も安心して眠っていました。
 ところで台風はこの後に東シナ海から対馬海峡を通って日本海に抜けるということですけど、明日は運動会が開催できるのでしょうか?そうしたなら私も出かけることになるのですけど、お彼岸のお墓参りとかそれなりに忙しそうです。
 鍼灸院の方は単純に雨模様というだけなので、普通に予約が入ってきています。

SSD換装サービス

| コメント(0) | トラックバック(0)

 かなり必死にノートパソコンのSSD換装サービスを探しまくっていたのですけど、モバイルノートの方はハードディスクがハンダ付けされている可能性が高いということで断念せざるを得ない感じです。
 でも、ようやく1903へアップしたなら余計なゴミファイルが整理されたようで、しばらくもっさりしか動かなかったものが割ときびきび元通りに動くように戻ったので、普段はほとんど使わなくなっていますからエアコンでの支出も大きかったので一台だけの依頼に決めました。
 ところがこれも急ぎの作成しなければならない書類があり、自宅での作業時間も長いことから今のところ出せていません。来月になったなら帳面の締めも変わるので、ゆっくり出そうと思います。

 毎日たくさんの情報を流してもらえるメーリングリストへ誘ってもらったので加入しているのですけど、2004年の9月17日にプロ野球が史上初のストライキを決行したという記録がありました。
 近鉄バファローズ球団が大阪ドームのネーミングライツ発売を計画したところ猛反対でこのときにはつぶされたのですけど、これがきっかけで事実上の解散へ一直線となっていったと次の人が教えてくれました。
 「あれっ経営上の問題で身売りに出したが当時のLivedoorが名乗り出たもののあの経済事件へつながっていくため話がつぶされ消滅した」とだけ覚えていたのですが、きっかけはネーミングライツだったことは覚えていませんでした。
 それで昼休みにwikiペディアで調べてみると、非常に浮き沈みの激しい球団であり確かにネーミングライツのことから騒動が雪だるま式に大きくなっていったようでした。
 「いてまえ打線」、大好きだったんですけどね。この身売り騒動で、熱狂的にプロ野球をウォッチしていたのをやめてしまいました。

小学校の運動会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 明日から今月後半というか二週連続の三連休であり、この地域では小学校の運動会が一斉に開催予定なのですけど転校が悪い予報です。
 私は仕事優先なので土曜日なら運動会へは出かけないのですけど、今小学生の子供がいるお母さんとしゃべっていたなら昨年は滋賀漢方鍼医会と重なったのでそちらへ出かけていたことを思い出してしまいました。
 どちらにしても今までに運動会へ出かけた方が遙かに少ないのであり、自動車の運転ができれば昼休みだけでも毎回顔を出せていたのかも知れませんけど当てにならない予定で鍼灸院を休みにすることはできません。

 来週から午後のパートさんが交代になるということで、業務を覚えてもらうためにまずは午前中に出てきてもらいました。掃除内容を覚えてもらえばいいのですけど、全体の流れもと思っていたなら最後までいてくれました。
 パートさんの業務としては単純な行為の繰り返しであり、普段と相当に違うところは音声パソコンを扱わねばならないという位なので、パソコンは練習用に貸し出しておきました。
 しかし、素人さんが医療の現場に半分足を踏み入れるということで最初は相当に緊張をするでしょうね、やっぱり。私でも素人なら、慣れるまで緊張の連続になるでしょう。
 それからハローワークに勤務している患者さんが来られていたので高齢の男性からも問い合わせがあったことを話していたなら、案外と受付業務を希望する高齢男性は多いのだとか。でも、特別な資格を持っていたり前職との関連が相当に深くないと利用側が抵抗を示してしまいますから、自分だったなら女性でないとびっくりしてしまうだろうという話でした。

 昼休みに購入したままであまり見ていなかったDVDを順番に観賞しているのですけど、本日は映画版「銀河鉄道999」。
 中学生の時にはドラマレコードをかってなんとも何度もダビングしたカセットテープで聴いていましたし、DVDを購入したときだけでなく二年前にアマゾンプライムで見られるようになったときにも聞いたのですけど、何故か面白くて昼寝をせずに見てしまいました。
 「宇宙戦艦ヤマト」と双璧をなす、あの頃夢中になっていたアニメ。声優さんのかなりがまだお元気というのも、すごいところですね。

 昨日にものすごく急いで改訂作業をしたスタッフマニュアルですが、「どうせならすぐ公開した方が」と更新作業をしたのですけど、これは自宅のパソコンで再度確認することも目的に入っていたからです。
 それで見直していると、XPリーダーのいいところであり悪いところでもあるのですけど記号を読み飛ばしてしまうので、デザインを大幅に変更したときに矢印記号が二カ所残ってしまっていました。
 自宅でワードファイルだけは書き換えることができるもののワード2016はまだほとんど使ったことがなく、HTMLファイルは自動生成させて少し手を加えているタイプのものですから手書き修正に自信がないということで、仕方ないので早朝から鍼灸院へやってきて新しく作り直していました。
 ついでにエラーの出るファイルもあったので、修正してアップロードし直しておきました。ホームページもブログも、やっつけ仕事ではクオリティが保てません。

 今日のランニングマシンは「ゆっくり走ろう」と決めていたのに、どうしてもまだ余力が残っているとスピードが出ていないと不満になるのであり後半はそれなりに飛ばしていました。
 そして一時間を超えてからの延長戦は、「時間は限られているから」と猛スピードで走り抜けています。本当にしょうがない性格ですね。
 シャワーを終えたなら16:30であり、久しぶりにうどんを食べてから帰宅してきました。夏休みの間は昼食抜き状態だったのですけど、やはり遅れてでも三食あった方がいいです。

 新しいパートさんが来週からすぐ入るということでスタッフ用マニュアルを印刷しようと見直していたなら、まだ予約ノートを使っている時代のままでした。
 どこかでリビジョンアップさせた記憶があるのですけど、ホームページのデータが二年半前の常勤助手がいなくなり素人さんと運営していくときに書き換えた状態だったのですから、データがそうなので仕方ありません。
 予約ソフトはその前にテスト欄をして実用レベルにしておいたはずなのですけど、どうしてマニュアルに反映されていなかったのか問題は別として、ほかにも気になる箇所があったり変更されているので、一気に書き換えました。デザインも変更しました。
 院長ブログが一週間で更新というのも異例でしたけど、ホームページも三週間以内の更新はかなり異例なことです。

 アレクサのあほ情報です。鍼灸院とは、全く関係ありませんね(笑い)。
 アレクサは以前から物まねが得意で、犬や猫や猿などをやってくれますし、蝉は何種類かをなき分けていたりもします。アニメのキャラクターも豊富ですが、何故か「北斗の拳」のケンシロウだけありませんでした。でも「北斗の拳のまねをして」で、できるようになっていました。
 あっそうそう、歌を歌うのも得意で、特に「アレクサ音頭」は面白いですね。

 今年のゴールデンウィークまで治療をしていた患者さん、膝が回復したのでもう一度仕事復帰するために断裂している右三角筋の修復手術を受けるということで一時中断となりました。
 本日に入院していたならまた膝が痛くなってきたということで来院されたのですけど、どんな風に傷口がなっているのかと触らせてもらったなら予想外の堅いものがゴツンという感じで触れます。
 「これ筋肉を縫い合わせた手術ですか」と質問したなら、人工関節に入れ替えられたのだとか。水平程度なら挙上できるものの、それ以上に腕を使えるようになるまで一年はリハビリが必要だろうということです。そんなんやったら手術せずすぐ仕事復帰した方が楽だったのに・・・。
 ところで私の昨年11月の左上腕の大けが、複雑骨折になっていたならこの人工関節への入れ替え手術になっていたかも知れないと思うとぞっとしました。水泳はもう無理でしょうし、指先の触覚も相当に落ちてしまったでしょう。入院期間こそ数週間だったかも知れませんが、リハビリ通院のやっかいなおまけもついてきたでしょう。まぁリハビリはまともに受けないですけどね。
 それにしても上腕や肩関節の人工関節というものは、初めて遭遇しました。膝や股関節の人工関節があるのですから不思議ではないものの、びっくりでした。

 先週の金曜日に午後のパートさんが退職したいという話があり、すぐハローワークへ連絡は入れたのですけど今月末までに間に合うのか心配しました。昨年6月は正式な応募がありませんでしたからね。
 ところがところが、午前中にすぐハローワークから電話があり、昼休みに面接をしてすぐ新しいパートさんが決定してしまいました。これほど速攻で決定したのは、実に久しぶりです。
 ここへおまけ話がくっつくのですけど、夕方にかなり高齢だと思われる男性から「募集は女性が対象でしょうね」という問い合わせです。既に決定済みだということで具体的には回答しなかったのですけど、まぁ素人さんにやってもらうのですから女性でないと無理がありますよね。

 昨日に院長ブログへ「 Logovista辞書ブラウザでも南山堂医学大事典が活用できました」を投稿しておきました。
 夏期研の記事から逸し夕刊程度で新しい記事となり、夏期研の存在感が薄れてしまいましたけど特別貸与を受け手の検証作業結果なので、ごく短時間で書き上げての掲載になっています。
 とはいっても視覚障害者には貴重な医学専門辞書が使える話ですから、キーボード操作についてはあれこれ試してそこまでレポートをしています。

 今年の夏期研が終わって早くも三週間、次はまだ3年あるといいながら滋賀の担当でありまずは方針について、それも現時点では相互乗り入れできていない理論で治療が運営されていますからこの扱いについて話し合いました。
 要するに漢方鍼医会という大枠はありながらも、治療体系がいくつか存在していていいとこ取りができない状況に困っています。それぞれの治療室では固精を持ってやってくれるのは別に構わないのであり、完全に一緒のことができないのはずっと昔からのことですから、ここは承知の範囲です。
 それでも前谷組織の研修会というのはいいとこ取りをして一つの皿の上に仲良く乗っているものなのですが、右端と左端の味が違っていても全体バランスが面白ければいいのにエスニックとフランスと和風の料理が一つの皿ではどうやっても調和が取れているとはいえないので会員数の減少に歯止めがかからないのだと分析します。滋賀では適当に本部との距離を取るようにしているので大枠は変わらないものの、それでも人数が減ってしまいましたからね。
 それで夏期研を主催していくのに、参加人数が気になります。今のままでは大幅に盛り返すことはないでしょう。そこで「誰かがテレビにでも出てくれて大ブームにならないと」という発言、かなり以前から私が狙っていたことにみんなの歩調が合ってきたのでした。

 昨日に滋賀漢方鍼医会の月例会へ出かけていたのですけど、朝食は電車の中が恒例ですから次男を連れてコンビニで買い出しをまずしました。
 この夏に騒ぎを起こした7PAY、7-11の会員登録は早くからしていましたからマイルを蓄積するバーコード読み取りとナナコポイントのゲットと支払いが一度でできてしまいますから私としては便利だったのですけど、残金がわずかにあったので使い切っておきました。
 今月末のサービス終了後に返金処理が開始されるのでしょうけど、よほど高額でなければ手続きの方が面倒そうです。だから使い切ってしまいました。でも、ナナコポイントはどないしてくれるねん。

 本当は昨日の方が昼休みには時間があったのですけど、昨日は精神的にダメダメ状態だったので本日にプールへ出かけてきました。ですから、昼寝もなく夕方の現在でとても眠いです。
 朝の掃除の途中で左肩関節の整復を組み込んで必ずやっていますから、午前中の治療が始まると左腕を思い切り伸ばすとゴクッという音がして、関節が大きく動きます。ついでに完全にはまり直してくれればいいのですがなかなか完全整復には至りません。
 それで今日は自発痛がちょっと強めだったので軽快していたのですけど、まず水中で腕を伸ばしてもさほど陸上との痛みの差が感じられず、泳ぎだしも順調でした。
 先週が調子に乗りすぎて後から痛くなってしまったこともあり、本日は少しだけ控えめに合計400m。100m連続でもしんどくなくなってきましたが、スピードが出ていませんね。早く思い切り泳ぎたいです。

ナソは興味深い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ3年後ですが滋賀夏期研の特徴として補助療法を本格的に導入しようとという案が出ていて、ナソについて調べていたなら手技の量が適切かどうかを毛穴の状態で判断できることを発見しました。
 そして証決定が正しいかどうかについても、かなり答えを求められることがわかってきました。興味深いというか当たり前のことなのですけど、衛気・営気で反応が変わってくるのであり、邪論にも応用ができます。
 さらに興味深いことに、一つの経穴について手技は十分と判断できるのですけど今ひとつ斜角筋の下側の角度が足りないということで探ると、六十九難の親子で補わねばならないケースに一日に一度ずつくらいですが遭遇しています。
 さてさて、ここで困ったのが「陰陽調和の手法」です。書きたいことが多くあるのですけど、まずはここは大人の対応で・・・

 最近のIOSアップデートでは、ボイスオーバーの音声が変な具合になってしまうことが連発しており少々悩みの種というか、うっとうしいです。
 標準はkyokoという音声で、これは日本語対応したときからのものでありものすごく安定しているのですけど、古いこともあって音質がそれほどよくありません。そこでkyoko拡張というものがリリースされ音質は改善したのですけど、それでも肉声にはまだまだとお芋のです。
 そこで音声エージェントでおなじみのsiriの女性にするとこれは肉声にかなり近くなって切り替えている人が多いのですけど、そのsiriのイントネーションや余計な読み上げが入ってしまうなどIOS12になってから不具合が連発なのです。
 IOS12.4に遅れてアップしたのですけど、昨日までは変な田舎のイントネーションになり音質も落ちていて困っていました。今朝から音質は戻っていたのですけど、まだイントネーションが一部おかしいです。なんなんでしょうね、これは。

 本日の特に午前中は時間が余ってしまいましたから、「南山堂医学大辞典」の活用法を調べていました。そんな時間がある方が、つらかったですけど・・・。
 NVDAだと完璧に使えるのですけど、条件として先にNVDAが起動していることであり後からPCトーカーを追加してもうまく動作はしてくれますが、先にPCトーカーが起動していてNVDAを追加する形では正常な読み上げにはなってくれません。まぁ読み上げが二重になるので、元々無駄な追加ですけど。
 それから夜になってちょっと反則技ですけど、XPリーダーでも読み上げができるとを確認しました。キーボードの操作などがありますから、すぐ院長ブログへまとめたいと思います。

 本日は精神的にダメダメで特に午前中は電話もかかってこないような状況でしたけど、なんとか午後には持ち直して予約が増えてくれました。
 昨日の予約表の日付が間違っていてほとんど予約のない状況に一瞬パニックになっていたのは、予知夢だったのかもと思えるくらいでしたね、大笑いです。
 やっぱり鍼灸院は患者さんが常に途切れることなくベッド上におられて、希望と笑いの絶えない場所でないといけないと改めて思いました。
 午後のパートさんが新しくたちまち必要なのですけど、鍼灸師を呼び込めたらと皇国も頭をよぎりました。やはりお金をまず出さないと、呼び込むことはもっと難しいのでしょう。お金を出して広告したときには何らかの成果が必ずありましたからね。

 本日は精神的にちょっと明るくなれない材料が多くて、仕事量も伸びていないです。
 次男が何かあるとすねてしまうのは以前からなのですけど、特に最近はひどくて昨夜はピアノの練習のことで母親ともめまくっており、今朝になったなら修復しているかと思えばまたもめ始めて登校しようとしません。学校へ行った方が口やかましくいわれ続けないので、楽に思うのですけどねぇ。
 何度も何度も電話がかかってきて、そのたびに仕事の手を止めざるを得ません。結局は登校しようという気になったものの体育の時間であり、運動会直前なので練習の中へ入りづらいとお休みに。そのペナルティーに、ピアノのコンクールが終わるまではiPadとゲーム機は預かりで、iPhoneもロックされていて宿題が終わらないとリクエストは受け付けないということに。
そして午後のパートさんも、家庭の事情で退職したいという話が。これも仕事に差し支えがすぐ出てしまいます。今度こそお金を使って、広告を出すべきかと・・・。

 本日にもう一つびっくりしたのは、Logovistaから特別に貸し出しを受けている「南山堂医学大辞典」が"Logovista辞書ブラウザ"では使えない可能性が高いと思っていて、昨日に少し試した範囲でもNVDAと同時に立ち上げなければどうにもならない状態。
 しかし、NVDA単独で読み上げさせると非常に快適に使えてしまえました。検索窓へ単語を入れてそのままエンターすれば検索結果がリスト表示されてフォーカスも自動的に移動し、見たい箇所でタブを押すと本文へ入って勝手に読み上げてくれます。しかも、カーソルが自動追尾されています。
 こんなに完璧に読み上げができるならどうしてもっと早くに紹介されなかったのか、一つ購入するしかないです。PCトーカー側の問題ともいえます

 あーっ、さっきは思いっきりびっくりしました。
 金曜日と土曜日ではどちらの方が昼休みに抜けてプールへ行きやすいか仕事の片付けの最後に調べていたなら、金曜日の予約が午前は一人で午後が三人しかないのです。「えっこれじゃパートさんに来てもらう価値もないやん」と冷や汗まで流れます。
 「いや待て、最後に予約をした画面がそのままになっているのでは」とスタートメニューから呼び出し直すのですけど、金曜日は四人だけです。パニックになりそうです。
 でもでも、パニックから抜け出す最善の方法は「自分はパニックに落ちている」と言い聞かせることですから、誰が登録されているのかまで確認すると明らかに今週来院された人ばかりです。そこで予約ソフトを一度閉じて開き直したなら、きちんと明日の金曜日にも予約が埋まっていました。やはり一ヶ月後の日付になっていたようです。
 それにしても世間の鍼灸院なら午前と午後に数人ずつというので当たり前でしょうから、あぁいう画面の予約状況なのかと思うと切ないですね。経済人としても自営業のメリットが全く出ていませんし。

 エアコンのことで家電量販店へ夕方から出かけて打ち合わせは一通り終わったのですけど、コードレス掃除機が少し具合が悪くできれば強力なものにしてほしいという要望もあったので聞いてみました。
 ちょうど希望していた人気ブランドの在庫があり、本当に強力だそうです。ハンディ大夫なのですけどノズルも継ぎ足せるということで、このノズルがちょっと安っぽいのですけど後からでも交換できるようですから、即決で支払って持ち帰ってきました。クレジットカードを使うのに抵抗感がなくなり、本当に便利です。
 突然の大掃除ですから気を利かせてお総菜の買い物をしようと話していたなら、家電量販店の店員さんが食料品の買い物まで手伝ってくれたのでありました。

 昨日の学校が終わってから次男が友達を連れてきて自宅で遊んでいたのですけど、「何かくさい」という子供からの指摘です。毎日のことですから少しにおいには気づいていたもののエアコンをここで確認すると、内部のひどい汚れだけでなくカビが発生してしまっていました。
 この一階に設置してあるエアコンは結婚したときに購入したものですから15年経過しており、今の自宅へ引っ越しの時に買い換えを勧められたものの何かとお金が飛んでいってしまう時期でしたから移設して冷房だけですからそのまま使っていました。
 次の春には買い換えを予定していたので、半年前倒しになるだけですからすぐ家電量販店に出向いて打ち合わせを始めました。実際を見てもらわないと適切な大きさのエアコンがわかりませんし、配管工事の下見などがないと見積もりも出ないということで明日に担当が来てくれることになりました。

 先ほど院長ブログへ「第24回漢方鍼医会夏期学術研修会大阪大会、少々投げやりな結論ですが」を投稿しておきました。ここ何本かはフェイスブックにもリンクをシェアして流しています。
 本部20周年以後に出てきている様々なものを全部集めたというのが今年の夏期研であり、そうなると「好きなように選んで自分でやってください」と少々投げやりな結論になってしまいます。
 すでに実力があり臨床経験もある鍼灸師ならそれでもいいのですけど、新しい会員を増やしてこの素晴らしい技術を次の世代に継承していくにはあまりいい方法とは私には思えません。鍼灸院にはたくさんの患者さんが常に来院されていて、希望と笑顔にあふれた場所であるべきであり、そういう魅力があるからこそ職業として安易に見られず有能な人が集まってくるようにしたいものです。

 最近の水曜日は予約枠を前日までに使い切ってしまい、当日枠も目一杯というパターンが続いています。
 本日も昨日の段階で予約枠がなくなってしまい当日枠を二つ使ったのですけど、11時30分の枠が一つ減って合計が16人。特に最後の時間帯で少ないととても楽に感じてしまうのでありました。
 本当に贅沢なことですね。けれど私の信念としては鍼灸院は常に満杯で、希望と笑いの絶えない場所で会ってほしいのです。

 この夏の猛暑は三週間で急速に落ち着いてくれたとほっとしていたのですけど、また先週から突然に猛暑へ戻っており夏ばての患者さんがこれから急増してくると予測されます。
 ちょうど一ヶ月くらい前に水分を含ませて振れば冷たくなるタオルを購入したのですけど、三週間でこの夏はお役御免かと思いきやまた首に巻き付けています。
 ピークからすれば若干気温は低いので元々楽なのですけど、こちらが楽をしていると患者さんの方がベッド上で汗を出していたというケースが・・・。
 まぁ9月中旬ですからこの猛暑も今週いっぱいなのでしょうけど、冷たくなるタオルは本当に助かります。

 SSDのパソコンを一度使ってしまうと、ハードディスクとの圧倒的な差にもう戻れなくなってしまいます。起動と終了でのスピードの差は歴然であり、隅々の動きの機敏さが違います。
 それでハードディスクのパソコンをSSDへ換装サービスで入れ替えたいのですけど、問題は近くの家電量販店ではやってくれていないので郵送になってしまい、そうなると料金の差がかなり大きいことです。
 いろいろなサイトを見ていて見積もりがメールで戻ってくるところがありましたから試しに問い合わせてみると、256GBBで12000円、480GBで14000円とあり、春のキャンペーン価格がそのまま引き継がれていましたからここに決めました。もちろん2000円の差ですから、でかい方です。ただ、本日はお店が定休日なので連絡ができず、発送は今週後半ということになります。

 先週に南山堂医学大辞典がWindows10だと一度は起動できるものの、二度目はパソコンを再起動しないと使えないことから問い合わせをしたなら、販売がLogovistaに移管をされていました。
 それはいいのですけど閲覧がLogoビューワに統一されていてせっかくのスクリーンリーダー対応を無視しているので、「一度購入はするが使えなかったなら返金保証してくれますか」と半分脅迫のメールをサポートへ送っておきました。
 するとCD-ROMを二週間貸し出してくれるという返信が戻ってきたのには正直驚きました。辞書類は高額なので元々貸出制度があったのか今回のクレームに対しての処置なのかはわかりませんけど、とにかく実物を触れることになりました。
追記
 CD-ROMの貸し出しは、法人が翻訳ソフトを導入するときの制度らしく個人へ貸し出しをするのは特例だそうです。法人が導入するとなれば数がありますから相当な高額になりますし、翻訳精度という点でも気になるところです。
 ところが、かつてPCトーカーでの動作確認に貸しだしたという実例があるらしいです。そんなんやったら最初から貸しだしてくれればいいのに。サポート窓口が勝手に返信をしていたのでしょう、相当に叱られているはずです。

 帰りの新幹線はやっと名古屋で座れたと前エントリーで書いたのですけど、疲れているのは私だけではないものの早朝からの外出であり昼寝もしていないので、ちょっと気を緩めると睡魔に襲われてしまいます。
 膝がガクッという感じで折れてしまい、びっくりして目が覚めてしばらく我慢するというのを繰り返していました。私は眠たい方を我慢できない体質なので、それでもまた睡魔に襲われてしまいます。雪山で遭難したなら、一番に眠ってしまうのでしょう。
 これが我慢し切れたのは、ブルートゥースのヘッドホンを持参しておりミュージックがしっかり聴けていたからです。ワイヤレスだからこそ使えたのであり、コードタイプならちょっとあの満員の中では使いにくかったでしょう。完全左右独立タイプを購入しておいて、早速にランニング以外の別の場面で役立ちました。

 昨日の東京から戻ってくるとき、こちらとしては余裕を持たせて早い時間にしたのですけどそれは誰しもが同じことであり、帰宅時間を繰り上げた人で品川駅は既に大混雑。東京駅はあの蒸し暑さの中で、さらに混雑していたようです。
 それで1号車ながらデッキ近くに立つしかなかったのですけど、名古屋でやっと座れたのですが実は品川駅からの乗車で正解でした。なにせトイレへも行けないのですから、下手に列車を遅らせてビールを飲みながら帰宅してきたとしても弱ってしまっていたことでしょう。
 それに空きっ腹でロングを半時間で二本飲んだなら、それはそれは酔いが回ってしまったこと。安い飲み代でした。

 蒸し暑い東京で中野サンプラザまでたどり着き、午前の座学が終わったところです。
 10年くらい中野サンプラザに通っているのですけど、実はエレベーターのボタンを自分で押したことがなくどんな風になっているのかを知りませんでした。いつも使うエレベーター、なんとボタンが四つしかありません。
 とりあえず触ってしまった上から二番目のところへ行ってみようということにして、ついでに一番目も押してみたならまずは8階で、次が9階でした。これで下から1,7,8,9階ということになっていることがわかり、一度降りてきてしまいましたけど次からは自力で操作できるようになりました。
 下の方はホールなどイベントスペースで、研修会などの会議室関係が7から9階ということになるのでしょう。16階から19階までがホテルになっていて、20階はレストランですね。

 昨日の仕事を終えたなら子供たちとお好み焼きを食べに出かけていたのですけど、実は一昨日も回転寿司に出かけていてそこで奥さんが気を利かせすぎて日本酒を二合も注文してくれるものですから完全な飲み過ぎ状態であり、お好み焼きでまた飲みますから今も正直残っています。
 土曜日の仕事中も頭痛こそしなかったものの二日酔い状態であり、夕方手前は非常に眠い時間帯さえありました。
 それから早朝に出かけてきているのでお腹がすいていません。でも、お好み焼きで焼きそばを食べていなかったことを思い出してコンビニで購入したなら、これが思いの外大きくてヘビーでした。一緒に購入したサンドイッチは食べきれないので、昼食の方へ回します。

 関東方面へ台風が近づいていますけど、JR東海から新幹線の運行に関する情報が早くも出されていていつもの時間なら動くという情報ですから本部会に出かけてきています。
 次が滋賀夏季研でなければ休みたいところなのですけど、まぁ今のところ準備委員長ですから仕方ありませんね。それにしても台風の影響で蒸し暑い。
 ところで久しぶりにレッツノートの方を持ち出してきたのですけど、「あれっiPhoneからテザリングされない」と思っていたなら春にリカバリして8.1へバージョンダウンさせていたのであり、そりゃ登録エントリーがないはずです。

 いやはや、本当に本日の予約表は最初から最後まで目一杯になってしまいました。
 数が多いとお約束のようにドタキャンや変更が発生するもので三人ありましたけど、それでも短縮の時間なのに36人まで達成しました。夏日の気温が高いのに、どんどん増えてしまいました。
 でも、これもお約束通りカルテ記入を後回しにしての処置なので、これから15時からのカルテ記入をせねばなりません。あーぁ、三人ずつくらいなら苦痛ではないのですけど、カルテのまとめての記入は集中力が続かないんですよね。

 本日の土曜日は、予約枠を遙かに超えて臨時枠も目一杯に使っている状態です。昨日までに予約枠がすべて埋まってしまったのですから、仕方ないですね。
 ところが最近の土曜日は当日の電話が割と少ないのに、台風の影響で真夏日に逆戻りしているというのに、朝からあまり途切れずコンスタントに電話がかかってきており目一杯なのです。
 こうなると差し替えの効かない時間が迫ってからの変更やキャンセルは本当にほかの患者さんへ迷惑なのであり、なんともやるせないのであります。

 午前中が少し早く終わったことと午後のスタートが遅いので、本日のプールは余裕がありますからしっかり泳げました。余裕を持ちすぎて上がってきたなら予定時間をオーバーしており、そこからは慌てましたけど・・・。
 実は二日前の夕方に左腕に子供が転がってきて強い力が加わり、また肩関節の痛みがひどくなり可動範囲も少し狭くなってしまっていたのですけど、自分での整復に加えて運動療法もしていたなら今朝にはなんとか元に近い違和感と可動範囲に戻せたというところでした。
 それで泳ぎ始めたなら最初こそ前回よりも腕を回すときの痛みが強いものの、すぐ慣れてきたなら50mもあまりいたくありません。100mも二つ泳げました。
 合計で500m泳ぎましたから予定終了だったの時間に余裕があるのだからと100m50m,25m,25mと200m追加して、本日の合計は700m。ロングを毎回入れていなかった時期なら、短めの練習量に相当します。でも、50mは余裕が持てますが100mはまだ少しだけ必死です。それと痛みを我慢すること自体がよくない。
 けれど、痛みが強すぎて両手同時に脈診することすらできなかったのに、やっとこのレベルまで戻せてきました。

 マイブームというのは誰にでも発生してくるもので、今年の春先には女性患者だとはんこを押したくらいに肺虚肝実証で治療をしていた時期がありました。実はこういう傾向、過去にも何度か経験があります。それでも治療成績が上がってしまうのですから、このあたりが鍼灸は非科学的だといわれてしまうのでしょう。
 それで「これはまずいぞ」と視点が変化できるようにいろいろ試行錯誤してワンパターンから脱出をしてきたのであり、今年は六気で時邪を払う方法を工夫することでバリエーションを戻せました。
 でも、昨日の臨床を思い返すとやはり女性患者の80%くらいが肺虚肝実証でした。涼しいところからまた暑くなったので仕方ないのだと思いますけど、それでも少し多すぎたと感じています。

 昨日にLogovistaから辞書を閲覧するためのビューワについて、非常に残念な文章で責任回避されてしまったことを書き込んでいます「わしゃ知らん」みたいな、自分の責任分担だけしかやらないという文面でした。
 そこで視覚障害者の技術系メーリングリストへこのビューワが使えるものなのかと質問を投稿したのですけど、一つだけあまり関連の深くない返信が戻ってきただけで具体的な答えがまだもらえていません。きっと誰も使ったことがないのでしょう。
 ということで、「誰も使った形跡がないから返金保証をしてくれるならテストしてみたい」というメールをもう一度だそうと考えています。クーリングオフの制度があるのでもちろん数日なら返金保証されるはずですけど、CD-ROMの方がいいですからパッケージを破っていても完全に返品させてくれるという条件です。ちょっと虫がよすぎますか?それだったなら郵送料が発生しないのでダウンロード版の方が無難ですね。

 顎関節症は開業したときから経験している症状ですけど、一昨年に初めて口の中が痛むというものに遭遇しました。
 顎関節症の延長で側頸部が狙い目だろうと治療をしていくと、一発でビンゴでありなかなか口の中が痛むまで放置されていたものですから一朝一夕には回復しないものの、着実に効果は上がってくれます。
 この口の中が痛むというものが今週は連続しており、効けば大阪には歯科心療内科というのが存在するらしいです。びっくりしました。数は少ないものの、それだけ口の中の痛みが回復しないという患者さんが世間にはあちこちにおられるということですね。これは反省点でもあります。

 最近はパソコンネタの方がかなり多くなっていますけど、自宅のノートパソコンも昨日の朝に自動運転から1903へのアップグレードができていました。
 ところがアップが完了した場面に不在でしたから、NVDAが起動してしまうなどの対処法はわかっていたのですけどクラシックシェルというスタートメニューを置き換えるソフトが管理者権限でオフにされてしまい、いくつか調べてみたのですけど書かれている中身とちょっと違っていました。
 ランニングから戻ってきてよくメッセージを聞いてみると、クラシックシェル本体ではなくアップグレードプログラムがブロックされているとあります。それでスタートメニューは普通に使えていたのが納得できました。
 それでアンインストールと再インストールの作業をしたところ、エラーが表示されなくなりました。それにしてもハードディスクのパソコンでは起動速度がかかること、どうしても自宅のものだけはSSDに交換したいです。

 先週のリペンジで、スポーツ対応のブルートゥースヘッドホンを装着しながらランニングマシンでスピードを出して走ってきました。
 まずストレッチ中なのですけど先週はなぜか片耳だけではペアリングをしなかったのに、あっさり右だけでも左だけでも片耳でもペアリングをしてくれました。これはニュースを聞きながらストレッチをするのにとても便利。
 そして両耳でステレオにしながらランニングマシンで走ったのですけど、片耳だと気を紛らわせるには十分ですが音楽を楽しみながらというレベルではさすがになかったものが、しっかり音楽を楽しみながら走りきることができました。

 南山堂医学大事典がWindows8.1以降ではパソコン起動後の一度しかできない件、そこまで使用頻度が高いわけではありませんからとりあえず使えるということでいいことにします。
 けれど、最新版はLogovistaからパック版として発売されているらしくLOgovistaビューワを使って閲覧する形式になっているとか。
 そこでメーカーへ問い合わせを出したところ、はんこで押したように「他社製品との連携は視野に入っていないから知りません」という回答。東京パラリンピックまで一年を切っているというのに、バリアフリーもユニバーサルデザインも頭にない人はないのですよね。というより、自分の仕事さえできていればいいという人は、やはり多いものです。

 昨日は「なんでやねん」というくらい最近にしては本当に珍しい電話のかかってこない日だったのですけど、本日の水曜日はまた「なんでやねん」というくらい予約枠がすぐ埋まってしまいました。
 水曜日は当日枠をすべて使い切るのが最近だったのですけど、昨日の様子からだと通常枠で十分だと踏んでいたのに「なんでやねん」です。
 まぁ忙しいということは喜ぶべきことであり、3年後の滋賀夏期研に向けて補助療法の検証がたくさんできるのでありました。

 どのみち雑用で思ったほど時間が使えないならということで、午後のパートさんに買い物へ出かけてもらいました。
 待合室に掲示してあるサイン色紙の額が二つも壊れてしまっていることと、家族全員がiPhoneを所有するようになって充電器とコードが足りませんから100均で仕入れてきてもらいました。ついでにインスタントコーヒーとかも。
 見渡してみるとローラーのりや不宣もなくなっていたということでしたが、ボールペンだけは大量に在庫があるようです。

 雑用のためにブログの執筆ができると思っていたものが、全くできない状態になってしまいました。
 自宅のパソコンも1803のままでアップされていないことから昨夜から1903へ更新させているのですけど、あまりに時間がかかるので朝は一度スリープ状態にしてきましたから夜に使うことができません。
 はてさて第24回夏期研大阪大会の記事は、いつになったなら本格的な執筆に取りかかれるやらです。らランサムウェア対策とかいうボタンがあったので押してみたならドキュメントの中のファイルが書き込めなくなってしまい、ソフトが悪いのか何なのか最初わからないので、これもずいぶんと足止めを食いました。

 本日はまた本業がそれほどでもないのに、余計な用事の方で忙殺されています。
 まず日曜日に大慌てになった「南山堂医学大辞典」なのですけど、これはパソコン起動後に一度だけ立ち上げられることがわかり、つまり二度目に使おうとしたときにはパソコンを再起動すれば一応問題解決できることがわかりました。
 次に預かっているパソコンでスリープから復帰するとき、pinコードの入力がどうしても出てきてしまいます。四桁の数字だけですからそのままでもいいのですけど、なるべく簡単に使いたいということなので削除させようとするのですがこれがスクリーンリーダーではうまく捉えられず失敗してしまいました。マイクロソフトアカウントのパスワードを一度変更したのはいいですが、元のパスワードに戻せないという致命的な失敗をしてしまいました。まぁご本人はマイクロソフトアカウントすら知らないままで使われるのでしょうけど。
 ということで、強引に預かっていたパソコンのセットアップは夕方で終了ということにしました。

 昨日の昼休みに「宇宙戦艦ヤマト」の初代テレビシリーズをDVDで見終えました。
 ここ数年間は「宇宙戦艦ヤマト2199」でしたから、かなり新鮮みが戻ったことと小学生時代との印象の違いが多くありました。台詞が暗唱できるほど、繰り返し見ていたのにね。
 それにしてもデスラー総統は、何度も何度も死んだはずなのに復活をしてきます。デスラー砲の反射を浴びたなら、それも直撃なのですから助からないはずなんですけどねぇ。

 その嵐のような一日ですけど、臨床第一ですからしっかり研究課題は追いかけさせてもらっています。
 五気による「季節の治療」は時間がなくてできませんでしたが、六気の時邪を払うことでの脈状変化については観察を欠かすことなく行い、「明らかに邪が侵入してきている」というケース以外では邪論での治療は行わなくなってきました。言い換えれば邪の排除が必要な「これ」というときに用いると切れ味がいい治療法であり、常に用いていると刃先がかけてしまい余計な傷口を作ってしまうように感じ始めています。
 逆の表現をすれば生気論での治療に見切りをつけるのが早かったというか、別の切り口が出てきたなら目を奪われてしまいその夢から覚めると、やはり古里は素晴らしかったというのが実寒です。応用範囲も古典の大半を占めている治療法なのですから、やはり手応えがあります。
 結論を書けば、邪を抜き去る治療法は即効性があり強力で全体を動かす力も大きいのですけど、手段として抜き去っているのですから自ずと限界がありそのうちに効果が薄れて治療間隔を開けないと対処できなくなってしまいます。蓄えがなく前借りだけをしているようなもので、決して貯金をしているわけではないから限界が来るのです。

 本日は嵐のような一日であり、今はぐったり疲れています。まだ月曜日が始まったところなんですけどねぇ。
 夕方こそ二人だけでありゆっくりしゃべることができていましたけど、午前中は当日枠を超えて目一杯の17人であり、合計で33人ですからこれだけでも大変。
 その中に夏期研での点字印刷の振込用紙の中身を伝えてほしいという要望があり(会計を早く閉めてしまいたいということらしいです)、準備しかしておらずメール本文へもパートさんに打ち込んでもらったのですが約束を守るように段取りがきつかった。その前にカルテ記入ができなかったので昼休みにはみ出しており、これも午後に間に合っていなかったのが実情。
 そして夕方手前から本日のメインイベントで、メールデータを元通りに復旧させられるかをぶっつけ本番でやります。Outlockは使ったことがないだけでなく音声ののりもかなり悪いので、パートさんもよくわかっていないところですから「ああでもないこうでもない」と、メールアカウントの設定だけで一時間近くかかります。
 そしてSDカードへ保存しておいたバックアップを戻すのですけど、いつものことながらわかりにくい機械翻訳の日本語なので最初はサブフォルダの形にしかなりませんでした。バックアップデータはあるのだからとサブフォルダを一度削除して、別の方法からやってみると見事に合体が成功しました。
 やれやれです。パソコンのリカバリ作業は何度も経験していることなので慣れているのですけど、大切なメールデータをそのままの形で戻すというのは本当にしんどい。自分のものならいいのですけど、ぶっつけ本番になるのでここは時間を掛けていましたから、本当にやれやれです。

先ほどホームページの滋賀漢方鍼医会講義録へ、「 十二指腸潰瘍から来ていた首の痛み」を追加しておきました。
 てっきり点訳作業をしていたのでテキストファイルをカルテ管理をしているパソコンに保存していると思い込んでいたのですけど、USBメモリ上で動かしていたらしく見当たらないのは驚きました。
 まぁメールへ添付しておいたのでそこから取り出せるという安心感はあったのですけど、いずれホームページで公開するものなら作業の下準備としてあらかじめコピーしておくのがベターでしたね。

 午前中からまだ義理の両親から預かっているノートパソコンの調整とホームページの更新作業を並行して行っていたので、三大同時にパソコンを使うというのはなかなか大変です。
 そのときに「ついでだから」と南山堂医学大辞典のプログラムもインストールしていたのですけど、インストール直後は起動できるのにその後が反応しないので調査です。
 どうやら1903になってプログラムがブロックされるというのか動作がおかしい感じで、SSDマシンでも一度しか起動してくれませんでした。XPマシンを複数残していますからたちまちは大丈夫なのですけど、なんとかならないものでしょうか。

 OSをリカバリさせるメリットは、最適化と軽量化させられるの一言に尽きます。
 最適化させるの中には新しいドライバが出ていたのに更新されないままで、パーツが発揮できるパフォーマンスを発揮していなかったというケースもあります。リアルテックHDオーディオが搭載されていたのですけど、古いドライバのままでしたからリカバリしたなら音質が数段向上しました。
 インテルのスクリーンチップも入っていましたが10年前だとアプリで制御していたものが今ではドライバソフトだけで十分であり、適切なカラー調整をバックグラウンドでやってくれているみたいです。
冷却ファンの制御とかバッテリーは今回外されているので関係ありませんけどバッテリー周りとか、ソフトによる進化はめざましいものだと実感しました。自宅とモバイルで使っているAcerのものは純正に近いリカバリをしましたし鍼灸院のSSDパソコンは完全な純正リカバリです。レッツノートだけパナソニックの制御ソフトが必要なのですけど8.1へ戻したものはとても軽い動作をしています。

 もう一度リカバリをした話の続きですが、クラシックシェルというスタートメニューをカスタマイズするソフトを使っているのですけど、ここにもごちゃまんとアプリ一覧には出てこないソフトが残っていましたから、「これはあかんで」と頭を抱えていました。
 今は設定画面からネット接続が始まるのであり、有名メーカーの部品なら勝手にドライバソフトは取ってきてくれるのですから、Windows98時台のようにメーカー独自のシステムでないと動かないソフトが発生してしまうことはあり得ません。
 そうなるとアプリ一覧には出てこないようなソフトの残骸を抱えているのは幽霊屋敷に住み続けるようなものですから、またウィルス感染を起こしてしまうのでありすっきりさせた方がいいと決断したのです。
 それに私自身が、パソコンを扱うと一度はリカバリしなければならないほどいじり回してしまう性格であり、そこまでいじれば最適なシステム構成がわかるということでその後に堅牢なものを使えるようにしてきた、そのままをやっただけのことなのです。

 パソコンのセットアップ作業をやっているとどうも集中力がそちらへ削がれてしまうので仕事がおろそかになるのであり、義理の両親から預かっているノートパソコンももう一息まで来ていたのですけどどうにも気になって仕方ありません。
 決定打はGoogle日本語入力を入れたとき、ユーザ辞書をコンバートしようとするのですけどタスクバー右下のいつもの表示が出てきませんしコントロールパネルにも現れてきてくれません。そうでなくても毎回変な検索ボックスにフォーカスが飛ばされてしまうのであり、いい加減にうっとうしかったので高度なスタートアップを調べるとメーカーの変なプログラムがご茶マント残っています。
 思い切ってこれらのメーカーからのスタートアッププログラムを外してみると、驚くほど起動速度が上がりますし動作もさらに速い。マイクロソフトオフィスの認証が通ることも確認しましたから、これで純正の余計なものが一切入っていないWindows10へリカバリすることを決意しました。
 作業を始めるともう手順はわかっていますし必要なファイルも手元にありますから、真気にマイクロソフトアカウントも取得して三時間ほどでシステムはほぼ完成したのでありました。ハードディスクのために起動時間がかかる以外は、驚くほどシンプルで早いパソコンになりました。DVDソフトを見ていても、とても快適です。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、2019年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年8月です。

次のアーカイブは2019年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。