2019年10月アーカイブ

 SSDへ交換したなら起動しなくなってしまったモバイルパソコン、夕方に業者に取りに来てもらいました。
 しばらく待合室で確認作業をされていましたが、やはり持ち帰っての作業となるようです。昨日に外付けにはしなかったハードディスクをまだハンマーでたたいて壊しておらず、ここからもう一度コピーし直すことになるでしょうか。
 そうなるとまた信頼性の低い状態になってしまうので、この際ですからリカバリしてもらって構わないと付け加えておきました。外付けにして認識されないハードディスクも、預けておきました。

 昨日にSSDへ交換してもらったモバイルパソコン、向こうのお店で一度起動と終了をさせてからすぐ鍼灸院へ戻しておきました。
 今朝に軌道を指せるといつもの準備中のアナウンスが出ないのですけど一応起動したものの、その後もキー操作が不確実な状態ですから再起動をさせ、そのまま朝の掃除をしていました。
 十分に時間はあったのでデータベースの再構築もそこそこ進んでいるだろうと様子を見に行くと、今度は全く反応がありません。画面を見てもらうとOSがロードできなかったという表示になっていて、回復の操作をしてもだめです。おまけに外付けハードディスクとして戻してもらった1TBのものも、「ディスクがありません」という表示であり、持ち上げても振動をしていません。
 これは向こうのミスだろうとすぐ電話をして、持ってきてほしいと言われたのですがすぐ近くなので夕方に取りに来てもらうことに交渉成立です。

昨夜の回転寿司

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨夜の夕食は娘と次男の三人で外ですることになっていたのですけど、次男が音楽発表で三日連続のピアノ演奏をしてきたと言うことで頑張ったご褒美にリクエストの回転寿司へ出かけることにしていました。
 それで歯医者から自宅へ戻ったなら出かける段取りにしていたところ、ビバシティの中を通るのが近道ですから歩いていると駐輪している自転車がばらばらに置かれているのでちょっと苦心しながらの時、買い物をしてきたらしい親父に出会いました。
 夕食の買い物をしてきたようなのですけど、偶然出会ったのですから一緒に回転寿司へ出かけることに。子供たちはお小遣いをもらってお寿司を食べてと、お得な夜でした。

 先週に右上奥歯で歯と歯の間に食べかすが詰まってしまいなかなか取れず、そこから違和感が発生してしまったので「もしや」と思って歯医者へも出かけてきました。
 二年前に親知らずの隣の大臼歯を歯槽膿漏から抜いており(このときには右下の痛みがあったのですけど原因が右上であり気づいたならぐらぐらしていたのでその日のうちに抜いてもらいました)、その隣ですから心経がやられているのではないかと心配したのですけどこれは大丈夫とのことです。まだ還暦には間がありますから、奥歯だけでも入れ歯というのはいやなんですよね。
 やっぱり少なくとも半年に一度ずつは歯石の除去をかねて、はの掃除はしてもらわねばならないと言うことでしょう。
 それにしてもここの歯医者さんは二代目と言うことで固定した患者が多いのですけど、午前中なら待合室に人がいるものの午後はほかの歯医者と同じで誰もいない状態であり、先生のワンオペはちょっと気の毒です。

 午前中の仕事のまだ途中、先週にハードディスクからSSDへの交換サービスに出しておいたものが完了したという電話があったのですけど、「どうしても本人にも来てほしい」という連絡です。
 確認してほしいのが「思ったほど早くないというかあまり変わらない」と言うことで、せっかく交換してもらったのにハードディスクとSSDが起動速度などで差がないではお金の無駄遣いです。というよりも、スクリーンリーダーなどで速度が著しく制限されているのではないかを確認してほしいと言うことでした。
 実際に起動させるとセレロンCPUのものでもハードディスクの標準的なものより早く、「SSDへ交換したのに」と言われないかということの確認だったようです。モバイルノートでこれくらいのスピードになれば、思い切り十分でした。
 そして自宅用のノート、鍼灸院で使っているものよりもメモリは小さいもののネット接続を含めてスペックが上回っているので、動作が軽妙です。近くで交換してくれる業者が会って、本当に助かりました。

BEATLESS

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ二ヶ月は残っているものの、今年一番夢中になったアニメが"BEATLESS"。放送は昨年中に完結しているのですけど、まだかなり寒い頃にプライムビデオで一気に見ました(聞きました)。
 小説が発表されていた頃から非常に話題となっており政府にも注目されたという、100年後に人手不足とAIの進化と技術革新から、人型アンドロイドが普及した世界が舞台になっています。
 この話はよく寝られていて相当に難しい部分が多く、二度は通しで聞いてさらに気になるところを聞いたのですけどどうしても場面の理解が不十分なところがあり、小説が音訳か点訳されていないかと探したならどちらもありました。それで今は音訳の方を夜中に聞いているのですけど、一時間半くらいでは物足りないです。

 今日は昼休みと午後の空き時間を利用して今月の帳面を整理していたのですけど、先月にも見慣れない項目があり「これは窓口に一度質問をしなければ」と思いつつ、それほどの金額でなかったのでいつの間にか忘れていたものが再び出てきました。
 それも"クレジット"という名前で出てきます。さらに"AP..."という項目がついてきますから、「今すぐ問い合わせねば」と銀行へ電話です。
 一度目の問い合わせをして調べて折り返しを待っている間に、自動引き落としで新しい項目を申請していないかを思い返したなら電気の契約を普通のものは昨年秋にネット接続のeoへガス料金とともにまとめてしまっているのですけど、動力は関西電力に残したままになっていたものが新しい会社へ引き渡したことを思い出しました。
 確かに自動引き落としの書類があるということで、不正なものではなく新生銀行のクレジット会社が引き落とし先まではわかりました。おそらく新しい電力会社なのですけど、最終確認はタイムアップで明日以降になりました。
 それにしても銀行員の兄ちゃん、「見慣れない非聞き落としがネットで見たならある」と最初に質問しているのに通調番号を尋ねず名前で検索しようとするし、調べての折り返しは相手先の会社名だけでそれ以上をさかのぼる努力をしていないし、子供の使いそのものでした。全く役に立たない電話応対、昔の銀行マンとイメージが完全に違ってしまいました。

 脳出血から左の片麻痺が発生してしまっている患者さんなのですけど、この人そのものはまだ頻繁な不整脈があるので二度目の脳溢血を起こさないようにという注意はしましたが、今痛みのある左膝はおそらく亀裂骨折です。
 書きたいのは介護する側なのですけど、力任せに体位変換をしているので、それでは消耗戦になってしまい次にまた悪くなってしまうと注意をしました。
 それにしても入院中に家族へ介護の練習をさせていなかったとか。これはリハビリ室の怠慢です。せめて体位変換の方法くらい、素人さんには教えておかないと次の痛みの患者さんを作ってしまうだけです。まぁ教える技量も技術もないのかも知れませんけど。

 今までアマゾンの通販から購入をして、「これはちょっと違っていたなぁ」というものでも引き取り手が現れたりして返品をしたことがなかったのですけど、シェーバーだと思って購入したのが脇毛の手入れをするものみたいだったようで、これは使い道がありません。
 3000円くらいのものなのですけど、目をつぶってしまうにはちょっと惜しいのであり経験ということで、返品処理をしました。返品処理そのものはアプリからの方が楽で、すぐ完了。箱をまだ壊していませんでしたから梱包がそのまま使えますし、バーコードもまだありましたから中身に貼り付けることで向こうの処理も迅速にされます。
 そして集荷の申し込みなのですけど、webからだと混雑していていっこうに前へ進まずフリーダイヤルから電話してみると、これがあっさりオペレーターへつながりました。すべて記入済みの集荷表を持った状態で、取りに来てくれるそうです。一度経験してしまうと、実に簡単なことでした。

 今朝にIOS13.2がリリースされていたので、珍しく速攻でアップデートしてみました。
私はMVNOでiPhone7を使っていますから、モバイル通信が可能かどうかをレホーとを待ってからアップしているのであり特にメジャーリリースの時には一ヶ月くらいは待ってからアップする方なので、異例中の異例です。
 というのも、IOS12.2からボイスオーバーの読み上げにsiri女性音を使っていると変な読み上げが加わったりイントネーションがおかしかったりとすんなり聞き取れなかったのですが、プライバシーポリシーの改訂があるということで改善を期待してのことでした。
 再起動直後にはkyoko拡張に勝手に変わっていたのでびっくりしましたけど、これは少し使っているとまた勝手に戻りました。そしてイントネーションがおかしかったもの、改善されていてよかったです。

 今朝に出勤をしてきてカバンから道具を取り出していると、「あれっ外付けハードディスクがない」のです。
 メールのデータフォルダを外付けハードディスクにすることで、鍼灸院と自宅のパソコンどちらからでも全く同じ環境でメールができるようになっていますし、モバイルの時でも同じことができるようになっていますから非常に便利なのです。
 昨日に自宅でメールを開いた覚えがないので、さらに一日分のメールが蓄積することになると余計に「これは困ったぞ」と思っていたなら、偶然左の机においてあるのを触りました。土曜日の夜に持ち帰るのを、単純に忘れていたようでした。

 先週から副院長が仕事復帰しているのですけど、今のところはまだウォーミングアップ状態で問診もやっていません。
 ローラー鍼と円鍼は「昔取った杵柄」ですからすぐ元通りになっているのであり、側頸部の邪専用ていしんも任せるようにしています。
 そしてゾーン処置で大幅に標治法の時間短縮と効率化が図れているのでこれと組み合わせていくのですけど、まだタイミングがよくわかっていません。けれど今朝は思い通りに早められたとまでは行きませんけど、一時間半で9人こなしていたところで余裕を出すことができていました。まだまだこれからです。

午後になってスポーツ用ブルートゥースヘッドホンの交換用新品が、メーカー直送かと思えば発送元がアマゾンで届きました。
 それですぐに調べてみると、若干ですが充電コードの刺さり方が新品のものだとしっかりしている感じであり、一時間ほどの充電でしっかり使えました。ということは、本体には問題がなく充電コードが元陰だったのでしょう。
 古い方は返品の必要がないということですから、充電コードがもう一つ手に入ればラッキーということでアマゾンアプリからコードを写真撮影してみましたが、これは該当するものがありません。いや、私がカメラを向けていたのでうまく撮影できていないだけでしょう。
 それでiPhoneと接続させてみたのですけど、品名は同じながら固有コードが違っているとだめのようでペアリング作業からせねばなりませんでした。ペアリング成功時と両耳のペアが確立したときのメッセージが微妙に異なっており、自力でどちらのペア化の判断ができそうです。

 頭痛が主訴の患者さんを改めてカウントしてみるとほぼ一日に一人ずつありそうな感じだと以前に書いたのですけど、今週がたまたま重なっていたこともあるでしょうが本当に一日に一人ずつありました。
 保母さんをしていてバドミントンもしていますから運動不足ということもないのに、中学生の時からの頭痛が10年も続いているというのが午後の患者さんでした。服薬で治まるときと治まらないときがあるということであり、頻度は週に数回からひどいと毎日でした。
 骨盤がずれての頭痛でもなく側頸部の硬結がひどい状態なので、的は側頸部に絞りました。いつの間にか頭痛の回数は激減していて、頭痛になりそうなときでも踏ん張れるようになっています。こうなると本人の方が治療に積極的であり、最初は口数が少なかったのによくしゃべって、途中は爆睡をして満足そうにして戻って行かれました。

 本日にスポーツ用ブルートゥースヘッドホンの交換用新品が届くことになっているのですけど、昨日に慎重に充電をして10分ずつくらいですけど使っていると、今のところなんともありません。
 ひょっとして充電高度に左右の指定があるのかもと思うようになりましたが、マイクロUSBで二股になっているものはどちらも同じですからブラ具式のものですけど違いがあるとは思えません。充電器の方を買えてみたこともあるのですけど、これも同じように充電ができたりできなかったりでした。
 そして普通のカナル型ヘッドホンと比べてみると、やっぱりこれは重たい上にがっちり耳に固定されている感じがあります。見た目もスマートではないでしょう。でも、スポーツ専用だから構わないのです。うまくいけばスポーツバッグとリュックそれぞれに、専用として入れておけるようになるでしょうか。

 日曜日に滋賀漢方鍼医会の月例会で頭痛をテーマに研修したばかりなのですけど、頭痛を主訴として来院されている患者さんがそれなりにいるという答えをしていましたが、今週になって確認すると毎日一人はおられました。
 頭痛が主訴で来院されて回復すると「類は友を呼ぶ」で同じような主訴の患者さんを紹介されるのはごく普通のことですが、以心伝心というのか風の噂というのかどこからか類似の主訴で来院される人が多かったみたいです。特に骨盤がずれることから発生してくる頭痛に対処できているところはそれほど多くないでしょうから、風の噂が広がっていたのでしょうか?
 でも、「たかが頭痛されど頭痛」というのか、頭のことですから安請け合いはできません。最初に物理的な変化がどこかで発生していないか・それは手技療法で対処すべきものかの鑑別が絶対に必要です。脳腫瘍には未だに出会ったことがありませんけど、手術後のものについては一度だけ経験しています。

遂にADSLから卒業

| コメント(0) | トラックバック(0)

 インターネットへ接続したのは確か1998年でメールが必要だったからです。ご存じWindows98で爆発的に一般市民が流入してきた頃でしたが、私は患者さんの強引なる勧誘でMacintoshでしたからiMacで接続をしました。
 ISDN回線へ切り替えたりなど当時の接続環境は大変で、いろいろと事件も発生しました。そしてADSLが鍼灸院へやってきたのが2002年、日韓サッカーワールドカップの直前でした。常時接続になったこと、うれしくて仕方ありませんでしたね。wifiはこのときに自分で設置を既にしていました。
 しかし、時代の流れで導入は遅かった方ですけど光ファイバーとなり、ADSLそれ自体がサービス終了が見えているものなので、自宅のケーブルテレビへ電話番号が切り替わったことから解約手続きをしました。オペレーターも慣れたものというか、当たり前のことを一つ一つこなしているという応対ぶりでした。この春の突然の接続不能さえなければ、もう少し使っていたとは思いますけど、家族五人が一気に接続するのですから既に容量不足でありやはり時代の流れでした。

 かなり雨が降っている中でしたけど、昨日までの予約状況だと昼休みが長くできそうということでプールの予定にしており、弁当も持参してきていませんでしたから出かけてきました。強引に出かけたという感じで、足下の水たまりに何度も捕まっていました。
 泳ぎとしてはアップに25mを往復と50m、ロングもどきで100mと200m、そして背泳ぎの25mを往復にダウンで25mを往復。まだまだ練習ができるようになるための練習をしている段階ですけど、前回みたいにターンでしばらく停泊するようなことがないように気をつけてきました。
 それからプールの工事が今週は入っていたのですけど、水を抜かずにプールの底にフロアシートが新設され汚れが目立ってきていたものを隠すようになっていました。私はすぐ足の感覚でわかったのですけど、隣のコースのおばちゃんたちはそれまで全く気づいていなかったとか。泳いだときの波の跳ね返りが緩くなり距離がしばらく把握しづらいとは思いますけど、これは癖のようなものですから慣れてくるでしょう。

 今日は雨の中ですけど、自宅のエアコンを分解掃除してもらっています。フィルタータイプでもオートクリーンタイプでも数年経過すれば内部の汚れを専門家に掃除してもらわねばならないのは当然ですが、ちょっと我が家は早すぎる感じがします。
 内部にカビが生えているというのですけど、これはオフシーズンに生えてしまうようでありシーズンオフになるタイミングでフィルターやその周囲の掃除をしておかねばならないということでしょう。
 それにしても鍼灸院くらい毎日長時間回しているならわかりますが、一般家屋で5年未満で掃除が必要というのは普段の掃除がしていないからでしょうか?せっかく強力なスティック掃除機を購入したりしているのですから、子供たち自身に掃除をさせねば・・・。

 記憶が間違いでなければ開業した年の暮れから来院していただいている患者さんです。「記憶に間違いがなければ」というのは、電子カルテへ切り替えたときにそれまでのデータベースソフトからすべてはインポートできず、個人情報だけを引き継がせるしかなかったので診療記録をリセットしているためです。
 まぁそれでも30年はつきあいがあるということで、こちらはまだ一番上の子供でも中学生ですけど向こうは来年におばあちゃんということで、お互いに「年月が経過したんだなぁ」という感想です。
 けれど今の五十代は定年を10年も残しているのであり、スポーツをしていたなら現役から少し引いた程度で若々しい人も多くいます。ところが、この患者さんは声が声優のように非常に若いのですけど最近体調がずっと悪いということで先週から来院されたなら、脈が非常に堅くて思い当たるのは高血圧です。それで今週に何度か測定してきてもらったなら、やっぱり高血圧。この症状は、本当に年齢を感じさせてしまいました。

 昨日にスポーツ用のブルートゥースヘッドホンのバッテリーがよくないので交換希望を連絡したなら、メールが戻ってきて保証規定で新品をもう一度送付することが可能だとありました。
 返金も希望できましたけど、ここは新品をもう一度送付してもらうことに。しかも、ラッキーなことに手元の商品は返品する必要がないとか。もし充電コードだけの問題であれば二つ手に入ることになり、ますますラッキーですけどこれは現物が届かないと判断できません。
 そしてSSDの交換サービスに出していたもの、モバイルノートの方も交換可能ということで「セキュリティシールをはがさねばならないのだが大丈夫か」という電話が来ていました。

 昨日と本日はまた半袖でも十分なくらいに暖かいのですけど、先週から突然に夏から冬に秋を飛び越して季節が変わってしまい変な脈状を皆さんされています。
 そして陰実証を除いては邪論で治療することがものすごく少なくなっていたのに、ぎっくり腰を含めて病因のはっきりした症状が多くなっていることもありますけどまた最近邪論を採ることが多くなってきました。
 そして女性ではまた肺虚肝実証が目立って多いです。六気では「五の気」がまだしばらく続くのですけど、五気だと既に土用に入っているのでそのあたりも影響しているのかも知れません。

 急ぎの原稿がなければ自宅で長時間のパソコンをすることが少なくなっているのですけど、昨日にSSDへの交換サービスに出した途端に用事が発生してきたりするのです。
 8月に購入したスポーツ用のブルートゥースヘッドホン、まだ二ヶ月しか経過していませんし充電コードの問題化とも思えるので試行錯誤していたのですが、どうも左用のバッテリーが悪いみたいで交換の申し込みが必要になります。これをiPhoneからやろうとすると、細かな作業なのでとてもできません。
 そして本部学術部へ入らないかという話が舞い込んできて、こちらは伏線の意図も読み取れますから「もっとストレートに話を通して」というのですけど形式やあちこちへの配慮を優先するのとしばらくかみ合わず、話が膨らみすぎて「あはきワールド」の情報も出てきて、その後にメールを送る約束に。
 もう一台ノートパソコンが残っていて、今回は助かりました。というよりも、普通はストックがなくならないように一台ずつ改造作業へ出していくことになるのでしょうけどね。その計算があったので、二台同時に出してこられたのですが・・・。

 昼寝を二時間してしまったから後なのですけど、次男が小学校からちょうど戻ってきたときに目が覚めました。昼寝の最中はラジオ和歌山を初めて聞いていました、面白いですね。
 そこから水曜日の運動ができていないということで、まだお腹は満腹中枢活性中だったのですけど荷物を詰め込んでスポーツプラザへ。
 一時間のランニングは無理と思いつつブルートゥースヘッドホンの電源を入れようとしたなら、またもや左耳用がバッテリー切れです。まだ購入して二ヶ月、本体が悪いのか充電用USBコードが悪いのかは問題の切り分けが完全にはできませんけど、左右にコードは差し替えて充電していたのですから本体のバッテリーが不良品ではないかと推測されます。これは早速に商品交換を申し出なければと、鍼灸院からWindows8.1のノートパソコンを久しぶりに自宅へ持ち帰ってきました。wifi中継器の方へ接続させると、非常に快適にネット閲覧ができています。

 最近の水曜日からすれば拍子抜けだった午前中の仕事だったのですけど、水曜日ですから午前のみの仕事であり「こういうこともあるさ」と副院長と一緒にまずは昼食に出かけました。
 すでに来月の治療室例会後の懇親会は予約してあるのですけど、盲導犬のことを伝え忘れていたことと大まかなスタートからのメニューを決めておきたかったのです。フカヒレスープも出ることになりました。「このメニューでは量が少ないので」ということですから、九つほど注文してしまいました。
 その後にハードディスクからSSDへ交換してもらうためにパソコンのお店へ約束の時間に到着し、しばらく確認と話をしていたのですけどお腹がふくれすぎてちょっと眠たかったです。SSDはこれから発注するとのことで、今週いっぱいくらいまで交換作業にはかかるのではないでしょうか?
 その後に鍼灸院まで戻って手から銀行へ出かけ治して用事を済ませてきたのですけど、あまりにお腹がふくれていて気持ちよく二時間も昼寝をしてしまいました。

 本日は水曜日ですから午前中のみの診療であり、仕事が終わったならその足で現在自宅で使っているノートパソコンをSSDに交換してくれるサービスに出してきます。
 さっきまで鍼灸院の机で並べて使ってみたのですけど、起動と終了で圧倒的な速度差が発生するだけでなく、やはりソフトを走らせていても反応が違っています。
 鍼灸院で使っているものは元々Windows7がベースであり、メモリが8GBにはなっているもののCPU醒脳はこちらの方が低いのにスピードに明らかな差があります。自宅が光ファイバーに変わったので、パソコンもスピードアップしなければです。

 それで「時間があるうちに」と言うことから、立冬まで二週間程度なので思い切って天井の額の写真を冬物に午後から入れ替えていました。
 午後のパートさんは先月に交代されたばかりなのですけど、額に入れられる方向で渡してほしいと頼んであるのに「写真はこのままで挿入していいのか?」と聞いたなら、見て確認できる方向で二度も渡してくれますから、思わず「さっとそのまま入れられる向きで渡してくれないとしんきくさい」とプチッと切れてしまいました。
 今まで視覚障害者と直接触れた経験がないので勝手がわからないという点はわかりますけど、わざわざ「そのまま挿入できるように」と指示してあるのに二度目の失敗は、これは自分本位の仕事しかできていないと言うことで切れたわけです。一所懸命にやっているとは判断できないからです。電話がかかってきたなら、全くほかのことが聞こえていないようですし、ちょっと厳しいですけど誰もいないところで意思表示しておきました。

祝日の電話

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今年だけの祝日だった本日ですが、やはり「祝日は休診」と思われているようで午後からは電話がかかってきていましたけど結局のところ明日以降の予約が増えただけで本日分が増えなかったというのはかなり久しぶりでした。
 でも、そういいながら自宅のノートパソコンをハードディスクからSSDへ交換してもらうサービスを予約して、「祝日は休んでいるだろう」と確認しなかった私もいたのでありました。向こうから時間確認の電話が着信して、びっくり。転送になっていたので携帯電話で受けられていましたから、履歴が残っていたのでしょう。
 祝日特有の「そんな理由で」というキャンセルもあったのですけど、それでも21人ですからありがたい職業です。常勤助手がいたなら最初からもう10人分は積み増しできていたはずなので、スタッフ構成はやはり大切です。

 本日は令和天皇が即位を内外に宣言する「即位の礼」が行われるため、祝日になっているのですけどカレンダー表記がまちまちだったこともあり、気がついたなら予約も入っていたので仕事にしました。
 9月は「敬老の日」と「秋分の日」があるので連休が二つもできやすく、10月も「体育の日」がハッピーマンデーですから自動的に連休になります。今年はゴールデンウィークとお盆も超大型連休があったのであり、11月も連休が二度もあります。
 「これ以上休みがあっても仕方ない」ですよね。「働き方改革」は大企業のサラリーマンにはいいかもしれませんけど、中小企業の体力をそぎ落とすばかりだということをどうして政府はいわないのでしょう?きっとこれくらいのことは、あほの国会議員でもわかりきっていることなのですよ。

 今日は月曜日だというのに、午前中の電話が少ないだけでなく無断欠席も多くてかなり拍子抜けのスタートになりました。
 ありがたいことに午後からはいつものペースの電話となり人数も増えたのですけど、おかげで月曜日では片付かない雑用のほとんどもできてしまいました。
 また気がついたなら待合室のスピーカーの片方からしか音が出ていなかったので、この調整にはかなり手間取りましたけど夕方の患者さんが寝ている間になんとか完了。でも、小さな子供が待合室でお父さんの治療終了を待っている間に、キッズ音楽をステレオで聴かせてあげられなかったのが残念。

 それから月例会後の指導者研修会での実技は、ナソを応用しての選経・選穴の確認方法をやりました。いつもなら「もうちょっとわかりにくい」のような疑問をすぐ投げ返されるところですが、今回はすんなり「うん確かにわかる」という反応でした。
 でも、やはり問題は理論的なところです。肩井は胆経に属していますから奇恒の腑であることより古典の条文があり、十二経絡が納得できる状態かどうかを見ているものと解釈できます。これも通りました。
 でも、選穴が斜角筋の部位でわかるということについての理論は却下されました。選経・選穴が合致することで、缺盆がきれいな凹面になるというのは納得してもらえました。

側頸部の実技

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日は滋賀漢方鍼医会の月例会であり、臨床検討&実演では頭痛ということで、「にき鍼灸院」では頭痛が主訴という患者さんもそこそこおられるのですけどほかの鍼灸院では主訴でというケースは少ないそうです。
 しかし、肩こりに続いて頭痛が続発していることは非常に多く、また頭がふわふわするとか頭重と混同しているケースも含めると、頭痛を治療してほしいというニーズは非常に高いものです。
 そして実技については、側頸部をていしんで押さえる技術についてを行うこととなりました。すぐ実戦投入できる練習すれば非常に簡単で有効な補助技術です。
 鍼の使い方の工夫、私はどんどん開発するのが好きなのですけどきちんとライブラリに納めていってくれるかなぁ。

 一度SSDのパソコンを使ってしまうとその爆速に見せられてしまい、自宅も光ファイバーになって高速接続となったなら、自宅のパソコンをSSDに交換しない手はないのですけど、ちょっとハード交換は自力ではできません。
 それでネットから業者を探すのですけど、安いところは副業でやっている感じでありそれでも親切な応対ならいいのですけどぶっきらぼうなメールしか戻ってこないので、こういうところに郵送で預けて大丈夫なのか?と懸念していました。
 なんとか彦根市内で対処できる業者がないかと調べ続けていたなら、キーワードを買えると自動車なら5分程度のすぐ近くに存在していました。
 昼休みに電話をしてみるとホームページには記載がなかったもののSSD交換サービスも実施しているということで、来週に持ち込みで作業をしてもらう約束にしました。できれば奥さんと一緒に持って行きたいです。
 そしてプログラム開発も行っているということですから、将来のカルテと出納帳を統合したスクリーンリーダー対応のソフトを、ここで頼めたならとも思いました。

 教えてもらった「.htaccess」ファイルを設置することにより、すべてのページがhttpsのアドレスでアクセスできるように一ヶ月くらい前からなっていたのですけど、やっと更新情報に掲載することができました。
 スタッフ用マニュアルのリビジョンアップが必要となり書き換えと同時に掲載しようと思っていたのですけど、横やりの要件ばかりで一ヶ月近くもかかってしまいました。
 スタッフ用マニュアルそのものが急いで大幅増補したものだったので細かな点でエラーや行き届いていない表現が多く、急いでもいいものはこの年になると作れませんね。

 昨日に大けがから初めて背泳ぎに挑戦した結果ですけど、昨日中は若干の自発痛が増加しただけでほとんど変化がなく無事に眠ってしまいました。
 しかし、またまた現実はそれほどに甘いものではなく明け方からの痛みは昨日より強くなっていました。幸いにも可動域は同じであり自発痛が今までの「忘れていることの方が多くなりつつあった」から「やはり常に気になる」にバックした程度ですけど、パソコンのキーを打ち込んでいて痛みが響くのは前の冬以来です。
 けれど必要な不化だと思って、来週のプールでも背泳ぎはやるつもりです。来月には400mまで挑戦したいですしね。

 昨日のXPパソコンを譲渡するという話は、結局のところ押し入れで眠っていて今後全く使う予定がないという別の提供者が現れたということでストックから出す話はなくなりました。
あーぁ、こういうこともあり得るのですから慌てて話を展開させようとしたのがよくなかったですね。「慌てる乞食はもらいが少ない」とかいいますけど、いい大人というよりも孫ができそうな年代になったのですから、どっしりしていないとですね。
 私の鍼灸の技術をなんとしても次の世代に伝えねばと心の中で焦っているのですけど、ここも一度取り組み方をリセットすべきでしょうか?

 昼休みのプール、目標通り本日も200mに挑戦してきました。流水ウォーキングが隣で行われていたので刻々と水が向かってきていたり押し流されていたりと安定しないのであり、そこへ以前ほどの力は出ていませんから全盲としては壁に激突しないか恐怖の中を泳いでいました。
 ということで、ターンの前にはほとんど停泊ということもあったのですけど体力的には慣れました。肩関節の痛みだけは、慣れて平気ということはありませんけどね。
 そして背泳ぎなのですけど、左腕が全く回せないどころか右腕まで動かない夢を何日か前に見てしまい相当に心配していたのですが、これがクロールより楽なくらいに泳げてしまいました。痛みがあるので動きはやはり以前のようにならないものの、可動域改善のためにはこれからはプログラムに取り入れるべきでしょうね。
 でも、鋭い痛みではなく痛みの程度が少し戻った程度なので苦痛というほどではありませんが、午後には少し自発痛が増悪しています。

 先月にひょんなことから「南山堂医学大辞典」の新バージョンを購入したのですけど、医学時点なので新項目が加わっていても中身はそれほど改定されていないのではと思っていました。
 V2からV3のときには全く同じ文章だった項目があったというか同じ用語を探したのでそうだったのでしょうけど、解釈がそうそう変わるはずがありませんし国語辞典でもいちいちすべての項目が書き換えられるわけではありません。
 けれど「マロリーワイス症候群」という言葉、文章の流れから中身はわかるのですけど調べてみたなら、V3と今回のバージョンで文章が相当に書き換えられていました。その他の用語でも細かな違いがあり、出版社のメンテナンスはすごいものだと感心しました。

 先週の金曜日は午前の予約枠が二日前であまり埋まっていなかったので福祉事務所へ出かけることにしたのですけど、その反動で今週も午前の予約枠があいていて明日が満杯というアンバランスです。
 曜日ごとのばらつきが秋になってから大きく、週の前半は非常に忙しいのですが金曜日がポケットになっている感じがします。金曜日に都合のよかった患者さんが卒業しているので、そのためでしょう。
 それで昼休みは予定を変えてプールに出かけることにしました。本日も200mに挑戦するつもりですが、加えて背泳ぎにも挑戦するつもりです。午後は左肩関節が痛いだろうなぁ。

 うーん、治療のことではないのですけどちょっと心が重たくなる失敗をしてしまいました。実害もないのですけど、自分を恥じています。
 友人が展示プリンタを動かすために使っていたXPパソコンがクラッシュしたらしく、手元で運用できないと相当に不便ということですから、ストックが6台あるので一つなら譲ってもいいかと思いメールしました。
 けれどカルテ管理と出納帳管理をXPでまだ行っているのであり、いくら6台残っているといいながらも次のシステムを構築して行くには潤沢すぎるストックとも言い切れないので、以前にサポート終了後のノートパソコンが倉庫にたくさんあるという話をしていた人のことを思い出して、調べてメールしたのです。
 そのときに「どうして倉庫にたくさんあることを知っているのか」をきちんと書いておらず略してしまい、相手に不愉快な印象を与えてしまいました。しかも、値段も提示して「譲ってくれるよね」みたいにも受け止めることも書いてしまいました。まずは譲渡が可能かどうかの問い合わせをきちんと状況説明から問い合わせるだけが礼儀だったのに、よく見かける名前なので申し訳ないことをしてしまいました。
 いつもならメールは送信前に必ず読み返しているのですけど、少し眠たかったこともあって省略したのも悪かったのであり、幾重にもミスをしています。軽はずみだったということですね。
 今年は知り合いだからと西洋医学の受信をもっと強く勧めるべきだった事例があって、このときには言葉が足りず、今度も言葉が足りなかったのですけどどちらも配慮ミスです。まだ判断ミスを連発する年齢ではないはずなので、気を引き締め直していきたいと思います。

選経・選穴

| コメント(0) | トラックバック(0)

 証決定は本治法を行う鍼灸術の要も要であり、30年以上も臨床に携わっていますけど未だに迷うことばかりです。
 30年の間に治療法が大きく変化したのは東洋はり医学会から漢方鍼医会へ移動をして菽法脈診を取り入れたときと、病因を直接除去しようという邪気論での治療も入ってきたときでした。陰実証を分類すれば邪気論ですから二度目の変化は幅を一気に広げたということになるのですけど、それでも大きく治療の考え方は変わりました。
 ただ、幅が広がるのはいいのですが同時に「これでいいのか」という確認ツールがないと自信が揺らいでしまいます。選択肢が多いということは、それだけ揺らぎがより大きいということになります。
 そこへナソを応用した確認ツールが確立しつつあるのは、ますます便利になってきました。時邪をまず払うことが前提ですが、これは非常に簡単なことです。そしてナソの触り方も非常に簡単なことなので、慣れれば選経と選穴を一気に確認することができるようにもなりました。肺経で太淵を使ったり、七十五難でも太谿や陰谷を使う頻度が増えました。

 左腕の大けがをしてから200mを昨日に初めて挑戦したのですが、ほんの少し痛みが今日は増加しているもののごくわずかであり可動範囲には変化がありませんでした。
 先月から100mを泳ぐようになったなら左肩関節の回復スピードが上がってきているのであり、負荷を大きくした方がいい時期になったので思い切って泳いでみたのですけど、最初は負荷が強すぎても何度かすれば慣れてくるのであり、仕事中に肩関節が何度か動いてもいました。
 けがをした当初は四掛け月くらいでこれくらいに回復できるだろうと予想していたのですが、現実は甘くなく七ヶ月も遅れての到達です。けれど一年でロングは泳げそうであり、出口が見えたのがうれしいです。

 左腕の大けがをしてからもうすぐ一年、仕事にも日常生活にも支障はなくなっているのですが、スポーツだけがどうしてもフルスケールで動かないことと痛みを感じるので、思い切りできません。
 それも一番好きな水泳が痛みがあるのでしっかり泳げないのですけど、夏からやっと100mまで泳げるようになりいたずらに距離だけを伸ばすことは自重していたのですけど、本日は200mまで泳いできました。
 それも前半はランニングマシンで半時間かなりのスピードで走り、その後のプールです。毛穴の開いた状態で無理に力が入らないようにして泳ぎましたから、今日の練習は本当に価値がありました。明日に肩関節の痛みが出ないかを観察です。

 昨日に続いて本日の午前中も予約枠をいっぱいまで解放しないと追いつかなかったのですけど、電話の数としては水曜日としては少なめであり17人でした。
 最後の人は自らも鍼灸師で、以前から名前を聞いていたので一度治療を受けてみたいということでの来院です。経絡治療とは関係がないみたいで、本治法のことはよくわかっていない様子でした。
 本治法の段階でも全身の変化があることに驚かれていたのですけど、ゾーン処置が始まると邪が抜けていくのに従ってすっきりした感じが直接的にわかるようになり、最後はていしん治療について興味津々です。
 私は近江商人の血を引いていますから「三方よし」の精神なのですけど、患者よし・治療家よし・世間よしの「三方よし」の精神を最初から貫いてきています。

 午前中のオーバーブッキングにも慌てましたが、連休明けなので電話の殺到はわかっていたものの、午後には木曜日以後の予約枠を押さえる電話が相次いでいたことに驚きました。
 そして気がついたなら残りの予約枠もすべて埋まっていて、仕事が終わってから出納帳ソフトで確認すると42人を治療していました。
 ベッドの回り方から逆計算しても42人だったのですけど、今日は全く意識をしていなかったので40を超えていたことを知りませんでした。この季節で本当にありがたい数字です。

 連休明けですから予想通り一時間で6人ずつ予約を詰めていかないと追いつかない状態だったのですけど、いきなり10時の枠でオーバーブッキングが発生です。
 これはかなり焦りました。何せ午前中だけで18人というのは水曜日に何度も経験しているので慣れてきているのですけど、オーバーブッキングがベッドいっぱいの状態で発生してきたのであり、しかも早い時間帯です。
 11時には遅れが取り戻せていたのですけど、疲れ方も激しく眠くなってしまいました。そしてカルテ記入が15人分も積み残しでしたから、昼食の前に打ち込むにも20分ではとてもできないのでありました。先に座りながら昼寝をしてしまいましたね。

 昨日の東京での本部会が中止になったばかりですけど、来月は伝統鍼灸学会があるので二度も東京へ出かけなければなりません。
 それで6月の時点では誰も付き添いがないかもしれないと言うことで単独なら代々木の宿なら歩けるものの、「なんとかなるだろう」と地下鉄から近いホテルを一応予約しておいたのですがその後に名古屋の先生たちが一緒に行動してくれることになり、そちらでまとめて予約をしてもらいました。
 連休の予約ですから数が少ないものの、「もしかして変更があったなら」と言うことで9月初旬まで残しておくつもりだったのですけど、まだキャンセル処理ができていませんでした。こういうことがあるので、直前になるとホテル予約が取れるようになるのですけどあまり心臓によくないですから、安全策で押さえてはおきたい。
 ということで、キャンセル料金が発生するぎりぎりよりも誰かが予約を入れられた方が助かるだろうと、午後にキャンセル処理をしていたのですけどインターネットエクスプローラではボタンがうまく表示されず、結局iPhoneから処理しました。ブラウザは時代の流れで、乗り換えていかねばならないですね。

 先週の土曜日は台風の影響と言いながらも彦根なら一日営業をして差し支えないくらいだったのに、ビバシティが食料品のみ正午までの営業でほかは休業になっていましたから、スポーツプラザも臨時休業でした。
 これは過剰反応もいいところであり、お盆の警備員が手の指を切断する事故が発生していても夜まで営業していたのに、ちょっと極端すぎて批判をこれから浴びるでしょう。同じようなことをラジオでも話されていました。
 それで子供たちがカラオケに連れて行ってもらったのでランニングへ出かけてきたのですけど、カップラーメンを食べて一時間というのもありましたけど食事内容の方にやはり問題があって、身体が動かず半時間で切り上げてきたのでありました。もちろん初速が今までの中では最高であり、スピードの出し過ぎでばててしまったというのもありますけど、カップラーメンは胃に重たい。

 今日も子供が遊びに来ているのですけど、連休二日目だと食事の準備も大変と言うことでお昼はコンビニへ買い出しに。
 子供たちは後から自転車で追いつくことになっていたのですけど、コンビニへ到着しても姿がないので娘へフェイスタイムで電話をするのですけどいっこうに応答がありません。しばらく時間をおいて電話をしても応答がないので、今度はIP電話から自宅の固定電話へ。ここまではいいのです。
 ところがアプリを終了すると、ボイスオーバーの音が全くしなくなってしまったのです。子供たちが合流して買い物の途中に画面を見てもらうとIOSは正常に動作していたのでキャッシュレスで支払うこともできたのですけど、相変わらず音が出てくれません。
 先日にメーリングリストで恐怖の無音状態のことが話題になっており、私はブルートゥースからのトラブルを投稿しておいたのですが、これとは別次元のことをやはり体験したことになります。回復は固定電話から電話をかけるのだとわかっていたので自宅へ戻ったならすぐ実行すると音が戻ってきてくれたのですけど、スマートフォンがしゃべってくれないというのはなんとも恐ろしいことなのです。

私の考え方

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日の仕事中のことなのですけど、あの天候の中ですが「どうしても診察してほしい」と言うことでの新患さんです。
 耳鳴りを言われていましたが実際には頭鳴であり、発病後にスクラップ工場へ転職しているので騒音の中で働いていますから耳が勝手に回復するはずがないのですけど、その割に聴力には全く問題がないと言うことでした。
 症状そのものはどこにでもあることですから鍼灸の得意分野でもあり、これはいいのです。気になったのがカルテ作成の時、大きな声のおじさんですから「どこへ行っても門前払いでここにたどり着いた」もこれもよくあることなのですけど、「高すぎて治療にかかれへんけど治療費もお手頃やったし」。そうなんです、手ごろな価格で最高品質の治療を提供していくことこそ、私が目指していることなのです。
 入院したときに大部屋ではなく個室を希望することで料金が上がることはまだ理解できるのですけど、VIP待遇で一日何十万円というのがあることに理解ができません。値段が高いからすぐ治るなどあり得ませんし、難病が回復できることもあり得ません。命だけは等しく与えられたものなのですから、治療も等しくと言うのが私の考え方なのです。

 長野県や関東では甚大な被害をもたらした台風19号の影響で、本日の本部会があらかじめ中止になっていましたから自宅で過ごしています。
 子供の友達も集まってきているのでお昼には買い物をかねてビバシティに出かけており、昼食では時間をずらせてファミリーレストランへ。
 ファミレスへ入ること自体が久しぶりでしたけど、ハンバーグステーキをナイフとフォークを使って食べたというのは実に久しぶりでした。子供がもっと小さな時にはファミレス大好きですから月に一度ずつくらいは出かけていたのですけど、ハンバーグなどはあらかじめ向こうで切っておいてもらい、フォークだけで食べていました。食事のマナーも、また勉強しなければですね。

ヘバーデン結節

| コメント(0) | トラックバック(0)

 台風が接近中の土曜日、午後も7人が来院されて合計で22人、この気象状況の中で本当にありがたいことでした。
 午後はゆっくりと治療時間を掛けることができたので不思議に感じていたことをじっくり観察させてもらうと、ヘバーデン結節について治療ポイントをはっきりつかむことができました。
 ヘバーデン結節は主に更年期くらいからの女性に発生する手の指の関節変形であり、最終的には変形が固まってしまうと痛みも消失してしまうのですが変形中の痛みがつらいものです。
 私の母親もヘバーデン結節になり、変形中の痛みを訴えられていましたしその後の細かな作業が少しやりづらくなったとも聞いていました。
 当初は集毛鍼を用いることでそれなりに成果があったものの施術が痛いということで、「血の変動ではないか」と瀉法鍼に切り替えていたのですけど正直成績はそれほどよくありませんでした。
 時間節約のために瀉法鍼から邪専用ていしんに買えたということも正直ありましたが、邪専用ていしんで対処するとあれよあれよという間に痛みが回復し、時間経過の浅井ものは変形まで回復してしまうのです。
 病理を考えてみると、「変形が現在進行中ということは邪のたまり場になっているのではないか?」ということで邪専用ていしんでの追試を本格化させると、見事な再現性が得られたのです。この数週間で集中的に来院されていた患者さんに、感謝です。

 先週に自宅も鍼灸院もネットを一度リセットしたなら、鍼灸院の電話が一部自動復帰してくれない機能があり、家電に強いパートさんから先月に入れ替わってしまったので自分でマニュアルを調べるしかありません。
 パナソニックのファクシミリ電話機ですからwebで調べたなら資料がいくつも出てくるのであり、機種が多すぎて同じものは該当しないものの近い機種でだいたいのことがわかってしまいいます。
 それでパートさんにディスプレイを見てもらいながらボタン操作をすると、時計の設定も「無鳴動受信」というファックスの自動送信なら着信音を鳴らさずに自動受信させる機能も、設定できてしまいました。
 もちろんすぐ操作マニュアルとしてテキストファイルへ追加書き込みしておきました。

台風19号

| コメント(0) | トラックバック(0)

 超大型で超強力な台風19号が接近中であり、上陸が濃厚な東日本では被害が出ないことを祈るばかりです。
 近畿地方でも北部になる彦根では「強い雨の日」程度で午前中は過ぎてしまい、入れ替えはあったものの大幅なキャンセルもなくフルサイズの15人を治療していました。
 今が最接近だとされており風が強くはなっていますけど、それでも自動車で出かけるには困難なほどではなく夕方には収まってくるでしょう。よくぞ患者さんは来院してくれるものです。つくづくありがたい職業です。

 午前中の時間を割いて福祉事務所へ出かけたなら、その後は奥さんと昼食をしたのですけど昼間の回転寿司は注文したならすぐ届くことに大忙しです。それだけ夜は注文が殺到しているのでしょう。
 けれど時間が早めだったこともありますけど、客数が少なく感じたのは消費税増税の影響でしょうか?その後に100鈞ショップへも出かけたのですけど、こちらは客数が多く、増税の影響を感じないというかむしろ節約のためでしょう。
 そして午後が仕事の本番となりますから、午前中には全くというほど鳴らなかった電話がひっきりなしでした。でも、早々と明日の台風のことでのキャンセルも入っていたりしましたけどね。

 午前中の仕事が今日は相当に早く終われることになっていたので、代理申請でもできたはずですが本人が出向いた方が無難なので身体障害者手帳の等級変更に出向いてきました。
 開業して数年後に1種2級へ障害者年金のことから変更したと思っていたのですけど、意外にも平成9年の変更でした。その頃だと助手も入っていて忙しい日は忙しかったはずですけど、よく出かけられていたものです。
 そして手帳の記載内容を今一度確認すると、左は0ですが右が0.03ということで、これはしっかり見えていることになりますから全盲の今となっては手帳の変更はどうしても必要でしたね。

オイルヒーター

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前の冬に「エアコンでは段々空気が乾燥してしまうことと一度暖かくなればそこまで必要ないから」ということで、親父にオイルヒーターがあるから次に寒くなったなら持ってくると約束しておいたので、昨日に持ってきました。
 ところが年寄りが忘れている以上にずっとご都合主義で生きてきた親父ですから、自分の発言を忘れていた以上になかったものになっていて「すぐ暖か区ならないものなどいらん」と、使い方を説明しているのに全く聞いていません。
 独居老人の住まいで安全と電気代節約のために普及しているのに、大きな家を一人で独占しているような性格ですからどうしようもないです。それ以上に子供の頃から振り回されてきたことですけど、気まぐれな上に「今の考えが舌苔だ」と押しつけてきますから、継続的な取り組みを無駄にされるのがつらいです。今年もお米を一袋頼まれていたので確保しておいたのに、自分で勝手に購入していたりして・・・。

 昨夜のクライマックスシリーズを機嫌良く聞いていたのですけど、今朝に出勤してくるとアマゾンエコーが一度は朝の挨拶をしてくれたのにそこから返答をしてくれません。パソコンからの接続も恐ろしいほど遅くなっていて、「これは違うぞ」とアプリで調べたなら接続がおかしくなっていました。
 「そういえばネットワーク工事のお知らせが届いていたっけ」と思い出したなら、通常は設定機能が使えない程度なのですけど今回は数分間ネットが中断すると書いてあり、大規模に伝送路を取り替えていたのだと想像されます。
 無線ルータを今年初めに取り替えて認証方式の接続にも切り替えましたからIPアドレスの揺れにも対応できるはずなのですけど、大本からリセットされたものには対応できなかったみたいです。そういえば接続が不安定になったなら電源を入れ直してほしいとも書かれていましたっけ?

 ナソの応用で選経・選穴の確認を追試していると、つい証決定がワンパターンになりがちになってしまっていることにまたまた反省をするのでありました。治療家の思い込みで本治法をしても、標治法や補助療法の助けもあってあさっての方向にさえ向かっていなければそれなりに病態が回復してしまうのですけど、そこは証がしっかり合っていた方が抜群によくなってくれます。
 指を曲げて手背側で軽く触れて、肩井で選経が確認できます。肩井は胆経上に位置しており、胆は奇恒の腑であり決断を司っているということから胆を納得させられれば十二経の流れがスムーズになっているという解釈ができます。
 そして選穴点は肩中兪の打ち抜きの箇所と当初表現していたのですが、もっと観察していると斜角筋でナソ治療をしている箇所でした。要するに陽経の流れまで改善できているかということでの反応です。
 そして肩中兪の打ち抜きのあたりになる選経点と選穴点の中間、ここがより緩んで100度以上のくぼみになってくるというのは必然のことだったわけです。さっきも肝虚だと脈診では思えていたのに腎虚であり、少し反応を見ているとやはり腎虚の方が圧倒的によくなってくるものに遭遇していました。

 IOS13になる前からスピーカーの種類によっては実現されていたらしいのですけど、ブルートゥース接続をしたときにボイスオーバーの声がiPhoneから出るようになりました。
 JBS日本福祉放送はパソコンを使わなくても"Tunein radio"という世界中のラジオが聴けるアプリに、カスタムURLを登録することで有線放送を解約しても今でも聞けているのですが、アマゾンエコーへ接続させたときに放送の切れてしまうことがたびたび発生していて困っていたものがボイスオーバーの音がiPhoneから出るようになって困ることがなくなりました。
 でも、ラジコアプリはボイスオーバーの声がブルートゥースに奪われてしまうのであり、動作がまちまちです。

 本日の午前中は正しくはオーバーブッキングではなかったものの、午後の予約の患者さんが間違って来院されていたのを先に通してしまい駐車場も入れるところを慌てて動かしてほしいと頼んだりで、11時台が大混雑。
 しかも、一人ずつしか終わっていけない状況となり終了が12時30分を回ってから、やっとカルテ記入でした。
 ということで、昼食も昼寝もかなり後ろへずれ込んでちょっと疲れ気味なのでありました。

 先週に自宅がADSLから地元ケーブルテレビへ切り替わるとき、ネットのリセットを一度したのに合わせて鍼灸院のネットも一度リセットしたなら、電話の設定までリセットされてしまいこれには未だに困っています。
 まず時計が狂ったままで自動的に戻ってくれず、ファックスは受信せずそのままメモリへ蓄積されるようになっていたのも電話が鳴りますから、かなりうっとうしいです。
 そのくせファックスのメモリだけは蓄積が続いていたのであり、これを消去するのに一手間かかっていました。
 捜査のメモ書きは残してあって留守番電話やファックスのメモリ消去はできるのですけど、時計の合わせ方とファックスを受信しない設定を探してもらわねばなりません。音声なしで、できるかなぁ。

 時邪の切り分けツールの精度を高めた頃から邪論での治療は陰実証を除けばかなり少なくなり、さらにナソでの選経・選穴確認を加えたなら脾病や肝病といった直接営気の手法を陰経から行う場面がもっと少なくなっています。
 もちろん病因がしっかりわかっていて直接瀉的なアプローチをした方が効果的という場面では、切り分けツールもそのように反応してくれますから、迷わずにいきなり営気の手法を行うこともまだあります。けれど治療法則を再構築して行くには、生気論中心の方がやはりいいのだろうと私は思います。
 そうでないと陰実証の導入がさらに難しくなってしまうのであり、陰実証を邪論に分類すればかなりバランスのいい治療体系になっているからです。

 昨夜にIOS13.1.2へアップグレードして、まだよくわかっていない面の方が多いのですがブルートゥースの使用許可を求めてくるようになったのがちょっとうっとうしい。
 まぁ初回の設定のみで毎回ではないですからアプリを一通り使えば済んでしまうのですけど、先ほどはiPhoneからアマゾンエコーに接続させたのに音が出なくて参りました。
 特にラジコのタイムフリーで聞きたい番組がたくさんあるのに、ラジコアプリからはブルートゥースの許可設定のダイアログが出ていませんでしたから、わざわざ設定の奥の方まで確認したのですけどそれでもわかりません。
 結局はボリュームがバージョンアップの時にリセットされていて小さくなっていただけであり、今まで通りに使えることがわかりました。でも、JBS日本福祉放送のストリーミングが停止したままになっているのは、無効の問題ですが・・・。

 私はiPhone7を格安simのIIJで運用しているのですけど、IOS8の時にはAU回線で接続できないというトラブルが発生した以後はMVNOでトラブルを聞いたことがありません。
 今でもMVNOメーカーは動作チェックレポートを出してくれていますが、全くトラブル発生はなく通過儀礼のようになってきました。けれど安神の方が重要ですから、昨年のIOS12でスクリーンタイムが実装された以外ではマイナーアップを待ってからバージョンアップしています。
 ところが今年のIOS13では、すぐIOS13.1がリリースされ、その後もリビジョンアップ連続ですからアップデートのタイミングを逃していました。
 ようやくここ一週間はアップデートが出なくなったので、NFC読み取りが緩和されICカードの読み取りアプリがいくつかリリースされてきたので、早く使ってみたくなりバージョンアップさせてしまいました。
 今回はsiri女性の声に不具合が発生することもなく、読み上げも潤腸です。ただ、最初はファイルシステムがまだ整理されていなかったので読み上げがたどたどしくなりバージョンアップを後悔したのですけど、しばらく放置したならデータベースが整理されて今までよりも早く動くようになりました。

 「あはきワールド」から頼まれていた原稿、予定より二日も遅れてしまいましたが編集長からの催促を受けることなく提出ができました。
 『「風邪が治せたなら鍼灸師は一人前」、魚際がもたらしてくれた鍼灸師人生』という題名にしました。文字数は少し多い目立ったかも。
 残念ながら有料のメルマガに掲載される文章ですから、自分のホームページながら一年後くらいしか転載できないのですけど、記事のストックができたということで滋賀漢方鍼医会の会員へは送付しておきました。
 大雪の二学期の期末テスト、開き直って行きがけの駄賃にと自己治療をしてみたのが経絡治療へはまってしまったきっかけとは、でもでも、一発で風邪が治ったのは本当に感動ものでした。

 まだ予想進路の幅が大きすぎて時間帯も場所も特定されないのですけど、週末には台風がやってくるということで警戒がいわれています。
 今のところ土曜日の夜から日曜日に掛けてが列島に近づく時間帯ということで、東京での本部会と重なることになってしまいます。
 先月の15号は研修が終わって半日後に接近ということでしたから早めに戻ってくればよかったのですけど、今度は出かける時間帯にぶつかりそうですし被害状況によっては戻ってこられないかも知れません。学術討論会が予定されているのですけど、運営に腹が立っていることもあって天候が思わしくなければ欠席の方向で考えるつもりです。

 「あはきワールド」の原稿が今月提出なのですけど、いつもかなり早くに提出できているのですが予定では昨日の朝に完成していたはずなのにまだ半分です。
 編集長から催促のメールはまだ届いていないものの、結構気になってきました。明日の朝には完成させたいところですけど、打ち込んでいる間に少し方針変更したところもあり、間に合うかなぁ。
 それにしても治療の合間では原稿が打ち込めないのであります。10年前ならいくらでも別の仕事ができたのですけど、これはありがたい変化です。

 昨日の次男のピアノコンテストが終了したなら、お昼過ぎですからみんなで昼食に出かけたのですけど、割烹に入ったのですから生ビール一杯だけというのは寂しいので日本酒のハーフボトルを取ったのですけど、えっ大吟醸?これは飲みきって帰らないともったいないということで、お昼から大宴会になってしまったのでありました。
 そして帰りの地下鉄の駅で、証明写真の撮影できる機会がありましたから新しい身体障害者手帳の写真を撮影してしまおうとの提案。顔は赤くなかったそうですけど、真っ昼間から飲酒した後の写真が手帳に使われるのですよ。
 私は拒否したのですけど、撮影が強行されたのでありました。後は福祉事務所へ書類を持って行くだけです。

 本日は京都市の中にある十字屋のビルで行われたピアノコンクール、すったもんだはあったものの次男が出場すると言うことで親戚が集まってのイベントになってしまいました。
 今までにピアノなどの発表会を何度か聞いていたのですけど、それぞれのレベルでそれぞれの発表曲でしたから「頑張っているよなぁ」というのが素人の感想だったのですけど、今回は課題曲がありますから何人かの子供が同じ曲を演奏するので個性が出ており、これは聴いていてとても面白かったです。
 講評の先生は結構辛口でしたけど、うちの次男に対しては緊張しているのがわかるだけでなく練習でミスなしにできたのが数回に一度なのに満足しているのを見透かされており、ミスなしに演奏できるまで練習することだと指摘されていました。けれど指先からの音色はきれいだとも。
 それからミスは少なくても聴衆に聞いてもらうのではなく自分が満足しているだけの演奏、私もそう感じていたのですけど同じ指摘をされていました。鍼灸治療ではこのパターンが非常に多いこと、鍼灸師は自覚しているのでしょうか?

 明日は次男がピアノのコンクールに出場すると言うことで、記念受験のようなものですから結果には全く期待していないという糧が届いていないことがよくわかっているのですけど、最後の仕上げをしていました。
 それで私と娘の夕食準備がないので、お好み焼きに出かけることに。娘がお好み焼き大好きであり、お土産もそろえやすいので定番です。
 帰宅したなら疲れと酔いでたまっていたメールの処理をしていたはずなのですけど、いつの間にか寝ていたなら累積更新プログラムが適応されての再起動が・・・。ネットが早いと言うことは、なんとも頼もしいのでありました。

 本日の16時台は、A,B,C,Dの四つ並んだベッドで三つが現役女子高生というすごい風景になっていました。もう一つは、かなり昔の女子高生。
 そのうちA,Dの二つが本日の申し込みであり、二人ともバセドウ病というのにも驚きました。しかもお母さんが付き添いで待合室にいましたから、ここでも最後に話が大げさなことに。
 バセドウ病は鍼灸が非常に相性のいい病機であり、予言回数でまず治癒できるとパンフレットにも書いてあるのですけど、ステレオで話をされるとこちらが圧倒されそうになるのでありました。

 一週間前に彦根中央病院で書いてもらった身体障害者手帳の診断書、後日の受け取りになっていたので昨日に取ってきてもらいました。
 左目は子供の頃から同行がつぶれてしまっていることを知っていましたけど、今回の視力検査で反応がないと言うことで右目の同行もつぶれていると思っていましたがこれは大丈夫でした。
 けれど角膜の白濁もわかっていましたがさらにひどくなっていて、さらに硝子対の白濁から眼底の様子がわからないと書かれていました。もう完全に立派すぎるくらいの全盲です。なんか先週の検査の後から明るい感じが少なくなっているような気がするのですけど、幻覚でももう少し明るいものが見えていたいなぁ。

本部は偉い??

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は一日ネットと固定電話の切り替えに費やしていたようなものでしたが、仕事の隙間がこういう日に限ってできているものでうまくなっています。
 ただ、届いているメールには腹の立つものが・・・。そうです、今月の本部会で学術討論会があるのですけど、午後の三時間の予定を勝手に午前の二時間へ変更して、それを変えないというのです。どれだけ本部の学術部というのは偉い存在なのでしょう?
 それから理事会で7月の伝統鍼灸学会賞委員会の報告を聞くとこれも書かれていて、時間が空いてしまうのでメールで直後に報告してあるのにどうして勝手に議題にされるのでしょう?それほど本部は舌苔の存在であり、地方組織のことを足下の虫のように見ているのでしょうか?

 地元ケーブルテレビ側に番号を引き継いで固定電話が引き継がれないと、特殊なケースですから現時点での契約をいじらない方が得策だということがわかりましたので、ひとまずADSLの契約解除は延期です。
 けれど電話番号がない状態になってからADSLが解約できるのか、それも不思議な話です。
 それでやっぱりコールセンターへ問い合わせたところ、番号ポータビリティが完了してからの契約解除の方がいいのではないかということでした。でも、親会社が変わったならADSLは引き継がれないのではと思うのですけど、どうなんだろう?自動解除というのもありかも知れませんが、何せ特殊なケースですから・・・。

 地元ケーブルテレビといいながらテレビの契約はしないのですけど、ネットに加えて固定電話は奥さんがどうしてももうしばらく維持したいということで契約をしました。まとめてしまった方がお得ですからね。
 それが「おとくライン」の特殊なケースですから話がややこしくなっているのですけど、もっと話をややこしくしてくれたのがコールセンターのおばさん。こちらがまだ説明途中なのに「あぁそうですか」のように最後まで聞いていないので、彦根放送局へ話が戻ってきたならさらにややこしくなっていました。
 声も話し方も年齢がちょっと高そうな人だったのですけど、それはいいとしてコールセンターなのに人の話をしっかり聞いていないというのは、どうなんでしょうね。

 自宅のネット回線がケーブルテレビに変わった話をまだ引きずっているというか、今後の処理について電話連絡をしなければならず午前中の仕事が遅れに遅れてしまいました。
 というのは、平成電電という会社で直接電話回線を契約していた時期があり、今の光ファイバーが普及した時代と違ってNTT以外で固定電話契約をすべて行ってしまうというのが珍しい時代でした。これは本当にお得な契約だったのですけど、後から巨額詐欺事件を引き起こして当然ながら会社が消滅。
 その救済処置でソフトバンクの「おとくライン」に変更になっているのですけど、特殊なケースですから変更も特殊でよくわからないところが多いのです。
 それで昨日にネットはケーブルになったもののまだ今までの契約はすべて生きているのであり、固定電話は昨日にポータビリティ申請をケーブルテレビ側が行ったところです。けれどADSLのスプリッターを外してし俣野にそのまま電話が不通に話せるというのは不思議ということでまずは質問をしていました。

 昨日に無事、自宅のインターネットが地元ケーブルテレビに切り替わり、有線電話も申し込んでおいたならなぜかそれも含めてすっきりした配線でモデムが置かれていて、快適に接続されるようになりました。
 iPhoneの反応速度がきびきびして、これには驚きました。規格上は300Mbpsということですから鍼灸院の3倍の速度があるのですけど、体感的にはADSLよりは早く動く程度に思っていたものが驚きの早さになりました。鍼灸院で慣れていましたから私自身はわかっていたものの、家族は大いに驚いていました。
 そしてパソコンで測定すると平均16Mbpsということで、これは予測の数値。けれど中継器を経由していますしハードディスクですから、SSDで直接接続されるともう少し早いと言うことになります。うーん、自宅のパソコンをどうしてもSSDへ換装したくなりました。

 午前中だったので私は自宅へケーブルテレビの光ファイバーが引き込まれる工事に立ち会っていないのですけど、宅内配管は新築の時にしてありますからあっさり完了していたということです。
 昼休みに奥さんへ電話をすると、iPhoneだけでも反応速度がきびきびして快適になったということで、これで家族が同時に動画を見ていても止まることがないでしょうし、第一パソコンが後回しになっていらいらすることがなくなります。
 それでADSLの解約手続きを早速にやろうとカスタマーへ電話をするのですけど、案の定という感じでなかなかつながってくれません。そこへ「予約電話サービス」というのをwebで見つけましたから、明くる日にはなりますけど向こうから電話を掛けてくれるので、これで手続きがつまずかずにできてしまいそうです。

 ナソを併用しての選経・選穴の確認方法、かなり慣れてきたならやはり驚くようなものにも出くわしています。
 一つ目は脾虚証の時、陰虚証だけでなく陽虚証の時でも陰陵泉を使った方がベターなケースがいくつかあったこと。「んっ、待てよ」と病理や病証を考え直すと逆気に分類するには大げさかもと商丘の方を使ってきたものの中に、逆気に分類した方がいいものがあったようです。
 それから現時点では肺経と大腸経の井穴を摂按するのですけど、肺経だけで非常にナソが改善しており腹診でも改善していることから、肺虚陽虚証も結構多いということ。肺虚肝実証でもある程度は改善されているのですが、これはある程度であり復溜などを摂按することで選穴の反応がピークになっています。

 今日の午前中に自宅は地元ケーブルテレビにインターネットが切り替わります。「今時まだADSL?」というところでしたが、四年半前の引っ越し当時は何かとお金が飛んで言ってしまったのでタイミングを逃していました。
 けれど、今から考えれば引っ越しに合わせて切り替えておくと有線電話はその日のうちに使えるようになったもののインターネットは一ヶ月も待たされたのであり、このときにはまだ子供たちも一ヶ月待つことができたのですけど当日から使えていたはずでした。
 そしてこれから今までのサービスの解約手続きと電話番号の移行作業、そのため有線電話にはスプリッターが必要なので機器の撤去までに時間がかかりレイアウトの変更作業が私にはまっています。

 水曜日の午後はスポーツプラザで集中的に運動するのが恒例になっているのですが、今日は以前と逆でブルートゥースヘッドホンの左側のバッテリーが切れてしまっていました。
 耳の負担を考えて左右使い分けており、自宅の夜中に使うときには右耳だけでニュース記事を聞いているのですけど、左耳は研修会の録音やラジオを聞くので、左耳でニュースを聞きながらウォーミングアップのストレッチができないのは拍子抜けに。
 さらにランニングマシンでは左耳だけで音楽を聴くのは当たり前のことになっていたのですけど、ここ一ヶ月はステレオで聞いてきたのであり、これが右耳だけというのは非常に違和感がありました。ですから最初からスピードをかなり上げて半時間程度で終わる予定だったのですけど、頑張りすぎておそらく50分くらいは走っていたと思われます。

 水曜日は前日までに予約枠が埋まってしまうことが多いので、カルテ記入を後回しにするということで強引に当日枠を増設しており本日もそのやり方で17人。
 こうなると9時台の6人分まではカルテが記入できるのですけど、そこからは仕事が終わってからになるものが、本日は入れ替えタイミングなどがありほぼすべてを仕事中に打ち込めてしまいました。これは新記録です。
 けれど、毎日このようなペースでこなせていけるはずはなく、パートさんとの二人三脚での仕事も二年半を経過しているのでそろそろ常勤助手が入って鍼灸師だけの体制に戻りたいところです。

 昨日からまたまた本部の運営で激怒に近い状態です。どれだけ繰り返しても、東京方面の人たちは地方から本部へ通って勉強をする苦しみをわかろうとしてくれない。
 10月は外来講師講演が多かったのですけど今年は内部で学術討論会を行おうということになり、発言者として唐突に指名されたのですけどこれは地方組織代表なのでわかります。その後にまた唐突に討論会のプログラムが送りつけられてきたのですけど、ここも本音を話すだけの話ですからまだいいです。
 けれど午後のさん時間枠だと聞いていたのを出演者に何も相談なく午前の二時間枠に変更されていたのは、これは頭にきました。ある程度下地は作り始めていたこともそうですし、、何より午前の最初からだと米原からの新幹線では遅刻の危険性があるのです。入門部の時には京都まで始発でバックしてから乗り込んだことがありますし、その他は前泊の時か11時からの発表としていて調整しているのに、地方からのことを何も考えずにやってしまっている。
 いい加減に本部へ見切りをつけたくなるところではありますが、漢方鍼医会という傘があっての二木でもあり、滋賀の人たちを迷わせてもいけませんから胆気だけは押さえました。

 とうとう消費税が10%へ増税となったのですけど、あちこちのニュースで流されているように対応がばらばらです。
 特に外食店ではお持ち帰りと飲食では税率が違うため、一律で8%だけ徴収して不足分は店舗側で補うとかいわれていましたけど、そんなこと嘘で一律8%でレジを締めるときに処理してしまうのに決まっています。10%受け取っていても8%で処理するでしょう、それが庶民ですから。
 コンビニの店内で飲食してしまうとしても、レジの時点で決済官僚ですから自己申告しない限り8%になるので、いきなりくつろいで食べていたじいちゃんがいたとか。
 けれど京料理屋の女将さん、座敷と仕出しはこれは伝票が完全に分かれてしまいますからごまかすことができず、午前中に税理士さんと話していたそうなのですけど一番大変になるのは税理士さんだとか。
 「にき鍼灸院」では内税にしているので、実質の値下げで対処するしかありません。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このアーカイブについて

このページには、2019年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年9月です。

次のアーカイブは2019年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。