漢方鍼医会の奇経治療4

| コメント(0) | トラックバック(0)

 それでこちらで勝手に定義した「漢方鍼医会の奇経治療」を実技で示したのですけど、病症と奇経グループの対応さえある程度わかっていたなら、指テスターのみでの判定にはさほど抵抗はなかったようです。
 奇経をグループで用いるということも古典にしっかり書かれていることであり、グループ判定を足の経穴の指テスターのみで行うことにも抵抗はされませんでした。「低側」ということについては古典の記載がなく頸肩からの運用ということには抵抗されたものの、臨床現場での声ですからこれも素早く運用するには仕方ないと納得してもらえました。
 ただ、異種金属を用いて治療をしていくということについては古典にそれらしきものがなく、昭和の時代以降に工夫から出てきたものですから否定はしないもののていしん治療との合理的説明ができないとの意見です。そういうことを言い始めると「ていしん治療」の方がよほど理屈っぽくなってしまうのですけど、それは言わないのですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6560

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年11月10日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人質から前泊の宿泊費は確保してきました」です。

次のブログ記事は「異種金属を使わずに奇経治療は可能なのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。