漢方鍼医会の奇経治療5

| コメント(0) | トラックバック(0)

 同一金属を使っての奇経治療を自分の身体で自己実験するつもりが、その前に今朝発生したばかりだが劇症ではないぎっくり腰の患者さんが来院されたので、試させてもらいました。
 発生した瞬間には電撃的な痛みだったそうですが、現在は仰臥位で足を伸ばしていると痛みがあるというくらいで膝枕を入れれば痛みが消失するということですから、この程度ならテストさせてもらっても害はないという判断からです。
 確かに痛みが軽減し、足を伸ばせるようになりました。しかし、50%の治療効果でかまわないと規定しているもののもう少しは狙えそうなので、時間配分の研究がちょっと大変そうですが確認していくしかないでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6562

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年11月11日 11:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「異種金属を使わずに奇経治療は可能なのか」です。

次のブログ記事は「漢方鍼医会の奇経治療6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。