漢方鍼医会の奇経治療2

| コメント(0) | トラックバック(0)

 漢方鍼医会の奇経治療開発に取り組んで三日目、下積み修行のグループ判定を担当していた時代には多用する傾向があった照海-列缺の組み合わせ、なかなか遭遇しないと待っていたならついに出ました。
 膝と足底の痛みがある患者さんですから膝のグループを想像していたのですけど、照海-列缺ということは腰の方が主であるといえるので、問診し直すと腰の症状を申告していないだけでした。
 腹診で見ていればあらかじめわかることですけど、腹診を覚えなければならないというハードルがあります。指テスターでも直感的にわかってしまうのですけど、指テスターは自分の感覚が信じられるかどうかというハードルがやはりあるということがわかりました。
 人の身体を治療していこうというのですから、ハードルのない技術などないということです。本を読んですぐ名医になれるなど、絶対にあり得ないという当たり前の話でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6554

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年11月 8日 17:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気持ちが先走る」です。

次のブログ記事は「南山堂医学大事典のインストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。