異種金属を使わずに奇経治療は可能なのか

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日に課題として持ち帰ってきた奇経治療を異種金属ではなく同一の鍼で行えないかということ、まだ三名の患者さんにテストのテストという段階で試しただけですが、なんとかはなるみたいです。
 自己実験ができていないので痛みのある症状に対して用いることができませんから、とりあえず肩こりが落ちるかどうかというとこでのテストをしてみました。
 奇経治療は主従がはっきりしていることが条件なので、同じ自汗で当てていたのでは当然効果が出ません。最初はお灸に習って5:3の比率でやってみましたけど、これはあまり動きません。それで思い切り差をつけようと10:3の割合でやってみると、これは肩こりが緩んでいました。
 さぁ次は自分の身体で人体実験です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6561

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年11月11日 11:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漢方鍼医会の奇経治療4」です。

次のブログ記事は「漢方鍼医会の奇経治療5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。