漢方鍼医会の奇経治療7

| コメント(0) | トラックバック(0)

 一本のていしんでも奇経治療が成立できそうなことがわかったなら、その後は異種金属との違いを確認です。
 同じ時間で出後谿に銅のていしん、申脈に銀の針を当ててみたところ、身体に響く強さとしては異種金属の方が強かったです。
 ただ、眼球の痛みは異種金属の方が若干よく聞いた感じはするのですけど、肩こりそのものは一本のていしんの方がよかったです。これは判断が難しいところです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6564

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2019年11月11日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漢方鍼医会の奇経治療6」です。

次のブログ記事は「漢方鍼医会の奇経治療9」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。