小児鍼の用鍼を変更しようと思います

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ちょっとした発見というか、大発見というか、発想の転換というのか、小児鍼に用いる鍼を変更しようと思います。
 昨年末に開発をした奇経のための専用鍼、長さは45mmと従来の表記では一寸ですから動き回る子供には少し短めなのですけど太さがあります。これが手のひらの中にすっぽり入ってしまうので非常に都合がいい。
 最初は小里式ていしんで両端を使い分けており、次は二木式ていしんでこれも両端を使い分けてきたのですけど、より太い鍼で陽経を処置する方が最近の子供はいい感じがしているので持ち替えて感触だけでなく脈状も確認してみたところ、太い脈状になるのです。本治法も動く相手にするものですから、左右圧を気にしなくていいので使いやすかったです。
 2020年になって、初めての改革です。まさかまさか、こんな便利な鍼になるなんて・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.myakushin.info/everyday/mt-tb.cgi/6704

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、院長が2020年1月10日 18:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜか脾虚証が大量に」です。

次のブログ記事は「本日に三度目が到着予定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。